1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/30(日) 19:15:54 ID:/mv3awEw

女騎士「負けた分際で私に命令するとはいい度胸じゃねえか」

オーク「生き恥を晒すぐらいなら俺は戦士として潔く死を選ぶ!」

女騎士「いいねえ、見上げた根性だ」

女騎士「その高潔な戦士の誇りとやら、ぐちゃぐちゃに汚してやりたくなったぜ」ビリビリ

オーク「な、何をする!?」

女騎士「分かってるんだろ?」

女騎士「裸に剥いてやることっつったら一つしか無いだろうが」ニヤリ

オーク「ぐっ……」



3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/30(日) 19:18:01 ID:/mv3awEw

オーク「かくなる上は舌を噛み千切って……」

エルフ「そうは問屋が卸さないわよ!!」

ショタオーク「お、おじちゃん……」

エルフ「勝手に死んだりしたら、この子がどうなるか……分かるよね?」

オーク「人質だと!?」

オーク「卑怯だぞ貴様ら!!」

女騎士「げひゃひゃひゃひゃひゃっ!!」

女騎士「戦場に卑怯も糞もあるかよ、ああん?」

女騎士「こいつのショタち○ぽ吸い尽くされたくなけりゃ自分から股開けよおおおおっ!!」

オーク「このケダモノどもめ……ッ!!」



4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/30(日) 19:20:20 ID:/mv3awEw

女騎士「へへっ、いいモノ持ってるじゃねえか」ジュルリ

オーク「け、汚らわしい目で見るな……」

エルフ「いいのかな、そんな口の聞き方しちゃって?」

ショタオーク「ううう……」

オーク「わかった、わかったからその子には手を出すな!!」

女騎士「よし、じゃあオナニーしろ!」

オーク「はああっ!?」

女騎士「聞こえなかったのかよ?」

女騎士「自分でその汚いち○ぽ弄ってみろっていってんだよ!!」

オーク「なんでそんなことを……」

エルフ「別にいいんだよ?

エルフ「やらないならこの子で遊ぶから」

ショタオーク「ひぐっ……おじちゃあん……」ポロポロ

オーク「やめてくれ!」

オーク「言われた通りにするから、その子にだけは見逃してやってくれ……」



5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/30(日) 19:22:46 ID:/mv3awEw

オーク「くっ……」シコシコ

女騎士「だらしねえな、もっとしっかり興奮しやがれ」

オーク「こんな環境で……興奮できる者などいるものか」シコシコ

女騎士「なんだ、オカズが足りねえのか?」

女騎士「ほらよ、私のおっぱいしゃぶれよ」ボロン

オーク「なっ!?」

女騎士「欲しいんだろ?」

オーク「誰がそんなモノを欲しがるか!!」

エルフ「どうして人質がいることをすぐに忘れちゃうかな?」

ショタオーク「おじちゃん……ごめん……なさい……」ポロポロ

女騎士「貴様がしゃぶらないというならあっちに相手して貰うまでだ」

オーク「やめろ!!」

オーク「……いいだろう、しゃぶってやる」

女騎士「ああん?『しゃぶってやる』?」

女騎士「テメェ、誰に向かって口聞いてんだよおおおおっ!!?」



7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/30(日) 19:25:05 ID:/mv3awEw

女騎士「ほおら、こういう時はどうお願いするんだ?」

エルフ「ちゃんと言えないとこの子がどうなっちゃうか分からないわよ?」

ショタオーク「ひっぐ……」ポロポロ

オーク「しゃ、しゃぶらせ……」

女騎士「聞こえねえなあ、もっと大きな声で言って貰わんとなあ!?」

オーク「しゃぶらせてください!!」

女騎士「とうとう本性を現しやがったなあ、このエロ豚がッ!!」

女騎士「オーク族一の戦士様はとんだ淫乱だなあ、ああん!?」

オーク「ううう……」

女騎士「ほら、しゃぶれよ」

オーク「あ、ああ……」

オーク「んぐっ……」パクッ

女騎士「歯ぁ立てんじゃねえぞ?」

オーク「んふっ……んんっ……」ペロペロ

女騎士「へへっ、上手えじゃねえかよ」



8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/30(日) 19:27:05 ID:/mv3awEw

