SS速報VIP:モバP「朝起きたら布団の中にアイドルがいたけど、俺は手を出さないぜ」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1421160209/



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/13(火) 23:43:29.29 ID:UNZq/vFDO

【R-18】



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1421160209




6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/13(火) 23:48:16.06 ID:UNZq/vFDO

P「ん……ふわぁ、いい朝だ……な?」

まゆ「すぅ……すぅ……」

P「……これはあかん」

P「何が不味いかって、まず俺がパンツしか着てないこと」

P「そしてまゆも下着姿なことだ」

P「うーん……そもそもどうやって入ってきたんだ?」

P「謎は深まるばかり……強いていうなら、鍵かけてなかったな」



8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/13(火) 23:52:07.10 ID:UNZq/vFDO

P「……まてよ?」

P「もしかしたら偽物かもしれないな、よし」

モミモミ

まゆ「ふぁ……」

クリクリ

まゆ「んぅ……!」

P「うーん……本物っぽいなぁ」クリクリ

P「さわった感じはアブソリュート乳首だし……」クリクリ

P「困った……」クリクリ

P「……よし、起こして事情を聞こう」



10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/13(火) 23:54:55.35 ID:UNZq/vFDO

P「まゆ、起きてくれ」

チュッ

まゆ「ん……?」

まゆ「……Pさん?」

まゆ「え?」

まゆ「ぴ、Pさんですかぁ!?」

P「いかにも」

まゆ「あわわわ……」

まゆ「み、みないでください……!今はまだお化粧してないですからぁ……」

P「化粧してなくても変わらずかわいいじゃないか」

まゆ「かわっ……!?」

まゆ「」プシュー



13: 最初はパラガス様と間違えられてましたけどね……申し訳ないです 2015/01/13(火) 23:58:32.06 ID:UNZq/vFDO

P「あのあと、一緒にご飯食べて事務所にいった」

P「食べたのはご飯だけではないが」

P「さて、もう夜だ、ねるかな……」

P「……」

P「ぐっすりー!」


下2

アイドルの名前で
765は勘弁してください
あと、つかさたんも勘弁してください



16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/13(火) 23:58:59.98 ID:yCvjQjpbo





20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/14(水) 00:12:39.12 ID:yD3S9mcDO

P「うーん、いい朝だ!今日も1日ぐらい頑張るんば!」

凛「すぅ……ぐふ……」

P「おりょ?」

P「また俺はパンツだけ……」

P「凛は……俺のワイシャツに顔をうずめて寝てらっしゃる」

P「臭いだろうに……助けてやろう」

グイッ

凛「やっ……」ギュッ

グイッグイッ

凛「やぁ……」ギュー

P「あらやだかわいい」

P「どんだけー」




21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/14(水) 00:16:32.85 ID:yD3S9mcDO

P「しゃーない、起こすか」

P「凛、起きてくれ」ペチペチ

凛「う……ん……?」

P「おきたか?」ペチペチ

凛「プロデューサー……?」

P「そうだ」ペチペチ

凛「な、なんで横にいるの……!?」

P「知らんよ」ペチペチ



22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/14(水) 00:19:32.99 ID:yD3S9mcDO

P「俺のワイシャツを返してくれ」ペチペチ

凛「えっ……?これ?」

P「そうです」

凛「……」

凛「……ちょっと、お花を摘んでくるね」

P「ワイシャツをもってくんじゃねぇ!」



23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/14(水) 00:21:00.35 ID:yD3S9mcDO

P「あのあと、30分ぐらいして凛は帰ってきた」

P「お肌がつやつやしてた気がする」

P「さて、いい時間だ。寝ようかな」

P「……」

P「ぐっすりー!」


下2



25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/14(水) 00:22:06.46 ID:lhNoRRTSO





28: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/14(水) 00:54:01.08 ID:yD3S9mcDO

P「ふわぁ……うごけん……」

P「後ろから思いっきり抱きしめられておる……」

P「しかも、柔らかいのが当たって……」

P「だれだ……こんなえっちなボディをしとるのは……」

茜「ぐう……」

P「茜……だと……」



29: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/14(水) 10:12:42.14 ID:yD3S9mcDO

P「しかし……本当に動けない……」

茜「むにゃむにゃ……」

茜「もう歩けないです……」

P「嫌な夢を見てるな」

茜「走っていいですか!?」

P「なんて夢を見てるんだこいつは」

P「はーなーせー」モゾモゾ



30: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/14(水) 12:31:53.68 ID:yD3S9mcDO

P「しょうがない、手は動くからくすぐって起こすか」

P「こちょりんこ」コチョコチョ

P「そういや、くすぐる時の擬音ってイマイチパッとこないな」コチョコチョ

茜「うひひ……!」

茜「……あれ?」



31: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/14(水) 14:01:40.70 ID:yD3S9mcDO

