1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/06(日) 22:40:13.14 ID:zMPHV01J0


―――事務所

伊織「おはようございまーす」

P「おはよう、伊織」

伊織「なんだ、アンタだけなの?挨拶して損したわ」

P「みんな出払ってるんだよ。悪かったな」

伊織「ふ~ん」

P「・・・・・・・・」

伊織「・・・・・・・・」

P「・・・・・・・・」

P(すっげぇ気まずい・・・)



2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/06(日) 22:44:15.81 ID:zMPHV01J0


P(いや、まぁ・・・今まで伊織に対していい印象を与えてないし嫌われてるかもしれないけどさ)

P(でもさすがに気まずすぎるだろ・・・)

P「き、今日もいい天気だな」

伊織「これから雨降るみたいよ?」

P「そ・・・そうか・・・」

伊織「・・・・・・・・」

P「・・・・・・・・」

P(うん。どうしようもねぇ)



5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/06(日) 22:48:35.10 ID:zMPHV01J0


P(う~ん、ここは一ついつも迷惑かけてるからな・・・うん)

P「な、なぁ伊織」

伊織「なによ?」

P「おまえどこか行きたいところあるか?」

伊織「行きたいところ?」

P「ああ」

伊織「・・・・・・ないわね」

P「へ?」

伊織「だって行きたいところなんてすぐに行けるもの」

P「あ、さいですか・・・」

伊織「どうしたのよ?いきなり」





6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/06(日) 22:52:43.89 ID:zMPHV01J0


P「いや、俺っていつもおまえに迷惑かけてるだろ?」

伊織「そうね」

P「・・・否定してくれないのね」

伊織「だって本当のことじゃない。で?」

P「ん・・・ああ、それでな。まぁ、行きたいところでもあれば連れていってやろうかなってさ」

伊織「・・・・・・っ!」

P「でも行きたいところがないなら仕方ないよな。聞かなかったことに・・・」

伊織「ある!」

P「へ?」





9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/06(日) 22:56:53.44 ID:zMPHV01J0


伊織「だからあるって言ってるのよ!」

P「だってさっき・・・」

伊織「いいから!」

P「あ・・・ああ。じゃあどこに行きたいんだ?」

伊織「・・・え?」

P「だから行きたいところだよ。あるんだろ?」

伊織「それは・・・その・・・」

P「できる範囲で頼むぞ。俺は一庶民なんだから」

伊織「っ!・・・そ、そう!」

伊織「庶民の休日をしてみたいの!」






12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/06(日) 23:03:25.95 ID:zMPHV01J0


―――休日

P「まったく伊織のやつ・・・『庶民の休日がどんなものか知りたいからエスコートしなさい』って・・・」

P「俺の休日なんて家で寝てるっての・・・」

P「まぁ、たまに遊ぶところにでも連れていけばいいかな」

P「待ち合わせ三十分前か・・・。さすがにまだ・・・」

伊織「遅い!」

P「え!?」

伊織「まったく!この伊織ちゃんを待たせるなんていい度胸じゃないの!」

P「い、伊織・・・だってまだ三十分前・・・」

伊織「言い訳はいいのよ!さっさとエスコートしなさいよ!」

P「・・・・・・はい」





14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/06(日) 23:07:38.13 ID:zMPHV01J0


伊織「で、どこ行くの?」

P「はじめは古本屋だな」

伊織「古本屋?アンタって古書とかに興味あるの?」

P「あー・・・おそらく伊織の思ってるものとは違うとだけ言っておく」

伊織「?」

P「ほら、こっちだ。付いてこい」

伊織「ま、待ちなさいよ!」





15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/06(日) 23:12:37.60 ID:zMPHV01J0


―――古本屋

伊織「な・・・なにここ・・・?」

P「言っただろ。古本屋だ」

伊織「みんな立ち読みしてるだけじゃない!」

P「みんな読んでるのも売り物だ。買う人は買う」

伊織「うそ・・・」

P「時間つぶしには丁度いいんだよ」

伊織「時間つぶしってこれからなにかあるの?」

P「いや、なにもないけど」

伊織「じゃ、じゃあなんで・・・!」

P「伊織は庶民の休日に興味があるんだろ?」

伊織「そ・・・そうだけど」




18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/06(日) 23:17:08.50 ID:zMPHV01J0


