1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/14(木) 12:23:24.90 ID:CikmuGw4O

モバP「今までずっとそうだった!」

凛「あの」

モバP「誰からも貰えず!人がいちゃつくのを眺め!」

凛「だから」

モバP「家に帰って自分で買ったチョコを食う!」

凛「ちょっと」

モバP「もうたくさんだ!!」ダダダ

凛「チョコ、渡させてよ…」



3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/14(木) 12:30:33.66 ID:CikmuGw4O

P「ああいやだ…バレンタインのない世界に行きたい…」

杏「どったのプロデューサー」

P「良かった…お前だけはわかってくれるだろ杏!」

杏「いや…だから、何が?」

P「バレンタインだよ!バレンタイン!」

杏「ああ、これね」

P「ひっ!それはチョコ!?」

杏「うん、わざわざ作るのは最高にめんどかったよ、これ…」

P「う、うわああああ」ダダダ

杏「え?ちょっとどこ行くの!?」

杏「あーあ渡せなかったよ、雑誌のうそつき」

杏「めんどくさい、寝る…」



5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/14(木) 12:37:30.69 ID:CikmuGw4O

幸子「どうしたんですか?」

凛「プロデューサー、朝からあんな感じで」

P「バレンタインこわいバレンタインこわいバレンタインこわい」

ちひろ「よっぽどバレンタインにいい思い出がないんですね」

幸子「ふふんプロデューサーさんたらだらしないですね!」

P「なんだよ!幸子までチョコ持ってやがって!」

P「どうせそれ彼氏にあげんだろそうなんだろ!!」

幸子「ふふんもちろん」

P「わああん大嫌いだあああ」ダダダ

ちひろ「ちょっとプロデューサーさん追い込んでどうするんですか」

幸子「?なんで逃げたんですかねプロデューサーさん」



6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/14(木) 12:43:50.51 ID:CikmuGw4O

凛「それにしても幸子、彼氏いたんだ」

幸子「ふふんもちろん!」

ちひろ「彼女いないプロデューサーさんに…なんて非道いことを」

幸子「え?居るじゃないですか」

凛「え?」

ちひろ「え?」

幸子「え?」

幸子「プロデューサーさんとボクって付き合ってるんじゃないんですか…?」



12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/14(木) 12:53:17.82 ID:CikmuGw4O

P「どこか…どこかにバレンタインの無い世界はないのか…」

智絵里「あ、あの…プロデューサーさん…」

P「ああ、智絵里か…どうしたんだい?」

智絵里「少し…あの…相談があって…」

P「ん?よしよし話してごらん」

智絵里「あの…贈り物をしたい人がいて…」

P「ゴフッ」

智絵里「ひゃあっ!ぷ、プロデューサーさん!?」

P「だ、大丈夫…続けて…」

智絵里「あう…あの、私…その人のこと…とっても好きで」

智絵里「その人に気持ちを伝えたくて…」

P「ゲホッゴホッオフェッ」



15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/14(木) 13:02:29.69 ID:CikmuGw4O

智絵里「しっかりしてください!ぷ、プロデューサーさん!!」

P「」

凛「どうしたの?」

智絵里「あっ…あっ…わ、私…ただ、気持ちを…つ、伝えたくて…」

智絵里「なのに…私…私なんかがそんなこと考えたから…」

ちひろ「大丈夫ですよ、智絵里ちゃんのせいじゃないですからね」よしよし

凛「起きてってばプロデューサー」

P「う、ううん…凛…?」

凛「はやとちりし過ぎ、みんなプロデューサーにチョコ」

ちひろ「ああっダメですよ今そのワードはっ!?」

P「うわああああバレンタインが追ってくるうううう」ダダダ



19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/14(木) 13:10:44.16 ID:CikmuGw4O

P「もうバレンタインは追ってこない…よな?」

きらり「んにぃ☆どうしたのPちゃん?」

P「きらり…バレンタインがいじめるんだ…」

きらり「Pちゃんバレンタインにいじめられてるの?」

きらり「きらりがきらりんぱーんち☆でバレンタインやっつけたらPちゃんハピハピ?ハピハピすう?」

P「うん…ハピハピする…」

きらり「にょわー☆じゃあきらりがんばるにぃ☆Pちゃんをいじめるバレンタインにきらりんぱーんち☆」シュッシュッ

きらり「Pちゃんバレンタインやっつけたよ☆これでおっすおっす元気!」

P「ははは、ありがとうな」



22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/14(木) 13:21:11.15 ID:CikmuGw4O

