1: 名無しで叶える物語 2019/01/18(金) 12:38:14.18 ID:8GOsr6Wf.net

SS書くの初めてです
おかしなところがあって生暖かい目で見守ってください




都内某居酒屋

グビッグビッ....

ダイヤ・曜「ぷはぁ~!」



3: 名無しで叶える物語 2019/01/18(金) 12:40:51.13 ID:8GOsr6Wf.net

曜「くぅ~!やっぱりビールのは最高だねっ!」

ダイヤ「そうですね、私はビールよりもハイボール派ですけども」

曜「ハイボールかぁ、、私は茶色いお酒は苦手なんだよね、、」

ダイヤ「私も初めはハイボールは苦手だったのですが、いつの間にかこれじゃなきゃダメになっていましたね」グビッグビッ...プハァー

曜「ダイヤさんって言ったら日本酒ってイメージがあったんだけど、そーでもないんですね」

ダイヤ「よく言われますが、日本酒はあまり好きではありませんね」

曜「以外だ、、、」

ダイヤ「それもよく言われますわ」

曜「あはは笑。それにしてもここの料理ってとってもお酒に合うし、どんだけでも飲めちゃいそうだよ!」グビッグビッ...プハァー

ダイヤ「ふふっ、美味しいからとあまり飲みすぎてしまいますと、明日に響いてしまいますよ?」

曜「明日の講義はお昼からなんで大丈夫ですよ!」

曜「それに、久しぶりにダイヤさんと飲めるってなったら、なんだかテンションが上がっちゃって!」

ダイヤ「あら、嬉しい事を言ってくれますのね」

曜「えへへぇ////」

ダイヤ「ふふっ、ですが、曜さんとは先週も飲んだばかりではありませんか」ゴクゴク


曜「そーですけど、、でもダイヤさんとなら毎日だって飲めますよ!」

ダイヤ「流石に毎日は言い過ぎじゃありませんか?」

曜「まっ、まぁ多少はね?こないだも飲み過ぎて講義休んじゃいましたけど、、、」グビッグビッ

ダイヤ「せっかく入学したのですから、無駄にしてはいけませんよ?」

曜「はーい」



4: 名無しで叶える物語 2019/01/18(金) 12:41:54.87 ID:8GOsr6Wf.net

ダイヤ「しかし、曜さんがこっちの大学に入学すると聞いた時は驚きましたよ」

曜「うん、正直こっちの大学に受かると思ってなかったから、合格発表の時はびっくりしたよ!」

ダイヤ「ふふっ、曜さんがしっかり努力してきた結果ですわ」

曜「そ、そう言ってもらえると嬉しいです////」

ダイヤ「しかし、なんでまたこっちの大学を受験されたのですか?」グビッグビッ

曜「えっ、それは、、、」

ダイヤ「地元に残れば千歌さんや梨子さんと離れずに済みましたのに、なんでわざわざ東京の大学へ?」

曜「う、うぅ~///、、ま、まぁ理由なんてなんでもいいじゃないですかっ///あっ、ダイヤさんグラスが空いてますよ!お代わりどうします!?」アセアセ


ダイヤ「え、えぇ?んーならカシスオレンジをお願いします」

曜「あたしもお代わり頼もっと!すいませーん!カシスオレンジ1つとビールのお代わりお願いしまーす!」
______________________

________________

___________

______

___



6: 名無しで叶える物語 2019/01/18(金) 12:43:58.37 ID:8GOsr6Wf.net

曜「え~?じゃあ朝まで何軒いけるかいってみヨーソロー♪」チドリアシ-

ダイヤ「なにをお馬鹿な事を言っているのですか、、、。はぁ、、幸い私の家はこの近くですので、曜も一緒に帰りますわよ」

曜「えっ////お、お邪魔しちゃってもいいんですか?////」ドキドキ

ダイヤ「このまま放っておく訳にもいきませんし、あなた1人では家に帰れそうにもありませんので」

曜「うぅ///じ、じゃお言葉に甘えさせてもらいます////」

ダイヤ「ええ、お気になさらずに。ではそろそろお会計を済ませて、お店を出ましょうか」

________________________

__________________

_____________

_________

______



10: 名無しで叶える物語 2019/01/18(金) 12:51:58.75 ID:3pWC4+33.net

ガチャガチャ....バタンッ....

