SS速報VIP:モバP「俺がアイドルに手を出す確率はアブソリュートゼロさ」【R-18】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1419246644/



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/22(月) 20:10:44.02 ID:1RpYTkvDO

ちひろ「信用して良いんですね?」

P「当たり前じゃないですか!おいどんの異名は「アイドルに絶対手を出さないマン【アブソリュートゼロ】」でござるよ?」

ちひろ「異名長いしキャラが定まってなさすぎますよ!」

P「それじゃ、刹那の隠れ蓑【レッスンのお迎え】に行ってきます!」

ちひろ「サボったらおこですからねー」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1419246644




16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/22(月) 22:53:24.69 ID:1RpYTkvDO

P「輝子がもうすぐ終わるな、迎えにいこーっと」プップー

P「それにしても、なんでサボるってわかったのかな」プップー

P「よーしついたついた!」

P「輝子ー、帰るぞー」ガチャッ

輝子「ふひ……あ、ありがと」

輝子「流石親友だな……時間ぴったり……」

P「そりゃあな」

P「さ、車にお乗り」



18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/22(月) 23:01:56.11 ID:1RpYTkvDO

P「レッスン、どうだった?」プップー

輝子「と、トレーナーさんのレッスンは、凄いな」

P「どんなレッスンしたんだ?」プップー

輝子「そ、それはだな……フヒ」

輝子「親友の、喜ばせ方とか……」

サワッ

P「あっひん!」プップップー

P「こ、こらぁ!輝子ちゃぁん!?そこは僕のカエンタケだぞぅ!」プンスカプンスカ





20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/22(月) 23:08:24.51 ID:1RpYTkvDO

輝子「でも、し、親友は、こういうの好きって……」

P「そりゃあ好きだけどさ」

P「俺は「アイドルに絶対手を出さないマン【アブソリュートゼロ】」なんだぞ?手を出すわけにはいかないだろうが!!」

輝子「……?」キョトン

P「おいおい、そんなヘラクレスオオカブトの角が三本あった時みたいな顔をするんじゃないよ!」

輝子「……??」キョトン

P「余計混乱してるみたいだな?」

輝子「て、手を出すのは、プロデューサーじゃ、な、ないぞ……?」

サワァッ

P「あっひん!」キキー

P「着いたぞ、事務所だ」

輝子「お、おぉ、ありがとう……」

トテトテ

P「戻っていったか、ふむ」



29: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/23(火) 10:28:08.20 ID:n7bFkiEDO

…………
……

輝子「や、やってきた」

??「それで……どうだったんですか」

輝子「す、すごかったぞ、キノコがすくすくと成長したぞ……」

??「えぇー……そんなの見たら失神するかもしれないんですけど……」

輝子「二人なら大丈夫……フヒヒ」





30: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/23(火) 10:31:42.87 ID:n7bFkiEDO

P「へくち」

P「誰かが俺のこと噂していらっしゃるな」

P「さて、この時間なら……>>32が終わる頃か」



アイドルの名前をお願いします
同じアイドルは二回まで
とあるアイドルが出てサティスファクションしたら終了します



32: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/23(火) 10:34:00.53 ID:OwST0//AO

ほたる



41: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/23(火) 12:09:49.86 ID:n7bFkiEDO

…………
……

ほたる「あ、プロデューサーさん……お疲れさまです」

P「これからが仕事さ。お迎えにきたぞ、一緒に戻ろう」

ほたる「わぁ……ありがとうございます」

P「いえいえ、お車にお乗りくださいな」



42: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/23(火) 12:34:01.17 ID:n7bFkiEDO

ブゥゥゥン

P「ほたる、今日のレッスンはどうだった?」

ほたる「えっと、いつもと変わらず為になりました」

P「えらいな、ほたるは」ナデナデ

ほたる「えへへ……///」

P「そうだ、飴でもなめるか?助手席の横に飴があるだろう?」
ほたる「ありがとうございます……!」



43: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/23(火) 12:59:48.68 ID:n7bFkiEDO

ほたる「いただきます……!」

ほたる「プロデューサーさんも……どうぞ」

P「サンキュー!」

スッ

ムニィッ

ほたる「ぁんっ……!?」

P「!?」



45: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/23(火) 13:40:37.13 ID:n7bFkiEDO

P(な、なぜだ!?)フニフニ

P(俺は助手席にいたほたるから飴をもらおうとした……)ムニムニ

P(なのに、なぜ……俺の手はほたるの柔らかひところを掴んだんだ……!?)ムニュニュン

ほたる「プロ……デューサー……さん……!」

ほたる「そっちの飴じゃ……ないです……ぁあっ……!」

P「あ、あぁ、わかってる。これは完全に乳首だもんな」キュッ

ほたる「ひぁっ……!」ビクン



46: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/23(火) 14:41:19.22 ID:n7bFkiEDO

ほたる「はぁ……はぁ……」

P「すまない……俺は「アイドルに絶対手を出さないマン【アブソリュートゼロ】」なんだが……」

P「天使には手を出してしまったようだ……」

ほたる「それは……喜んでいいんですか……?」

P「あぁ」

P「今度こそ、飴をもらえるかな」



48: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/23(火) 15:12:45.12 ID:n7bFkiEDO

ムニッ



49: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/23(火) 15:14:16.72 ID:n7bFkiEDO

P「うーん、ほたるの不幸も考えものだな」

P「早苗さんにはちゃんと説明しました、嘘を織り交ぜ」

P「あ、あれは!」


下2



51: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/23(火) 15:15:09.92 ID:OTfirsYDO

幸子



60: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/23(火) 23:13:11.86 ID:n7bFkiEDO

P「幸子ぉぉぉぉ!」

ギュムッ!

幸子「わ、わわわわ急に後ろから抱きしめないでください!?」

P「今日もおまえはカワイイなぁぁぁ!」ナデナデナデナデ

幸子「と、当然ですよ!フフーン!」ドヤァ

P「今日もこの二本の触角がピンと跳ねてるな!カワイイ!」

幸子「トレードマークですからね!ボクの可愛さを倍増させてますよ!」

P「1.37倍くらいだな」

幸子「いきなり冷静にならないでください!あと微妙すぎます!」



61: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/23(火) 23:18:08.23 ID:n7bFkiEDO

P「微妙だと!?」

P「145.9854に1.37をかけてみろ!200になるだろ!!」

幸子「ちょっと誤差でませんか!?」

P「えっ……………………多分200だ!」

幸子「今の長い間は何なんですか!?」

P「間?なんだそれは」

P「俺は「えっ点々点々点々」って感じで喋っていたぞ!」

幸子「すっごいメタ発言!」



63: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/23(火) 23:24:44.63 ID:n7bFkiEDO

P「ほら、もういい時間だ、早くお家に帰って性書すればいいだろ!」

幸子「まだ14時じゃないですか!」

P「そんなことはなあい!」

P「見てろよ!」

P「時計を持って……後ろについてるよくわかんないでっぱりを回すとだな……」

P「ほら!もう18時2分だ!」

幸子「なにしてるんですか!?」

P「これが相対性理論だ!」

幸子「絶対違いますから!」



64: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/23(火) 23:26:57.20 ID:n7bFkiEDO

P「言うこと聞かない奴には……お仕置きだ!」

幸子「えぇぇぇ!?なんでボクが悪いことになってるんですか!?」

P「幸いなことに、ここは事務所だ!仮眠室に来い!」ズルズル

幸子「ちょ、まってくださ」ズルズル

バタン



65: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/23(火) 23:30:30.15 ID:n7bFkiEDO

…………
……
ちひろ「お仕置きが始まってかれこれ1時間……そろそろ幸子ちゃんを助けた方がいいかしら」

コンコン

ちひろ「プロデューサーさーん、そろそろ解放してあげてくださいよー」

ガチャッ

ちひろ「幸子ちゃんもたい……って、えぇぇぇぇ!!?」

ちひろ「仮眠室がホストクラブみたいになってるぅぅぅぅ!!?」



66: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/23(火) 23:37:46.08 ID:n7bFkiEDO

P「幸子ちゃんは学校でも人気者なんだね」

幸子「は、はい!」

P「幸子ちゃんは素直でカワイイもんね」

P「でも、今日は俺が独り占めしちゃうからね」バチーン

幸子「はぁん……!」トローン

ちひろ「な、なにをしてるんでごわすかー!」

P「はっ!?ちひろどん!」

ちひろ「や、やめてください乗ってこないでください」

ちひろ「それより!なにキザにウインクしながら幸子ちゃん誑かしてるんですか!」

P「不可抗力だぁ」

P「まじ不可抗力って感じぃ」

P「ぶっちゃけ不可抗力だしぃ?」

P「チョベリグ」

ちひろ「話に中身が無い!」



68: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/24(水) 00:05:20.15 ID:4WSupzfDO

P「そりゃあ、教育ですし」

ちひろ「内容が真逆ですよ!」

P「……やりたくなかったが、しょうがない」

ちひろ「はい?」

グイッ

ちひろ「ひゃあっ!」

ギュッ

P「ちひろ……今だけは何もかも忘れて」

P「俺だけを見てろ」

ちひろ「……」

P(外したか……?)

ちひろ「P様ぁ……」トローン

P(ちょろすぎだわ……)



69: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/24(水) 00:07:41.14 ID:4WSupzfDO

幸子「P様……」

ちひろ「P様ぁ……」

P「変なファンができてしまったが、仕事に戻るか」

P「ん?あぁ、きてたのか」

P「おはよう

下2



71: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/24(水) 00:08:47.65 ID:kgUz4EkXO

芳乃、



78: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/24(水) 10:07:58.71 ID:4WSupzfDO

芳乃じゃないか!ちょうどよかった!」

芳乃「はて、どうしたのでありましてー?」

P「鍵を無くしちゃって……一緒に探してくれないか?」

芳乃「おやすいご用なのでしてー」

P「多分仮眠室の方だから、行こうか」



79: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/24(水) 10:14:39.97 ID:4WSupzfDO

P「うーん無いなぁ……」

芳乃「本当にここなのでしてー?」

P「そのはずなんだが……もしかして芳乃が持ってたりしないか?」

芳乃「え?」

P「うん、可能性はアブソリュートゼロとは限らないしな」

P「調べさせて貰おうかな」

芳乃「そ、そなた……?」



81: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/24(水) 15:37:41.19 ID:4WSupzfDO

P「さぁて芳乃ちゃぁん、鍵を探させてもらいますよぇ」

P「うっかり鍵穴を見つけちゃうかもなぁ」

芳乃「……!」

ブオーブオー

P「法螺貝だと!?」

「呼ばれてきてみたら……悪党が1人か」

P「あ、あなたは!」

P「藤岡弘、!?」

弘「そうだ!」←友情出演



84: 藤岡弘さんの喋り方わからないや、退場 2014/12/24(水) 18:17:59.93 ID:4WSupzfDO

弘「もうやっちゃだめだぞ!」

P「はーい」

弘「さらばだ!」

P「……行ったか」

P「さぁて芳乃ちゃん」

芳乃「」スッ

P「こ、これは……鍵」

P「見つけてくれたのか!ありがとう!」ギュッ

芳乃「あぅっ!……そなた?」



87: 安価は絶対だからね 2014/12/24(水) 19:51:47.64 ID:4WSupzfDO

P「芳乃はいい子だなぁ!」ナデナデ

芳乃「そなたの力になれたのならば、よかったのでしてー」

P「かわいいやつめ!」ナデナデナデナデ

弘「俺も撫でてくれ!」

P「おう!」ナデナデナデナデ

弘「はっはっは!」

P「はっはっは!」

芳乃「……」



88: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/24(水) 19:57:27.37 ID:4WSupzfDO

P「ねーちひろさーん!パッションならいいでしょー!」

P「アイドルにしようよー」

ちひろ「駄目!ギャラが大変だから!」

弘「俺からも頼む!」

ちひろ「駄目です!」

光「おねが「駄目です!」

芳乃「お願いなのでしてー」

ちひろ「駄目だっていってるでしょうがー!!」

P「えい!許したくなっちゃうビーム!」ビビビ

ちひろ「バリアー!」

…………
……



89: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/24(水) 19:58:57.60 ID:4WSupzfDO

P「だめだった」

P「しょんぼりしてた芳乃と光は慰めてあげた」

P「慰めただけだから、手は出してない」

P「もういい時間になっちゃったな……あれは!?

