SS速報VIP:P「どうした冬馬、眠れないのか?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1407011867/



1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/03(日) 05:37:57.68 ID:AMQMh/0I0

冬馬「ああ、起こしちまったか?」

P「いや、自然に目が覚めただけだよ」

冬馬「それならいいけどよ」

P「……疲れてるのか」

冬馬「心配するほどじゃねえよ」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1407011867




2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/08/03(日) 05:40:21.54 ID:AMQMh/0I0

P「待ってろ、確か、睡眠薬がまだ少し残ってたはずだから」ムクッ

冬馬「いや、いい」

P「……そうか?」

冬馬「……今何時だ?」

P「5時ちょっと過ぎだな」

冬馬「そんなら、寝られなくても1日くらい持つさ」

P「そうか」



3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/08/03(日) 05:42:48.56 ID:AMQMh/0I0

冬馬「それより、水一杯もらえるか?」

P「ああ」ガチャ

P「ほら」

冬馬「ああ、サンキュ」

冬馬「……」ゴク

冬馬「……飲むか?」

P「もらおうかな」



4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/08/03(日) 05:45:24.71 ID:AMQMh/0I0

P「……」

冬馬「……」

P「……」

冬馬「……」

P「なあ、やっぱり珍しいじゃないか」

冬馬「何がだよ」

P「お前がこんな時間に起きてるなんて」

冬馬「……」



5: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/08/03(日) 05:47:55.76 ID:AMQMh/0I0

冬馬「あんまり詮索するんじゃねえよ」

冬馬「そういう約束だろ?」

P「でもさ」

冬馬「……話せることなら話してるって」

P「……」



6: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/08/03(日) 05:50:24.49 ID:AMQMh/0I0

冬馬「俺なんかより、アンタこそ大丈夫なのか?」

P「え?」

冬馬「アンタだってあんまり寝れてないみてえじゃねえか」

P「……」

P「……俺も、別に」

冬馬「な?言えないもんだろ?」



8: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/08/03(日) 05:53:25.37 ID:AMQMh/0I0

冬馬「それに、言葉で言えなくたって何となくは分かってるはずだ」

冬馬「お互い、似たようなことに悩んでるんだってな」

P「……」

冬馬「さ、ほら、時間も時間だ」

冬馬「寝るのか起きるのか、さっさと決めちまおうぜ」

P「……」



9: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/08/03(日) 05:55:38.59 ID:AMQMh/0I0

P「……なあ冬馬」

冬馬「何だよ」

P「……やっぱり俺、もう少しお前と話をするべきだと思う」

冬馬「……今か?」

P「そう、今だ」



10: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/08/03(日) 05:58:13.76 ID:AMQMh/0I0

冬馬「何の話だよ」

P「だから、これから俺とお前がどうして行くべきなのかって話をだよ」

冬馬「そんなもん、前にも……」

P「そりゃ、気持ちの確認はしたさ!」

P「でも、それだけじゃやっていけないだろ?」

冬馬「……」

P「なあ、冬馬」

冬馬「……ああ、そうだな



11: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/08/03(日) 06:00:20.12 ID:AMQMh/0I0

冬馬「……で?」

P「え?」

冬馬「それで、何の話をしたいんだ?」

P「……まず、俺が何を不安に思ってるか」

P「そこから話そうと思う」

冬馬「……ああ」



12: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/08/03(日) 06:03:38.01 ID:AMQMh/0I0

P「……俺、実はさ」

P「春香に好かれてるかもしれない」

冬馬「……天海に?」

P「ああ」

P「なんて言うか、分かるんだよ」

P「あの子の目、本当に俺のことを好きでいてくれてる目なんだ」

冬馬「……」



13: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/08/03(日) 06:06:39.72 ID:AMQMh/0I0

P「俺もあの事務所で結構長いことやってきたからさ」

P「だから、そういうこともあるだろうし」

P「それに、他の子たちだって心底俺のことを信頼してくれてる」

P「あの事務所は、俺にとって本当に大切な場所になってる」

冬馬「……」

P「だから、余計に怖いんだ」

P「もしお前との関係があの子たちに知れたら、あの子たちにどう思われるだろうってな」



14: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/08/03(日) 06:11:45.12 ID:AMQMh/0I0

冬馬「軽蔑されるかもってか?」

P「ああ」

P「今の関係が崩れたらって思うと、本当に恐ろしいんだ」

冬馬「でもよ、アンタの事務所はそんな浅い絆じゃ……」

P「浅い絆じゃないからなんだよ!」

冬馬「」ビクッ

P「それこそ俺とあの子たちの絆は、そんな安い物じゃない」

P「でも、その絆をあの子たちと育んだのは」

P「……本当の俺じゃないじゃないか」



16: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/08/03(日) 06:15:09.35 ID:AMQMh/0I0

P「あの子たちは全力でぶつかってきてくれたのに」

P「俺にはずっと隠してたことがあった」

P「……それを今更暴露しようだなんて」

冬馬「……」

P「どれくらいあの子たちを傷つけるか」

P「まして、俺を特別想ってくれてる子なんて……」

冬馬「……」



17: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/08/03(日) 06:18:35.10 ID:AMQMh/0I0

P「……」

P「なあ、冬馬、やっぱり俺……!」

冬馬「……」

ギュ

P「!」

冬馬「……」

P「……」

冬馬「……」



18: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/08/03(日) 06:21:24.35 ID:AMQMh/0I0

