SS速報VIP:佐々木千枝「プロデューサーさん……千枝、悪い子になっちゃいました……」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1421665985/



1: ◆g74pqHDcWqgo 2015/01/19(月) 20:13:05.79 ID:ifJGuqdG0

※微エロがあるよ





モバP(※以下P表記)「どうしたんだ?急に」

千枝「千枝、昨日悪いことをしちゃったんです……」

P「そうなのか?」

千枝「はい……」

P「一体、何をしちゃったんだ?」

千枝「はい……昨日、レッスンが終わって事務所に戻ってきた時の事なんですけど……――」


――
―――

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1421665985




4: ◆g74pqHDcWqgo 2015/01/19(月) 20:41:41.75 ID:ifJGuqdG0

千枝「ふぅ……疲れたぁ……荷物持って、早くおうちに帰ろう」トコトコ

千枝「……ん?あれ?かな子さんだ……お仕事の帰りかな?」

千枝「……? 冷蔵庫の前で、何してるんだろう」

かな子「はぁー……疲れたぁ、お腹空いたなぁ」

かな子「……誰も居ないよね……」キョロキョロ

かな子「……よしっ、何かあるかな?」パカッ

かな子「……あっ、このお菓子おいしそー!頂きます!」

かな子「……んー!美味しー」パクパク

かな子「あんまりお仕事とかレッスンの後に、お菓子つまみ食いしちゃうと、Pさんとかトレーナーさん達に怒られちゃうけど、こればっかりはね……なかなか止められないよね」モグモグ

千枝(かな子さん、お仕事の後にお菓子をつまみ食いしてる……)コソコソ

千枝(……!)キュー

千枝(レッスンのあとだから、お腹が……でも、お家に帰れば晩御飯が……)キュルルル

かな子「……ふぅ、ごちそうさまです。さて、帰ろうかな」トコトコ

千枝(! かな子さんが帰った……周りに誰もいない……)

千枝(……お菓子……ちょっとだけ……)