下3



92: VIPに変わりましてNIPPERがお迭りします 2014/12/24(水) 20:00:50.61 ID:zM5oWY2eO

かれん



95: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/24(水) 20:07:29.11 ID:4WSupzfDO

加蓮「あ、Pさん!もう帰るところ?」

P「あぁ、こんな時間だしな」

加蓮「そっかぁ……あっ」

P「どうした?」

加蓮「今すっごく熱出てきた……」

P「なぁーにぃー!?」

P「だったら俺が家まで送ってやる!」

加蓮(ちょろい)

加蓮(このまま家に連れ込んでPさんとむふふふ……)



96: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/24(水) 20:12:36.32 ID:4WSupzfDO

P「ついたぞ!」

加蓮「はぁ……Pさん……ベッドまで連れて行って……」

P「よしきた!おやすいご用だ!」

トサッ

加蓮「……ありがとう」

P「これぐらいは当然だ」

加蓮(さぁて、これからPさんと夜のお医者さんごっこを……)

ドサッ

加蓮「……え、Pさん?」

加蓮「私の上に覆い被さって……どうしたの?」



97: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/24(水) 20:40:26.91 ID:4WSupzfDO

P「仮病使ってまで楽したかったんだろ?楽させたんだから、ご褒美もらわなきゃな」

加蓮「えっ、ちょ、ご、ごめんなさい」

P「何を謝ってるんだ?」

加蓮「えっ、あのっ……?」

P「目、瞑れ」

加蓮「め、目を?」

加蓮(どんどん近づいてくる……!)

加蓮「ん……」





98: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/24(水) 20:44:02.97 ID:4WSupzfDO

加蓮「……」

加蓮「……?」

加蓮「Pさん……?」パチッ

加蓮「いない!?」

加蓮「か、書き置きがある……」

「ぷりきゅあみたいからかえるね、またね」

加蓮「ぷりきゅあに負けたの!?」

「でぃあー刹那の薔薇の詩人」

加蓮「誰だよ!」

加蓮「いきなり漢字使うなよ!」




99: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/24(水) 20:49:52.78 ID:4WSupzfDO

…………
……

加蓮「ってことがあったんだよ、酷くない?」

凛「断罪」

奈緒「よくも堂々と誑かしたな」



103: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/24(水) 21:45:18.66 ID:4WSupzfDO

加蓮「でしょ?だから三人で仕返ししにいこうよ」

凛「……いや」

奈緒「仕返しする相手はここにいるよ」

加蓮「へ?」

二人「ギルティ!」

加蓮「えっ、ちょっと」

加蓮「あ、らめぇ」

加蓮「ふわぁぁぁぁん!」




104: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/24(水) 21:49:01.39 ID:4WSupzfDO

…………
……

P「はぁーけつかゆいわー」

P「けつ……けつ……」

P「いいや、かいちゃお」ボリボリ

P「はぁ……眠い」

P「ん?メールだ」

下2



106: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/24(水) 21:50:06.22 ID:gG73Yh64O

しきにゃん



108: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/24(水) 22:07:38.56 ID:4WSupzfDO

P「志希!!てめぇ!」

ダダダダダダ

志希「にゃっふっふ~、志希様の発明は完璧だ~!」

P「人のけつに香水振りかけやがって!!」

P「お陰でおならがいい香りじゃねぇか!」





109: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/24(水) 22:12:03.84 ID:4WSupzfDO

P「こんな遅くに「助けて」ってメール送ってきたから何かと思えば!けつ香水かよ!」

ダダダダダダ

志希「だまされる方が悪い~」

P「」ピタッ

P「心配……したんだぞ」

志希「……えっ」ピタッ

P「お前が何か危ない目にあってるんじゃないかって……」

志希「プロデューサー……」



112: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/24(水) 23:45:52.95 ID:4WSupzfDO

P「でぇあははははは!!うっそさー!」

P「まてぇー!」

志希「……そんなの酷いよ」

P「なにぃ!?」

志希「嬉しかったのに……」グスッ

P「志希……」



113: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/24(水) 23:48:06.06 ID:4WSupzfDO

志希「ばびーん!嘘だよ~ん!」

ダダダダダダ

P「待てやこらぁ!」

ダダダダダダ

ダダダダダダ

ダダダダダダ

ダダダダダダ

ダダダグダダ

ダダダダダダ

ダダダダダダ

ダダダダダダ

P「くそ、あいつはええ……」

P「これがレッスンのせいかかよ……」


…………
……

志希「ふぅ、撒いたかな」

志希「……嬉しかったのは、本当なんだけどね」



114: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/24(水) 23:48:56.53 ID:4WSupzfDO

実は!

なんと!

ダの中に!

グがまざっていたぞ!

みんなで探そう!!



116: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/24(水) 23:51:01.29 ID:4WSupzfDO

P「結局志希は捕まえられなかった……」

P「ま、被害はけつフレグランスだけだから、許すか」

P「そんなこんなでもう朝か、お!」

P「おーい!

下2



118: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/24(水) 23:51:49.88 ID:lw7koBlao

美穂



120: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/24(水) 23:57:55.53 ID:4WSupzfDO

P「美穂じゃないか!ちょりーっす」

美穂「ちょ、ちょり……?……おはようございます!」

P「うむ、いい返事だ」

P「ここが山だったら山彦が聞こえたんだろう!」

P「そうだろう?」

美穂「は、はい……!」

P「そうだろうそうだろう!はっはっは!」



121: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/25(木) 00:00:55.29 ID:F9xpJV5DO

P「さぁ、一緒に行こうか!」

P「俺は山のような仕事を片づけなくてはならないからな!」

美穂「手伝いましょうか……?」

P「気にするでない!俺の手にかかれば風林火山の勢いで終わるさ!」

P「終わったらひなたぼっこでもしようか!」

美穂「はい!」

P「山で」

美穂「山で!?」



122: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/25(木) 00:03:55.83 ID:F9xpJV5DO

P「山はいいぞー……空気は綺麗だし……空気は綺麗だし」

P「なにより、空気は綺麗だからな!」

美穂「あ、あはは……」

美穂(なんだろう、今日のプロデューサー面倒くさい……)

美穂(クマできてるし、眠いのかな……?)

P「面倒くさいとか思っただろう」

美穂「そ、そんなことないですよ……!」

P「そうか、じゃあ山に登るか?」

美穂「登りません!」



123: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/25(木) 00:06:55.31 ID:F9xpJV5DO

P「山はいいんだ……本当……に」バタッ

美穂「いきなり倒れた!?」

美穂「だ、大丈夫ですか!?」

P「」スヤァ

美穂「……寝てるだけでした……うーん」

美穂「ちょうどいいことに、ここ公園だし、ひなたぼっこしながら起きるのをまってようかな……」

美穂「えへへ……膝枕してあげますねー……!」



124: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/25(木) 00:09:56.51 ID:F9xpJV5DO

P「っは!?」

美穂「すぅ……すぅ……」

P「……美穂?」

P「ここは……公園か」

P「……寝てしまったか、まぁ徹夜してたしな」

美穂「……んぅ?」

P「あ、おはよう」

美穂「おはようごじゃいます……」ムニャ

P「はは、寝ぼけてらっしゃる」

P「膝枕のお礼に、お姫様だっこで事務所に連れて行ってあげるよ」

…………
……



125: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/25(木) 00:57:00.44 ID:F9xpJV5DO

誤解です!誤解ですってば!

美穂を抱っこしながら美穂に山頂アタックなんてしてません!

第一、両手が塞がっているんですよ!?

できる訳ないじゃないですか!

ね、そうでしょ!そうでしょ!

え?美穂のさくらんぼの味?甘かったですよ?

違います!誤解ですってばぁ!

舌で山頂アタックなんてしてません!

ペロペロなんてしてません!ちゅうちゅう位です!!

誤解ですー!

ですー!

すー









126: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/25(木) 00:59:14.94 ID:F9xpJV5DO

P「酷い目にあった……」

P「俺が舌で何をしたって言うんだ……」

P「ちょっぴり乳首舐めただけじゃないか」プンプン

P「お、あれは……


下2



128: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/25(木) 01:00:30.51 ID:8/xo9IBxO

かな子



129: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/25(木) 01:09:18.34 ID:F9xpJV5DO

P「かな子ー!」

P「一緒にお菓子食べようぜー!」

かな子「お菓子!?ぜh……全然食欲無いです」

P「なにっ!?地震が!」

グラグラグラグラ

P「グラグラ」

かな子「擬音を口でいわないでください!」

P「騙されないか」

かな子「騙されません!」



130: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/25(木) 08:57:48.95 ID:F9xpJV5DO

P「お菓子を食べないってどういうことだ」

P「ほら、口開けろ」

かな子「ちょ、ちょっとまってください!」

かな子「チョコバナナを頬に押しつけないで下さい!」

かな子「や、やぁ……!」

かな子「はむっ……」

P「結局食べるんかい」



131: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/25(木) 09:28:56.27 ID:F9xpJV5DO

P「もしかして、体型が気になってるのか?」

かな子「ギクッ」

P「だったら俺に相談しろよ!」

P「ほら、仮眠室にこい!」

P「エステしてあげるから!」

かな子「はわー!?」

ズルズル



132: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/25(木) 10:01:03.64 ID:F9xpJV5DO

P「かな子、いいか?これはエステだ」

P「決して手を出している訳では無いからな?」

P「手を出したりなんかしたら「アイドルにアブソリュート手を出すMAN」になってしまうからな!」

かな子「よくわかりませんが……はい!」

P「よろしい」

P「ではまず胸を揉みます。仰向けになってくれ」

かな子「うぇ!?」



137: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/25(木) 15:36:33.46 ID:F9xpJV5DO

ちひろ「馬鹿やろう!」スパーン

P「うっちゃりっ!!?」グハァ

ちひろ「AVじゃないんだから!エッチなエステはしないでください!」

P「豊胸マッサージですよ!」プンスカ

ちひろ「プロデューサーがアイドルにやることじゃないでしょ!」

P「そ、そうか」

P「よし、かな子」

かな子「はい!」

P「オイルマッサージをするから服を脱いでくれ」

かな子「お、オイル!?」





140: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/25(木) 20:22:57.11 ID:F9xpJV5DO

ちひろ「駄目に決まってるでしょ!」バチコーン

P「もろだしっ!!?」グッハァ

ちひろ「どこの世界にアイドルにドスケベオイルマッサージするプロデューサーがいるんですか!」

P「媚薬いれたらいい?」

ちひろ「ばか!ばーか!」

P「わかった」

P「じゃあ白い全身タイツを」

ちひろ「あれは本当に消えてる訳じゃありません!」

ちひろ「演技ですよ!」

P「なん……だって……」



141: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/25(木) 20:25:50.83 ID:F9xpJV5DO

P「俺はこれから何を生きがいに生きていけばいいんだ……巻き貝か……巻き貝を生き貝にしてい

ちひろ「くだらないこと言ってないで仕事してください!」

かな子「あの……」

ちひろ「かな子ちゃんごめんねぇ、バカなプロデューサーで」

かな子「オイルマッサージをお願いします……///」

ちひろ「なんやて!?」

P「よしきた!はっけよい!」



143: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/25(木) 20:31:44.95 ID:F9xpJV5DO

…………
……

P「はい、では次は二の腕を引き締めていきます」

かな子「……」

P「次は血行を良くしていきますねー」

かな子「……まじめっ!」

かな子「普通のマッサージじゃないですかっ!」

P「うぉ!どうした」

かな子「上半身裸にさせられて期待していたら……本当にマッサージじゃないですか!」

かな子「普段はなんだかんだいってまじめなPさんも……裸になれば理性を飛ばせるかと思ってたのに……」

かな子「理性が飛ぶどころか血行が良くなっただけじゃないですか!」

P「いや、それが正解だろ」



145: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/25(木) 23:15:24.56 ID:F9xpJV5DO

P「俺は何も間違えてないぞ」

かな子「……Pさん」

ゴロン

P「っ!?ば、ばっかおめぇ!仰向けになったら見えちゃうだろ!」メソラシ

かな子「いいですよ、Pさんなら」

かな子「私の甘い果実、食べてください……!」

P「……」




146: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/25(木) 23:16:09.21 ID:F9xpJV5DO