茜「ぷ、ププププロデューサーっ!?」

P「そうです」

茜「わ、わぁ!わぁー!!」

P「静かにっ」

茜「ゆ、夢ですかっ!?」

P「夢ではない、現実-リアル-だ」



32: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/14(水) 16:54:42.65 ID:yD3S9mcDO

茜「わぁぁぁ!」ペチペチ

茜「痛いっ!本当に夢じゃないですねっ!」

P「落ち着け!」

茜「ゆ、夢じゃないってことは……もしかして」カァァァ

茜「わぁぁぁぁぁ!!トラァァァァイ!!」ダダダダ

ガチャバタン

P「……どっかいっちゃったよ……」



33: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/14(水) 17:57:14.99 ID:yD3S9mcDO

P「まったく……ん?」

P「パンツが落ちてる……」

P「」クンクン

P「やっぱり茜のだ、おっちょこちょいなやつだな」

P「後で返しておこう」



34: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/14(水) 17:59:23.87 ID:yD3S9mcDO

P「あのあと、パンツは返した」

P「また顔を真っ赤にして走っていったが、おちついたら帰ってきたよ」

P「ん……いい時間だ、寝ようかな」

P「……」

P「ぐっすりー!」←言い忘れていたが、寝言である


下2



36: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/14(水) 18:00:47.75 ID:lE9xALKYo

幸子



39: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/14(水) 20:22:36.87 ID:yD3S9mcDO

P「うぅん……」

幸子「Pさん!起きてくださいよ!」ユサユサ

幸子「なんでボクはここにいるんですか!」ユサユサ

P「うーん……あと五時間……」

幸子「寝過ぎですよ!」ユサユサ

P「もしくは540円……」

幸子「何か欲しいものでもあるんですか……!?」ユサユサ

幸子「カワイイボクがこんなにも起こしてるのに……」

幸子「……起きないとキスしちゃいますよー」ボソッ

P「むにゃむにゃ」

幸子「……よし」

幸子「これはボクがしたくてするわけじゃないですから」

幸子「あくまで、Pさんを起こすためですから」



40: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/14(水) 20:27:18.23 ID:yD3S9mcDO

幸子「お姫様のキスで王子様は目覚めるんです……」

幸子「こんなにカワイイお姫様にキスされたら、誰でも飛び起きますよね!フフーン!」

幸子「よ、よし」

幸子「ち、ちゅー……」

P「幸子……?」

幸子「ふにゃっ!?」

幸子「お、起きてたんですかこれはあくまで人工呼吸そう人工呼

P「むにゃ……油……油幸子……」

幸子「……ね、寝言でしたか」

幸子「今度こそ……」

幸子「んー……」



41: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/14(水) 20:33:14.34 ID:yD3S9mcDO

P「幸子……」

幸子「また寝言ですか……ボクは止まりませんよーだ」

幸子「ずーっとチューしたかったんですから」

幸子「カワイイカワイイボクのファーストキス、Pさんの為にとっておいたんですよ」

幸子「本当は起きてる時にしたかったですが、やむを得ないです」

P「……むにゃ」

幸子「えいっ」

チュッ

幸子「……っは」

幸子「つ、ついにしちゃいましたよ……!これでボクも大人の仲間入りですね……!」



42: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/14(水) 20:36:05.63 ID:yD3S9mcDO

幸子「ちがう!起きてください!」ユサユサ

P「う……うん……?」

P「幸子……?」

幸子「目を開けたらすぐにボクの顔を見れるなんて、今日1日は夢見心地ですね!」

P「おはよう……」

P「……朝飯、何か食べるか?」

幸子「はい!おいしいものがいいです!」

P「はいはい……」



43: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/14(水) 20:38:58.96 ID:yD3S9mcDO

…………
……
幸子「Pさんにしては美味しいですね」モグモグ

P「んにゃろ、一言余計だ」モグモグ

幸子「……そういえば、なんでボクはPさんの家にいるんですかね」

P「さぁ?お前が入ってきたんじゃないのか?」ムシャムシャ

幸子「違いますよ」

P「……」

幸子「……」

P「まぁいっか、飯食って仕事いくぞ」

幸子「はい!」モグモグ



44: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/14(水) 20:41:27.05 ID:yD3S9mcDO

