1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/29(土) 21:11:18.65 ID:iict2F/A0

小鳥「ついに始まりました第一回P落オープン。実況の音無小鳥です」

春香「解説の天海春香です!この企画はアイドルにドッキリをしかけ反応を見て楽しむというものです」

小鳥「企画っていっても私たちが勝手にやってるだけなんだけどね」

春香「まあいいじゃないですか。雰囲気ですよ、雰囲気!」

小鳥「そうね、こういうのは雰囲気が大事よね」



4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/29(土) 21:23:44.76 ID:iict2F/A0

春香「では小鳥さん、ドッキリの説明を」

小鳥「はいはい。まずアイドルの誰かには嘘の情報を教えて落とし穴のある場所まで誘導します」

春香「今回誘導してくれるのは…律子さーん」

律子『あっ、はい。こちら現場の律子です』

小鳥「というわけで律子さんにも協力してもらってます」

春香「そして落とし穴もただの落とし穴じゃありません。中にはローションがたっぷり!」

小鳥「全て私の自腹で…」シクシク」



5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/29(土) 21:28:40.09 ID:iict2F/A0

春香「アイドルがローションでベタベタになる姿が…」

小鳥「はぁ、いいわぁ!」ダラダラ

春香「小鳥さん、鼻血、鼻血!」

小鳥「おっと、いけない」フキフキ

春香「それで終わりではありません、その先にはもうひとつ落とし穴!」

小鳥「その中には…」

P「フー、フー」

春香「プロデューサーさん!」



7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/29(土) 21:32:54.03 ID:iict2F/A0

春香「バイアグラを飲まされてビーストモードのようですね」

小鳥「ビーストモードプロデューサー、略してBMPね」

春香「なんか画像ファイルみたいですね!」

小鳥「で、穴に落ちた後は堕ちてもらいます」

春香「うまいこといいましたね」

小鳥「そうでしょ?これが今回の全貌よ!」



9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/29(土) 21:36:20.91 ID:iict2F/A0

小鳥「お待ちかね、今回ドッキリの餌食になるのは…」

春香「デケデケデケデケー……美希です!」

小鳥「どんな反応が見れるか楽しみね」

春香「そうですね!」



12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/29(土) 21:40:56.06 ID:iict2F/A0

春香「おっ、美希が来ましたよ」

小鳥「じゃあ開始ー」

春香「わっかりました!律子さーん」

律子『わかってるわよ。美希ー!こっちよー』

美希『あっ、律子…さんなの!おーい』

春香「手を振ってますね」

小鳥「かわいいわぁ」



14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/29(土) 21:43:52.80 ID:iict2F/A0

春香「さて、徐々に落とし穴へと近づいて行きます…気づかれたりしませんかね?」

小鳥「大丈夫よ。見ただけでは絶対ばれっこないわ」

春香「ところで、あの穴を彫ったのって」

小鳥「雪歩ちゃんよ」

春香「やっぱり」

小鳥「もう少し!」



18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/29(土) 21:50:44.88 ID:iict2F/A0

美希「律子…さん。ミキ一人に行かせるのはどうかって思うな」

律子「仕方ないでしょ。早くこっちに来なさい」

美希「もう、人遣いがあらっぽいnおおおぉ!?」バシャーン

春香「あはははっ!!」

小鳥「は、春香ちゃん。笑いすぎよ、フフフッ」

春香「こ、小鳥さんだって笑ってるじゃないですか」クスクス



23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/29(土) 21:56:59.52 ID:iict2F/A0

小鳥「いやー、いい画が撮れたわね」クスクス

春香「そうですね…フフッ」

小鳥「コケリストの春香ちゃん的にはさっきのは何点?」

春香「んー70点ぐらいですかね」

小鳥「おっと手厳しい」

春香「やっぱりコケ方が良くなかったです。美希は手を出すタイミングがちょっと遅かったかな。あれじゃあ怪我しちゃうかも」

小鳥「やはりコケリストは違いますね!」

春香「そうですね。いつ何時コケても怪我をしないように受身が取れる。これがコケリストの最低条件ですからね」

小鳥「勉強になります」



24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/29(土) 22:03:55.19 ID:iict2F/A0

美希「うわーベタベタなの」

律子「み、美希?あっちにシャワーあったから浴びてきなさい」プルプル

美希「あー、律子…さんも絶対知ってたの。ミキ的にはドッキリってよ」ズボッ

春香「音もなく落ちていきましたね」

小鳥「リアクションを取る暇も無かったってかんじね」

律子「音無さーん」

小鳥「あっ、はい。なんでしょう」

律子「もう帰っていいですか?」

小鳥「良いですよ」



26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/29(土) 22:07:47.69 ID:iict2F/A0

