1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/09(木) 16:09:32.93 ID:4x20ZHaa0

※複数P世界、安価スレ
エロ・鬼畜は安価下
誤字脱字・駄文・キングトータス注意
オリジナル設定注意
そうだ、ウルトラ怪獣と暮らそう

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1436425762




2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/09(木) 16:10:49.60 ID:4x20ZHaa0
3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/09(木) 16:11:41.62 ID:4x20ZHaa0

朝 七海Pの家 七海Pの部屋



七海P「…………………………」

目覚まし時計「Wake up!」
ピピピピピピピピ

七海P「…………………………」

目覚まし時計「Wake up!」
ピピピピピピピピ

七海P「…………………………」

目覚まし時計「Wake u…………」
ピピピピピ カチッ

七海P「……ハァ………………」





4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/09(木) 16:12:25.30 ID:4x20ZHaa0

七海P「……もう朝か……早えな…………くぁぁぁぁ……………」

目覚まし時計「……………………」

七海P「………今日もまたクソガキ共の子守りを…………」

七海P「…………………………」

七海P「………………」バサッ!

七海(下着姿)「くぅ……くぅ……………」
スヤスヤ……

七海P「…………………………」

七海「…………くぅ…………くぅ……………………」スヤスヤ……




5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/09(木) 16:13:14.23 ID:4x20ZHaa0

七海「あ…そこは……だめれす……もっと……優しく……………………」

七海P「…………………………」

七海「……そんな…………黒くて太くて大きな……お竿なんて………………」

七海P「………起きてるだろ?」

七海「………………………………」

七海P「…………………………」

七海「七海はネムリブカみたいにぐっすりれす〜。」

七海P「起きてんじゃねえか。」

七海「えへへへへ〜♪」





6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/09(木) 16:14:07.61 ID:4x20ZHaa0

七海「うーん……七海の迫真の演技だったのれすけろ…………」

七海P「………毎朝やられてりゃ嫌でも分かるようになる。もうその手には騙されねえぞ!」

七海「……チッ…………つまんないれすね。」ボソッ

七海P「あ?」

七海「ただの独り言れす〜。」ニコニコ

七海P「…………………………」

七海「……………………」ニコニコ

七海P「……………チッ……」///



7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/09(木) 16:15:09.35 ID:4x20ZHaa0

七海P「…………ったく……………もういいから…………早く服を着ろ!」///

七海「着てましゅけろ?」ケロッ

七海P「着てねえだろ!」///

七海「あれあれ〜、下着は服には入らないんれすか〜?」

七海P「ぐっ…………そ、そう言う意味で言ってんじゃねえ!!」///

七海「>>9」



8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/09(木) 16:16:26.14 ID:qs/H78gAO

仕方ないれすね~……せめて、今日は七海Pさんが服を選んでください。



10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/09(木) 16:24:47.98 ID:4x20ZHaa0

七海「仕方ないれすね~……せめて、今日は七海Pさんが服を選んでくらさい。」

七海P「ああ?!」

七海「別に七海はこのままでもいいれすけろ〜…?」

七海P「…………ああああ!!分かったよ、分かった!選んでやりゃあいいんだろ!」

七海「えへへ〜、七海Pさんのそういう所が七海は好きれす〜。」

七海P「……………クソが…………」///



11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/09(木) 16:33:08.92 ID:4x20ZHaa0

5分後


七海P「…………ん!」
っ七海の普段着

七海「……いつものお洋服じゃないれすか……はぁ…これだから七海Pさんは…………」

七海P「うるせえ、選んでもらっておいて文句を言うんじゃねえ!」

七海「えへえへ〜、ま、七海Pさんに選んでもらったと思えば特別れす〜。」

七海P「…………っ……そこに置くからつべこべ言わずに着ろ。」///

七海「はいは〜い、えへへ〜、本当に可愛いれすね〜♪」



12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/09(木) 16:41:10.85 ID:4x20ZHaa0

七海「じゃあ今から七海のぴちぴちの生着替えを…………」

七海P「いいから早く着ろ!」///

七海「つれないれすね〜、んしょ…………」シュル……

七海P「おい。」

七海「はい?」

七海P「……どうして着るんじゃなくて脱ごうとしている?」

七海「下着を取り替えないと不潔じゃないれすか〜。夕べは激しかったから特に…………」

七海P「紛らわしい言い方をするな!アイツを水槽に入れただけじゃねえか!!」///




13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/09(木) 16:50:56.94 ID:4x20ZHaa0

七海「あ、替えの下着が箪笥の上から三段目に…………」

七海P「人の話を聞け!この際どうして俺の部屋に当然のようにテメェら箪笥があるのかは抜きにして……テメェには恥じらいって奴はねえのか?!」///

七海「安心してくらさい。生の七海は七海Pさんにしか見せないれすから。」

七海P「は、ハァ………?!」///

七海「えへへへへへ〜♪」

七海P「>>15」




14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/09(木) 16:51:44.29 ID:NnCgVX0J0

ッチ! もう付き合ってられっかチキショウ



18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/09(木) 17:00:24.13 ID:4x20ZHaa0

七海「……ッチ! もう付き合ってられるかチクショウ!」ガタッ!

七海P「俺は先に降りておくから着替えでも何でもやってろ!」
ズカズカズカズカ…!

七海「………………」ギュッ!

七海P「なっ……?!」

七海「えへへ〜……そんな事言って……本当は見たいんじゃないれすか?」

七海P「そんな訳ねえだろ、クソガキ。テメェの真っ平らな体を見たって何にも思わねえよ。」

七海「………………………………」




19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/09(木) 17:05:56.09 ID:4x20ZHaa0

七海「……………………」

七海P「な、何だよ…………?」

七海「…真っ平らかどうか見てみましゅか?」フニ

七海P「…………?!」///

七海「……七海Pさんがいいなら…………七海の方はいつでも…………いいれすよ…………?」

七海P「お、おい…………?!」///

七海「………もうキスまで行ったんれすから………………次は……………………」



20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/09(木) 17:16:02.89 ID:4x20ZHaa0

一階 ダイニングキッチン



葵「七海さん、今朝は顔色が特に良いっちゃ!何か良い夢でも見たのかや?」

七海「えへへへへ〜、釣った魚に餌をあげてたの〜♪」

葵「…………?」

七海「やったぁ〜、今朝はアサリのお味噌汁れす〜♪」

葵「…………………」

七海「七海、アサリのお味噌汁大好きれす〜♪」




21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/09(木) 17:27:20.32 ID:4x20ZHaa0

七海P「……ハァ………………」

葵「七海Pさんは朝から疲れて見えるけど………………」

七海P「……何でもねえ。早く飯持って来い。」

葵「……夏バテかな……?よし、夜は穴子の白焼きを作って食べさせちゃる!しっかり食べて体力を付けるっちゃ!」

七海P「……何でもねえって言ってんだろうが…………」

葵「む、夏バテを甘く見たらいけないっちゃ!食欲が無いからってちゃんと食べないでいると大変な事になるに………って、聞いてるかや?」

七海P「ああ、もう、聞いてるよ!」




22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/09(木) 17:44:20.36 ID:4x20ZHaa0

葵「むむむ……………あ、アサリと穴子で思い出したっちゃ!」

七海P「ん?」

葵「昨日から気になってたんだけど、あの水槽のは…………?」

ディプラス(155cm)「クェェェェ……♪」ヒラヒラ

ジェルガ(45cm)「……………」ヌーン

七海「この前釣れたお魚れす〜♪」

葵「>>24」



24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/09(木) 17:46:25.70 ID:/McjXZSAO

……生け簀……?



25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/09(木) 17:50:57.75 ID:4x20ZHaa0

葵「……生け簀……?」

七海P「いや、ソイツらはそこでいい。」

葵「?……だって捌くんだったら生簀に移しておかないといけないき……」

ディプラス・ジェルガ「?!」

七海P「……アレは食わねえよ…………」

葵「……そうなの……?」

七海「あのお魚さんたちは観賞用れす〜。」




26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/09(木) 17:59:27.55 ID:4x20ZHaa0

葵「ちゃあまぁ…!あたしはてっきり太刀魚か何かの仲間だとばっかり………」

七海P「太刀魚にツノはねえだろうが?」

葵「いや、そう言う珍しか魚かと…………もう一匹はよう分からんけど貝かや?」

七海P「…………貝……なのか?」

ジェルガ「………………」ヌーン

七海P「…………………………」

ジェルガ「………………」ヌーン

七海「アジの開き美味しいれす〜♪」パクパク






27: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/09(木) 18:07:58.82 ID:4x20ZHaa0

葵「………………………………」

七海P「…………………………」

七海「……もぐもぐ……あれれす、珍しい新種の生き物なんれす。もぐもぐ……だから葵さんが知らないのも…………もぐもぐ……無理はないれす。」

葵「ああ……なるほど……!新種………それなら納得が行くっちゃ!」

七海P(日頃から妙な生き物を捕まえてくる奴らのおかげで助かったぜ…………)

葵「餌は何をあげればいいの?」

七海「もぐもぐ……小魚と……プランクロ……プランクロ…………プランク……………………」

七海P「プランクトンを食べるからこまめに海水を変えときゃいいんだと。」



28: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/09(木) 18:14:35.44 ID:4x20ZHaa0

葵「はぁ……世の中にはあたしの知らねえ変わった生き物がたくさんいるっちゃ……!」

ディプラス「クェェェ……!」

ジェルガ「………………」ヌーン

七海「海は広いれすからね〜。もぐもぐ…………」

七海P「………………って、七海!テメェ、俺の分まで食ってんじゃねえ!」

七海「もぐもぐ……弱肉強食れす〜♪」

七海P「俺のアジの開き返せ!」

葵「あはははは!もう一尾焼くから少し待ってるっちゃ!」



29: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/09(木) 18:26:58.32 ID:4x20ZHaa0

樹上



翠P「………………」ピュィィィィィィィ

南風を追い抜く狩人(ハヤブサ)「……………」
バサバサバサバサ…!ストッ

翠P「…《南風を追い抜く狩人》よ。新しい友の具合はどうだ?」

南風を追い抜く狩人「…………」

翠P「ふむ、そうか。ふふっ……それは重畳だ。」

南風を追い抜く狩人「…………」

翠P「>>31」



30: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/09(木) 18:28:09.82 ID:qs/H78gAO

翠も新しい相棒の調子はどうだ?俺は最高クラスのパートナーだと思ってるが



34: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/09(木) 21:13:55.77 ID:4x20ZHaa0

翠P「翠も新しい相棒の調子はどうか?小生は最高レベルのパートナーと思っているが。」

翠「ふふ、そうですね………」
バサバサ…………ストン

翠「…………………………」
カチャ キリキリキリキリ……ビュゥゥゥゥン……!

