1: 名無しで叶える物語 2019/01/16(水) 00:37:33.45 ID:5kQajr+c.net

前回までのあらすじ

希「うちと真姫ちゃんは海へ新婚旅行に行きました」

真姫「新婚旅行じゃないから、福引で当たった旅行に行っただけでしょ」

希「旅行先で愛を深めるうちらの前に新たな試練が!!」

真姫「いちいち変な言い方しないの、立ち寄った神社が実は廃神社でそこで呪いを受けてしまった希と私」

希「でもでも!二人の堅い絆には呪いも勝てず!うちらの愛の力で無事に呪いに勝って絆を深めることができたんよ!!ね?」

真姫「そうかもね」

希「もう...真姫ちゃんは素直じゃないんやから」



2: 名無しで叶える物語 2019/01/16(水) 00:40:54.57 ID:5kQajr+c.net

♯12

「ねぇ?知ってる?」

「なに?なに?なんの話?」

「屋上に出る女の子の霊の話」

「あー...聞いたあるかも、たしか赤い髪をした小さい女の子が出るって話だっけ?」

「そうそう、水色のワンピースみたいな服を着てるんだって」

「でもさ、ここって高校でしょ?なんで小さい子の幽霊が」

「さぁ?でも見たって言う人が何人もいるみたいだよ」

「ふーん.....」



3: 名無しで叶える物語 2019/01/16(水) 00:42:56.22 ID:5kQajr+c.net

「その女の子に会うとなにかあるの?」

「さぁ?そこまでは...でも、怖いでしょ?屋上に一人でいて知らない女の子が急に出てきたりしたら」

「うん、怖い」

「あ、そうだ、赤髪っていえば一年生に幽霊が見えるって子がいたわよね」

「いたわね...たしか...西木野真姫だったっけ?名前は」

「その子、あの東條希のオカルト部にいるらしいからなんとかしてくれたりして、頼んでみたら?」

「冗談言わないでよ、霊が見えるとかそんな得体の知れない子に関わりたくないわ、気持ち悪い」

「あはは!それもそうね!」

「でしょー?」


にこ「..............」



5: 名無しで叶える物語 2019/01/16(水) 00:45:07.76 ID:5kQajr+c.net

希「..........」

凛「きたよー希ちゃん」

花陽「お話ってなんですか?」

真姫「まぁ、嫌な予感しかしないんだけど」

希「ひどいなー真姫ちゃんは」

真姫「いいからさっさと話しなさいよ」

希「もう、せっかちなんやから」

真姫「..........」

希「発表します!今年...うちらオカルト部は!」

凛「?」

花陽「なにかあるのかな?」

希「卒業制作に参加しようと思います!!!!」



6: 名無しで叶える物語 2019/01/16(水) 00:48:47.25 ID:5kQajr+c.net

凛「卒業制作?」

希「そう!」

花陽「この部が参加するの?」

希「そう!!」

真姫「参加ってなにをするのよ....この意味のわからない部が」

希「ふふふ...真姫ちゃん、よくぞ!聞いてくれた!!」

真姫「あ」

凛「真姫ちゃん....」

花陽「あはは....」

希「今、この時代が一つの区切りをつけようとしている...だからこそ!!うちらは伝えないといけないんや!!」



7: 名無しで叶える物語 2019/01/16(水) 00:50:52.06 ID:5kQajr+c.net

真姫「....なんかすごい盛り上がってるわね、希」

凛「真姫ちゃんがスイッチを押しちゃうからだよ」

真姫「いや、つい....」

花陽「でも、なんか楽しそうだから聞いてあげようよ?」

希「オカルト!!今はこのデジタルの時代に失われつつあるもの!!」

凛「やっぱり、オカルトにゃ」

希「超能力、幽霊、UFO、UMA、古代文明!」

花陽「すごい熱量だね...」

真姫「というか充分味わってるじゃない、私達は」

希「だからこそ伝えたいんよ!!この世界にはまだまだわからないことや皆が知らない世界があるってことを!」



8: 名無しで叶える物語 2019/01/16(水) 00:53:25.66 ID:5kQajr+c.net

凛「それで具体的に何をするの?」

希「本で作ろうかなって」

花陽「本?」

希「うちらが今まで体験してきた活動の記録を元にオカルトの魅力を詰めた最高の本をね」

凛「本かぁ」

希「うちにまかせておいて!今までの記録はちゃんと取っておいてあるから」スッ

花陽「いつの間にそんなノートを...」

希「のぞみんと愉快な仲間達の活動記録!」

真姫「誰が愉快な仲間達よ」

花陽「あはは....」

希「この本は間違いなくベストセラー間違いなし!おまけに真姫ちゃんの秘蔵写真付きや!」

真姫「っ!!絶版よ!そんなの絶版!!!なにを考えてるのよ!!どんな写真をつけるつもりなのよ!!」



9: 名無しで叶える物語 2019/01/16(水) 00:57:06.50 ID:5kQajr+c.net

希「まぁ、写真は冗談なんやけど、皆にも協力してほしいんよね」

凛「協力はしてもいいけど....」

花陽「オカルトにはそんなに詳しくないよ?凛ちゃんは私は」

希「そこは問題ないよ、二人には挿絵をお願いしたいんよ」

花陽「挿絵?」

希「うん♪文字だけじゃ、味気ないからね」

凛「なんか面白そうだし、よくわからないけど頑張るにゃー!」

希「.........」

真姫「希?」

希「!真姫ちゃんにも手伝ってもらうからね!」

真姫「えぇ....」

希「........」



10: 名無しで叶える物語 2019/01/16(水) 01:00:52.75 ID:5kQajr+c.net

絵里「希」

希「エリチ?なーに?」

絵里「貴方、今度の卒業制作になにか出すの?」

希「そうやけど?」

絵里「ふ~ん」

希「どうかしたん?」

絵里「いや、珍しく書類に出すのが早かったから気合が入ってるなって」

希「まぁねー」

絵里「...その真面目さを勉学にも向けてほしいものね」

希「それとこれとは話が別やん」



11: 名無しで叶える物語 2019/01/16(水) 01:03:52.56 ID:5kQajr+c.net

希「エリチのほうはどうなん?」

絵里「こっちはこっちで大忙しよ」

希「生徒会やから準備とかやっぱり多いん?」

絵里「そうね、それもあるけど...」

にこ「絵里ちゃーん?」

絵里「!」

希「にこっち?」

にこ「~♪」

絵里「はぁ....」

希「?」



12: 名無しで叶える物語 2019/01/16(水) 01:07:57.91 ID:5kQajr+c.net

希「ライブ?」

にこ「そうよ!」

絵里「って言っても....私は演奏するだけどね」

にこ「歌ってくれてもいいのよ?」

絵里「嫌よ、演奏だって恥ずかしいのに」

希「演奏ってエリチ、楽器できるん?」

絵里「まぁ、少しだけね...」

にこ「謙遜しなくていいのに」

絵里「謙遜なんかしてないから」

希「ライブ....」



13: 名無しで叶える物語 2019/01/16(水) 01:10:40.44 ID:5kQajr+c.net

絵里「全く、こっちは生徒会で忙しいのに」

にこ「いいじゃない、生徒会室でノリノリで弾いてるくらいなんだから」

絵里「!!」

希「ノリノリ?」

にこ「えぇ、夕日が差し込む生徒会室で黄昏ながらギターを...」

絵里「...にこ?」

にこ「!!」ビクッ

絵里「.........」

にこ「え、絵里ちゃん?せっかくの綺麗なお顔がこ、怖いわよ?」

希「中々、面白そうなことをしてるみたいやね、二人は二人で」



14: 名無しで叶える物語 2019/01/16(水) 01:15:19.08 ID:5kQajr+c.net

にこ「そういえば希」

希「ん?なに?にこっち」

にこ「あの子はどうなのよ」

希「あの子?」

にこ「真姫ちゃんよ、西木野真姫ちゃん」

希「真姫ちゃん?元気だけど、なんで?」

にこ「いや、相変わらずオカルトな日々を送ってるのかなって思ってね」

希「送ってるよ、うちもね」

にこ「....そう」

絵里「あんまり後輩に無茶をさせないようにね、希」

希「はーい」



15: 名無しで叶える物語 2019/01/16(水) 01:18:46.94 ID:5kQajr+c.net

凛「卒業制作かぁ」

花陽「希ちゃんも卒業しちゃうんだよね」

真姫「留年をしなければね」

凛「真姫ちゃんは手厳しいにゃ」

真姫「実際問題、希の成績はよくないし」

凛「それはそうかもしれないけど」

真姫「貴方は大丈夫なの?凛」

凛「!凛?」

真姫「そうよ、英語で前、赤点を取ってたじゃない」

凛「それなら大丈夫にゃ!」

真姫「その自信はどこからくるのよ」

凛「ふふふ...」



16: 名無しで叶える物語 2019/01/16(水) 01:20:12.75 ID:5kQajr+c.net

真姫「成程、花陽が面倒を見てたのね」

花陽「うん」

真姫「花陽も大変だったわね」

花陽「そんなことは...ないよ?」

凛「かよちん?なんで少し溜めたの?」

花陽「高校受験の時に比べれば.....」

真姫「ちょっと、花陽が遠い目をしてるんだけど」

凛「かよちん....もしかして、怒ってるの?」

真姫「なにをしたのよ、凛」

凛「な、なにもしてないよ!!!」



17: 名無しで叶える物語 2019/01/16(水) 01:22:35.36 ID:5kQajr+c.net

花陽「あははは....」

真姫「凛、後で花陽にお礼をしなさいよ、なんか少し壊れてるし」

凛「う、うん....!そうだ!」

真姫「?」

凛「かよちん!」

凛「ん?」

凛「かよちん!これあげる!」スッ

花陽「!!これは!」

凛「これ、作ってきたからこれを食べて元気だして!」

花陽「おにぎり...ありがとう!凛ちゃん!!」



18: 名無しで叶える物語 2019/01/16(水) 01:25:03.49 ID:5kQajr+c.net

花陽「~♪」モグモグ

真姫「凛っておにぎりを作れたのね」

凛「むっ!失礼だよ!真姫ちゃん!」

真姫「私も人のことを言えないけど、カップ麺しか作れないと思ってたわ」

凛「もう...昔から凛は、かよちんにおにぎりをよく作ってたの」

真姫「へー....意外ね」

凛「だってかよちん...お米と凛も大事って言うと迷うんだもん」

真姫「え」

凛「凛がかよちんの一番なの!!」



19: 名無しで叶える物語 2019/01/16(水) 01:28:53.71 ID:5kQajr+c.net

真姫「一番ねぇ....」

凛「かよちん~♪」バッ

花陽「!なに?凛ちゃん?」

凛「なんでもないにゃー」

花陽「?」

真姫「花陽も大変ね」

凛「~♪」

真姫「..........」



20: 名無しで叶える物語 2019/01/16(水) 01:30:24.46 ID:5kQajr+c.net

真姫「卒業制作か....」

真姫(そうよね、希も卒業なのよね....当たり前だけど)

真姫「.........」

希『真姫ちゃん』

真姫(卒業したって離れ離れになる訳じゃないのに....)