律子「まったく、悪ふざけも程々にしてくださいね」

小鳥「了解です」

春香「ちなみに律子さんには穴の中にプロデューサーさんがいることは知らせてません」

小鳥「教えたら絶対に止めようとするから」

春香「絶対とめますね」



28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/29(土) 22:18:04.70 ID:iict2F/A0

春香「あ、忘れてた。美希」

小鳥「そうね、穴の中に設置してあるカメラの映像を…」カタカタ


美希「あっ…あ゛あ゛ぁ゛ぁぁ!!は、はにぃ…もっと!もっとしてぇ…」ガクガク

P「ミキ…ミキ…!」パンパン

美希「い…っく、いくぅ!はあ゛あ゛あぁぁ!!」ビクッビクッ


春香「うわあ///」

小鳥「……わ」

春香「?」

小鳥「和姦じゃねええかああ!!」



29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/29(土) 22:25:09.42 ID:iict2F/A0

春香「小鳥さん!?」

小鳥「私が見たいのは和姦なんかじゃなくて、もっと…そう、レイプのような!」

春香「落ち着いてくださいって!!」

小鳥「はあっ、はあっ。はっ、私としたことが取り乱してしまったわね」

春香「大丈夫ですか?」

小鳥「安心して、もう大丈夫」


美希「はに゛ぃ゛…はに゛ぃ゛……!!」ビクビク



31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/29(土) 22:33:01.59 ID:iict2F/A0

小鳥「これはこれで見ごたえがあるわね」

春香「ち、ちょっと私には早いかなー///」

春香「これっていつまで続けるんですか?」

小鳥「じゃあ次にインターバル入ったら美希ちゃんを引っ張りあげましょ」

春香「わっかりました!」


P「出すぞ…!」

美希「うん、きて…きてぇ!!」ギュッ

P「うっ!」ドピュドピュ

美希「ああぁ…はにいのが中にでてるぅ」



32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/29(土) 22:39:52.81 ID:iict2F/A0

美希「はにぃ、だぁいすきぃ…」ダラーン


春香「あっ、インターバル入りましたね」

小鳥「じゃあ行ってくるわ」

小鳥「美希ちゃん、美希ちゃん!」

美希「あっ、小鳥なのー。小鳥もはにぃとやりたいの?」

小鳥「そうじゃなくて美希ちゃんを引き上げに来たのよ」

美希「そうなんだー」

小鳥「だから私の手につかまって!」

P「フー、フー」グイッ

小鳥「え?」



35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/29(土) 22:46:24.90 ID:iict2F/A0

P「音無さん…!」ガバァ

小鳥「ちょ、ちょっと待って!まだ心の準備が」

P「……」ズプッ

小鳥「あぁっ!!」

P「音無さん、音無さん!」パンパン

小鳥「は、はげしすぎぃ…」ビクビク


春香「た、大変なことになっちゃった」



36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/29(土) 22:59:28.69 ID:iict2F/A0

P「ハー、ハー」ズプズプ

小鳥「こんな、あっ、犬みたいな…格好で…んっ!!」

P「強く、しますよ」パアン

小鳥「んぎぃ!?」ビクン

小鳥「あ…あがあ゛あ゛あぁぁ!!」ガクッガクッ

小鳥(こ、これが私が求めてたもの…?)

小鳥「い゛い!!い゛い゛わぁ!!も゛っときてぇ!!」ビクンビクン



38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/29(土) 23:06:03.70 ID:iict2F/A0

美希「さっきから小鳥ばっかりズルいって思うな」

小鳥「美希ちゃん…?」

美希「あっ、小鳥のココこんなになってるの」コリコリ

小鳥「んんっ!や、やめて!いまそこは…」

美希「乳首も硬くなってる…食べちゃお!」パク

小鳥「はああ!!」ビクッ

美希「小鳥のおっぱいおいしいの」コロコロ

小鳥「転がさないでぇ!」



39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/29(土) 23:12:30.77 ID:iict2F/A0

春香「全然おわんないなー。どうしよっかなー」

春香「私が行っても巻き込まれるだけだし…」

春香「え?巻き込まれたいんじゃないかって?たしかにプロデューサーさんとエッチはしたいけど…」


小鳥「う゛あ゛あ゛あああぁぁ!!」プシャー

美希「はあ゛あ゛ああああぁん!!!」プシャッ


春香「あんなにハードなのはちょっと…」

春香「私はプロデューサーさんとイチャイチャラブラブしたいんですよ!」



42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/29(土) 23:15:45.78 ID:iict2F/A0