5: ◆g74pqHDcWqgo 2015/01/19(月) 20:48:13.94 ID:ifJGuqdG0

―――
――


千枝「――……って事があって……」

P「もしかして、それで……」

千枝「はい……お菓子をつまみ食いしちゃって、その日の晩御飯をお残ししちゃいました……」

P「そうか」

千枝「はい……」



6: ◆g74pqHDcWqgo 2015/01/19(月) 20:52:47.21 ID:ifJGuqdG0

P「それは悪い事をしちゃったな」

千枝「はい……」

P「……でも、千枝はそれを悪い事だってちゃんと分かって反省してるだろ?」

千枝「はい……」

P「それなら、千枝は悪い子なんかじゃないよ……次はしないように気を付けような」ナデナデ

千枝「あっ……はい!えへへ」



7: ◆g74pqHDcWqgo 2015/01/19(月) 20:56:23.44 ID:ifJGuqdG0

―数日後―

千枝「プロデューサーさん……千枝、昨日また悪いことをしちゃいました……」

P「そうなのか?」

千枝「はい……」

P「一体、何をしちゃったんだ?」

千枝「はい……昨日の学校から帰ってるときの事なんですけど……――」


――
―――



8: ◆g74pqHDcWqgo 2015/01/19(月) 21:19:34.92 ID:ifJGuqdG0

千枝「えっと……今日はまず事務所に行って……」トコトコ

千枝「……あれ?加蓮さんだ……キョロキョロしてどうしたんだろう?」

加蓮「……学校早く終わったし、凛も奈緒もプロデューサーもいないよね」キョロキョロ

加蓮「プロデューサーは、体に悪いからダメ!とか言うけど、たまにぐらい良いよね!」スタスタ

千枝「……マクドナ○ドに入っちゃった……もしかして……」コソコソ

千枝「……学校の帰りに買い食いしてる……千枝の学校はダメって言われてるけど……」

千枝「……! 見てたらお腹空いてきちゃった……でも、学校ではダメって……」



9: ◆g74pqHDcWqgo 2015/01/19(月) 21:21:51.91 ID:ifJGuqdG0

―――
――


千枝「――……って事があって……」

P「もしかして、それで……」

千枝「はい……学校の帰りにマ○ドナルドで買い食いしちゃいました……」

P「そうか」

千枝「はい……」



10: ◆g74pqHDcWqgo 2015/01/19(月) 21:22:45.21 ID:ifJGuqdG0

P「それは悪い事をしちゃったな」

千枝「はい……」

P「……でも、千枝はそれを悪い事だってちゃんと分かって反省してるだろ?」

千枝「はい……」

P「それなら、千枝は悪い子なんかじゃないよ……次はしないように気を付けような」ナデナデ

千枝「あっ……はい!えへへ」



11: ◆g74pqHDcWqgo 2015/01/19(月) 21:23:55.76 ID:ifJGuqdG0

―数日後―

千枝「プロデューサーさん……千枝、昨日また悪いことをしちゃいました……」

P「そうなのか?」

千枝「はい……」

P「一体、何をしちゃったんだ?」

千枝「はい……昨日の事務所での事なんですけど……――」


――
―――



12: ◆g74pqHDcWqgo 2015/01/19(月) 21:40:25.48 ID:ifJGuqdG0

千枝「……あれ?凛さん、プロデューサーさんの机の近くで何やってるんだろう?」

凛「全くプロデューサーったら、椅子に上着かけたままどっか行っちゃうなんて……」

凛「こんな良い物、響子や美優さんが見付けたらそのまま持って行かれちゃうよ……良かった、見付けたのが私で……」

凛「ん……よし、まだプロデューサー以外は誰も触ってないね」クンカクンカ

凛「すぅぅぅぅーーーーー…………はぁぁ……………うん……まぁ、悪くない匂いかな……」

凛「……誰も居ないよね……」キョロキョロ

凛「上着だし、ちょっとくらいしゃぶったり舐めたりしても気付かないよね……ん……ぅむ」チュパチュパ

凛「うん……まぁ、悪くないかな……」

千枝(……え?えっ!?な、なんでプロデューサーさんの上着の匂い嗅いだり舐めたりして……)

千枝(……プロデューサーさんの上着って、そんな良い匂いとかするのかな……?)

千枝(……ち、千枝もちょっとだけ……)



13: ◆g74pqHDcWqgo 2015/01/19(月) 21:42:52.36 ID:ifJGuqdG0

―――
――


千枝「――……って事があって……」

P「もしかして、それで……」

千枝「はい……プロデューサーさんの上着の匂いを嗅いだあとに、えりの所をペロペロしちゃいました……」

P「そうか……それで、昨日は上着が湿ってたのか」

千枝「はい……」



14: ◆g74pqHDcWqgo 2015/01/19(月) 21:43:54.89 ID:ifJGuqdG0

P「それは悪い事をしちゃったな」

千枝「はい……」

P「……でも、千枝はそれを悪い事だってちゃんと分かって反省してるだろ?」

千枝「はい……」

P「それなら、千枝は悪い子なんかじゃないよ……次はしないように気を付けような」ナデナデ

千枝「あっ……はい!えへへ」



17: ◆g74pqHDcWqgo 2015/01/19(月) 21:45:51.35 ID:ifJGuqdG0

―数日後―

千枝「プロデューサーさん……千枝、昨日また悪いことをしちゃいました……」

P「そうなのか?」

千枝「はい……」

P「一体、何をしちゃったんだ?」

千枝「はい……昨日の事務所での事なんですけど……――」


――
―――



18: ◆g74pqHDcWqgo 2015/01/19(月) 22:30:12.98 ID:ifJGuqdG0

千枝「あれ?美優さん、プロデューサーさんの机にの近くで、プロデューサーさんのペンを持って何してるんだろう?」

美優「はぁ……はぁ……プロデューサーさん……」

美優「あの人のお陰で……変われたと思ってたのに……肝心な所は何も変わってない……」

美優「今の関係が壊れるのが嫌で、こんな事しか出来ないなんて……それでも、今が壊れてしまうよりは……んっ」ツプッ

美優「あっ、プロデューサーさ……んっ」チュプチュプ

千枝(……えぇっ!?美優さん、下を脱いで……プロデューサーさんのペンを……お、お、おま……あそこに……!?)

美優「プロデューサーさん!プロデューサーさんっ!んっ!あぁ!」ジュプジュプ

美優「んぅぅ……!はっ……こんな事ばかりやって……んん!プロデューサーさんに……もし、見つかったら……はぁっ……!」グチュグチュ

美優「ああっ!だめぇっ!そんな事考えたらっ、あっ!だめなのにっ、余計にっ!手がっ!ふあっ!」ヂュポヂュポ

美優「んぁっ!プロデューサーさん!プロデューサーさぁんっ!!だめっ、激しいっ!!イっちゃう!イクぅぅっ……ぅあぁぁっ!!!」ビクンビクン

美優「……!……!……っは…はっ…はっ…はっ……はぁっ……はぁっ……はぁ……はぁ……はぁ…………はぁぁぁ…………」

美優「……はぁ、またこんなにしちゃった……」

千枝(…………)

千枝(美優さん……なんだか、気持ち良さそう……あのペンをあそこに……) 

千枝(……ち……千枝も……)