P「え!いいの!?」



149: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/26(金) 00:50:22.84 ID:JTExa/7DO

…………
……

早朝

P「いやあ、昨日は危なかった危なかったー」

P「危うくアイドルに手を出すとこだったよ」

P「ぎりぎり、本当にぎりぎり乳首舐めただけですんだよ……ふぃー」

P「お、あれは……

下2



151: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/26(金) 00:52:40.83 ID:zPksFrdNo

ふみふみ



152: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/26(金) 00:59:06.50 ID:JTExa/7DO

P「文香じゃないか!」

文香「あ……Pさん、おはようございます」

P「文香に渡したい本があったんだよ」

P「まってて」ゴソゴソ

P「あった!」

P「はい!どうぞ!」

っ地図帳

文香(どう反応すればいいのかしら……)



153: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/26(金) 01:02:24.36 ID:JTExa/7DO

P「ほんとに泣ける本でさー」

文香「泣けっ……!?」

P「と、思ったら急に笑えるとこもあってさ!」

文香「え、えぇー……」

P「ま、よんでみてくれよな!じゃ、レッスン終わったらまた迎えにくるから!」

文香「……これは……どうすればいいんでしょうか」タラー

文香「泣ける……なんてことは無いでしょうし……」

文香(……もしかして、本間違えてるんじゃ……)



155: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/26(金) 03:12:49.04 ID:JTExa/7DO

…………
……

ぶぅぅぅんぷっぷー

文香「……Pさん」

P「なんだ?」

文香「朝にお借りした本なのですが……」

P「あぁ、あれか。読んだのか?」

文香「い、いえ」

文香「もしかして……本を間違えてませんか……?」

P「え゛っ」



156: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/26(金) 03:16:46.36 ID:JTExa/7DO

P「間違えて「アイドルJKハメブリズンburst」を渡してしまったか……?」

文香「い、いえ、そんな薄そうな本ではなくて……」

P「え?……もしかして「ふわふ「違います」

文香「これですよ、地図帳ですよ」

P「よかった……合ってた……」

文香「……え?」



158: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/26(金) 10:02:05.22 ID:JTExa/7DO

P「もうよんだか?北九州とかもう涙なしじゃ見られないだろ……」

文香「ま、まだです……」

P「む、それはすまなかった」

P「ネタバレしてしまったな」

P「これ以外はやめておくか」

キキッ

P「さ、女子寮についたぞ」

文香「ありがとうございます……」



159: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/26(金) 10:09:48.18 ID:JTExa/7DO

…………
……

文香「……折角ですから、よんでみますか」

文香「……」ペラッ

文香「っ!?これは……Pさんの大量の書き込みが……」

文香「凄い……小さい頃のPさんの頑張ってる姿が頭に浮かぶ……」ホロリ

文香「あ……こっちには落書き……」クスッ

…………
……



160: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/26(金) 10:12:04.60 ID:JTExa/7DO

文香「Pさん」

文香「お借りした本……凄く泣けました」

文香「またこういうの貸してもらえますか?」

P「……」

P「え」

P「精一杯のギャグのつもりだったんだけど……」



161: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/26(金) 10:13:29.59 ID:JTExa/7DO

P「あのあとふみふみにふみふみされた」

P「ストッキングで」

P「またやろ」

P「あ、あれは

下2



163: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/26(金) 10:16:15.73 ID:8/m5VakDO





166: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/26(金) 14:03:43.27 ID:JTExa/7DO

ガチャッ

ちひろ「こんば……!?」

ゴォォォォ

ちひろ「か、風が……!?」

ちひろ「いったいなぜ!?」

ちひろ「あ、あれは!?」



167: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/26(金) 15:38:31.34 ID:JTExa/7DO

奏「……」ズバババ

P「ズビビビ」……

ちひろ「キスしようとする奏ちゃんから避けるプロデューサーさんの動きで風が起きている……!」

ちひろ「なんてスピードなの……!?」

ちひろ「あまりのスピードに地下鉄とかのホームで列車が来たときに起きる風みたいな風が巻きあれている……!」




174: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/26(金) 23:13:59.96 ID:JTExa/7DO

ちひろ「ちゅうの攻防でぐるぐる回る二人……起きる列車風……」

ちひろ「これが……!チューチュートレイン……ッッッ!!?」

ファーファーウィーヒッザ

ちひろ「ッッ!!?まさかッッッ!!?」

ステーステー

ちひろ「行かせない!アイドルのもとには絶対行かせませんからね!!!」

チャリーン

ちひろ「げひひー!お金お金ー!」

ちひろ「しまった!?」



175: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/26(金) 23:17:27.81 ID:JTExa/7DO

ちひろ「あぁ……だめ……だめです……」

ちひろ「あの列車は……あの列車だけは……!」

かな子「……きゃー!」

ちひろ「かな子ちゃん!大丈夫!?」

かな子「うーん……」

メンディー三村「なんとか大丈夫です……!」

ちひろ「全然大丈夫じゃない!?」



176: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/26(金) 23:56:22.09 ID:JTExa/7DO

ちひろ「そこは「メンディー三村」じゃなくて「三村メンディー」でしょ!」

三村メンディー「どうしたの?ちひろさん」

ちひろ「えぇい構ってられるか!あの二人を止める!」

ちひろ「貴様らぁ!!」

奏「あ、おはようございます」グルグル

P「奏、そろそろやめるんだ」グルグル

奏「キスさえしてくれれば、私はいつでもやめるよ?」グルグル

P「キスだなんて破廉恥なことできるか!」グルグル

ちひろ「でぇい!」ガシッ

P「うわっ!ちひろさん!?頭つかまないでくださ

ぶちゅうっ

P「」

奏「」

ちひろ「ん……」




177: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/26(金) 23:59:23.30 ID:JTExa/7DO

こうして、チューチュートレインの嵐は去った……

野鳥「ピヨピヨ」

野鳥「ピヨピヨ」

バサバサッ

奏「ふ、ふふ……ちひろさんとするぐらいだし……いいよね?」

ちゅう

P「」

奏「んっ……Pさん……ちゅ……」



178: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/27(土) 00:05:04.81 ID:zfmi1feDO

P「って夢を見たんですよ」

ちひろ「夢かよ!!」

P「そりゃあ奏のキスを拒む訳ないじゃないですか」

ちひろ「拒めよ!」

ガチャッ

奏「おはようございます」

P「おはよう」

チュッ

奏「それじゃ、レッスン行ってくるね」

P「いってらっしゃい」

ちひろ「思いっきり手を出してんじゃないですか!」バンバン

P「なに、ちひろさん機嫌悪いっすね」

P「なにかありました?シャワーノズルの穴にティッシュ詰められたとか」

ちひろ「今だよ!」



179: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/27(土) 00:07:00.87 ID:zfmi1feDO

P「うーん、ちひろさんが怒ってるし、ちゃんと仕事しようかな」

P「よし!勢い良く仕事するぞ!」

P「うぉぉぉぉ!」ブッ

P「あ、やべ、屁でちゃった」

P「あ、あれは

下2



181: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/27(土) 00:07:31.31 ID:61sMeptxO

晴ちん



184: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/27(土) 09:40:05.74 ID:zfmi1feDO

P「超絶プリティーキューティクル美少女の晴じゃないか!」

晴「」ゲシッ

P「いたぁ!なんで蹴るの!?」

晴「ロリコンにはこうしろって言われたからな」

P「それは間違いだ、どれ、特別授業をしてやろう」

P「だから、あのお城みたいなとこにいこうか」



185: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/27(土) 09:44:02.52 ID:zfmi1feDO

ちひろ「ストーップ!!それはだめ!」

P「ダニィッ!?」

ちひろ「それもだめだから!また間違えられたらどうするんですか!」

P「ラブホ行っちゃだめなの!?」

ちひろ「だめ!それは先人のやつ!」

P「ダニィとか言っちゃだめなの!?」

ちひろ「だめ!」

P「そんな……」

P「もうだめだぁ……おしまいだあ……」

ちひろ「それも駄目だよバカー!!」ゲシッ

P「いてぇ!」



186: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/27(土) 09:47:14.44 ID:zfmi1feDO

P「随分と厳しいですね」

晴「まずオレをラブホに連れて行こうと考えている時点でダメだろ」

ちひろ「このご時世……なにが原因で炎上するかなんてわかりませんからね」

P「炎上……?」

…………
……



188: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/27(土) 09:53:00.69 ID:zfmi1feDO

信長「本能寺燃えちゃってるよーやべー」

信長「まじ炎上してるわーふぁいあー」

…………
……

P「なるほど」

晴「今のなんだよ」

ちひろ「何がなるほどなのかはわかりませんが、わかってもらえたならいいです」

P「先代の決めゼリフの「完全に乳首だこれ」は言って良いんですか?」

晴「そんなこといってたのか!?」

ちひろ「それはいいですよ」

P「やったぁ!よし、晴!」

P「早速言いたいからラブホにいこうか」

ちひろ「駄目だって」ゲシッ

晴「言ってんだろ!」ゲシッ

P「オフサイドっ!?」グフッ



189: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/27(土) 09:59:14.59 ID:zfmi1feDO

晴「そもそもPは「アイドルに手を出さないマン」じゃないのかよ!」

P「アブソリュートゼロが抜けてるぞ」

晴「細かいよ……いいよそれぐらい……」

P「細かいとはなんだー!」

P「お前は名前が「結城☆晴」になってもいいのか!?」

晴「それとこれとは話が違うだろ!」

P「ッ!?」

P「うぇーんちひろさぁーん!晴がいじめるよー!」

晴「なんでそんな簡単に論破されてんだよ!?」

ちひろ「おぉよしよし、怖かったでちゅねー」

P「バブー」

晴「二人してなにしてんだよ!」



190: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/27(土) 10:08:11.93 ID:zfmi1feDO

P「ふっかぁぁぁつ!」

晴「ずっと泣いててもよかったんだけどな」

P「晴!サッカーしよう!」

晴「唐突だな」

P「セパタクローでもいいぞ!」

晴「それ結構マイナーなやつだろ!」ゲシッ

P「前足は使っていいか?」

晴「思いっきりハンドだよ!」ゲシッ

P「晴は……乳首使っていいから///」

晴「照れるくらいなら言うなよ!」ゲシッ

晴「それに使わねー!」ゲシッ



192: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/27(土) 11:57:55.40 ID:zfmi1feDO

…………
……

P「そら、フォークだ!」

晴「っと!流石Pだな!そりゃっ」

P「いい球だ!次は魔球!パームだ!」

晴「うぉっ!やるな!うりゃっ!」

P「おっと、よぉし次は必殺技!SFFだ!」

晴「全部下方向じゃねえか!」

P「ナックルもあるぞ」

晴「それも下だ!」

晴「あと、全部野球だろ!」



193: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/27(土) 19:42:47.34 ID:zfmi1feDO

P「だいぶ汗かいちまったな」

晴「あぁ、シャワー浴びたい……」

P「むむ!シャワー!?」

P「それならあのお城みたいなところにいこうか」

晴「おぉ!」

晴「……お?」



196: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/28(日) 00:15:24.36 ID:hDtSwuUDO

「やめろって!自分で洗えるから!」

「大丈夫だから手をわきわきさせんな!」

「!?……ぁんっ……!そこを重点的に洗うんじゃねえ……!」

「くぁっ……!摘むのは卑怯だ……んっ……」

「そもそもなんで一緒に入ってんだよ!」

「やめっ……キスなんかされても……許さないからな……」

「んっ……ぅ……P……」



197: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/28(日) 00:18:31.26 ID:hDtSwuUDO

ちひろ「……」

ゴゴゴゴゴ

P「地面が……揺れている……」

P「どうしたのちひろ?おこなの?」

ちひろ「その通りですよ!」

P「八つ当たりはよくないよ」

ちひろ「お前が元凶だよ!」

P「ストレスは運動で発散するといいですよ」



198: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/28(日) 00:19:05.58 ID:hDtSwuUDO

P「ジムとかいったらどうですか?」



199: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/28(日) 00:19:31.18 ID:hDtSwuUDO

P「事務員だけに」プークスクス



200: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/28(日) 00:20:09.56 ID:hDtSwuUDO

ちひろ「」カチーン



201: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/28(日) 00:22:46.71 ID:hDtSwuUDO

ジョインジョインチヒロォ

ちひろ「命は投げ捨てるもの……」

P「はやい!?やばい!おっぱい」

P「略しては・や・お!」

P「退散!」

シュババババ



203: P「まさか名前欄に逃げているとは考えまい」 2014/12/28(日) 00:25:09.28 ID:hDtSwuUDO

ちひろ「あんにゃろ……どこ行きやがった!」

ちひろ「見つけたらメダルにしてやる……」

ちひろ「女子寮の壁にしてやる……」



204: P「でれなくなっちゃった」 2014/12/28(日) 00:28:12.37 ID:hDtSwuUDO

ちひろ「いないなぁ……帰っちゃったのかしら」

ちひろ「……ま、明日とっちめればいっか!」

ちひろ「さぁてお仕事お仕事!」

ちひろ「ふんふーん♪」



208: P「あぁ!キューティカルマイエンゼル(銀)の晴がきた!」 2014/12/28(日) 09:51:57.68 ID:hDtSwuUDO

晴「何やってんだよ……ほら、手に捕まって」

(すまないな……)

晴「よっ……と」

ドサッ

「げふっ!」

I「ありがとう、晴」

晴「P!頭のPみたいなやつとれちゃってるぞ!」

I「えっ……ほんまや!?」

I「ちょっと取ってくる!また助けてくれ!」

ヒュバッ

晴「……」

晴「あいつ……結構イケメンだったんだな……」



209: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/28(日) 09:53:22.33 ID:hDtSwuUDO

P「よぉし!テンション上がってきた!」

P「この調子で他のアイドルも健全にプロデュースするだ!」

P「おら、がんばるだ!」

P「あ、あそこにいるのは!