春香「千早ちゃんに電話してみよ」プルルルr

春香「あ、千早ちゃん、いま時間ある?あっ、そうなんだー、よかったー。うん、わかった。じゃあねー」プツッ

春香「早く来ないかなー」



43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/29(土) 23:20:51.62 ID:iict2F/A0

春香「千早ちゃん!」

千早「こんにちは、春香。待った?」

春香「ううん、全然!」

千早「それで、どうしたの?」

春香「ちょっと千早ちゃんと話したいなーって思って」

千早「そう。じゃあ、そこに座って話しましょう」

春香「うん!」



44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/29(土) 23:24:24.34 ID:iict2F/A0

春香「…と思ったらコンセントが抜けてるだけだったんだー。でねー」

千早「春香、何か聞こえない?」

春香「え!?な、何も聞こえないよ?」

千早「そう、何か叫び声のようなものが聞こえた気がしたのだけれど」

春香「き、気のせいだよ!」

春香(千早ちゃん耳いいなー)



45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/29(土) 23:28:47.59 ID:iict2F/A0

春香「それでねー…」

千早(あれ?遠くに何か見える、あれは…プロデューサー?なにか様子が変ね)

春香「今度は千早ちゃんの話が」

千早「春香」

春香「なに?」

千早「逃げましょう」

春香「え?」

千早「早く!立って!」



46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/29(土) 23:32:47.36 ID:iict2F/A0

春香「なになに!?どうしたの?」ダダダタ

千早「プロデューサーが追いかけてきてる」ダダダダ

春香「プロデューサーさんが?」

千早「どうしてかはわからないけれど。春香、何か知ってる?」

春香「う、うん。実はカクカクシカジカで」

千早「なるほどね」



49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/29(土) 23:38:24.87 ID:iict2F/A0

春香「どうしたらいいと思う?」

千早「水を飲ませたらどうかしら」

春香「水?」

千早「ええ。プロデューサーはバイアグラを飲んだから凶暴化したんでしょ」

春香「BMPだよ、千早ちゃん!」

千早「どっちでもいいわ。だから大量の水で薄めたら元に戻るんじゃないかしら」

春香「おお、千早ちゃん頭いい!」



51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/29(土) 23:43:09.48 ID:iict2F/A0

千早「じゃあ萩原さんの所にいきましょう」

春香「わかった!落とし穴を作るんだね!」

千早「そう。で、その中に水を貯めておけば…」

P「はるかぁー」ドドドドド

春香「ぷっ、プロデューサーさん!?」

千早「もうあんな近くに」

春香「追いつかれちゃうよ!」

千早「春香は走り続けて」

春香「千早ちゃんは?」

千早「私は…」

千早「プロデューサーを止める」



52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/29(土) 23:48:18.46 ID:iict2F/A0

千早「んあああぁ!!ああああぁぁ!!!」ビクビク

春香(千早ちゃんが時間稼ぎをしてくれてるうちに…)

春香「雪歩!!」バン

雪歩「は、はいぃ!!」

春香「穴を掘って」

雪歩「ふぇ?なんでですか?」

春香「いいから早く!」

雪歩「は、はいぃ。わかりましたぁ」エッサホイサ



53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/29(土) 23:51:56.00 ID:iict2F/A0

春香「で、できた」

雪歩「なんで掘ったんですか?」

春香「落とし穴を作るため…あっ!」

雪歩「?」

春香「穴を隠す時間が無い…」



55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/29(土) 23:55:16.77 ID:iict2F/A0

P「はるかー」ダダダダ

春香「こうなったら…」

雪歩「春香ちゃん、穴の正面にたったら意味ないですよ」

P「はるかー」ガバッ

春香「今だ!!」ガシッ

雪歩「ジャーマンスープレックス…!」

バシャーン



57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/29(土) 23:58:34.71 ID:iict2F/A0

P「ん…」

春香「あ、目が覚めました?」

P「ああ、春香。俺はどうして…」

春香「それはですね…みんないくよー。せーの」

「ドッキリ大成功ー(なのー)」

春香「プロデューサーさん!ドッキリですよ、ドッキリ!」


小鳥「あれ?これドッキリじゃなくね?」

おわり


元スレ
小鳥「第一回P落オープン開幕です」