SS速報VIP:モバP「声が聞きたくて」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1422355759/



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/27(火) 19:49:19.47 ID:YOaiLivFo

P「…さてと、この書類で最後か」

P「……」

P「(プロデューサーとしての仕事に不満は何もないけど…)」

P「(こう一人で事務所に残って黙々と作業してるのって寂しくないか?)」

P「……」

P「(時間は…まだ良い子も悪い子も起きてる時間帯ではあるな)」

P「(誰かとちょっと電話で話すぐらい大丈夫だよな)」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1422355759




2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/27(火) 19:50:21.09 ID:YOaiLivFo

Trrrrr…

夕美『はい!夕美です!』

P「あぁ、夕美?今、大丈夫か?」

夕美『うん、平気だよ!』

夕美『どうしたのPさん?何かスケジュールの変更でもあった?』

P「いや、そういうわけじゃないんだが…」

夕美『?』

P「ちょっと夕美の声が聞きたくなってな」

夕美『えっ…』

夕美『い、いきなりなーに?』

夕美『からかっちゃやだよぉ……えへ♪』

P「ははっ。夕美はハロウィンの時といい、からかわれるの苦手だもんな」

夕美『あ、あれはーっ…!』



3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/27(火) 19:51:10.85 ID:YOaiLivFo

夕美『もぉーっ!イジワルするなら電話切っちゃうよっ!』

P「あぁ、すまん。別にからかうつもりで電話したわけじゃないんだ…」

夕美『ホントにー?』

P「ホントホント」

夕美『…Pさん、好きなお花は?』

P「ん?好きな花?」

夕美『うん』

P「唐突に話題が変わったけど…」

夕美『良いから答えてっ』

P「う、うーん…」



5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/27(火) 19:51:55.05 ID:YOaiLivFo

P「アジサイ…かな?」

P「うっとおしい梅雨の中でカラフルに咲いてるのを見ると気分はなんだか晴れるよな」

夕美『ふーん、アジサイかぁ…』

P「それがどうかしたのか?」

夕美『Pさん、知ってる?』

夕美『アジサイの花言葉は…』

夕美『…「嘘つき」だよ』

P「…え、えっ!?」

夕美『やっぱり私のこと、からかってたんだー…』

P『い、いや!待て、夕美!俺はホントに…!』

夕美『……』

夕美『…ふふっ♪』



6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/27(火) 19:52:48.21 ID:YOaiLivFo

夕美『そんなに必死に弁解しなくても大丈夫だよっ♪』

P「ゆ、夕美…?」

夕美『えへへっ。私もPさんのこと、からかっちゃった♪』

P「…お前なぁ」

夕美『あっ、でも花言葉の意味はホントだよ?』

P「え?そうなのか?」

夕美『とはいっても、それは西洋でつけられたイメージみたい』

夕美『日本だと「団結」だったり「仲良し」だったり、良いイメージが多いみたい!』

夕美『そっちの意味ならPさんにピッタリだよねっ♪』

P「「団結」に「仲良し」か…」

夕美『ねぇ、Pさん?』

P「ん?」



7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/27(火) 19:53:57.02 ID:YOaiLivFo

夕美『私とPさんは仲良しだよねっ?』

P「…そうだなぁ」

P「こんな風に突然電話しても話し相手になってくれるんだから、夕美からはそう思われてるみたいだな」

夕美『私からはって…Pさんは…?』

P「……」

夕美『Pさん…?』

P「仲良しだって思ってないなら、一番最初に電話したりしないよ」

夕美『…えっ?』

P「事務所で一人で作業してて、なんかふと寂しくなってな」

P「誰かに電話しようって思った時に真っ先に思いついたのが夕美だった」

夕美『……』

夕美『ずるいなぁ…そういうセリフ…』



8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/27(火) 19:54:38.60 ID:YOaiLivFo

夕美『だけど、とっても嬉しい…♪』

夕美『…Pさんっ』

P「ん?なんだ?」

夕美『電話くれてありがとうっ!』

夕美『こんな風にとりとめのない会話でも…』

夕美『あなたのお話ししてるだけで…ううん』

夕美『あなたから電話がかかってきた…それだけでねっ…』

夕美『私、とってもドキドキしたんだよ…?』

P「夕美…」

夕美『えへへっ…♪』



10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/27(火) 19:55:30.77 ID:YOaiLivFo

夕美『また寂しくなったら、いつでも私に電話をしてほしいな』

夕美『それに私が寂しい時は、私からも電話しちゃうかもっ』

夕美『Pさんの声を聞いてるだけで、私の心はいつだって満開になれるから♪』

P「あぁ。夕美からの電話も待ってるよ」

夕美『うんっ♪』

P「さて…あんまり長話もなんだし、そろそろ…」

夕美『えーっ?まだ話したりないんだけどなー』

P「俺から電話しておいてなんだけど明日もあるんだしさ」

夕美『ぶー…わかりましたぁ』

夕美『じゃあ、お話しの続きはまた明日ね?約束だよっ?』

P「あぁ、約束だ」

夕美『えへっ…♪じゃあ、Pさん…』

P「うん。おやすみ、夕美」

夕美『うん…おやすみなさいっ…♪』



11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/27(火) 19:56:40.83 ID:YOaiLivFo

翌日

夕美「……」

夕美「ふふっ…♪」

夕美「(好きな人からの電話ってなんでこんなに嬉しいのかなっ)」

夕美「(私の声が聞きたい、かぁ…)」

夕美「(それってちょっと期待しても良いのかな?)」

夕美「(…今は期待だけでいい)」

夕美「(でも、いつか確信に変えてみせるんだっ!)」

夕美「(だから、私は今日もとびっきりの笑顔であの人に…)」

夕美「あっ…」

夕美「(私の声を届けるのっ!)」

夕美「…おはようっ!Pさんっ♪」



12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/27(火) 19:57:08.43 ID:YOaiLivFo

おわり

俺の相葉ちゃんが喋らないのはどう考えてもバグ


元スレ
SS速報VIP:モバP「声が聞きたくて」