下2



211: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/28(日) 09:54:11.66 ID:+Asa4IxOO

しきにゃん



213: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/28(日) 10:04:00.55 ID:hDtSwuUDO

P「おぉぉぉぉぉ!!」ダダダダ

志希「にゃふふ~」ダダダダ

P「まちやがれ!」ダダダダ

P「人のけつに香水を付けるんじゃないと何度いえばわかるんだ!」ダダダダ

志希「三回くらい?」ダダダダ

P「うぉぉぉぉ!人のけつに香水を付けるんじゃない人のけつに香水を付けるんじゃない人のけつに香水を付けるんじゃない!」ダダダダ

志希「わかった~」ダダダダ

P「じゃあとまりやがれ」ダダダダ

志希「川の流れは止まらないんだよ~ん♪」ダダダダ

P「お前は川の水じゃないだろ!潮だろ!」ダダダダ



223: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/28(日) 23:55:46.70 ID:hDtSwuUDO

P「しかし!こんなこともあろうかと秘策がある!」

P「なんかネバネバしたものが飛ぶ銃だ!」

P「くらえ!」

バシュッ

ネバネバ

志希「うわっ!なんかネバネバする!なにこれ!?」ネバネバ

P「……なんだろうな」

志希「えっ……怖いんだけど……」



224: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/29(月) 00:20:00.40 ID:3RPHfMqDO

志希「はぁ……はぁ……」

志希「これ……スッゴいいい匂い……」

P「白いネバネバしたものを浴びながら興奮するんじゃない!」

P「いかがわしいだろ!」

P「しょうがない、今取ってやるから」

P「そのまえなちょっと揉んどこ」モミモミ

P「あぁ!?俺までとれなくなっちゃった!」モミモミ

P「ギエピー!」モミモミ

志希「はぁっ……んっ……」ハアハア



225: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/29(月) 00:20:29.28 ID:3RPHfMqDO

な→に



227: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/29(月) 02:32:05.63 ID:3RPHfMqDO

P「おっと、俺が手をだしていると思ったかい?」

P「残念だが、それは間違いだ、間違ingだぜ?」

P「そう、俺は手袋から手をだしていない。わかるね?」

P「だから今こうして志希のパイオツを揉んでも」モミモミ

志希「ぁんっ……」

P「手は出してないんだ……」モミモミ

P「これがフェルマーの最終定理だ」



230: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/29(月) 09:30:43.59 ID:3RPHfMqDO

Sanae appeared abruptly.

Sanae hit and said me.

You're wrong!

I repented.

While rubbing girl's chest.



231: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/29(月) 09:33:44.50 ID:3RPHfMqDO

P「昨日は大変だったぜ……」

P「あの後志希がイったらベタベタがヌルヌルになったからなんとかなったぜ」

P「ふぅ、俺はまだ「アイドルに手を出さないマンアブソリュートゼロ」を貫けるよ」

P「あ、あれは!

下2



233: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/29(月) 09:35:13.59 ID:X6VqFOieO

蘭子



234: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/29(月) 20:33:25.83 ID:3RPHfMqDO

P「蘭子じゃーん?ちゃお!」

蘭子「闇に飲まれよ」

P「グハッ!」グハッ

蘭子「下僕!?」

P「す、すまぬ、かつての記憶が蘇ってしまってな……」

P「俺も……昔は蘭子のようだったから」



235: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/30(火) 00:08:09.38 ID:iTtfF4jDO

P「そうだ!こういうときは……!」

P「毒を持って毒を制する!」

P「くくく……愚かな人類よ……」

蘭子「!」

蘭子「まさか……貴様は宵闇の使者か」

P「我が名は開闢のイデオロギー……終焉を導く者だ」

蘭子「!」パァァァ

蘭子(プロデューサーさん…いつにもましてかっこいいです!)



237: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/30(火) 00:13:12.94 ID:iTtfF4jDO

蘭子「我の前で名を表すとは……愚か者め」

P「愚か者だと……ならば真の姿……見せてくれるわ」

蘭子「っ!?」

蘭子「その仮面の下の真実を……!?」

蘭子(つ、ついにあのPヘッドの中身が……!?)

ちひろ「なにしてるんですか?」

P「ごっはぁ!?」グフゥ

蘭子「下僕!?」

P「み、みられてしまった……しにたい……」



238: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/30(火) 07:54:59.60 ID:iTtfF4jDO

ちひろ(見られたく無いものの優先順位がよくわからない……)

P「どうしようどうしようそうだ!」

P「より印象的なもので上書きすれば!」

P「うぉぉぉぉ!」バリバリバリ

ちひろ「ぎゃー!?なにしてるんですか!なに服脱いでるんですか!」

P「マーベラス」

ちひろ「はやくそのおちん○ちん隠せやー!」

蘭子「////」カァァァ

蘭子「……きゅう」バタン

P「蘭子ぉぉぉぉ!」

ちひろ「裸で助けようとするなぁぁぁぁ!」



239: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/30(火) 07:56:41.45 ID:iTtfF4jDO

P「あやうく蘭子と乱交だぜ」

P「まぁ手は出してないしsafe」

P「あ、あれは!


下1



240: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/30(火) 07:57:28.93 ID:jbeJ8oSko

川島さん



251: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/03(土) 01:28:32.48 ID:LQcf5W7DO

P「川島さんじゃないですかー」

P「あけましておめでとうございます」

瑞樹「おめでとうございます」

P「さて、新年早々ですが……」

瑞樹「ん?仕事かしら?」

P「いえ、羽根突きでもいかがですか?」



256: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/03(土) 10:39:56.46 ID:LQcf5W7DO

P「」カツーン

瑞樹「」コツーン

P「」キャッキャ

瑞樹「」キャッキャ

P「……じゃあ俺の顔に墨を塗ってください」

瑞樹「なんとも本格的ね……いいわよ」



257: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/03(土) 10:43:30.16 ID:LQcf5W7DO

ベチャベチャ

P「うわっぷ」

P「多いって」

P「いやちょっ」

P「待てやごらぁぁぁぁ!」

P「顔全部に塗る奴がいるかぁぁぁぁ!」



259: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/03(土) 13:33:10.05 ID:LQcf5W7DO

…………
……

P「どうせ俺はだめな奴ですよ」

P「働いても働いても給料は上がらないし……」

瑞樹「わかるわ」

ちひろ「あぁ……!?プロデューサーさんが黒い……!?」ガビーン



260: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/03(土) 13:35:20.20 ID:LQcf5W7DO

P「洗濯したら落ちた、最近の洗剤の潜在能力は凄いな」

P「あ!あれは

下2



262: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/03(土) 13:37:14.77 ID:DB0GzDMrO

卯月



264: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/03(土) 15:23:46.02 ID:LQcf5W7DO

ちょっとだけ寄り道編(安価は後でちゃんとやります)

P「お、飛鳥じゃないか」

飛鳥「P……ボクと勝負でもしないか?」

P「ほう、受けてたとう。勝負内容はなんだ?」

飛鳥「なにも殴り合おうといったことではないよ、君も知っている羽根突きさ」

P「いいだろう……罰ゲームはなんだ?」

飛鳥「そうだね、ただ顔に墨を塗るだけじゃつまらないから」

飛鳥「負けた方が勝った方にキスでもしようか」



272: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/04(日) 03:25:06.05 ID:Z/0SJWaDO

P「ばーか」

チュッ

飛鳥「んっ」

P「キスぐらい、いつでもしてやるさ。他に、なにがいい?」

飛鳥「他に……じゃあ」

飛鳥「相手のいうことをひとつきこうか」

飛鳥「罰ゲームとしては万能だろう」



277: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/04(日) 10:34:02.24 ID:Z/0SJWaDO

…………
……

P「いくぞー」カツーン

飛鳥「それっ」カツーン

P「よっと」カツーン

飛鳥「うりゃっ」スカッ

飛鳥「……」

飛鳥「羽根も、ボクと同じ反逆者だったわけだ」

P「罰ゲームな」

P「じゃあ腹筋10回」



278: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/04(日) 10:39:46.43 ID:Z/0SJWaDO

P「おさえててやるから」

飛鳥「ありがとう」

飛鳥「よし……1、2」グッグッ

…………
……

飛鳥「8、9」グッグッ

飛鳥「10!」

チュッ

P「……おいおい」

ドサッ

P「これじゃ罰ゲームにならないだろ?」

飛鳥「……そうだね」

飛鳥「今、Pがしている俗にいう「床ドン」ってやつは、君なりのパニッシュメントなのかい?」

P「いいや?これからが本番かな」



280: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/04(日) 10:42:15.15 ID:Z/0SJWaDO

チュッ

飛鳥「んっ……」

P「悪い子には」

チュッ

P「こうやってお仕置きしないとな」

飛鳥「……ふふっ。君の前でなら、悪い子でいるのも悪くはないのかな」

P「ったく……」

チュッ

P「反省しなさいな」

飛鳥「うん……そのうちするよ」

チュッ



281: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/04(日) 10:43:05.99 ID:Z/0SJWaDO

寄り道編(AT)終わり

次回から通常モード突入



287: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/04(日) 17:01:07.69 ID:Z/0SJWaDO

P「おぉ、卯月じゃないか」

P「調子はどうだ?」

卯月「そりゃあもう絶好調ですよ!」

P「そうか」

P「」カタカタカタカタ

卯月「……え?」

卯月(なんかいつもよりつめたいなあ……疲れてるのかな)

卯月「プロデューサーさん!何かお手伝いしましょうか?」

P「気にしなくていい」

卯月「はぇっ!?」



289: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/04(日) 18:16:26.03 ID:Z/0SJWaDO

P「」カタカタカタカタ

卯月(なにか怒らせるようなことしたっけ……)

卯月「あ、あの」

P「おわったぁぁぁぁぁ!」ッターン

P「あぁ!?エンターキーとんでっちゃった!」ヒョイッ

卯月「プロデューサーさん!?」

P「おう、卯月!おはよう!」



290: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/04(日) 19:56:15.70 ID:Z/0SJWaDO

P「今日も可愛いダブルピースだな!」

卯月「まだしてませんよ!」

卯月「なんでさっきはあんなに冷たかったのにいきなりフレンドリーになるんですか!」

P「さっき?……あぁ」

P「「プロデューサーさんの股関を丁寧にマッサージしましょうか?あはーん?」のところか?」

卯月「そ、そんなこといってません!」

卯月「もぉー!」プンスカプンスカ

P「悪かった悪かった」

P「お詫びになんでもしてやるからさ」



293: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/04(日) 20:00:37.44 ID:Z/0SJWaDO

