1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/30(土) 20:01:52 ID:7fY8ymFc

男「帰り道までついてくるなよ」

女「何言ってんの、男がついてきてるだけじゃん」

男「お前だろ」

女「男だよ」

男「家が隣だからって、別に同じ道で帰らなくてもいいだろ」

女「じゃあ男が違う道で帰ればいいじゃん」

男「俺はこの道しか知らないの」

女「私もだよ」



2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/30(土) 20:14:35 ID:7fY8ymFc

男「...じゃあ、しょうがねえな」

女「うん」

男「中学生になったら、ついてくるなよ」

女「男こそ」

男「あ、今日お前の家泊まるわ」

女「また?」

男「今日こそあのゲーム、クリアするぞ」

女「え~、また寝ないの~」

男「やるったらやるんだよ」

女「もう...まあ、別にいいけど」



4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/30(土) 20:22:15 ID:7fY8ymFc

ーーーーーーーーーー
ーーーーーーーー
ーーーーー
ーーー


男「うわ~、今日も寒いな~」

女「もう2月だから当たり前でしょ」

男「黙れや」

女「あ?」

男「嘘です」

女「はい」

男「今日、バレンタインだってよ」

女「うん、知ってる」



5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/30(土) 20:27:31 ID:7fY8ymFc

男「と言うわけで、チョコくれや」

女「...その態度、いったい何様なの」

男「男様」

女「おえぇ...」

男「吐くなよ」

女「吐いてないし」

男「...毎年の楽しみなんだよ、今年は何作ったんだ?」

女「今年はね...」

男「うんうん」ワクワク

女「作ってない」

男「嘘つけ」

女「うん、嘘」

男「...あとでおしおきする」

女「ウェルカム」



6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/30(土) 20:30:34 ID:7fY8ymFc

男「え、おしおきされるの好きな変態なの?」

女「うん」

男「うわぁ...」

女「どうせまた抱き付いてくるやつでしょ」

男「おう、よく分かったな」

女「毎回そうじゃん」

男「まあな」

女「男に抱き付かれるの、好き」

男「マジかよ」

女「うん」



7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/30(土) 20:32:54 ID:7fY8ymFc

男「つーか、早くチョコよこせや美少女」

女「黙れイケメン、その態度は気に食わん」

男「お願いします、女様」

男「愚かな私に、どうか癒しのチョコを」

女「ふっふっふっ、よろしい」

女「はい、どうぞ」スッ



8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/30(土) 20:37:06 ID:7fY8ymFc

男「何だよ、持ってたのか」ア、ドウモ

女「うん、どうせくれって言うと思ったし」

男「そうかよ...もぐもぐ」

女「どう?」

男「うめえ」

女「...ほっ」

女「良かった」

男「ちょっとやるよ」

女「いいよ、昨日いっぱい食べたし」

男「ああ、失敗作か」

女「うん」



9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/30(土) 20:42:05 ID:7fY8ymFc

男「...ありがとな、毎年がんばって作ってくれて」ニコ

女「っ!///」ドキッ

女「わ、私はいいから早く食べてよっ///」

男「おうよ」

男「もぐもぐ...うめえ」

女「...ふふっ」

ーーーーーーーー
ーーーーーー
ーーー


ー中学生ー

男「お前、部活決めたのか?」

女「うん」



10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/30(土) 20:46:46 ID:7fY8ymFc

女「男も決めたんでしょ?」

男「ああ」

女「いっせーので言おう」

男「おう」

男、女「いっせーの...」

男、女「バスケ!」

男「は?」

女「なに?」

男「お前バスケかよ」

女「うん」



11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/30(土) 20:50:54 ID:7fY8ymFc

男「またついてくるのか」

女「私は元々決めてたの」

男「お前バスケできんの?」

女「うん」

男「...まあ、出来そうではあるな」

女「でしょ?」

男「調子のんなや」

女「あ?」

男「...つーか、また帰りの時間一緒じゃねえか」

女「そうだね」



12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/30(土) 20:57:14 ID:7fY8ymFc