P「ほら、伊織も好きな本を読んでこいよ。俺も読んでくるから」

伊織「ちょっ・・・」

P「三十分後に集合な」


伊織「・・・・・・行っちゃった」



P「あったあった。『美味しいよ』続き気になってたんだよな」

P「ふんふん・・・」パラパラ

P「マジか・・・」パラパラ

P「あんきも・・・」パラパラ

伊織「ねぇ・・・」





20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/06(日) 23:23:15.73 ID:zMPHV01J0


P「包丁で氷切るってすごいな」

伊織「ねぇ」

P「絶対このヒロイン劣化してるって」

伊織「ねぇ!って言ってるのよ!バカ!」

P「うわっ!?なんだ、伊織か・・・どうしたんだ?」

伊織「どうしたんだ?じゃないわよ!なんでこの私が休日にこんなところで本なんか読まなきゃいけないのよ!」

P「いや・・・でも庶民の休日なんて・・・」

伊織「いいから他のところに行くわよ!」

P「え、あ・・・ちょっと待て伊織!究極対練獄の勝負が・・・」

伊織「いいから来なさい!」




22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/06(日) 23:28:08.42 ID:zMPHV01J0


伊織「まったく・・・この伊織ちゃんがあんなところで立ち読みなんかするわけないじゃないの」

P「俺はよく行くんだけどな・・・」

伊織「いいから次の・・・」グルルルル

伊織「っ!?」

P「どうした?腹でも空いたのか?」

伊織「う、うるさい!」

P「ふ~む、少し早いが昼にするか。何が食べたいんだ?」

伊織「任せるわ。アンタのよく行くところでいいから」

P「また何か言いそうなんだけど・・・」

伊織「言わないわよ。あまりにも変じゃなきゃ」

P「わかったよ。じゃあ行くか」





23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/06(日) 23:33:01.19 ID:zMPHV01J0


―――牛丼屋

P「ここが俺のフェイバリット牛丼屋のすき谷だ」

伊織「へぇ、アンタもなかなかいいもの食べるんじゃない」

P「へ?」

伊織「え?牛丼ってあれでしょ?松阪牛のステーキを適度に切ってライスの上に・・・」

P「ランクが違いすぎる・・・」

伊織「なに?」

P「いや・・・この店の牛丼はおまえの知ってる牛丼ではないってことだけだ」

伊織「?」





27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/06(日) 23:39:11.31 ID:zMPHV01J0


P「で、なに食うんだ?」

伊織「わからないからアンタのおすすめで我慢するわよ。変なの頼んだら許さないわよ?」

P「こんなチェーン店に変なのなんてそうそう無いよっと、すみませ~ん」

「はい、ご注文お決まりでしょうか?」

P「え~と、四種のチーズ牛丼と牛丼。両方並で辛口一でお願いします」

「はい、四種のチーズ牛丼と牛丼を並で両方一辛で」

P「はい」

伊織「アンタはどっち?」

P「俺はチーズ。伊織は初めてだろうしスタンダードにな」

伊織「辛口って?」

P「来てのお楽しみだ」




30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/06(日) 23:46:47.80 ID:zMPHV01J0


「お待たせしました」

P「来た来た。いただきま~す」

伊織「いただきます。・・・これが牛丼・・・。ねぇ、この赤いのなに?」

P「それが辛口だ。おいしいぞ」

伊織「ふ~ん・・・っ!?」

P「ど、どうした!?伊織!」

伊織「ん~!ん~!」

P「どうしよう・・・何言ってるかわからない・・・と、とにかくまずは水を飲め!」

伊織「ごくっ・・・ごくっ・・・ふぅ・・・」

P「落ち着いたか?」

伊織「か・・・か・・・」

P「か?」

伊織「辛いじゃないのよ!バカ~!」




32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/06(日) 23:52:26.92 ID:zMPHV01J0


P「いや・・・だって辛口だし・・・」

伊織「う~・・・」

P「混ぜれば適度に辛いだけだから大丈夫・・・なはず」

伊織「・・・やってみる」



伊織「たしかに、混ぜれば食べられなくもないわね」

P「だろ?」

伊織「それになかなかおいしいじゃない」

P「ま、俺の行きつけだしな」

伊織「でも硬いお肉ね」

P「それは言うなよ」




33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/06(日) 23:58:15.25 ID:zMPHV01J0


伊織「ごちそうさまでした。ねぇ、次はどこに行くの?」

P「特に考えてないんだよな~」

伊織「は?」

P「いや、俺普段休日寝てばっかりだし」

伊織「じゃあ・・・これで終わり・・・?」

P「さすがにそれじゃあな・・・適当に歩くか」

伊織「そ、そうね。それもいいわね」

P「ウィンドウショッピングもたまにはいいだろう」




36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/07(月) 00:02:21.37 ID:qMPdjnfO0


