1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/01/27(日) 01:45:46 ID:n3/rHHUg

怜「ピクピクしてて可愛ええなぁ…♡」

竜華「ほんまやなぁ…♡」



2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/01/27(日) 01:46:17 ID:n3/rHHUg

怜「こうやって…」フー

怜「根元から先っぽへ、先っぽから根元へ…」フー

怜「気持ちええなぁ…?」フー

竜華「気持ちええやろ?」耳元ボソッ



3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/01/27(日) 01:46:47 ID:n3/rHHUg

怜「ん…そろそろ触って欲しいんか?」

怜「なんや、亀さんからエッチな匂いしてきたで…?」

怜「くんくん」

怜「臭いなぁ…♡」

竜華「くんくん」

竜華「臭いわぁ…♡」



4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/01/27(日) 01:47:18 ID:n3/rHHUg

怜「いま、ここに…」金玉ツンツン

怜「ぷりぷり精子さん、ウチらの為に溜めてくれとるんやろ…?」

竜華「可哀想になぁ…外になんか出れへんのに」ツンツン

怜「…ん?」

怜「え、金玉つつかれただけで、もうイキそうなん?」

竜華「だーめっ」ギュッ

竜華「ほら、根元を抑えたら射精できへんやろ?」

怜「あぁ、射精したいのに、できへんなぁ…?」

怜「つらい、つらいは、嫌やなぁ…?」



5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/01/27(日) 01:47:48 ID:n3/rHHUg

怜「くんくん」

怜「…んはぁ、匂いが濃ゆくなっとるなぁ」

竜華「びくっ、びくって、おちんちんが生きてるみたいや」

竜華「……」シコッ

竜華「あはっ、手でちょっと擦っただけやのに、えらい気持ち良さそうやんな…?」

竜華「えいっ、えいっ」シコッ シコッ

怜「あ、りゅーか、なんか先っぽから出とるで」

竜華「それはな、とき、我慢汁って言うんやで?」

怜「ふーん…」

怜「……ふーっ」

怜「あっ♡ お汁さん、また出てきたで」

竜華「あーあー、ときは悪魔やなぁ」

怜「りゅーかに言われたないなぁ…」



6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/01/27(日) 01:48:18 ID:n3/rHHUg

竜華「左手の人差し指と親指でわっかを作って…」

竜華「根元をぎゅー…」

怜「亀さん、真っ赤で可愛いわぁ…♡」

怜「ふー♡ ふー♡」

竜華「空いとる右手で、竿を優しく包みこんで…」

竜華「しこっ…しこっ…」シコッ シコッ

竜華「おちんちん、あっついわぁ…♡」

にちゃっ にちゃっ

怜「エッチな音が聞こえてくるなぁ…?」

竜華「恥ずかしい…? なぁ、変な音聞かれて恥ずかしい…?」

怜「もう頭のなか、射精でいっぱいやんなぁ…?」



7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/01/27(日) 01:48:50 ID:n3/rHHUg

竜華「だーめっ」ギュッ

怜「おちんちん、破裂しちゃうで…?」

竜華「ぱんぱんに腫れ上がって、弾けてまうなぁ…」

竜華「でも…ええんちゃう…?」シコッ シコッ

竜華「人生最後のお射精…きっと、気持ちええで…?」シコッ シコッ

怜「破裂する瞬間、今まで味わったことのない快感で頭まっしろになって…」

怜「痛みも、絶望も、ぜんぶ、後回し…」

怜「ただ、刹那の快楽に溺れる…」

竜華「おちんちん、このままじゃ駄目になってまうなぁ…?」

怜「駄目にしよ…?」

怜「最高の一瞬を味わうために、おちんちん破裂射精…」

怜「しよ…?」



8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/01/27(日) 01:49:34 ID:n3/rHHUg

竜華「あは、あははっ!」

竜華「泣いとる、泣いとるで! とき!」

竜華「大の男が、みっともないなぁ…?」

怜「泣くほど気持ちええもん、仕方ないよなぁ…?」

竜華「んー? 左手、離してほしい…?」

竜華「じゃあ…10秒間、一回もおちんちんビクつかせなかったら、離したる」

怜「たったの10秒やって、がんばろなぁ…?」

怜「がんばれば、好きなだけお射精、させたるからなぁ…?」



9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/01/27(日) 01:50:06 ID:n3/rHHUg

竜華「はい、いーちっ」

怜「10秒、おちんちん動かしちゃ駄目やで?」

竜華「にーいっ」

怜「さすがに可哀想やから、今だけは何もせんといてあげるわ…」

竜華「さーんっ」

怜「えへ、ウチ、優しいやろっ♡」

竜華「しーいっ」

怜「ほらほら、気ぃ抜いたらあかんよ…?」

竜華「ごーおっ」

怜「もう半分やで、よくがんばったなぁ…」

怜「えらい、えらいなぁ…♡」



10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/01/27(日) 01:50:38 ID:n3/rHHUg

