1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/02/17(火) 17:54:36.06 ID:elFPS3Vy0.net

P「おはよーございまーす」ガチャ

春香「ちょっと遅いですよ!プロデューサーさん!」

律子「何してたんですか!?こんな大事な日に!」

P「え、今日なんかありましたっけ!?」

P「なぜかみんな正装してますし…何か大事な式典があったんですか!?」

律子「忘れちゃったんですか!?今日は小鳥さんの閉経式だっていったじゃないですか!?」

P「…は?」


はい



7: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/02/17(火) 18:00:49.72 ID:elFPS3Vy0.net

P「えっと…なんですって?」

律子「小鳥さんの閉経式です!」

P「閉経っていうと…あれですよね?生理が来なくなるっていう」

律子「ほかに何があるっていうんですか!?」

P「あれって式とかやるもんなんですか…?」

律子「当たり前じゃないですか! 人生の節目なんですよ!」

P「へ、へぇ…」



11: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/02/17(火) 18:06:43.76 ID:elFPS3Vy0.net

律子「全員そろったことだし…春香、小鳥さんを呼んできて!」

春香「りょーかいしましたっ!」スタスタ

雪歩「うぅー私閉経式出るの初めてだよぉ…緊張するなぁ…」

真「ぼ、ぼくも初めて…」

やよい「いおりちゃん、へいけーって何?」

伊織「閉経っていうのは…その、あれよ…女の節目よ!」

P「なんか居ずらいな…」



12: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/02/17(火) 18:13:00.99 ID:elFPS3Vy0.net

春香「ほらほら、小鳥さんみんな待ってますよ!」

小鳥「いや、いやよ春香ちゃん!処女のまま閉経式を迎えるなんていやあああああああああああ!」

千早「お、落ち着いてください…」

あずさ「みなさん待ってますよ…」

美希「別にHだけが女性の価値じゃないの、処女だっていいじゃない」

小鳥「私の気持ちなんてあなたたちみたいにぴちぴちでモテモテな人には分からないのよ!」エグッエグッ



21: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/02/17(火) 18:34:46.33 ID:Z4MXrOjD0.net

たるき亭

P「小鳥さん落ち着いて下さい...」

小鳥「閉経した女なんてもう生きる価値なんてないです...」グスッ

P「そんなことないです、子どもを産むことだけが女性の価値とは思わないですよ

俺だって『君の精子は妊娠できない類だから君は男じゃない』って言われたら頭に来ます」

小鳥「...」

P「小鳥さんは765プロの皆を優しく支える素敵な女性ですよ」



24: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/02/17(火) 18:45:20.54 ID:Z4MXrOjD0.net

小鳥「ありがとうございます...プロデューサーさん...でもやっぱりそれって仕事人間としての私ですよね...」

P「...」

小鳥「私を一人の女性として見てほしいです...お願いです...プロデューサーさん...私を...私を慰めて下さい」

P「小鳥さん?」

小鳥「もう意味はないかもしれないけれど...それでも私...好きな男の人と一つになりたかった...」

P「...」

小鳥「もっと早く言えばよかったなぁ...」

P「遅くなんてないです!」

小鳥「!?」

P「遅くなんて...遅くなんてあってたまるか!」

ギュッ

小鳥「プロデューサーさん!?」」

P「このあと...時間空いてます?」

____

____________



26: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/02/17(火) 18:50:07.87 ID:Z4MXrOjD0.net

数か月後

P「あれ、何でみんな正装なんだ?」

律子「小鳥さんの妊娠式だそうです」イライラ

P「えっ」

小鳥「ぴよぴよ」

P「おい...どういうこと...」

春香「プロデューサーさん!こいつ詐欺ですよ!詐欺!」

美希「既成事実作る為に閉経とか嘘ついたの!」

P「」

小鳥「ぴよぴよ」



27: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/02/17(火) 18:53:30.29 ID:Z4MXrOjD0.net

響「プロデューサーは甘いぞ...50歳でも生理がくる女性だっているのに...」

雪歩「穴掘って埋めて良いですかぁ~?お葬式に変更ですぅ~」

小鳥「ぴよぴよ!?」

真「雪歩落ち着いて!」

P「...」



29: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/02/17(火) 19:03:32.31 ID:Z4MXrOjD0.net

P「何ですか小鳥さん、俺を騙したんですか」

千早「正確に言うと『俺たち』ですけどね」

真美「腹パンするしかないっしょ→」

貴音「それはどんな味のする ぱん なのでしょう」

亜美「うーん、相手に苦痛を与えるから...苦いっしょ→」

貴音「それは面妖な」

小鳥「ぴよよよ...」ブルブル

P「何でそんなことしたんですか、俺本気で心配したんですよ」

小鳥「ごごごめんなさい...つい出来心で...こんなにうまくいくとは思わなかったんです...」ブルブル



31: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/02/17(火) 19:08:49.70 ID:Z4MXrOjD0.net

P「でも形はどうあれ、間に合ってよかった」

小鳥「えっ...」

P「二人だけの愛で終わらずに済んだんですから」

小鳥「それはどういう...」

P「小鳥さん、結婚しましょう」

小鳥「」

周り「ぇええええええええええええええええええええええええええ!?」



33: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/02/17(火) 19:12:42.04 ID:Z4MXrOjD0.net

あずさ「あらあら~、プロデューサーさん、考えた直した方がいいですよ~?」

春香「プロデューサーさん!騙されてますよ!こいつは詐欺女ですよ!詐欺女!」

美希「ハニーは優しすぎるの!早まっちゃいけないの!小鳥に甘過ぎだと思うなー!」

真美「兄ちゃん!兄ちゃん!それってあんまりだYO!!」

真「やっぱりボクの渾身の蹴りを小鳥さんに...」

雪歩「真ちゃんおちついてぇぇええええええええええ!」



34: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/02/17(火) 19:18:55.39 ID:Z4MXrOjD0.net

P「俺前から小鳥さんのことが好きで...でも自分に自信が無いからこんなことになるまで告白できませんでした」

小鳥「...」

P「だからあの夜抱き合った時、やっと一つになったから嬉しかったけど悔しかった...もう俺と小鳥さんの子どもが生まれないんだって」

小鳥「プロデューサーさん...ぷろでゅーさーさあああああああん」

P「でももうその心配をする必要もなくなった」

小鳥「ぐすっ...ひぐっ...ごめんなさい...」

P「俺もアナタも不器用なんですね、あははは」



35: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/02/17(火) 19:20:39.72 ID:Z4MXrOjD0.net

こうして二人は無事、結婚式を挙げたとさ

おわり


元スレ
P「なぜか事務所のみんなが正装してる」