男「三年間、お前と一緒に下校コースかよ」

女「嫌なの?」

男「別に」

女「じゃあいいじゃん」

男「まあな」

女「ほら、早く帰るよ」

男「おう」

ーーーーーーーーー
ーーーーーーー
ーーーー


男「お前、どこ高校受験するんだ?」

女「北高校」

男「俺と一緒じゃん」

男「またついてくるのか」



13: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/30(土) 21:06:24 ID:7fY8ymFc

女「学力からしたら北高校が一番いいの」

男「嘘つけ、もっといいとこいけるだろ」

女「黙れ」

男「は?」

女「北高校に行くったら行くの」

女「男にどうこう言われる筋合いはない」

男「うわあ、腹立つ~」

女「...おしおき?」

男「おう、帰ったらディープキス30分の刑だ」

女「...やった」ボソッ

男「何喜んでるんだよ、この変態女」

女「変態はあんたでしょ、毎日私の下着でオナニーして」

男「は?そのほうが気持ちいいからしょうがねえだろ」

男「しかも、お前も俺のパンツのにおい嗅いでオナニーしてるだろ」

男「しかも使用済み、もはや犯罪だろ」



15: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/30(土) 21:17:50 ID:7fY8ymFc

女「使用済みのほうが男のにおい強いんだもん」

男「なんだのその理論」

女「それに、男も私の使ってるんだから別にいいでしょ」

男「まあ、そうだな」

女「それより勉強の続きしよう」

男「そうだな」

男「受験まであと2か月、がんばるぞー」

女「いいから黙って勉強して」

男「...」スタッ

女「何?......んむっ!」ガバッ

男「んちゅ...れろ...じゅる...」

女「んふっ...んじゅる...じゅるれろ...」

女「...っはぁ....はぁ...ばかぁ...♡」

男「おしおきのディープキスは、1時間に延長だ」

女「はぁ...はぁ...うぇるかあむ...♡」



18: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/30(土) 21:31:35 ID:7fY8ymFc

男「ここは図書館だから、続きは家でな」

女「今、人いないよ....?」

女「だ、だから...ここでキス、しようよぉ」ハァハァ

男「アホ、誰か来たらどうすんだ」

女「うぅ...」

男「...家に帰ったら、じっくりお前の唇をレイプしてやるよ」

女「っ!!...もう帰ろ!」ガタッ

男「はええよ、変態」

ーーーーーーーーーー
ーーーーーーー
ーーーー




19: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/30(土) 21:47:28 ID:7fY8ymFc

ー高校生ー

男「あー、テスト勉強つまんねー」ダラーン

女「私たちもう2年生なんだから、受験も見据えて勉強しないと」

男「黙れ」

女「ぶっ潰す」

男「受験なんて1年後だろー...はあ、部活してえ」

女「男、南大学行きたいんでしょ?」

男「ああ」

女「じゃあ勉強がんばらなくちゃね」

男「お前はどこの大学行きてえんだよ」

女「南大学」

男「またついてくるのか」

女「近くて学力もそこそこだし、やっぱり南大学だよね」



20: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/30(土) 21:49:13 ID:7fY8ymFc

男「お前なら県外のいいところ行けるだろ」

女「うるさい」

男「ふぅぅぅ、ムカつく女だ」

女「あ、そういえば」

男「なんだ」

女「男、また告白されたでしょ?」

男「ああ」

女「まったく、みんなこんな変態のどこがいいのやら」

男「お前に言われたくねえよ」



21: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/30(土) 21:55:26 ID:7fY8ymFc

女「は?」

男「お前も告白されてただろ」

男「何人目だ?」

女「ふふーん、何人目でしょ」

女「多すぎて覚えてないなぁ」ドヤァ

女「まあ、男より多いのは確実だけどぉ?」ドヤァァァ

男「うわあ、毎晩俺に負けるくせにその顔~」

男「だっさ」

女「は?黙れや」



22: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/30(土) 22:03:44 ID:7fY8ymFc