希『ねぇねぇ、今日は何をしようか?』

真姫(なんなのこの気持ちは.....)

希『..........』

真姫「っ.........」



21: 名無しで叶える物語 2019/01/16(水) 01:33:26.53 ID:5kQajr+c.net

ことり「合わせ鏡?」

穂乃果「最近、話題というか噂がね」

海未「なんですか?それは」

穂乃果「えっと、鏡があるじゃん、鏡と鏡と向かい合わせにした状態のことを言うらしいんだけど」

海未「ふむ....」

穂乃果「イメージ的にはこんなかんじだよ、これはネットで載ってる写真」スッ

ことり「すごい...鏡の中がまた鏡があってそれが無限に続いてるように見えるね」

海未「なんか不気味で不思議な光景ですね」

穂乃果「これをするのが流行っているらしくて」

海未「流行っている?」

穂乃果「うん、あくまで噂だけどね」



22: 名無しで叶える物語 2019/01/16(水) 01:37:02.42 ID:5kQajr+c.net

海未「しかし、これをしてなにがいいんですか?この写真のような不思議な光景を見るのが流行っているというのですか?」

穂乃果「半分正解かも、海未ちゃん」

海未「半分?」

穂乃果「これをすると不思議なことが起こるらしいの」

ことり「不思議なこと?」

穂乃果「うん、例えば深夜にやると未来の自分の姿が見えるとか」

海未「未来?」

穂乃果「そう、あとは自分の最後の姿とかね...」

ことり「っ!!」ゾクッ

穂乃果「他にも見えないものが見えたりとか....」



23: 名無しで叶える物語 2019/01/16(水) 01:40:51.42 ID:5kQajr+c.net

海未「馬鹿馬鹿しい!!そんな非現実なことが!....!」

穂乃果「?海未ちゃん?」

海未「!い、いえ...そんな馬鹿なことがある訳ないです!」

ことり「............」

穂乃果「穂乃果も本気では信じてないよ、でも噂になってるから気になっちゃって」

海未「まさか.....」

穂乃果「?」

海未「...やってみたいなんて言うんじゃないでしょうね」ギロッ

穂乃果「!」ビクッ



24: 名無しで叶える物語 2019/01/16(水) 01:45:24.62 ID:5kQajr+c.net

海未「...........」

穂乃果「お、思ってないよ!!」

海未「本当ですか?」

穂乃果「本当だよ!ただ、噂になってるから皆、知ってるのかなって思って」

海未「たしかに気になりますが、そんな得体の知れないことはしない方がいいです」

穂乃果「へ?」

海未「何か不足の事態が起こってしまってからでは遅いですからね」

穂乃果「もしかして....海未ちゃん...」

海未「?なんですか?」

穂乃果「この話、信じてるの?」

海未「!」



25: 名無しで叶える物語 2019/01/16(水) 01:49:27.96 ID:5kQajr+c.net

海未「いや、別に信じては.....」

穂乃果「その割には反応が過剰というか.....」

海未「そ、それは.....」

ことり「穂乃果ちゃん、海未ちゃんは穂乃果ちゃんのことを心配してるんだよ?」

穂乃果「!」

ことり「ことりもそんな変なことをしてる人達に穂乃果ちゃんが絡まれたりして何かあったら嫌だもん、もちろん海未ちゃんのことも」

穂乃果「ことりちゃん....」

海未「ことり.....」

ことり「二人はとっても大切な人だもん」



26: 名無しで叶える物語 2019/01/16(水) 01:53:45.36 ID:5kQajr+c.net

海未「私もことりと同じ考えです」

穂乃果「二人共....」

ことり「ふふ...」

海未「.........」

穂乃果「ちょっと過保護過ぎない?大袈裟っていうか」

海未「貴方って人は.....!」

ことり「!」

穂乃果「ちょ!ちょっと!?海未ちゃん!?」

海未「...........」ゴゴゴゴ....

穂乃果「なんでそんなに怒るの!?なんで!?」



32: 名無しで叶える物語 2019/01/17(木) 19:16:24.27 ID:4LS9Wjg2.net

ことり「海未ちゃん、ちょっと怪しかったよ?」

海未「だって、穂乃果が....」

ことり「気持ちはわかるけど、あんまり強く言いすぎるとむくれちゃうよ」

海未「....すいません....」

ことり「....でも、海未ちゃんは何度もそういう体験をしてるんだもんね、たしか....」

海未「そうですね、ことりには隠し事はできませんね」

ことり「一回だけでもあんなに怖かったのに....」

海未「大丈夫です、いざって時はことりと穂乃果は私が守りますから」

ことり「海未ちゃん....」

海未「その為の経験だと私は思ってますから」



33: 名無しで叶える物語 2019/01/17(木) 19:19:19.19 ID:4LS9Wjg2.net

真姫「.........」テクテク

凛「真姫ちゃん!!おっはよー!!!」

真姫「!」

花陽「待ってよぉ....凛ちゃん...はぁはぁ....」

真姫「おはよう、二人共」

凛「かよちん遅いにゃー」

花陽「凛ちゃんが早いんだよぉ....」

真姫「...朝から大変ね....」

凛「今日も元気に学校に行っくにゃー!」

真姫「凛は朝から元気ね」

凛「凛は朝から元気いっぱいにゃ!!」



34: 名無しで叶える物語 2019/01/17(木) 19:26:37.57 ID:4LS9Wjg2.net

真姫「..........」

花陽「...真姫ちゃん」

真姫「?なに、花陽?」

花陽「えっと...なにかあった?」

真姫「え?」

花陽「真姫ちゃんなんか....」


凛「真姫ちゃん!!かよちん!!!」

花陽「!?」ビクッ

真姫「!な、なによ...いきなり大声出さないでよ」

凛「なんか学校の様子がおかしくない?」

花陽「え....」

真姫「..........」



35: 名無しで叶える物語 2019/01/17(木) 19:28:32.52 ID:4LS9Wjg2.net

ザワザワ....ザワザワ...

