1: ◆q4ctS9nNro 2019/02/12(火) 17:39:23.19 ID:0R/48gRco

痴女周子の逆転なしのSSです。

――

「さぁ、プロデューサーさんコレ説明してよ」

 コンビニで買ったエロ雑誌を塩見周子に見られてしまった。一般的なエロ雑誌なら理解はしてもらえたかもしれない。だが問題は内容がアイドルのコスプレモノで、運が悪い事に周子に関わることだったことだろう。

 ――『【大特集】塩○周子 激エロコスプレ 人気の京娘はヤリマンビッチ』

 タイトルからして言い訳不可能だ。こんなものをアイドルのプロデューサーが所持しているだけで大事件だ。

「すまない周子、この通りだ」

「さすがのシューコちゃんもこれは許せないよ」

 それもそうだろう……担当プロデューサーが自分のコスプレをしたエロ雑誌を読んでいたなら怒りが収まらないのは仕方がない。



2: ◆q4ctS9nNro 2019/02/12(火) 17:40:02.59 ID:0R/48gRco

「あぁ~どうしよっかなぁ~紗枝はんに相談してみよっかな~」

「頼む、誰にも言わないでくれ」

「あたしが決めるから口ださないでよ」

「何か欲しいものあるか?周子の欲しいもの用意できるものなら揃えるぞ」

 大人のプライドを完全に捨て18歳の少女に懇願する。この事が周りに知れ渡ったら人生が終わってしまう……!事務所のアイドル全員が敵になるだけではく、業界からの追放だって……そんな事を考えていると周子が口を開いた。

「あたしの言うこと何でも聞けるん?」

 それは救いの言葉であったが、悪魔の囁きでもあった。だが選択の余地はない、蜘蛛の糸を掴む思いで周子の言葉を肯定する。

「あぁもちろんだ」

「契約成立だね~じゃあここでチンコ出してよ」



3: ◆q4ctS9nNro 2019/02/12(火) 17:41:34.43 ID:0R/48gRco

 アイドルの口から飛び出した予想外の下品な言葉に戸惑う。周子は一体何を考えているのか?面白いおもちゃを見つけた子供のような感じだろうか。

「な……」

「シューコ担当の変態プロデューサー……はよしろや!」

 関西弁の威圧感に恐怖を覚えた。このモードの周子には逆らえない。周子の命令どおりゆっくりとズボンのチャックを下ろしてペニス露出させた。

「うわっこれがプロデューサーさんのチンコ?思ってたよりちっさいな~」

「う、うるさい……」

 担当アイドルに男性器を馬鹿にされて思わず言い返してしまった。18歳の小娘に馬鹿にされたのだから当然の反応だった。でも今は立場をよく考えるべきだったのに……



4: ◆q4ctS9nNro 2019/02/12(火) 17:42:16.39 ID:0R/48gRco

「はぁ?誰に向かって口聞いてるん?粗チンプロデューサーは立場をわかってないん?」

「……」

「あれれ?チンコちょっと大っきくなった?罵倒したら勃起すんの?この変態❤」
「それじゃ……シューコちゃんの目の前でシコシコしてオナニーしてよ❤」

 周子が俺のペニスを観察して罵倒している……その事実で無様にも勃起してしまったようだ。完全に周子のペースに乗せられてしまった。この状況から抜け出すには周子の言うこと聞くしか無いようだ。

「うぅ……」シコシコ

「うわぁ……そうやってシコるんだ❤もう先端から透明なお汁が出てきてるよ?早ない早漏?」

「……」シコシコ

「へぇ淡々とやるんだ~❤でもでも先走り汁だけじゃ滑り悪いよね❤」
「クチュクチュ……ペェッ!」

 周子は口に溜めた唾液をペニスに吹きつけた。先走り汁でドロドロになったペニスが周子の唾液でさらにドロドロになる。




5: ◆q4ctS9nNro 2019/02/12(火) 17:42:49.13 ID:0R/48gRco

「シューコちゃんからの唾の特別サービスだよ❤お礼は?」

「あ、ありがとうございます……」

 アイドルの生唾液をペニスに着いている。その非日常が興奮を加速させ扱く手が早くなる。一気に射精感がこみ上げてくる。

「ねぇねぇ❤そろそろイくとこ見せてよ??事務所の中でシコってイッちゃえ❤」

「うぅッ……」ドピュー

 周子の囁くような甘い声を合図に睾丸に溜まっていた精液が一気に噴出する。大量の精液が床に飛び散る。

「うわッ本当にイッちゃった❤勢いありすぎてくっさいくっさいザーメンが掛かるところだったわ~」
「変態プロデューサーこれからもよろしくね!じゃあまたやろな~❤」

 そう言って塩見周子は事務所を出ていった。残された俺は、汚したペニスを拭き、床を掃除した。そんな時にふいに勃起してしまった。こんな惨めな事をされたのに興奮をしてしまっているのだ。周子にまた責められるのをどこかで期待しているのかもしれない。