曜「お、お邪魔しまーす////」ドキドキ

ダイヤ「ええ、いらっしゃい」

曜「わぁ///流石ダイヤさんて位綺麗な部屋ですね///」

ダイヤ「常日頃から掃除はしていますので。私はお風呂にお湯を入れてきますので、お茶でもお出ししますからくつろいでいてください」

曜「お、お風呂?!//////」ドキッ

ダイヤ「どうかされましたか?」

曜「な、な、ななんでもないです////」アセアセ

ダイヤ「でしたら20分程でお湯が溜まりますので少し待っていてくださいね」



12: 名無しで叶える物語 2019/01/18(金) 12:53:48.43 ID:3pWC4+33.net

20分後




ピー

ダイヤ「お湯が溜まりましたね、曜さんからどうぞ」

曜「え?!そんな、悪いんでダイヤさんからどうぞ!」

ダイヤ「いえ、曜さんはお客さんなのですからお気になさらずに」

曜「うぅ////、、じ、じゃあ!、、あ、あのっ」

ダイヤ「なんですか?」

曜「うぅ、、////い、一緒にってのは、、ど、どですか?//////」カァァァァァァァ

ダイヤ「い、一緒にですか?!////」

曜「そ、その方が時間もかからないですし、、もしよかったら、ど、どうかなぁって/////」

ダイヤ「い、一緒にお風呂など、、は、破廉恥ですわ!////」

曜「、、そ、そーですよね、、じ、じゃあお先に頂いてきます、、」シュン

ダイヤ「あっ、、、」

.........はぁ.....仕方のない方ですわね..........ふふ



13: 名無しで叶える物語 2019/01/18(金) 12:55:32.22 ID:3pWC4+33.net

カポーン

曜(うぅ///さっきはなんであんな事言っちゃったんだろ////)

曜(酔った勢いで言ったとしても流石に一緒にお風呂はマズかったよねぇ、、、)

曜(ダイヤさん怒らせちゃったかなぁ、、、)

曜(私、、、馬鹿曜だ、、、、)

曜「はぁ」

ガチャッ

ダイヤ「あら、ため息なんて着いてどうかしたのですか?」

曜(なんかきたーっ///////)

曜「えぇっ?!//////わわっ!/////ダ、ダイヤさん!?////」バシャッ

曜(あ、ダイヤさんてスリムなのにこんなに胸あるんだー。下の毛もしっかり処理しててなんだかいやらしいなぁ、、、ってちがぁぁぁぁぁぁう!!!!)

曜(えっ待って/////ダイヤさんタオルは?////なんでさも当然かの如く全裸なの?!/////)

曜(なんかもぉ色々丸見えで私ヨーソローマグナムが全速前進しそうだよ/////)※そんな物は生えてない

曜(うぅ////直視出来ない/////)チラチラ

ダイヤ「おや?私の身体がどうかしましたか?」チャポッザバーッ

曜「ビクッ!い、いや、、、あ、あの、、」アセアセ

曜(やばいやばいやばいやばい////色々やばいって/////)

曜(えっ?///何この状況っ?////ってか身体ほぼ密着状態でそんなに顔近ずけられたら、、、、/////)

曜(ま、マズい///不思議そうな顔でこっちを覗き込んできてる/////)

曜(と、とりあえずなにか言わなきゃ////)



14: 名無しで叶える物語 2019/01/18(金) 13:09:38.49 ID:8GOsr6Wf.net

曜「ど、どーして急に////」

ダイヤ「おや?私の記憶が正しければ、一緒に入ろうと提案したのは曜の方では?」

曜「そ、そーですけど/////さっきは断られちゃったんで、、、」シュン

ダイヤ「あら、私は一言も一緒に入らないなんて言ってませんよ?」ウフフ

曜「そ、そんなのズルいですよっ////」

ダイヤ「ズルくありませんわ、曜さんが勝手に早とちりをしたのでしょ?」

曜「うぅ////」ブクブクブクブク

曜(なんでこの人はこんな余裕そーなの?!////)

曜(私1人でパニクってて完全に危ない人みたいになっちゃってるよ/////)

ダイヤ「曜さん」

曜「え?」

ギュッ

曜(えっ?!/////後ろから抱き締められて、、、
?!)

ちゅっ

え、今私、、、、

ダイヤさんにキス、されちゃった?



15: 名無しで叶える物語 2019/01/18(金) 13:10:32.92 ID:8GOsr6Wf.net

ダイヤ「私はそこまで鈍感じゃなくてよ」

ダイヤ「曜さんがなんでわざわざ東京の大学に進学したのか、曜さんが私の事をどう思ってるのか」

ダイヤ「それぐらいは分かってるおつもりですよ?」


と言っても気付いたのは最近なのですけどね



ダイヤ「私の為に得意ではない勉強を頑張って、幼馴染とも離れ離れになるのも覚悟して」

ダイヤ「そこまでして逢いに来てくれたのでしょう?」

ダイヤ「そんな曜さんがいじらしくて、可愛くて、なんだか、少し意地悪しちゃいたくなってしまいましたの」

ダイヤ「曜さんの気持ちに気付いていない振りをして、いつその気持ちをぶつけて来てくれるのでしょう?とずっと様子を見ていましたの」

ダイヤ「やっと勇気を出してそれっぽい事をおっしゃられたと思ったら、突然一緒にお風呂に入ろうだなどと言うものですから、少し動揺してしまいましたわ、ふふっ」

ダイヤ「さぁ、今度は私が勇気を出す番ですね」


曜さん、私は貴女の事を愛しています
どうかこれからも一緒にいて頂けませんか?