真姫「この騒ぎはなんなの?」

凛「人がいっぱいで前が見えないにゃ」

花陽「....なにかあったのかな?」

希「皆!!」

真姫「!希」

希「ちょっと場所を変えよう、ここやと邪魔になってしまうし、詳しくはそこで教えるよ」

凛「一体、なにがあったっていうの?」

希「.........」



36: 名無しで叶える物語 2019/01/17(木) 19:33:28.52 ID:4LS9Wjg2.net

真姫「階段で生徒が倒れていた?」

花陽「それって事故?...階段から転落しちゃったとか?」

凛「大丈夫なの!?その人!」

希「特には外傷がないらしくて怪我とかはしてないみたいやって」

花陽「よかった....じゃあ、その人は無事なんだね」

希「..........」

真姫「希?」

希「でも...意識が戻らないらしいんよ」

凛「え」

真姫「意識が戻らない?」



37: 名無しで叶える物語 2019/01/17(木) 19:36:08.29 ID:4LS9Wjg2.net

希「うちもその場にいた訳じゃないから、直接見た訳ではないんやけどね」

真姫「意識が戻らないってどういうことよ」

希「さぁ?うちにはさっぱり」

凛「だからあんなに階段のところに人がいたんだね」

希「今は現場は立ち入り禁止、ほら、こんな感じ」スッ

花陽「!まるで...TVみたい」

凛「テープで封鎖って...ガチにゃ...」

真姫「というかなんで希、そんなに詳しいのよ」

希「うちは強いパイプを持ってるからねー」


絵里「こら!希!!!」

希「!?」ビクッ



38: 名無しで叶える物語 2019/01/17(木) 19:42:35.09 ID:4LS9Wjg2.net

絵里「..........」

真姫「成程、そういうことね」

希「エリチ、いきなり背後で大きな声出せないでよーびっくりしたやん」

絵里「さっき私が話したことをベラベラと喋らないの!後輩達に話して不安になったらどうするのよ」

希「いずれはわかることやん、だったら真実を伝えたほうが変な憶測とかで不安にならないとちゃうん?」

絵里「!それは...もう、こういう時だけ頭に回転が早いんだから...」

真姫「あー言えばこう言うってやつね」

絵里「全くその通りね」



39: 名無しで叶える物語 2019/01/17(木) 19:43:20.12 ID:4LS9Wjg2.net

希「でも起きた場所が2階と3階の間の踊り場の姿鏡の前なんて」

凛「あの大きな姿鏡のところ?」

希「そう」

花陽「たしか前に凛ちゃんが出るって話を聞いたってあの鏡だよね?」

凛「って言っても結構前の話だけどね...しかもあくまで噂で聞いたくらいだし」

真姫「.........」

絵里「西木野さん」

真姫「なんですか?」

絵里「もしかして今回の件って」

真姫「現状を見ないと断言はできませんけど、可能性は低いと思いますよ」



40: 名無しで叶える物語 2019/01/17(木) 19:45:23.75 ID:4LS9Wjg2.net

凛「なんでそう思うの?」

真姫「あそこには気配はなかったからよ」

絵里「気配?」

真姫「そうです、嫌な気配がしなかったんです」

花陽「それは霊的なものってこと?」

真姫「えぇ、今まで学校生活をしていて特にその場所で違和感や嫌な気配は感じたことはないわ」

希「...たしかにうちも昔、そこを調べたりしたけど、特に何も起きなかった記憶が」

絵里「じゃあ、今回のはただの偶然?」

真姫「かもしれませんが...調べて損はないと思います」



41: 名無しで叶える物語 2019/01/17(木) 19:48:51.32 ID:4LS9Wjg2.net

絵里「生徒会...いえ、個人的にも他の皆に同じような被害が起きてほしくないわ」

にこ「相変わらず堅苦しいわね、あんたは」

絵里「!にこ...」

希「にこっち」

にこ「なーに、にこをノケモノにしてやってんのよ」

絵里「ノケモノにはしてないわよ、ただ私は生徒会長として!生徒の皆を!」

にこ「会長だって生徒の一人じゃない」

絵里「それはそうだけど...それに私は3年生だし」

にこ「そうやって一人で悩んで抱え込む癖、やめなさいよ」

絵里「........」

にこ「たまにはにこにも頼ってほしいかな?」

絵里「にこ......」

にこ「もちろん、ここいる他の皆もね」

絵里「........」



42: 名無しで叶える物語 2019/01/17(木) 19:54:15.35 ID:4LS9Wjg2.net

希「そうと決まったら現場に突撃調査やね!」

絵里「だめよ」

希「え?今、完全に行く雰囲気やったやん」

にこ「さっきの現場の状況を見てなかったの?」

希「あ」

真姫「あの感じだと近づくの一苦労ね」

絵里「しばらくは封鎖されてるから、通れるようになったら調査してみましょうか?」

花陽「でも、そんな簡単に入れるようになるんでしょうか?」

凛「たしかに...しばらくは近づける雰囲気じゃなさそうにゃ」

にこ「じゃあ、夜にこっそり忍び込むとか?」

絵里「だめよ!危ないわよ!」

希「うーん....なにか、いい手はないかな?」



43: 名無しで叶える物語 2019/01/17(木) 19:55:24.14 ID:4LS9Wjg2.net

凛「じゃあ、先生とかの許可をちゃんともらうとか?」

絵里「許可ねぇ....許可してくれるかしら?」

希「エリチなら生徒会長だし、余裕やないの?」

絵里「事故や事件が起きた現場に入りたいなんて言って大人が簡単に許すと思う?」

にこ「普通ならしないわね、にこが教師の立場だったら安全を第一に考えるだろうし」

真姫「まぁ、それが普通ですよね」

絵里「そうよね、認めてはくれないでしょうね」

花陽「でもまた同じようなことが起きたりしたら...」

絵里「わかってるわ、でも....いい手が」

希「.......!!」

にこ「どうしたの?希?」

希「いいことを思いついたかも」



44: 名無しで叶える物語 2019/01/17(木) 19:59:30.13 ID:4LS9Wjg2.net

絵里「いいこと?」

希「真姫ちゃん」

真姫「私?」

希「たしか~理事長の娘さんと幼馴染だったよねー?」

真姫「!まさか、ことりを使って....」

絵里「そういえば...たしかに留学していた娘さんが帰国していたわね」

にこ「真姫ちゃんって顔が広いのねーこれは使わない手はないわね」

真姫「できれば、ことりは巻き込みたくないんだけど...」

希「む...でも、解決しなければいずれは巻き込まれるかもしれへんよ」

真姫「それはそうだけど...」

にこ「話しておいた方がいいかもしれないわよ、生徒間で噂になっていずれは知ることにはなるかもしれないし」

真姫「.........」



45: 名無しで叶える物語 2019/01/17(木) 20:03:40.63 ID:4LS9Wjg2.net

にこ「その子が下手に興味を持ってそこに行ったり、誰かに巻き込まれる可能性もあるし、個人的には話しておいたほうがいいと思うわよ」

希「釘をさしておくってことやね」

にこ「そういうことね」

真姫「はぁ...わかりました」

にこ「これで上手くいけば合法的に調べることができそうね」

絵里「随分と乗り気ね、にこ」

にこ「卒業前にこんなことでもやもやした気持ちのままで卒業したくないから」

絵里「成程ね」

希「よし、話がまとまったらうちが連絡するね」

絵里「OK」

にこ「了解」



46: 名無しで叶える物語 2019/01/17(木) 20:05:52.66 ID:4LS9Wjg2.net

穂乃果「なんか今日...皆、騒がしいねーなにかあったのかな?」

海未「穂乃果...知らないのですか?」

穂乃果「え?海未ちゃん知ってるの?」

ことり「穂乃果ちゃん、今日はギリギリだったからね」

海未「そういえばそうでしたね、全く、夜更かしするからですよ」

穂乃果「ちょ!ちょっと!お説教は勘弁してよ!」

ことり「あはは...」

海未「まぁ...知らない方がいいかも知れませんね」

穂乃果「えー!気になるじゃん!教えてよー!!」



47: 名無しで叶える物語 2019/01/17(木) 20:07:51.19 ID:4LS9Wjg2.net

海未「私もあくまで噂で聞いた話なんですが....」

穂乃果「うん!」

ことり「.........」

海未「実は....今朝....」



穂乃果「そんなことがあったの!?」

海未「えぇ、さっきから教室が全体的に騒がしいのもおそらくそれが理由です」

ことり「鏡の前っていうのも嫌な感じがするよね」

穂乃果「そうだね....この間、合わせ鏡の話したばっかだもんね」

海未「ただの事故ならいいのですが....」

穂乃果「事故なのかなー?」

ことり「事故だとしても怖いよ...一体なにがあったんだろう....」

海未「.........」



48: 名無しで叶える物語 2019/01/17(木) 20:11:24.48 ID:4LS9Wjg2.net

ガララ.....

