1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/20(木) 22:35:51.23 ID:n0rO82cG0

P「自分で言うのもなんだが…」

P「俺は今、プロデューサーとしてアイドル達と良い信頼関係を築けていると思う」

P「そして、いつしか下の名前で呼ぶ、呼ばれることを当たり前のように感じていた」

P「……」

P「今更名字で呼んでみたら、どんな反応をしてくれるんだろうか…」



8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/20(木) 22:38:48.17 ID:n0rO82cG0

ガチャ…

春香「おはよーございまーす!」

P「(春香…)」

P「(春香はもう春香呼びで定着してるからな…)」

P「(じゃあ、天海?)」

P「……」

P「(違和感が酷いから「さん」付けしてみるか…)」

春香「あっ、おはようございます!プロデューサーさん!」

P「あぁ、おはよう、天海さん」

春香「はい!おは……」

春香「…えっ?」



12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/20(木) 22:41:04.32 ID:n0rO82cG0

春香「えーっと…」

春香「……」

春香「おはようございます、プロデューサーさんっ!」

P「ははっ、朝から元気だなぁ」

春香「そ、そりゃもう!」

春香「私の取り得は明るいことですしっ!」

P「じゃあ、俺ももう一度言っておくか」

P「おはよう」

P「天海さん」

春香「…っ!?」



14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/20(木) 22:43:50.05 ID:n0rO82cG0

春香「(き、気のせいじゃなかった…)」

春香「(今、ハッキリと私の名字を…)」

春香「(えっ?どうして?)」

春香「(出会った時から今まで…)」

春香「(ずーっと、春香だったのに…)」

P「……」

P「(流石に戸惑っているみたいだな…)」

P「(それもそうだろうな…)」

P「(「さん」付けで呼んでる時点で俺自身違和感が凄いもんな…)」



17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/20(木) 22:47:39.46 ID:n0rO82cG0

春香「(名字呼び…)」

春香「(しかも、どこか他人行儀な「さん」付け…)

春香「(もしかして、私プロデューサーさんに嫌われたの…?)」

春香「……」

春香「…あはは」

P「…?」

P「はる…天海さん?」

春香「そうですよね…」

春香「私っていっつもドジで迷惑かけてばかりですもん…」

春香「うん!そうですよ!」

春香「むしろ今まで愛想尽かされなかったのが不思議っていうか!」

春香「はは…」

P「(春香…)」



21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/20(木) 22:52:57.36 ID:n0rO82cG0

春香「いやだなぁ、プロデューサーさん!」

春香「イヤならイヤとハッキリ言ってくれたら良かったのに!」

春香「プロデューサーさんは優しいから無理しちゃってくれてたんですよね?」

P「い、いや、俺は…」

春香「…私」

春香「プロデューサーさんの優しさにどこか甘えちゃってたんだ…」

春香「だから…」ジワッ…

春香「…あ、うっ」

春香「う、ぅぅぅぅっ…!」ポロポロ…

P「!?」

P「(なんてこった…)」

P「(名前1つで春香に自分のイヤな面を吐き出させることになるだなんて…)」



29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/20(木) 22:57:54.66 ID:n0rO82cG0

春香「ごめ、んなさい…!いつも迷惑ばかりかけちゃって、ごめんなさいっ…!」グズグズ…

春香「プロデューサーさんは、私のこと…とっくにキラいになっちゃってるかもですけど…」

春香「わ、私のプロデューサーはプロデューサーさんじゃないと…ひっぐっ…」

春香「ダメなんですっ…!」

春香「だからぁ…!」

P「……」

P「…ごめん、春香」

春香「…えっ」

春香「い、今…なんて…?」

P「春香」

春香「……」

春香「…っ!!!」

春香「ぷろりゅーさーさぁぁぁんっ!!!」ダッ…!

P「おわっ!?」



33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/20(木) 23:01:39.10 ID:n0rO82cG0

~~~~~~~~~~~~~~~~

春香「…試しに呼んでみただけ?」

P「いや、「天海さん」って新鮮だなぁって思って…」

春香「えー!?そんな理由だったんですかぁ!?」

P「いや、それだけでまさかこんなことになるんて…」

春香「そんなー!私の涙、返してくださいよー!」

P「すまん…」

春香「それに「それだけ」で済ましちゃダメですよぉ!」

P「えっ?」



35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/20(木) 23:06:01.48 ID:n0rO82cG0

春香「良いですか?」

春香「女の子にとって信頼してる人から名前で呼ばれること!」

春香「それはとても嬉しいことなんです!」

P「春香…」

春香「…信頼してます」

P「!!」

春香「プロデューサーさんはこんな私のことを信頼してくれていますか?」

P「…当たり前だろ」

P「そりゃ、ドジなとこだってあるさ」

P「でも、明るくてひたむきで頑張りやのお前のことを」

P「信頼していないって方がおかしな話だ」

春香「プロデューサーさん…」

P「そうだろ?「春香」」

春香「あっ…///」

春香「…はいっ!」



37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/20(木) 23:08:57.08 ID:n0rO82cG0

―――――――
――――――
――――

P「いや、参ったな…」

P「まさか、のっけから泣かせてしまうだなんてな…」

P「これから先が思いやられるな…」

P「……」

P「…待てよ?」ティン

P「もう、これで終われば良いんじゃないのか!」

P「うん!そうだな!」

P「アイドル達を試す様な真似なんて良くないことだ!」

P「くだらないことは忘れて仕事、仕事…」

おわり



57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/20(木) 23:21:45.14 ID:n0rO82cG0

ガチャ…

伊織「おは…ってアンタだけか」

P「あぁ、いお…」

P「……」

P「(伊織か…)」

P「(春香の時にもうやらないと決め込んだわけだが…)」

P「(担当アイドルじゃない伊織だと、どうなるんだろうな…)」

P「(…もう1回ぐらいは良いかな)」

伊織「ちょっと、この伊織ちゃんが来たのよ?」

伊織「挨拶ぐらいしたらどうなの?」

伊織「ホント、アンタは…」

P「あぁ、おはよう。水瀬さん」

伊織「はい、おは…」

伊織「……」

伊織「えっ?」



67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/20(木) 23:27:41.83 ID:n0rO82cG0

P「ん?どうした、水瀬さん?」

伊織「……」

伊織「あぁ、なるほどね」

伊織「なんせ私はスーパーアイドル伊織ちゃんだものね!」

伊織「敬うって気持ちが芽生えるってのは当然よね!」

P「ははっ、確かにお前は凄いアイドルだよ」

P「竜宮小町のリーダーを務めるだけはあるさ」

伊織「にひひ♪わかってるじゃない♪」

伊織「アンタにしては中々良いことを考え付くじゃないの」

伊織「けど、今更って感じね」

伊織「しょーがないけど、別に今まで通りで良いわよ?」

伊織「伊織ちゃんが許してあげるから感謝してあげなさい」

P「ん?今まで通り?」

P「なんのことだ、水瀬さん?」

伊織「…えっ?」



77: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/20(木) 23:32:35.56 ID:n0rO82cG0

伊織「いや、なんのことって…」

伊織「ば、バカねーアンタ!」

伊織「そういうネタは一回で終わらせておく方が面白いのよ!」

伊織「そう何度も繰り返すと…!」

P「ネタ?なんのことだ?」

P「なんか俺、面白いこと言ったか?」

P「水瀬さん」

伊織「…!?」

P「それに今まで通りって…なんだ?」

伊織「(ちょ、ちょっと…どういうこと…?)」

伊織「(さっきのは…わざとじゃないってこと…?)」

伊織「(じゃあ…どうして…)」

P「……」

P「(まずい…やめておいた方が良かったかもしれない…)」



86: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/20(木) 23:39:06.29 ID:n0rO82cG0

P「(とは言っても、今更ネタバラシするのもな…)」

P「(それに伊織ぐらい頭良ければ、きっと自力で途中で気づいて…)」

伊織「…呼びなさいよ」

P「えっ?」

伊織「名前で…呼んでよ…」

P「水瀬さん?」

伊織「っ!!」

伊織「ちがうっ!!」

P「!?」

伊織「(…って、私、何大声出してんのよ…)」

伊織「(それに普通に考えてみれば、わかることじゃない…)」

伊織「(私の言動やワガママでアイツが愛想尽かしたことぐらい…)」

伊織「(だから、今こうやって「水瀬さん」って呼ばれているわけで…)」

伊織「(…優しいプロデューサーを知らず知らずのうちに傷つけたりもして…)」

伊織「(あはは…バカみたい…)」



90: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/20(木) 23:43:24.17 ID:n0rO82cG0

伊織「…ごめん」

伊織「いや、ごめんなさい…大きな声出したりして…」

伊織「思い返せば、そうよね…」

伊織「因果応報…ってやつよね…」

伊織「……」

伊織「…あ、ぐっ」ジワッ…

P「(やっちまった…)」

伊織「…名前」

伊織「名前で…呼んでよぉっ…!」グズグズッ…

P「伊織…」

伊織「えっ?」

P「あっ」



91: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/20(木) 23:47:08.59 ID:n0rO82cG0