P「あ、幸子」

幸子「はい、なんですか?」

P「次するときは、起きてるときにしような」

幸子「次……?」

幸子「ッ!?」

幸子「お、起きてたんですか!?」

P「さぁな」

幸子「わー!忘れてください!忘れてくださいー!」ポカポカ

P「痛い痛い!やめてくれ小林!」

幸子「輿水です!」ポカポカ



45: 特定のアイドルで終了の可能性あり 2015/01/14(水) 20:45:01.94 ID:yD3S9mcDO

P「あのあと、普通に仕事した」

P「滅茶苦茶普通、島村ぐらい普通に仕事した」

P「今日も疲れた、さぁ寝ようかな」

P「……」

P「ぐっすりー!」

アイドルの名前
下2

パンツの柄
下4



47: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/14(水) 20:45:24.24 ID:WZu4Fp8T0

藍子



49: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/14(水) 20:46:13.75 ID:qMYdjnoJO

留美



61: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/14(水) 22:37:15.03 ID:yD3S9mcDO

P「むっ……朝か」

藍子「すや……すや……」

P「むむっ……」クリクリ

P「この乳首は藍子か」

藍子「ふわぁ……?」

藍子「あれ……?ここは……」

P「やぁ、おはよう藍子」

藍子「!?」ビクッ

藍子「えっ……えっ!?」

P「もう朝だぞ」

藍子「な、なんでですか……!?」



62: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/14(水) 22:40:13.90 ID:yD3S9mcDO

P「何故か……だと?」

P「俺が聞きたいわ」

藍子「わ、私……昨日は自分の部屋で寝た……はずなんですけど……」

P「寝相が悪すぎるぞ」

藍子「ち、違いますよ!」

藍子「……たぶん」

P「とりあえず……その、なんだ」

P「服をきてくれないか?」

藍子「きゃぁぁぁ!」




63: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/14(水) 22:42:34.42 ID:yD3S9mcDO

藍子「ほ、ほんとだ!私、なにもきてな……服がない!」

P「まじっすか、しょうがない」

P「俺の服でも着ておけ」ポポイッ

藍子「ありがとうございます……!」

藍子「……どうして、和久井さん柄のトランクスが」

P「タンスに入ってたんだよ……」



65: 藍子のこれじゃない感、藍子Pごめんね 2015/01/14(水) 22:45:24.15 ID:yD3S9mcDO

P「あのあと、藍子は急いで帰った」

P「藍子は襟から乳首がちらっちらちらっちら見えるから滅茶苦茶気になった」

P「もうちらっちらどころかドドーンくらい」

P「胸はヒョリーンくらいだけど」

P「いい時間だ……そろそろ寝ようかしら」

P「……」

P「羊がいっぴきー!」



66: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/14(水) 22:46:31.11 ID:yD3S9mcDO

下2



68: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/14(水) 22:47:48.25 ID:83o9GMNCo

楓さん



85: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/15(木) 09:51:14.44 ID:MypzqiKDO

楓「すぅ……」

P「……今日は楓さんか」

P「ほら、起きてください」ユサユサ

楓「……?」ムクッ

楓「……」

楓「すぅ……」ドサッ

P「また寝ようとするんじゃありません!」ユサユサ



86: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/15(木) 09:56:45.18 ID:MypzqiKDO

楓「……ちゅーしてくれたら、起きます」

楓「ちゅーして、睡眠を中止……ふふふ」

P「しません、起きてください」ユサユサ

楓「首にキスマークをつけても起きます。首が弱いのがネックですから……」

チュッ

楓「はんっ……!」



87: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/15(木) 09:59:01.94 ID:MypzqiKDO

楓「プロデューサー……!」

P「はいなんでしょう」

楓「今、本当につけました……?」

P「……さぁ?」

P「起きて鏡でも見れば良いじゃないですか」

楓「……」ムクッタタタッ



88: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/15(木) 10:00:21.40 ID:MypzqiKDO

楓「……」タタタッ

P「あ、帰ってきた」

楓「」ドサッ

楓「すぅ……」

P「寝ないでくださいー!」

楓「ついてなかった……」



90: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/15(木) 10:02:12.25 ID:MypzqiKDO

P「あのあと、キスマークは不味いからキスした」

P「そしたら起きて仕事にいった。自由な人だ」

P「いい時間だな……眠るか」

P「……」

P「ばくすいー!」


下2



92: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/15(木) 10:03:02.49 ID:4qm2uirAO

文香



104: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/15(木) 14:53:04.38 ID:MypzqiKDO

P「ふわぁ……あ?」

P「今日は俺が抱きついてしまってたみたいだな、寒かったししょうがない」

文香「くぅ……くぅ……」

P「……文香か、ふむ」

P「手を出すわけにもいかないし、乳首を開発させておくか」



108: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/15(木) 16:33:54.81 ID:MypzqiKDO

P「まったく、こいつは事務所に来てもずっと本読んでるからな」クリクリ

文香「んっ……」

P「たまには俺とオセロとかしてくれればいいのに」クリクリ

文香「ふ……っ……」

P「……むむっ、この乳首の感じ……そろそろ起きるな」

P「やめよう」



112: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/15(木) 17:55:05.79 ID:MypzqiKDO