海未「!」

穂乃果「あ!あれは....」

ことり「真姫ちゃん?」

真姫「.........」キョロキョロ

穂乃果「誰かを探してる?」

ことり「おーい、真姫ちゃん」

真姫「!」

ことり「あ、気付いた」

真姫「失礼します」

穂乃果「穂乃果達の方に来るね、穂乃果達に用事かな?」

海未「.........」



49: 名無しで叶える物語 2019/01/17(木) 20:14:50.45 ID:4LS9Wjg2.net

真姫「おはようことり、高坂先輩に園田先輩もおはようございます」

穂乃果「おはよー」

海未「おはようございます」

ことり「おはよ真姫ちゃん、どうしたの?2年生の教室に来るなんて」

真姫「ちょっと話があってね」

ことり「話?ことりに?」

真姫「えぇ、ちょっと場所を変えたいだけどいいかしら?」

ことり「いいよー」

真姫「ありがとう」

穂乃果「え?なに?なに?穂乃果も混ぜてよ!」

海未「穂乃果...」

穂乃果「えー、だって気になるじゃん!」

海未「...そうですね、私も気になります」

ことり「穂乃果ちゃん?海未ちゃん?」



50: 名無しで叶える物語 2019/01/17(木) 20:20:06.58 ID:4LS9Wjg2.net

海未「勝手な推測ですが、西木野さん、ことりへの用事とは今日の騒ぎが関係してるのでは?」

真姫「...察しがいいですね」

海未「やはり....」

穂乃果「海未ちゃん穂乃果にもわかるように教えてよー」

海未「場所を変えるのは賛成です、ただし私も同行します」

穂乃果「ちょっと!穂乃果だけなに置いていこうとしないでよ!穂乃果も行くよ!」

真姫「わかりました....いずれはわかることでしょうし」

穂乃果「やった!」


「あれって例の一年生よね?」

「なんでここに?朝の事件に関係があるとか?」

海未「...早く行きましょう、ここは少し目立ちすぎます」

真姫「そうですね...」



51: 名無しで叶える物語 2019/01/17(木) 20:24:06.33 ID:4LS9Wjg2.net

絵里「なんか二人増えてるんだけど...まぁ、いいわ」

海未「生徒会長に東條先輩に...そちらは...」

にこ「にこを知らないの?学院のスーパーアイドルよ?」

海未「はぁ...」

穂乃果「すごい、大集合だね!そうだ!お饅頭食べる?」

凛「わーい!」

花陽「いただきます!!」

ことり「それで?なんの用?真姫ちゃん」

真姫「お願いがあるの」

ことり「お願い?」

真姫「理事長に今日の事件の現場を調査する許可をもらってほしいの」

ことり「...成程ね」



52: 名無しで叶える物語 2019/01/17(木) 20:25:08.86 ID:4LS9Wjg2.net

真姫「無理なお願いなのはわかってるわ、でも、このまま放置できる問題じゃないと思うの」

ことり「それってやっぱり、この間みたいに...」

真姫「可能性は否定できないわ、でも...今までそこに嫌な雰囲気を感じたことはないわ」

ことり「じゃあ、違う可能性もあるってこと?」

真姫「えぇ、だからちゃんと捜査したいの...万が一にも次の犠牲者が出ない為にも」

ことり「状況はわかったよ、うん...お母さんに上手く言って相談してみる」

真姫「助かるわ」


穂乃果「ねぇ?この間ってなに?なにかあったの?前に?」

ことり「!あ...えっと...」

穂乃果「ことりちゃん?」

ことり「えー....えっと....」



53: 名無しで叶える物語 2019/01/17(木) 20:30:30.60 ID:4LS9Wjg2.net

海未「ここまで来たら誤魔化しても無駄でしょう」

ことり「!海未ちゃん....」

海未「穂乃果、貴方は目に見えない世界をどう思いますか?」

穂乃果「目に見えない?どういうこと?」

海未「貴方も噂は聞いたことがあると思いますが、西木野さんは霊感を持っている...霊能力者と呼ばれる人なんです」

真姫「.......」

穂乃果「真姫ちゃんが?本当に?」

海未「私も少し前までは信じていませんでしたが、西木野さんとは色々とありましてね....実際に霊的な体験も私自身もしました」

穂乃果「海未ちゃんが!?」

海未「ことりもです、実際に何回かお世話になってます」

穂乃果「そうなの?ことりちゃん?」

ことり「うん...ことりは一回だけ」

穂乃果「そう.......」



54: 名無しで叶える物語 2019/01/17(木) 20:36:20.54 ID:4LS9Wjg2.net

ことり「穂乃果ちゃん、あの人形のことを覚えてる?」

穂乃果「人形?...あ、ことりちゃんがこっちに戻ってくる時にもらったやつ?」

ことり「うん....」

海未「実はあれは呪いの人形で色々あったんです...」

穂乃果「呪いの人形?」

ことり「うん、危ないところを真姫ちゃん達に助けてもらったの」

海未「あと、今更ですが、雪穂や亜里沙達も助けてもらったりしてるんですよ」

絵里「.....」

穂乃果「雪穂も?....」

海未「あの遅く私と帰ってきたあの日です、穂乃果が電話をしてきた日です」

穂乃果「!あの日...でも、雪穂も海未ちゃんもそんなこと一言も言ってなかったじゃない!!」



55: 名無しで叶える物語 2019/01/17(木) 20:41:33.18 ID:4LS9Wjg2.net

海未「先に謝っておきます...すみません穂乃果」

穂乃果「なんで黙ってたの!?」

海未「穂乃果を巻き込みたくなかったのです!それに怖い思いもさせたくなかったんです!!」

穂乃果「ことりちゃんも!!」

ことり「言い訳になっちゃうけど...ことり、すっごく怖い思いしたの!...だからこんな怖い思いを穂乃果ちゃんにさせたくなかったから!」

海未「悪いとは思ってます...しかし、ことりや私も気持ちもわかってください、貴方を思って黙っていたんです!」

穂乃果「そんなの勝手だよ!!穂乃果だけ知らないなんて...ノケモノなんて!!」


絵里「はい、そこまで」パン!パン!