6: ◆q4ctS9nNro 2019/02/12(火) 17:43:29.41 ID:0R/48gRco

――

 その日はすぐに来た。周子からアノ話がしたいとレッスンルームに誘いがあった。不安と期待が入り交じる中、指定されたレッスンルームに向かった。

「周子、入るぞ」コンコンコン

「どうぞ~」

 部屋に入ると本番を意識してかLiPPSの衣装『フレグランスオブナイト』を着た周子が居た。どうやらユニットで合同レッスンだったらしい。

「他のみんなはどうした?」

「先に帰ったよ~あたしはもう少し自主練するって言って残ったんだ」

「周子は真面目だな」

「そんなのウソに決まってるやん~事務所でオナったプロデューサーと遊ぶからなんてみんなに言われへんわ♪」
「今日は前より変態な事しちゃお❤❤」




7: ◆q4ctS9nNro 2019/02/12(火) 17:44:12.64 ID:0R/48gRco

 周子はニコニコの笑顔で俺に迫ってきた。あまりの近さにレッスン後の汗のニオイが鼻に飛び込んでくる。動揺する俺に周子は……

「シューコちゃんのスカートの中を嗅いでよ❤」

 スカートの中?!俺は驚きつつ跪き、恐る恐るスカートの中に顔を入れる……股の間、黒ストッキング越しに何か見える!!

「周子!お、お前ノーパンなのか!!」

「大正解~❤志希ちゃんにはバレかけたけどノーパンストッキングなんだ❤」

 むせ返るような汗と雌の香りがスカートの中に充満する。決していい匂いではないが、男を誘惑するフェロモンのニオイ……こんなものを嗅がされたら……

「勃起しちゃったんだ~❤においフェチだなんて志希ちゃんかな?」

「うぐっ……」クンクン

 周子のニオイで頭がクラクラしてくる。アイドルの雌臭だけでイッてしまいそうだった。




8: ◆q4ctS9nNro 2019/02/12(火) 17:45:04.42 ID:0R/48gRco

「はい、おしまい~」

「うっ……」

 スカートの中から開放され新鮮な空気が入ってくる。だがあのニオイが鼻の奥にこびりついて勃起が収まらない。

「さすがにお預けは苦しいよね……裸になっちゃいなよ❤わかる?全裸❤」

 とにかくイキたい、もう頭の中が周子でいっぱいだった。レッスンルームで裸になる事に躊躇はしなかった。俺が服を脱いでいると周子もブーツと黒ストッキングを脱いだ。

「さてレッスンで汗とシューコちゃん汁が染み付いたこのストッキング……ココが一番ニオイがキツイけど」バサッ

 周子はストッキングの秘所が当たっていた部分を俺の鼻に押し当てて来た。湿り気のある布で鼻が覆われる。

「嗅げ❤」

「すぅぅぅ……ンンッ!!!」ドピュ

 ストッキングを嗅いだ瞬間、強烈なニオイと共に先程の記憶がフラッシュバックした。脳内で理解する前に身体が仰け反り射精してしまった。




9: ◆q4ctS9nNro 2019/02/12(火) 17:45:37.14 ID:0R/48gRco

「うわっあ~ザーメン、凄い勢いと量出るんやね❤」

「……うぅ」ポタポタ

「ニオイだけでイッたんやー恥ずかしくないん?でも変態だから仕方ないね❤」
「ねぇねぇ?シューコちゃん汁の染み込んだストッキング、コーフンした?❤❤」

 イッたばかりの俺に向かって容赦のない言葉責めが続くが、不思議と嫌悪感は無い。きっと周子は悪意なくただ遊んでいるだけだからだろう。

「もういいだろ、掃除しないと」ムクムク

「今日は二回戦だよプロデューサーさん❤次するからさっさと横になってよ」

「まて周子!さっき出した精液が床にも俺のチンコにも残っているっ」

「だから良いんじゃない❤明日にここに来るアイドルが、床のシミになった乾いたザーメンの上でレッスンするんだよ❤❤どうどう良くない??」
「もしかしたらニオイでザーメンどぴゅどぴゅしたことをバレるかも?」