~~~~~~~~~~~~~~~~

伊織「は?」ギロッ…

P「いや、そのな…」

伊織「私との信頼関係を確認する為に試したぁ!?」

伊織「アンタ、バカじゃないの!!」

P「いや、返す言葉も…」

伊織「……」

伊織「一度しか言わないわ」

P「えっ?」

伊織「確かに私は竜宮小町よ」

伊織「だけど、アンタのこと…」

伊織「そ、それなりに…信頼…してるから…」

P「伊織…」

伊織「だから二度と、この伊織ちゃんを怒らせるような真似はしないこと!」

伊織「良いわね!!」



93: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/20(木) 23:50:15.51 ID:n0rO82cG0

――――――――
――――――
――――

P「離れていても…か」

P「なんていうかプロデューサー名利に尽きるな…」

P「……」

P「しかし名字を呼んだだけで、いきなり凄まじい距離感を感じるよな…」

P「これ以上は俺自身もダメージを受けかねない…」

P「くだらないお遊びはここまでにして…」

P「さて、今日も仕事仕事…」

おわる



110: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/21(金) 00:01:43.65 ID:hH49/ydxO

P「よし、じゃあ次は千早で言ってみるか」

小鳥「プロデューサーさん、千早ちゃんは止めておいた方が…」

P「いやいや、小鳥さんも見てみたいですよね?千早が、どんな顔するか」

小鳥「…」

――ガチャッ

P(きた!)

千早「おはようございます」



113: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/21(金) 00:04:00.59 ID:hH49/ydxO

P「あぁ。おはようございます。如月さん」

千早「はい。おはようございま…」

千早「如月、さん?」

P「?」

P「何か変なところでも?」

如月さん「えっ…あっ…いえ…」

P「あ、今日のスケジュールはリストにしてあるので、後で取りに来てください」

千早「…」



118: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/21(金) 00:06:36.19 ID:hH49/ydxO

千早「あの…プロデューサー?」チラッ

P「何ですか?」

千早「笑えませんよ?…その冗談。敬語とか、名字とか…」

P「はぁ…何の事です?私は貴女のプロデューサーであって、身内ではない」

P「だから、敬語も当たり前ですし、名字で呼ぶのも当然ですよね?」

千早「」フラフラ



123: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/21(金) 00:08:42.47 ID:hH49/ydxO

―――
――


千早「…」ブツブツブツ、ブツブツブツ

P「…」

小鳥(ど、どうするんですか?プロデューサーさん!)コソコソ

P(ちょっと…やり過ぎちゃいましたかね…)コソコソ

小鳥(ちょっとどころじゃないですよ)

千早「」ガタッ

P・小鳥「「っ!」」ビクッ

千早「」フラァ



128: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/21(金) 00:11:20.63 ID:hH49/ydxO

千早「そうそう…今日はこれを持ってきてて良かったです…うふふふふ…」ゴソゴソ

P(な、何をする気だ…)

千早「」カパッ

つ【ビン】

千早「ふふっ…ふふふ…」ザラザラザラ...

千早「んっ…」コクン

P「」ドキドキ



132: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/21(金) 00:14:39.66 ID:hH49/ydxO

千早「あぁ…来ました…」ワナワナ、ワナワナ

千早「うふふ…プロデューサー」フラフラ

P「」

小鳥(何かトリップしてますよ!?)コソコソ

P「ビン!ビンの銘柄!」

P「あった!」



137: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/21(金) 00:16:34.96 ID:hH49/ydxO

千早「…ふぅ。懲りましたか?プロデューサー」

P「…」

P「えっ?」



140: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/21(金) 00:19:25.71 ID:hH49/ydxO

千早「私を騙くらかそうだなんて、ほんとにいけないプロデューサーです!」ムスッ

P「えっ?えっ?これは?」

千早「それはただのラムネです。はい、あーん」ヒョイッ

P「んむっ…あまずっぱい」

千早「これに懲りたら、二度と他人行儀な真似はしないでくださいね?」ムスッ

P「…」

千早「分かりましたか?」ジロッ

P「は、はい!」

千早「ふふっ」クスクス



145: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/21(金) 00:21:22.17 ID:hH49/ydxO

千早「さてと、じゃあ今日も一緒に頑張りましょうね?」

P「あ、あぁ!今日も頑張ろうな?千早!」ナデナデ

千早「ふふっ///」

千早「…」フゥ...

千早「でも…」スッ

P「ん?」



146: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/21(金) 00:22:47.71 ID:hH49/ydxO

千早「次は…許しませんからね?」ボソッ

P「」ゾクッ

千早はこんな感じになりそうじゃね?
それより>>1はよ続き



153: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/21(金) 00:29:42.71 ID:hH49/ydxO

――雪歩の学校校門

P「そろそろ雪歩が出てくるな…」チラッ

「あれぇ?プロデューサー?」

P(よし、計画通りに)ニヤッ

P「萩原さん、お迎えに来ましたよ」

雪歩「へぇっ?おっ、お迎えですかぁ!?」

雪歩「…えっ?萩原…?」ピクッ

P「?さぁ早く車に乗ってください」

雪歩「…」



159: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/21(金) 00:32:02.95 ID:hH49/ydxO

P「…」ブーブー、ブーブー

雪歩「あ、あの…プロデューサー?」

P「はい?どうかしましたか?」

雪歩(また…)

雪歩「あの…何でさっきから敬語なんですか?それに、萩原って…」

P「いえ、考えを改めたんですよ」

雪歩「考えを…ですかぁ?」

P「えぇ」

雪歩「それって、どういう…」



181: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/21(金) 00:48:24.67 ID:hH49/ydxO

P「いえ、今までの自分は少しアイドルの皆さんに馴れ馴れしかったと反省しまして」

雪歩「…そ、そうですかぁ…」シュン

――ピリリリリ、ピリリリリ

P「」ピッ

P「もしもし?(ハンズフリー)」

P「どうした?『春香』」

雪歩「!?」ピクッ



182: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/21(金) 00:50:42.12 ID:hH49/ydxO

P「いいか、春香」

P「…」

P「……だ。じゃあまた事務所でな」ピッ

雪歩「…」

雪歩「そっかぁ…」

P「あぁ、すみませんでした。それで、なんのはな雪歩「…ない」

P「えっ?」

雪歩「いらない」ボソッ

P「ゆっ…ゆき、ほ?」



184: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/21(金) 00:51:40.83 ID:hH49/ydxO

雪歩「そんなプロデューサーなんか、いらない」



194: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/21(金) 00:56:03.48 ID:hH49/ydxO

――ガッシャーン

「事故ですってよ?」ヒソヒソ、ヒソヒソ

「まぁ、怖い」ヒソヒソ

――ピーポーピーポー、ピーポーピーポー

BAD COMMUNICATION



154: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/21(金) 00:30:14.47 ID:UpoTXd5DP

響「はいさーい!」

P「(次は響か……我那覇だよな?)」

P「(さん?呼び捨て?……いや君で攻めた方が響にも効きそうだ)」

P「おはよう我那覇君!」

響「おぉプロデュ……い、今なんて?」

P「何って、我那覇君どうした?あ、声聞こえなかったか?」

響「ち、違うって!そ、その……我那覇って、自分の名字……?それに君って?」

P「我那覇君の名字は我那覇だろう」

響「な、なんかくすぐったいぞ……普通に呼んでくれないか?」

P「え?呼ぶの?おーい我那覇君」

響「だ、だからぁ……」



198: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/21(金) 00:58:31.11 ID:UpoTXd5DP