翠P「…………………………」

翠「…………………………」

ガサッ! バサバサバサバサ……!




35: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/09(木) 21:14:58.31 ID:4x20ZHaa0

シーラ「キュピィィ……!」
バサバサバサバサ……!ポトッ……

翠「はっ。」パシッ!

瓜の実「………………………」

シーラ「チチッ…!」バサバサバサバサ
ストン

翠「よしよし……ありがとう。」

シーラ「チチッ……♪」

翠P「ほう……………」



36: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/09(木) 21:15:50.11 ID:4x20ZHaa0

翠「……と、言う感じです。」

シーラ「キュピッ、チチッ♪」

翠P「調子は良いようだな。翼は痛まないか?」

シーラ「ピピィィ!」

翠P「そうか……相性はどうだ?」

シーラ「チチッ、キュピ!」

翠P「…………ふふっ、それは何よりだ……」



38: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/09(木) 21:17:12.59 ID:4x20ZHaa0

翠P「小生が手を貸す必要は無さそうだな。」

翠「ふふっ、とても賢い子で…何事も飲み込みが早いんです。」

シーラ「チチッ♪」

翠「……………………」ナデ…ナデ…

シーラ「ククゥ…………♪」

翠P「………………………………」

翠「>>40」



40: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/09(木) 21:20:24.32 ID:H4Kqi57NO

…しかし、彼女は言っていました…二人の姫の力は一対だと
雷を補うは水…氷を溶かすは炎…天を追われた先代の姫に…敢えて死神の力を宿して姫の目付にしてまで…
一体何を望むのでしょうか…天空神よ……



43: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/09(木) 21:39:14.24 ID:4x20ZHaa0

翠「しかし、彼女は言っていました…二人の姫の力は一対だと……」

翠P「…………………………」

翠「…………雷を補うは水…氷を溶かすは炎…天を追われた先代の姫に…敢えて死神の力を宿して姫の目付にしてまで… 一体何を望むのでしょうか…天空神よ……」

翠P「……我々は只、天の行いに感謝して生きるのみだ。空があるから我々は生きる事が出来る。」

翠「…………………………」

翠P「……姫が二人居るならば、それで良い。友とは喜ばしき者だ。」

翠「………………………………」



42: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/09(木) 21:37:14.56 ID:4x20ZHaa0

翠P「この巡り合わせにも何か意味があるのだろう……」

シーラ「チュチッ?」

南風を追い抜く狩人「……………」

翠P「……ああ……そうだ。出会いには必ず意味がある。」

翠「……良くも悪くも、出会いは人を導きます。私たちがこうしているのも……また出会いの結果。」

翠P「………奇妙な出会いもあった物だ……ふふっ………」



44: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/09(木) 21:47:29.42 ID:4x20ZHaa0

翠「……姫と姫が出会う……それが何を意味するかは分かりません。何せ、前例の無い事ですから……」

翠P「小生の知識にも無い。況してや、死神の力などな。」

翠「…………ですが……不思議と悪い事が起きるような気はしません。……何故でしょうか、嬉しくも感じます。」

翠P「奇遇だな。小生もだ。…………誠に何故であろうな……」

朋「物事を難しく考えすぎなのよ。」ヒョコ

シーラ「ピピッ?!」




45: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/09(木) 21:53:30.34 ID:4x20ZHaa0

朋「アタシたちがどうこう考えたって、なる時はなるようにしかならないのよ。」

翠・翠P「………………………」

朋「どうして嬉しいかなんて、簡単よ。……未来に期待してるんでしょ?占うまでもないわ。」

翠「……期待……………」

朋「何にせよ、アタシは星花に新しい友達ができた、それだけで嬉しい。」

翠P「………………………」

朋「>>47」



47: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/09(木) 21:55:23.51 ID:/McjXZSAO

ただ……見て(水晶玉が真っ二つに)



49: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/09(木) 22:00:03.59 ID:4x20ZHaa0

朋「ただ……見て………」

翠・翠P「…………!!」

シーラ・南風を追い抜く狩人「?」

朋「……………………………」

翠P「………これは………?」

朋「………そう……割れちゃったのよ………」

翠「…………………!」

朋「……………………………」



50: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/09(木) 22:06:06.99 ID:4x20ZHaa0

朋「…………ぐすん……結構高かったのに…………」

翠・翠P「………………………」

朋「……この前のドサクサで落としちゃって…………ねえ、これ経費で………」

翠P「駄目だ。」

朋「まだ最後まで言ってないじゃない……」

翠P「経費でなら落とせんぞ?」

朋「えー……!」




51: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/09(木) 22:13:39.01 ID:4x20ZHaa0

翠「………水晶玉は無くとも占いに支障はありませんよね…?」

朋「気分の問題なの!なんか……こう……スピリチュアルな雰囲気?オーラ?が出せるって言うか……」

翠「は、はあ…………(未だによく分からないわ…………)」

朋「ね、だから……新しい水晶玉が無いと決まらないって言うか…………」

翠P「………………」ゴソゴソ…スッ……
っ家計簿

朋「!!」

翠P「…………ふむ…………」
ペラペラペラペラ……



52: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/09(木) 22:20:48.37 ID:4x20ZHaa0

翠P「……参考書籍等、30冊。」

朋「こ、こっちの占いも取り入れようと思って…………」ダラダラ……

翠「……このクリスタルスカル……?と言うのは…………」

朋「な、何だか運気が開けそうじゃない?」ダラダラ……

翠P「……紫水晶の原石。」

朋「…………い、インテリアに………………」ダラダラ……

翠P「…………朋。」

朋「…………ぐすん………………」



53: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/09(木) 22:26:39.97 ID:4x20ZHaa0

朋「………自分の稼いだ分ぐらい費ったっていいじゃない…………」

翠P「……『神官に相応しき生活態度を取るべきである。』」

朋「…………はい………………」

翠「……大丈夫ですよ?……ストラディバリウスに比べれば…………」

朋「比べる相手が悪いわよ…………」

翠P「>>55」



55: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/09(木) 22:28:59.73 ID:/McjXZSAO

そもそも雰囲気だけで使うならクリスタルスカルでも十分だろう?



57: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/09(木) 22:35:49.99 ID:4x20ZHaa0

翠P「そもそも雰囲気だけで使うならクリスタルスカルでも十分であろう?」

朋「分かってないわね、水晶玉はね……ロマンがあるのよ……」

翠・翠P「…………………………」

朋「ほら、アタシって形から入るタイプだから………!」

翠・翠P「…………………………」

朋「…………ごめんなさい……」

シーラ「キュピッ?」

翠「……………………」ナデナデ




58: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/09(木) 22:45:41.09 ID:4x20ZHaa0

翠P「……………」ピュィィィィィィィ

クマタカ「クケェー!」シュバッ!

朋「わわっ?!ちょ、ちょっと何すん…………?!」

クマタカ「クケェー!」
バサッ!バサッ!バサッ!バサッ!

通販カタログ「………………」

朋「……って……あー?!」

翠P「………朋。」

朋「ち、違うのよ……!えっと……ウィンドウショッピング……?」

翠P「…………………………」




59: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/09(木) 22:50:39.40 ID:4x20ZHaa0

翠P「……星花にも見せてやれ。」

クマタカ「クケェー!」
バサバサバサバサバサバサバサバサ!!

朋「ちょっ……!そ、それだけは……ま、待ってー!」
バサバサバサバサバサバサバサバサ!!

翠・翠P「…………………………」

翠「…………良いのですか?」

翠P「…大丈夫であろう。」




60: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/09(木) 22:59:41.94 ID:4x20ZHaa0

シーラ「チュピッ、チチチッ?」

南風を追い抜く狩人「ケーケーケー!」

翠P「ああ、昔から変わらぬ奴だ。」

翠「……ふふっ、そこが…朋の良いところではないでしょうか?」

翠P「……変わらぬのもまた良さか…………然りだな。……小生らもそろそろ帰るとしよう。」

翠「はい、今朝の鍛錬はここまでにしましょう………星花が待っています。」




61: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/09(木) 23:04:20.12 ID:4x20ZHaa0

真奈美の家



真奈美P「真奈美さーん、朝ご飯でき…………わわっ……?!」コケッ!

真奈美「はっ!」ガシッ

真奈美P「………………あ…………」

真奈美「……大丈夫か?」

真奈美P「…………は、はい…………」///

真奈美「>>63」



63: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/09(木) 23:08:03.08 ID:/McjXZSAO

いつも言っているだろう?無理はしないでくれと……!?(ぎっくり腰)



66: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/10(金) 12:12:00.44 ID:uCpZAchD0

真奈美「いつも言っているだろう?無理はしないでくれと……!?」
グキッ!

真奈美P「……真奈美さん……?」

真奈美「あ、いや……な、何でもないんだ……(フルパワーを出したツケが回って来たか…………)」

真奈美P「…………………………」

真奈美「だから、君が心配する事は…………」

真奈美P「…嘘です。」

真奈美「へっ…………?」




67: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/10(金) 12:12:45.64 ID:uCpZAchD0

真奈美P「……真奈美さんが……何でもないって言う時は……何かある時です。」

真奈美「い、い、いや……そんな事は………!」

真奈美P「……どこか……悪いんじゃないですか?」

真奈美「…………………腰が………………」

真奈美P「もう、それならどうして最初からそう言ってくれないんですか?!」

真奈美「す、すまん………………」

真奈美P「…………………………」

真奈美「…………………………」




68: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/10(金) 12:13:54.31 ID:uCpZAchD0

真奈美P「いっつもそうやって……周りに心配かけないようにって…………あ、あの…………もっと心配させてほしいです!」

真奈美「……………………………」

真奈美P「……今日は1日安静です、いいですか?!」

真奈美「あ、いや……そこまででは…………!」

真奈美P「安静にしてください!」

真奈美「………………はい……」



69: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/10(金) 12:15:04.09 ID:uCpZAchD0

寝室



真奈美「…………………………」

真奈美「……ふむ……ただ寝ているだけと言うのはどうも落ち着かんな…………」

真奈美「…………………………」

真奈美「……ダンベルトレーニングぐらいならやっても…………」

真奈美P「あの…入ってもいいですか?」コンコン

真奈美「うおおっ?!」ビクッ

真奈美P「………………えっと……」

真奈美「あ、ああ、入ってくれて構わないよ!」

真奈美P「……………失礼します。」ガチャ




70: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/10(金) 12:16:13.51 ID:uCpZAchD0

真奈美P「…………真奈美さん……こっそりトレーニングしようとしてませんでしたか?」

真奈美「………だ、ダンベルトレーニングだけ……」

真奈美P「だめです。……目を離してると絶対きちんと休んでくれないんですから………俺は今日はここで編み物をします。」

真奈美「む…むぅ………………」

真奈美P「…………今日1日だけでいいですから……横になっていてください…………」

真奈美「……………そうだな……たまには君の言う通り……体を休ませてやらないとな。」

真奈美P「>>72」



71: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/10(金) 12:19:12.32 ID:mZrjNVhn0