19: ◆g74pqHDcWqgo 2015/01/19(月) 22:32:17.13 ID:ifJGuqdG0

―――
――


千枝「――……って事があって……」

P「もしかして、それで……」

千枝「はい……プロデューサーさんのペンを千枝のおまたに擦り付けちゃいました……」

P「そうか……それで、昨日はペンが何だかベタベタしてたのか」

千枝「はい……」



21: ◆g74pqHDcWqgo 2015/01/19(月) 22:33:04.26 ID:ifJGuqdG0

P「それは悪い事をしちゃったな」

千枝「はい……」

P「……でも、千枝はそれを悪い事だってちゃんと分かって反省してるだろ?」

千枝「はい……」

P「それなら、千枝は悪い子なんかじゃないよ……次はしないように気を付けような」ナデナデ

千枝「あっ……はい!えへへ」



22: ◆g74pqHDcWqgo 2015/01/19(月) 22:34:08.76 ID:ifJGuqdG0

―数日後―

千枝「プロデューサーさん……千枝、昨日また悪いことをしちゃいました……」

P「そうなのか?」

千枝「はい……」

P「一体、何をしちゃったんだ?」

千枝「はい……昨日の事務所での事なんですけど……――」


――
―――



36: ◆g74pqHDcWqgo 2015/01/20(火) 21:13:08.62 ID:xmtKTzWJ0

まゆ「…………」ソロリソロリ

千枝「あれ?まゆさん、プロデューサーさんにこっそり近づいて、何するつもりなんだろう?」

まゆ「……Pさぁん♪」ダキッ シュパッ

千枝「!」

P「うわっ!? なんだまゆか、ビックリしたー」

まゆ「うふふ、ちょっとだけイタズラしたくなっちゃいまして」

P「まゆがそんな事するなんて、珍しいな……っと、悪い!これから行かないといけない所があるから、また今度な」スタスタ

まゆ「はぁい」

千枝(今、一瞬のスキにポケットからカギを……)

千枝(恐ろしく速い抜き取り……千枝じゃなきゃ見逃しちゃいますね)

千枝(でも、一体なんのカギを?)

まゆ「うふふ……遂にPさん家の鍵を……後はこれを直ぐに複製すれば……うふふふふ♪」

千枝(プロデューサーさんの家の鍵!?そうしたら、まゆさんはプロデューサーさんの家に……)

千枝(羨ましい……千枝も、プロデューサーさんの家に……)



37: ◆g74pqHDcWqgo 2015/01/20(火) 21:22:17.98 ID:xmtKTzWJ0

―――
――


千枝「――……って事があって……」

P「もしかして、それで……」

千枝「はい……その後まゆさんからこっそりカギを抜き取って、千枝だけカギを複製しちゃいました……」

P「そうか……それで昨日まゆは、何でもないって言いながら、涙目で探し物してたのか」

千枝「はい……」



46: ◆g74pqHDcWqgo 2015/01/21(水) 00:01:54.86 ID:lDnAYECr0

P「それは悪い事をしちゃったな」

千枝「はい……」

P「……でも、千枝はそれを悪い事だってちゃんと分かって反省してるだろ?」

千枝「はい……」

P「それなら、千枝は悪い子なんかじゃないよ……次はしないように気を付けような」ナデナデ

千枝「あっ……はい!えへへ」



47: ◆g74pqHDcWqgo 2015/01/21(水) 00:03:41.82 ID:lDnAYECr0

―数日後―

千枝「プロデューサーさん……千枝、昨日また悪いことをしちゃいました……」

P「そうなのか?」

千枝「はい……」

P「一体、何をしちゃったんだ?」

千枝「はい……昨日の事務所での事なんですけど……――」


――
―――



50: ◆g74pqHDcWqgo 2015/01/21(水) 00:16:05.07 ID:lDnAYECr0

千枝「あれ?響子さん、キッチンで何を作ってるんだろう?」

響子「フンフンフフンフンフフーン♪プロデューサーの今日のお昼はハンバーグ♪」

千枝(……そういえば、たまに事務所で仕事中のプロデューサーさんに、お昼を作ってるって言ってたなぁ)

響子「後はお肉をこねて……ここで愛情という隠し味を注入!」スパッ

響子「……!……ぃったぁ……ちょっと、深く切り過ぎちゃったかな……」

響子「まぁ、この切り傷の深さがプロデューサーへの愛の深さかなー……なんて」

響子「あはっ!そんな事言ったら、指全部切り落としても足りないよねっ!」

響子「さっ、お肉をこねて……美味しくなぁれ♪美味しくなぁれ♪」グッチャグッチャ

千枝(……!……自分の指を切って、その手でハンバーグをこねてる……)