P「……ゴメンな」

冬馬「別に、これくらい大したことねーよ」

P「はは、言っちゃいけないことを言うところだった」

冬馬「ああ」

P「……分かってるよ、ちゃんと向き合わなきゃって」

冬馬「……ああ」



19: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/08/03(日) 06:24:19.20 ID:AMQMh/0I0

P「なあ、冬馬」

冬馬「何だ?」

P「冬馬はさ、不安じゃないのか?」

冬馬「不安じゃないわけねーよ」

冬馬「俺たちのことが秘密なのは、アンタの為だけじゃない」

冬馬「俺だっていつも怖くてしょうがねーよ」

P「……そうだよな」



21: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/08/03(日) 06:27:37.52 ID:AMQMh/0I0

P「俺さ、お前って本当にすごいと思うよ」

冬馬「え?」

P「その年で、もう自分と向き合おうって頑張ってるんだもんな」

P「俺なんて、しばらくは酒に逃げたりしてたのにさ」

冬馬「……」

冬馬「……そりゃ、まあ」

冬馬「……それは、アンタがいたからっていうか……」

P「俺?」



22: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/08/03(日) 06:31:29.16 ID:AMQMh/0I0

冬馬「俺だって、アンタにあってなけりゃ、気づくのはもっと遅かったさ」

冬馬「でも、アンタにあって、まあ色々あるうちに」

冬馬「自然と思えてたんだよ」

冬馬「俺にとって、これからの人生、何を選ぶべきなのかってな」

P「……冬馬」

P「はは、それじゃあ、言葉を換えれば俺のせいってことかもな」

冬馬「へへ、まあな」



23: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/08/03(日) 06:35:09.06 ID:AMQMh/0I0

P「……冬馬」ゴソ

冬馬「あ、おいこら」

P「……」ゴソゴソ

冬馬「待てよ、もう朝だぜ?」

冬馬「汚れちまうだろうがよ」

P「……大丈夫、全部飲んでやるよ」

冬馬「う……」



24: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/08/03(日) 06:37:37.61 ID:AMQMh/0I0

P「ほら、遠慮するなよ」

冬馬「ま、待てって」

P「嫌か?」

冬馬「……気分じゃねえな」

P「でも、俺は」

チュ

P「!」

冬馬「……楽しみは、今度の休みにとっとこうぜ?」



25: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/08/03(日) 06:39:51.53 ID:AMQMh/0I0

P「はは、照れちゃうな」

冬馬「やめろよ、俺も恥ずかしくなっちまう」

P「あ、あのさ、冬馬」

冬馬「何だよ?」

P「……もう一回」

冬馬「なんだ、しょうがねえな」

冬馬「ほら、目瞑れよ」

P「……」スッ

冬馬「ったく」

チュ



26: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/08/03(日) 06:42:20.47 ID:AMQMh/0I0

P「……んっ」

冬馬「……へへっ」

P「ははっ」

冬馬「……」

P「……」

PiPiPiPiPiPiPi!

冬馬「」ビクッ

P「あ、アラーム……」

冬馬「……もうそんな時間か」

P「しょうがない、起きようか」

冬馬「だな」



27: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/08/03(日) 06:44:55.32 ID:AMQMh/0I0

冬馬「朝飯、出来たぞー!」

P「ああ、今行く!」

冬馬「遅かったな」

P「バスタオルが見当たらなくてな」

冬馬「ああ、そういやストックがそろそろ無かったな」

P「買っておくよ」

冬馬「ああ、頼む」



28: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/08/03(日) 06:47:03.18 ID:AMQMh/0I0

P「……うまい」モグモグ

冬馬「……なあ」

P「ん、なんだ?」

冬馬「さっき言いそびれたんだけど」

P「うん」

冬馬「俺はさ、アンタが最高のパートナーだと思ってるからな」

P「!」

冬馬「ちょっと恥ずかしいけどよ、あんまりいう機会もないからな」



29: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/08/03(日) 06:49:22.70 ID:AMQMh/0I0

P「うん、俺もそう思ってる」

冬馬「へへ、知ってる」

P「はは」

P「……そのうちさ、表で堂々とデートでも出来るようになればいいな」

冬馬「……そうだな」

冬馬「ま、そのためにはお互い色々あるけどよ」

冬馬「きっと大丈夫だ」

P「ああ」



30: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/08/03(日) 06:50:50.53 ID:AMQMh/0I0

冬馬「それじゃ、俺は先に出るぜ」

P「うん、いってらっしゃい」

冬馬「戸締り忘れんなよ」

P「分かってるよ」

冬馬「そんじゃな」

バタン

P「……」



31: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/08/03(日) 06:52:18.10 ID:AMQMh/0I0

P「……はは、パートナーか」

P「俺も、お前となら大丈夫だって思ってるよ」

P「何せ、お前といると退屈しないからな」

P「……」

P「……冬馬」

           完



32: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/08/03(日) 06:53:00.11 ID:AMQMh/0I0

はい、ありがとうございました



33: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/08/03(日) 06:55:56.81 ID:AMQMh/0I0

36: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/08/03(日) 07:58:09.39 ID:v9tg2CBM0

乙!
ホモなのにいい話とは…



40: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/08/03(日) 10:59:09.77 ID:awR8g8cw0

うっかりドキドキしてしまった…


元スレ
SS速報VIP:P「どうした冬馬、眠れないのか?」