卯月「えっ?」

卯月「今……なんでもし「まむら」って変なところでしゃべらないでください!」

卯月「私が駄洒落言ったみたいじゃないですか!」

P「ごめんなさイムユジン」

卯月「限定アイドルの名前を使わないでくださいよ!」

P「で、なにしてほしいの?」

卯月「え?……うーん」

卯月「じゃあ……キスしてもらえますか……?」

P「はっはっはっ!冗談を」

P「俺はアイドルに手を出さないことで有名な「アイドルに手を出さないマンアブソリュートゼロ」だぞ?」



294: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/04(日) 20:04:01.83 ID:Z/0SJWaDO

卯月「私は……本気ですよ?」スッ

P「だはぁー!?卯月が目を閉じて唇を「キスしてください……ついでに子作り」みたいにしてきた!?」

卯月「そ、そんなことしてません!」

卯月「ほら、早くしてくださいよ……!みんなきちゃいますよ……?」

P「ま、まて」

卯月「なんでもしてくれるんですよね……?」

P「ぐぬぅ……」



295: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/04(日) 20:09:36.94 ID:Z/0SJWaDO

P「……えぇい!ままよ!」

チュッ

「只今映像が乱れております」
「ご迷惑をお掛けします」
「しばらく、お花畑の映像をご覧ください」

   ◎◎◎◎
  ◎○○○○○◎
`◎○ミ||||||彡○◎
◎○ミ | 口 彡○◎
◎○三 ス || 三○◎
◎○彡 |ノL ミ○◎
`◎○彡川||||ミ○◎
  ◎○○○○○◎
  _◎◎◎◎_
  |祝新装開店|
  |☆******☆|
   ̄/7 ̄ ̄キヘ ̄
   /7   キヘ
  /7    キヘ
  /7     キヘ
 /7      キヘ
…………
……

卯月「あへぇ……」

P「しまった、俺がtechnician過ぎてエヘ顔を通り過ぎてアヘ顔になってしまった」

P「水かけたら直るかな」ザバー

卯月「うわっぷ!」アイスバケツチャレンジ





296: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/04(日) 20:10:52.40 ID:Z/0SJWaDO

P「卯月は着替えてレッスンにいった」

P「そして、卯月が次のアイスバケツチャレンジに指名したのは

下2



298: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/04(日) 20:13:27.03 ID:IaJeDu96o

TGA



307: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/05(月) 00:24:03.15 ID:5dJmxFuDO

P「あなたは……デューク!」

あい「いや、ゴルゴではないよ」

P「更家!」

あい「ゴルゴですらなかったよ」

P「アイスバケツチャレンジしますか!?」

P「あいだけに」

あい「そんなにかかってないね」



308: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/05(月) 00:30:37.66 ID:5dJmxFuDO

P「今日はレッスンですね」

P「そ・の・ま・え・に」

P「○ックスしていきますか?」

あい「伏せ字に悪意を感じるよ」

P「ちょうど今ここに金管楽器とコンドームがありますが」

あい「どっちでも対応できるのか……」

P「コンドームはシックスありますよ」

あい「聞きたくなかったよ」

あい「そもそも君はアイドルに手を出さないんじゃなかったのかい?」

P「そうですよ」



310: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/05(月) 11:49:26.57 ID:5dJmxFuDO

あい「手を出さないと言っているのに、性交渉に誘うのは……矛盾しているんじゃないのか?」

P「いや、サックスを吹かないか聞いただけですよ?」

あい「何故しらをきるんだ」

P「最初からサックスって言ってたじゃないですか」

P「そんなんだからデューク更家って呼ばれるんですよ?」

あい「呼ばれたことはない!」

あい「何故私が悪いみたいになっているんだ!」



311: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/05(月) 12:08:38.08 ID:5dJmxFuDO

あい「ほ、ほら!コンドーム!コンドームがあっただろう!」

P「確かにありますね」

あい「しかも6つも!これは私と性交渉を行いたいというアピールなのではないか!?」

まゆ「あいさぁん?」

あい「」ビキィ

あい「ま、まゆさん?」

まゆ「はぁい♪」

まゆ「Pさんと交尾がしたいんですかぁ?」

あい「い、いや、ちが」

まゆ「どこでも盛るような雌猫は……うふ♪」

あい「い……」

あい「いやぁぁぁ!」



312: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/05(月) 12:23:57.01 ID:5dJmxFuDO

P「あいさんはどっかいっちゃったよ」

P「なんだかよくわからないけど、まゆには逆らわない方がよさそうだ」

P「あ、あれは


下2



314: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/05(月) 12:27:10.79 ID:GHV5e9Z2o

ユッキ



316: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/05(月) 20:58:46.46 ID:5dJmxFuDO

…………
……

友紀「ねぇ、プロデューサー……こっち見てよ」

P「友紀、まずは服をきてくれ」

友紀「プロデューサーが悪いんだよ?あたし達がどれだけ迫っても……「手を出さないんだ」の一点張りで」

友紀「言ったよね?CDデビューしたら、あたしのこと抱いてくれるって……」

P「……」

P「いや、言ってないぞ?」

友紀「あれ?だってこの間……」

…………
……



317: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/05(月) 21:04:05.36 ID:5dJmxFuDO

P「のんでりゅかー!!どぅほほーい!!」ゴクゴク

ちひろ「すっかり出来上がってますね……」

P「今日は気分がいいから……手を出しちゃうぞー!」

留○「」ガタッ

瑞○「」ガタッ

礼○「」ガタッ

ちひろ「だめにきまってんだろ!」スパコーン

P「あべし!」

友紀「ねえねえプロデューサー!」

P「なんだ!?」

友紀「もしあたしがCDデビューしたらさ……なにしてくれる?」

P「おまえがか?うーんそうだなー」

P「夜の始球式でもすっか?」

ちひろ「馬鹿やろう!」スパコーン

…………
……



318: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/05(月) 21:09:51.80 ID:5dJmxFuDO

P「なに言ってんだおれー!?」

友紀「だからさ……早くしよ?」

P「まてまてまてまて」

P「いいか、お前はアイドルなんだ。アイドルとプレイボールなんかしたらスリーバント失敗でアウトだ!」

P「夜のバッターボックスでスクイズとか、淫らなインフィールドフライとか、トラベリングなんかしたら……一発退場だよ!」

P「わかるか?」

友紀「うん」

友紀「でも、今なら誰もいないよ」

友紀「このことを知ってるのは……あたしとプロデューサーだけ」

友紀「ねぇ……」

ギュッ

友紀「二人だけの始球式……しようよ」



319: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/05(月) 21:15:05.85 ID:5dJmxFuDO

P「だめだよ……!今ここでやっちゃったら背中に柔らかいのが当たってるよもう手出しちゃおうかな……」

友紀「理性ザルだね」

P「く、くそ!駄目だ!」バッ

友紀「きゃっ!」

P「友紀!だめだよ!俺はお前に手を出すわけにはいかない!」ムニュムニュ

P「俺は……みんなのプロデューサーだから!」ムニュムニュ

P「……服を着てくれ……」ムニュムニュ

P「始球式は駄目だけど……ハグくらいならしてやるから……」ムニュムニュ

友紀「……うん……んっ……わかった」

友紀「一回手を離してくれないかな、服が着れないよ」

P「すまん」



320: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/05(月) 21:16:25.83 ID:5dJmxFuDO

P「あの後ひたすらハグした」

P「時々胸揉んじゃったり素股しちゃったけど手は出してない」

P「そう、手袋をしていたからな。もっててよかった」

P「あ、あれは!

下2



322: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/05(月) 21:19:32.43 ID:sL4FyJ6Eo





325: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/05(月) 23:53:15.55 ID:5dJmxFuDO

P「ボンバーじゃないか、おはよう」

茜「茜ですよっ!おはようございます!!」

茜「プロデューサー!!海に行きましょう!」

P「何故だ」

茜「気分転換ですよ!トラーイ!!」

P「わっ!?引っ張るなよ!」

P「わかったわかった行くから!」



326: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/05(月) 23:58:49.86 ID:5dJmxFuDO

P「ぜえ……ぜえ……」

茜「冬でもやっぱり綺麗ですよね!!」

茜「さぁ!叫びましょう!」

茜「日頃の溜まった想いを海に聞いてもらいましょう!」

P「ぜえ……」

茜「私からいきますね!!」

茜「すぅー!」

茜「ボンバー!!!!」

P「お前は鬱憤とかなくて楽しそうだな」

茜「はい!楽しいです!」



327: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/06(火) 00:02:16.00 ID:4fELOqADO

茜「さぁ!プロデューサーもやりましょう!」

P「……この辺は人も来ないし、思ってること言ってもいいよな」

茜「私しかきいてませんよ!」

P「よし……」

茜(ふふふ……作戦通りですよ……)

茜(プロデューサーの悩みをさりげなく聞き出し……そして解消することで……プロデューサーのこ、恋人に……)

P「すぅー……」

茜(どんな悩みでしょうか……)ドキドキ



328: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/06(火) 00:05:44.11 ID:4fELOqADO

P「アイドルに手を出したいよぉぉぉぉ!!」

茜「」

P「あれだけの人数を一人でプロデュースしてるんだから少しぐらいつまみ食いしたいよぉぉぉぉ!!」

茜「」

P「妙にエロい奴が多すぎるんだよぉぉぉぉ!!」

P「茜の体つきがやけにムラムラするよぉぉぉぉ!!」

P「舐めまわしたいよぉぉぉぉ!!」

茜「」



330: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/06(火) 00:09:29.30 ID:4fELOqADO

…………
……

P「さ、戻ろうか」スッキリ

茜「あ、あの!プロデューサー!」

P「なんじゃ?」

茜「今叫んだのは本当ですか!?」

P「まぁな」

茜「い、いまは……誰もこないですから……」

茜「つまみ食い……しますか……!?」

P「いや、俺はアイドルに手を出さないぞ」

茜「えぇぇぇぇ!?」

茜「今思いっきり叫んでたじゃないですか!!」



331: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/06(火) 00:11:06.30 ID:4fELOqADO

P「あの後二人で走って帰った」

P「首を舐めさせてもらった、破廉恥だった」

P「あ、あれは……

下2



333: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/06(火) 00:12:28.21 ID:I+3cj8mEo

木場さん



336: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/06(火) 00:26:47.52 ID:4fELOqADO

ちょっとだけ、本当にちょっとだけ寄り道(本編は後でちゃんとやります)

P「なぁ、飛鳥」

飛鳥「なんだい?」

P「一緒にこたつに入るのはわかるんだ」

P「何故俺の真横にくるんだ、狭いだろう」

飛鳥「P、君はボクの隣は嫌だと言うのかい」

P「……」

P「大歓迎だよ」

飛鳥「ふふっ」



337: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/06(火) 00:35:52.22 ID:4fELOqADO

飛鳥「外は寒い、だからこそ君の部屋の暖かさが際立つ」

P「暖房いれてるからな」

飛鳥「違うよ、そうじゃない」

飛鳥「君の優しさが、部屋を暖かくしているんだ」

P「なるほど。飛鳥がきてから部屋が暖かくなったと思ったら、そういうことだったんだな」

飛鳥「……気のせいじゃないかな」

P「自分も似たようなこといっといて、照れるのは……なしだろ」

P「顔が赤いぞ」

飛鳥「部屋が暖かいからね」

P「可愛いやつめ」

P「コーヒーでも飲むか?」

飛鳥「ブラックで頼むよ」

P「やっぱりカルピスにしようかな」

飛鳥「……」

飛鳥「……いぢわる」プイッ



339: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/06(火) 00:40:18.14 ID:4fELOqADO

P「ほれ、カルピスだ」

飛鳥「あれ?Pのは……酒かい?」

P「あぁ」

P「寒いときには飲むといいからな」

飛鳥「真実は?」

P「飛鳥が横にいるんだ、飲んでないと恥ずかしくてさ」



343: 担当してないキャラは全然わからなくて……お姉さんキャラは苦手だったり。あとつかさ 2015/01/06(火) 10:41:44.16 ID:4fELOqADO

飛鳥「……それ、どんな味なんだい?」

P「気になるか?やめとけ、子供にはまだ早いぞ」

飛鳥「」カチン

飛鳥「ていっ」グイッゴクッ

P「っ!?バカやろう!」

飛鳥「……不味いね……」

P「だから言っただろ……」

飛鳥「……」

飛鳥「……ねぇ……P」

飛鳥「キスしよ?」

P「は?」

P「……お前……目が据わってるじゃないか」

飛鳥「そんなことないよ……ほら、ちゅうしようよ」

P「完全に酔ってらっしゃるー!?」



続きは本編で!