P「(予想以上に”君”が効いているようだな……)」

P「どうしたんだ?今日はいつもの我那覇君じゃないぞ?」

響「プロデューサーの方こそ!今日なんか変だぞ!」

P「そうか?例えば?」

響「だからその自分の呼び方とか……」

P「呼び方なんて変わるだろ?お前とか呼ぶときだってあるし。それだけか?」

響「あ、えっと……そうだけど」

P「よし、それじゃ今日のことの確認だけど……」

響「……」

響「(苗字で呼ばれることなんてあんまりないし……変な感じだぞ)」

響「(それにプロデューサーに言われると、なんか……さみしいし……よし!)」

響「な、なぁプロデューサー!」

P「どうした?我那覇君」

響「やっぱり、我那覇君、って呼ぶのは辞めてほしいんだ!」

P「そうか?ん~わかった」



201: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/21(金) 01:04:49.59 ID:UpoTXd5DP

響「ほ、ホントか!」

P「うん、でもどうして?」

響「それは……できればいつも通り、名前で呼んでほしいというか、その方が仲良しみたいでしょ?」

P「ふむ……なるほどな」

響「我那覇君、って呼ばれると知らない人みたいでちょっと怖いから……」

P「それじゃ……我那覇さん」

響「うん……あれ?……プロデューサー?」

P「君、は流石によろしくないよな。悪かった」

響「い、いやだからそうじゃなくて……」

P「我那覇さんの言うとおり、この方が仲間っぽいな!」

響「……うぅ」ジワッ

P「(あまりにも響の反応が可愛いからついついイジワルをしてしまったが)」

P「(またアイドルに涙を……ならば仕方あるまい……)」

P「……悪かった」

響「……」



207: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/21(金) 01:09:56.63 ID:UpoTXd5DP

響「(きっとプロデューサーは自分が嫌いになったなんだ……)」

響「(だから名前で呼んでくれない……仲良しだと、思ってたのに)」

響「(……違う、もともとプロデューサーはそんな風に思ってなかったんだ)」

響「もう、いいんだ……」

P「……」

響「どうして、プロデューサーがそういう風に呼ぶのか……わかった」

響「なんか、ごめん……それじゃ」

P「待て」

響「っ……」ピタッ

P「……我那覇!!」

響「っ~~!!!」ジワッ

P「我那覇!」

響「も、もういいさ!そこまで自分が嫌いなのかプロデューサーは!」

P「違うんだ!良く聞いてくれ!」



210: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/21(金) 01:13:49.72 ID:UpoTXd5DP

響「(また我那覇……なんでだろ、自分の名字なのに、プロデューサーに呼ばれると辛いんだ……)」

P「俺は、お前のことを嫌ったりなんてしてない」

響「えっ……?」

P「……ただ、ちょっとイタズラしたかっただけだ」

響「……イタズラ」

P「で、でも良く考えてみろ!苗字を呼んでるだけなのになんでそんなに!」

響「自分でも、よくわからないさー……」

響「……でも、プロデューサーには名前で呼んでほしいって、思う」

P「……わかった。ごめんな?」

響「やだ」

P「お、おい……」

響「だって、まだ名前で呼んでもらってない……」

P「あぁ、そういうことか。……響」

響「……うん。自分、響だ」

P「……そうだな。響だ。でも、我那覇響だ」



213: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/21(金) 01:18:58.53 ID:UpoTXd5DP

響「……」

P「イタズラ程度に収まるかとおもったけど、まあ俺が悪かったな。でも、我那覇だって立派な名前だからな!」

響「……うん、自分もごめんなプロデューサー」

P「いいんだ」

響「……もういっかいだけ、名前呼んでくれないか?」

P「わかった」


P「……我那覇」

響「……」

響「……」ジワッ

P「わー!ごめん!響ごめんってば!」

響「も、もープロデューサーなんて知らないぞ!!」

P「ごめんってば!響!」

響「……もう。プロデューサーのバカ……」


P「なんだかんだでその後もこのやりとりが癖になってしまったのは秘密」
響編 完



214: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/21(金) 01:19:07.41 ID:hH49/ydxO

P「あずささんを名字で呼んでみよう」

――ガチャッ

P(任務…開始)キリッ

あずさ「うふふ~。今日は遅れずに来れましたぁ。おはようございます。プロデューサーさん」クスクス

P「おはようございます。三浦さん」

あずさ「え~?なんですかぁ?」

P「今日の三浦さんのスケジュール、まとめておきましたよ?」



215: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/21(金) 01:20:13.07 ID:hH49/ydxO

あずさ「あの~?プロデューサーさん?その…三浦さんって…?」

P「なにか、おかしいですか?」

あずさ「…」プクー

あずさ「…」トテトテトテ

P「?」



217: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/21(金) 01:21:25.29 ID:hH49/ydxO

あずさ「めっ!」ペチッ



221: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/21(金) 01:23:07.57 ID:hH49/ydxO

P「!?」

P(かわいい)

あずさ「いいですか~?女の子には…そういうイタズラはしちゃダメなんですよ~?」

P「ごっ…ごめんなさい…」

あずさ「うふふ~。ちゃんと謝れてえらいえらい♪」ナデナデ

P「あずささんは女神だなぁ…」



226: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/21(金) 01:30:02.00 ID:hH49/ydxO

誰か書かないの?



231: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/21(金) 01:40:58.76 ID:O+iQdrRn0


P「ふぅ……いやぁ、呼び方を変えるだけで違和感ありまくりだなぁ」

P「新鮮な反応が見られるのはいいが、相手を選ばないと大変なことになりそうだ」


ガチャッ


美希「あふぅ……おはようございますー……なのー……」

P「おっ」

美希「……あっ!ハニー、おはようなのっ!」 ギュー




233: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/21(金) 01:47:22.49 ID:O+iQdrRn0


P(うーん……美希、美希かぁ……)

美希「あれっ、美希が抱きついても怒らない……」

P(さすがに傷つくかな、いやでも案外……)

美希「これはきっと、ついにハニーがミキを受け入れてくれたってことなの!やったやったやったぁ!」

P(まあ、ものは試しだよな、うん)

美希「じゃあハニー、そっちのソファでぎゅーってくっつきながら式の日取りとかのお話ししよっ?」 グイグイ

P「あははっ、朝から元気ですねー、星井さん」

美希「」

P「星井さん?」

美希「」 ズサァ……

P「ちょっ、頭からソファに崩れ落ちないで危ないから」



236: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/21(金) 01:57:48.37 ID:O+iQdrRn0


美希「あ、あれっ?今……」

P「?」

美希「き、きっと気のせいなの!空耳ってやつなの!そうだよね、ハニー!」

P「何がですか、星井さん」

美希「」 ドサァ

P「二度目!?」

美希「……は、ハニー?なんで、ミキのこと……」

P「ああ、自分なりに考えたんですが」

P「本来、アイドルとプロデューサーの距離感はこうあるべきかと」

P「ファンのためにも、アイドルのためにも、適切な距離感が必用だと思いまして」

美希「……え、でも、そんなの……」

P(さあ、きっと美希ならここで、そんなのってないの!と……)



239: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/21(金) 02:02:38.72 ID:O+iQdrRn0


美希「……わかったの」

P「はい、それなら……え?」

美希「……み、ミキのため、なんだよね?ミキのために、ハニーがそうしたいんだよね……?」

P「あ、ああまあその、そうしたいと言うかそうするべきと言うか」

美希「そ、それならミキ、我慢するの……さみしいけど、我慢します……なの」

P「え、あ……あの」

美希「それじゃ美希、お仕事行ってきます、なの……」 トボトボ


バタン


P「…………」

P「ど、どうしよう……」



243: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/21(金) 02:08:41.31 ID:O+iQdrRn0






P「さすがに悪いことしちゃったなぁ……」

P「お詫びに買った苺ババロアも準備したし」

P「そろそろ美希も戻ってくるだろうから、早くネタバラシして謝ろう……」


ガチャッ


美希「戻りました、なの」

P「おっ、おうお疲れ様!そうだ、苺ババロア買っておいたぞ!」

美希「へえ……ありがとうございますなの、プロデューサー」

P「ああ、それでだな……うん?」

美希「後でいただきます、なの……そうそう、プロデューサー」

P「あ、ああ……?」

美希「話し方、戻っちゃってるの。しっかりしないとダメです、なの」

P「」



247: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/21(金) 02:15:20.27 ID:O+iQdrRn0





