1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/25(土) 23:32:20.56 ID:mq+mI1No0

「あなた様、月を見に行きませんか?」

「ん?」

急に放たれた貴音の言葉

書類をまとめていた手が止まる

「今宵はとても月が綺麗です。私と、月見と洒落込みませんか?」

今日の残っている仕事は、デスクワークが少しだけ、時間はあまりかからない



7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/25(土) 23:40:56.72 ID:mq+mI1No0

貴音から、らーめん以外の誘いを新鮮に思い、俺は少し笑いながら

「わかった。もうしばらく待ってくれないか?」

と、返事をした

「わかりました。夜はまだこれからです、ゆっくりと待たせて頂きます」

「ああ、すぐ終わらせるからさ」



8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/25(土) 23:42:34.98 ID:mq+mI1No0

カタカタと俺がキーボードを打つ音と、ペラリと貴音が雑誌をめくる音

カタカタ、ペラリ、カタカタ、ペラリ、まるでリズムを取っているかのようで面白い

「ふふっ、いつもは賑やかな事務所も、今は嘘のように静かですね」

「そうだな、でも、こういう時間も大切なんじゃないか?それに静かな時間は好きだよ」

「そうですね。あなた様の言うとおりかも知れません」




9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/25(土) 23:44:22.49 ID:mq+mI1No0

ゆっくりとした時間。アイドルたちの声が響く賑やかな事務所ではなく、今は貴音と二人きり

お互いの息遣いが聞こえてしまいそうな程、静かで、ゆっくりとした時間が流れている

騒がしく、忙しい毎日を忘れさせてくれるような心地だ

不思議と作業が捗り、キーボードを打つスピードが上がる

「今日の業務は終了っと」



11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/25(土) 23:46:46.86 ID:mq+mI1No0

PCの電源を落とし貴音の方へと振り返る

「貴音、待たせたな、準備して行こうか」

「わかりました。それでは私は準備をして参りますので、五分ほどしたら屋上へと来てくださいますか?」

…屋上?

「移動しなくて良いのは助かるが、何をするつもりだ?」




12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/25(土) 23:48:56.64 ID:mq+mI1No0

貴音は人差し指を唇において

「秘密、です」

少し微笑みながら、ウインクをした

「それでは、お待ちしておりますね」

「ああ、また後でな」



13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/25(土) 23:51:10.20 ID:mq+mI1No0

貴音が事務所を出て行くのを見送って、事務所の戸締りを確認することにした

五分なんてあっという間だ、最終チェックをしてから屋上へと向かうことにする

階段を上がり、屋上へと続くドアを開けた

そこに待っていたのは赤いシートに座り、空を見上げる貴音と、お盆に載っているお銚子

月光を受けた銀の髪がまるで輝いているようで、声をかける事を忘れ、しばらく貴音に見入ってしまった



15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/25(土) 23:53:25.08 ID:mq+mI1No0

『銀色の王女』と称えられるに相応しい姿

「あっ、あなた様」

俺に気づいた貴音は優雅に姿勢を正し

「本日もお疲れ様でございました。ゆっくりとお寛ぎくださいませ」

三つ指を立てて挨拶をした




17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/25(土) 23:55:08.04 ID:mq+mI1No0

「お…お疲れ様です」

気軽に「そうさせてもらうよ」などと言えない雰囲気に俺は思わず敬語で返す

「ふふっ、そう緊張せずに、りらっくすなさって下さい」

貴音が俺を隣に座らせるように促してくれる

「どうぞ、この席はあなた様のために作ったのですから」




18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/25(土) 23:58:49.11 ID:mq+mI1No0

「じゃあ遠慮なく」

「はい、私の隣にお掛けください」

ふぅ、ようやく一息つくことができる

「あなた様、ご覧になって下さい。今日はこんなにも月が綺麗なのです」

貴音に言われて空を見上げると、大きな丸い月が見えた



19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/26(日) 00:01:01.98 ID:mq+mI1No0

「最近、月を見ていなかったから、なんだか新鮮だな」

「こんなに大きくて綺麗で、手を伸ばせば掴めてしまいそうですね」

「ああ、そうかもな」

手をかざして貴音が微笑む

「ふふっ」

「ははっ」



20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/26(日) 00:03:53.73 ID:7sjVDZJw0

何やら楽しくなって、思わずつられて笑ってしまう

仕事のせいで、という言い訳で、夜空を見上げることなど最近は全くしなかった

なかなか綺麗なものだ

「ところであなた様、お酒はいける方ですか?」

「嗜む程度ってところかな」



24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/26(日) 00:07:54.18 ID:7sjVDZJw0

「そうですか、では早速いかがですか?」

すっ、とおちょこを差し出され、迷うことなく受け取った

これは貴音の私物か?とも思ったが

「給湯室にあったのです。丁度いいので拝借いたしました」

うーん、こんなもの持ち歩く子は想像がつかない…



25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/26(日) 00:10:02.96 ID:7sjVDZJw0

「さぁ、どうぞ」

「ああ、ありがとう」

貴音から酌を受ける

なんてことない動作なのに、妙に型にはまっていて、とても綺麗だ

「うん、美味いな」

「ふふっ、良かったです」



26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/26(日) 00:12:32.43 ID:7sjVDZJw0

月を見ながら酒を飲む

風情がある。とは、こういうことを言うのだろう

「貴音は飲まないのか?」

「私はまだ未成年ですよ、あなた様」

「そうか。…本当は駄目だけれど、俺だけ飲むのも寂しいし、少し付き合ってくれないか?」




27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/26(日) 00:14:42.25 ID:7sjVDZJw0