344: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/06(火) 11:18:52.80 ID:4fELOqADO

P「真奈美さん」

真奈美「やあ、おはよう」

P「今日は筋トレですか?」

真奈美「私=筋トレという考えはやめてもらおうか」

真奈美「一応いっておくが、私には料理の趣味もあるんだ」

P「」グー

P「おなかへった、なにかつくって」

真奈美「こいつ……」



345: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/06(火) 11:28:44.64 ID:4fELOqADO

…………
キッチン
……

真奈美「さて、何を作ろうか」

P「おいしい奴」

真奈美「君は子供か?」

P「失礼な、立派な大人ですよ」

P「見ます?」

真奈美「ズボンに手をかけないでもらおうか」

真奈美「普通にセクハラだぞ」



348: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/06(火) 20:07:13.19 ID:4fELOqADO

ジュー

P「はぁー……いい匂いだー……」

真奈美「もうすぐできるから……事務所だと……そうだな、ソファーにでも座っていてくれ」

P「はーい」

スタタタ……

真奈美「……」ジュー

真奈美「……あの頭は喜んでいると少し発光するのか」

真奈美「どんなカラクリなんだ……」ジュー

真奈美「よし、できた」



349: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/06(火) 20:10:16.32 ID:4fELOqADO

…………
……

真奈美「ほら、できたぞ」

P「わぁい!これは……シチューかな?」

真奈美「生姜焼きだよ」

真奈美「一度その被り物をとったらどうだ?」

P「せやな、飯食うときくらいは、取らなあかんな」

真奈美「本場の人が聞いたらぶん殴りそうなエセ関西弁だな」

P「ふぅ、よいしょ」スポッ

真奈美「!?」



350: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/06(火) 20:14:44.31 ID:4fELOqADO

真奈美(な、なんだこいつは……)

真奈美(……もしや、どっきりか?)

真奈美(しかし……こんな顔の芸能人は見たことがないな……)

真奈美(忘れるような顔ではないし……なにより)

真奈美(かなりタイプだ……)ドキドキ

P「うめぅぇー!」

P「めっちゃうめえ!えっと……すごくおいしい!」

真奈美(食レポは下手なようだ)

P「ありがとうございます」ニコッ

真奈美「」ズキューン

P「ふぅ、よいしょっと」スポッ

真奈美「あぁっ!?」

P「どうしました?」

真奈美「い、いや……」



351: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/06(火) 20:19:58.97 ID:4fELOqADO

真奈美「その……君は被り物を外していたほうがいいんじゃないか?」

P「え?……それはできません」

真奈美「何故だ?」

P「だって……その……」

P「これつけてると……ほら……小顔になるし」

真奈美「なんだと!?」

真奈美(頭がこんがらがってきた……)

真奈美(あのPヘッドはいったいどうなっているんだ)

真奈美「……すまない、少しジムにいって頭を冷やしてくる」

P「いってらっしゃーい」



352: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/06(火) 20:23:17.30 ID:4fELOqADO

P「木場さんの料理美味しかった」

P「おなかいっぱいだ……この後みちるとかかな子とか来ないよな……?」

P「もう胃には何も入らないぞ……?」

P「あ、あれは!?

下2



354: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/06(火) 20:24:35.60 ID:x2p1Vrq3o

幸子



356: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/06(火) 20:35:02.20 ID:4fELOqADO

2回までだからセーフか


下1
コンマが98以下でR-18展開



357: VIPに変わりましてNIPPERがお迭りします 2015/01/06(火) 20:35:33.47 ID:fMbNijbAo

99!



365: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/06(火) 23:58:31.74 ID:4fELOqADO

P「で?」

幸子「で?じゃないですよ!」

幸子「みてください!」

幸子「なんでボクは1ヶ月の仕事で20日も空を飛ばなきゃならないんですか!」

P「いや……それは」

P「すまない!俺がどうしても断れなかったんだ!」

P「相手は幸子の新たな一面を探りだそうとしてるんだ!」

幸子「」ピクッ

P「カワイイだけじゃなくて、純情で可憐な姿を!」

幸子「」ピクピクッ

P「だからお願いだ!何でもするから今月だけは頼むよ!」

幸子「何でも……?」

幸子「フフーン!いいでしょう!カワイイボクは心も広いですからね!」

P「やったぜ」



367: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/07(水) 00:01:17.85 ID:ugUT79BDO

一ヶ月後

幸子「お、おわった……!」

P「幸子!お疲れ様!」ギュッ

幸子「はぅ……もっとぎゅってしてください……」

P「いくらでもしてやるぞ!」ギューッ

幸子「頭を撫でてくれてもいいですよ……!」

P「撫でてやるよ!はげるまで」ナデナデ



368: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/07(水) 00:04:28.42 ID:ugUT79BDO

幸子「あぁ!そうだ!」

幸子「何でもいうこと聞いてくれるんですよね!?」

P「ああ!手を出す以外ならなんでもするぞ!」

幸子「明後日は二人ともオフでしたよね!」

幸子「だから明後日は一日中二人で過ごしたいです!」

幸子「フフーン!カワイイボクと二人きりで過ごせるなんて!幸せ者ですね!」

P「よっしゃ任せろ!」

…………
……



369: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/07(水) 00:12:08.37 ID:ugUT79BDO

……明後日……

P「さぁ!俺の家で二人っきりだぞ!なにやる!?○×ゲーム!?」

幸子「なんでですか!!二人っきりなんですからもっとほかにやることありますよね!?」

P「じゃあオセロか!?」

幸子「違います!」

P「リバーシか!?」

幸子「一緒じゃないですか!」

P「じゃあ丸い白黒の石を挟みあってひっくり返しまくるゲームか!?」

幸子「オセロ!!それをオセロっていうんですよ!」バンバン

P「じゃあ4月11日に解散した……」

幸子「オーセーロ!!しつこいですよ!!」バンバンバンバン

P「オセロの盤を叩くな!」

幸子「これオセロ盤だったんですか!?」ガビーン

P「盤をバンバン……ぶふぉっ!!」

幸子「そんなに面白くない!!」ガビーン



371: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/07(水) 02:27:34.22 ID:ugUT79BDO

P「で、なにをすればいいんだ?」

幸子「む……なにをすればいいんでしょうか」

P「……手を出す以外ならなんでもするぞ?」

幸子「それじゃあ……椅子になってください!」

P「わかった!」

幸子「なんで仰向けになるんですか!」

P「顔とか……下半身にこい!」

幸子「何をする気ですか!?」



375: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/07(水) 09:52:41.39 ID:ugUT79BDO

P「じゃあどうすればいい!教えてくれ!」

P「ゼロシステム」

幸子「ボクに聞けばいいじゃないですか!」

P「聞いてるだろ」

幸子「ボクは!ゼロシステムじゃ!ないです!」

幸子「あぐらをかいて座ってください!」

P「了解だ、よしこい」

幸子「えいっ」ポスッ

幸子「おー……なかなかいい座り心地ですよ」

P「本当か!?じゃあもう椅子に転職しようかな」

幸子「安直!!」ガビーン



376: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/07(水) 10:08:43.63 ID:ugUT79BDO

P「今ならマッサージチェアだぞ、どうする?」

幸子「気が利きますね!お願いします!」

P「よしきた!」

P「まずは肩からいくぞ」

グニグニ

幸子「お……ぅ……」

幸子「随分と上手ですね……」

グニグニ

幸子「んっ……ふっ……」

幸子「きもち……い……」



378: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/07(水) 14:52:32.62 ID:ugUT79BDO

幸子「も、もう……肩はいいです……」

幸子「ひゃんっ……!いいですってばぁ……」

幸子「んっ……Pさん……?手つきがちょっと……エッチですよ……?」

幸子「やん……そこは……肩じゃな……ぃっ……」

幸子「んぅっ……Pさん……!」

幸子「はぁ……ふぁ……」



381: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/07(水) 16:52:18.79 ID:ugUT79BDO

幸子「ぅあっ……」ビクン

幸子「え……なんですか?」

幸子「肩のこりは取れたのに……こっちはコリコ……なにいわせるんですか!?」

幸子「ひゃんっ!」

幸子「つ、つまむのは……ひんっ!」

幸子「らめ……らめです……ってぇ……!」

幸子「いっ……!」



384: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/07(水) 18:36:04.92 ID:ugUT79BDO

幸子「っ!?や……!」

幸子「顔はみないでください……!」

幸子「今……多分……カワイイ顔できてないですから……」

幸子「Pさんのマッサージで……とろけちゃってますから……」
幸子「い、いまカワイイとか言わないでください!」

幸子「嬉しいですけど……複雑……」

幸子「えっ?……マッサージは続けてください」

幸子「変な気分になっちゃいますけど……でも……」

幸子「……Pさんの温もりが……心地いいんです」

幸子「きゃあっ!?なにパンツに手をかけてるんですか!」

幸子「ふにゃぁぁぁ!」

…………
……



387: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/07(水) 19:54:31.23 ID:ugUT79BDO

幸子「はっ!?」ガバッ

幸子「……ゆ、ゆめ……?」

幸子「」カァァァ

幸子「ばかばかばか!なんて夢を見てるんですかボクは!」

幸子「どんな顔してPさんに会えば……ぁぁぁ!」


ガチャ

P「幸子ー仕事いくぞー」

幸子「ふにゃぁぁぁ!?」

幸子「なに普通に入ってきてるんですか!」

P「いや、鍵あいてたから」

幸子「あいてたからって入っちゃだめですよ!」

P「すまんすまん。さ、いくぞ」ガシッ

幸子「え、ちょっ!」



388: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/07(水) 19:55:17.65 ID:ugUT79BDO

幸子「!」ガバッ

幸子「……」

幸子「……」

幸子「これも夢ですか!!?」



389: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/07(水) 19:56:39.81 ID:ugUT79BDO

P「夢の中なら手をだしてもセーフだよな」

P「セーフだよ(裏声)」

P「よし」

P「あ、あれは……あす

下2



391: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/07(水) 19:57:18.84 ID:MBxQ9kQ30

あ...いこ



393: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/07(水) 20:12:33.04 ID:ugUT79BDO

明日にきらめく藍子じゃないか!」

P「おはよう!」

藍子「おはようございます」

藍子「あれ?……ネクタイがまがってますよ」

藍子「動かないでくださいね?」

P「おぉ、悪いな」



394: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/07(水) 20:16:38.00 ID:ugUT79BDO

藍子「……」

P「藍子、どうした?」

藍子「……やっぱり……」

P「藍子?」

藍子「Pさんは……胸があった方がいいですか?」

P「……」

P「72ぃ!?」





395: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/07(水) 20:19:10.69 ID:ugUT79BDO

P「藍子が……自らタブーを……」

P「だ、だれかに操られているのか!?」

P「胸は持てないけど気をしっかりともて!」

P「心まで貧しくなっちゃだめだ!」

藍子「このまま首を絞めていいですか?」

P「すまん」



399: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/07(水) 21:38:33.05 ID:ugUT79BDO

藍子「まったく……Pさんはどうしてそんなに意地悪なことを言うんですか」

藍子「私はただ気になっただけですよ、Pさんの好みが」

P「俺の好みか……うーん」

P「どっちでもいいかなー」

P「胸とか顔より、大事なのは」

トントン

P「こ、こ」

藍子「んっ……叩くなら自分の胸をたたいてください」

藍子「いい話が台無しですよ」

P「そう、乳首だ」

藍子「前言撤回します。全然いい話じゃないですね」

P「冗談だ」



400: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/07(水) 21:45:01.54 ID:ugUT79BDO

P「ま、どちらにしろ、藍子は充分魅力的だ」

P「違ったらスカウトなんかしないしな」

P「優しいし、いいお嫁さんになれそうだな」

藍子「……」

藍子「はい、直りましたよ」

P「藍子の顔の赤さは、まだ直ってないけどな」

藍子「うぅー……ずるいですよ」

P「ほら、お前はこの後レッスンだろ?」

P「送っていってやるよ」

藍子「ありがとうございます♪」



401: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/07(水) 21:47:45.67 ID:ugUT79BDO