女騎士「ほら、下の手も休まず動かせよ」

オーク「くふっ……んんっ……ッ!!」シコシコ

女騎士「なんだ、しっかり感じてやがるのか?」

女騎士「さっきまで口では散々抵抗しておいてよお!!」

女騎士「オラオラッ、さっさと出しちまえ!!」

オーク「あふっ……んああっ……ッ!!」どぴゅっ

女騎士「うへえ、こいつホントにイきやがったぜ!!」

エルフ「やだ汚なーい!」

女騎士「ぎゃははははははははははっ!!」

オーク「う、ううう……」

ショタオーク「おじちゃん……ボクのせいで……」

女騎士「おいおい、この程度で終わりだと思うなよ?」

オーク「なっ!?」

女騎士「まだ本番が済んでねえじゃねえか」ヌギヌギ



9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/30(日) 19:29:33 ID:/mv3awEw

オーク「止めてくれ……これ以上は……」

女騎士「それじゃこのガキを輪姦しちまうか?」

エルフ「いいわね、この子も上玉だもの」

ショタオーク「ひいいっ!!」ポロポロ

オーク「……ダメだ」

オーク「やはりその子を犠牲にすることだけはできない!」

女騎士「じゃあテメェが大人しく相手するんだな」

エルフ「ふふふ、女騎士ちゃんもいい趣味してるわね」

女騎士「お前が言えたことかよ」

女騎士&エルフ「「あははははははははははははっ!!!」」

オーク「この外道どもがッ!!」キッ

女騎士「いいねえ、その反抗的な目」

女騎士「そうでなきゃ犯し甲斐がないってもんだ」ギュッ

オーク「くっ……」



10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/30(日) 19:31:02 ID:/mv3awEw

女騎士「なんだよ、嫌がってた割には先走りでぐちょぐちょじゃねえか」ヌチャッ

オーク「それはさっき貴様らに自慰を強制されたせいで……」

女騎士「言い訳はいいんだよこのエロ豚ッ!!」ゲシッ

オーク「くあっ!?」バタリ

女騎士「ふへへ、いい眺めじゃねえか」ジュルリ

オーク「見るな、俺をそんな目で見るなああああっ!!」

女騎士「ビンビンにち○ぽおっ勃てといて言える台詞かよ、ああん!?」

女騎士「テメェも戦士ならそろそろ肚ぁ括れよ」

オーク「ううう……」

女騎士「んんん?」

女騎士「もしかして、テメェ童貞か?」

オーク「そ、それがどうしたというのだ!!」

女騎士「こりゃ傑作だぜ!!」

女騎士「バケモノの癖に戦場で人間にボコられて童貞まで奪われちまうなんてよお!!」



11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/30(日) 19:33:05 ID:/mv3awEw

女騎士「それじゃ早速童貞ち○ぽを頂こうとするか」ぐっ

オーク「やめろ……それだけはやめてくれ……」

女騎士「なんだ、やめていいのか?」

エルフ「酷いねー、このオークは君より自分の体が大事なんだって」

ショタオーク「うあ……えっぐ、ひっぐ……」ポロポロ

女騎士「ガキ一人守れずに何が戦士だ、アホらしい」

オーク「わかった!!」

オーク「もういい、俺を好きにすればいいだろう!!」

女騎士「まだ立場が分かってねえみてえだなあ?」

エルフ「女騎士ちゃん、まだ調教が足りないのよ」

女騎士「そうだな」

オーク「な、何を……」

女騎士「ほおら、おねだりしてごらん?」

女騎士「人間ま○こが欲しいです、女騎士様にハメたいですってなあ!!」

オーク「ッ!!」



12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/30(日) 19:35:05 ID:/mv3awEw

女騎士「言えないの?あれ言えないの?」

女騎士「じゃあこのガキのショタち○ぽからさきにいただいちゃうぜ?」

エルフ「酷いヒトね、この子まだ精通もしてないでしょうに」

ショタオーク「うわああああああんっ!!」ポロポロ

オーク「もうやめろ、これ以上その子に苦痛を与えるな!!」

女騎士「だったらどうするんだっけ?」

オーク「……ください」

女騎士「だからもっとデカい声で言わなきゃ聞こえないつってんだろ!!」

女騎士「さっさとしねえとディルドでこのガキのアナル開発すっぞ!!」

オーク「女騎士様のま○こにハメさせてください!!」

女騎士「それだけかあ?」

オーク「女騎士様の膣内に臭い種汁をぶちまけさせてください!!」

女騎士「よく言えたなあ、えらいぞー」ニヤリ

女騎士「じゃあご褒美にお望みどおりにしてやるよ!!」ズポオッ

オーク「ひぎいっ!!?」ビクンッ



13: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/30(日) 19:37:44 ID:/mv3awEw