 そんな事を楽しそうに話す、ここで逆らったら先日のように怒ってしまうかもしれない。そう考えた俺は周子の言うことに従うことにした。




10: ◆q4ctS9nNro 2019/02/12(火) 17:46:10.13 ID:0R/48gRco


「仰向けでいいか?」

「よしよしご苦労さま~大人の男が全裸で床で寝ている……面白いね」

 ふと視線を天井へ向けた。立っている周子のスカートの中が見える。そういえば今周子は……

「あっ!」ムクムク

「あたしのおまんこ見てザーメンまみれのちんぽ勃起させたん?❤」

 先程は暗いスカートの中で黒ストッキング越しだった周子の秘所が丸見えである。綺麗なサーモンピンク色のそれは毛が丁寧に手入れされており宝石のようであった。

「よいしょっと」

「な、何をする気だ」

 周子は俺の顔の上に跨がり腰を下ろす。もう一息で顔に秘所が当たる絶妙な位置で止まる。ストッキング同様に秘所から周子のニオイが漂う。

「舐めてよ❤」




11: ◆q4ctS9nNro 2019/02/12(火) 17:46:51.19 ID:0R/48gRco

 それはクンニリングスの命令だった。否定する権利など最初から無い俺は恐る恐る舌を伸ばし秘所に触れる。

「ひぃ❤そうそういい感じ❤腰下ろすからもっと舐め舐めして」

「くちゅくちゅ」

「お゛ッ❤プロデューサー結構ええ感じ…やん❤」

 アイドルの性器を舐めている。ニオイと顔に垂れる愛液……そんな非日常的な行為が興奮を増長させる。さっきのイく前までほどに勃起してしまっていた。

「あっ❤あっ❤いいっ❤やっぱりプロデューサーはッ❤才能あるんやね❤」

「くちゅくちゅ」

「こ、このポーズ限界かも❤顔まで下ろす……ね❤シューコちゃんの顔面騎乗責め~❤」

「んぐぅ!?」




12: ◆q4ctS9nNro 2019/02/12(火) 17:47:21.53 ID:0R/48gRco

 顔に周子の秘所が密着すると愛液が顔中に広がる……少ない隙間から息をする度、強烈なニオイが身体を刺激する。

「むぐぅッ」

「ほれほれ~❤まだ本気じゃないよ?本気で顔面騎乗したら窒息死しちゃうかもねぇ❤」
「なんでかなぁ?ココさっきよりも勃ってるよ❤」

 ペニスがギンギンに勃起している。苦しさの中に快楽を感じてしまっているのは確かなようだ。だが呼吸が封じられ限界が近づいてきた……

「うぐぐうううう」フリフリ

「そろそろ離してあげるね❤ご苦労さま~」ヒョィ

「ふああああ……はぁはぁ」




13: ◆q4ctS9nNro 2019/02/12(火) 17:47:49.34 ID:0R/48gRco

「それじゃ次はさっき使ったストッキングでしてあげるね❤」

「はぁはぁ……な、なにするんだ……?」

 乱れた呼吸を整えつつ周子に問いかける。周子はニヤつきながらストッキングに自分の唾液をタップリと垂らし言った。

「アイドルのストッキングで亀頭責め~❤チンコの先端だけ刺激されるとどうなるんかな」ニヤニヤ

「ちょっと待って周……」

 俺が答える前に周子が再び腰を下ろす。尻肉が容赦なく顔に覆いかぶさる―今度は呼吸できるスペースはあるものの両脚で顔をしっかりホールドされ身動きがとれない。

「うぐぅ」

「それじゃチンコにストッキングを被せて……」

 ゆっくりと動くストッキングに亀頭はすぐに反応した。今まで感じたことの無い快感が身体を駆け巡る。瞬間的に壊れてしまうかもしれないと思い周子を振り落とそうと必死に首を動かす。




14: ◆q4ctS9nNro 2019/02/12(火) 17:48:18.11 ID:0R/48gRco

「暴れても無駄無駄~脚力には自身あるんだ❤それに全然力入ってないよ?シューコちゃんのニオイでメロメロになっちゃった?」

コキコキ

「凄いよプロデューサー❤我慢汁が吹き出てくるみたい~❤」

コキコキコキコキ

「うぐぅぅぅぅ」

「暴れても無駄だって❤うりゃうりゃ」

 ストッキングの動きが早くなる……顔面騎乗をした周子のニオイと亀頭の快感でもう限界が近い。

「ぅぅぅぅぅぅ」

「そろそろイかせようかな❤ほら、イけ❤イけ❤」

「うぐぅぅゔぅぅ!?」

 その瞬間頭が真っ白になり、精液が体外へ向かって噴射される。普通の射精では味わえない快感とともに意識が飛んだ……

「はぁ?もう気ぃ失ったん?早すぎへん?直後責めしたかったのに❤」
「まぁ無様な姿見れたしいいかーあっそうだ写真も撮っちゃお」



15: ◆q4ctS9nNro 2019/02/12(火) 17:48:46.14 ID:0R/48gRco

……

 後日、周子からメッセージアプリで無様な気絶した俺の写真とともに短文が送られてきた。

『バラされたくなかったら……分かるよね❤』

(おわり)



元スレ
SS速報R:【モバマス】どスケベ塩見周子がPにオ○ニーさせたりする話