P「な、なあ、飯でも食いながら話でも……」

美希「ご飯なら春香たちと一緒に食べます、なの」

P「そ、そうか……」

美希「それじゃ、休憩行ってきます、なの」

P「そ、そうだ、今度の日曜に、衣装合わせに行かないか?」

美希「それならプロデューサーじゃなくて律子……さんに、お願いしてます、なの」

P「そ、そうか……」

美希「休みの日にプロデューサーと二人でお出かけなんて、アイドルとして問題アリって思います、なの」

P「あー……そ、そうだよなぁ……あはは」

美希「それじゃ、行ってきますなの」


バタン


P「……やっべ、なにこれ寂しさが尋常じゃない」



251: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/21(金) 02:25:17.95 ID:O+iQdrRn0

【……一週間後】

小鳥「あの、プロデューサーさん……?」

P「……はい?」

小鳥「な、なんだかスリムになったと言うか、やつれたと言うか……魂が半分抜けてる、と言うか」

P「いえ、多摩市の仕事は入ってないです……」

小鳥「これは重症ね……まあ、理由は間違い無く……」


ガチャッ


美希「おはようございます、なの」

P「お、おお、おはよう……」

小鳥「…………」

P「…………」

美希「…………」





252: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/21(金) 02:26:17.88 ID:O+iQdrRn0

小鳥「……ふぅ」

P「…………」

小鳥「あっ、いけない!社長におつかいを頼まれていたんだったわ!」

P「えっ?」

小鳥「ああ、急いで行かないとクビになっちゃう!ということでプロデューサーさん、ちょっと出てきますね!」

P「え?は、はあ、わかりました……」


バタン


P「…………」

美希「…………」




254: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/21(金) 02:35:49.30 ID:O+iQdrRn0


美希「えーっと、今週のスケジュールはー……」

P「…………」

美希「…………」

P(そうだよな、自分の都合で距離を取ったり取らなかったり、都合が良い大人に見えるよな……)

P(今さら、俺の方から呼び方を戻してくれなんて…………)

P「…………」 ブツブツ

美希「…………」

P「…………美希」 ボソッ

美希「うん、なぁに?ハニー」

P「…………あれっ」

美希「アハッ、やっと美希って呼んでくれたの!」



256: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/21(金) 02:42:20.68 ID:O+iQdrRn0


P「……あれ?あの、美希……」

美希「ハニーっ!!」 ガバッ

P「おわっ!?」

美希「ハニーハニーハニーハニーハニーハニー!!」 ギュー

P「み、美希?お前、怒ってたんじゃ……」

美希「怒ってないよ?寂しかったけど」

P「うっ……」

美希「でもね、ここで引いて……オトナのカケヒキをして、ハニーの気を引けばイチコロ!って聞いて」

P「……ちなみに、誰に聞いた」

美希「え、それは……」 チラッ

??「ピヨッ!?」 コソコソ

P(あぁんのピヨ助ぇええええええええ!!!!)




258: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/21(金) 02:47:34.15 ID:O+iQdrRn0

美希「えへへっ、ハニー?」

P「お、おう?」

美希「寂しかった?」

P「…………」

美希「んふふっ」 ジーーッ

P「寂しかった……です」

美希「ミキもなの、つまりこれは、ソーシソーアイっやつなの!」

P「いや、それは……あれ?そうなの?」

美希「そうなの!これはもう、ゴールインするしかないって思うな!」

P「話が飛躍しすぎだ……あの、一旦離れて」

美希「ヤ!」




262: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/21(金) 02:52:39.84 ID:O+iQdrRn0

美希「今までずっとずーっと寂しかったんだから、今日くらい……ね?」

P「そ、それを言われると……」

美希「えへへっ、やったぁ」 スリスリ

P「……小悪魔め」

美希「小悪魔じゃないの、イチズな恋するオトメなの」

P「…………」

美希「ねえねえ」 ギュッ

P「なんだ、美希」

美希「ハニー、大好きなの!」





響「なあなあ、忘れ物取りに行きたいんだけど」

小鳥「もうちょっと待って!もうちょっと録画してから……」


おわり



98: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/20(木) 23:51:42.95 ID:ceQb4ntS0

P「よし。気分一新、今日もいっちょやってみっか」

ガチャッ

P「おはようございまーす!」

真「あ、おはようございますプロデューサー」

P「(今日は真か……菊地、菊地さん。うーん……きくっちゃん? いやいや)」

真「プロデューサー? どうしたんですかー」

P「おぉすまん。おほん、今日も元気そうでなによりだな! えぇと、菊地くん」

真「ぷっ、もしかして社長の真似ですか? ぷふっっ全然似てませんよそれ、あははっ」

P「(くっ……俺の方がダメージ受けた気がする……面白くないな!)」

よしあとは頼んだ誰か



267: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/21(金) 03:14:51.66 ID:kwHgF9MP0

>>98
P「いや、俺は社長の真似をしたつもりはないぞ菊地くん」

真「あはは…………え?」

P「じゃあ今日も一日よろしく菊地くん」

真「ちょ、ちょっと待ってくださいよプロデューサー。じゃあなんで」

P「なんだ、何かおかしかったか? 菊地くん」

真「それです! ふざけてるんですよね?」

P「なにがだ。菊地くんは菊地くんだろう」

真「プロデューサー?」

P「……」

真「……いえ、なんでもありません」

P「そうか。じゃあ今日のスケジュールを確認するぞ」



268: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/21(金) 03:19:00.16 ID:kwHgF9MP0

P「朝はダンスレッスン、そのあと営業に行く予定になってるから――」

真「(やっぱりボクは、そう……カッコいい自分を演じていた方がいいのかな……。プロデューサーだけは解ってくれてるって思ってたのに……名字にくん付けか……)」

真「こんなのって、ないよ……」

P「(テンションが目に見えてがた落ちだな……。これ以上続けると仕事に影響が出そうかも。だが)」

P「菊地くーん? ちゃんと聞いてるかー?」

真「は、はい! なんでしょうか!」

P「ちゃんと聞いてるのかって」

真「聞いてる? なにをです?」

P「今日のスケジュールだよ」

真「あ、はい。今日はダンスレッスンと営業の予定になっています?」

P「大丈夫そうだな。今日は予定があってレッスンにはつき合えない。すまないが――」

真「(ははは……やっぱりボクの思い込みだったのかな。プロデューサーも結局、ボクのこと男女って思ってたのかな……)あはは……やだなあボク、なんでこんな勘違い……」グスッ



271: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/21(金) 03:25:01.69 ID:kwHgF9MP0

P「……っ(罪悪感がとてつもないよねこれ)」

P「これ以上は無理かな……真、すまん」

真「あはは……もういいんですよ。ボクなんて」

P「真?」

真「大丈夫、ボクは大丈夫です。男の子扱いには慣れてますから。プロデューサーは無理しなくてもいいんですよ」

P「(あれ?)」

真「じゃあダンスレッスン行ってきます。へへっ、いつもみたいにパーフェクトレッスン取ってきますよ!」

P「待てって真!」

真「なんです? 早く行かないと予定が詰まっちゃうじゃないですか」

P「すまん、このとおりだから!」

真「やだなあ土下座なんかしなくたって、プロデューサーは悪くないんですから。そう、ボクが悪いんです。ボクが変な勘違い起こすから」

P「そうじゃなくて! 聞いてくれって!」



275: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/21(金) 03:32:40.87 ID:kwHgF9MP0

真「ってことはただ反応が気になって名字で呼んだってことですか? しかもくん付けで」

P「そうです……」

真「そんなことの為にボクの心を弄んだんですか?」

P「申し訳ない……」

真「あぁーもう! ということは」

P「真は誰よりも乙女だと思ってる。それは俺が保証する」

真「はぁ……まったく、懲りない人だなぁプロデューサーは」

P「すまん……このとおりだ」

真「許しませんよ」

P「申し訳ない……!」

真「責任を持ってトップアイドルにしてくれるまで絶対に許しませんよ、プロデューサー!」

P「……わかった。約束する」

真「約束ですよ……?」

P「あぁ(それはプロデュース開始時からの約束なんだけどまあいいか)」

真「じゃあ――」



276: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/21(金) 03:40:23.48 ID:kwHgF9MP0

P「あ、でもこの後の予定は外せないんだ。レッスンはセルフでお願い!」

真「えぇー!? って言っても仕方ないですね、解りました。じゃあ行ってきまーす」

P「おう頑張ってなー」



P「ということで真はやっぱり可愛いな! 真の期待に応える為にも、俺も頑張らないとな!」


おわり



278: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/21(金) 03:51:24.97 ID:GlYvMFHk0

P(名字で呼ぼう、と思ったはいいが)

P(全員出払ってるんだよなあ……どうしたものか)

小鳥「~~♪」カタカタッターン

P(あ、いるじゃん丁度いいところに)

