SS速報VIP:モバP「たまにはいつも行かないところに」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1422841047/



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/02(月) 10:37:27.88 ID:YoIhWfjDO

-事務所-

P「……ふぅ、ちひろさん。こっちは終わりましたよ」

ちひろ「お疲れさまです。私ももう少しで終わりそうです」

ちひろ「折角ですから、二人で呑みにいきますか?」

P「あ、いえ、今日は帰ります」

ちひろ「ではまた、今度」

P「ええ、お先に失礼します」

ちひろ「戸締まりは、任せてくださいねー」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1422841047




2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/02(月) 14:01:15.75 ID:YoIhWfjDO

…………
……

P「随分と冷え込んでいるな、上着一枚じゃ寒いか」

P「んっ……?ここは……凛の花屋か。たまには寄ってみるか」



凛「いらっしゃ……どうしたの?」

P「今日は客だよ、花を見せてくれるか?」

凛「ふーん、どうぞ」

P「……いい香りがするな」

凛「まぁ、花屋だからね」

P「その通りだな……お?」

P「綺麗な花だな……これをもらっていいか?」



4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/02(月) 14:04:46.95 ID:YoIhWfjDO

凛「ん、まいどあり」

P「ありがとう」

P「……また、くるよ」

凛「いつでもいいよ」

ハナコ「わんっ」

凛「ハナコもまたおいでって、言ってるから」

P「ハナコに言われたらまたくるしかないな」

凛「私じゃ駄目ってこと?」

P「冗談だよ」



5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/02(月) 14:08:01.77 ID:YoIhWfjDO

…………
……

P「いい買い物をした気がする」

P「心が洗われるよ」

P「おっ?……やたらファンシーなグッズが売ってる店だな」

P「……あれは」

…………
……

P「よっ、買い物か?」

P「まゆ」

まゆ「あっ、Pさん。こんばんはぁ」




6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/02(月) 18:21:10.64 ID:YoIhWfjDO

まゆ「今日は早いんですねぇ、昨日は23時過ぎてましたよね?」

P「書類が残っててな」

P「……何故知っている」

まゆ「Pさんはお買い物ですかぁ?」

P「流石にこんなファンシーなものは買わないな」

P「見に来ただけさ。お?」

P「このテディベア、赤いリボンがついてて、まゆみたいだな」

まゆ「そうですか?」

P「可愛いところもそっくりだぞ。なんてな」

P「遅くならない内に帰るんだぞ」

ギイッ

「ありがとうございましたー」




7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/02(月) 18:27:41.46 ID:YoIhWfjDO

まゆ「……」

まゆ「不意打ちは……卑怯ですよぉ」


…………
……

P「しかし、いつもと違う道を通ると、違った発見ができるな」

P「お、こんなところにチョコレート専門店か」

P「いい機会だ、入ってみるか」



8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/02(月) 18:33:48.02 ID:YoIhWfjDO

P「随分たくさんチョコレートがあるん……」

拓海「え……」

P「……」

拓海「……」

P「……」

P「帰るか」

拓海「ちょっと待てやこら!」



9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/02(月) 18:39:01.30 ID:YoIhWfjDO

P「大丈夫、わかってる」

P「ブログにしか書かない」

拓海「全然わかってねえ!」

P「麗奈にしか言わないから」

拓海「それはまじでやめろ!」

P「……こんなとこで、どうした?」

P「チョコレート味見して顔まで溶けてたじゃないか」

拓海「ぐっ……」



10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/02(月) 18:43:44.17 ID:YoIhWfjDO