そうですよ…それにその…たまにはその…心配くらいさせてください



72: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/10(金) 12:19:25.22 ID:H6e9p4kAO

↑真奈美胸キュン



73: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/10(金) 12:28:31.40 ID:uCpZAchD0

真奈美P「…それにその…たまにはその…心配くらいさせてください…………」

真奈美「………………!」キュン…

真奈美P「……いっつも心配してもらってばっかりですから………その………今日だけでも…………」

真奈美「……う、うん…………」///

真奈美P「………真奈美さん…?」

真奈美「い、いや、何でもない…………その……何だ………うん…………」///

真奈美P「……………?」



74: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/10(金) 12:38:47.71 ID:uCpZAchD0

真奈美「え、えっと………そうだ!朝食を頂きたいんだが………!」

真奈美P「あっ……朝ごはんですか?」

真奈美「あ、ああ……!その……さっきから良い香りがするな、と思ってな…今日の朝食は何だい?」

真奈美P「はい……今朝は…鶏がゆを作ってみました。」ゴトッ

真奈美「………ありがとう。」

真奈美P「いえ、その…そんな大した物じゃありませんけど………」

真奈美「ふふっ、そんな事はないさ。君の料理の腕は私が保証する。」

真奈美P「……真奈美さん……」///




75: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/10(金) 12:46:06.86 ID:uCpZAchD0

真奈美「……さて、では頂こうとするかな。」

真奈美P「あ……その………熱いので気を付けてください…!」

真奈美「……………ありがとう。」

真奈美P「………いえ……………」///

真奈美「…………………………」

真奈美P「…………………」///

真奈美「(温かい料理………私の帰る場所は……やはりここなんだな………)………いただきます。」



76: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/10(金) 12:51:32.67 ID:uCpZAchD0

〜〜〜


真奈美「………ごちそうさま、美味しかったよ。」

真奈美P「………!ありがとうございます……!」///

真奈美「…………………………」

真奈美P「………………?」///

真奈美「…………もう少しだけ……こちらに近づいてくれないか……?」

真奈美P「えっと……分かりました………」トコトコトコ…

真奈美「…………………………」



77: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/10(金) 12:56:51.40 ID:uCpZAchD0

真奈美P「あ、あの………?」

真奈美「…………………」ギュッ……

真奈美P「あわわっ……?!」//////
カァァァァ……

真奈美「…………………………」

真奈美P「あ、あ、あの………真奈美さん……?!」//////

真奈美「………………………」

真奈美P「え、えっと…………あうう…………………」///

真奈美「>>79」



78: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/10(金) 12:58:01.16 ID:mZrjNVhn0

………ありがとう。



79: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/10(金) 12:58:12.30 ID:H6e9p4kAO

↑今日はずっとこうしていたいな



80: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/10(金) 13:04:12.79 ID:uCpZAchD0

真奈美「………ありがとう。今日はずっとこうしていたいな……」

真奈美P「え、えっと…………あ、あの…………」//////

真奈美「……………………………」

真奈美P「…………………」//////

真奈美「……君が居るから……私は戦える………全部、君のおかげだ………」

真奈美P「…………………」//////

真奈美「………………………」



81: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/10(金) 13:11:36.18 ID:uCpZAchD0

真奈美「………………………」

真奈美P「……………………」//////

真奈美「……私はもらってばかりだな……君に何一つ返せちゃいない。」

真奈美P「そ、そんな事ないです……!俺の方こそ……全然真奈美さんの役に立てなくて………」

真奈美「………君が私と一緒に居てくれる、と言ってくれた時……私がどれだけ嬉しかったか分かるかい……?」

真奈美P「………………………」

真奈美「………本当に………嬉しかったんだよ……?」



82: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/10(金) 13:23:55.46 ID:uCpZAchD0

真奈美(………軽い……羽毛の様だ………力加減を…少しでも間違えたら……………)

真奈美P「……………………」

真奈美「………怖く……ないのかい………?」

真奈美P「…………?」

真奈美「いいや………何でもない………(………誰もが私の力を恐れるなか………君だけが…………)」

真奈美P「………………………」

真奈美(…………君が……私を…『木場真奈美』から……一人の人間にしてくれたんだよ………)



83: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/10(金) 13:32:58.48 ID:uCpZAchD0

真奈美「…………一つ……君に伝えたい事があるんだ…………」

真奈美P「……な、何………ですか…………?」//////

真奈美「…………その…………な…………私は………君の事が…………(さあ、言え!木場真奈美!今日こそ覚悟を決めるんだ!)」///

真奈美P「……お、俺が………?」//////

真奈美「………えっと………その………君が……君が……………君が…………(…この胸の中に秘めてきた感情を………!)」

真奈美P(な、何だろう………)」//////

真奈美「…………君が……………君が…………」///



84: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/10(金) 13:42:34.31 ID:uCpZAchD0

真奈美「…………君の事をとても大切な存在として考えているよ。(違う!!)」

真奈美P「………はい、俺も真奈美さんが大切です。」///ニコッ

真奈美(ぐっ……嬉しい……嬉しいがそう言う意味じゃないんだ……今日こそは言えると思ったんだが………)

真奈美P「………これからも……プロデュースさせてください………」///

真奈美「ああ、よろしく頼むぞ!(……ぐすん………私の意気地なし…………)」

真奈美P「>>86」



85: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/10(金) 13:45:13.33 ID:mZrjNVhn0

いい天気ですね…今日はどんな一日なんだろう…



86: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/10(金) 13:46:15.71 ID:2GCF6UOEO

↑ものすごい純粋な目で



87: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/10(金) 13:58:16.47 ID:uCpZAchD0

真奈美P「いい天気ですね…今日はどんな一日なんだろう………」

真奈美「…………………………」

真奈美P「……洗濯日和だなぁ…………今日はまずお洗濯ものを干して……それからお花に水やりをして…………」

真奈美「…………………………」

真奈美P「………真奈美さん……?」

真奈美「……い、いや……自分が汚れている気がしてな………あ、いつまでもこうしている訳にはいかないな……」パッ……




88: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/10(金) 14:08:02.47 ID:uCpZAchD0

真奈美P「………あの………?」

ピーピロリー♪

真奈美P「…あ、洗濯機のスイッチが切れた……えっと………まず洗濯物から干してきていいですか……?」

真奈美「構わないよ。……食器は一まとめにしておこう。」

真奈美P「……ありがとうございます……!また…すぐに戻って来ますから……!」テッテッテッテッテ……

真奈美「……あ、ああ…………」

真奈美「…………………………」



89: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/10(金) 14:14:09.90 ID:uCpZAchD0

真奈美「………はぁ…………あと少しのところで……いつも二の足を踏んでしまう…………」

真奈美「………まあ……それでいいのかもしれん………今の関係にヒビが入るのは……………困る。それならいっそこのまま…………」

真奈美「…………………………」

真奈美「…………彼が私をとても尊敬してくれているのは分かる…………ただ……私は尊敬と言うより………出来れば……………」

真奈美「…………………………」

真奈美「……明日こそは頑張ろう……」



90: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/10(金) 14:24:17.24 ID:uCpZAchD0

事務所 廊下



未央「ミツボシ☆☆★→パッて弾けて飛び乗って流星☆」スタスタスタスタ

未央P「ふふっ、機嫌がいいみたいだな?」スタスタスタスタ

未央「そりゃあモチロンよ!未央ちゃんが明るくない日なんてないのだ♪」

未央P「ははは、その元気を分けてほしいな!」

未央「>>92」




92: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/10(金) 14:27:55.84 ID:uWTMX3iAO

じゃあ分けてあげるね♪(抱きしめてキスをする。)



93: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/10(金) 14:35:17.70 ID:uCpZAchD0

未央「じゃあ分けてあげるね♪」
ギュッ チュッ

未央P「!」

未央「えへへへっ♪これで未央Pさんもパッションの充填が……」

未央P「こら。」ビシッ

未央「あう!ひ、ひどい……元気を分けてあげたらデコピンで返された……よよよ……」

未央P「よよよじゃない、もう、アイドルがそう軽々しい行動をするな。」

未央「ふぁーい。ぶー、お堅いんだから………」



95: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/10(金) 14:45:13.19 ID:uCpZAchD0

未央P「堅い堅くないじゃない、そう言う真似はやめろと言ってるだろ。」

未央「いいじゃん、減るもんじゃないんだしさっ☆もっと積極的に受け入れていくべきだよ!美少女との触れ合いだよ?」

未央P「自分で美少女言うな。」ビシッ

未央「あいたー、またデコピンしたーっ!」

未央P「はははははは!特別サービスで一個オマケだ!」

未央「そのオマケいらない……」



96: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/10(金) 14:52:36.92 ID:uCpZAchD0

未央「プロデューサーはもっと女の子には優しくした方がいいよ?」

未央P「安心しろ、未央以外には優しくしている。」

未央「ますますひどいっ?!」

未央P「はははははっ!冗談だ、冗談、これで許してくれなうか。」ナデナデ

未央「うむ、よろしい。許して進ぜよう。」

未央P「ありがとうございます、っと。」ナデナデ

未央「えへへへへっ♪」



97: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/10(金) 15:06:05.67 ID:uCpZAchD0

未央「ねえ、プロデューサー。」

未央P「何だ?」

未央「お休みの日にまで事務所でバッタリ会うなんてさ、私たち気が合うよね!」

未央P「……そうだな、何かと気が合う。」

未央「同んなじウルトラマンだったりするしね?」

未央P「ははははっ、全くだ。私も驚いたよ。」

未央「不思議な偶然だよね?プロデューサーとアイドルが2人揃ってなんてさ。」

未央P「>>99」



98: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/10(金) 15:07:46.00 ID:uWTMX3iAO

偶然か……俺からしてみれば、運命としか言えないな。



102: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/10(金) 20:42:18.69 ID:uCpZAchD0

未央P「偶然か……私からしてみれば、運命としか言いようがないな。」

未央「……運命…………?」

未央P「…そう、運命さ……私は未央やグレート、みんなとの出会いが偶然には思えないんだ……」

未央「ふむふむ……そう言うロマンチックな考え方、嫌いじゃないよ?女子ですから。」

未央P「はははははっ、茶化さないでくれよ、私は一応真面目に話してるつもりなんだ。」

未央「ごめーんね☆」




103: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/10(金) 20:43:44.12 ID:uCpZAchD0

未央「……ま、運命とかそう言うの、今なら信じれる気がするかな……ね?」

(………………わ、私か………?!)