P「えーと、音無さん」

小鳥「はーい。 どうかしましたか、プロデューサーさん?」

P「……あれ?」

小鳥「えっ?」



279: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/21(金) 03:52:49.80 ID:GlYvMFHk0

P(あ、そういえば普通に名字で呼んでたわ俺……)

P(しかしせっかくだし……ここは、そうだな)

P「お茶いれてくるけど、音無もどう?」

小鳥「あ、いいですねーじゃああたし、も……?」

小鳥「……ぷ、プロデューサーさん、今なんて」

P「あれ、音無はコーヒーの方がよかったか?」

小鳥「……!」ティン

小鳥「わたし、同じのがいいです……先輩と」

P「……はい?」

小鳥「あ、あれ? 生徒会書記と副会長の甘酸っぱい恋愛模様じゃないんですか?」

P(うわぁ今の会話だけでなんか設定練ってきたぞこの人)

P「残念ながら俺はプロデューサー、音無さんは事務員さんなので」

小鳥「あーあ。戻っちゃいましたね、敬語に。ちょっとドキドキしたのに……」



281: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/21(金) 03:55:17.85 ID:GlYvMFHk0

P「実は、かくかくしかじかでして」

小鳥「まるまるうまうまと」

小鳥「でも逆に言えば、プロデューサーさんは私と距離があるってことですよね」

P「いやいやいや、別に距離を空けてるわけでは。同僚ですし、さん付けにもなりますよ」

小鳥「律子さんも同僚なのに?」

P「律子は……年下ですし。向こうも結構砕けた口調ですから」

小鳥「ふむふむ……じゃあ私、これからはフランクな感じで攻めちゃおっかな?」ピヨッ

P「えっ」

小鳥「ねえねえプロデューサー、そしたらあたしのこと、小鳥って呼んでくれる?」ニコニコ

P「いつもの! いつもの音無さんが一番素敵だと思いますよ!」

小鳥「一回だけ、一回だけ小鳥って耳元で囁いてください、ね!?」

P「そこまでにしておけよ音無ィッ!」



282: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/21(金) 03:56:53.85 ID:GlYvMFHk0

あ、終わりなんで次の方どうぞ



295: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/21(金) 05:47:11.87 ID:O+iQdrRn0


P「ドッキリ、ですか?」

小鳥「そうです! 題して……」

P「普段と違う呼び方をして、アイドルの反応を見る、と」

小鳥「その通りです!」

P「ちょっと悪趣味じゃあないですかね」

小鳥「でもプロデューサーさん、実はわくわくしてません?」

P「……ちょっとだけ」

小鳥「そして、ターゲットはこちら! ざんっ!」

P「テンション高いなぁ」

小鳥「四条貴音さんです!」

P「やっべテンション上がってきた」



298: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/21(金) 05:54:27.26 ID:O+iQdrRn0

小鳥「奥ゆかしくもミステリアスな白銀の女王こと四条貴音さんが、どんな反応を見せてくれるのか!」

P「これは俺も少し……ちょっと……けっこう興味がありますね」

小鳥「それではプロデューサーさん、協力していただけますね?」

P「もうしょうがないですねー、ちょっとだけですよ?」 ワクワク


ガチャ


貴音「お早う御座います」

小鳥「あら、早いのねー。おはよう」 ニコニコ

P(え、早っ! あの、まだ心の準備が) ヒソヒソ

小鳥(今さら何を言ってるんですか、ドーンといっちゃってください!) ヒソヒソ

P(で、でも何と呼べば) ヒソヒソ

小鳥(そこはプロデューサーさんにお任せしますから!) ヒソヒソ

貴音「…………?」



301: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/21(金) 05:59:52.61 ID:O+iQdrRn0


貴音「お二方、どうかされましたか?」

小鳥「う、ううん、何でもないの!」

貴音「そうですか? ……あなた様、本日もよろしくお願い致します」 ペコリ

P「あ、ああ、うん。よろしくお願いします、四条さん」

貴音「はい……」

P「…………」

貴音「…………」

小鳥「…………」

貴音「……はて?」

小鳥(ちょっ、プロデューサーさん!) ヒソヒソ

P(は、はい) ヒソヒソ

小鳥(何ですか今の! 私が期待してたのは、貴音ちゃん♪とかそういう呼び方で照れさせるって感じの……) ヒソヒソ

P(な、何故か口から出ちゃったんですよ!) ヒソヒソ

貴音「……あの、あなた様」

P「は、はいっ!?」



302: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/21(金) 06:04:56.58 ID:O+iQdrRn0

貴音「何やら、いつもと様子が違うようですが……」

P「い、いえその、俺なりに色々と考えまして」

貴音「はい」

P「こう、プロデューサーとしてですね、アイドルとの距離感を、その、えっと……」

貴音「これが適切な距離感である、と?」

P「そ、そういうわけです。やっぱり、あんまり馴れ馴れしいとですね、アイドル活動に支障が出かねないというか」

貴音「……ふむ」

P「…………」 ドキドキ

小鳥(ああもう、これで貴音ちゃんが落ち込んじゃったらどうするんですか……)

貴音「……畏まりました。あなた様が仰るのであれば」

小鳥「えっ」

P「えっ」

貴音「?」



303: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/21(金) 06:10:28.07 ID:O+iQdrRn0

小鳥「え、えーっと……いいの?」

貴音「わたくしのアイドル活動を考えてのことでしたら、異存ありません」

P「そ、そうk……そうですか」

貴音「それでは、あなた様……いえ、プロデューサー」

P「は、はい!」

貴音「本日の予定は、営業の後にレッスンで間違いありませんか」

P「あ……えっと、そうですね、はい」

貴音「では参りましょう、よろしくお願い致します」

P「そ、そうですね……それじゃあ音無さん、行ってきます」

小鳥「は、はい!」


バタン


小鳥「……プロデューサーさんの方が慌てちゃってるじゃない」



304: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/21(金) 06:17:06.52 ID:O+iQdrRn0





ガチャ


貴音「ただいま戻りました」

P「戻りましたー……って、あれ? 誰もいないな……」

貴音「プロデューサー、本日もありがとうございました」 ペコリ

P「い、いえ……今日のダンスレッスン、バッチリでしたね」

貴音「いいえ、まだまだ精進あるのみです」

P「いえいえ、四条さんの歌とダンスは本当に……」

貴音「…………」

P「素晴らしい、って言うか……その」

貴音「……プロデューサー」

P「な、何ですか? 四条さん」

貴音「本日は、少々疲れました……少し、事務所で休憩してから帰ります」



305: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/21(金) 06:23:02.87 ID:O+iQdrRn0

P「そ、そうですか……あ、飲み物ありますよ」

貴音「ありがとうございます」

P「…………」

貴音「……二人きり、ですね」

P「え? そ、そうですね……音無さんはどこに行ったのかなー、あはは……」

貴音「……それに、今宵は……月が、まこと美しく見えます」

P「……あ、あの、四条さん……急に呼び方を変えたりして、その」

貴音「ふふっ、少々戸惑っております。ですが……」

P「ですが?」

貴音「本日、プロデューサーと一日を過ごして、わかりました」

P「わかったって、何を」

貴音「わたくしも、プロデューサーも……何も変わることはない、ということをです」



306: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/21(金) 06:28:54.23 ID:O+iQdrRn0

貴音「満ち欠けによって呼び方が変わろうとも、月は変わらずそこにあるように」

貴音「わたくしの想い、あなた様の想い」

貴音「例え呼び方が変わっても、接し方が変わっても、心まで変わることはないと」

貴音「今日一日を共に過ごして、よくわかりました……」

P「…………」

貴音「……というのは、わたくしの本心ですが」

P「あ、ああ……うわっ!?」

貴音「少し……ほんの少しだけ……寂しく感じるのも、本心なのです」 ギュッ

P「…………」

貴音「……ふふっ、我が儘が過ぎますでしょうか」



310: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/21(金) 06:34:19.71 ID:O+iQdrRn0

P「貴音」

貴音「……はい、あなた様」

P「うん、やっぱりこっちの方がしっくりくるな」

貴音「はい、わたくしもです……あなた様」

P「ああ……ごめんな、急にこんなこと」

貴音「いえ、大方あなた様と……」 チラッ

P「?」

貴音「今、ドアの隙間から覗いている小鳥嬢が、何かを企てているのではと思っておりましたので」

P「…………」 ジロッ

小鳥「……ピヨピヨ、私は通りすがりのひよこですよー……ピヨ」 コソコソ




311: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/21(金) 06:39:34.40 ID:O+iQdrRn0