千枝(そんな事したら……プロデューサーさんは響子さんの事を好きに……)

千枝(ダメ……千枝だって、プロデューサーさんの事……)



54: ◆g74pqHDcWqgo 2015/01/21(水) 00:21:40.63 ID:lDnAYECr0

―――
――


千枝「――……って事があって……」

P「もしかして、それで……」

千枝「はい……それからお手伝いをするふりをして、千枝の血も混ぜて響子さんのおまじないを消しちゃいました……」

P「そうか……それで昨日のハンバーグは、妙に鉄臭かったのか」

千枝「はい……」



55: ◆g74pqHDcWqgo 2015/01/21(水) 00:25:49.94 ID:lDnAYECr0

P「それは悪い事をしちゃったな」

千枝「はい……」

P「……でも、千枝はそれを悪い事だってちゃんと分かって反省してるだろ?」

千枝「はい……」

P「それなら、千枝は悪い子なんかじゃないよ……次はしないように気を付けような」ナデナデ

千枝「あっ……はい!えへへ」



56: ◆g74pqHDcWqgo 2015/01/21(水) 00:30:13.16 ID:lDnAYECr0

―数日後―

千枝「プロデューサーさん……千枝、昨日また悪いことをしちゃいました……」

P「そうなのか?」

千枝「はい……」

P「一体、何をしちゃったんだ?」

千枝「はい……昨日の学校から帰ってるときの事なんですけど……――」


――
―――



58: ◆g74pqHDcWqgo 2015/01/21(水) 00:48:25.44 ID:lDnAYECr0

千枝「あれ?留美さん、プロデューサーさんの席に座って何してるんだろう?」

留美「ふふふ……とうとう様々な細工を凝らして、この婚姻届にP君の名前を書いてもらう事に成功したわ」

留美「彼の判子も手に入れたし、これで私は……ふふ、ふふふふ……あははははははははははは!」

千枝(……!……そんな事したら、留美さんがプロデューサーさんのお嫁さんに……)

千枝(ダメ……プロデューサーさんのお嫁さんになるのは千枝だから……)



59: ◆g74pqHDcWqgo 2015/01/21(水) 00:53:43.42 ID:lDnAYECr0

―――
――


千枝「――……って事があって……」

P「もしかして、それで……」

千枝「はい……それからスキを見てその婚姻届をとって、ついでに留美さんと同じ手を使って千枝の婚姻届にプロデューサーさんの名前を書いてもらっちゃいました……」

P「そうか……それで昨日の留美さんは、半狂乱になりながら書類束やファイルとか机周りを引っ掻き回してたのか」

千枝「はい……」



60: ◆g74pqHDcWqgo 2015/01/21(水) 00:59:34.87 ID:lDnAYECr0

P「最近、千枝は悪い事をしてばっかりだな」

千枝「はい……」

P「これはちょっとお仕置きをしないと駄目かな」

千枝「えっ……お仕置きですか……?」

P「そうだな」

千枝「ご、ごめんなさい……反省してますから……」

P「いつもそれで、何日か後にはまた悪い事をしてるじゃないか」

千枝「うっ……ごめんなさい……もう、しませんから……えぐ……お仕置きは……」ポロポロ

P「駄目だ」

千枝「ふえ……」グスグス



61: ◆g74pqHDcWqgo 2015/01/21(水) 01:07:34.77 ID:lDnAYECr0

P「その婚姻届は、今持ってるか?」

千枝「えぐ……はい……」

P「出しなさい」

千枝「ひっく、はい……」スッ

P「お仕置きとして、これは千枝が大人になるまで、俺がずっと持たせてもらう」

千枝「……え……?」

P「そしてお仕置きとして、千枝が大人になったら俺と一緒に、これを役所に出しに行ってもらう」

千枝「……それって……」

P「そしてお仕置きとして……千枝はそれから、ずっと俺と一緒にいてもらうからな」

千枝「プロデューサーさん!」















HAPPY END



64: ◆g74pqHDcWqgo 2015/01/21(水) 01:13:40.41 ID:lDnAYECr0

という訳で終わり

悪い事が許されるのは子どもの特権ですよね
俺は仕事中にssのネタ考えたりとか悪い事してたら、とばされました
悪い事はしちゃ駄目ですね

プロデューサーさんのお嫁さんは、千枝……ちゃんみたいな悪い子の方が、プロデューサーさんが構ってあげたくなって良いと思います

こんな悪い子のコピペを読んでくれた人達、ありがとうございます


元スレ
SS速報VIP:佐々木千枝「プロデューサーさん……千枝、悪い子になっちゃいました……」