2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/26(日) 01:04:48.43 ID:1OO4U6NA0

P「おはようございます」ガチャ

和久井「ケッコン・・・ケッコン・・・」

川島「ケッコン・・・ケッコン・・・」

P「!? どうしたんですか二人とも!」

和久井「ケッコンンンンンンン!!!!!!!!」

川島「ケッコンンンンンンン!!!!!!!!」

P「ヒィ!襲いかかってきた!」



5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/26(日) 01:10:01.07 ID:1OO4U6NA0

ちひろ「Pさんこっちです!」

P「ちひろさん!何がどうなってるんですか!」

ちひろ「話は後です!今は逃げますよ!」

P「は、はい!」

~離れた場所~

ちひろ「ここまで来れば一応は安心でしょう」

P「ちひろさん、彼女たちに何があったか説明が欲しいんですが」

ちひろ「それは今から説明します」



8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/26(日) 01:20:39.17 ID:1OO4U6NA0

ちひろ「異変が起きたのはPさんが事務所に来る1時間ほど前です」

ちひろ「二人はいきなり『結婚』以外を喋らなくなりました」

ちひろ「事務所にいた他のアイドルたちは普通の状態でした」

ちひろ「みんなが戸惑う中、莉嘉ちゃんが携帯電話を起動しました」

ちひろ「その時急に二人が凶暴になりました。理由は不明です」

ちひろ「とにかく事務所から脱出して、アイドルたちは家に帰しました」

ちひろ「その後様子を見に事務所に戻ったらPさんに遭遇したんです」



9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/26(日) 01:26:16.13 ID:1OO4U6NA0

P「俺のいない間にそんなことが・・・」

ちひろ「なぜいきなりこんなことになったかは全くわかりません」

ちひろ「・・・ですが、凶暴化した理由は大体わかりました」

P「なんですか!?教えてください!」

ちひろ「あなたですよ。さっきの凶暴化で確信しました」

P「でも最初凶暴化したとき、俺はいませんでしたよ」

ちひろ「莉嘉ちゃんの携帯の壁紙はPさんの写真です」



11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/26(日) 01:33:11.14 ID:1OO4U6NA0

P「でもなんで俺なんかで?」

ちひろ「内心ではかなり焦ってたんでしょう」

P「? どういうことですか?」

ちひろ「わからないならそれでいいです。そんなことよりいまは対策を・・・」

P「おや?あんなところに高橋さんが」

高橋礼子「・・・」

P「高橋さーん、おはようございまーす」

ちひろ「! 今は迂闊に婚期の際どいアイドルの前に出ては!」



17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/26(日) 01:40:17.32 ID:1OO4U6NA0

高橋「ケッコン・・・」

P「」

高橋「ケッコンンンンンンン!!!!!!!!」

ちひろ「ああっ遅かった!逃げますよ!」

和久井「ケッコンンンンンンン!!!!!!!!ケコンンンンンンン!!!!!!!!」

川島「ケッコオオオオオオオオオン!!!!!!!!」

P「くそっ!二人も来てたのか!」

三人「「「ケッコンケッコンケッコンケッコンケッコンケッコンケッコンケッコンケッコンケッコン」」」

P「囲まれた!一体どうすれば・・・!」



22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/26(日) 01:56:58.45 ID:1OO4U6NA0

木場真奈美「今助けるぞプロデューサー君!」

P「木場さん!どうしてここに!?」

木場「二人の様子がおかしかったからついてきたんだ!」

木場「道は開けたぞ!早く逃げろ!」

P「ありがとうございます!後で落ち合いましょう!」

~また別の場所~

P「さっきはありがとうございます」

木場「礼には及ばない。それよりも状況を教えて欲しい」

ちひろ「それは私が説明しましょう」ゴニョゴニョ

木場「ふむ、そんなことが・・・」







24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/26(日) 02:13:13.87 ID:1OO4U6NA0

P「木場さん、そろそろ仕事なんじゃ」

木場「・・・私はとりあえず仕事に向かうよ。進展があれば教えてくれ」

P「了解しました」

ちひろ「・・・行っちゃいましたね。さて、私達はどうしましょうか」

P「何かおかしくなった原因に心当たりは無いんですか?」

ちひろ「そういえば、おかしくなる前は二人で雑誌を読んでました」

ちひろ「事務所に来る前に今日発売の女性誌を買ってきてたみたいです」

P「その雑誌の内容を確かめに行きましょう。コンビニが近くにあるはずです」



26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/26(日) 02:21:53.12 ID:1OO4U6NA0