P「何と言うか、その……すみませんでした」

貴音「いえ、わたくしも良い機会となりました」

P「機会?」

貴音「わたくしの気持ちを、より強く確かめることができましたので」

P「そ、それってどういう?」

貴音「ふふっ……とっぷしぃくれっと、です」

P「そ、そうか」

貴音「はい……それでは、改めて」

P「ん」


貴音「……これからもよろしくお願い致します、あなた様」



おわり



319: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/21(金) 06:51:20.71 ID:ngsCQiND0

亜美「おはよう兄ちゃん!」

P「おはよう双海」

亜美「い、いきなり呼び方変えてイメチェンでもしたの?」

P「まあそんなところだ(効いてる効いてる)」



321: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/21(金) 06:59:38.19 ID:ngsCQiND0

P「今日の双海の仕事は…」

亜美「(今日の兄ちゃん先生みたいだ)」

亜美「(…なんだかムネがモヤモヤする)」

P「双海、ちゃんと聞いてるのか?」

亜美「え?あ、うんちゃんと聞いてるから大丈夫だYO!」



332: なんか責任を感じるので 2012/09/21(金) 07:45:23.60 ID:/fuctsl/O

P「……とまあ、以上だ。じゃあ双海、今日も頑張れよ」

亜美「…………」

P「双海ー?聞いてるかー?」

亜美「えっ!?あ、あーうん!聞いてたチョ→聞いてた!」

P「なんだ、おかしな奴だなぁ」

亜美(おかしいのは兄ちゃんだよ、チョーシ狂うなー……)



334: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/21(金) 07:48:55.07 ID:/fuctsl/O

ガチャッ


真美「おっはよ→ん!」

亜美「あ、真美……」

真美「もう亜美、一人だけ先に行っちゃうなんて……あっ兄ちゃん、おはー!」

亜美「ま、真美、今兄ちゃんは……」

P「おう真美、今日は別々で来たのか」

真美「うんっ、ちょっと用事があったかんねー!」

亜美「……あ、あれっ?」



335: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/21(金) 07:55:36.56 ID:/fuctsl/O

P(ふっふっふっ……亜美め、戸惑ってるな)

P(俺が楽しみに取っておいた水羊羹を全て食べたこと……後悔するがいい!)

P「そう言えば真美、さっき音無さんが呼んでたぞ」

真美「そなの?じゃあ行ってくるね、兄ちゃん!」

P「おう……そうそう、双海」

亜美「…………」

P「ん?双海?」

亜美「…………」 ジワッ

P「……あっ」



338: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/21(金) 07:59:27.67 ID:/fuctsl/O


亜美「なっ、なん、なんで……なんでぇ……」 グスッ

P「」

亜美「あ、亜美が、何かしたん……だよ、ね……っ?」 グズグズ

P「ま、まあ、そういうことなんだけど」

亜美「あ、謝るっ、謝るからぁ……」 ギュッ

P「うっ……」

亜美「ご、ごめん、ごめんなさいっ……ぐすっ」

P「どどどどうしよう」



339: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/21(金) 08:01:11.88 ID:/fuctsl/O






亜美「水羊羹……?」

P「ま、まあ、その事は水に流そう、うん。俺も大人気なかったな」

亜美「水羊羹なんて、食べてないよ?」

P「えっ」



341: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/21(金) 08:06:10.77 ID:/fuctsl/O

真美「たっだいまー☆」 モグモグ

亜美「あ、あれ?」

P「……真美、それって」

真美「あ、これ兄ちゃんのだったっけ?」

P「…………」

真美「んっふっふー、ピヨちゃんとお話してたら甘いのが欲しくなってさー」

亜美「…………」

真美「で、二人で食べながらお喋り……あれ?どったの?」

亜美「……兄ーちゃーん……」

P「よし土下座だ」



343: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/21(金) 08:14:07.55 ID:/fuctsl/O

…………翌日


亜美「んもー、兄ちゃん!手が止まってるYO!」

P「は、はいはい……」 ナデナデ

亜美「んふふー、兄ちゃんの膝の上で食べるアイスはカクベツですなー♪」

P「はいはい……こら、双海」

真美「ひ、ひゃいっ!?」

P「お仕置きとしてトイレ掃除、ちゃんとやるんだぞ」

真美「ううう、はぁーい……」

P「事務員さんもやってくださいね」

小鳥「くすん……はぁーい……」

亜美「兄ちゃん、もっと撫でて撫でてー」 スリスリ

P「はいはい、仕方ないなぁ」 ナデナデ


亜美・小鳥「「もうつまみ食いはやめよう……」」


おわり



358: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/21(金) 09:08:07.66 ID:QsaqzKad0

ガチャ…

やよい「おはよーございまーす!!」

P「おっ、やよ…」

P「……」

P「(やよいか…)」

P「(我ながらやよいとは良い信頼関係を築けていると思う)」

P「(それにやよい自身はとても素直な良い子だ)」

P「(そんなやよいでも呼び方1つで何か変わったりするんだろうか?)」

P「(…ちょっと興味あるな)」

やよい「あっ、プロデューサー!おはよーございまーす!」

P「ああ、おはよう。高槻さん」

やよい「はいっ!おは…」

やよい「……」

やよい「…ふぇっ?」



360: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/21(金) 09:11:51.86 ID:QsaqzKad0

P「(あぁ、この反応)」

P「(やっぱり呆気には取られるんだな)」

P「(でも、やよいなら気にせずすぐに適応してくれそうだと思うんだが…)」

やよい「あの~…プロデューサー?」

P「ん?どうした、高槻さん?」

やよい「えっとぉ…」

やよい「私の妹の名前って、わかります?」

P「あぁ、かすみちゃんだろ」

P「元気にしてるか?」

やよい「あっ…はい…」

やよい「……うー」

P「……」

P「(…まずい)」

P「(思いつめた表情をしてきた…)」



361: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/21(金) 09:16:12.59 ID:QsaqzKad0

やよい「あっ!じゃあじゃあ!」

やよい「長女の名前はわかりますか!?」

P「ん?長女って…」

やよい「……」ワクワク

P「高槻さん本人だろ?」

やよい「はいっ!」

やよい「……」

やよい「…そうなんですけどぉ」

やよい「そうじゃなくて~…」ウルッ…

P「……」

P「(これは本格的にまずくなってきた…)」

P「(けど、やよいの反応が健気で可愛くて、もう少しだけ続けたい…)」



363: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/21(金) 09:20:03.21 ID:QsaqzKad0

やよい「う、うー…」

やよい「ぷ、ぷろでゅーさー…」

P「ど、どうした?」

やよい「私の名前、高槻やよいですっ!」

P「えっ?」

やよい「やよいですっ!」

やよい「忘れちゃったりしたら、やですー!!」

やよい「やよいって呼んでもらえないと、やだぁ!!!」グズッ…

P「……」

P「(ここまでか…)」

P「…ごめん、やよい」

やよい「あ…」



364: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/21(金) 09:22:30.76 ID:QsaqzKad0