未央「そそっ、パワードさんは運命とかって信じる?」

(………ミオとの出会いを運命と呼ぶならば、運命と呼ぼう。……ミオと私のシンクロ率はほぼ奇跡と言っていいレベルだ。)

未央「ほーほー、やっぱり未央ちゃんには元からスーパーヒーローとしての資質があった、という訳ですな!」

(……ははは、そう言っても差し支えはないな。)



104: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/10(金) 20:44:52.65 ID:uCpZAchD0

未央P「グレートはどう思う?」

(………ああ、私も運命と呼びたい。このシンクロ率の高さ……そして、君たちが同じ組織に属していた事…………どれも奇跡ばかりだ……)

未央P「……と、言う訳だ未央、私たちは宇宙レベルの運命で結ばれた仲のようだ。」

未央「それってプロポーズ?」

未央P「…好きに解釈してくれ。」

未央「………えへへへへっ……オッケー☆じゃあ善意に解釈しとく。」



106: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/10(金) 20:46:36.99 ID:uCpZAchD0

未央「よっ!」ギュッ

未央「腕組んで歩こ、プロデューサー♪」

未央P「……分かったよ、未央。……それで、どこまで話したかな?」

未央「プロデューサーがお昼にフライドチキン奢ってくれるってとこまで。」

未央P「はははははっ、本当にそんな話だったか?」

未央「えへへへへっ、本当だよっ?」

未央P「………しょうがないな…」

未央「>>107」



107: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/10(金) 20:47:26.73 ID:uWTMX3iAO

……大好きだよ(ボソ)



109: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/10(金) 20:53:28.55 ID:uCpZAchD0

未央「……大好きだよ…」ボソ

未央P「ん?」

未央「…ふふっ、何でもないよっ♪」

未央P「……………………?」

未央「えへへへへっ………♪」

未央P「…………………………」

未央「さーて、フライドチキン♪フライドチキン♪」



110: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/10(金) 21:03:15.42 ID:uCpZAchD0

未央「こんな美少女にご飯奢れるなんて、プロデューサーは幸せものだねっ☆よっ、プロデューサーのイケメンッ!」

未央P「はははははっ、褒めても何も出ないぞ?特に駅前のスイーツなんかはな!」

未央「バレたかー…もう、そこは分かってても乗せられとくべきだよ!」

未央P「その手は食い飽きたんでな、……まあ、今回だけは乗せられておいてやろう。」

未央「ヤッホー、プロデューサー大好き!」

未央P「こらこら……」



112: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/10(金) 21:10:56.20 ID:uCpZAchD0

ブラックドーム「キュキュキュキュ。」フヨフヨフヨフヨフヨ

未央「あっ、ブラックドームだ!おいっすー!」

ブラックドーム「キュキュキュキュ!」フヨフヨフヨフヨフヨ

未央「今日も元気そうだね、どう、事務所は慣れた?」

ブラックドーム「キュキュキュキュキュ。」フヨフヨフヨフヨフヨ

未央「……そっかそっか!えへへへっ♪」

未央P「………………………」



113: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/10(金) 21:17:36.20 ID:uCpZAchD0

未央「ん、そのぶら下げたお盆に乗ってるのは柿ピー?」

ブラックドーム「キュキュキュキュキュキュ。」フヨフヨフヨフヨフヨ

未央「ふんふん、今は届け物の最中なんだ。さては、誰か昼間っから飲んでるな?」

未央P「…………………………」

未央「………どしたの、プロデューサー?」

未央P「いや……怪獣たちともこうやって共存出来るんだなって思ってさ………」

未央「>>115」



115: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/10(金) 21:20:17.79 ID:H6e9p4kAO

前、ナンジョルノたちとカラオケに行ったんだけどさ。「力で勝つだけじゃ何かが足りない」「本当は敵なんかいない」って、歌があって……今回のことで改めて実感したよ



117: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/10(金) 21:29:37.69 ID:uCpZAchD0

未央「前、ナンジョルノたちとカラオケに行ったんだけどさ。「力で勝つだけじゃ何かが足りない」「本当は敵なんかいない」って、歌があって……今回のことで改めて実感したよ……」

ブラックドーム「キュキュキュキュキュキュ。」フヨフヨフヨフヨフヨ

未央P「……優しさから始まるパワーが………勇者なのかもしれないな………」

未央「ん?」

未央P「……戦う事ばかりが強さじゃないって事さ……………」

未央「…………………………」




118: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/10(金) 21:35:47.48 ID:uCpZAchD0

未央P「……いまなら答えられる気がする……本当の優しさがどこにあるか…………」

ブラックドーム「キュキュキュキュキュキュ!」フヨフヨフヨフヨフヨ

未央P「…………………ありがとう…………」

未央「………こうやって……みんな仲良く出来るようになればいいね……」

未央P「ああ………………」

ブラックドーム「キュキュキュキュキュキュキュ。」フヨフヨフヨフヨフヨ



119: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/10(金) 21:45:06.62 ID:uCpZAchD0

未央「………そうだ、折角だからブラックドームの仕事を見ていかない?…ついでに他の怪獣たちもちゃんと溶け込めてるか見たいしさ。」

未央P「……それはいいな。…少し仕事ぶりを見させてもらってをいいかな?」

ブラックドーム「キュキュキュキュキュキュ♪」フヨフヨフヨフヨフヨ

未央P「………そうか……配達先はあの部屋か…………よし、じゃあ未央、ブラックドームの後をついていくぞ!」

未央「あいあいさー!」ビシッ!

未央P(……もう一つ不安なのは……みんなが怪獣たちを受け入れてくれているかだが………)




120: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/10(金) 21:56:06.50 ID:uCpZAchD0

談話室(と言う名の酔っ払いの溜まり場)



友紀「あははははははは!そーれっ!」ブンッ!

グロブスク「ブォッフォ!」
ピョンッ!パシッ!

ベロン「あははははははは!いいぞ、ユッキ!……ひっく……!」

楓「あ、そろそろスルメの焼ける匂いがするめぇ……ふふっ……」

ブラックエンド「グギャー。」
ボボボボボボ……

スルメon七輪「直火焼き。」

未央・未央P「……………………」





121: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/10(金) 22:06:20.42 ID:uCpZAchD0

ブラックドーム「キュキュキュキュキュ!」フヨフヨフヨフヨフヨ

友紀「おお!ブラックドームちゃんと柿ピーが本塁に帰ってきた!おーい、こっちこっち!」

志乃「あ……ちょうど良いところに……次はブルーチーズを………」

ベロン「おーい、酒持ってこーい!……ひっく……わははははははは!ここは怪獣天国だー!」

ブラックドーム「キュキュキュキュキュ……!」フヨフヨフヨフヨフヨ

未央P「……受け入れているとか言うレベルではないな………」

未央「……………酔っ払いの適応力ってすごい………」



122: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/10(金) 22:15:22.01 ID:uCpZAchD0

にゃん・にゃん・にゃんホーム
みくの寝室



みく「……すぅ………すぅ……………」スヤスヤ……

のあ・アーニャ「…………………」

みく「……うう………み、みくは……自分を曲げないよ…………」スヤスヤ……

のあ「………………………」スッ

アーニャ「………………」コクッ

みく「………あ…………はい…………大丈夫です………一通り台本にはチェックを……」スヤスヤ……

のあ「>>124」



124: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/10(金) 22:16:28.75 ID:uWTMX3iAO

あーにゃ……襲うわよ。身体を拘束してちょうだい!



126: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/10(金) 22:26:36.23 ID:uCpZAchD0

のあ「アーニャ……襲うわよ。身体を拘束してちょうだい!」

アーニャ「ダー。」スッ……

みく「………うう…………次こそはマトモなお仕事が………」スヤスヤ…

のあ・アーニャ「…………………」

みく「……猫チャンと………にゃんにゃん…………」スヤスヤ…

のあ「……………………」シュバッ!

アーニャ「………………!」
シャシャシャシャシャシャッ!

みく「?!」ビクッ!



127: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/10(金) 22:43:57.22 ID:uCpZAchD0

10分後



みく「………もう……のあにゃんもあーにゃんも……!」

のあ(正座)「………………」

アーニャ(正座)「………………」

みく「こう言うのは止めてって前も言ったよね?!」

のあ・アーニャ「…………………」

みく「ねえ、二人ともちゃんと聞いてるの?!」



128: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/10(金) 22:51:00.47 ID:uCpZAchD0

のあ「思考よりも決断が心理を示す事もある。迷う事に意味を見出すならばそれは既に道。」

アーニャ「……あ、アー……ワタシニホンゴ分からないです………」

みく「…………………………」

のあ「形質よりも本質を………」

みく「正座は崩したらだめだからね!」

のあ「……………………………」

みく「>>130」



130: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/10(金) 22:57:49.55 ID:H6e9p4kAO

二人が反省するまでしばらく実家に帰るから



134: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/11(土) 14:04:43.19 ID:zpMU6Vrd0

みく「二人が反省するまでしばらく実家に帰るから。」

のあ・アーニャ「?!」

みく「…返事。」

アーニャ「だ、ダー…………」

のあ「……………み、みく………?」

みく「……荷物まとめるから二人とも出てって。」

のあ・アーニャ「……………………」



135: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/11(土) 14:06:20.60 ID:zpMU6Vrd0

〜〜〜


みく「もう!のあにゃんもあーにゃんも……いっつもいっつも……!みくはもう我慢の限界だよ!」

みく「今日こそは本当に実家に帰らせてもらうんだから!………帰るったら帰るんだからね!」

ネコミミ「…………………」

みく「…………………………」

ネコミミ「………………………」

みく「………………ちょっと……言いすぎちゃったかな…………」



136: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/11(土) 14:07:32.89 ID:zpMU6Vrd0

みく「……そりゃ……朝から縛って襲うなんて常識的に考えたらありえないけど……………………」

ネコミミ「……………………」

みく「………のあにゃんとあーにゃんだし………少しぐらいは大目に見てあげても………って、ダメダメ!いつもこうやって許しちゃうんだから!今日こそは本気ってところを見せないと………!」

みく「………………………」

みく「………………最後に……ちょっとぐらいは…………」



137: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/11(土) 14:09:23.87 ID:zpMU6Vrd0

リビング



のあ・アーニャ「…………………」

みく「…………のあにゃん、あーにゃん。」

のあ・アーニャ「!!」

みく「……えっと………それじゃあ………その………今から実家に帰るから……」

のあ・アーニャ「………………」

みく「……………だから………えっ………と………」

アーニャ「>>139」



139: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/11(土) 14:17:47.93 ID:oxBkCtFAO

みくに嫌われてしまったので……二人で死にます……



140: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/11(土) 14:22:24.63 ID:zpMU6Vrd0

アーニャ「みくに嫌われてしまったので……二人で死にます…………」

みく「えっ…………?」

のあ「……………………」
っ丈夫そうなロープ

アーニャ「…………………」
っ踏み台

みく「………の、のあにゃん………あーにゃん………?」

のあ「…………ごめんなさい………みく……………ぐすっ…………」

みく「え…………あ……………」



141: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/11(土) 14:30:51.21 ID:zpMU6Vrd0

アーニャ「Ясожалею……………Я……Вы……Как……Я не понимаю чувство, что я должен сделать и……」

みく「あ、あの………冗談……だよね…………?」

アーニャ「Папа……Мама……Я сожалею……Любимый человек, кажется, оценивает его должным образом……Я сделал, чтобы Вы сказали мне……Я……Я…………」

のあ「……………………ぐすっ……………」

みく「……………………………」

アーニャ「…………のあ………」

のあ「……………ええ………」



142: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/11(土) 14:36:56.11 ID:zpMU6Vrd0

アーニャ「…………………」スクッ……

のあ「………さようなら……み…………」

みく「だ、だめっ!」
バッ!ギュッ!