女騎士「ははっ、やっぱり童貞ち○ぽは活きがいいや!!」グチュグチュ

オーク「嫌だ、こんなのは嫌だああっ!!」ポロポロ

女騎士「そんなこといって自分から腰を振り始めてんじゃねえか!?」パンパン

オーク「あ……あああっ!?」ビクンビクンッ

エルフ「ほら、よく見てごらん」

エルフ「これが君の憧れのオークの戦士の本当の姿なんだよ?」ニッコリ

ショタオーク「……」

オーク「やめてくれ、そんな目で見ないでくれ……」ビクンッ

女騎士「ガキに見られて余計に固くしてんじゃねえの?」パンパン

女騎士「とんだ変態だぜ、このオークはよおっ!!」パンパン

オーク「あんっ……んんっ……」ビクンッ

エルフ「あらら、我慢できずに喘ぎ声だしちゃってるよ」

エルフ「こんなのがオーク族を代表する戦士だなんて、本当に恥ずかしいわねえ?」

ショタオーク「……」

オーク「嫌あああああああああっ!!」ビクンビクンッ



14: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/30(日) 19:40:01 ID:/mv3awEw

女騎士「くっ、そろそろイくぞ!!」パンパン

女騎士「テメェも出しちまえよ……んんっ!!」プシャーーー

オーク「で、出るっ……ッ!!!」びゅるるるるる

女騎士「ははっ、流石はオークすげえ量だ」ビクンビクン

女騎士「子宮ん中パンパンだァ……」

女騎士「これなら妊娠も確実だろうな」ニヤリ

オーク「なっ……!?」

女騎士「喜べよ、この私が貴様のガキを孕んでやったっていうんだからよお」

オーク「嘘だ……そんなことあるワケ……」

女騎士「もしかして知らなかったのか?」

女騎士「オークの精子は人間を孕ませることができるんだよ」

オーク「そ、そんな……」

女騎士「安心しろよ、しっかり元気な赤ん坊産んでやるからよお」

女騎士「げひゃひゃひゃひゃひゃひゃひゃっ!!」

オーク「あ、あああ……ッ!!」ポロポロ



15: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/30(日) 19:42:27 ID:/mv3awEw

女騎士「さーて、まだまだイき足りねえなあ」グチュグチュ

オーク「ひいっ!?」ビクンッ

女騎士「オークの精力がどこまでもつか確認してみるとするかねえ」パンパン

オーク「もう嫌だ、やめてくれ!!」

女騎士「キモチいいんだろ?」パンパン

女騎士「そろそろ自分の体に素直になったらどうだ?」パンパン

オーク「ひあっ……くうんっ……ッ!!」どぴゅっ

女騎士「あははっ、また射精しやがったぜ!」パンパン

女騎士「そのままち○ぽイカレるまで絞り採ってやるよおおおおおおっ!!」パンパン

オーク「ぬほおおおおおおおおおおおおおおおおっ!!」ビクンビクン

オーク「女騎士ま○こしゅごいのおおおおおおおおっ!!!」びゅるるるる

オーク「らめええええええええええ!!おち○ぽ壊れちゃうううううううっ!!!」びゅるるるる

女騎士「ふうっ」ぬぷっ

オーク「あへえ」ビクンビクン



16: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/30(日) 19:44:15 ID:/mv3awEw

エルフ「満足した?」

女騎士「ああ、なかなか具合のいいち○ぽだったぜ」

エルフ「それは楽しみ、今度は私の番ね」くぱあ

女騎士「どうせなら姫騎士も呼んで輪姦わすか?」

エルフ「それもいいわね」ズポオッ

オーク「ひぎいいいいいいいいいいいいっ!!!」ビクンビクン

女騎士「このまま壊れるまで犯して肉奴隷にしてやろう」

オーク「もっと、もっとおま○こほしゅいのおおおおおおおっ!!!」びゅるるるる

女騎士「こりゃいい素材だ、もう堕ちてやがる」

女騎士「そのうち自分から喜んでおっぱいにしゃぶりつくようになるぜ」

女騎士「砦の牢に繋いで種豚として飼い殺してやるよ」

女騎士「その姿を想像すると……今から楽しみだな」ジュルリ


(完)


元スレ
SS深夜VIP:オーク「くっ、殺せ!」女騎士「ぐへへへへ」