やよい「お、思い出してくれましたかぁ!?」

P「思い出すも何も…」

やよい「よかったぁ…」

やよい「プロデューサー…ううん…」

やよい「お兄ちゃんに名前を忘れられるなんて…悲しいもん…」

やよい「えへへ…♪」

P「……」

P「ごめん!本当にごめん、やよい!!」

やよい「う?」



367: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/21(金) 09:28:48.39 ID:QsaqzKad0

~~~~~~~~~~~~~~~

やよい「じゃあ、私の名前を忘れちゃってたわけじゃなかったんですか?」

P「本当にごめん…試すような真似をして…」

P「(流石のやよいも怒るだろうな…)」

やよい「そっかぁ…良かった…」

P「…え?」

やよい「私のこと、プロデューサーは覚えていてくれてたんだなぁって…」

やよい「プロデューサーとはいつも一緒にいられても…」

やよい「心が遠くになっちゃったら、悲しいもんっ…」

P「やよい…」

やよい「えへへ…///」

やよい「プロデューサー!」

やよい「私がいくつになっても…」

やよい「ずーっと、「やよい」って呼んでくださいね!」

P「(やよい…なんて天使なんだ…)」



369: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/21(金) 09:29:19.18 ID:QsaqzKad0

さて、終わるか
あと誰いるんだ?



424: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/21(金) 14:16:02.92 ID:CXq/UEawi

事務所内にて

P(律子を名字で呼んでみるとどうなるか、激しく気になる)

P(ちょっと試してみようか)

律子「おはようございます」

P「おはよう、秋月さん」

律子「…頭でも打ったんですか?」

P「いや、いつも通りですけど」

律子「ああそうですか。またしょうもないイタズラなんですね」

P「ははは。なにを仰りますか秋月さん」

律子「はいはい。仕事しましょうね」

P「ぬぅ…」



429: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/21(金) 14:21:46.45 ID:CXq/UEawi

P(マズイ、このままではいつも通り相手にされかねない)

律子「えっと、この書類は…」

P「秋月さん、今日も可愛いですね」

律子「バカなこと言ってないで仕事してください」

P「秋月さん、今日もキュートですね」

律子「意味が同じですよ、プロデューサー殿?」

P「秋月さん、お茶でも入れましょうか」

律子「…」

P「秋月さん」

律子「…バカにしてるんですか?」



432: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/21(金) 14:28:13.89 ID:CXq/UEawi

P「いやいや、バカになんて」

律子「じゃあなんでさっきから名前で読んでくれないんです?」

P「呼んでるじゃないですか、秋月さ…」

律子「そうじゃなくて!」バンッ

P「!」

律子「何か私悪いことでもしました?」

律子「私のなにが気に入らないんですか?」

P(マズイ)

P「いや、違うんだりt」

律子「なにが違うんですか…プロデューサー…」グスッ



433: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/21(金) 14:31:54.98 ID:CXq/UEawi

P「…すまん、律子」

律子「…!」

P「どんな反応するかみたくて、ちょっと悪ふざけし過ぎた」

律子「…ばか」グスン

P「すまん…」ナデ

律子「嫌われたんじゃないかって…思っちゃったじゃないですか」

P「俺が律子の事嫌いになるわけないだろ?」

律子「本当ですか?」

P「ああ、当たり前だろ」



437: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/21(金) 14:36:47.53 ID:CXq/UEawi

律子「…目、閉じてくれません?」

P「え、なんで?」

律子「いいから、ほら早くしてください」

P「あ、ああ…」

律子「…」チュッ

P「おま、今何して!?」

律子「何もしてませんよ、プロデューサー殿。さ、仕事しますよ仕事!」

P「…そうだな、仕事するか!」

P(律子は可愛いなぁ!)

律子(今回はこれで許してあげますよ、プロデューサー…でもいつか…)


小鳥(なんなのこのバカップル)



439: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/21(金) 14:38:02.43 ID:CXq/UEawi

おわり
で、絵理ちゃんはまだですか



417: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/21(金) 14:01:05.96 ID:M34IS9FAO

P「おーい、やよいー」カムカム

やよい「うっうー?なんですかー?」トテトテ

P「実はな…………」ゴニョゴニョ

やよい「うっうー、わっかりましたー!」


事務所にて


やよい「ただいま戻りましたー」

P「戻りました」

千早「お疲れ様です、プロデューサー、高槻さん」

やよい「うっうー、千h、如月さんもお疲れ様ですー」

千早「ふふ、ありが………え?」

やよい「?どうしたんですか如月さん?」




的なのを後で誰か書いてくれるだろうから期待してるわ




441: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/21(金) 14:43:28.82 ID:M34IS9FAO

>>417から
千早(………ッハ! 今のは聞き間違いよね?そうよ、聞き間違いよ。あの可愛くて天使な高槻さんがいきなり他人行儀な真似なんて)

やよい「如月さん?どこか具合でも悪いんですかー?」

千早「」

千早(き、きっとあれよ。私がいつも「高槻さん」って名字で読んでるから真似してみただけよね、そうよそれしかないわy)

真「菊池真ただいま戻りました!」バーン

やよい「うっうー、お疲れ様です真さん」

千早「」




的なのをだな
シャワー浴びて帰ってきてまだあったらもしもしではありますが書きたいと思います



449: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/21(金) 15:38:11.25 ID:M34IS9FAO

千早「………ハッ!高槻さん、ちょっといいかしら?」

やよい「うっうー?なんですかー?」

千早「ここじゃなんだから給湯室に行きましょう」ガチャ

やよい「わっかりましたー」トテトテ


給湯室にて


千早「高槻さん、単刀直入に聞くわ。私、高槻さんに何かしたかしら?」

やよい「?」

千早「私自身身に覚えがないのだけど高槻さんに何か嫌な思いをさせてしまったかしら?」



454: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/21(金) 15:54:30.82 ID:M34IS9FAO

千早(もしそうだったら……。いえそんなことないわ、ないはずよ!高槻さんには、高槻さんに対してだけはそんな事をしてないはずよ)

やよい「うっうー、そんなことないですよー!如月さんはいっつも私に優しくしてくれてます!」

千早(高槻さん///)

千早(なら………)

千早「ならどうして?」

やよい「?」

千早「ならどうして名前で呼んでくれないのかしら?」

千早(なんで、なんでいつもみたいに「千早さん」って呼んでくれないの。)

やよい「はわっ?!名前間違ってましたか?! うぅ………ごめんなさいです」ペコリ




463: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/21(金) 16:14:05.31 ID:M34IS9FAO

千早(か、可愛いわ。お辞儀する高槻さんも本当可愛いわ///)

千早(じゃなくて)

千早「如月で間違いないわ。でもそうじゃなくt」

P「おーい、やよいー」ガチャ

やよい「あ、プロデューサー!」

P「こんなところにいたのか。もうそろそろ出発しないと収録の時間ギリギリだぞ」

やよい「はわわわ、ごめんなさいです。」ペコリ

P「というわけだ、千早。やよいとの話はまた今度にしてくれ」
千早「わかりました」

やよい「ごめんなさい如月さん。お話の途中なのに………」

千早「いえ気にしないで。収録頑張ってね高槻さん」

やよい「うっうー!頑張ってきます!」



468: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/21(金) 16:40:19.21 ID:M34IS9FAO

千早宅にて


千早(今日の高槻さんは始終変だった)チャポン

千早(というか私に対してだけ変だった)

千早「はぁ…………」ザバァ

千早(考えれば考えるほどわからないわ)キュッキュッ

千早(…………)シャワー

千早「ぁあ、もう!」ワシャワシャ

千早(今日の高槻さんは夢よ、きっと悪い夢)ザー

千早(だから明日になれば元に戻ってる)ザー

千早「………はずよね?」キュッキュッ




477: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/21(金) 17:06:49.60 ID:M34IS9FAO

翌日


やよい「うっうー!おはよーございまーす!」バーン

千早「おはよう高槻さん」

やよい「おはようございます如月さん!」

千早「」


翌々日

やよい「如月さん!」


翌々々日

千早「」ブツブツブツ

千早「」ボー

P(まさかこれほどとは)

P(かれこれ事務所にきてからずーっと5分間隔で繰り返してる)

P(これ以上続けたら千早が本当に危ないな)




481: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/21(金) 17:26:00.96 ID:M34IS9FAO

やよい「うっうー!おはよーございまーす!」バーン

千早「ッハ!」ビクッ

P(ちょうど良いところに)

P「おはようやよい。着てすぐに悪いんだがちょっと話がある」

やよい「なんですかー?」トテトテ

P(実験終了日だから千早にネタバラシしてあげて)

やよい(うっうー、わっかりましたー!)

やよい「おはようございます、きs 千早さん!」

千早「おはよう、高槻さん………」

千早「………え?」ガタッ




496: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/21(金) 18:16:54.17 ID:M34IS9FAO

千早「い、今」ガシッ

千早「今なんて?!」

やよい「えっと、千早さん?」