穂乃果「!」

絵里「喧嘩は後にしてもらえるかしら?今は過去の話じゃなくて今の話をしないといけない時間なんだから」



56: 名無しで叶える物語 2019/01/17(木) 20:46:37.78 ID:4LS9Wjg2.net

穂乃果「........」

真姫「先輩」

穂乃果「!真姫ちゃん....」

真姫「先輩達、幼馴染の話を割って入れる立場ではないですけど....ことりや園田先輩は思って黙っていたんです....先輩を思って」

穂乃果「でも...」

真姫「わかってあげてください、大切だからだと思うからこそなんです」

穂乃果「.......」

海未「穂乃果....」

ことり「穂乃果ちゃん...」

穂乃果「わかった、完全には納得できないけど...このままだと話が進まないだろうし....一旦納得しとく」

真姫「ありがとうございます、頼んだわよ...ことり」

ことり「うん....わかった...」

穂乃果「.......」



64: 名無しで叶える物語 2019/01/20(日) 00:13:05.89 ID:+2dEt5Cp.net

ことり「ふぅ....」

海未「どうでした?」

ことり「危ないからするなって話だったんだけど...このまま放置するのも生徒への不安になるだろうって言って許可が下りたよ」

穂乃果「よく下りたね」

海未「たしかに意外ですね」

ことり「条件付きだけどね」

海未「条件とは?」

ことり「お母さんが立ち会いをして、現場に入っていいのも4人までだって」

穂乃果「4人...」

ことり「近くで待機するのはいいんだけど、現場に皆が入ったら収集つかなくなるかもしれないからだって」

海未「成程....」



65: 名無しで叶える物語 2019/01/20(日) 00:16:10.60 ID:+2dEt5Cp.net

ことり「あと条件がもう一つ、真姫ちゃんを連れてくること」

海未「西木野さんをですか?」

ことり「小さい頃からの知り合いだからなのかな?連れてきてほしいって」

海未「理事長がそう言うなら仕方ないですが...少し引っ掛かりますね」

穂乃果「とにかく許可が出たなら皆に連絡しようよ」

ことり「うん、そうだね」


絵里「二人共、許可が下りたみたいよ」

希「さすが理事長の娘やね」

にこ「人脈って大事ねー」

絵里「現場で調査できるのは4人までで....あとは...」

希「4人までかぁ」

絵里「あとは....西木野さんを連れて来ること?」



66: 名無しで叶える物語 2019/01/20(日) 00:20:09.54 ID:+2dEt5Cp.net

にこ「まさかのご指名?」

絵里「知り合いだから信頼されてるってことなのかしら?」

希「ふーん....」

にこ「どうしたのよ、不機嫌そうな顔をして」

希「別に」

絵里「嫉妬は程々にね」

希「してないし!」

にこ「成程ね」

希「にこっちも納得しないでよ!」

絵里「残りのメンバーはどうしましょうか?」

にこ「それね」

希「二人共...うちで遊んでない?」



67: 名無しで叶える物語 2019/01/20(日) 00:20:46.63 ID:+2dEt5Cp.net

真姫「なんで私?」

凛「ご指名にゃー」

花陽「真姫ちゃんは幼馴染だからなのかな?」

真姫「うーん....」

花陽「でも許可が下りてよかったね、調査ができそうだね」

凛「他の3人はどうするの?」

真姫「絵里先輩は外せないわね」

花陽「生徒会長だもんね」

凛「凛もできれば参加したいなー....」

真姫「それは後で話し合いましょう」

花陽「そうだね」



68: 名無しで叶える物語 2019/01/20(日) 00:26:51.05 ID:+2dEt5Cp.net

絵里「皆、集まったわね」

海未「許可が下りてよかったです」

絵里「調査は明日の予定よ、今日は現場に入るメンバーを決めるわ」

希「はい、うち!やりたいです!!」

凛「あ!希ちゃん!抜け駆けはずるいにゃ!」

海未「私も調べたいです、今後の為にもなるかもしれないですし」

穂乃果「えー穂乃果も参加したい!」

にこ「ここはスーパーアイドルにこの出番じゃないの?」

真姫「アイドル...関係ありますか?」

絵里「貴方達ねぇ....遊びじゃないのよ!!!」



69: 名無しで叶える物語 2019/01/20(日) 00:30:23.25 ID:+2dEt5Cp.net

希「おー...エリチの雷や、オコーチカや」

にこ「絵里、あんまりイライラするとお肌に悪いわよ」

絵里「...3人のうち一人は、私に決定ね」

希「え!?」

凛「えーずるいにゃー!!」

絵里「.......」ギロッ

凛「!!」ビクッ

絵里「異論は認めません、あとの二人は7人の中からで決めてください」

希「あーあ...完全にエリチ怒っちゃった」

にこ「あんたのせいよ」

希「えー、うち?」



70: 名無しで叶える物語 2019/01/20(日) 00:31:19.44 ID:+2dEt5Cp.net

海未「それでどうするんですか?残りのメンバーは」

ことり「ことりはいいや」

花陽「私も....」

穂乃果「穂乃果は....よくわかんないけど、もう、一人だけ蚊帳の外は嫌だから参加したい!!」

海未「穂乃果....」

凛「凛も参加したいって言いたいけど...よく考えたら分野的には希ちゃんのが詳しいから希ちゃんに譲るね」

希「凛ちゃん...」

にこ「..........」



71: 名無しで叶える物語 2019/01/20(日) 00:34:41.67 ID:+2dEt5Cp.net

にこ「じゃあ、希と穂乃果って子の二人でいいんじゃないの?」

海未「...そうですね、穂乃果は意外と直感が鋭かったりしますし...任せます」

穂乃果「海未ちゃん....」

海未「その代わり、絶対に成果をあげてくださいよ?」

穂乃果「もちろん!任せてよ!」

希「決まりみたいやね」

絵里「それじゃあ、明日指定の時間に集合ね、遅刻しないように」

「「はーい」」

真姫「....なんか緊張感に欠けるわね」



72: 名無しで叶える物語 2019/01/20(日) 00:36:42.27 ID:+2dEt5Cp.net

絵里「集合したわね」

希「ふわぁー...眠い...」

穂乃果「んー......」

凛「こんなに朝早く起きたのは久々にゃ...」

絵里「文句を言わないの、早朝じゃないと周りに人気があってゆっくり調査できないから」

真姫「まぁ、遅刻者がいなくてよかったわ」

海未「半分寝ている人がいますけどね」

花陽「そ、そうですね....」

ことり「お母さんもそろそろ来ると思うよ」

にこ「親子なのに一緒には来ないのね」

ことり「...変ですか?」

にこ「別に?」



73: 名無しで叶える物語 2019/01/20(日) 00:40:33.66 ID:+2dEt5Cp.net

理事長「皆、お待たせ」

ことり「お母さん」

絵里「理事長、おはようございます、それでは早速調査を」

理事長「慌てないで絢瀬さん、時間はあるんだから」

絵里「は、はい....」

理事長「........」

真姫「?なんですか?」

理事長「ますます、似てきたわね」

真姫「え?」

理事長「お母さんに」



74: 名無しで叶える物語 2019/01/20(日) 00:45:21.44 ID:+2dEt5Cp.net

真姫「...からかうのはやめてください」

理事長「別にからかってはいないわ」

真姫「.......」

理事長「ちょっとお母さんよりはツンツンしてるけどね」

真姫「早く行きましょう」

理事長「...小さい頃はもっと素直だったのに」

真姫「成長したんです」

ことり「...お母さん」

理事長「なに?ことり?」

ことり「真姫ちゃんにちょっかい出さないで」

理事長「はいはい」



75: 名無しで叶える物語 2019/01/20(日) 00:49:45.39 ID:+2dEt5Cp.net

ことり「ごめんね、真姫ちゃん」

真姫「いいわよ、気にしてないから」

ことり「お母さん、真姫ちゃんと個人的に会うのが久しぶりだったから嬉しかったみたいで」

真姫「そう」

ことり「でも...お母さんの言う通り、話せる距離で真姫ちゃんがいてことりがいてお母さんがいるって久しぶりだよね」

真姫「まぁ...理事長と面と向かって話す機会なんてそうないからね」

ことり「そうだねー」

希「真姫ちゃん!ほら!行くよ」グッ

真姫「わっ!ちょっと!なに?」

ことり「!」

真姫「希!?ちょっと引っ張らないでよ!!」

希「........」



76: 名無しで叶える物語 2019/01/20(日) 00:52:00.15 ID:+2dEt5Cp.net

にこ「へー...希ってあんな顔するんだ」

花陽「希ちゃん、真姫ちゃんにべったりなんで」

にこ「ふーん、面白いものが見れたわね」

絵里「あ!二人共!!勝手に先に行かないでよ!!」

にこ「絵里、私達も校舎に入りましょう?」

海未「そもそもまだ鍵が開いてないのでは?」

ことり「お母さん、早く開けて」

理事長「全く、人使いが荒いんだから....」

ことり「お願い」

理事長「はいはい」



77: 名無しで叶える物語 2019/01/20(日) 00:58:53.84 ID:+2dEt5Cp.net

海未「まだ現場は封鎖されているんですね」

理事長「形式上はね」

真姫「........」

理事長「このパーテーションの先へ入るのは代表者の方達だけにしてね」

絵里「はい、わかってます」

海未「穂乃果、任せましたよ」

穂乃果「うん!任せて!!」

凛「二人共、気を付けてね」

希「うん」

花陽「なにかわかるといいね」

真姫「そうね....」



78: 名無しで叶える物語 2019/01/20(日) 01:00:35.98 ID:+2dEt5Cp.net

にこ「絵里、あんま無茶しないようにね」

絵里「無茶って...理事長もいるんだから無茶なんてしないわよ」

にこ「無理してライブ参加できないなって言わないでよ」

絵里「はいはい、わかってるわよー」

にこ「わかってればいいのよ、わかってればね」

絵里「もうにこは大袈裟なんだから」

にこ「....本当は怖い癖に...馬鹿なんだから...」ボソッ

絵里「?なにか言った?」

にこ「なにも」

絵里「....そう」


希「それじゃあ、調査開始やね!」



83: 名無しで叶える物語 2019/01/20(日) 21:08:45.23 ID:+2dEt5Cp.net

真姫「.........」

希「なにか感じる?真姫ちゃん」

真姫「特にはなにも」

希「そっか...」

真姫「やっぱり、ただの事故なのかしら?」

希「そういえばここってさ、このタイミングで言うのも不謹慎かもしれないけど...うちと真姫ちゃんの思い出の場所でもあるよね?」

真姫「思い出?」

希「うちと真姫ちゃんが初めて会ったのってここだったやん」

真姫「そうね、言われてみれば」

希「夕日を背後に真姫ちゃんを誘う希ちゃん...壮大な青春の一ページの始まりやね」

真姫「何言ってんのよ貴方」



84: 名無しで叶える物語 2019/01/20(日) 21:12:34.33 ID:+2dEt5Cp.net

穂乃果「うーん.....」キョロキョロ

絵里「特に変わった場所はないわね」

穂乃果「あるのはこの大きな鏡くらいですね」

絵里「この鏡になにかあるのかしら?」

穂乃果「...やっぱりあれなのかな?」

絵里「あれ?」

穂乃果「噂ですよ、合わせ鏡って知ってますか?」



85: 名無しで叶える物語 2019/01/20(日) 21:17:02.52 ID:+2dEt5Cp.net

希「随分と物知りやね、合わせ鏡を知ってるなんて」

穂乃果「!」

真姫「合わせ鏡...」

穂乃果「私達の学年でちょっと話題になっていたので」

絵里「それってなんなの?やばいやつなの?」

穂乃果「えっと...イメージで言うと....」ゴソゴソ

希「まぁ、よくはないかな」

穂乃果「ネットで拾った画像ですけど、こんなかんじです」スッ

絵里「成程、こういうやつのことをそう言うのね」



86: 名無しで叶える物語 2019/01/20(日) 21:18:33.34 ID:+2dEt5Cp.net

希「たしかにこの大きさなら合わせ鏡にはもってこいやね」

絵里「あれに近い感覚ね、遊園地のミラーハウスみたいな」

真姫「それをやったとなると...変なことが起きてもおかしくないわね」

穂乃果「ってことは....もしかして現場に鏡が落ちてたんじゃ!!」

希「その可能性は高いかも」

絵里「理事長」

理事長「残念ながら鏡とかは落ちてはいなかったわ」

絵里「そ、そうですか....」



87: 名無しで叶える物語 2019/01/20(日) 21:22:51.00 ID:+2dEt5Cp.net

穂乃果「いい線だと思ったんだけどなー」

真姫「そうですね....」

絵里「なにか他に落ちてるものとかはあったりしたんですか?」

理事長「特には...その子のスマホくらいかしら?」

希「そもそもその子はいつ忍び込んだんやろ?事件が発覚したのはいつやったんですか?」

理事長「事件が発覚したのは朝ね、日直の先生が鍵開けに来たら発見したらしいから」

絵里「ということは....夜の間ってことかしら?」

理事長「あと、事件が起きた時間ならなんとなくだけどわかるわ」

真姫「本当ですか?」



88: 名無しで叶える物語 2019/01/20(日) 21:27:11.53 ID:+2dEt5Cp.net

理事長「その子の腕時計がおそらく倒れた時の衝撃で壊れて止まっていたの」

絵里「成程、壊れたタイミングがその子に何かが起きたタイミングってことね」

理事長「時間はぴったし深夜の12時だったそうよ」

絵里「!」

真姫「タイミングがまた....」

希「嫌な時間帯に止まったもんやね」

穂乃果「やっぱり....やっていたんじゃ...他にはなにか持っていたりとかしなかったんですか?」

理事長「後は....そうだ、鍵を持っていたわ」

希「鍵?」

理事長「えぇ、今は使ってない教室の鍵ね」

真姫「...気になるわね、その教室」



89: 名無しで叶える物語 2019/01/20(日) 21:31:09.50 ID:+2dEt5Cp.net

絵里「その時間までその教室に隠れていたってことなのかしら?」

希「その教室にもなにか手がかりがあったりして」

理事長「一応、その教室にも調べは入ったけど特にはなにもなかったわ」

真姫「その教室は今、入ることはできますか?」

理事長「可能よ」

真姫「行ってみる?」

希「もちろん」

穂乃果「じゃあ、行こう!!」

絵里「そうね、現場にはこれ以上手がかりはなさそうだし」

真姫「.......」



90: 名無しで叶える物語 2019/01/20(日) 21:36:06.18 ID:+2dEt5Cp.net

ことり「!」

海未「戻って来ましたね」

凛「なにかわかった!?」

真姫「まだ不十分ね」

絵里「今度は違う場所を調べることになったわ」

にこ「違うとこってどこよ?」

希「今は使われてない部屋だって」

海未「しかし、何故...急にそんなところに」

絵里「それは移動しながら説明するわ」



91: 名無しで叶える物語 2019/01/20(日) 21:40:53.34 ID:+2dEt5Cp.net

海未「鍵を持っていた?」

絵里「えぇ、だからその教室になにか手がかりがないかと思ってね」

にこ「だからその教室に今、向かっていると」

希「そういうことやね」

花陽「でも、こっちって部室用の教室が集まってるほうだよね」

凛「そうだよねー」

希「ねぇねぇ、真姫ちゃん、こっち側で嫌な気配ってしたことある?」

真姫「ないわね、この辺では」

希「そっか」



92: 名無しで叶える物語 2019/01/20(日) 21:47:27.23 ID:+2dEt5Cp.net

理事長「ここよ」

穂乃果「この教室が....」

絵里「あれ?この教室って」

にこ「........」

希「なんか見たことがあるような....」

凛「たしかに」

花陽「ここって....」

真姫「たしか....」


にこ「にこの部室の隣の教室じゃない!!」



98: 名無しで叶える物語 2019/01/23(水) 00:47:21.07 ID:9kz/aO4f.net

絵里「理事長、鍵を」

理事長「はいはい」


ガチャ...ギー...