アーニャ・のあ「?!」バタァァァン!

みく「……二人のバカ!何でそないな事すんの?!」

のあ「…………だって………みくに…………………」

みく「みくが……のあにゃんとあーにゃんの事を嫌いになるわけないやろ!」

のあ・アーニャ「…………………」




143: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/11(土) 14:43:31.92 ID:zpMU6Vrd0

みく「……さっきは言いすぎたわ………ごめん……………」

アーニャ「………み、みく……………」ジワァ……

みく「………ただな……ちょっとだけイタズラを止めてほしかっただけやねん………ホンマに実家に帰ったりなんかはせえへんからな…………」

のあ「………………ぐすん………ほ、本当…………?」

みく「………うん………ごめんね………………」

のあ・アーニャ「…………………」

みく「>>145」



145: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/11(土) 14:45:21.81 ID:oxBkCtFAO

わかったら念書書いて……金輪際みくを困らせないって



146: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/11(土) 14:51:57.57 ID:zpMU6Vrd0

みく「……わかったら念書書いて……金輪際みくを困らせないって。」

のあ・アーニャ「…………………………………」

みく「……疑う訳じゃないんだけど……今までもずっとこんなことされてきたから…………」

のあ・アーニャ「…………」ジワ……

みく「………あっ…………」

のあ「………ぐすん…………だって…………………」

アーニャ「……プロスチィーチェ………ぐすっ……………」



147: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/11(土) 15:00:15.33 ID:zpMU6Vrd0

のあ「………みくが………愛おしくて………だけど……どうすればいいのかが分からなくて……………ぐすっ…………ぐすっ……………」

アーニャ「………みく…………みく……………ぐすっ………ひぐっ……………」

みく「あああ!嘘嘘!念書なんか書かなくてもみくは、のあにゃんとあーにゃんがいい子だって知ってるから!ね?」

のあ・アーニャ「………みく……………」

みく「この場で約束してくれればそれでいいから!……約束してくれる?」

のあ・アーニャ「……………」コクッ…



148: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/11(土) 15:08:42.48 ID:zpMU6Vrd0

みく「………はぁ………はい、これでお終い。仲直りにゃ。」

のあ・アーニャ「…………………」
コクッ………

みく「………二人ともひどい顔だよ?……お風呂……一緒に入ろ………」

のあ・アーニャ「みく!!」ギュッ!!

みく「ふぎゃっ?!………もう……こらこら…………」ギュッ……

のあ・アーニャ「……………………」ギュゥゥゥゥ……

みく「………困った猫チャンたちにゃ…………」



149: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/11(土) 15:14:37.00 ID:zpMU6Vrd0

古書店 奥の部屋



文香「…………………………」
ペラッ………

文香P「………………………」
ペラッ………

文香「…………………ふぅ………」
パタン……

文香P「…………………………」
ペラッ……………ペラッ……………

文香「………………………………」

文香P「…………………………」
ペラッ………

文香「>>151」




151: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/11(土) 15:17:35.31 ID:oxBkCtFAO

……もうこれは必要ない……(魔導書を焼きに行く)



153: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/11(土) 15:25:36.61 ID:zpMU6Vrd0

文香「……もう……これは必要ない………」スクッ……

『魔導書』「……………………」

文香P「……………………」
ペラッ……

文香「……………『私』を……必要としてくれる人がいるから…………」

文香P「………………………」
ペラッ……

文香「………………………」スタスタスタスタ……




154: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/11(土) 15:32:49.84 ID:zpMU6Vrd0

古書店 裏庭



文香「……………………」スタスタスタスタ……スタッ……

『魔導書』「………………」

文香「…………………………」

文香叔父「……もうそれは必要なくなったのかい?」

文香「………叔父さん………」

文香叔父「………………………」

文香「……………はい……もう………必要ありません。」

文香叔父「………分かった。」



155: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/11(土) 15:41:18.44 ID:zpMU6Vrd0

文香「…………………………」

『魔導書』「……………………」

文香叔父「………………」パチン

『魔導書』「………………」ボンッ!

文香叔父「………はい、お終い。」

文香「……………………………」

文香叔父「………………………」

文香「……………叔父さん……」

文香叔父「……あんまり彼氏を待たせたら悪いよ……『文香』。」

文香「……………………………」



156: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/11(土) 15:49:47.51 ID:zpMU6Vrd0

文香叔父「さて、若い二人の邪魔をしないように書棚の整理でもしてこようかな。」スタスタスタスタ

文香「…………叔父さん。」

文香叔父「ん?」スタスタスタスタ

文香「………ううん………何でもないわ………」

文香叔父「………ふふっ、後で差し入れでも持って行くよ。」スタスタスタスタ

文香「…………………………」

文香叔父「…………♪」スタスタスタスタ…




157: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/11(土) 15:56:39.21 ID:zpMU6Vrd0

古書店 奥の部屋



文香「…………………」スタスタスタスタ……ストン

文香P………………………」
ペラッ………

文香「………………………」

文香P「………………ふぅ…………」
パタン……

文香「………………………」

文香P「………………………あっ……………………」

文香「………ふふっ……面白かった…ですか……?」

文香P「…………………………」///
コクッ……

文香「>>159」



159: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/11(土) 16:01:43.38 ID:pTnzS0KHO

何の本を読んで……⁉︎
それは……恐竜の民と空の民の…



161: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/11(土) 16:12:33.29 ID:zpMU6Vrd0

文香「何の本を読んで……?!
それは……恐竜の民と空の民の………」

文香P「……………あ………ふ……文香ちゃん………の……………………………」

文香「……どこでその本を?」

文香P「………………え、えっと…………そ、その……………」

文香「教えてください。」

文香P「……………!……あ、…………あう……………………」
オロオロ……

文香「……………………………」

文香P「………………うう……………………」オロオロ……




162: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/11(土) 16:19:26.47 ID:zpMU6Vrd0

文香P「………………か、貸して……もらった………………」

文香「誰に……?!」

文香P「…………………!」ビクッ!

文香「………あ………す、すみません………その……誰から貸してもらったか……教えてもらえませんか………?」

文香P「…………………文香叔父さん…………」

文香「…………!(叔父さんが……どうして……?これらの本に書かれている事は普通の人には………)」

文香P「……………………………」



163: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/11(土) 16:25:40.35 ID:zpMU6Vrd0

文香P「………………………頼んだら………………貸して………くれた…………………」

文香P「……どう言う……意味………?」

文香P「…………………あの………………………文香叔父さん……………に……………教えて………ほしいって……………頼んだら……………これ……を…………って…………………」

文香「……………………………」

文香P「…………文香ちゃんの……………こと…………………」

文香「………私の事……ですか…………?」

文香P「…………………うん……………………」

文香「……………………………」




164: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/11(土) 16:30:37.97 ID:zpMU6Vrd0

文香P「……………嫌………だったから……………………何も…………………知らないの………………………」

文香「…………………!……もしかして……………」

文香P「………………………………」
コクッ……

文香「……………………すみません……………ずっと…………隠していて…………………………」

文香P「…………………………ありがとう………………………………」

文香「えっ……………………」

文香P「……………………守って……………………くれて……………………………」

文香「………………………………」

文香P「>>166」



166: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/11(土) 16:33:12.46 ID:qCZ6Igz40

……それだけ……言いたかった



168: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/11(土) 16:41:56.79 ID:zpMU6Vrd0

文香P「………………………それだけ……………言いたくて…………」

文香「……………………………」

文香P「…………………知らなくて………………文香ちゃんが………………守って………………」ポロポロ……

文香「…文香Pさん…………」

文香P「……………………ごめん…………ね………………うう……………………」ポロポロ……

文香「…………………………」

文香P「……………………うぇ………………うう……………」
ポロポロ……



169: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/11(土) 16:50:43.58 ID:zpMU6Vrd0

文香P「……………何も…………できない…………けど…………せめて……………知りたくて………………」ポロポロ……

文香「……な、泣かないでください…………!」

文香P「…………………もっと……………たくさん………………………うあ………………言わなきゃ……………なのに………………………うう…………うう………………上手く………言えない…………」ポロポロ……

文香「………………………」

文香P「……………文香ちゃんが…………………無事で…………うああ…………………」ポロポロ……

文香「…………………………」



170: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/11(土) 16:58:53.62 ID:zpMU6Vrd0

文香P「…………だから………………あう………………じゃなくて………………………」ポロポロ……

文香「……………………………」
ギュッ………

文香P「………………………………」ポロポロ……

文香(………この人は……何て優しい人なのかしら…………本当に……心から…………………)

文香P「………………………………」ポロポロ……

文香(……どこまでも澄みきっていて……………純粋な……心……………………)



171: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/11(土) 17:03:43.83 ID:zpMU6Vrd0

文香「……………ただいま……」

文香P「………………………おかえり………………」ポロポロ……

文香「…………………………」

文香P「……………もっと…………………ちゃんと…………………………」ポロポロ……

文香「………いえ………もう………十分です………これ以上………どんな言葉もいりません…………」

文香P「…………………」ポロポロ……

文香「>>173」



173: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/11(土) 17:06:50.70 ID:qCZ6Igz40

(その本を読んだということはこれから先の災いもわかっているはずなのに…私だけを案じて…)




174: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/11(土) 17:14:12.03 ID:zpMU6Vrd0

文香(…その本を読んだということは……これから先の災いも……わかっているはずなのに…私だけを案じて………)

文香P「………………………………」ポロポロ……

文香(…………この人を……文香Pさんを………ずっと守っていこう………………)ギュッ………

文香P「…………………文香………ちゃん………………」ポロポロ……

文香「………私は………ここに居ます……………」

文香P「………………………良かった…………………」ポロポロ……




175: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/11(土) 17:20:41.92 ID:zpMU6Vrd0

文香(………運命を変える一冊……そんな人に…出会えた…………)