文香「ん……ここは……」

P「おはよう、文香」

文香「Pさん……?」

文香「おはようございます……」

P「コーヒー、飲むかい?」

文香「はい……いただきます」



113: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/15(木) 20:09:10.35 ID:MypzqiKDO

文香「……」

文香(なんで私は、Pさんの家にいるんでしょうか……)

文香(それと……なんであんな夢を……)

文香(Pさんの顔見れない……恥ずかしい……)

文香(この間読んだ官能小説が原因でしょうか……)

P「コーヒー入ったぞ」

文香「あ、ありがとうございます」



114: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/15(木) 20:11:35.06 ID:MypzqiKDO

P「うーん、やはり時間かけて開発しなくてはだな」

P「それにしても、なんであんなに顔が赤かったんだろう」

P「謎は深まる、そう、乳首と同じさ」

P「さて、ねよねよ」

P「……」

P「すやすやー!」

下2



116: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/15(木) 20:12:19.19 ID:MuGCuxGXo

美穂



119: 書いたら読み直さないタイプなんで矛盾してたりしたらすみませ 2015/01/15(木) 20:28:37.45 ID:MypzqiKDO

P「ファイナルブラストオブ起床」

P「あ゛ーんいい朝だぜ」

P「む……」

美穂「すぅ……」

P「あらやだMIHOKOHINATAじゃない……」

P「……寝かせておこう」

P「……せっかくだから写真撮っておこう」パシャッ



120: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/15(木) 20:29:32.86 ID:MypzqiKDO

P「……」パシャッ

P「……」パシャッ

P「……」パシャッ

P「……」パシャッパシャッ

P「……」パシャッ

P「……」パシャッ

P「……」パシャッ

P「……」パシャッ

P「……」パシャッ

P「……」パシャッ





122: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/15(木) 20:30:34.28 ID:MypzqiKDO

P「……」パシャッ

P「……」パシャッ

P「こんなもんでいいか」

P「さて、珈琲でも飲むかな」

スタスタ

美穂「……んぅ……?」



123: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/15(木) 20:39:57.42 ID:MypzqiKDO

美穂「あれ……ここ……どこだろう」

美穂「うーん……え?」

美穂「な、なんでわたし裸なの!?」

美穂「え、え、うそっ!?」

美穂「下着はついてるけど……」

美穂「……あれは……カメラ……?」



129: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/15(木) 23:45:46.52 ID:MypzqiKDO

美穂「よくみたらPさんの服がある……」

美穂「ま、まさか……昨日……」

…………
……
美穂「あんっ!あぁんっ……!!」

P「ぐわへへへ」パシャッパシャッ

美穂「や、やぁっ……だめっ……!!」

P「この写真をばらまかれたく無かったらアイドルを止めて俺の愛-ラブ-ドールになるんだなぁ」

美穂「なります!なりますからぁ……!」

P「さぁ、早速アイドルスマターをしてもらおうか」

美穂「はいっ……!」



130: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/15(木) 23:46:47.03 ID:MypzqiKDO

…………
……

美穂「だ、だめです……!あぁん!」モジモジ

P「……どう対応すればいいんだろうか」





131: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/15(木) 23:48:50.15 ID:MypzqiKDO

P「美穂は結局顔を真っ赤にして帰った」

P「布団が少し、湿っていたが、気にしない」

P「うん、いい時間だ」

P「……」

P「えいみんー!」


下2



133: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/15(木) 23:49:45.02 ID:MzZjmNW9o

新ガチャの目玉



時子様



138: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/16(金) 00:38:25.43 ID:UJtW7TlDO

パシィッ

P「っ!」

P「いったぁ!」

時子「ようやく起きたかしら?」

P「時子ぉぉ!?えぇぇぇ!」

パシィッ

時子「うるさい」

P「すみません」



139: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/16(金) 00:45:27.69 ID:UJtW7TlDO

P「あの、時子

パシィッ

P「時子様、今日は何故私の家に……?」

時子「知らないわよ……朝起きたらここに居たのよ」

時子「最悪な目覚めよ」

…実際…

時子「んっ……朝……?」

時子「あれ……私のベッド……こんなに落ち着く匂いだったかしら……」

時子「なんか気持ちいいし、もう少しだけ眠……

時子「……P?」

時子「え……ここ……Pの家……?」



140: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/16(金) 00:50:59.25 ID:UJtW7TlDO

時子「最悪よ、まさか豚と同じ布団で眠るなんてね」

P「俺のせいじゃ……

パシィッ

P「すみません!」

…実際…

時子「……ちょっとぐらい……」

ムギュッ

時子「……こいつ……意外と筋肉あるのね」

時子「……ふふっ」

P「うーん……」モゾッ

時子「」ビクゥ

パシィッ

振り出しに戻る



141: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/16(金) 00:55:19.40 ID:UJtW7TlDO

