1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/16(火) 23:05:22.78 ID:OeoQtRT60

ちょっと特別な日、私は何時ものスーパーへと立ち寄る。

私の親友、本当に心から親友と言える相手からパーティーへと招かれた。

手土産とは言い難いが、招かれたものとして、何も持って行かないという事もしたくない。

カートを取り、店へと入る。



4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/16(火) 23:06:44.90 ID:OeoQtRT60

店内には色とりどりの、季節感あふれる食材が並ばれていた。

流れる親友の唄をBGMに品物を物色する。

ほんの少し前までは、全く以って想像つかない事だっただろう。

少し自分でも驚くとこである。



7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/16(火) 23:07:33.90 ID:OeoQtRT60

時折、親友とその弟達の顔を思い出しながら指を折る。

コレを2つ、いや3つだろうか?

いつもこうして家族の事を考えているのだろうかと思うと、親友の偉大さが身に沁みて分かる気がする。



12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/16(火) 23:08:36.39 ID:OeoQtRT60

物色した後、レジへと向かう。

流石は特売日のスーパーである、購買欲をくすぐられいつの間にかカートを埋めていた。


「まあ、これだけあれば十分よね」


少し買い過ぎた自分を恥ずかしがりながらも、喜んでくれるであろう親友を想像すると

仕方ないと割り切ってしまう。



13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/16(火) 23:09:13.18 ID:OeoQtRT60

レジに並び、精算する。


「お会計は777円です。」

「え?」


聞き間違いか?

いやレジスターの液晶はしっかりと『\777-』の表示がされている


「あ…」


ここまで買って1000円切るという事よりも、その数字が並んだことに驚いていた。

ほんのささいな事ではあるが、今日は良い事があるだろう。

そんな気がした



14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/16(火) 23:10:07.07 ID:OeoQtRT60

会計を済ませて店を出る

袋には今日作るメニューの食材を提げて



郊外の一軒家に辿り着く。

木造の古い作りの玄関の前でベルを鳴らす



「あ、ちょっとまってくださいねー」


親友の声が聞こえる

それと同時に子供の、少し高めの声も続いてくる



「伊織ちゃんいらっしゃーい!」

「お出迎えどうも」


親友の笑顔に和まされる



15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/16(火) 23:11:10.49 ID:OeoQtRT60

「伊織姉ちゃん、それなに?」

「これ? 今日のディナーよ」

「今日は伊織ちゃんが腕を振るってくれるんだよー!」


子供たちは一斉に喜んでくれた


「にひひっ、この伊織ちゃんの料理、楽しみにしてなさいよっ♪」

「あ、でも伊織ちゃん、そのお買い物の分のお金…」


親友はがまぐちの財布を開けるが、それを制止した



18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/16(火) 23:12:02.43 ID:OeoQtRT60

「いいのよ、だって今日はパーティーでしょ?」




「それに、ちょっと良い事があったし」




買い物袋を見ながら、先程起こったちょっとした幸運を思い出す。

さて、今日は何を振る舞おうか



20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/16(火) 23:12:54.36 ID:OeoQtRT60

はい終わりです。

駄文でホント申し訳ない。


元スレ
伊織「ビューティフルレシート」