文香P「…………………………あの…………うう………」ポロポロ……

文香(『魔導書』に……人の温かさを………教えてくれた人……………この先………何があっても…………)

文香P「………………………好き……………だよ……」ポロポロ……

文香「……………はい…………私もです……………」

文香P「…………うう……………」
ポロポロ……

文香「…………………」ギュッ………



176: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/11(土) 17:30:05.27 ID:zpMU6Vrd0

事務所 社長室



バルタン星人1「地球の皆様のご協力により、無事全宇宙船の拿捕に成功しました。改めてお礼とお詫びを述べさせていただきます………」
フカブカ……

ネリル星人1「この度は…地球の皆様に我々宇宙人による多大な被害を与えてしまった事は………誠にお詫びのしようがありません……」
フカブカ……

メイツ星人1「我々に出来るどんな償いでもさせてください……でなければ…………」

菜々「今回はあなたたちに責任はありません。……顔をあげてください。」

バルタン星人1「ですが…………」

社長「まあ、お茶でも飲んで楽にしてください。」

バルタン星人1「……………………」




177: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/11(土) 17:38:02.68 ID:zpMU6Vrd0

社長「地球の日本……つまりこの土地で栽培される植物の葉から作られた飲み物です。」

メイツ星人1「………………………」

社長「非公式なので大したもてなしは出来ませんが、ご勘弁ください。」

ネリル星人1「……我々に……あなた方地球人の方々と談笑する権利はありません………………」

菜々「…………………………」

バルタン星人1「………どの様にすれば……少しでも今回のお詫びが出来るでしょうか…………」

菜々「>>180」



179: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/11(土) 17:40:33.77 ID:qCZ6Igz40

権利だなんて…私達はお茶をしたいだけですから



180: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/11(土) 17:40:41.20 ID:pTnzS0KHO

↑レオゴンが乱入してくる



183: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/11(土) 20:54:30.52 ID:zpMU6Vrd0

菜々「権利だなんて…ナナたちはお茶をしたいだけですから。」

バルタン星人1「…………『お茶をする』と言うのは親しき間柄で行なわれる行為と認識していますが…………?」

菜々「だから、お茶をしたいんじゃないですか。」

バルタン星人1「……………………」

社長「せっかくの異文化交流です、楽しみましょう。」

バルタン星人1「……………………」



184: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/11(土) 20:56:14.82 ID:zpMU6Vrd0

メイツ星人1「……あなた方は……我々を友と認識してくださるのですか…………?」

菜々「長い年月の間に培ってきた人を見る目には自信があります。……あなたたちは悪い人たちではありません。」

ネリル星人1「…………我々は……あなた方に危害を加えました………………」

菜々「それはお互い様です。」

ネリル星人1「それは…………!」

菜々「………………………………」

ネリル星人1「…………………………」



185: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/11(土) 20:57:09.67 ID:zpMU6Vrd0

菜々「……広い宇宙に比べれば、全部些細な問題です。……ナナはあなたたちと仲良くしたい、そう思います。」

バルタン星人1・ネリル星人1・メイツ星人1「…………………………」

菜々「…………………………」

ガチャ

社長「む?今大事な友達との話の最中だから…………」

レオゴン「キュキュー!」

バルタン星人1・ネリル星人1・メイツ星人1「?!」

菜々「レオゴンちゃん……?!」

レオゴン「キュー!」



186: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/11(土) 20:59:02.82 ID:zpMU6Vrd0

レオゴン「キュキュキュキュ!」テテテテテテ

レオゴン「キュキュー!」

メイツ星人1「……………………」

レオゴン「キュキュキュ?」

メイツ星人1「……………………」
ヒョイ ナデナデ

レオゴン「キュー……♪」

菜々・社長「………………………」

メイツ星人1「>>188」



188: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/11(土) 21:02:16.78 ID:oxBkCtFAO

あの……そちらの生物は……?



189: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/11(土) 21:08:11.97 ID:zpMU6Vrd0

メイツ星人「あの……そちらの生物は……?」

モゲドン「モギャー。」

バルタン星人1「………見たことがない生物です……地球の生き物……ですか?」

モゲドン「モギャギャー♪」

レオゴン「キュキュー♪」

ネリル星人1「……地球のデータには見られない生き物ですが…………?」

菜々「あー……それはですね………………」



190: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/11(土) 21:12:04.91 ID:zpMU6Vrd0

レオゴン「キュキュキュー!」

メイツ星人1「……………………」

モゲドン「モギャ?」

社長「なるほど……レオゴン君に事務所案内を頼んでいたのか……?」

モゲドン「モギャ。」

社長「…………ははは、すみません……少し迷い込んでしまったみたいで…………」

レオゴン「キャキュー♪」

メイツ星人1「……………………」



191: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/11(土) 21:16:45.93 ID:zpMU6Vrd0

バルタン星人1「…………理解しました……これらの生物は地球では公認されていない生物なのですね。」

菜々「…………まぁ……そうなります。…地球人はあなたたちと比べたらまだまだ若い種族なんです…………」

ネリル星人1「……………………」

モゲドン「モギャー♪」

社長「……人類があなたたちに追いつくには長い時間がかかります。」

メイツ星人1「………………………」

レオゴン「キュキュ?」



192: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/11(土) 21:24:36.51 ID:zpMU6Vrd0

メイツ星人1「……しかし……彼らはとても幸福そうです…………」
ナデナデ

レオゴン「キュー……♪」

ネリル星人1「……あなた方は……彼らを受け入れている…………」

バルタン星人1「……………コンパニオン・アニマルを見ればその飼い主の事が分かります。」

モゲドン「モギャ?」

メイツ星人1「…………地球人は……少なくともあなた方は………良い生物の様です……………」

社長「>>194」



194: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/11(土) 21:26:06.06 ID:oxBkCtFAO

……そう言っていただけて何よりです。
ところで話は変わりますが……(懐から赤い玉を取り出す)



195: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/11(土) 21:32:55.07 ID:zpMU6Vrd0

社長「……そう言っていただけて何よりです。……ところで話は変わりますが……」ゴソゴソ……スッ

赤い玉「……………………」

バルタン星人1「…………それは…………?!」

社長「私がとある場所で発見した物です。………友好の証に受け取っていただけませんか?」

バルタン星人1「…………?!」

社長「…………………………」

菜々「ささやかですが贈り物です。」



196: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/11(土) 21:38:59.91 ID:zpMU6Vrd0

ネリル星人1「……その様な貴重な物を……何故私たちに………?」

社長「どうせ我々にはまだ早すぎる物ですから。」

メイツ星人1「…………………」

バルタン星人1「………代価は何でお支払いすれば…………?」

社長「そうですね……でしたら……地球との和平を結んでいただけませんか?」

バルタン星人1・メイツ星人1・ネリル星人1「…………?!」

レオゴン「キュキュー…キュキュキュキュ!」

モゲドン「モギャー、モギャギャー!」



197: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/11(土) 21:46:52.03 ID:zpMU6Vrd0

バルタン星人1「何故……あなた方は我々に対してそこまで………」

社長「簡単な話です。昔から異星人と友達になれたらどんなに楽しいだろう、と考えていたんです。」

バルタン星人1「…………………」

菜々「ふふっ……社長ちゃんは本気で言ってますよ。こう言う子なんです。」

メイツ星人1「…………………」

レオゴン「キュッキュキュー♪」

菜々「ナナたちはその子たちと仲良くなれたように、あなたたちとも仲良くなりたい。」

メイツ星人1「……………………」



198: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/11(土) 21:53:40.40 ID:zpMU6Vrd0

メイツ星人1「……………もし……お許しいただけるなら………私は………メイツはぜひ……あなた方と友達になりたい…………」

菜々「許すも何もありませんよ。友達になってくれたら……とっても嬉しいです♪」

メイツ星人1「……………あ……」

菜々「………………………」

ネリル星人1「……………………心を打たれる…………と言うのでしょうか…………私も………ネリルも…………」

バルタン星人1「……………友だち………………」

菜々「>>200」



199: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/11(土) 21:55:51.19 ID:ixWYwBmAO

はい♪私の……いえ、この事務所全員の大事なお友だちです!



200: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/11(土) 21:56:08.12 ID:oxBkCtFAO

↑(全宇宙の平和も……そう遠くはないかもしれませんよ……)



201: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/11(土) 22:01:11.66 ID:zpMU6Vrd0

菜々「はい♪私の……いえ、この事務所全員の大事なお友だちです!」

バルタン星人1「………!ありがとう…………ございます…………!」

ネリル星人1「………………ああ………地球ではこういう時には何と言えばいいのでしょうか……?」

メイツ星人1「………感謝します………」

レオゴン「キャキュー♪」

モゲドン「モギャギャー♪」

社長(……ありがとう、レオゴン君、モゲドン君。君たちのおかげで……また新しい友達が増えたよ。)



202: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/11(土) 22:07:19.79 ID:zpMU6Vrd0

社長「非公式な物ですが、いずれ必ず公式な物とします。」スッ……

バルタン星人1「…………あっ…………」スッ……

社長「…………………」カシッ

バルタン星人1「………キレテ・コシ・キレキレ・テ………」

ネリル星人1・メイツ星人1「……………………」

社長「……………………………」

レオゴン「キュー♪」

菜々(………全宇宙の平和も……そう遠くはないかもしれませんよ……)



203: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/11(土) 22:17:06.09 ID:zpMU6Vrd0

事務所 研究棟 晶葉の研究室




光「博士!ベルトの強化を頼む!」

千佳「晶葉ちゃん、新しいステッキが必要なのっ!」

紗南「晶葉、二号機は軽量二脚で行くべきだと思うんだけど……」

杏「飴くれー。」

志希「ねえ、晶葉ちゃん、ハスハスしていっかにゃーん?」

晶葉「ええい、一度に話しかけるな!私は聖徳太子じゃないんだぞ
あと後ろ2人は帰れ!」




204: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/11(土) 22:24:39.41 ID:zpMU6Vrd0

杏「えー……だってこの部屋冷房効いてるし……帰るのダルいし……」

志希「ふにゃー、晶葉ちゃんつーめーたーいー、液体窒素ぐらい冷たーい!」

晶葉「うるさい、用がないのは邪魔だから出てけ、しっしっ。」

紗南「あ……光、充電器取って。」

光「くっ……!どのコードがゲーム充電器なんだ……?!」

千佳「そんな時はラブリーチカにお任せ!テクマクマヤコン、テクマクマヤコン………」

晶葉「>>206」



206: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/11(土) 22:26:25.31 ID:oxBkCtFAO

ええい、うるさい!ウサちゃんロボ隊、つまみ出せ!



212: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/11(土) 22:40:40.02 ID:zpMU6Vrd0

晶葉「ええい、うるさい!ウサちゃんロボ隊、つまみ出せ!」

光「待ってくれ、アタシには大事な話が……!」

晶葉「分かった分かった、クロックアップでもアクセルフォームでも何でも付けてやるから!」

光「えっ……本当?!」キラキラキラキラ……!