時子「貴方……珈琲くらいは淹れられるわよね?」

P「まかせてください!」ピュー

時子「……ふふっ」

時子「あーっはっは!」



149: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/16(金) 09:55:47.49 ID:UJtW7TlDO

P「あのあと、結局数回しばかれた」

P「コーヒーっていいながら烏龍茶だしたからかな」

P「さぁ、いい時間だ」

P「……」

P「おぼぼー!」


下2



151: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/16(金) 09:56:40.35 ID:l6LlpobDO

きらり



168: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/16(金) 16:40:49.68 ID:UJtW7TlDO

P「ん……?」

P「……きらりか」

P「……」ナデナデ

きらり「にぃ……」スリスリ

P「いつもは、頭撫でてやれないからな……」

P「頑張ってるのに、なんもしてやれなくてごめんな」ナデナデ

きらり「むにゃ……にょわー……」スヤァ



176: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/16(金) 20:35:25.24 ID:UJtW7TlDO

P「寝てるところで悪いが、もう朝だ」

P「おきるにぃ(武内)」ユサユサ

きらり「んー……」

きらり「……あれ?Pちゃん?」

きらり「……」

きらり「きらりはまだ17歳だよ?」

P「寝起きのくせに冷静に判断すんな」



177: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/16(金) 20:40:38.92 ID:UJtW7TlDO

P「第一、俺はアイドルに手を出したりしない」

きらり「本当かにぃ?」

きらり「きらりがえっちなことしても、我慢できりゅ?」

P「できるさ(確信)」

きらり「えいっ☆」プルン

P「無理かも(武内)」



179: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/16(金) 20:44:51.36 ID:UJtW7TlDO

P「しまった……迂闊だった」

P「俺はなんて迂闊なんだ」

P「きらり、俺の負けだ」

きらり「やったにぃ☆おっすおっすばっちし☆」

P「煮るなり焼くなり」

P「お前の胸で窒息死させるなり、腹上死させるなり、好きにしてくれ」

きらり「Pちゃんの欲望がだだ漏れだにぃ」

きらり「きらりんぱわー(癒やし)」

P「あぁっ、浄化されます(武内)」





180: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/16(金) 20:47:16.75 ID:UJtW7TlDO

P「あのあと、結局手をだしかけた」

P「手は出してないから大丈夫、他は出したけど」

P「きらりを嫁できたらなんだかんだ幸せだろうな」

P「いい時間だ、さて寝るかな」

P「……」

P「おやすみー!」


下2



182: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/16(金) 20:47:39.25 ID:HEv58QZo0

ユッキ



190: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/16(金) 22:16:39.13 ID:UJtW7TlDO

友紀「ぐぉー……」

P「……」

友紀「むにゃむにゃ……きゃっつー……」

P「うるせえ!」

P「何故俺の隣で寝てやがるんだこいつは!」

P「こうしてやる!」ムニムニ

P「うがー!」ムニムニ





191: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/16(金) 22:19:27.51 ID:UJtW7TlDO

友紀「んっ!?」

友紀「え?……プロデューサー?」

P「そうだ!」ムニムニ

友紀「な、なななななんで!?」

P「知るか!!友紀が入ってきたんだろうが!」ムニムニ

友紀「えぇ!?違うよ!」

P「じゃあなんで俺の部屋にいるんだ!」

P「ちくしょー!」パクッ

P「」チュー

友紀「ひぁっ!?」ビクン

友紀「す、すっちゃ、やぁ……!」

…………
……



199: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/17(土) 00:58:07.03 ID:IHXdD4MDO

P「いつもいつも酒を飲んでは俺に絡んで……」チュー

友紀「ふ……ぐぅ……」

P「毎回お前を送らされる身にもなってみろ!」チュチューー

友紀「んぁっ……ごめ……」

P「お前が可愛いから、危うく狼になるかもしれないんだぞ!」カプッ

友紀「かじっ……ちゃ……ふぁぁ!」ビクンビクン

友紀「はぁ……はぁ……さっき……なんていったの?」

友紀「狼とか、言ってたよね」

P「また言ってもいいが、乳首噛むぞ」

友紀「なんで!?」



200: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/17(土) 01:02:49.69 ID:IHXdD4MDO

P「あのあと、結局噛んだ」

P「友紀はだらしな可愛いな、生活感溢れる場所で覆い被さるのがおすすめだ」

P「ふむ、いい時間だ、寝ようか」

P「……」

P「闇にのまれよ!(現在、レム睡眠です)」



下2



202: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/17(土) 01:03:56.16 ID:KldE/tnk0