おちょこを差し出すと、貴音は返事がわりに受け取ってくれた

「仕方ないですね。では、少しだけ」

「よし、そうこなくちゃな」

酒が注がれるのを待つ貴音を見て、疑問に思ったことを聞いてみる

「さっき思ったんだけれど、妙に手馴れていると言うか、場慣れしているな」




30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/26(日) 00:19:13.84 ID:7sjVDZJw0

「ふふっ、『くに』にいる時に少々」

ふぅん、『くに』ねぇ…

「それは聞いたら教えてくれるのか?」

貴音は、ふふっと微笑んで

「残念ですが、お答えできません」



32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/26(日) 00:22:49.40 ID:7sjVDZJw0

またはぐらかされた。『くに』ってのは何なのだろうか

「ただ一つ言えるとすれば、疚しいことはしておりません。懐かしい思い出の一つです」

「そ、そうか…なら良いんだけれど」

大半の人間が、四条貴音はどんな人物なのか?と問われたら、ミステリアスな人間だと答えるだろう

それが貴音の魅力の一つでもあるのだろうけれど



33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/26(日) 00:26:35.46 ID:7sjVDZJw0

「あなた様、顔に出ていますよ?」

「えっ?はは…すまない」

「私は今、気分がとても良いので、許してあげます」

相変わらず勘が鋭いな

「あなた様、見てください、月がおちょこの中にもう一つ。とても綺麗ですね」



35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/26(日) 00:30:06.83 ID:7sjVDZJw0

そんなことを言いつつ、貴音が酒を呷る

こくり、と嚥下して、「ふぅ…」と息を吐く姿に、何故かどきりとした

「さぁ、あなた様の番です、どうぞ」

「ああ…ありがとう」

おちょこを受け取り、二度目の酌を受ける



36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/26(日) 00:33:08.90 ID:7sjVDZJw0

ぐいっと呷ったところで声をかけられた

「あなた様、とっぷあいどるになる、とはどのようなことなのでしょうか?」

貴音からの、少し迷っているような視線

「そのままの意味じゃないのか?」

そういや、貴音がトップアイドルを目指す理由は聞いたことがなかったな




37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/26(日) 00:36:26.07 ID:7sjVDZJw0

「あいどるの頂を目指す、というのはわかります。しかし、なにを以って、とっぷというのでしょうか?」

なかなかに難しい質問だ

「一般的に言えば、ランクを上げたり、ライブの入場者数、CDの売り上げとかか」

「それもあるでしょう。…質問を変えます、あなた様の考えるとっぷあいどるとは何ですか?」

「俺の考える、トップアイドル?」



41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/26(日) 00:42:15.79 ID:7sjVDZJw0

「はい、あなた様の考えるとっぷあいどる。…いえ、あなた様の、理想のあいどるを教えて頂きたいのです」

理想のアイドル…か

ランク?それだけか?ライブの入場者数?そんなものが理想?CDの売り上げ?もっと根本的なもので…

アイドルがアイドルたる、俺が描く理想のアイドル…

「少し、くさい言葉だけど良いか?」



43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/26(日) 00:46:04.64 ID:7sjVDZJw0

「ええ、あなた様の、嘘偽りのない言葉を聞きたいのです」

貴音を納得させられるかはわからないけれど、俺の本心を話そう

「俺の理想のアイドル、それは皆に夢を与えて、皆を笑顔にできるアイドルだ」

「夢と笑顔を、ですか?」

「ああ、皆にとびっきりの笑顔を、そして、とびっきりの夢を」



44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/26(日) 00:49:08.78 ID:7sjVDZJw0

夢と笑顔を、ですか?」

「ああ、皆にとびっきりの笑顔を、そして、とびっきりの夢を」

…嘘偽りのない言葉だけれど、少し恥ずかしいな

「あなた様らしいですね。安心致しました」

「少し恥ずかしかったけどな」



45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/26(日) 00:53:27.59 ID:7sjVDZJw0

貴音は、いいえ、と優しく言って

「少しも恥ずかしいことなどありません。貴方様の嘘偽りの無い言葉を聞いて、決心致しました」

「決心?それは聞いてもいいのかな?」

ふふっと貴音は微笑んで

「ええ。私はとっぷあいどるになります、あなた様と共に」

望むところだ。俺がお前をトップアイドルにしてみせる。長い道のりだろうけれど



47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/26(日) 00:57:34.35 ID:7sjVDZJw0

「それと」

「他にもあるのか?」

「とっぷあいどるになることができたなら、褒美が欲しいのです」

「褒美?俺にできることなら何でもいいぞ」

貴音は少し考えるそぶりをした後に、今日一番の笑顔を見せて

「私を、あなた様だけの、あいどるにして頂きたいのです」



52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/26(日) 01:04:31.92 ID:7sjVDZJw0

と、俺を驚かせる言葉を堂々と言い放った

俺を見つめる赤紫色の瞳

さらさらと風になびく銀の髪

不意に鼓動が早くなるのを感じた

言葉につまり、ただ呆然としてしまう

どれくらいそうしていただろう

自分の腕に当たる、柔らかな感触と、優しい声で、我に返る



55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/26(日) 01:09:24.29 ID:7sjVDZJw0

「答えをすぐに聞きたいわけではありません。あなた様の周りには、魅力的な女性がたくさんおりますので」

にこり、と笑う、貴音の艶のある声が響く

「…ですが」

貴音は、すぅ、と息を吸い込み

「この四条貴音。必ずやあなた様だけの、あいどるになってみせます」

凛とした声で、力強い意思で、本日二度目の宣言をしたのだった




おわり



62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/26(日) 01:20:49.97 ID:7sjVDZJw0

見てくれた人ありがとう
貴音可愛いよ貴音
次は響でも書こう


元スレ
貴音「あなた様、月を見に行きませんか?」