16: 名無しで叶える物語 2019/01/18(金) 13:11:51.86 ID:8GOsr6Wf.net

ダイヤ「あら、泣いてしまったら、せっかくの可愛いお顔が台無しですわ」

曜「うぅ、、ヒック、、、だって、、嬉しくて、、、」ポロポロ

ダイヤ「あらあら、曜さんは泣き虫さんなのですね」ギュー

ダイヤ「曜さんには泣き顔よりも、太陽のような笑顔のが似合っていますよ?」


ちゅっ


________________________

__________________

_____________

_________

______



17: 名無しで叶える物語 2019/01/18(金) 13:12:59.90 ID:8GOsr6Wf.net

ドライヤーブォー


ダイヤ「曜さんの髪の毛、昔より大分綺麗になりましたね」ブォー

曜「あの頃は飛び込みの練習で毎日プールに入ってたし、海にもよく泳ぎに行ってたんで/////」

ダイヤ「髪は女の子命です。これからはもっと大事にしてあげてください」

曜「うぅ、、////わかりました、、、////」

曜「ところでダイヤさんていつから私の事を?」

初めてあった時から

ダイヤ「そこ聞きます?」

曜「だって気になるじゃないですか」

その内浦の海のような瞳に惹かれていたなんて

ダイヤ「ふふふ、内緒です」

曜「えー?!」

面と向かって言うのは

ダイヤ「恥ずかしいじゃありませんか」

曜「ムーッ、、ダイヤさんのケチぃー、、、」ブツブツ

ダイヤ「ブッブーですわ。私はケチではないです」



18: 名無しで叶える物語 2019/01/18(金) 13:13:57.32 ID:8GOsr6Wf.net

ダイヤ「ただ、ずっと隠しておくつもりは無いので、それまで楽しみにしておいて下さい」

曜「えー」

ダイヤ「逆に、曜さんはいつからなのですか?」

曜「えー?!ダイヤさんは教えてくれなかったのに、私には聞くの?!」

ダイヤ「だって気になるじゃないですか」

曜「横暴過ぎません?」

ダイヤ「いいんですよ?正直に答えないなら身体に聞きますので」

曜「え?!///それって、、////」

ダイヤ「冗談ですわ」

曜「ダイヤさんてそんなキャラだっけ?!」

ダイヤ「私だって冗談の一つや二つ言いますわ」

曜(いや、私か言いたいのはそこじゃなくて下ネタを普通に言うキャラだっけって事で、、、、)

ダイヤ「さぁ、髪の毛も乾かし終わりましたし、そろそろ寝る時間ですわよ」

曜「うん!髪の毛乾かしてもらってありがとうございます!」

ダイヤ「ルビィにもよくやっていましたし、全然平気ですわ。電気消しますわね?」

曜「はーい」



19: 名無しで叶える物語 2019/01/18(金) 13:14:49.21 ID:8GOsr6Wf.net

曜「って、同じベットで寝るんですか?!」

ダイヤ「生憎、我が家にはひとつしかベットが無いので。それに今は私達恋人同士なのですから、何も問題は無いのでは?」

曜「それはそーなんですけど、、」

ダイヤ「ならいいじゃないですか。あっ、破廉恥なことはダメですよ?」

曜「ギクッ、、そ、そんな事考えて無いですよ!」ダラダラ

ダイヤ「ふふ、それではおやすみなさい」

曜「お、おやすみなさい」

曜(ホントにこんな吐息が熱く伝わる様な距離で一緒に寝るの?!)

曜(破廉恥な事はダメって、この人パジャマ姿の自分鏡で見た事あるの?////)

曜(ちくしょー////こっちの身にもなってくれよ/////)

曜(うぅ////ダメだ////緊張するなぁ////)

ギュッ

ダイヤ「あー今日は疲れましたわー」

ダイヤ「お酒も飲みましたし、寝てしまったらきっと、ちょとやそっとの事じゃ起きないんでしょうねー」

ダイヤ「明日は休みですから時間もたっぷりある事ですしゆっっくり今日は寝るとしますかー」

ダイヤ「誰かにイタズラされても起きれないでしょうねー」ホクロポリポリ

曜「えっ?」


ふふふ♪


おしまい



20: 名無しで叶える物語 2019/01/18(金) 13:16:45.39 ID:8GOsr6Wf.net

初めて書いたからか、短いし、脱字合ったし、読み応えもそんなにだけど、読んでくれた人がいたら嬉しいです。

ようダイ流行れー


元スレ
ダイヤ・曜「「カンパーイ!!」」