みくにゃん..........はやめて
前川さん



203: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/17(土) 01:09:47.23 ID:IHXdD4MDO

みく「……ん」

みく「……Pチャン?」

みく「……隣でPチャンが寝てるとか……そんなわけないにゃあ」

みく「……夢かな……夢だよね」

みく「今は猫ちゃんにならなくてもいっか」

みく「いつもは蔑ろにされるし、甘えちゃおうかな……」



204: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/17(土) 01:18:16.10 ID:IHXdD4MDO

ムギュッ

みく「えいっ」

みく「Pチャン……♪」スリスリ

みく「あったかい……がっしりしてるし……」

みく「はぁ……ずっとこうしてたいにゃあ……」

みく「ん……ちゅっ」

みく「えへ……ちゅーしちゃったにゃ」

みく「あ、にゃあって言っちゃった、職業病だね」



207: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/17(土) 10:16:21.10 ID:IHXdD4MDO

P「ん……」

みく「」ビクッ

みく「す、すぅ……」

P「……」スヤァ

みく「なんだ寝言かにゃ……」

みく「もう少しくらい甘えても大丈夫だよね……?」





208: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/17(土) 10:38:03.40 ID:IHXdD4MDO

…………
……

P(……ん)

P(朝か、今日も誰かいるのか?)

P「……あれ、いないな」

P「今日は休みの日なのか?」

ガチャッ

みく「あれ?起きたのかにゃ?」

P「そういうことか」



210: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/17(土) 10:45:40.85 ID:IHXdD4MDO

みく「もうすぐご飯できるから、こっちにくるにゃ」

P「おぉ、ありがとう」

みく「ふっふーん、みくへの考えを改めるにゃ」

P「はいはい」ナデナデ

みく「えへへ……♪」



211: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/17(土) 10:47:27.77 ID:IHXdD4MDO

トリガー「前川みく」


継続か、エンディングか
コンマ10未満でみくエンド


下1



212: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/17(土) 10:47:54.31 ID:Q8WE1ahEo





214: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/17(土) 10:50:26.64 ID:IHXdD4MDO

P「あのあと、みくとご飯食べてから仕事に向かった」

P「ただの猫馬鹿じゃなかったんだな」

P「さぁて寝ようかな」

P「……」

P「……」


下2



216: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/17(土) 10:50:54.89 ID:9brjAo7AO

みか



221: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/17(土) 11:37:51.92 ID:IHXdD4MDO

P「……ふわぁ」

美嘉「」ドキドキ

P「ん?美嘉?」

美嘉「わひゃあっ!?な、なに?」

P「いや、何故ここにいる」

美嘉「さ、さあ?」ドキドキ




223: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/17(土) 19:53:52.61 ID:IHXdD4MDO

P「はぁ……でも、美嘉はこういう状況にはなれてるだろ?」

美嘉「え?」

P「カリスマギャルなんだし、男と泊まることくらいあるだろ?」

美嘉「あ、あーそういうことねー」

美嘉「もちのロンでしょ★」

美嘉(初めてだよ、まず男の人とつきあったことないし)

P「いつもは朝、どんな話をしてるんだ?」

美嘉「え、えーっと」

美嘉「世界情勢?」

P「まじかお前」



227: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/17(土) 23:07:02.54 ID:IHXdD4MDO

P「ギャルってすげえな……」

美嘉「で、でしょ★」

美嘉(うわぁぁん……正直に言えばよかった……)

P「さて、飯食べるか」スクッ

美嘉「えっ」ガシッ

P「……何故掴む」

美嘉「え、えっと……」



228: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/17(土) 23:10:14.52 ID:IHXdD4MDO

P「もしかして、寂しいのか?」

P「そんなわけないよな、カリスマギャルだもんな」

P「ほら、起きて一緒に飯食「さ、さみしいよ!」

美嘉「カリスマギャルだけどさ……アタシだって、その……」

美嘉「あ、甘えたいときは、あるんだよ?」カァァァ

P「プッツン」

P「美嘉ぁぁぁぁ!」

美嘉「わっちょっなになにどこ舐めひゃぁんだめっ!」

美嘉「あぁぁぁぁん!!」



230: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/17(土) 23:10:57.79 ID:IHXdD4MDO

P「あのあとなんかいろいろやった、眠い」

P「……」

P「おやすみー!」


下2



232: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/17(土) 23:11:41.57 ID:RG9rtbZoo

美穂



236: 二回目か、いいだろう。終演はこちらを視ているぞ 2015/01/17(土) 23:16:23.43 ID:IHXdD4MDO

P「美穂か」

美穂「すぅ……」

P「」バサッ

P「……これは完全に乳首だな」クリクリ

P「今度は何も着てない……まじか」

P「……とりあえず、絆創膏を貼っておくか」ペタペタ

P「下半身はガムテープにしておこう」ペタペタ



242: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/18(日) 01:44:29.30 ID:0ygXqB4DO

