1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/02(土) 00:43:27.13 ID:4hUjNqAB0

『都心では記録的な豪雪となり、都内の交通網は停止している状況です』

弟「交通網ってなんか嫌な響きだよなー」

姉「なんでだよ」

弟「なんか通信簿、みたいな感じで」

姉「言いたいことは分かるけど、難しいな、それ」

弟「って、そんなことはどうでもいいじゃん!雪だよ雪!」

姉「そうだな、雪だな」

弟「姉ちゃん、雪だるま作ろうぜ!」

姉「えー」

弟「えーじゃないしー作ろうよー」

姉「やだよ、寒いし。炬燵ぬくいし」

弟「かーちゃんが言ってた、炬燵にずっと入ってると豚になるって」

姉「いいよ、豚になっても……」

弟「やーい豚、豚豚」

姉「……」



3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/02(土) 00:45:41.50 ID:4hUjNqAB0

弟「とんこつラーメン~」

姉「うっさい」

弟「夏は付き合ってくれたじゃん、セミ取り」

姉「そうだったっけ」

弟「そうだよ、忘れたの?」

姉「んー、忘れるわけないけど」

弟「じゃあ雪だるまも作ろう」

姉「あとちょっとしたらね」

弟「姉ちゃん何してんの?」

姉「んー、知恵の輪……」

弟「何それ……」

姉「知らねーの?知恵の輪。あーダメダメ、弟は知恵が無いから意味無いよ」

弟「姉ちゃんには知恵あんのか」

姉「……」カチャカチャッ

弟「無視すんなよー」



5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/02(土) 00:48:45.67 ID:4hUjNqAB0

姉「あーもうちょっとで取れそうだったのに、弟が邪魔するから」

弟「俺のせいかよ!」

姉「そうだよー、あー残念」

弟「ご、ごめん……」

姉「お、おおう、ごめん、嘘だよ嘘。弟は悪くない、悪いのは私だった」

弟「そうだったのか、悪いのは姉ちゃんだったか」

姉「ああ、頭悪いから知恵の輪出来ないのかもな……」

弟「知恵ってなんか頭痛くなりそうだもんな」

姉「そうだな……」

弟「知恵なんて使わない雪だるまを作ろう!」

姉「そこに至るか」

弟「寒いけどさー、雪なんて降ったの今年初めてだし!」

姉「そういや雪かきしないと晩飯の鍋肉食えないとか言ってたっけ」

弟「言ってた!だから雪かきついでに雪だるま!」

姉「でも炬燵ぬくいし……」



7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/02(土) 00:50:51.34 ID:4hUjNqAB0

弟「炬燵ダメ!」

姉「ぎゃー何をするだー」

弟「出てよー」

姉「私は暑いのは平気だけど寒いのは、寒いんだよ」

弟「寒くても暑いよ!」

姉「暑苦しい」

弟「俺が温める!」

姉「心強いな」

弟「そうだろう」

姉「で、誰がその台詞言ってたんだ?」

弟「な、なんで分かった、ゴロゴロコミックの……」

姉「へぇ、そんな漫画あるんだ……」

弟「うん、読む?」

姉「いいわ……」



9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/02(土) 00:53:12.55 ID:4hUjNqAB0

弟「そっか」

姉「じゃあトランプやろう」

弟「トランプー?」

姉「二人で出来るのといえば……スピードか」

弟「スピードか、とーちゃんとやったな」

姉「だろうな、なんかよくわからんけど子供にスピード教えるのが好きなんだよな、お父さんは」

弟「不思議だなー」

姉「もしかしたらスピード考えたのお父さんかもな」

弟「なるほど!」

姉「まぁいいや、じゃあ勝ったら雪だるま作り手伝ってあげるよ」

弟「よし!じゃあ早速用意してくる!」

姉「待て待て待て、何勝手に勝った気になってやがる!」

弟「え、でも俺超強いよ」

姉「その自信はどこから来るんだよ」

弟「クラスで4番目だし」



10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/02(土) 00:55:03.16 ID:4hUjNqAB0

