1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/09(土) 22:18:31.87 ID:PbQg984h0

P「まずいな、朝飲んだ牛乳が古かったか?」

P「それとも、ガム一気に噛み過ぎたかな……」

ギュルルルル

P「はぅぁ……!」

P「いかん!さっさとトイレにいってダークブラウンの大瀑布としゃれこもう……」

ガタタッ

P「んぐ、……ゆっくり、そぉ~っと、お腹を刺激しないよーに!」

小鳥「あ、プロデューサーさん。少しいいですか?」

P(くそ、タイミングが悪いなぁ、ちきしょう!)



2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/09(土) 22:21:29.74 ID:PbQg984h0

P(ええい、肛門をしめあげ、ハラワタにすべての力を!)

P「な、なな、なんでしょうか?」

小鳥「……大丈夫ですか?すごい汗ですよ?」

P「いやー、暖房が効きすぎなんですかねえ」

P(糞したいだなんて、女子の前でいえない……!)

小鳥「今日は冷え込むそうですから、ちょっと温度を高めにしたんですよ」

P「あ、あははは、どど、どおりで……あははは」

小鳥「本当に大丈夫ですか?具合が悪いなら休んでたほうが」

P「へ、平気ですよ、平気……」



3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/09(土) 22:26:41.21 ID:PbQg984h0

P「で、何の用ですか?」

小鳥「それが……、トイレが壊れてしまったんですよ」

P「え、えぇぇぇええ……!?」

小鳥「それで、業者さんが着てくれるまで結構かかるので……」

P「……催したらたるき亭で借りればいいんですか」

小鳥「はい♪あちらにはもう、お話を通してあるので」

P「わ、わかりました……」

P(どうしよう、他所でトイレなんて借りられるほどメンタル強くないって俺!)



5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/09(土) 22:30:47.37 ID:PbQg984h0

P「あ、あの、小鳥さん!」

小鳥「は、はいっ!?」

P「……俺、ちょっとお買い物さ行って来ます」

小鳥「は、はあ……」

P「すぐに戻ってきますから、……では、いってきますっ!!」

ダダダダダッ



7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/09(土) 22:34:11.63 ID:PbQg984h0

P「ふぅ、とりあえずどうするべきか……!」

ギュルルルル

P「ぐふっ、……まずいな、凄くお腹がグルグルしてきたぞ」

ピーゴロゴロゴロ

P「んっ、あ…はぁ…、や、やばいっ、なにこれっ……!」

P「これはまずいな、どこかにトイレはないだろうか」

P「公衆トイレかスーパーとかコンビニのトイレならギリOK……」

P「しかし、サイフがないからコンビニは借りづらい……」

P「公衆トイレは基本汚いし、……よし、スーパーだ!スーパーにいくぞ!」



8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/09(土) 22:41:28.51 ID:PbQg984h0

P「ゼェ、ハァ、……よ、よし、ついた、着いたぞ……!」

P「あとは、漏らさない内にトイレに駆け込むんだ!」

幼女「うえーん、ママー、どこー?」

P「……あれは、迷子か?」

P「いかん!この非常時に気をとられちゃダメだ!非情になれ……!」

幼女「ママー……」

P「……無視だ、無視。眼中にいれちゃだめ……!」

千早「……あら、迷子かしら」

真「お母さんとはぐれちゃったんだね」

P(イエス!イエス!これであの娘は大丈夫だ、あとはアイツらが俺に気づかなければ!!)

千早「……あそこにいるの、プロデューサー?」

真「ホントだ。プロデューサー!」

P「いやあああああああああああ!!」



10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/09(土) 22:48:45.27 ID:PbQg984h0

真「この娘、迷子みたいなんです」

P「へ、へえ……そうなんだあ」

千早「これから、店員さんに預けようと思うんですが……」

P「そ、そうなんだあ!2人は偉いなあ、あっはっはっは!」

真「せっかくだし、ボク達で親御さんさがしてあげない?」

P「は」

千早「……そうね、そこまで急ぐような用事も今日はないし」

P「あは、あははは、ははははは、2人は優しいなあ」

真「プロデューサーは手伝ってくれないんですか?」

P「え……」

幼女「……」  ウルウル

P(あー、もうちきしょう!)

P「て、手伝います……」



11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/09(土) 22:53:35.47 ID:PbQg984h0

P「なら、三人にわかれよう、三人に!!」

千早「そうですね、その方が効率がいいでしょうし」

真「なら、この娘はプロデューサーさんが連れて行ってあげてくれませんか?」

P「え?」

P「あー、そうね、うん」

P「安全だもんね、俺男だもんね」

真「変なことしちゃだめですよ」

P「わかった、わかったから、行けよもう」

千早「見つけたら、電話かメールで知らせるという事で」

真「じゃあ、いってきますね!」

P「いってらっさーい」

P(……流石に個室につれていくわけにもいかないし)

P(かといって、個室の前で一人で待たせるわけにも)

グルルルルル

P(……もう限界だ)



12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/09(土) 23:01:04.99 ID:PbQg984h0

P「……えーっと、どの辺りでママとはぐれちゃったのかな?」

幼女「……わかんない」

P(だろうな)

P「……とりあえず、さがそっか」

幼女「うん」

P(トイレトイレトイレトイレェェェェェェエエアアアアアアアア!!!)

幼女「おじちゃん、どうしたの?」

P「お兄ちゃんだよー」

ゴロゴロゴロ ギュルッ ピーギュルル

P「ふぐっ、ぐひ……!!」



15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/09(土) 23:09:55.10 ID:PbQg984h0

P(さて、とっととこの娘の母親を見つけ出して)

P(颯爽と、トイレにかけつけよう)

ギュルッ

P「ひぎぃいっ!?」

P(やば、で、でそう!むーりー!!)