美穂「ふぁ……」

美穂「あれ……?また!?」

美穂「しかも……絆創膏が……!?」

美穂「もしかして……」

…………
……



244: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/18(日) 01:49:31.19 ID:0ygXqB4DO

P「美穂、チィクビがコチンコチンじゃァないか」

P「美穂……いけない乳首だな」クリクリクリクリクリクリクリクリ

美穂「す、すみません……んっ……!」

P「いけない乳首には、絆創膏を貼っちゃァうぞォ!」ペタッ

美穂「やぁ……それはガムテープです……!」

P「」ペリッ

美穂「はぁん!」

P「」ペタッ

P「」ペリッ

美穂「あぁん!」



245: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/18(日) 01:51:26.13 ID:0ygXqB4DO

……
…………

美穂「アイドルスマターだなんて……!だめですよ……!」モジモジ

P「どう対応すればいいんだ……」

P「とりあえず、ひなたぼっこでもしてようかな……」



247: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/18(日) 01:52:42.48 ID:0ygXqB4DO

アイドルの名前
下2


コンマが3未満でエンディング
違ったら継続

コンマが4ならアイドルスマター



249: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/18(日) 01:53:16.50 ID:X5njJPTnO

礼子



253: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/18(日) 01:56:20.23 ID:0ygXqB4DO

礼子さん初めてだな……



継続するかどうかが決まるコンマは好きなアイドルだと高い数字になります

例:
前○=10(サービス、実際は60くらい)
○宮=98




255: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/18(日) 02:01:40.18 ID:0ygXqB4DO

P「……」

P「あかん」

P「隣には礼子さん」

P「そして二人とも全裸」

P「……あかんわ」

P「なんとかして誤魔化そう」

P「まずは服を……」



256: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/18(日) 02:05:46.48 ID:0ygXqB4DO

礼子「……あら、おはよう」

P「ザ・エンドか……」

礼子「Pくん?私が起きた途端に絶望的な表情をするのは、どういうことなのかしら」

P「こうなったら……記憶を消す!」ヒュバッ

礼子「な、なに……?」

P「最終奥義!」

P「ロストオブイデオロギー-執拗な乳首責め-」レロレロ

礼子「ひゃっ!?んっ!」



259: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/18(日) 02:11:55.05 ID:0ygXqB4DO

…………
……

P「礼子さん……昨日の夜は何もしてないですからね」

礼子「ぅ……んっ……!わ、わかったわ……」

P「本当にわかってますか!?」チュー

礼子「あっ……だめっ……!」ビクンビクン

礼子「あぁぁ!」ビクンビクン

P「よし、と」

P「これで後で婚約を迫られることはないだろう」

P「俺はまだ手を出すわけにはいかないからな」


下2



261: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/18(日) 02:13:27.44 ID:0Lw/d1ck0

そら



263: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/18(日) 19:59:07.72 ID:0ygXqB4DO

P「……」

そら「ぐっもーにん☆そらちんあらーむがプロデューサーを起こしちゃうよ!」

P「……」

そら「ほらほら!おきておきてすたんどあっぷ!」

P「……」

P(……うるせえ)

そら「プロデューサー?ぐっもーにんだよぐっもーにん!」

P(寝たふりじゃだめだ……しかし)

P(乳首をアブれば……いやだめだ、リスクが高すぎる)

P(どうすれば……はっ!?)

P(そうか……わかったぞ)



266: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/18(日) 22:43:44.56 ID:0ygXqB4DO

P(やってみせるさ……必殺!)

P「うをぉぉぉ!!」ガシッ

そら「ほわぁい!!?」ドサッ

P「電気アンマじゃあ!」ガガガガ

P「ふははは!俺は小学校の頃「電気アンマのP」と呼ばれていたりはしなかったのさ!」

そら「ふぁっ……!ひゃんっ!」

P「寝てる奴の耳元で歌うんじゃないぞ!」ガガガガ

そら「ひんっ……!」

そら「だめっ……そこをぴんぽいんとに擦っちゃ……!」



267: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/18(日) 22:45:13.00 ID:0ygXqB4DO

…………
……
ちひろ「」ズズー

ちひろ「はぁ、お茶が美味しい」

ちひろ「あと1時間半くらいかな……」

ちひろ「プロデューサーさん、まだかなぁ……」パタパタ

……
…………



269: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/18(日) 22:47:37.76 ID:0ygXqB4DO

