SS速報R:砂塚あきら「ヒミツのステージ」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1547660264/



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/01/17(木) 02:37:44.83 ID:fpMsQJdh0

シンデレラガールズのSSです。
短め、本番まではありません。



2: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/01/17(木) 02:39:18.15 ID:fpMsQJdh0


「んじゃ、今日の配信はこれで終わりマス。おつでしたー」


いつもの挨拶をして、配信を切る。

ヘッドセットを放り出し、そのままベッドに倒れ込んだ。

今日の配信は、いつもより調子が良かった。

個人スコアもよかったし、チームの仲間がやられて自分しか残っていない状況からの逆転、なんてこともできた。

コメントも盛り上がってたし、配信的にも大成功、と言える内容だったと思う。

でも、胸にあるのは、高揚感ではなく、モヤモヤとした浮かない気分だった。



3: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/01/17(木) 02:40:31.84 ID:fpMsQJdh0


原因は何となくわかっている。

近頃始めた、『アイドル』という仕事。

『プロデューサー』を名乗る人にスカウトされて、何となくで始めたこと。

最初は飽きるまで、という適当な条件で続けていたけど、初めてのライブで不思議な達成感を味わった。

これなら、『アイドル』でなら、自分でしかできないことが、見つけられるかもしれない。

そんな期待があった。



4: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/01/17(木) 02:42:52.95 ID:fpMsQJdh0

でもそれから、何度かステージを経験したけれど、あの時の感覚に触れることはできなかった。

どうすれば、またあのステージに立てるのか。

どうすれば、あんな感覚がまた味わえるのか。

それがわからないまま、ただ時間だけが過ぎていくのがもどかしかった。


今日のゲーム配信も、そんな気分を晴らしたかった。

アイドルを始めてからは、一応、気を遣って回数を減らしていたし、久しぶりにやれば気分転換になることを期待して。

でも結局、気分は晴れるどころか、虚しさが募っただけだった。



5: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/01/17(木) 02:47:44.52 ID:fpMsQJdh0


「……しよ」


ベッドにうつ伏せになったまま、下半身に手を伸ばす。

下着の上から、割れ目に沿って擦り上げるように、指を押し当てる。

配信後の自慰。

いつからか、するようになったソレは悪癖のようなものだった。

ある時は、勝って興奮した気持ちを鎮めるため。

ある時は、負けてイライラした気持ちを晴らすため。




6: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/01/17(木) 02:48:25.15 ID:fpMsQJdh0

「……んっ、ふぅ……」


徐々に湿り気を帯びてきたソコは、下着の上から擦っているだけでは物足りなくなってきた。

汚すのも嫌なので乱暴に脱ぎ捨て、再び指を押し当てる。

強く、速く、リズミカルに、不規則に。

胸のうちに溜まった靄を振り払うように、ただ一心に指を滑らせる。


「……はっ、あっ、んん……!」


片手で口を押さえて、漏れ出る声を抑える。

くぐもった息遣いと、くちゅくちゅという水音が、静まり返った部屋に響く。

昂ってきた身体に上ってくる快感に、ただ意識を集中する。



7: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/01/17(木) 02:49:16.11 ID:fpMsQJdh0


「ふっ、ふぅっ…!んあっ!」


びくっ!と身体が大きく跳ねる。

小刻みに震えながら、その余波に身をゆだねる。

荒くなった息を整えながら、ぼんやりとした頭で考える。


「……足んない」


いつもなら、一度である程度はスッキリするはずなのに、今日に限っては全然だ。

むしろ、身体がだるくなった分、余計に気分も重くなったように感じる。

時計に目をやると、すでに深夜の3時を回っていた。



8: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/01/17(木) 02:49:49.35 ID:fpMsQJdh0


「……いいや、片づけよ」


半裸の状態で立ち上がり、机に広げっぱなしになっていた機材を片付け始める。

そこでふと、ウェブカメラが目に留まる。

……もし、さっきの配信を切り忘れていたら、今の痴態は……

ゾクリ、と背筋が震える。




9: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/01/17(木) 02:50:40.70 ID:fpMsQJdh0


「……いやいやいや、ないっしょ」


浮かんだ考えを、頭を振って追いやる。

正直、何度か考えたことがなかったわけではない。

けれども、さすがにそこまで危ない橋を渡るつもりはない。

ましてや、もうアイドルとなった身だ。

もし、特定されでもしたら、好奇心では済まなくなる。

ネットの怖さは、十分に知っているつもりだ。


……でも、バレる心配がなかったら?



10: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/01/17(木) 02:53:20.32 ID:fpMsQJdh0


少しは気分が晴れるかもしれない。

机の隅に放り出してあったスマートフォンを手に取る。

メッセージアプリの最上段には、つい最近追加された連絡先が。

熱心に誘ってくれた彼は、自分に興味があると言ってくれた。

少し考えてから、文字を打つ。


『Pサン、まだ起きてる?』
『ちょっと、相談があるんデスけど』


送信。

しばらく待ってみたものの、既読がつく様子はなかった。

当然だ、こんな時間、とっくに寝ているはず。

……これなら。




11: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/01/17(木) 02:54:10.74 ID:fpMsQJdh0


片づけていた機材を、再び設定する。

いつも顔だけしか映らないカメラの配置を変え、ベッドの方に向ける。

部屋の照明を少し暗くし、マスクをつける。

念のために新規のIDを取得して、限定公開用のパスワードもつける。

これで、準備はできた。


正直、おかしいという自覚はある。

でもだからこそ、今の気分を払うにはいい。

もう、まともに頭は回っていなかった。


配信、開始。




12: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/01/17(木) 02:54:58.94 ID:fpMsQJdh0