晶葉「千佳はアレだ……ハニーバトンだか何だかを作ればいいんだろ!」

千佳「えっ……作れるの?!」
キラキラキラキラ……!



213: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/11(土) 22:47:31.16 ID:zpMU6Vrd0

晶葉「紗南、充電器は右から23本目のコードだ!」

紗南「右から23本目…あ、これか……!」

杏「しっかり聞き分けてんじゃん。」

志希「ね、晶葉ちゃんってすごいでしょっ♪」

晶葉「お前らは……ああもう…とにかく出ていけ!」

ウサちゃんロボ隊「ウーサーウーサーウーサー!」



214: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/11(土) 22:53:50.78 ID:zpMU6Vrd0

〜〜〜


晶葉「はぁ……はぁ…………やっと静かになった…………」

ウサちゃんロボ隊「ウサーッ!」

晶葉「ああ………ご苦労だった…………はぁ………………これで研究に専念でき…………」

晶葉P「助ー手ー君っ♪」ヒョコッ

晶葉「ぬわああああ、どこから出てきた?!」

晶葉P「天才である私は場所を選ばないんだ。」




215: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/11(土) 22:58:19.10 ID:zpMU6Vrd0

晶葉「毎度の事ながら全く言葉の意味が理解できん…………」

晶葉P「それは君の能力が足りないんだ。」

晶葉「………………おい、あいつもついでにつまみ出せ。」

ウサちゃんロボ隊「ウサウサ………………」

晶葉「む……!な、何だその『やれやれ、またやってるよ……』みたいな態度は?!」

晶葉P「>>217」



217: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/11(土) 23:00:46.40 ID:oxBkCtFAO

ロボはどちらがより大人で天才で有能で素晴らしいか理解しているようだぞ、助手よ



222: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/12(日) 13:24:10.23 ID:I6Bh7rpK0

晶葉P「ハハハ、ロボはどちらがより大人で、天才で、有能で、す・ば・ら・し・い・か、を理解しているようだよ、助手?」

晶葉「な、何だとー?!おい、お前たち!」

ウサちゃんロボ隊「ウササッ?!」

晶葉「お前たちは私と助手、どっちの味方なんだ?!」

ウサちゃんロボ隊「ウ……ウササ…………」

晶葉「ん?」

ウサちゃんロボ隊「…ウサ……ウサウサウサウサ…………?」



223: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/12(日) 13:25:07.11 ID:I6Bh7rpK0

晶葉「そんなあやふやな答え方をするな、ハッキリ答えろ!」

ウサちゃんロボ隊「ウ…………ウサ……ウササ…………」

晶葉P「こらこら、ウサちゃんロボたちをいじめたら駄目じゃないか?」

晶葉「むぅ……い、いじめてはいない……質問しているだけだ。」

晶葉P「ハハハハ、そんな分かりきった事をわざわざ聞く必要があるのかい、と言ったつもりだったんだが?」

晶葉「……助手……お前はよほど私を怒らせたいようだな……!」



224: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/12(日) 13:26:09.76 ID:I6Bh7rpK0

ウサちゃんロボ1「……ウサウサ…… (まーた、夫婦喧嘩してるよ……)」

ウサちゃんロボ2「ウサ……ウササササ……ウサー?(喧嘩するほど仲が良いって言うじゃん?)」

ウサちゃんロボ3「ウサウサ。(まあね。)」

ウサちゃんロボ4「ウサ、ウサウサウサ、ウサッ……(毎回それを止めなきゃいけないぼくたちの身にも………)」

晶葉「助手のアホ、ナルシスト!」

晶葉P「む……私は天才だ!」



225: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/12(日) 13:27:21.38 ID:I6Bh7rpK0

晶葉「この前も私のプリンを勝手に食べおって!」

晶葉P「私の天才的な頭脳の栄養になれたんだ。これ以上ない有意義な消費法という奴さ。」

晶葉「ぐぬぬ……少しは反省の色ぐらい見せたらどうなんだ、ん?」

晶葉P「名前を書いておかないのが悪い。」

ウサちゃんロボ隊「………………」

晶葉「>>227」



226: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/12(日) 13:33:19.41 ID:WnAW3Vup0

名前ならちゃんと書いてあっただろう!これで何度目だ!



227: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/12(日) 13:33:23.04 ID:JqwCp4OIO

↑ならこれをあげようじゃないか(ポケモンのプリン・本物)



229: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/12(日) 13:41:48.80 ID:I6Bh7rpK0

晶葉「名前ならちゃんと書いてあっただろう!これで何度目だ!」

晶葉P「私は無駄な情報は取り入れない主義なんだ。」

晶葉「無駄じゃない!名前が書いてあるかどうかぐらい見ろ!」

晶葉P「むぅ………うるさい助手だな…………」

晶葉「ぐぬぬ……お前と言う奴は…………」

ウサちゃんロボ隊「う、ウササ……………ウサ……」

晶葉「うるさい、少し静かにしていてろ!」

ウサちゃんロボ隊「う、ウサー………………」



230: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/12(日) 13:48:53.65 ID:I6Bh7rpK0

晶葉「はぁ……仕方がない……ならこれをあげようじゃないか。」

プリン「プクッ?」

晶葉「………………は?」

晶葉P「確か……プリンとか言う生き物だ。私の代わりに育てなよ。」

プリン「…………………………」

晶葉「…………いや…………えっ…………?」

晶葉P「私は論文の続きを書かなきゃならないんでね、じゃ。」



231: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/12(日) 13:52:54.33 ID:I6Bh7rpK0

晶葉「………………………………」

プリン「…………………………」

晶葉「…………えっと…………よろしく……な?」

プリン「プクー♪」

晶葉「……………………………」

ウサちゃんロボ隊「………………」

晶葉「…………もう何でもありだな………………」

プリン「プクー♪」



232: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/12(日) 14:03:50.15 ID:I6Bh7rpK0

桜井邸 テラス




桃華「お茶は熱くありませんか?」

品の良い男性「いえ、ちょうど良い温度です、Ms.サクライ。…とても美味しいお茶ですね。どなたが?」

桃華「うふふ…………実はわたくしがお淹れしましたの。」

品の良い男性「……おや……それはそれは…………」

桃華「うふふふふ、お代わりはよろしくて?」

品の良い男性「……では、いただきましょう。」

桃華P「………………………」



233: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/12(日) 14:13:55.36 ID:I6Bh7rpK0

品の良い男性「……お茶の淹れ方はどなたから習ったのですか?」

桃華「ええ、お友達に教えていただきましたの。」

品の良い男性「……お友達……ですか。……それは良い事です。」

桃華「ふふっ…ありがとうございます………コクラン駐日大使。」

メアリー父「…………ふふふ………………」

桃華「>>135」



237: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/12(日) 14:16:17.31 ID:Uot6SqHAO

こうして話すのは、私のお父様がまだ生きていた頃以来ですね



238: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/12(日) 14:21:09.16 ID:I6Bh7rpK0

桃華「こうしてお話をするのは、私の父がまだ生きていた頃以来ですわね……」

桃華P「…………………………」

メアリー父「……もうそんなに昔の話になるのですか…………」

桃華「…………はい…………」

メアリー父「……………………」

桃華「……今年で7年になりますわ。」

メアリー父「…………………………」



241: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/12(日) 14:28:37.40 ID:I6Bh7rpK0

桃華「……いけませんわね、お客様の前で……」

メアリー父「いえ………」

桃華「………………………………」

メアリー父「……………………」

桃華「……桃華Pちゃま、お茶のお代わりを注いでくださりませんか?」

桃華P「…御意。」コポコポコポコポ……

桃華「………………………………」



242: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/12(日) 14:39:08.69 ID:I6Bh7rpK0

桃華「…………改めまして、今回はありがとうございました。櫻井の当主として、お礼を述べさせていただきます。」

メアリー父「……こちらこそ……Ms.サクライに頭を下げさせてしまい…………」

桃華「うふふ……気にしないでくださいまし。どなたかにお頼み事をするときは頭を下げる、基本的な事ですわ。」

メアリー父「……………………」

桃華「……わたくしは父と母からそう教わりました。」

桃華P「…………………………」



243: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/12(日) 14:51:30.77 ID:I6Bh7rpK0

メアリー父「……つまらない事を言いました。お許しください。」

桃華「うふふふふ……いいえ、お気遣いありがとうございますわ。」

メアリー父「………………あなたは……大した女性ですね……私の娘と同じぐらいとはとても思えません。」

桃華「…娘さんが………?」

メアリー父「はい、11になる一人娘がいます。……名前はメアリーと言います。」

桃華「…………ひょっとして……アイドルを………?」

メアリー父「>>245」



244: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/12(日) 14:53:19.87 ID:OM+EkfVAO

はい。確か、ありすPさんという方と仕事をしているとか



247: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/12(日) 15:00:29.77 ID:I6Bh7rpK0

メアリー父「はい。確か、ありすPさんという方と仕事をしているとか……」

桃華「…やはり合っていましたか……お名前に聞き覚えがありましたので。」

メアリー父「ははは……ありがとうございます。娘も有名になってきたようですね。」

桃華「ええ、テレビでもよくお姿を拝見させていただきますわ。」

メアリー父「なんと言えば良いやら…………お恥ずかしい……」

桃華「うふふふふ、素敵なお姿でしたわ。……わたくしもああなりたい、と思ってしまうくらいに……」



248: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/12(日) 15:09:37.61 ID:I6Bh7rpK0

桃華「……その、ありすPさんとおっしゃる方はどのような方ですの?」

メアリー父「……私は公務が忙しくて直接面識は無いのですが、娘が言うには『世界一の男性』らしいです。」

桃華「うふふふふ、それはそれは………」

メアリー父「…爽やかな好青年だそうです。私も一度ゆっくりと話をしたいのですが機会が得られず……………」

桃華「……貴重な時間をすみません。」

メアリー父「い、いえ…!そんなとんでもない……!」



249: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/12(日) 15:15:15.64 ID:I6Bh7rpK0

桃華「………そうですか。……メアリーさんになれるならわたくしにも……なんて……………」

桃華P「…………………………」

桃華「………冗談ですわ。うふふ……世間とは狭い物ですわね。」

メアリー父「………?」

桃華「………面白いお話をありがとうございました。」

メアリー父「………あ……こちらこそありがとうございました。」



250: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/12(日) 15:22:17.46 ID:I6Bh7rpK0

桃華「……また、有事の際は頼らせてください。……今回はあなた方に協力していただいて、大変助かりました。」

メアリー父「……我々が行ったのは大した事ではありません。」

桃華「いえ………協力がなければどのような事になっていたか…………」

メアリー父「……………また我々の助力が必要はいつでも声をかけてください。」

桃華「…………はい…」

メアリー父「……………………」

桃華「……………では……………」



251: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/12(日) 15:39:38.36 ID:I6Bh7rpK0