きらり「にょわわー☆今日のPちゃん甘えん坊☆」

P「きらりがバレンタインをやっつけてくれたからな」

きらり「Pちゃんきらりのお膝好きー?」

P「うん、きらりのお膝の上はバレンタインのない素晴らしい世界だなぁ」

きらり「うにゃあー☆Pちゃんをお膝だっこだして幸せだにぃ☆」

きらり「そんなPちゃんにはこれあげる☆あーん♪」

P「そ…それは…チョコ…!?」

きらり「うにゃあ☆胸がきゅんきゅんはずかしぃにぃ~☆」

P「あ、あっ…あああああっ!!?」ダダダ

きらり「あれー?Pちゃんおトイレ?」



26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/14(木) 13:26:47.20 ID:CikmuGw4O

P「も…もうだめだ…俺は逃げられないんだ…」

P「誰か…誰か…」

まゆ「まゆはバレンタインのないところ、知ってますよぉ」

P「え…っ?」

まゆ「まゆねぇ…考えたんです」

まゆ「プロデューサーさんがバレンタインに苦しい思いをしないように」

まゆ「たっくさんたくさん考えたんですよぉ」

P「本当…?本当に?」

まゆ「ほら、まゆに言ってください」

まゆ「まゆを求めてください」

まゆ「プロデューサーさんが望むことを、なんでも叶えますから…」



29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/14(木) 13:38:51.63 ID:CikmuGw4O

まゆ「ここならだあれも来ませんよ」

P「本当だ…ここなら…」

まゆ「ふふふ…まゆとプロデューサーさんの2人だけ」

P「ここなら…俺は…」

まゆ「大丈夫、何があってもまゆが守ってあげますからね」ガチャン

P「ああ…まゆ…信じる…」

まゆ「ふふふ」

幸子「な、何やってるんですか!」

まゆ「あら残念…ここなら絶対にわからないと思ってたんですけど」

ちひろ「そりゃ監禁すりゃバレンタインは追ってきませんけど…」

凛「大丈夫?プロデューサー…」

P「あれ?俺は何を…?確かまゆに安心する薬を飲ませて貰って…」



32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/14(木) 13:44:04.18 ID:CikmuGw4O

凛「だから、プロデューサーは考えすぎだよ」

智絵里「あ、あの…これ、プロデューサー宛てで…」

幸子「プロデューサーさん、確認ですけどボクたち付き合ってますよね?」

きらり「Pちゃんにきらりんぱわー受け取ってほしいにぃ☆」

まゆ「実はまゆも…ふふふ」

P「え…えっ…?」

ちひろ「まあ、プロデューサーさんにも春が来てたってことですよ」

P「お前ら…ありがとう…」

ちひろ「良かったですね」



34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/14(木) 13:49:03.96 ID:CikmuGw4O

ちひろ「さてと…じゃあ…まあ、プロデューサーさんも最近頑張ってますし」

ちひろ「じゃんっチョコレート!」

ちひろ「これを…うぅ…」

ちひろ「いい歳してハート型とか…」

ちひろ「よ、よぉし頑張れちひろ!」

ちひろ「ぷ、プロデューサーさん!こ、これ!」

P「ああ、チョコですか。ありがとうございます」

P「へえ、キレイな出来ですね」

ちひろ「えっ…そ、そうですか?恥ずかしいです…あ、あの…よかったら今夜」

P「で、これいくらですか?」



37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/14(木) 13:57:04.12 ID:CikmuGw4O

ちひろ「え?」

P「あ、いや…いくらですか?」

ちひろ「えっ…あっ!え~500マニーくらいですかねー」

P「どうぞ」チャリン

ちひろ「ま、毎度!えへへ儲かっちゃったなぁえへへ…へへ…」

幸子「プロデューサーさん、一緒に帰りましょう!それらしく!」

智絵里「あ、あの…このあと…お話したいことが…」

凛「て、手紙…渡したいから来て欲しいんだけど…」

P「じゃあ、みんなが待ってるんで先帰りますね」

ちひろ「あっはい…さよなら…です…はい」



40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/14(木) 14:01:46.47 ID:CikmuGw4O

終わ凛


元スレ
モバP「バレンタインデーなんて大嫌いだ!」