…………
……

ちひろ「ただいま戻りましたー……」

P「しまったぁ!?」

藍子「はぁん……///」

ちひろ「なにしとんじゃわれー!!」

P「違う!違うんだちひろ!」

P「トレーナーが風邪ひいてレッスン中止になったから藍子のストレッチを手伝ってたらいつの間にかバストアップを手伝っていたとかそういうわけではなくてただ胸を揉んでました!」

ちひろ「何が違うんじゃー!」



402: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/07(水) 21:49:09.25 ID:ugUT79BDO

P「まじあいつ鬼悪魔」

P「まぁいい、3時間も揉んだんだ、育つはずさ」

P「あ、あれは……

下2



404: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/07(水) 21:50:06.07 ID:izdEcMyJ0

リベンジだ、ユッキ



410: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/07(水) 22:30:30.11 ID:ugUT79BDO

友紀じゃないか!」

P「暇か?初詣でもいかないか?」

友紀「プロデューサー!いくいく!」

P「よーし、じゃあ支度するんだ」

…………
……



411: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/07(水) 22:36:25.45 ID:ugUT79BDO

友紀「うわー、人いっぱいだね」

P「しょうがないよ、俺たちもお参りしにきたんだから」

友紀「そうだね!いこっか」

…………
……

チャリーン

P「……」

友紀「……」

P「……よし」

友紀「……」

P「……先いくぞー」

友紀「っえ!?まって!」



412: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/07(水) 22:39:13.01 ID:ugUT79BDO

P「随分長かったな、何お願いしてたんだ?」

友紀「お願いなんかしてないよ、去年は総選挙で上位だったから、そのお礼」

P「ふーん」

友紀「興味ない?」

P「いんや?ただ」

P「神様じゃなくて、お前の努力と魅力で、あの結果がでたんだぞ」

友紀「……ありがと」



413: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/07(水) 22:40:51.78 ID:ugUT79BDO

友紀「プロデューサーは何をお願いしたの?」

P「俺か?宝くじが当たるようにだ」

友紀「うわ……夢がない……」

P「言ってろ」

P「……ん、射的でもやるか?」

友紀「やる!」



414: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/07(水) 22:44:31.48 ID:ugUT79BDO

…………
……

友紀「おじさん!この美女に弾を一発おまけしようよ!」

おじさん「かぁー!しょうがねえなぁ!二発やるよ!」

おじさん「彼氏にいいとこみせちゃれ!」

P「プロデューサーです」

…………
……
友紀「だめだったー!あれ?プロデューサーなに食べてるの?」

P「いい笑顔のおじさんがソーセージをぐるぐる丸めたやつを売ってたからかってきちゃった」

友紀「一口ちょうだい!」ガブッ

P「もうくってんじゃねえか!」




415: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/07(水) 22:49:50.51 ID:ugUT79BDO

…………
……

P「出店、あってよかったな」

友紀「うん、楽しかったー」

P「じゃ、帰るか。車に乗れ」

友紀「はーい」

…………
……

友紀「ふふふ……今年もいいことありそうだ」

P「どうした?」

友紀「新年早々プロデューサーと二人で初詣だからね!いやぁ!今年の運使い果たしちゃったかな!」

P「そうか……長い信号だ……」

友紀「あっ、あの子綿飴もってる!いいなー」

友紀「ねぇプロデュ」クルッ

チュッ



416: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/07(水) 22:52:50.56 ID:ugUT79BDO

友紀「……サー?」

P「どうした?」カポッ

友紀「今……被り物……外してたの?」

P「あぁ、じゃまだったからな」

友紀「今……キス……した……?」

P「……」

P「今年も一年、良いことがあるといいな」

友紀「えっ……」

P「次は一位、とれよ?」

友紀「……うん!」

P「……長い信号だこと、ようやく変わったよ」



417: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/07(水) 22:54:03.66 ID:ugUT79BDO

P「初詣いった」

P「でもお財布に小銭が1ジンバブエドルしかなかったからとりあえず入れてきた」

P「いいことありますように」

P「あ、あれは

下2



419: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/07(水) 22:54:40.65 ID:hXU+2xTKo

美穂



426: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/08(木) 00:00:12.06 ID:CZEDbA8DO

美穂じゃないか!」

P「今日はどうした?」

美穂「今日は……レッスン終わって暇だったので……Pさんに、その、会いに……」

P「ノーパンでか?」

美穂「はいてますっ……!!」

美穂(……あれ?)

美穂(……本当に穿いてない!?)

美穂(レッスン場に忘れてきちゃった……!?)

P「どうした美穂、パンツでも忘れたか?」

美穂「そ、そんなわけないじゃないですか……!」

美穂(なんでこんな時に限ってパンツのことを聞いてくるんですか!)




427: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/08(木) 00:05:17.13 ID:CZEDbA8DO

P「今日のスカートはかわいいな、いい色合いだ」

美穂「あ、ありがとうございます……」

P「どれ、中身の方は」

美穂「だ、だめですよ!!」

P「うぉ!?本当にみたりなんかはしないよ……」

美穂「そ、そうですよね……あはは……」



428: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/08(木) 00:08:24.40 ID:CZEDbA8DO

P「はぁ……どっかに俺のことをエロエロな感じで誘ってくる小悪魔はいないかなー……」

P「ノーパンでスカートたくしあげながら……「中……見たい?」とか言ってきたりとか……」

P「そんな娘がいたら即お持ち帰りだよなー……」

美穂「……」

美穂(あれ?チャンス……?)



429: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/08(木) 00:14:04.55 ID:CZEDbA8DO

美穂「あ、あの!……Pさん……!」

P「どうした?顔真っ赤にして」

美穂「その……」

スッ

美穂「わ、私の……あの……その……」

ツツー

美穂「私の……えっちなとこ……見たいですか……?」

P「……」

P「ばっかおめぇ俺はアイドルに手をださないマンだぞ見たいわけがな……ある」

P「見たいよ!もぅ本能さらけ出しだよ!」ガバァッ

美穂「ひゃあっ……!」



430: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/08(木) 00:15:41.80 ID:CZEDbA8DO

P「ちひろに殴られた」

P「あとちょっとだったのに……!」

P「ちぇっ、ちょっとペロペロしただけじゃないか!」

P「あ、あれは

下2



432: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/08(木) 00:17:49.39 ID:ZKlFQPYx0

ししょーから技術を学ぼう



435: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/08(木) 09:52:37.63 ID:CZEDbA8DO

愛海!」

P「教えてくれ!ちひろを倒すすべを!」

愛海「ほう……プロデューサーもわきわきハンターとしての道を生きようと言うのかい?」

P「辛い修行も覚悟しています!」

愛海「よろしい!ついてきなさい!」

P「ししょー!」



436: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/08(木) 09:58:18.14 ID:CZEDbA8DO

愛海「免許皆伝だよ!プロデューサー!」

P「長かった……カップ麺七個くらい作れたよ……」

愛海「さぁ!ちひろさんのもとへ行こう!」

P「その前に」ガシッ

愛海「えっ!?」

P「まずはお前だ」ムニュウッ

愛海「ひゃあん!」

P「鍛えた腕……見せてやるよ」



437: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/08(木) 10:02:21.02 ID:CZEDbA8DO

愛海「はぅん……んぅっ……!」

愛海「らめっ……揉まれるのは慣れてない……ひんっ!」

愛海「つままにゃいでっ……!」

愛海「やらっ……!そんなとこいじるのは教えてないよ……!」

愛海「とんじゃうっ……とんじゃうよぉ!」



438: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/08(木) 10:03:30.48 ID:CZEDbA8DO

P「揉んでいいのは、もまれる覚悟があるやつだけだ」


P「あ、あの後ろ姿は……



439: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/08(木) 10:04:47.84 ID:CZEDbA8DO

下2



441: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/08(木) 10:05:42.11 ID:Ou7xedtEO

イヴ



446: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/08(木) 19:58:27.75 ID:CZEDbA8DO

イヴ……イヴじゃないか!」

P「ブリッツウンも一緒か」

ブリッツェン「ブモー!」

P「すまんすまん、ちょっと噛んだだけだ」

イヴ「あらー?コタツはどこにいったんですかぁ?」

P「コタツは……コタツは……死んだよ」

イヴ「はいぃ!?」

鰤「ブモー!?」



447: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/08(木) 20:02:25.21 ID:CZEDbA8DO

P「この間、コタツでぬくぬくと過ごしていたんだ……そしたら……」

…………
……
P「おーい、キューティクル飛鳥ー」

飛鳥「……みかんなら、自分で取ればいいじゃないか」

P「……ちひろ、とってー」

ちひろ「仕事しろー!!」

ブチッ

P「えっ!?」

ちひろ「あ、あわわわ……わざとじゃないんです!ごめんなさい!」ピュー

P「……ケーブル切れちゃった」

…………
……

P「ということがあってだな」

イヴ「えー……」



448: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/08(木) 20:05:18.82 ID:CZEDbA8DO

P「だから、俺に抱きついて暖をとっていいぞ」

イヴ「!」

イヴ「い、いいんですかぁ!?」

P「あぁ、抱きつかれても手はださないぞ」

P「俺は「アイドルに多分手をださないマン」だからな」

イヴ「ぎゅー!」ムニュッ

P「あちゃー!こりゃ手を出しちゃいますわ!」



449: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/08(木) 20:09:02.93 ID:CZEDbA8DO

P「なんてな、冗談だよ」ナデナデ

P「年末はお疲れ様、よく頑張ったな」

イヴ「はいー!みんな喜んでくれてると思います!」

ブリッチャン「ブモッ!ブモー!」

P「お前もお疲れ様」ナデナデ

イヴ「Pさんにもプレゼント、何かあげましょうかぁー?」

P「そうだな……そうだ」

P「最近寒いし」

P「お前と裸で抱き合いたいな」



450: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/08(木) 20:10:46.19 ID:CZEDbA8DO

ちひろ「第四波動ォォォォ!!」

P「あばばばあぁー心が浄化されるー」

P「どうも「アイドルに絶対手をださないマンアブソリュートゼロ」です」

ちひろ「よろしい」



451: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/08(木) 20:13:38.88 ID:CZEDbA8DO

P「うーん心すっきり頭がっかりそして未来はぽっくりだ」

P「イヴは体つきドスケベだからな、あやうく手を出しちまうぜ」

P「あ、あれは!