~コンビニ~

ちひろ「ありました。この雑誌です」

P「特に変な記事は見当たりませんね」

ちひろ「!! この記事は!!」

『婚期を逃して結婚できない女性が急増中!』
『油断していると何時の間にかババアに!』

P「最近はこんなことになってるんですねー」

ちひろ「これです!原因は確実にこれです!」

P「え?そんなに重要な記事ですか?」

ちひろ「少なくとも彼女たちの精神を破壊するには十分です」



28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/26(日) 02:29:31.56 ID:1OO4U6NA0

P「でも冷静な彼女たちなら雑誌の情報に踊らされたりしないと思うんですが」

ちひろ「衝撃のあまりまともな思考回路を失ったんでしょう」

P「・・・高橋さんもこれ読んだんでしょうね」

ちひろ「テレビ局なら雑誌もあるでしょうし木場さんも危険ですね」

P「楓さんもこの雑誌毎月読んでますよ」

ちひろ「柊さんもお酒呑みながら雑誌読んだりしてますね」

二人「「・・・」」

P「あ、これもう無理だわ」

ちひろ「ですね」



30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/26(日) 02:45:09.05 ID:1OO4U6NA0

三船美優「Pさん!無事だったんですね!」

P「三船さん!あなたもまだ大丈夫でしたか!」

三船「はい、他の人たちは皆ケッコン以外言えなくなってて・・・」

P「そうなんです実はこの雑誌を読んd」ちひろ「雑誌を隠して下さい!」

三船「え・・・これって・・・?」

三船「・・・ケッコン」

ちひろ「手遅れ!」

P「逃げますよちひろさん!!!」

ちひろ「はい!だいぶ慣れてきましたね!」



31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/26(日) 02:51:35.62 ID:1OO4U6NA0

P「ふぅ、ここまで来れば流石についてこないはず・・・」

三船「ケッコンケッコンケッコンケッコンケッコンケッコン」

P「うわああぁぁぁ!!!」

和久井「ケッコンケッコンケッコンケッコンケッコンケッコン」
川島「ケッコンケッコンケッコンケッコンケッコンケッコン」
高橋「ケッコンケッコンケッコンケッコンケッコンケッコン」
木場「ケッコンケッコンケッコンケッコンケッコンケッコン」
高垣楓「ケッコンケッコンケッコンケッコンケッコンケッコン」
柊志乃「ケッコンケッコンケッコンケッコンケッコンケッコン」

P「集合してる・・・囲まれた・・・」

ちひろ「もう助けにこれそうなアイドルもいませんね」



34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/26(日) 03:07:02.25 ID:1OO4U6NA0

全員「ケッコン!!ケッコン!!ケッコン!!ケッコン!!ケッコン!!ケッコン!!」
全員「ケッコオオオオオオオオオオンンンンンンン!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」

ちひろ「こうなったら道は一つです。Pさん、彼女たちと結婚して下さい」

P「アハハーニナーモットモフモフサセテクレヨーホラモフモフモフモフー」

ちひろ「」

ちひろ「・・・ここは私が一肌脱ぐしかないようですね」

ちひろ「皆さん!聞いてください!」

全員「ケッコン!!!ケッコンケッコンケッコン!!!!!!」



36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/26(日) 03:21:31.73 ID:1OO4U6NA0

ちひろ「Pさんが皆さんと結婚したいって言ってますよ!」

P「!?」

全員「オオオオオオオォォォォォォォォォ!!!!!!!!!!」

ちひろ「女子寮に住んで全員と一緒に過ごしたいそうです!」

P「!!??」

全員「オオオオオオオオオオオオォォォォォォォォォォォォォォォォォォ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」

ちひろ「Pさんは今から引越しの準備です!皆さんは寮で待機しててください!」

全員「・・・ケッコン・・・ケッコン」ザッザッ

P「帰っていく・・・」

ちひろ「どうですか?私の巧みな話術は」



37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/26(日) 03:29:48.78 ID:1OO4U6NA0

P「その場しのぎでもいきなりあんなこと言わないでください!心臓に悪いです!」

ちひろ「え?その場しのぎじゃないですよ?」

P「え?」

ちひろ「これで嘘だったら暴動起きますよ。管理人も探してたので丁度良いです」

P「」

ちひろ「引越し代金は事務所負担で良いですよ!それじゃ早速手配しますね!」

P「」



38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/26(日) 03:33:34.90 ID:1OO4U6NA0

その後Pは女子寮で過剰な愛情を受け
とても幸せに暮らしましたとさ

おわり


元スレ
和久井留美「ケッコン・・・」川島瑞樹「ケッコン・・・」P「」ガクガクブルブル