竜華「ろーくっ」

怜「いい子、いい子、こんないい子には、ご褒美あげんとなぁ…?」

竜華「なーなっ」

怜「…なぁ、普通に射精するんは、つまらないやろ…?」

竜華「はーちっ」

怜「おまんこ…♡」ボソッ

竜華「きゅーう…」

怜「あと1秒耐えたら、ウチのおまんこに、好きなだけ精液流し込んでええで…♡」

怜「びゅるっ、びゅるって」

怜「ウチの腰を強く掴んで、きつきつおまんこの一番奥に、ウチが嫌、嫌って言っても、何度も、何度も…」

怜「な…? 赤ちゃん、つくろ…?♡」

ピクッ

怜「あ…」

竜華「あーあ」



11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/01/27(日) 01:51:09 ID:n3/rHHUg

竜華「我慢、でけへんかったなぁ…?」

竜華「悪いおちんぽ、駄目ちんぽ」

竜華「こんなおちんぽ、もう、いらんよなぁ…?」

怜「ごめん…ごめんなぁ…?」

怜「ウチのせいやな…ごめんなぁ…?」

竜華「ときは何にも悪くないよ?」

竜華「悪いんは…こいつや!」ギュギュッ

竜華「この左手、もう絶対に離さへんからなぁ…?」

怜「ごめん…ごめんなぁ…」

怜「せめて、最後のお射精くらい、ウチがめいっぱい気持ちよくしてあげるからなぁ…?」

怜「…あむっ」



12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/01/27(日) 01:51:41 ID:n3/rHHUg

怜「んぷ、じゅっ、じゅっ、じゅるじゅる、はぁ…んっ、じゅっ」ジュポジュポ

竜華「ほら、よう見てみぃ?」

竜華「あんなに小さくて可愛いときのお口に…」

竜華「あんたのグロい馬鹿ちんぽ、食べられちゃってるんやで…?」

怜「はむ、んちゅ…っ」チュッ

怜「ほへん…ほへんひゃぁ…? んぶっじゅるっ」ジュポジュポ

竜華「ふふ、もう限界…?」

竜華「だーめ、その限界を超えるんが、ウチからの罰なんやから♡」

竜華「ほらほら、右手で乳首も弄ってあげるで?」コリッコリッ

竜華「女の子みたいに固くして…ほんま、やらしいなぁ♡」コリッ



13: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/01/27(日) 01:52:12 ID:n3/rHHUg

怜「んはぁぁ…れろれろれろれろ、ちゅっんちゅっちゅっ」

怜「は…ん、じゅろろろろろっ! じゅるじゅるっ!じゅるっ!」グッポグッポ

竜華「わぁ、おちんちんこんなに脈打って、めっちゃ暴れん坊さんやんなぁ…?」

竜華「ふふ、そんな何度も言われんでもわかっとるよ…?」

竜華「イクぅ…♡ イッちゃうんやろ…?」

竜華「んっ」チュッ

竜華「…えへ、キスしちゃったわ♡」

怜「んっんっんっ、じゅるるる! じゅるるるるろろろろろ、んぐっ…はぁむ、ちゅ、れろ…」

竜華「最後の射精なんやし、ウチもそこまで鬼やないもん、ウチ、優しいやんな…?」

竜華「いっぱい、いっぱい、キスの雨降らしたるから…♡」

竜華「ウチと濃厚なキスしながら…おちんぽ破裂射精、して……?」



14: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/01/27(日) 01:53:32 ID:n3/rHHUg

怜「…ん、ぷはっ!」

怜「伝わるで…もうどうなってもいいって、最後になってもいいから、射精したいって…」

怜「…ええよ、ウチのお口まんこ、妊娠させるくらい、がんばっていっぱい出してや…?」

怜「ウチもがんばって、喉の奥の奥で、受け止めたるから……」

怜「はむっ、んぐごっ、んんっ、んんんっ!!」

竜華「ちゅっ…ちゅっ…」

竜華「はぁ…舌、べーってして?」

竜華「はむ、ちゅ……じゅる、れろぉ……♡」ツー

竜華「……好き」ボソッ

竜華「好き、好き、大好き、愛してる」ボソッ

竜華「……なぁ、今日はウチらに弄ばれて、楽しかったやろ? 嬉しかったやろ?」

竜華「それなら、お礼、せなあかんよな…?」

竜華「ほら、ほらほら」

竜華「最後の射精花火で、ウチらを楽しませぇ」

竜華「……おら、イけ」ボソッ



15: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/01/27(日) 01:54:04 ID:n3/rHHUg



────びゅくっ! びゅくびゅくっ!

────どびゅるるるるる、びゅるっ! びゅるっ!

……びちゃ。



16: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/01/27(日) 01:55:14 ID:n3/rHHUg

竜華「……ん?」

怜「お、目が覚めたみたいやな」

怜「どうや? りゅーかの太もも、気持ちええやろ?」

竜華「とき以外にするんは、やっぱむずむずするなぁ…」

怜「……えっ?」

怜「今、なんて……?」



17: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/01/27(日) 01:55:45 ID:n3/rHHUg

竜華「な、な、なっ……!」

怜「急に何を言うてるん…? お、おち……って」

竜華「は、破廉恥やぁ! 破廉恥がウチの太ももにおるぅ!」

怜「……なんや、随分いやらしい夢見てたみたいやなぁ」

竜華「うわぁぁ……っ///」

怜「ほら、いつまでも寝っ転がってないで、シャワーでも浴びてきたらどうや?」

怜「うん、ウチらはここで待っとるから」

竜華「……」


怜「ふ、ふふふ」

竜華「あは、あはは」


────おしまい


元スレ
SS深夜VIP:園城寺怜「おち○ちん、ふー、ふー」