拓海「……ぉ……だよ」

P「え、なに?」

拓海「……チョコレートの甘い香りに……つられたんだよ!チクショォ!」

P「たくみんも乙女だったんだなぁ」

拓海「うがー!」

P「どおどお、ひとつ好きなチョコレート買ってやるから許してくれ」

拓海「い、いいのか?」

P「あぁ、ひとつといわず、三つくらいいいぞ」

拓海「P!」



14: 張り直します 2015/02/02(月) 19:23:49.04 ID:YoIhWfjDO

拓海「これ旨いぞ!」

P「よかったよかった」

P「ところで仕事の話なんだが」

拓海「こんな所でするのか?なになに……」

「例の動物コスプレショー」

拓海「馬っ鹿野郎!」

P「や、やぶらないでくれ!」



15: あのスレに書き込んだ画面のままだったのか……帰ってこないかな、あの人 2015/02/02(月) 19:29:20.02 ID:YoIhWfjDO

…………
……

P「花束にチョコレート……まぁいいか」

P「さて……大事なものは昨日買ったし、家に向かうとするか」

P「たまには色んなところをぶらつくのも、いいかもしれないな」



―完―



21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/02(月) 23:49:53.57 ID:YoIhWfjDO

コンコン

ガチャッ

「……え、Pかい?」

「こんな時間に、どうしたんだい?」

P「少し、話をしたかったから」

P「駄目かな、飛鳥」

飛鳥「かまわないよ」

飛鳥「ボクは夜行性だから、まだ眠くはないからね」



23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/02(月) 23:55:44.14 ID:YoIhWfjDO

P「今日は仕事が早く終わったんだ、だからいつもは通らない道を通って帰ってたんだよ」

飛鳥「ふむ……」

P「色んな発見があるもんだ、今度飛鳥もやってみるといい」

飛鳥「その発見、というのは君の後ろにあるものかい?」

P「あぁ。……そうだ」

P「缶コーヒーでも飲まないか?チョコレートがあるんだ」

飛鳥「ありがとう、頂くよ」

P「ただ、ブラックじゃなくて微糖だ」

飛鳥「そこにケチをつけるほど、ボクはひねくれてないさ」



24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/03(火) 00:00:02.96 ID:vx2UjZEDO

飛鳥「美味しい……なんともコーヒーに合うものだ」

P「喜んで貰えてよかった」

P「チョコレートもだが、あの花束……なんて名前だっけな……ポ……」

飛鳥「ポインセチアかい?」

P「そう、それそれ」

P「この花束も、飛鳥にあげる」

飛鳥「どうしたんだい?今日はやたらと物をくれるね」

P「あぁ」



25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/03(火) 00:02:13.66 ID:vx2UjZEDO

P「それと、もう一つ」

P「この指輪を、受け取ってくれないか?」

飛鳥「……指輪?」

飛鳥「それは、求婚のつもりかい?なんて」

P「そうだ」

P「飛鳥、誕生日おめでとう」

P「そして、結婚を前提に付き合ってくれ」



27: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/03(火) 00:09:37.96 ID:vx2UjZEDO

飛鳥「……ふふっ」

飛鳥「君は言うんだね、ボクが生まれたこの日が特別だって」

飛鳥「でも、それは錯覚……と言いたいところだけど」

飛鳥「君の持つ、指輪を前に、その言葉は無粋だ」

飛鳥「君はボクを、特別にしてくれるんだね」

飛鳥「……ありがとう」

飛鳥「……ボクでよければ」

――――――初めてのキスは、チョコレートの味だった。



28: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/03(火) 00:12:49.79 ID:vx2UjZEDO

おわりおわりおわーりー!!
完!完全に完!
飛鳥ちゃん誕生日おめでとう!愛してるよ!んちゅばっ!
飛鳥ちゃんの為にエクステつけちゃうよ!おいどんもエクステつけちゃうよ!あぁぁぁぁ!!飛鳥ちゃぁぁぁぁん!!どはぁぁぁぁ!



29: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/03(火) 00:15:56.75 ID:vx2UjZEDO

以上で完結です。短い間でしたがありがとうございました。
これからは誤爆に気をつけ、文章力の向上に力を入れていきます。
2月3日は二宮飛鳥の誕生日です。素晴らしい日です。

この日にSSを書けたことを、誇りにして生きていきます。


依頼出してきます


元スレ
SS速報VIP:モバP「たまにはいつも行かないところに」