絵里「...く、暗いわね....電気、電気...」

パチッ

穂乃果「中は意外と綺麗だね」

凛「というよりものがあんまりないにゃー」

花陽「奥にベンチ?みたいなのがあるね」

絵里「なにか手がかりがあるといいんだけど」



99: 名無しで叶える物語 2019/01/23(水) 00:48:09.47 ID:9kz/aO4f.net

希「うーん....」キョロキョロ

にこ「これはなにかしら?布が被ってるけど...」

海未「取ってみましょう」スッ

バサッ

海未「!」

にこ「これは!....」

絵里「また...大きな鏡が出てきたわね....」

ことり「ってことは....やっぱり?」

真姫「.......」



100: 名無しで叶える物語 2019/01/23(水) 00:50:25.20 ID:9kz/aO4f.net

穂乃果「見て見て!この鏡、足がついてるよ!」

海未「キャスター付きの鏡...」

希「もしかして...これをあそこまで持っていったとか」

絵里「これなら運ぶことは簡単そうね」

花陽「じゃあ...これを使って合わせ鏡を?」

にこ「待って」

希「どうしたん?にこっち?」

にこ「仮に使ったとして...なんでこれがここにあるのよ」

凛「ここにってどういう意味ですか?」

絵里「たしかに...にこの言う通りね」

凛「?」



101: 名無しで叶える物語 2019/01/23(水) 00:52:31.00 ID:9kz/aO4f.net

絵里「もし、この鏡を使ったとして....使っていた子が倒れていたはずなのになんで現場にはなくてここに鏡があるのかしら?」

凛「!そっか...」

花陽「もしかして...他にも一緒にいた人がいたとか?」

真姫「そうだとしたらちょっとおかしいわ」

穂乃果「え?なにがおかしいの?」

真姫「鏡を戻すくらいなら...なんでわざわざ鍵をその子に戻したのかしら?」

ことり「たしかに...変だよね、それだと」

真姫「鏡を戻すだけのメリットがわからないわ」

穂乃果「事件を隠したかったとか?」

真姫「そうだとしたら鍵をわざわざ戻す必要がありますか?」

穂乃果「....そっか」



102: 名無しで叶える物語 2019/01/23(水) 00:57:06.73 ID:9kz/aO4f.net

海未「謎ですね...西木野さんの言う通り、複数人で合わせ鏡をしていたらここに鏡は戻すことはできますが、わざわざ鍵を現場に残す意味がないですね」

希「そうやね...うーん....」

ことり「でも、誰かがこの鏡に触ってみたいだよ」

海未「何故、そう思うんですか?」

ことり「ほら、ここに」

絵里「これは手の跡ね...誰かが鏡を触ったのね」

凛「パッと見てそんなに前の感じの手の跡じゃないね」

花陽「ってことは誰かが、やっぱり運んだってこと?」

真姫「さぁ...でも今のところ可能性は高そうね」



103: 名無しで叶える物語 2019/01/23(水) 01:01:17.03 ID:9kz/aO4f.net

絵里「ちなみに西木野さん、この鏡から嫌な感じとかはする?」

真姫「いえ、特には」

絵里「そう...今回の件は事故ってことなのかしら?」

にこ「それはどうかしら?」

希「にこっち、どうしたん?なにかわかったん?」

にこ「これを見て」

希「ん?なにこれ?」

にこ「学校の裏サイトってやつね、以前にもあったやつね」

絵里「え!?前のやつは理事長にいって対処してもらったはずよ!」

理事長「えぇ、たしか、廃校にしたわよ」

真姫「........」



104: 名無しで叶える物語 2019/01/23(水) 01:07:35.15 ID:9kz/aO4f.net

にこ「こういうものはキリがないのよ、潰しても潰してもいくらでも湧いてくるものなのよ」

希「それでそのサイトがどうかしたん?」

にこ「この書き込みを見て頂戴」スッ

希「んー?」

海未「これは...なにかのやり方の手順でしょうか?」

にこ「そうよ、おそらく鏡って書いてあるし、合わせ鏡のやつね」

絵里「!...まさか...」

にこ「この書き込みの投稿者...もしかしたら今回の事件の子なんじゃないかってね」

ことり「それはたまたまなんじゃ」

にこ「かもね...でも、この投稿者は一週間以内にやって結果を報告するって言ったきり投稿が途絶えているわ」



105: 名無しで叶える物語 2019/01/23(水) 01:12:22.44 ID:9kz/aO4f.net

花陽「ってことは...」

にこ「書き込みの感じだと、何人かでやってみるって書いてあるし...それだったら鏡が現場から撤去されていた理由も理解できるわ」

絵里「鍵を戻した件は少し引っかかるけどね」

海未「とにかくその方々を探しましょう、何が起きたのかを知っているはずですし」

凛「でも、どうやって探すんですか?」

海未「現場にいた方の交流関係を探ればわかるはずです」

希「そうやね...話を素直に話してくれればいいんだけど」

にこ「それなら大丈夫よ」

絵里「なにか手があるの?」

にこ「えぇ、いざって時にはここに権力の塊がいるじゃない」

理事長「矢澤さん、まさか私のことかしら?」

にこ「その通りです」



106: 名無しで叶える物語 2019/01/23(水) 01:19:54.30 ID:9kz/aO4f.net

理事長「留年させますよ」

にこ「え」

理事長「冗談です」

にこ「いや、まじで...心臓に悪いんでやめてください、お願いします」


キーンコーン カーンコーン 

穂乃果「!え?チャイム?」

凛「え?もう、こんな時間だったの?」

海未「とりあえず今回はここらへんで一旦、終了ですかね」

絵里「そうね、皆、協力をしてくれてありがとね」

希「まぁ、生徒会に恩を売っておいて損はないからね」

にこ「右に同じく」

絵里「活動費を減らすわよ」

希 にこ「ごめんなさい」



107: 名無しで叶える物語 2019/01/23(水) 01:23:39.43 ID:9kz/aO4f.net

絵里「交友関係は私の方で探ってみるわ、わかったら教えるわ」

希「ん?手伝おうか?うちも」

絵里「こう見えて顔は広いの、任せて頂戴」

にこ「さすが生徒会長」

絵里「じゃあ、皆、授業に遅れないようにね」

「「はーい」」

絵里「理事長もお付き合いいただいてありがとうございました」

理事長「私は付き添いをしただけよ、お礼ならこちらが言いたいくらいよ」

絵里「また、なにかあった時はお願いします」

理事長「その案件によるけど、わかったわ」

絵里「ありがとうございます」



114: 名無しで叶える物語 2019/01/25(金) 00:50:28.53 ID:9s7G4K7J.net

穂乃果「~♪」

海未「.........」

ことり「穂乃果ちゃん、お菓子食べる?」

穂乃果「!食べる!」

花陽「.......」ジッ

ことり「?」

花陽「!あ...えっと...その....」

ことり「食べる?」

花陽「いいんですか!!」

ことり「どうぞ♪」



115: 名無しで叶える物語 2019/01/25(金) 00:52:04.91 ID:9s7G4K7J.net

希「それにしてもエリチ遅いなぁ....」モグモグ

真姫「.......」

花陽「なにかわかって調べてるとか?」

希「うーん....」モグモグ

凛「........」モグモグ

穂乃果「海未ちゃんーお茶ー」

海未「人様の部室でだらけないでください」

穂乃果「お茶ー」

希「しゃーないなー、うちが淹れてあげるよ」

海未「あ、お構いなく!穂乃果ァ!!」


真姫「なんで皆...ここに集合してるのよ」



116: 名無しで叶える物語 2019/01/25(金) 00:58:12.95 ID:9s7G4K7J.net

海未「すみません、お邪魔をしてしまって」

希「構わないよー、真姫ちゃん、お客様は大事にね」

真姫「はいはい」

ことり「真姫ちゃん」

真姫「ん?なに?」

ことり「はい、どうぞ」スッ

真姫「私、今、そんなに甘いものは」

ことり「真姫ちゃん?」

真姫「!...はいはい....」



117: 名無しで叶える物語 2019/01/25(金) 01:03:22.79 ID:9s7G4K7J.net

希「いやー...まさか、この部室にここまで人が集まるなんてね」

真姫「そうね」

希「去年までが一人だったのに....いやー!嬉しいもんやね」

真姫「こんな意味のわかんない部活じゃね」

希「手厳しいなぁ...真姫ちゃんは...」

凛「でも今は凛達がいるよ」

希「そうやね...真姫ちゃんと出会って真姫ちゃんが部に入ってくれて...凛ちゃんや花陽ちゃんも入ってくれて」

真姫「.......」

希「うちは嬉しいよ、本当に」

花陽「希ちゃん...」

希「えへへ、ちょっと照れくさいね」



118: 名無しで叶える物語 2019/01/25(金) 01:05:16.52 ID:9s7G4K7J.net

希「いやーこうして知り合いさんも増えたし、いい一年だった!」

真姫「いい雰囲気のとこ悪いけど、まだ事件は解決してないからね」

希「そうやね、ごめんごめん」

真姫「もう.....」


ガチャン

絵里「皆ーここにいるかしら?」

希「お、エリチ待ってたよーどうやった?」

にこ「あんた達、こっちが調べてるのに呑気にお茶会?」

希「あれ?にこっちそっちにいたんやね、全然気が付かなかった」

にこ「キャラメルを口に詰めるわよ」

希「ごめんなさい、勘弁してください」



119: 名無しで叶える物語 2019/01/25(金) 01:09:09.93 ID:9s7G4K7J.net

絵里「なんとなく目星が着いたわ」

海未「仕事が早いですね、流石生徒会長」

穂乃果「頼りになるー」

絵里「もう...茶化さないで」

真姫「でも、よく目星がそんな簡単に着きましたね」

絵里「今回は簡単だったわ」

希「簡単だった?」

絵里「えぇ、事件があった日からずっと休んでる生徒何人かいてね」

真姫「成程」

絵里「その生徒から話が聞ければなにかわかるかもしれないわ」

海未「そうですね」



120: 名無しで叶える物語 2019/01/25(金) 01:11:38.58 ID:9s7G4K7J.net

絵里「そうすれば3組に分かれましょう」

穂乃果「3組にですか?」

絵里「えぇ、ちょうど各学年に1人ずつ該当者がいるから、学年ごとに分かれて行きましょう」

海未「たしかにそっちのが方が聞き取りができるかもしれませんね」

にこ「本当に事件に関係してるならね」

希「OK、ならさっそく行こうか?」

絵里「えぇ、これがその子達の名前と住所よ」スッ