伊織「あ!あれ私に似合うと思うんだけど」

伊織「この服可愛いじゃない」

伊織「う~ん・・・ウサちゃんにはこっちかな・・・」

P「女の子とのウィンドウショッピングって大変なんだな・・・」

伊織「ちょっと!プロデューサー!」

P「はいはい・・・」

伊織「なによ、元気ないわね」

P「なんでもないよ。で、なんだ?」

伊織「こっちとこっちなんだけど・・・どっちがウサちゃんに合うと思う?」





38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/07(月) 00:09:17.03 ID:qMPdjnfO0


P(正直に言おう・・・どっちでもいいと思う)

P(でもそんなこと言ったらまた怒られそうだし・・・あ・・・)

P「そう言えば前に買ったクマのぬいぐるみは大事にしてくれてるのか?」

伊織「え・・・あ、もちろんよ」

P「そっか。なら両方買って片方はそのクマのぬいぐるみに付けてやればいいんじゃないか?」

伊織「そ、それもそうね。うん、わかった。じゃあお願いね」

P「へ?」

伊織「これくらい・・・買ってくれてもいいじゃない」

P「あ・・・まぁ、これくらいなら」

伊織「にひひっ」



39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/07(月) 00:15:01.08 ID:qMPdjnfO0


P「ほら、買ってきたぞ」

伊織「あ・・・ありがと」

P「それにしてもなかなかに歩いたなぁ・・・」

伊織「そう?私はまだまだ平気だけど?」

P「伊織は健康でいいな」

伊織「アンタが歳なだけよ」

P「四捨五入すればまだ二十代だぞ?」

伊織「アンタの場合切り上げで十分でしょ?」

P「ひどい!」





41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/07(月) 00:22:07.07 ID:qMPdjnfO0


P「でもそろそろ日も暮れるし帰るか?」

伊織「え?」

P「だって伊織くらいの子を暗くなってから連れ回すのもな・・・」

伊織「こ、子供扱いしないでよ!」

P「でもな・・・」

伊織「いつも仕事の終わりは真っ暗じゃないの!なんで今日に限って・・・」

P「仕事とプライベートは・・・」

伊織「まだ帰らないから」

P「え?」

伊織「まだ私、庶民の休日を堪能してないもの!まだ帰らない!」

P「これは困った・・・」





42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/07(月) 00:26:25.62 ID:qMPdjnfO0


伊織「・・・・・・」ツーン

P「お~い、伊織さ~ん」

伊織「・・・・・・」ツーン

P「帰らないと・・・」

伊織「いや」

P「親御さんも心配するんじゃ・・・」

伊織「大丈夫よ、別に」

P「はぁ・・・」

伊織「・・・・・・」ツーン





45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/07(月) 00:32:27.66 ID:qMPdjnfO0


P「わかったよ・・・伊織」

伊織「え?」

P「最後に俺の行きつけの店にいこう」

伊織「さっきの牛丼屋?」

P「違う。あんなとこよりも行きつけだ。それでいいだろ?」

P「夜更かしは体に悪いし・・・な?」

伊織「・・・・・・わかった」

P「ふぅ、それはよかった。じゃあ早速向かおうか」




50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/07(月) 00:38:22.18 ID:qMPdjnfO0


―――Bar

伊織「なにここ?」

P「酒を飲むところだ。よく仕事帰りに寄るんだよ」

カランカラン

「いらっしゃい・・・あれ?どうしたんだ、その子。隠し子?」

伊織「え?」

P「ちげーよ!」

「まさか誘拐!?警察に・・・」

P「帰るわ」

「まてまてまてまて。わかった話を聞こう。取り敢えず座れ」

P「聞かせるほどの話はないんだがな」





53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/07(月) 00:43:40.86 ID:qMPdjnfO0