バフッ!

幼女「!?」

幼女「……?」

P「どどど、どっしたのかな?」

P(セェーフ、ガスだ、ガスだけだ!)

P(しかし、これ以上は危険だ、〝み〟もでかねんぞ)



18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/09(土) 23:13:57.69 ID:PbQg984h0

P(どこだぁ、どこにいやがんだぁ、糞ババアめぇ……!)

警察「ちょっといい?」

P「あぁんっ!?」

P「あら、警察の方」

警察「女の子つれた挙動不審の男がいるって通報があってね」

P「なっ、ち、ちがい、ますよ!俺はただ、この子の親を!」

警察「はいはい、話は交番できくから」

P「まってください、他にも母親を探してるヤツがいて、そいつら呼びますから!」

P(そして早く俺を解放してくれええぃいい!!)



19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/09(土) 23:17:56.31 ID:PbQg984h0

千早「……災難でしたね」

真「プロデューサーも、堂々としていればよかったのに」

P「ああ、うん」

P(……あれ?)

P「ちょっと待てコラ、なんでさっきのマッポにこのガキ押し付けなかったんだよぉおお!!」

幼女「ひっ!?」

千早「そんな乱暴な言い方、やめてください」

真「そうですよ、この娘が怖がるじゃないですか」

P「ひぃ……ひぃ、ふぅ」

千早「プロデューサー、今日はちょっとおかしいですよ?」

P「色々あんだよ、男の子には」



22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/09(土) 23:25:24.48 ID:PbQg984h0

P(……くそっ、しかたない!)

P「お、俺、この娘にジュース買ってくるよ!!」

千早「ジュースですか」

P「おうよ、オレンジジュースでいいかい、レディ」

幼女「……リンゴがいい」

P「オウケエ、アップルだな……、まっかせろ!」

P(へへっ、これで、買いにいくついでにトイレに……はっ!)

P(しまったぁあああ!サイフがない、しかし、コイツらに借りるわけにも)

P「すまん、真。やっぱり、女子だけにするのは危険だ。真がジュース買いにいってくれないか」

真「え?いいですけど……」

千早「真がいれば、大丈夫かと思いますが」

P「いいの!俺がのこるの!!……ひぐっ、はやくいってきてよ……」

真「は、はい。じゃあ、いってきます!」

ダダダッ

P(……あ、売り切れてたってことにすればよかったよぅ)



25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/09(土) 23:33:42.43 ID:PbQg984h0

真「皆の分も買ってきましたよー」

P「ああ、悪いね、真」

P(コーヒー!……くぅ~、飲みたいけど今はやめておく)

千早「見つかりませんね、この娘のお母さん」

P「そ、そうだな」

P(母親とかいいから、糞させてくれや)

真「やっぱり、警察とか店員さんにいったほうがいいんじゃ」

P(だぁったら最初からそうしろや、てやんでぇバーローちくしょー!!)



27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/09(土) 23:40:07.24 ID:PbQg984h0

幼女「あ」

P「ん、どうしたよ、リトルバニー」

幼女「ママ!」

真「えっ!」

母親「もう、どこいってたの!」

千早「よかった、やっと見つかったわ」

P(……!)

ダダッ

母親「本当に、ご迷惑をおかけしました」

千早「いえいえ、迷惑だなんて。ねえ、プロデューサー」

千早「……あれ、真。プロデューサーは?」

真「あれ、ほんとだ。居なくなっちゃった」

幼女「お兄ちゃん、お店の中に入っていったよ」

真「そんなに急いで買いたいものがあるのかな」



28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/09(土) 23:42:37.89 ID:PbQg984h0

P「やっとだ!やっと解放された!勝った、勝ったよ、田舎の母ちゃん!!」

P「たしか、こっちとは反対側の入り口にトイレがあったな!」

P「ここまでもったんだ、あとちょっとの距離くれー!」

P(……あ、トイレが見えてきたぞ!)

P「……よし、これで、やっと糞ができ──」




【清掃中】




P「……」

P「あぁ──」

P「ふぁぅ」



30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/09(土) 23:45:12.69 ID:PbQg984h0

その後、プロデューサーはショックで2週間寝込んでしまった


復帰後

P「……いやー、ご迷惑をおかけしました」

小鳥「プロデューサーさんも大変でしたね」

P「いやあ、ホントに」

P「あ、俺が休んでる間どうしでしたか?」

小鳥「ええ、それなりに平常運転。いつもの765プロでしたよ」

P「それはそれで寂しい」



32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/09(土) 23:49:46.96 ID:PbQg984h0

P「……さて!復帰したことだし頑張らないと!」

P「うちはまだまだ全然ダメだかんなぁ!」

P「仕事のオファーもまだあんまこないし」

美希「プロデューサーがお漏らししてるもん」

P「ミ、美希ぃ、ハニーからプロデューサーに格下げですか」

真美「プロデューサー、これからはオムツはけばいいんじゃない?」

P「真美までえええええ!!!」

小鳥「あ、一応買っておきましたよ?」

P「もう許してやれよ、俺を……」



33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/09(土) 23:50:42.50 ID:PbQg984h0

ギュルルルルル

P「はうっ!」

P「……」 

ガタッ

小鳥「トイレなら、今伊織ちゃんが入ってますよ」

P「うわあああああああああん!!!!」






終わり


元スレ
P「お、お腹が痛い……!」