真姫「わかりました」

穂乃果「よし!行こう!!ことりちゃん!海未ちゃん!!」

海未「ほ、穂乃果!引っ張らないでください」

ことり「待ってよー二人共」



121: 名無しで叶える物語 2019/01/25(金) 01:14:23.44 ID:9s7G4K7J.net

バタン

真姫「私達も行きましょうか」

花陽「そうだね」

凛「じゃあ、希ちゃんまた後でね」

希「うん」

にこ「じゃあ、にこ達も....」

絵里「行きましょうか」

希「そうやね」



125: 名無しで叶える物語 2019/01/26(土) 00:19:13.16 ID:c+bEO+wq.net

ことり「...だめだったね」

穂乃果「話もしてくれないなんて」

海未「完全に面会謝絶でしたね、しかし、あの様子だということはなにかがあったのは明白ですね」

ことり「そうだね....」

穂乃果「親御さんの話通り、部屋からはろくに出てこないってのが本当なら相当だよね」

海未「なにかを隠しているのか...それともなにかに脅えているのか」

ことり「一体何があったんだろう...」

海未「それは本人達に聞いてみない事には」

穂乃果「むー...そうだ!他の人達はどうだったか聞いてみよう!」



126: 名無しで叶える物語 2019/01/26(土) 00:29:15.73 ID:c+bEO+wq.net

絵里「友達ではないけど、面識はあったのにあそこまで拒絶されるなんて」

にこ「確実になにかがあった感じね、あれは」

希「まともに話すらできんかったもんね」

絵里「あの子、たしか一人暮らしだったはずだから心配ね」

希「話さえ聞ければ前に進めるかもしれないのに」

にこ「この様子だと他もダメな感じかもね」

希「あ、2年生組からメールが来てる」

にこ「なんて」

希「向こうもやっぱりだめやったみたい」

絵里「一体、あの夜になにがあったって言うの?」



127: 名無しで叶える物語 2019/01/26(土) 00:31:10.12 ID:c+bEO+wq.net

『何も話したくない!!聞きたくない!帰って!!』

凛「っ......」

「ごめんなさい、やっぱりだめみたい」

花陽「これ、学校の書類です」

「ありがとう、あの子ずっとあの調子なのよ」

真姫「.......」

「お風呂にすら入りたくないなんて...もうこっちもなにがなんだか」

花陽「そうですか....」

真姫「凛、花陽、帰りましょう」

凛「真姫ちゃん...」

真姫「これ以上お邪魔しても迷惑よ、帰りましょう」

花陽「そうだね...真姫ちゃんの言う通りかも」


『!....まき?....まさか....』



128: 名無しで叶える物語 2019/01/26(土) 00:40:39.00 ID:c+bEO+wq.net

真姫「私達はこの辺で失礼します、お邪魔してすいませんでした」

「こちらこそ、わざわざありがとうございました」

真姫「それでは失礼します」

『待って!!!』

真姫「!」

凛「え?」

『まきって....まさか...あの西木野真姫なの?』

真姫「あのって意味がわからないけど、私は西木野真姫よ」

『!....そう....』

真姫「.........」

『お母さん、ちょっと西木野さんと話したいからどっかに行っててくれる?』

「え?」

『早く!!どっかに行ってて!!』

「!わ、わかったわ....」



129: 名無しで叶える物語 2019/01/26(土) 00:41:40.04 ID:c+bEO+wq.net

真姫「....貴方、ま...お母さんは大切にしなさいよ」

『お説教はやめて!貴方に相談したいことがあるの』

真姫「相談?」

『ここでは言いたくないから.....後で話す....』スッ

凛「床とドアの隙間からなにか出てきたにゃ!」

花陽「紙?」

『あとでこのアドレスにメールを頂戴、詳しくはその時に話すから』

真姫「わかったわ」

『ここで話せることはこれくらいよ、わかったら帰って!!!』



130: 名無しで叶える物語 2019/01/26(土) 00:48:54.63 ID:c+bEO+wq.net

凛「なんなの!あの子、自分勝手すぎるにゃ!!」プンプン

花陽「まぁまぁ、凛ちゃん」

真姫「それだけ追い詰められているってことよ、多分ね」

凛「でも、なんで真姫ちゃんにはアドレスを渡したんだろう?」

真姫「さぁね?もしかしたら私の噂でも聞いたか知ってたんじゃないの?」

花陽「だから真姫ちゃんを頼ってきたんだね」

真姫「多分ね」

凛「これで少しは事件の全容がわかればいいね」

真姫「そうね」



131: 名無しで叶える物語 2019/01/26(土) 00:50:19.45 ID:c+bEO+wq.net

希「へー、真姫ちゃんに頼ってきたんだ、その子」

真姫「まぁ、メールに対して返信はないけどね」

穂乃果「でもでも、なにかわかりそうなかんじだね!あ、すいません!注文いいですか?パンケーキを一つお願いします」

海未「穂乃果、夕飯前にそんなものを食べたら太りますよ」

穂乃果「ことりちゃんと半分こするから大丈夫だもん!」

海未「そうやってまた屁理屈を...」

ことり「海未ちゃんも食べる?」

海未「いや、私は....」

「パンケーキ、お待たせしました」

海未「!」

穂乃果「うわぁ、美味しそう!」

海未「.........」



132: 名無しで叶える物語 2019/01/26(土) 00:56:12.98 ID:c+bEO+wq.net

絵里「じゃあ、なにか動きがあったら教えて頂戴、後輩にまかせっきりってのもなんか嫌だし」

にこ「そうね、一人でなんでも抱えこまないように誰かさんみたいに」チラッ

絵里「....ポテト分けてあげないわよ」

にこ「冗談よ、冗談」

希「それにしてもこんな大人数でファミレスに来るなんてうち初めてや」

真姫「いや、私だって初めてよ」

絵里「普通はこんな人数で行動なんかしないから、新鮮ね」


海未「.........」モグモグ

ことり「海未ちゃん美味しい?」

海未「はい、とっても...」

穂乃果「はい、海未ちゃんも共犯ね!!」

海未「!つい....食べてしまいました...」

穂乃果「海未ちゃんは食いしん坊だからねー」

海未「っ!ほ、穂乃果には言われたくないです!!!」



133: 名無しで叶える物語 2019/01/26(土) 01:01:55.14 ID:c+bEO+wq.net

真姫「........」モグモグ

希「真姫ちゃん、一枚ピザ頂戴ー」

真姫「いいわよ」

希「真姫ちゃんは相変わらずトマトが好きやね」

真姫「別にいいでしょ」

希「うちは真姫ちゃんが好きだけどね」

真姫「はいはい」

希「もう、つれないなー」

真姫「.........」

希「あ、ケーキ食べる?」

真姫「ピザを食べてるタイミングでそれを言う?」



137: 名無しで叶える物語 2019/01/26(土) 19:01:51.40 ID:c+bEO+wq.net

真姫「ふぅ...今日は疲れたわ」

「真姫ちゃん、最近お友達がいっぱいで楽しそうね」

真姫「まぁ....退屈じゃないわね」

「中学の時はお友達が少なかったから心配してたけど、お友達がたくさんできてママは嬉しいわ」

真姫「ちょっと騒がしいけどね」

「南さんのところにことりちゃんも帰ってきてるらしいし、久しぶりに会ってみたいわね」

真姫「ことりは相変わらずほわっとしてたわ」

「そう、元気そうでよかったわ」

真姫「えぇ、元気よ」

「真姫ちゃん」

真姫「なに?ママ?」

「お友達は大切にね」

真姫「...わかってるわ、ママ」



138: 名無しで叶える物語 2019/01/26(土) 19:05:25.34 ID:c+bEO+wq.net

~♪

真姫「ん?」

「どうしたの真姫ちゃん?」

真姫「...噂をすればなんとやらね、ちょっと出かけてくるわ」

「どこに?こんな遅い時間に?」

真姫「私、今...部活の卒業制作をしてるの」

「あら懐かしいわね、ママもやったわよ、それ」

真姫「いいアイデアがでたから手伝ってほしいって」

「部活ってことはあの希ちゃんって子のところかしら?」

真姫「そうね、他のメンバーも集まるらしいから泊まりになるかも....」

「明日はお休みだからいいけど、お友達に迷惑をかけないようにね」

真姫「わかってるわ...それで...」

「パパには私から言っておいてあげる」

真姫「ありがとう、ママ」



139: 名無しで叶える物語 2019/01/26(土) 19:08:56.88 ID:c+bEO+wq.net

真姫「...........」

「指示通りに一人で来た?」

真姫「えぇ、なんでこんな時間に学校に呼び出したのよ」

「人がいない場所で話をしたかったのよ、それに貴方なら私の話を信じてくれそうだし」

真姫「それであの日の夜のことを話してくれるのかしら?」

「もちろん話すわ」

真姫「ならさっさと話してもらおうかしら?こっちだって無理をして家を抜け出してるんだからそんなに遅くまで付き合うつもりはないんだけど」

「ちゃんと話すわよ、ここだと寒いから中で詳しく話すわ」

真姫「...わかったわ」

「..........」



140: 名無しで叶える物語 2019/01/26(土) 19:18:38.15 ID:c+bEO+wq.net

「あの日も私達はこうやって学校に忍び込んだわ」

真姫「.........」

「そして空き教室にあった鏡を運び出した」

真姫「あのキャスター付きの大きな鏡ね」

「...そこまでばれちゃっているのね」

真姫「そしてあそこまで運んだ」

「そうよ、そして噂を確かめようとした」

真姫「それでなにかが起きた、そうよね」

「えぇ...開いてはいけないものを開いてしまったのよ」

真姫「開いてはいけないもの?」

「そう...決して開いてはいけないものをね」



141: 名無しで叶える物語 2019/01/26(土) 19:22:32.84 ID:c+bEO+wq.net

真姫「一体、何を開いたの」

「...私の話を信じてくれるの?」

真姫「信じるも何も、実際にこうして事件が起きてるんだから信じるしかないでしょ」

「そう...貴方に頼んでよかったわ、ちゃんと話を聞いてくれるし」

真姫「なんで私だけを呼んだのよ」

「それは貴方が霊感を持っているって話を聞いたことがあるから」

真姫「成程、そういうことね」

「だからこういうことを言っても信じてもらえると思ったし、問題を解決してくれると思ったのよ」

真姫「問題って今、入院している子のこと?」

「それだけじゃないわ」

真姫「それだけじゃない?」