男「いくー、いくーって..ぶふっ、毎回イキすぎだろお前」

女「...うるさい///」

男「セックス対決で俺が負けたの何か月前だったかな~」

男「ほぼ毎日してるのに、忘れちゃったな~」ドヤァ

女「じゃ、じゃあ今からする?」

男「おおん?やるか?」

女「今日、私は絶好調だから負けな....きゃっ」ガバッ

男「....」

女「きゅ、急にのしかからないでよ」ドキドキ

男「女...」スッ

女「っ...」

男「...今日もかわいいね」ボソッ

女「ひぅっ!!」



23: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/30(土) 22:08:33 ID:7fY8ymFc

男「好きだよ、女」ボソッ

女「っ!!...はぁぁ、はぁ...はぁ...」

女「お、男ぉ...」

男「ん?」

女「私も、すきぃ....♡」トロン

女「だいしゅきぃ...すきすきすき♡」ギュウウ

男「(...勝ったな)」ニヤリ

ーーーーーーーー
ーーーーーー
ーーー




26: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/30(土) 22:24:06 ID:7fY8ymFc

女「うわぁ...///」カオカクシ

男「ねえ男、好きってもっと言って!」ニヤニヤ

男「あんっ...私もだいすきぃ!」ニヤニヤ

男「あーイクイク....イクゥウウウ!!!」ニヤニヤ

女「やめろ」

男「ぶひゃひゃひゃひゃっ」

女「ばかぁ...」

男「また俺の勝ちだな...んっ」チュッ

女「んっ...男が遅漏なだけだから」ギュウウ

男「はいはい、そういうことにしといてやる」

女「うわあ、ムカつくー」



27: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/30(土) 22:36:39 ID:7fY8ymFc

ーーーーーーー
ーーーーー
ーーー


ー夫婦ー

男「腹減った」

女「今作ってるから待ってて」

男「はよ作れやノロマ」

女「あ゛?」

女「なら自分で作ったら?」

男「嘘です、すみません」

女「うん、分かればよろしい」

男「つーか、何か手伝うことある?」

女「あ、うーん...じゃあその野菜切っといて」

男「自分でやれや」



28: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/30(土) 22:40:01 ID:7fY8ymFc

女「あなたが自分でやるっていったんでしょアホ」

男「んじゃ、野菜切っとくぞ」

女「おねがい、あとそれ終わったらね...」




長女「なんか、お父さんとお母さんって」

次女「仲良いのか悪いのか分からないよね」

長女「....」ジー

男「ああもう、体こすりつけるな」

女「男、男ぉ...♪」スリスリ

長女「まあ、たぶん仲いいんだと思うけどね」



29: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/30(土) 22:48:56 ID:7fY8ymFc

次女「はぁ、そうだね」

ーーーーーーーー
ーーーーーー
ーーーー


ー老後ー

男「....」

女「病気で寝たきり、ですか」

男「...」

女「もう、何病気なんかになってるんですかアホ」

女「孫たち、みんな泣いていましたよ」

男「...」

女「絶対、ついていくからね」

女「私は、男と初めて出会った時から...そう決めてたんだから」

女「永遠に、離れたりしないから」



30: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/30(土) 22:52:17 ID:7fY8ymFc

女「好きだよ...初めて会ったときからずっと」

女「ずっと、追っかけるからね」

女「だから、いつか絶対に...」

ーーーーーーー
ーーーーー
ーーー


「はぁぁ」

「...」

「またついてくるのか」

「いいでしょ、別に」

「まあ、一人でいるよりはマシだがな」

「ふふっ」

「次は、なにする?」

「...俺は鳥でいいよ」



31: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/30(土) 22:54:46 ID:7fY8ymFc

「鳥?空を自由に飛びたいの?」

「ああ」

「...いいかもね、それ」

「俺、すげえ速く飛ぶからな」

「遅れずに、ついて来いよ」

「うん、もうついていくことは慣れてるしね」

「そっか」

「...よし、行くか!」

「うんっ!」








男「相変わらずムカつく奴だな~」 女「それはあなたでしょ」 終わり



32: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/30(土) 22:55:21 ID:7fY8ymFc

これにて完結です。見てくれた方、ありがとうございました。


元スレ
SS深夜VIP:男「相変わらずムカつく奴だな~」 女「それはあなたでしょ」