1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/17(水) 21:19:45.70 ID:vIONHKNQ0

P「最高だっ…!」モミモミ

北斗(ん…声を出したら起きてる事が……)ビクッ



6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/17(水) 21:27:08.10 ID:vIONHKNQ0

P「あー、おっぱい揉みたい…揉みたい……ふにふにしたい」

雪歩「zzz」

P「ん…!?ソファで雪歩が熟睡中だと……?」

雪歩「zzz」

P「これは神様が頑張ってる俺にくれたプレゼントなのでは…」ゴクリ



7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/17(水) 21:32:52.64 ID:vIONHKNQ0

P「今まで我慢してきたんだからたまには欲望のままに行動しても…」

雪歩「zzz」

P「では…」サワッ

雪歩「zzz」

P「起きない……?そ、それじゃあ…」ツン

雪歩「…ん……」

P「!!」

雪歩「……zzz」

P「ふぅ…ヒヤヒヤする」



11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/17(水) 21:51:27.74 ID:vIONHKNQ0

P「……」モミ

雪歩「zzz」

P(オッケー、オッケーだ)モミモミ

雪歩「うぅ……ん……zzz」モゾ

P「…大丈夫……まだいける…!」モミモミ

雪歩「zzz」

P「ふぉぉ……俺はおっぱいを揉んでる!雪歩のおっぱいを!」

雪歩「zzz」

P「しかしこうなると直で揉みたくなるのが男の性…」



16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/17(水) 22:00:24.61 ID:vIONHKNQ0

P「雪歩は熟睡中。大丈夫、俺なら出来る!」

P「否、俺にしか出来ない!」

雪歩「zzz」

P「というわけでシャツのボタンを外します」プチプチッ

雪歩「zzz」

P「淡い青色のブラ……」ゴクリ

雪歩「zzz」

P「もうやるしかねえ」



22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/17(水) 22:15:36.87 ID:vIONHKNQ0

P「それでは谷間を少し…」プニ

雪歩「……」ピクッ

P「や、柔らかい…」プニプニ

雪歩「……zzz」

P「……よっしゃ、外そう」

雪歩「zzz」

P「でもこの体勢だと外し難いなぁ…」

雪歩「zzz」ゴロン

P「おぅ、タイミング良く雪歩の背中がこちらを向いた!今がチャンス!」



25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/17(水) 22:23:45.97 ID:vIONHKNQ0

P「ついに雪歩のおっぱいマウンテンが露わに……!」

P「なんて綺麗で整った形なんだ!これは人類の宝だな」

雪歩「zzz……」

P「俺のリトルマッチが火を噴く寸前だ…!すまん雪歩!」

雪歩「……」

P「いざ尋常に」モミモミ

雪歩「……」ビクッ



28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/17(水) 22:33:47.86 ID:vIONHKNQ0

P「や、柔らかい……!」モミモミ

雪歩「…ぁ……ん……」

P「こんなにサラサラで」サワッ

雪歩「……」ビクン

P「軽い弾力があってそれでいて手のひらに吸いつくような」モミッ

雪歩「っ……はぁ……」

P「手が止まらない……!このままだと雪歩が起きて俺は…」モミモミ

雪歩「んっ…ぁ……zzz」

P「…まだ、大丈夫か…?」



33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/17(水) 22:53:00.68 ID:vIONHKNQ0

P「雪歩…!気持ち良いよ!雪歩…!」モミモミ

雪歩「ぁ…っ…」ハァハァ

P「…ははっ…最低だな俺って……寝ているアイドルに…」

雪歩「……」

P「こんなこと……ごめん、ごめんよ…」



雪歩「…良いんです」

P「……えっ!?」

雪歩「私なら…良いですよ、プロデューサー」



40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/17(水) 23:21:55.27 ID:vIONHKNQ0

P「お前いつから起きて…」

雪歩「その、プロデューサーが揉みたい、ふにふにしたいって…呟いてた時には」

P「それって最初から!?」

雪歩「……」

P「どうして何も抵抗しなかったんだ…?」

雪歩「私も…勇気が無かったから……」

P「……?」

雪歩「寝たふりを続ければプロデューサーが私を見てくれるって…思ったんです」



41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/17(水) 23:27:33.95 ID:vIONHKNQ0

P「雪歩…」

雪歩「その、えっと…これはただの寝言ですぅ!」

P「……」

雪歩「だから、私はまだ寝てますから…プロデューサーの好きにして良いんです」

P「本当に良いのか?」

雪歩「……zzz」

P「じゃあ揉むぞ!!満足するまで揉み続ける!!」



45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/17(水) 23:35:02.99 ID:vIONHKNQ0

P「雪歩!雪歩!!」モミモミ

雪歩「んっ…はぁ…ん……っ」

P「本当に雪歩は可愛いよ…」モミ

雪歩「あっ…えへへ……はぅ…っ」ビクン

P「もうこれ以上我慢出来ないっ…!良いか…?」

雪歩「はぁ…はぁ…」コクッ



46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/17(水) 23:42:06.12 ID:vIONHKNQ0

P「それじゃあ、いくぞ」

雪歩「……」

カツカツッ

P・雪歩「!?」

カツカツ

雪歩「あわわああああ…」

P「毛布かぶれ!!」ファサッ

ガチャッ

小鳥「ふぅ、戻りましたよー」

P「お、お、おお、お帰りなさい音無さん!!」

小鳥「…何をそんなに焦ってるんですか?」

P「べ、別に何でも無いです!!」

小鳥「まあ、なんでもいいですけれど。あ、雪歩ちゃん寝てるんですね」

雪歩(バレないように服着なきゃ…)ゴソ



48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/17(水) 23:48:12.07 ID:vIONHKNQ0

雪歩「うぅん…」

P「起きたのか雪歩」

小鳥「ちょっと服乱れちゃってるわよー」

雪歩「そんなことないですぅ」ジトー

小鳥(あれ…?雪歩ちゃん怒ってる?)

P「そろそろ帰るか?」

雪歩「そうします」

P「じゃあ少し見送りをしてきます」

小鳥「はーい」



49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/17(水) 23:52:08.06 ID:vIONHKNQ0

P「……」

雪歩「……」

P「えっと…」

雪歩「あの!!」

P「おぅ!?」ビクッ

雪歩「また、事務所でお昼寝しますから!」

P「…えっ!?」

雪歩「それだけですぅ!」タタタッ

P「……」

P「……」

P「うっぴょおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!」



小鳥「外からプロデューサーさんの奇声が聞こえる」

終われ


元スレ
P「アイドルが寝ている間にこっそり胸を揉みしだく」