Pの家 亜季の寝室




亜季「…ふむふむ………」 ペラッ……

コンコン

亜季「む?」

P「入っていいか?」

亜季「はい、構いません。どうぞお入りください!」

P「おう、じゃあ入るぞ。」ガチャッ

P「……ちゃんと安静にしてるか?」スタスタスタ……

亜季「はっ!ちゃんと読書などをしております!しかし……体が動かせないのは辛いですな……」

P「もう2、3日我慢だ。気持ちは分かるが、な?」

亜季「>>253」




253: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/12(日) 15:41:14.27 ID:Uot6SqHAO

実際、ヘレンさんがいなければどうなっていたか



258: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/12(日) 20:18:53.19 ID:I6Bh7rpK0

亜季「実際、ヘレン殿がいなければどうなっていたやら………」

P「……ヘレンに感謝だな。」
スタスタスタスタ ボスッ

P「……ほれ。」スッ

亜季「………これは……?」

P「今話題に上った世界レベルな人からの差し入れだ。」

亜季「……………あっ…」

P「『待ちはしないわ、あなたならすぐに同じステージに追いつくでしょう。』……だと。」




259: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/12(日) 20:19:58.88 ID:I6Bh7rpK0

亜季「……ヘレン殿らしいお言葉でありますな。」

P「全くだ。何と言うか……世界レベルだな。」

亜季「……世界レベルであります。」

P「ふふっ……さて、他にも大量の差し入れが届いてるぞ。軍事書にプラモデルに、DVD、マンガにゲームまである!」

亜季「これはありがたい!それだけの物資があればあと10年は戦えます!」

P「あっはっはっは、そいつは結構な事だ!しばらくはこれで大人しくしていろよ?」

亜季「はっ!」ビシッ!



260: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/12(日) 20:20:52.13 ID:I6Bh7rpK0

P「それから食材も大量にもらってるんだが、それは食品庫に入れてあるからな。いかんせん、量が多すぎる。」

亜季「ははははははは、ありがたい事です!」

P「おうよ、早く元気になれよっ、と!」ポーン パシッ

亜季「む、それは………!」

P「皆大好きりんごちゃんだ。偶には俺が剥いてやるよ。」

亜季「…………………………」

P「りんごが赤くなると、医者が青くなるって言ってな!ま、今は旬じゃないんだが………」




261: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/12(日) 20:22:18.74 ID:I6Bh7rpK0

P「………形は何が良い?」

亜季「………P殿にお任せします。」

P「はいよ。よっ…!」ショリショリ……

亜季「……………………………」

P「………………………」ショリショリ……

亜季「…………あの…P殿……」

P「全部上手くやってくれてる、何も心配は要らん。」ショリショリ……

亜季「…………………………」

P「>>263」



263: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/12(日) 20:25:49.84 ID:Uot6SqHAO

今こうして生きてる、それでいいじゃないか



265: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/12(日) 20:33:13.59 ID:I6Bh7rpK0

P「今こうして生きてる、それでいいじゃないか。」ショリショリ……

亜季「………………………」

P「……俺はそれだけで満足だよ。ゆっくりしようぜ、休日なんだ。」
ショリショリ……

亜季「……………………………」

P「休める時には休む、これも立派な仕事のうちだ。そう色々心配しなくても大丈夫だ。」ショリショリ……

亜季「…………ありがとうございます……」

P「……………………」ショリショリ……



266: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/12(日) 20:41:04.53 ID:I6Bh7rpK0

P「………ほい、ナイトホーク型に切ってみた。結構な力作だ。」トン

亜季「………………………」

P「…………………………」

亜季「……………………」
ヒョイ シャリ……

P「…………………………」

亜季「……………………」シャリ……

亜季「………あっ………美味しい………」

P「だろ?」




267: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/12(日) 20:46:55.27 ID:I6Bh7rpK0

P「……生きてりゃそう言う何気ない喜びだって楽しめるのさ。」

亜季「…………………………」

P「なーんてな、ははっ!どうよ、惚れ直したか?」

亜季「………惚れ直したりなどしません。………ずっと……惚れていますから…………」

P「…………ふふっ……男冥利に尽きる事言ってくれるじゃないか…」

亜季「………………………」///



268: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/12(日) 20:51:57.36 ID:I6Bh7rpK0

P「…………よく無事に帰って来てくれたな……」スッ…

亜季「生きて帰ると………約束しましたから…………」///

P「…………………亜季………」

亜季「…………何でしょうか…?」///

P「…………呼んでみただけだ。」

亜季「……………もう………」///

P「……………………………」

亜季「>>270」



270: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/12(日) 20:53:04.71 ID:FlmXfLt/O

…呼び鈴…お客さんですかな…?(見舞い品持ってきたつかさと鎧さん)



271: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/12(日) 21:00:00.80 ID:I6Bh7rpK0

亜季「……呼び鈴……お客様ですかな…?」

P「えっ……鳴ったか?………おーい、誰か出てくれ!」

亜季「…どなたでしょうか……?」

P「さあな……きっと誰かがまたお見舞いに来てくれたんじゃないか。」

亜季「……………………………」

P「………美玲辺りが連れてきてくれるだろ。」



272: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/12(日) 21:05:30.86 ID:I6Bh7rpK0

P「………………………………」

コンコン

美玲「客を連れてきたぞッ!」

つかさ「おーい、見舞いに来てやったぞ!」

P「………!その声は………!」

ガチャッ

鎧「…………………(ど、どうも……………)」

P「………………あれ?」




273: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/12(日) 21:12:20.24 ID:I6Bh7rpK0

動く鎧「…………………………」

P「………イメチェンした…?」

つかさ「…ベタなボケしてんじゃねえよ、アタシはこっちな、こっち。」

P「はっはっはっは!冗談だ、安心しろ、可愛いつかさちゃんを見間違うわけないだろ?」

つかさ「………フン…………」///

動く鎧「………………(ふふっ………)」




274: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/12(日) 21:21:00.52 ID:I6Bh7rpK0

P「鎧さんもおはようございます。」

動く鎧「………………(おはようございます。……近くに来たついでにお見舞いに来させてもらいました。)

つかさ「……アタシもビジネスのついでな。……ま、マヂでついでだからな?!」

P「はいはい……美玲、ありがとな。」

美玲「ふ、フンッ………!一々礼なんかいらないぞッ!」///

亜季「………………」

つかさ「>>276」



276: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/12(日) 21:22:35.98 ID:Uot6SqHAO

つーか、何?こっちもノロケ見に来たんじゃねーし



277: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/12(日) 21:31:10.26 ID:I6Bh7rpK0

つかさ「つーか、何?こっちもノロケ見に来たんじゃねぇし。」

亜季「の、ノロケ……………」///

つかさ「怪我人がイチャついてんじゃねえよ、大人しく寝てろ。」

P「はいはい、つまり、つかさちゃんは亜季の事が心配でわざわざ見舞いに来てくれたんだよな?……ありがとう。」

つかさ「………なっ……?!」///

亜季「………ありがとうございます。」

つかさ「………ち、違えし………社会人としての義務で来ただけだし…………」///



278: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/12(日) 21:37:02.51 ID:I6Bh7rpK0

動く鎧「………………(つかさちゃん、わざわざ新幹線のチケットを予約してまで…………)」

つかさ「そ、その話はマヂで止めろ!」///

P「はっはっはっは、可愛い奴め。」

亜季「ふふっ……わざわざご足労いただきすみません。」

美玲「素直じゃないヤツ。」

つかさ「……………ち、違………」///



279: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/12(日) 21:46:43.96 ID:I6Bh7rpK0

つかさ「………ああ、もう!……こ、ゴホン……あ、アタシこの後もマヂでスケジュール詰まってんのな、だから……………ん。」
っ最高級メロン

P「……メロン………?」

つかさ「礼とかそう言ううぜぇのいらねえからな、別に大した物じゃねえし。むしろ、安モンだな。」

美玲(……メチャクチャ高いヤツだぞ………)

つかさ「つか、見舞い品とか年末に配るカレンダーみたいなもんっしょ?(……い、一番高いの買ったから……大丈夫だよな………?)」

P「……………………………」



280: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/12(日) 21:53:38.40 ID:I6Bh7rpK0

動く鎧「…………………(あっ……………)」

亜季「……如何なされましたか?」

動く鎧「………………(……お見舞い被ってしまいました……)
っ最高級メロン

つかさ「………………………」

動く鎧「………………………(な、何かすみません……その…………)」

P「………美玲、皿取ってきてくれ。この場で一玉食べるぞ。」

美玲「……あっ……分かったぞッ!」




281: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/12(日) 22:03:28.04 ID:I6Bh7rpK0

〜〜〜


P「おっ……美味いなこれっ……!!」マグマグ

動く鎧「………………(そう言ってもらえると嬉しいです。)」

つかさ「ま、当然っしょ。うちで用意出来るので一番…………あ…!な、何でもない……」マグマグ

美玲「……………」マグマグマグマグ

亜季「…………ふふっ…………」

美玲「ん?」

亜季「>>283」



283: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/12(日) 22:04:52.79 ID:WnAW3Vup0

いえ、こういう何気ない幸せが……また呼び鈴が…?



284: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/12(日) 22:09:38.21 ID:I6Bh7rpK0

亜季「……いえ、こういう何気ない幸せが……また呼び鈴が…?」

美玲「あっ……!じゃあウチがッ……!」

P「口の周りを拭いてからな?」

美玲「………あっ……………?!」///

つかさ「ははははっ、ウケんな、お前。うちの広告とかやってみる気ねえ?」

動く鎧「………………(亜季さんは皆さんから慕われているんですね。)」




285: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/12(日) 22:18:24.19 ID:I6Bh7rpK0

P「…ここは俺が出迎えに行くと………」

動く鎧「………………(いえ、Pさんは亜季さんについてあげていてください。ここは私が………)」

つかさ「客が接客してどうすんだよ?」

動く鎧「…………………(あっ………………)」///

美玲「あ、ウチがッ……ウチがッ………!」

亜季「ふふっ………(……こう言う何気ない幸せが………一番大切な物なのかもしれませんね………)




りゅーせー☆



287: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/12(日) 22:29:17.88 ID:I6Bh7rpK0

日常(※ただしレオゴンやプリンなどが居る)に帰ります………日常って何でしょう………

事務所のカオス度が上がっていきます………どこまで行くのでしょう…………

ちゃんみおパワード編はこれにて完結させていただきます(後日談が終わりとは言っていない)

次回からほのぼの…………………にしたいです


元スレ
SS速報VIP:未央「ミツボシ☆☆★の付き合い」