再びベッドに腰かけ、スマートフォンを操作する。


『ちょっとこれ、見てもらえませんか?↓』


続けて、配信URLとパスワードを送る。

反応は、やはりない。

イケる。


スマートフォンをベットに放り出し、大きく深呼吸をする。

そして、震える指でボタンを外しながら、一枚ずつ、服を脱いでいく。

呼吸はどんどん浅くなっていく。

すべてを脱ぎ捨てて、改めてカメラを見据える。

そして、ゆっくりとカメラに向けて、足を開いた。




13: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/01/17(木) 02:55:40.59 ID:fpMsQJdh0

やばい。これはやばい。

今にも心臓が口から飛び出しそうだ。

恥ずかしさのあまり、涙まで出てくる。

ちらりとスマートフォンを見る。

反応はないけれど、あまり時間はかけられない。

さっさと終わらせよう。

先ほどとは比べ物にならないほど濡れているのは、脱いでいる段階で気づいていた。

そっと、指を滑り込ませる。



14: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/01/17(木) 02:56:19.84 ID:fpMsQJdh0


「んあっ!!!」


あまりの快感に、思わず声が出た。

普通ではないこの状況に、身体もすっかり敏感になってしまっていた。

慌てて口を抑えようにも、手はまったく止まらない。


「んっ、は、ぁあっ、あぁ!!」


実際に見られているわけじゃない。

ただ「見られるかもしれない」という状況が、異様なまでに気持ちを昂らせていた。

声もまったく抑えることができない。

せめてとうつ伏せになり、枕に顔を埋める。

カメラに向けて腰を突き出す格好になっていたが、そんなことを気にする余裕はなかった。




15: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/01/17(木) 02:57:06.86 ID:fpMsQJdh0


「ん、うぅ、っぐ!!」


ひたすらに、指でかき回す。

ぐちゅぐちゅと大きく水音をたて、ベッドに染みを作っていく。

もう一方の手でシーツを強く握りしめ、ただただその刺激に没頭した。

身体はどんどん敏感になり、応えるように指が激しく動く。


「ん゛ぅ!!」


引き抜いた拍子にひと際大きな波が押し寄せてきて、身体が大きく跳ねた。

ぷしっ、と音を立てて吹きだす。

目の奥で火花が散り、頭が真っ白になる。


「はっ、はっ、か、はっ……」


肺が、酸素を求めて喘ぐ。

そのままベッドに崩れ、荒くなった息を必死に整える。



16: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/01/17(木) 02:57:58.68 ID:fpMsQJdh0


「ヤバい……ちょーよかった……」


あんなに大きな絶頂は初めてだった。

あまりの快感に、胸の靄もすっかり吹き飛んでしまっていた。


「これ……クセになっちゃったらどーしよ」


さすがにまずい。

こう、色々と。


「あ~……後始末、しなきゃ」


このまま余韻に浸っていたかったが、そうもいっていられない。

立ち上がって、ベッドの片づけをする。


「うわぁ……びっちゃびちゃじゃん……どーしよ」


我ながら盛大にやったもんだと苦笑しながらシーツをはがし、丸める。

あとでバレないように洗わなきゃ。




17: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/01/17(木) 02:59:23.00 ID:fpMsQJdh0


「そうだ、こっちも……」


放り出してあったスマートフォンを拾い上げる。

先ほど送ったメッセージを消しておかなければ。

消した内容については、明日適当に言い訳すればいいやと考えながら、メッセージアプリを起動する。


「…………えっ?」


そこに映っていたのは、「既読」がついたメッセージ。

慌ててPCの配信画面を確認する。


配信視聴者 1名


たしかにそこにはそう表示されていた。




18: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/01/17(木) 03:00:14.86 ID:fpMsQJdh0


「……うそ」


一気に頭が真っ白になる。

マウスを持つ手が震える。

見られた。

観られていた。

先ほどまでの痴態を。

観られてないと高をくくって、乱れに乱れたあの姿を。

あの人に観られていた。




19: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/01/17(木) 03:01:12.46 ID:fpMsQJdh0


「……あはっ」


乾いた笑いが、漏れ出た。

胸に広がったのは、観られた羞恥でも後悔でもなく、いつか感じた高翌揚感と背徳感だった。

そう、観られていた。

あの人は、止めなかったんだ。

既読だけなら、寝相で操作した可能性もあった。

でも、そうではない。

URLを開いて、パスワードを打ち込んで、あの限定配信を見ていた。

そして、今も。

まだ配信は切っていない。

画面に映る自分の様子から、こちらが気づいたことも伝わっているはず。




20: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/01/17(木) 03:01:56.94 ID:fpMsQJdh0


「……あははっ」


つまりは、そういうことなんだろう。

気持ちが昂ってくる。

これからは、『こう』すればいいんだ。

もうあんなに悩まされることもない。


「明日からまた、ヨロシクお願いしますね、Pサン♪」


そう言って自分は、配信を切った。




21: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/01/17(木) 03:07:48.25 ID:fpMsQJdh0

以上になります。
まだ情報が少ないので、口調等はイメージです。
登場したばかりでこれから色々楽しみな子だと思います。
今後に注目ですね。


元スレ
SS速報R:砂塚あきら「ヒミツのステージ」