SS速報VIP:晶葉「ハイパー翻訳機が完成したぞ!」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1422795402/



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/01(日) 21:56:42.32 ID:Ha+mPWwt0

P「……ハイパー翻訳機?」

晶葉「ああ!」

P「また随分アホくさい名前だが……」

晶葉「そんなことはどうだっていい。まあ聞いて驚け」

晶葉「この装置はなんと、どんな言語もリアルタイムで翻訳してくれるのだ!」

P「マジかよ!」

晶葉「ああ! ド○えもんのほ○やくコン○ャクのようにな!」

P「あきえもんスゲー!」

晶葉「へへん♪」



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1422795402




2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/01(日) 22:02:40.46 ID:Ha+mPWwt0

晶葉「そんなワケで助手にはこの翻訳機のテストに付き合ってほしくてな」

P「なるほど。……しかし俺はさほど外国語を話せるってワケじゃあないぞ?」

晶葉「助手にしか任せられない仕事があるんだよ。ほら、Pにしか分からない言語があるだろう?」

P「俺にしか分からない……?」

晶葉「ああ、彼女とか」


蘭子「~♪」ルンルン


P「なーるほど……」



4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/01(日) 22:27:53.38 ID:Ha+mPWwt0

晶葉「ほら、このイヤホンを付けて」

P「へいへい。……でけえなこれ」

晶葉「これ以上の小型化は物理的に不可能だ。いくら私とて質量の限界には逆らえない」

P「ほいよ……っと。これでいいのか?」

晶葉「よしよし。おーい蘭子!」


蘭子『なーに?』


P「……!?」

晶葉「……どうだ?」

P「蘭子が普通に喋ってるぞ……!?」



5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/01(日) 22:32:43.88 ID:Ha+mPWwt0

蘭子『あ、プロデューサーさん大きいイヤホン着けてる! かっこいいですね~!』

P「……これ、マジか?」

晶葉「ボリュームを下げてみるといい。聞き比べたら分かるだろう」

P「どれどれ……」キリキリ


蘭子「如何なる契約にて得た物か?(それどこで買ったんですか?)」


P「……間違いない、合ってる」

晶葉「よし、成功だな」



7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/01(日) 22:38:20.50 ID:Ha+mPWwt0


――――――


P「しかし、なんでまたこんな物を? 蘭子とのコミュニケーションならお前達も問題なくやってるだろ」

晶葉「まあ、そうなのだが。だがこれはそもそも、蘭子とのコミュニケーションの為に製作したものではなくてな」

P「というと」

晶葉「外国から来ているアイドル達のためのものなのだ」



9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/01(日) 22:44:38.21 ID:Ha+mPWwt0

P「ふむ……」

晶葉「彼女らは実に勤勉だよ。イヴのような特殊な者はともかく、ケイトや菲菲など大したものだろう?」

P「まあ、そうだな。多少の訛りはあるがペラッペラだ」

晶葉「しかしふと気になったのだ。……彼女らは、本当に100%自分の意思を伝達出来ているだろうかと」

P「なるほど。アーニャやライラ、ナターリアか」

晶葉「ライラなどほとんど生活の上で身に着けたものだろう?」

P「アーニャなんて会うたびに日本語が話せなくなっていってる気がするな……」

晶葉「まあそれはともかく」



10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/01(日) 22:50:04.76 ID:Ha+mPWwt0

晶葉「ライラとは私も結構仲良くしていてな。彼女の為に何かできないかと考えた結果だよ」

P「なるほどな。事情はよく分かった。晶葉は友達思いだな」

晶葉「そ、そうか……?」

P「よし分かった。試しにしばらくこれを装着したままライラと話してみるか」

晶葉「うむ。彼女の意思を汲めているのか、確認してやってくれ」

P「OK」





12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/01(日) 22:58:13.09 ID:Ha+mPWwt0

P「というワケなんだ。ライラ、今日はしばらく家の言葉で話していいぞ」

ライラ「家の言葉? ライラさんの家というと……アラビア語と英語、どちらを話せば良いでございますか?」

晶葉「うーむ……そうか、ドバイではアラビア語と英語を併用しているのか」

ライラ「ライラさんトリリンガルでございますです」

晶葉「まあ、楽に話してくれたらいい。どんな言語も私の発明品がしっかり翻訳してくれるからな!」

ライラ「おおー。さすがアキハさんでございますですね」

晶葉「へへん、凄いだろう」



14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/01(日) 23:03:42.73 ID:Ha+mPWwt0

P「……よし、イヤホンの装着OKだ」

晶葉「そうか。よしライラ、好きに話していいぞ」

ライラ「わかりましたですよー」

ライラ「…………」

ライラ「…………」ムー

晶葉「……ライラ?」









ライラ『まあ、申し訳ございません。私、急にお話をと申されまして少々戸惑っておりますの』

P「!!!!!!?????」



15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/01(日) 23:07:12.52 ID:Ha+mPWwt0

晶葉「どうしたP!?」

P「何だ!? 何が起こっているんだ!?」

晶葉「まて、落ち着くんだ!」

ライラ『プロデューサー殿? いかがなされたのですか?』

P「ぬおおおお!?」

晶葉「P! 頼むから状況を報告してくれ!」



17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/01(日) 23:12:30.34 ID:Ha+mPWwt0

P「はあ……はあ……」ズボッ

晶葉「メカに不備があったか!?」

P「……ライラが何を言っていたか分かったか?」

晶葉「いや、どうやらアラビア語と英語を交えて話しているらしいことしか……」

晶葉「めちゃくちゃな音でも聞こえたのか?」

P「いや、確かに日本語だったが……。ひとまず着けてみてくれないか」

晶葉「あ、ああ……」



18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/01(日) 23:21:07.87 ID:Ha+mPWwt0

晶葉「…………」

ライラ「~~~~~~」

P(何言ってるかさっぱり分からねえ)



晶葉「…………ふむ」ズポッ

P「どうだ、どう思う?」

晶葉「そういえばドバイはとんでもない都市国家だったな」

P「ライラってお嬢様なのか……」



20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/01(日) 23:27:40.14 ID:Ha+mPWwt0

晶葉「多少面食らったがマシンは正常だ。一度言った手前、今日中はこの上品なライラと共に過ごすしかあるまい」

P「うーむ……」

晶葉「ほら、イヤホンを装着するんだ」

P「しゃーないか……」

ライラ『プロデューサー殿、お体は大丈夫なのですか?』

P「あ、ああ。心配いらない」

ライラ『まあ、それは何よりですわ♪』ニコー

P(なんだこれ……顔はいつも通りなのに……)



21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/01(日) 23:40:24.42 ID:Ha+mPWwt0

ライラ『ではお話をしましょう? 私毎日が新鮮で、お話したいことがたくさんありますの』

P「お、おう……」

ライラ『先日生まれて初めてこたつというものに入らせていただいたのですが……』

P「ああ、うん……」

ライラ『こたつで食べるアイスのなんと素敵なことか! 私感動いたしましたの!』







P(全く頭に入ってこねえ……)

晶葉「うーむ、失敗か……いつも通りが一番だな」






22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/01(日) 23:41:38.71 ID:Ha+mPWwt0

投げておしまい
ライラさんは育ちは良いってことを言いたかっただけなんです


元スレ
SS速報VIP:晶葉「ハイパー翻訳機が完成したぞ!」