姉「なんでいつもオマエは4番目なんだよ……」

弟「知らん!」

姉「そうだよな……」

弟「早くやろ。えっと、分けてー……」

姉「手際良いな」

弟「てぎわ?」

姉「なんでもない、始めよう」

弟「いっせーの」

姉「せっ!」

弟「あ、ずるい!あ、待って、あ、くっ……あ、ああ!」

姉「ほらほら、早く早く」

弟「あ、うぅ……あっ、そこは……ああ、もう!」

姉「はっはっは!」

弟「出せない……」

姉「いっせーの、せっ!」



11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/02(土) 00:56:54.01 ID:4hUjNqAB0

1時間後。

弟「勝った!」

姉「とうとう負けた」

弟「姉ちゃん強くて凄い」

姉「私はクラスで8位だったからな」

弟「俺より下じゃん」

姉「なんとも言えん」

弟「でも姉ちゃんはすげーや、スピードマスターだ」

姉「そんなマスター嬉しくないな……それにスピードってあんまり友達居ない奴の遊びだし……」

弟「え、そうなの?」

姉「いや、うん、違うかもしれない」

弟「どっち?」

姉「知らね、自分で考えな」

弟「ケチー」

姉「歳はね、重ねていくとケチになるんだよ」



12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/02(土) 01:00:18.99 ID:4hUjNqAB0

弟「ジャンバーオーケー」

姉「マフラーオーケー」

弟「手袋オーケー」

姉「長靴オーケー……長靴って……」

弟「よーし、やろうー」

姉「おう」

弟「それじゃあ、俺は身体を作るから、姉ちゃんは頭作ってくれ」

姉「ういうい」

弟「よーし、作り方分かる?」

姉「少なくとも弟よりは作ったことあるよ……」

弟「頼もしいな!」

姉「姉ちゃんだからな……寒い、冷たい、炬燵ぅ……」

弟「やっぱり頼もしくない……」

姉「……姉ちゃんだからな」

弟「うん……」



13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/02(土) 01:03:34.82 ID:4hUjNqAB0

姉「よっ、ほっ……」

弟「段々大きくなるぞー」

姉「どれくらいの作るの?」

弟「姉ちゃんより大きいくらい」

姉「頭のせられないだろ……」

弟「大丈夫だよ、姉ちゃんと二人で持てばいけるかもしれない」

姉「いけるかなぁ」

弟「いけるいける」

姉「とりあえず作るわ……」


数分後。

弟「でっけー!姉ちゃんのでっけぇーーー!」

姉「お前の小さいな……」

弟「姉ちゃんが身体になっちゃったね」

姉「そうだな、それで丁度いいかもしれない」



16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/02(土) 01:13:47.67 ID:4hUjNqAB0

弟「んじゃ持つよー」

姉「おう」

弟「よっ……」

姉「よっこいしょっと……重い!ちゃんと持て!」

弟「も、持ってるよ!?」

姉「え、ええ!?マジかよ」

弟「ぐごごご……」

姉「っこいしょぉ……」

弟「は~……すげぇー」

姉「疲れた……」

弟「でけぇーーー!!」

姉「でっけぇなぁ」

弟「目と口つけよ!」

姉「何にすんの?」

弟「そこらへんの木とか」



17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/02(土) 01:24:55.86 ID:4hUjNqAB0

姉「木か、マジ雪だるまだな」

弟「マジ雪だるま!」

姉「マジ雪だるま!」

弟「あ、そうだ」

姉「ん?」

弟「姉ちゃんここで待ってて」

姉「おう」



弟「これ!」

姉「みかん!?」

弟「これ鼻にしよ」

姉「なるほど、かつ冷凍みかんが出来ると」

弟「そう!」

姉「やるじゃん」

弟「へへ」



18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/02(土) 01:33:09.20 ID:4hUjNqAB0

姉「よし、完成だな」

弟「完成!」

姉「写真とっとこ」

弟「おうおう!」

姉「よし!」

弟「おう!」

姉「疲れたから寝る」

弟「えー」

姉「えーじゃない、これで終わり」

弟「雪合戦とか……」

姉「するほど雪残ってないし」

弟「明日も雪降れ!」

姉「もう勘弁しろ!」



19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/02(土) 01:35:15.45 ID:4hUjNqAB0

もうちょっと続けようと思ったけど、急に眠気きたのでおしまい


元スレ
弟「姉ちゃん、雪だるま作ろうぜ!」姉「えー」