そら「あ……ぁ……」ビクンビクン

そら「そらちん……るーず……?」ビクン

P「ふぅ、いい汗かいたぜ」

P「……なんでこんなことしたんだっけ、忘れちゃった」

P「まぁいいや、ほら、そらちんも仕事だろ?いくぞ」

そら「こ、こしが……ぬけ……☆」





270: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/18(日) 22:49:59.23 ID:0ygXqB4DO

P(うーんこ)

P「そらは元気があっていいな」

P「cvは藤原啓治かな」

P「さて、いいじかんだ」

P「ねよう」

アイドルの名前
下2


下4



272: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/18(日) 22:50:39.17 ID:ceVH7SNAO

ちひろ



274: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/18(日) 22:52:22.74 ID:T75va6hLo

黄緑



276: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/19(月) 00:07:22.72 ID:XhxbiWJDO

P「っは!?……夢か」

P「鬼と悪魔とちひろに追われる夢なんて……」

ちひろ「……すぅ……」

P「わぁお一番やばいのがおるで」

P「下着まで黄緑色かよ、似合ってるけどさ……」

ちひろ「ん……?」

P「あ」




277: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/19(月) 00:12:39.00 ID:XhxbiWJDO

ちひろ「あれ……プロデューサーさん……?」

P「あわわわ」

ちひろ「……って、そんなわけないか」

ちひろ「もしかして夢かな……」

ちひろ「ついに明晰夢を……よし!」

P(なんかブツブツ言ってて怖い)

ちひろ「……プロデューサーさん」

チュッ

P「」

P(な、なんだ……?)

ちひろ「チュウしちゃった……私の初めてのチュウ」

ちひろ「夢だからノーカウントだけど……えへへ」

P(なんだか無性に可愛いぞ……!?)



278: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/19(月) 00:14:26.58 ID:XhxbiWJDO

P「あ、あの、ちひろさん?」

ちひろ「ちひろ」

P「はい?」

ちひろ「ちひろって呼んでくれなきゃ、やです」

P「」ダラダラ

P「ち、ちひろ」

ちひろ「はい、あなた♪」

P「」ダラダラ



279: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/19(月) 00:17:48.52 ID:XhxbiWJDO

P(ま、まずい……もし夢じゃないてバレたら……レアメダルにされてしまう……)

P(なんとしても阻止するぞ)

ちひろ「その……えっと」

ちひろ「こんな服装ってことは……」

ちひろ「し、したいんですか?」カァァァ

P「」プツーン

P「あぁ、そうだ」

P「ちひろさんは、アイドルじゃないんだ……」



280: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/19(月) 00:18:53.97 ID:XhxbiWJDO

コンマが30未満でエンディング
33で乳首責め
それ以外で継続

下1



281: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/19(月) 00:20:12.16 ID:V7Is9409o

さぁ!



284: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/19(月) 00:21:51.94 ID:XhxbiWJDO

トリガー「鬼」成功

->ちひろエンドへ




287: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/19(月) 00:26:28.90 ID:XhxbiWJDO

P「ちひろ……」

チュッ

ちひろ「んっ……あなた」

P「ちひろは、いつも俺のプロデュースをサポートをしてくれたな」

P「だから、今日はちひろをプロデュースするぞ」

ちひろ「え……?」

P「可愛いシンデレラに、俺が魔法をかけてやる」

P「だって俺は」

P「魔法使い-プロデューサー-だからな」



289: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/19(月) 00:35:59.58 ID:XhxbiWJDO

P「あのあと、魔法と精をかけた」

P「ちひろさんは、途中から現実だと気づいていたが、三回目くらいからただ腰をふっていた」

P「……うん、そうだな」

P「他に特筆すべき点はないな」

P「しいていうなら」


ちひろ「あなた、ご飯にしますか?」

P「もちろん、おまえだよ



293: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/19(月) 08:54:46.97 ID:XhxbiWJDO

P「もういい時間だ、さ、寝ようか」

ちひろ「はいっ……でもその前に」

ちひろ「デュエル、しませんか?」

P「……いいぞ、俺が勝ったら今日は三回戦な」

ちひろ「でしたら、私が勝ったら四回戦ですよ」

Pちひろ「「デュエル!」」


長い間ありがとうございました!
俺達の戦いはこれからだ!



294: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/19(月) 08:56:58.84 ID:XhxbiWJDO

お「うわぁ割れちゃう」

お「割れちゃうよぉ」

お「うわぁぁぁぁ!」パリーン


おわり「割れたらおわりになっちゃったよ!あばばー!」




終演



295: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/19(月) 08:58:40.28 ID:XhxbiWJDO

長い間ありがとうございました。
だらだらと書いていて気付いたらこんなに長く、申し訳ないです。


またどこかで会えたら嬉しいです。


元スレ
SS速報VIP:モバP「朝起きたら布団の中にアイドルがいたけど、俺は手を出さないぜ」