下2



453: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/08(木) 20:15:34.31 ID:ag18AjCM0

藍子のバストアップの成果をねっとりあじわ...確認しよう



460: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/08(木) 22:53:29.52 ID:CZEDbA8DO

藍子か、暇か?」

藍子「レッスン終わってからなら暇ですよ?」

P「そうか、じゃあ終わったら少し俺に付き合え」

藍子「どこかいくんですか?」

P「あぁ」



461: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/08(木) 22:55:25.91 ID:CZEDbA8DO

…………
……
藍子「お疲れさまでしたー」

P「よっ、お疲れさま」

藍子「Pさん!迎えにきてくれたんですか?」

P「まぁそうだな。さ、いこうか」

藍子「どこにいくんですか?」

P「ついてこいって」



462: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/08(木) 22:57:40.16 ID:CZEDbA8DO

P「仕事もちゃっちゃと終わらせてきたからさ、藍子と散歩しようと思ってな」

藍子「いいですね、少し寒いですけど、歩いていれば暖まりますよね」

P「もうすぐ日が暮れるしな、遅くならない内にいこうか」

藍子「はい!」



463: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/08(木) 23:01:04.94 ID:CZEDbA8DO

藍子「あっ、猫が寝てますよ」

P「猫が寝ころんでいるな」

藍子「えー……」

…………
……
藍子「ちょっと写真撮りたいので止まってもらってもいいですか?」

P「……都会でも、いい景色はあるんだな」

藍子「探せばいくらでもありますよ」

P「普段早足で歩いてるから……こんなきれいなものも、見落としてしまうのか」



464: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/08(木) 23:05:40.97 ID:CZEDbA8DO

…………
……

藍子「うーん……もう真っ暗ですね」

P「……こっちだ」

藍子「えっ?……ちょっ!引っ張らないでください!」

藍子「そんな暗闇に連れ込んで何をする気ですか!?」

藍子「いくら「最近アイドルに手出してるマン」って呼ばれてるからって、流石にこれ……は……」

藍子「えっ……?凄い……夜の街が……見渡せる」

藍子「周りが暗いから……より、綺麗に……」

P「だれが手を出してるマンだこら」

P「……たまたま見つけたから、藍子に見せてやろうと思ってな」

藍子「Pさん……」




465: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/08(木) 23:08:42.45 ID:CZEDbA8DO

P「写真で見せてもよかったんだけどさ、どうせならな」

藍子「あっ、写真撮っておいてもいいですか?」

グイッ

チュッ

藍子「んっ……」

藍子「……え……?」

P「……今のは、写真に残せないだろ?」カポッ

藍子「……はい」



466: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/08(木) 23:10:02.39 ID:CZEDbA8DO

P「……あー、尻痒い……」

P「我慢だー我慢だー」

P「むぅーりぃー」ボリボリ

ピンポーン

P「ん?休みの日に……だれだ?」



下2



468: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/08(木) 23:11:18.80 ID:Nr1gaYdDO

飛鳥



476: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/08(木) 23:30:33.02 ID:CZEDbA8DO

飛鳥「やあ」←インターホン越し

ドタバタドタバタ

ドンガラガッシャン

P「やあ、飛鳥か」

P「おはよう」ニッコリ

飛鳥「……随分とおしゃれな格好をしてるね」

飛鳥「被り物もしてない、いつもの仮初めの姿とは違うし。どうしたんだい?」

P「飛鳥の前だからな」

飛鳥「いつものPでも構わないけどね」



477: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/09(金) 00:33:48.91 ID:jmr7824DO

P「ところで、どうして俺の家に?」

飛鳥「たまたま近くまできたからね、凍てつく寒さに耐えられなかったのさ」

P「……たまたま通るような場所か?」

飛鳥「うるさい、細かいことはいいだろう?」

飛鳥「それとも、ボクがここにくるのは不味かったかい?」

P「うんにゃ、構わんさ」

飛鳥「じゃ、早速ベッドの下を……」

飛鳥「ん?……写真?」

P「あ……」

飛鳥「……ボク?」



478: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/09(金) 00:40:06.91 ID:jmr7824DO

飛鳥「……なんでボクの写真があるんだい」

P「……」

P「な、なんでかなぁ」

飛鳥「……君は、偶像のボクの方が好みなのかい?」

P「違います」

飛鳥「じゃあ何故、ボクの写真がベッドの下にあるんだい?」

P「……好きな人が夢にでてきたら、嬉しいだろ」

飛鳥「枕の下とかじゃないのかい?」

P「枕の下にもあるさ」

飛鳥「……ほんとだ」



479: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/09(金) 00:43:46.24 ID:jmr7824DO

飛鳥「……ところで、君はボクに手をださないけど、何か理由はあるのかい」

P「……飛鳥とは、清い付き合いをしたいから」

飛鳥「それは、ボクには妖艶な魅力がないからかい?」

P「いや、違う。飛鳥が好きだからだ」

P「アイドルに手を出してるように見えるが、実際まだ童貞だ」

飛鳥「ふーん」

飛鳥「……よかった」ボソッ

P「なんか言ったか?」

飛鳥「いいや?」



480: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/09(金) 00:46:41.16 ID:jmr7824DO

飛鳥「君はボクのことが好きなんだよね?」

P「うん」

飛鳥「それじゃあ、後一年、他のアイドルに手を出さなかったら」

飛鳥「ボクが君の初めてになってあげるよ」

P「」

P「まじっすか?」

飛鳥「うん」

飛鳥(ボクも初めてだけどね)

飛鳥「君にできるのかい?」

飛鳥「キスも駄目だからね」

P「やってやるよ!」



481: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/09(金) 00:47:13.95 ID:jmr7824DO

継続!

下2



483: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/09(金) 00:48:16.69 ID:WI5Aar0ko

まゆ



490: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/09(金) 08:30:13.76 ID:jmr7824DO

P「やあ、まゆ。おはよう」

まゆ「おはようございます♪」

P「まゆ、いきなりで悪いんだが頼みがある」

まゆ「なんですかぁ?Pさんの頼みでしたら、まゆはなんでもしますよぉ」

P「実はだな、カクシカということがあってだな」

まゆ「はぁ」

P「お前にそばにいてもらいたいんだ」

まゆ「……ようするに、一年間他のアイドルから守ってくれ、ってことですよね?」

まゆ「何かご褒美とかありますかぁ?」

P「……一年後からは、まゆのいいなりになってやる」

まゆ「やります、まかせてください」

まゆ「他のアイドルには1mmも触らせませんよ」

P「ありがとう」



491: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/09(金) 08:34:57.81 ID:jmr7824DO

…………
……

飛鳥「……」

飛鳥「……」

飛鳥「やっぱり一年とかじゃなくて1時間とかにするべきだったかな」

飛鳥「……まゆさん」

飛鳥「……」

飛鳥「……ふふっ」

…………
……



492: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/09(金) 08:39:39.64 ID:jmr7824DO

P「それからというもの、事務所以外でアイドルと会うことが無くなった」

P「また、アイドルに会う時は必ずまゆが近くにいた」

P「それがアイドルにとっての抑止力となっていた」

P「また、まゆの防御力がやたら下がっていた。」

P「パンチラ、胸チラ等が1日一回くらい起きていた」

P「正直、抜いた」

P「そのせいか、他のアイドルに欲情することは無くなっていた」



493: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/09(金) 08:43:14.40 ID:jmr7824DO

P「……今日で、一年か」

まゆ「うふ♪お疲れさまでしたぁ」

ガチャ

飛鳥「……やぁ」

P「飛鳥……」

まゆ「飛鳥ちゃん、おはようございます」

飛鳥「おはよう、まゆさん」



495: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/09(金) 08:48:47.11 ID:jmr7824DO

飛鳥「それで、君はどっちを選ぶんだい?」

飛鳥「一年前に繋いだ赤い糸か」

飛鳥「一年かけて繋いだ赤い糸」

飛鳥「君が選ぶんだ、今日、ここで」

P「……俺は」

まゆ「選ぶ必要はありますかぁ?」

飛鳥「……どういうことだい?」

まゆ「どっちかじゃなくて……どっちもでいいじゃないですか」

まゆ「Pさんの初めて……二人で、奪っちゃいましょう?」



496: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/09(金) 08:51:49.64 ID:jmr7824DO

正直、こんな早くまゆがでるとは思わんかった

次回、最終章
「アブソリュート・バワーフォース」

後少し、お付き合いください



500: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/09(金) 09:51:23.88 ID:jmr7824DO

……P家……

P「……なぁ」

飛鳥「なんだい?」

まゆ「なんですかぁ?」

P「なんで俺達は3人とも全裸なんだ……?」

まゆ「Pさんは着たままするのが好みなんですかぁ?」

飛鳥「それは初耳だね、しかし、初めてはやはりセオリーに沿った方が」

P「まてまてまてまて」



501: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/09(金) 09:54:56.15 ID:jmr7824DO

P「だめだろ!」

まゆ「はい?」

飛鳥「は?」

P「なんでもないです」

まゆ「さて、それじゃあどっちからやりますか?」

飛鳥「Pが選べるとは思えない、こっちで決めようか」

まゆ「そうですね。なのでPさん、お風呂に入ってて貰えますかぁ?」

P「えっちょっ」

まゆ「……」

P「はい」



502: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/09(金) 09:59:33.18 ID:jmr7824DO

P「何故こんなことに……」ザバァ

P「おかしいな……あれぇ……」

P「……飛鳥とまゆの裸……凄く綺麗だったな……」

P「二人とも全然違う匂いがするし……」

P「……違うだろ……俺は「アイドルに絶対手を出さないマンアブソリュートゼロ」だ」

P「俺なら……できる」



503: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/09(金) 10:02:55.79 ID:jmr7824DO

P「よし……いくぞ!」

ガチャッ

P「二人と」

ムギュッ
ムギュギュッ

まゆ「Pさん♪」

飛鳥「P、話し合った結果なんだけど……」

まゆ「初めては飛鳥ちゃんで」

飛鳥「その代わり、まゆに一回多く中出しをしてくれるかい?」

P「あぁ、任せろ」



504: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/09(金) 10:08:14.83 ID:jmr7824DO

「P……いくよ」

「つッ……!」

「だ、大丈夫だよ……少し痛いけど……すぐになれるさ」

「……それに、ボクが上になってるんだから、ボクが動かないと君はいけないだろう?」

「少し慣れてきたよ……それじゃあ、動くよ」

「……っ……ん……」

「P……気持ちいいかい……?」

「そうか……よかった」



505: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/09(金) 10:16:53.00 ID:jmr7824DO

「飛鳥ちゃん……まだかかりますかぁ?」

「はっ……はぁっ……」

「……まゆの声は聞こえてなさそうですねぇ」

「一心不乱に腰を振って……しょうがないですねぇ」

「手伝ってあげますよぉ」

「っまゆ!?……そ、そこは弄らないで……ぅあっ!」

「ぅああっ!」

「……君も一緒にイったのかい……?」

「……なんだか恥ずかしいよ……」



510: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/09(金) 15:15:19.93 ID:jmr7824DO

「ほら、Pさぁん」

「次はまゆの番ですよぉ」

「……まゆも初めてですから……」

「Pさんは二回目ですけど……まだまだ元気ですねぇ」

「いきますよぉ……」



512: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/09(金) 20:04:13.84 ID:jmr7824DO

「っぐ……ぅ……」

「大丈夫ですよぉ……」

「っ……ふ……」

「Pさん……?気持ちいいですか……?」

「Pさんの為に、まゆの初めてはとっておいたんですよぉ」

「我慢なんてしなくていいんですよぉ?好きなだけ射精してください……♪」

「まゆも、今、すっごく気持ちいいですから……」



514: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/09(金) 21:51:30.11 ID:jmr7824DO

「ぅっ……ん……」

「はぁ……はぁ……出ましたねぇ」

「でも、まだ駄目ですよぉ……後一回……」

「本当はお腹がたぷたぷになるくらい出してもらいたいですけど……」

「それは我慢しますねぇ」

「うふ、さっきより早く動いてあげますから、いっぱい出してくださいね」

「ねぇ、P」

「キスしてもいいかな」

「寂しくなっちゃったんですかぁ?」

「んっ……」

「もう……今繋がっているのはまゆなのに……」

「……余裕が無くなるくらい腰を振ってあげますからね」



515: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/09(金) 21:52:46.78 ID:jmr7824DO

「P……」

「Pさぁん……」

「好きだよ」

「好きですよぉ」

「……あぁ」

「俺もだ」




516: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/09(金) 21:53:34.31 ID:jmr7824DO

お餅はよく噛んで食べよう!あと、何も付けないで食べると飽きるぞ!



517: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/09(金) 21:55:31.85 ID:jmr7824DO

おしまい

なんだかんだいって400超えちゃいましたが、お付き合いいただだきありがとうございました。
そのうちHTML依頼だしてきます



527: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/10(土) 01:12:23.67 ID:SvgjB9pDO

P「……ついに、俺の顔が公開されたのか」

P「後悔はしてないさ、人生は航海のようなものだからな」

P「で、飛鳥」

飛鳥「ん?なんだい?」

P「まゆ」

まゆ「はぁい?」

P「二人ともアニメに出てたな」

まゆ「まゆはオープニングだけでしたし……」

飛鳥「ボクはあれだよ?」

P「大事なのは時間じゃない!質じゃない!」

飛鳥「P……!」

まゆ「Pさぁん!」

P「ふたりともぉぉぉぉ!」

ムギュー



528: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/10(土) 01:14:06.08 ID:SvgjB9pDO

あの後結局3Pした。



おしまい!本当に!



529: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/10(土) 01:17:44.70 ID:SvgjB9pDO

html化依頼だしてきました

また会えたらうれしいっす!



531: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/10(土) 01:21:24.07 ID:Rel1Iv200

乙です


元スレ
SS速報VIP:モバP「俺がアイドルに手を出す確率はアブソリュートゼロさ」【R-18】