千早「!」

千早「高槻さん!」ギュ

やよい「はわっ」

千早「やっと……やっと名前で呼んでくれたぁ」

やよい「千早さん実は……」


説明中


P「というわけなんだ」

やよい「千早さん本当にごめんなさい」ペコリ

P「本当にごめんなさい」

千早「」ムスッ




498: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/21(金) 18:23:30.96 ID:M34IS9FAO

P「今度ご飯奢るので許してください」

やよい「うっうー……私は今夜のもやしパーティーに招待するので許してほしいです……」

千早「………もう、今回だけですよ?」

P「わかった、もう二度とやらないよ」

千早「高槻さんプロデューサーさんがパーティーの材料をたくさん買ってくれるって言っているから帰りに沢山買いましょうね」

やよい「うっうー!本当ですかー?!」

その日の夕方、スーパーに行って大量のもやしとお買い得のお肉やお菓子を買ってやよいの家でもやしパーティーを楽しみましたとさ

終わるんじゃね

おまけ

やよい「千早さん、なんで牛乳ばっかり沢山買うんですかー?」

千早「むn カルシウムをとるためよ高槻さん」




510: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/21(金) 18:50:16.69 ID:M34IS9FAO

P「おはようございます小鳥さん」ガチャ

小鳥「おはようございます、プロデューサーさ………ん?」

小鳥(ピヨ?今、今確かに小鳥さんって言った気がするピヨ)

P「それにしても相変わらず凄い仕事の量ですね」

小鳥「そうなんですよ。誰か優しい人が手伝ってくれると嬉しいんですけど、ね?プロデューサーさん」

P「はぁ、わかりました。まだアイドル達はきてないみたいですし少しなら手伝いますよ」

P「小鳥さん、そっちの左の書類渡してください」

小鳥「はーい。お願いします」

小鳥(……!やっぱり聞き間違いじゃなかったピヨ!)



小鳥さんは名字→名前だからそのまま職場内恋愛とか良いよね
誰かやってくれるだろ(チラッ



518: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/21(金) 19:13:34.02 ID:v8rfOB6Ki

小鳥「うふふふ…」ニヤニヤ

P(またトリップしている)

律子「全く、仕事もしないで…」

P「律子、ちょっといいか?」

律子「なんです?」

P「小鳥さんを呼び捨てにしたらどうなるか気にならないか?」





519: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/21(金) 19:18:29.33 ID:v8rfOB6Ki

律子「まぁ、少しは気になりますけど」

P「だろ?」

小鳥「はっ!仕事仕事」

P「よし、作戦開始だ」



520: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/21(金) 19:24:03.56 ID:v8rfOB6Ki

小鳥「プロデューサーさん、この資料なんですけど…」

P「あ、これはこうだよ、小鳥」

小鳥「ありがとうございま…ピヨッ!?」

P「なにか?」

小鳥「い、いえ、何故か呼び捨てで呼ばれた気がしたんです…」

P「ああ、確かに呼んだけど」

小鳥「ピッ!?」

律子(ああ、動揺してる)



522: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/21(金) 19:28:35.53 ID:v8rfOB6Ki

小鳥(どうして私のこと小鳥、だなんて…まさか、私に気があるのかしら…)

P「小鳥?」

小鳥「ひゃいっ」

P「どうかしたか?」

小鳥「い、いえっ、なにもありませんっ」

P(動揺してる小鳥さん可愛い)



523: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/21(金) 19:32:37.28 ID:v8rfOB6Ki

小鳥「…」カタ…カタ…

律子「どうするんですかプロデューサー、仕事が手に付かなくなってるじゃないですか」

P「正直どうしようか悩んでる」

律子「いっそのこと告白して付き合っちゃえばいいんじゃないですか?」

P「…まぁ、それもありかもしれないな」

律子「えっ」

P「えっ」



524: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/21(金) 19:39:54.25 ID:v8rfOB6Ki

律子「ちょ、ちょっと本気なんですか?」

P「まぁ若干いいなぁとは思ってたんだけどな」

小鳥「プロデューサーさんに呼び捨て…」ブツブツ

P「ほら、あれも若干可愛いし」

律子「ダメだこのプロデューサー」

小鳥(どどどどどうしよう、呼び捨てなんて女友達にしかされたことないのに、本当にプロデューサーは私に気が?いやでも律子さんとかもっといい女の子いるだろうしああでも)

小鳥「ピヨ…」プシュー

律子「あ、ショートした」



526: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/21(金) 19:46:25.97 ID:GlYvMFHk0

ピヨピヨ



527: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/21(金) 19:46:35.74 ID:v8rfOB6Ki

P「あああ小鳥さん、大丈夫ですか?」

小鳥「ぷ、プロデューサーさん?」

P「すいません、ちょっとした冗談だったんです」

小鳥「じ、冗談?」

P「小鳥さんの事を呼び捨てにしたらどうなるか、みたいな感じで」

小鳥「ピヨ…そうだったんですか…」

P「すみません」

小鳥「もう、色々考えちゃったじゃないですかぁ…プロデューサーさんのばか…」

P「」キュン

律子「あれは可愛いわ…」





529: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/21(金) 19:53:56.85 ID:v8rfOB6Ki

小鳥「まったく、こんな冗談はやめてくださいよ?私だって女の子なんですから…」

律子「私は止めたんですけどね」

P「なっ…」

小鳥「もう、プロデューサーさんにはお仕置きを受けて貰わないといけませんねっ」

P「あんまりハードなのはやめてくださいよ…?」

小鳥「今度のお休み、デートして下さいっ!拒否は認めませんからっ」

P「…わかりました!」

小鳥「うふふ、楽しみです」

律子(…まぁいいか、お似合いっぽいし)



530: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/21(金) 19:55:46.28 ID:v8rfOB6Ki

おわり
いちゃラブになりそうだった



560: >>554-555 軽くね 2012/09/21(金) 20:43:44.12 ID:9Sw3+Lmc0

P「……ということなんだ。面白いと思わないか?」

律子「またしょうもない悪戯を……。まあ、あの娘にはいい薬になるかもしれませんね。いいですよ、やってみましょう」

P「さすが律子、愛してるーっ!」

律子「調子にのるな」チョップ

P「ごめんなさい」

美希「おはようなのー」

P(お、来たぞ)

律子(き、緊張しますね)

美希「あ、ハニー、おはよーっ! 律子、さんもおはようなの」

P「おお、おはよう美希」

律子「おはようございます、星井さん」

美希「え?」



563: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/21(金) 20:45:44.00 ID:9Sw3+Lmc0

P「どうした、美希」

律子「どうかしましたか、星井さん」

美希「え? あぅ……え? 律子……さん?」

P「ああ、律子の呼びかけ方か」

律子「戸惑っておられるようですね、星井さん。実を言いますと、私も慣れないんですが、今日から変えてみたんですよ」

美希「な、なんで?」

律子「いえ、これまで星井さんに私を呼ぶ時にさんをつけるようにと注意してきたわけですが」

律子「そう強要するならば、私自身も範を垂れるべきと言いますか、気をつけていくべきだと考えまして」

美希「え? え?」

P「簡単に言うと、律子のことをさんづけさせるなら、律子の方もきっちり呼びかけるべきだってことだな」

律子「ええ」



564: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/21(金) 20:48:39.23 ID:9Sw3+Lmc0

美希「え、で、でもね、律子……じゃなかった、律子さん」

律子「なんですか? ああ、そうそう。さんづけしろともうるさくは言わないことにします」

律子「これから、お互い気遣う中で、自然と呼び合えるようになるといいですね、星井さん」ニッコリ

美希「……」ポカーン

律子「まあ、慣れるまでは……っと電話だわ」

律子「ああ、伊織? 今日の予定はもう伝えてあるでしょ? ええ、うん……ああ、それなら……」

美希「でこちゃんには……」

律子「ああ、もう、亜美。電話中だから邪魔しないで。そう……うん、そうね……」

美希「亜美にも……」



美希「美希、だけ……」

P(うわー、あんな沈んだの見るの久しぶりだな)



566: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/21(金) 20:50:07.37 ID:9Sw3+Lmc0

美希「ハニー……」チョイ

P「ん?」

美希「律子、さん、怒ってるの?」

P「いや、怒ってるとかじゃないと思うけどな」(俺の仕掛けだし)

美希「……もう、怒ってもくれないってこと、だね」

P「あ、いや。ええとな、美希」

美希「ミキ、見捨てられちゃった……」

P「い、いや、そんなことはないだろう。そう、うん、律子は別に……」



569: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/21(金) 20:52:55.04 ID:9Sw3+Lmc0

律子「プロデューサー。私、急ぎで出てきますので、冗談はこれくらいで」

P「え?」

律子「ああ、美希、さっきのおふざけはこの人の発案だから、責任追及はそっちにね」

美希「え?」

律子「じゃ、いってきまーす」

美希「……ハニー?」

P「いや、これはだな。って、律子、本気で行っちゃうのか、おい、ちょっと……」

美希「は・に・ぃ?」

P「い、痛い痛い。ち、違うんだって、い、いててててて!」



小鳥「その後も、美希ちゃんはとってもいい笑顔でプロデューサーさんを攻撃してました。本当に嬉しそうにしてたのは、きっと……」

小鳥「今日も765プロは平和です」


元スレ
P「アイドル達を名字で呼んだらどうなるか」