SS速報VIP:伊織「黒煙の人魂」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1423014228/



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/04(水) 10:43:48.93 ID:otwCP5DmO


「あずさ!あずさ!!」

呼びかけても返事は無かった。
遠くまで私の声が響くのが聞こえる。

その声は暫くして聞こえ無くなり、周りはまた静かになる。

私は、下に続く階段へと駆け出した。

段を降りる度に、灰色のメッキがかった木製の床から響く足音が静寂を破っていく。

近くに入れば私に気付くだろう

あずさを見つけるのが先か、あいつに見つかるのが先か…


あずさ、何処にいるの





SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1423014228




2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/04(水) 13:18:42.27 ID:otwCP5DmO

下のフロアに出ると、先は長い通路が続いていた。

もやもやとした霧が立ち込めていて、暗闇に包まれた通路の奥は、目を凝らしても見えなかった。


「あずさ!あずさ!!」


返事は無い…

もしかしたら返事が出来ないのかもしれないわ

そう思い、私は通路の奥を目指した。








3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/04(水) 13:33:22.73 ID:otwCP5DmO

所々窓から差し込む月の光が、線状に床を照らしていた。

窓から覗く空には、ぽっつりと月だけが浮かび、下には小さな石ころのような黒い塊が集まっていて、白い霧に包まれている。

ここは…何階なのかしら

頭に過ってくるのはそんなことだった。


やがて、永遠と続くかとおもうような暗闇も、うっすらと姿を現し始める。


見えてきたのはドアだった







4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/04(水) 13:40:15.10 ID:otwCP5DmO

ガチャッ…

開かない

「あずさ!あずさ!!」

呼びかけても返事はない

近くを見回しても、何処にも道は無かった

「…やられたわっ」

…やっぱり来なければ良かった

そう思い、元来た道を引き返そうとした時、

……

…………コツンッ

……………………


後ろから、何か物音がした




5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/04(水) 13:46:10.34 ID:otwCP5DmO

「…だれ?」

「……………………………」

ゆっくりと後ろを振り返る



そこには…








………………あいつが居た



6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/04(水) 13:51:48.69 ID:otwCP5DmO

悶々とした顔には、裂けた口だけが姿を見せており、全身を黒く纏った鉄の鎖が床まで垂れ伸びていた

斧を高々と振り上げ…




ゴーーーーーーーンッ…!!!!




耳を塞ぎたくなるような音が鳴る





7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/04(水) 13:59:01.55 ID:otwCP5DmO

「……オマエ…カ」

「違うわ!」


ジャラジャラと鉄が床を引く

「オマエ……カ」

「違うって言ってんでしょうが!」

床を引く音は、段々と私に近づいて来る


このままじゃ…、

ドアを何度引いても開かず、私は思いっきりドアを叩いた

「開けて、開けて!」

叩いても叩いてもドアは開かない




8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/04(水) 14:05:52.36 ID:otwCP5DmO

だめ……だめ…!

私は壊れるくらいにドアを蹴り付けた。

「いっ…」

指先に痛みだけが残る。

あいつを避けて元来た所を戻るしかないわ!

そう思って振り返った、


………その時、







床を引く鎖が、目の前にあった




9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/04(水) 14:09:26.13 ID:otwCP5DmO


ニヤッと笑う口が、私を見下ろしていた


左右は鎖に囲まれ、抜けようとしても、もう動けなかった




そいつは斧を高々と振り上げ………



10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/04(水) 14:17:15.74 ID:otwCP5DmO






「オレノモノダ」

「……えっ」









11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/04(水) 14:21:42.70 ID:otwCP5DmO

振り下ろした斧は、私の服を裂き切った。

「やっ…………いやっ」

露わに鳴った身体を隠そうとしても、
繋がれた鎖で、腕が言うことを聞かなかった。

そいつは、口から長い舌を出して乳房に絡みつけると、それを思いっきり吸い上げる

「あ……あぁ…!!!」


叫び声がこだました。



12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/04(水) 14:26:52.25 ID:otwCP5DmO

吸われた所は固い粒となり、
長い舌がもう片方の柔らかい粒に移った

ぺろっと軽く舐めると、粒は少し固くなり、無理やり舌に絡ませて、また根元から思いっきり吸い上げる

「ん…ん…あぁ!!」

腕は上げたまま鎖に縛られ、
そいつは何度もその粒を吸い上げた



13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/04(水) 14:34:18.03 ID:otwCP5DmO

「や、やめなさいよ!」

強く叫ぶと、乳房を吸われる力が強くなる

ジュッジュッ…と吸う度に音が鳴り、私は声が出せなくなった

無意識に視界は天井を見上げ、
目の前に、ぐにゃぐにゃと曲がった柔らかそうな物が映る





14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/04(水) 14:48:16.26 ID:otwCP5DmO

ぐにゃぐにした物は、そいつの指だった。

指は喉元を伝っていき、それは下半身まで移っていった。

そして、指は布をがっちりと掴み、それをビリッ…と破り捨てる。

股にスースーと風が通った。

何度腕を振っても鎖は解けず、
指が私の股を擦り付ける…


「んー…んー!」





15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/04(水) 14:59:30.79 ID:otwCP5DmO

何度も何度も擦られるうちに、段々と身体が熱くなった。

ジュブジュブと音を立てる下半身から、ダラダラとネバネバした物が垂れ流れた。

そいつは指を立てると…私の中にゆっくりと、入れ始める。

「ア…アッ…やめぇ…」

指は思った異常に奥深くまで入り込んで来た。

人の指とは思えない柔らかい物が私の中でグニュゥッと動く

「…アッ…………アァアァ」

グニュゥッ

グニュゥッ

グニュウゥゥゥッ!





16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/04(水) 15:05:23.39 ID:otwCP5DmO

指を動かされる度に、私は天井を見上げながら飛び跳ねた


「だめェ…ダ…メェェェ…」

びくん…びくん…と、飛び跳ねた

何度も力を込めて我慢しても、
その度にグチュグチュと掻き回され、頭がグラグラと揺れた






17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/04(水) 15:07:21.97 ID:otwCP5DmO

イヤだ………イキたくない!


イキたくない!!


そう堪えた時、






胸をペロッと舐められた



18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/04(水) 15:16:57.18 ID:otwCP5DmO

身体は勢いよく跳ねた。

指はどんどん掻き回され、グチュグチュと音を立てた。
ピンと張った胸元の粒が長い舌に絡められ、思いっきり吸い上げられる


…ジュジュゥ

「アァアァアァアァ……」

力を入れても、もう保たなかった
あっという間に腰は上がっていき…




プッシュウゥゥゥゥ



白い噴水が目の前で暫く続いていた



19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/04(水) 15:20:12.16 ID:otwCP5DmO




元スレ
SS速報VIP:伊織「黒煙の人魂」