142: 名無しで叶える物語 2019/01/26(土) 19:28:09.85 ID:c+bEO+wq.net

「それは....」

真姫「それは?」

「.........」

真姫「どうしたのよ?いきなり黙って」

「.........」

真姫「ちょっと、無視をしないでよ」

「ごめんなさい、ちょっとぼーっとしちゃったみたい」

真姫「ふざけてるの?」

「ふざけてないわ、ごめんなさい」

真姫「...それでなにがあったの?」

「鏡よ...私達は鏡に狙われている」



143: 名無しで叶える物語 2019/01/26(土) 19:33:33.98 ID:c+bEO+wq.net

真姫「鏡に狙われている?どういうことよ」

「皆が学校に行かないで引きこもってる理由を知ってる?鏡を見たくないからよ」

真姫「見たくないって....」

「鏡に自分じゃない自分が写る、そして自分達を鏡の中に引き込もうとする」

真姫「鏡の中?」

「だから私達は鏡は見たくない....見れないの」

真姫「じゃあ、今入院してる子は....」

「そうよ、あの子は鏡の中に引き込まれた、私達も助けようとはしたけど....すごい力で3人がかりでも無理だったわ」

「それで引き込まれた後、また鏡から手が出てきて怖くなって私達はその場から逃げ出したわ」

真姫「逃げ出した?」

「えぇ、あの子を見捨てて、でも...あの場に残っていたら私達も!!」

真姫「鏡はどうしたの?」

「鏡?」

真姫「合わせ鏡をしたのよね、持ってきた鏡はどうしたのよ」

「どうしたって...逃げ出したからその場に残していっちゃったけど」

真姫「...どういうこと?」



144: 名無しで叶える物語 2019/01/26(土) 19:37:39.34 ID:c+bEO+wq.net

「どうしたのよ」

真姫「その持ってきた鏡は現場には残っていなかったのよ」

「え」

真姫「その代わりにその空き教室の鍵が残されていたわ」

「嘘よ!!だって片付けないで逃げたからそんなはずないわ!!!」

真姫「........」

「人を怖がらそうとしてるのね!!やめてよ!!!そういうの!!」

真姫「怖がらせようとはしてないわ、なら...なんで...」

「............」

真姫「.........」ゾクッ

真姫(なにこの寒気は....まさか....)



145: 名無しで叶える物語 2019/01/26(土) 19:42:56.72 ID:c+bEO+wq.net

「............」

真姫「とにかく状況を一回整理しましょう、ここだとあれだし....違うとこでゆっくり話さない?」

「..........」

真姫「?どうしたの?聞いてるの?」

「..........」

真姫「極限状態なのはわかるけど、無視はしないでほしいわね」

「だめよ」

真姫「え?」

「貴方はここから帰ることはできない」

真姫「仕返しのつもり?ふざけないで!!」

「...逃がさない....」

真姫「!」



146: 名無しで叶える物語 2019/01/26(土) 19:44:13.26 ID:c+bEO+wq.net

「........」

真姫「そういうことだったのね...随分とまわりくどいことをするわね、鍵もこの為に....」

「お前を使って開く」

真姫「狙いは私ってことね、何が狙いなの?」

「開くだけ、私はこの世界に戻る」

真姫「この世界に戻る?」

「お前に魂を貰い、世界を繋ぐ」

真姫「そう....でも簡単にはあげるつもりはないわ」

「.....!!」


海未「正体を現したようですね」

絵里「逃げ場はないわよ」

凛「真姫ちゃんから離れるにゃ!!」

「こざかしい....」



147: 名無しで叶える物語 2019/01/26(土) 19:52:28.57 ID:c+bEO+wq.net

希「大丈夫?真姫ちゃん!?」

にこ「全く、見てるこっちはたまったもんじゃないわよ」

真姫「すいません...でもこれくらいしないと尻尾を出さないと思いましたので」

ことり「あの子からなんか嫌な感じがする...」

花陽「はい...冷たい嫌な感じが...」

穂乃果「貴方は完全に包囲されてるよ!!」

「..........」

真姫「さぁ、皆を開放してもらおうかしら?」

「ふふ....」

希「わ、笑ってる?」

「あははははは!!!!」



148: 名無しで叶える物語 2019/01/26(土) 20:03:21.00 ID:c+bEO+wq.net

真姫「抵抗をしても無駄よ、こっちは9人いるのよ」

「抵抗?そんなにしなくても.....」グッ

海未「なっ.....」

絵里「か、体が動かない!?」

凛「なんで!?」

希「まさか金縛り!?」

「ふふふ...大した人間じゃなくても4人いればそこそこの力は使えるみたいね」

真姫「4人?まさか....」

「今頃、4人共...私の中で仲良くしているわ」ニヤッ

花陽「っ!!」ゾクッ

「そして貴方の魂をいただければ...私はこの世界に完全に戻れる」

真姫「このっ.....動けない!!」

「もらうわよ、貴方の魂」



149: 名無しで叶える物語 2019/01/26(土) 20:03:59.84 ID:c+bEO+wq.net

真姫「なんで私なのよ、私が霊感を持っているから?」

「そうね....まぁ、色々とあるけどそこまで話す必要はないわ」

真姫「っく....」

「それじゃあ...いただくわ」

希「真姫ちゃん!!!!」

真姫「っ......の...ぞ....」

真姫「」

ドサッ!

絵里「!!!」

凛「真姫ちゃん!!!」

真姫「」



150: 名無しで叶える物語 2019/01/26(土) 20:09:18.48 ID:c+bEO+wq.net

「....これは?成程...そう簡単にはいかないみたいね」

希「真姫ちゃん!!真姫ちゃん!!」

「この学校の中にはいるみたいね、共鳴してるわ、魂が」

海未「動いてください!!!なんで体が動いてくれないんですか!!」

「いいわ....すぐに探し出してみせるわ」

絵里「この!!!」

「まずは逃げ出せないように....この学校を変える」

にこ「あいつを一体何を....」

パー!!!

花陽「な、なに!?」

絵里「眩しい!!」



151: 名無しで叶える物語 2019/01/26(土) 20:12:58.81 ID:c+bEO+wq.net

海未「っ........」

にこ「....消えた?...それに動ける....」

希「真姫ちゃん!!」

絵里「西木野さん!!」

真姫「」

凛「真姫ちゃん...嫌だよぉ...ふざけないでよ!!!」

ことり「真姫ちゃん!起きて!!!」

希「真姫ちゃん....真姫ちゃん.....」

にこ「これは大変な事になったわね」



152: 名無しで叶える物語 2019/01/26(土) 20:17:45.03 ID:c+bEO+wq.net

海未「さっきのが魂って言ってましたね...ということは....」

絵里「今の西木野さんが目を覚まさないということは....」

花陽「本当に魂が抜かれているってこと?」

凛「そんな.....」

ことり「なんで真姫ちゃんが....こんな目に...」

にこ「さっきのやつを倒せば...もしかしたら元に戻るかもしれないわ」

海未「その可能性はありますね」

穂乃果「真姫ちゃん....」



153: 名無しで叶える物語 2019/01/26(土) 20:22:53.38 ID:c+bEO+wq.net

『あら、貴方達もこの世界に来てしまったみたいね』

絵里「この声は....さっきの」

凛「真姫ちゃんを返すにゃ!!」

『半分の魂だったからかしら、力が不十分ね』

海未「半分の魂?」

『貴方達には関係のない話よ、私の邪魔をしないように...邪魔をするようなら容赦はしないから』

にこ「勝手に人の魂を奪っておいて...なんて言い草なの」

『痛い目に遭いたくなかったらそこでおとなしくしてるのね』

絵里「ふざけないで!!!」

『まぁ、好きにするといいわ...じゃあ、せいぜい死なないように頑張りなさい』



154: 名無しで叶える物語 2019/01/26(土) 20:27:20.27 ID:c+bEO+wq.net

真姫「」

希「真姫ちゃん...嫌だよ...真姫ちゃん...起きて...」

絵里「希....」

花陽「なんでこんなことに....」

ことり「これからどうする?」

海未「あいつから取り返すんです、西木野さんを」

穂乃果「そうだね!!やろう!!」

にこ「でも、どうやって?さっきのあの感じだと容易じゃないわよ」

絵里「それでもやるしかないわ....西木野さんを助けるのよ!!」

凛「そうですね...真姫ちゃんを取り返すにゃ!!」



155: 名無しで叶える物語 2019/01/26(土) 20:35:15.46 ID:c+bEO+wq.net

コツ...コツ...

絵里「!」

海未「誰か来る...?」

ことり「まさか...さっきの人?」

凛「っ....」

にこ「..........」スッ


「~♪」

ことり「え?女の子?」

凛「なんでこんなに小さい女の子が学校に...」

にこ「というかこの子どっかで見たことあるような....」

「お姉ちゃん達、ここで何をしてるの?」



156: 名無しで叶える物語 2019/01/26(土) 20:40:54.52 ID:c+bEO+wq.net

ことり「え.....え!?」

海未「どうしたんですか?ことり」

ことり「この子...私、知ってる...」

絵里「え?知ってるの?」

ことり「うん....でも....」

にこ「誰なの?この子」

ことり「この子....真姫ちゃんの小さい頃にそっくりなの!」

凛「え?」

「~♪」

ことり「...真姫ちゃん?」


「終わらないパーティはじめよ?」

To Be Continued



157: 名無しで叶える物語 2019/01/26(土) 20:43:18.67 ID:c+bEO+wq.net

日常と非日常は常に近くに存在している
朝と夜、コインの表と裏の様に簡単に日常は変化する、そんな彼女達の活動記録もついに終わりを迎える

「終わらないパーティはじめよ?」

果たして彼女達は真姫ちゃんや他の生徒の魂を取り戻し、無事に元の世界に戻れるのか

「あの日から私は....」

次回、最終回

「....真姫ちゃん?....」

「卒業おめでとう...希」



158: 名無しで叶える物語 2019/01/26(土) 20:43:50.27 ID:c+bEO+wq.net

これでおしまいです
最後までお付き合いいただきありがとうございました


元スレ
真姫「卒業制作と合わせ鏡」