1: 名無しさん@おーぷん 2014/08/08(金)12:03:10 ID:dlhAA3LEd

姉「え?そんなの別にいいわよ」

姉「私もあんたのくっさい下着でオナニーしてるしどっちもどっちよ」

姉「溜まってる時はオナティッシュも使うわね、ガムみたいに噛みながらオナニーしたらもう最高なの」

姉「後、あんたたまにオナホール使ってそのまま出かける時あるでしょ?」

姉「あれやめてよね、さすがに刺激が強すぎてイキすぎて死にそうになる」

弟「」



5: 名無しさん@おーぷん 2014/08/08(金)12:07:09 ID:dlhAA3LEd

弟「ね、ねーちゃん、俺部屋に帰るよ」

姉「えー、ちょっと待ってよ」

弟「ど、ドアの前からどいて」

姉「ううん、秘密を暴露し合った訳だし、どうせならもうちょっと仲良くなろ?」ガチャッ

弟「あっ……か、鍵……」

姉「ね、私さ、一度あんたの首元の匂い嗅ぎながらオナニーしたいと思ってたんだよね」

姉「私ね、今日学校でマラソンしてきてお風呂入ってないの」

姉「あんたも私の匂い嗅ぎながらオナニーしたくない?」



9: 名無しさん@おーぷん 2014/08/08(金)12:12:16 ID:dlhAA3LEd

弟「ひ……ひぃ!」ガチャガチャガチャガチャ

姉「ねえちょっと待ってってば!あんたが悪いんだよ?堂々とオナニー宣言しといて今更逃げるなんて酷いよ!」ガシッ

弟「お、俺はねーちゃんが恥ずかしがる所が見たかっただけなんだよっ!」ジダバダ

姉「もうっ、暴れないでっ……あ、これ逆レイプしようとしてるみたいでいいかもっ!」ギュギューッ

弟「ウワァーッ」ガチャガチャガチャガチャ

姉「暴れても無駄だってば!鍵は私が持ってんだもんね~」

弟「かっ、鍵っ!どこだっ!」

姉「ん~、私が満足するまで教えてあげな~い」



16: 名無しさん@おーぷん 2014/08/08(金)12:20:38 ID:dlhAA3LEd

姉「すーっ……あっ、ヤバいっ……すぐイッちゃうかもっ……」ジュプジュフグリグリ

弟「うっ……お、俺もイキそっ……テ、ティッシュ……姉ちゃんティッシュ!」

姉「え?イクの?イッちゃうの?良いよ、イッて!」ムギュッ

弟「あ、姉ちゃん、触ったら、イッ、イクぅぅ!!」ドプドプドプッ

姉「あっ、熱いっっ!!手が、手が犯されてるぅぅ!!」ビクビクビクゥ

弟「はぁっ……はぁはぁっ……」

姉「あっ、あぁぁっ……」プルプル……ギュギューッ……

弟「ね、ねーちゃん……大丈夫……?」

姉「う、うん……えへへ、手に射精されてイっちゃったぁ……♪」

弟「っ……」ドキドキ

姉「あははぁ……私達、ヘンタイだねぇ……♪」



23: 名無しさん@おーぷん 2014/08/08(金)12:33:48 ID:dlhAA3LEd

弟「っ……もういいだろっ……鍵渡せよっ」

姉「ええーっ、もう終わりぃ?私、まだまだ満足してないんだけどぉ……」

弟「いいからっ!」

姉「……仕方ないなぁ、はいっ♪」クパァ……キュッキュッ……

弟「えっ……?」

姉「いひひ、女の子だけの隠し場所……ここに鍵が入ってるんだよぉ?」

弟「ね、ねーちゃん、ふざけないで……」ドキドキ

姉「嘘じゃないよっ……んっ……」グリグリ……ヌポンッ……

弟「あっ、鍵……」

姉「ほら、入ってたでしょ……んふっ……」グリグリッ

弟「な、なんで奥に入れるのっ!」

姉「え~?私が私の部屋の鍵をどうしても自由でしょ?取りたかったら取っていいんだよ?」

弟「……わ、わかったよ!」グチュウッ

姉「あっ……んくぅっ……い、いきなり指突っ込むとからんぼぉっ♪」ギュギュッ

弟「ね、ねーちゃん、締めないでよっ!……あれ、掴めないっ……くっ……」グリグリッ



29: 名無しさん@おーぷん 2014/08/08(金)13:00:48 ID:dlhAA3LEd

姉「逃げないって事は……そういう事だよね?」グチュウ

弟「うっ……熱いっ……」ギンギンッ

姉「ね……一線超えちゃう?どうする?」グチッグチッ

弟「……うん」

姉「ふふっ、いい子ね……じゃあ、頂きます……!」グググッ

弟「あ、あ、暖かくてぬるぬるっ……」

姉「んっ……き、つぅ……あっ…!」ブチッ

弟「ん、ねーちゃん?」

姉「……」プルプル

弟「ど、どうしたの?」

姉「……い、たい~~っ!ひぐっ、痛いよぉ~っ!」ボロボロッ

弟「ね、ねーちゃん!?」

姉「もぉ~~っ!痛いよぉ~っ!!」ポカポカッ

弟「い、いててっ、ねーちゃん!?」

姉「ひっぐ、ひっぐ……ぐすっ……もうやめる……」ヌポッ



31: 名無しさん@おーぷん 2014/08/08(金)13:07:21 ID:dlhAA3LEd

弟「だ、大丈夫?」

姉「ぐすっ……痛かったぁ……」

弟「うわ、血がシーツについちゃってる……どうしよ……」

姉「大丈夫……せーりって言うもん……」

弟「……ねーちゃん、本当に処女だったんだな」

姉「なっ、なによー!そんなにビッチみたいに見えた!?」

弟「ごめんごめん」

姉「もうっ……弟、こっち向いてっ」

弟「ん?」

姉「んっ……」ちゅっ

弟「!!」

姉「えへへ……また、しようね……?二回目からは私も気持ちよくなれるから……」

弟「……まあ、考えとく」




おわり


元スレ
弟「ふひひ……実は俺、ねーちゃんの下着でオ○ニーしてるんだよ……」