伊織「なんかアンタ、いつもと感じが違う」

P「ま、あいつとは高校時代からの仲だからな」

伊織「そうなんだ・・・」

「ほら、こっち開いてるから来いよ」

P「おう。行くぞ、伊織」

伊織「あ・・・うん」


「で、なにこの子。おまえの彼女?」

伊織「かのっ・・・!?」

P「ちげーよ。ウチの所属アイドルだ。見たことないか?テレビで」

「わりぃ。俺んちテレビねーや」

P「あっそ」





54: クマは健在ですよ 急に言われて驚いただけです 2011/11/07(月) 00:49:02.65 ID:qMPdjnfO0


「で、そのアイドルとなにしてるわけ?こんなところで」

P「庶民の生活がみたいって言うからここに連れてきた」

伊織「ちょっ・・・」

「おいおい、そりゃひどいだろ」

P「いーじゃん。庶民なんだから」

「たしかに。で、なに飲むよ」

P「俺はいつもの。伊織は?」

伊織「わ、私は・・・オ、オレンジジュース・・・」

P「あとオレンジジュース。100%でな」

「あいよ。ちょっと待ってろ」





56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/07(月) 00:54:19.06 ID:qMPdjnfO0


伊織「・・・・・・・・・」

P「どうした?伊織。さっきから元気がないみたいだけど」

伊織「だって・・・なんか私、場違いみたいで・・・」

P「なに言ってるんだよ。来たいって言ったじゃないか」

伊織「そうだけど・・・」

P「やっぱあれか、こんな寂れたBarはイヤだったか」

伊織「そんなこと・・・!」

「寂れたBarで悪かったな。ほらよ、アブサン」

P「サンキュー」

「はい、お嬢ちゃん。オレンジジュースだ」

伊織「あ、ありがとうございます・・・」





57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/07(月) 01:00:58.53 ID:qMPdjnfO0


「おとなしい子だな。いい子だろ、この子」

P「後者は当たってるが前者は違うな。ただ場の空気に飲まれてるだけだ。な、伊織」

伊織「え・・・あ、うん」

P「な」

「そんなもんなのか。てーと普段はおてんば娘と」

P「そうだな。どちらかと言うとおてんば姫だ」

伊織「・・・・・・・・!」ゲシッ

P「痛っ!いきなりどうした?」

伊織「知らないわよ」

P「・・・・・・な?」

「だな」




59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/07(月) 01:05:57.53 ID:qMPdjnfO0


「まぁ、でもおまえが初めて連れてくるのがこんな女の子とはねぇ・・・」

P「今回はしょうがなく連れてきただけだからノーカンだ」

「ま、昔から大人の女が好きだったもんな。今でもそうなんだろ?」

伊織「・・・・・・え?」

P「どうだろうな。この歳になるとわからねぇわ」

「まだ四捨五入すれば二十代だろ」

P「俺には切り上げがお似合いらしい」

「はっはっはっ。なんだそれ」

伊織「・・・大人の・・・」





62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/07(月) 01:12:41.02 ID:qMPdjnfO0


P「ちょっとトイレ行ってくるな」

伊織「・・・・・・」

P「伊織?」

伊織「な、なによ!?」

P「いや、ちょっとトイレ行ってくる」

伊織「勝手に行きなさいよ!バカ!」

「お~・・・こわっ・・・」

P「ははっ・・・じゃ、行ってくる」

「十分でも二十分でも出してこいよ~」

P「そんなに出さねーよ!」


伊織「・・・・・・・」

「どうした?お嬢ちゃん。浮かない顔して」

伊織「いえ・・・大人の女ってどういう人のこと言うのかなって・・・」

「ふ~む・・・こりゃ難しいな」




65: 俺のスレは100何かで落ちる 2011/11/07(月) 01:18:42.50 ID:qMPdjnfO0


「大人の女ね・・・。俺の中では俺の中ではよ?」

「自分を持っててさ、芯が強くて、てきぱき仕事をするような女の人かな」

伊織「芯が強くて・・・てきぱき・・・」

「あ!あとお酒を飲む人!豪快に一気なんかしちゃったらもう惹かれるね~」

「俺にもそんな人、現われないかな~・・・」

カランカラン

「あ、いらっしゃい。どうぞ~」


伊織「豪快に・・・お酒を・・・」

伊織「お酒・・・」スッ





68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/07(月) 01:24:42.22 ID:qMPdjnfO0


P「はぁ・・・スッキリした」

伊織「・・・・・・・・・」

P「そう言えば今日初めて行ったな。スッキリもするか」

伊織「・・・・・・・・ク」

P「さて、飲みなおし・・・って無い!?」

「ん?どうした?」

P「おまえ、俺のアブサン飲んだ?」

伊織「・・・・・・・ック」

「いや、さすがに飲まねぇよ。一応客だし。トイレ行く前に飲んだんだろ?」

P「おっかしーな・・・半分くらい残ってたはずなのに・・・」

伊織「・・・・・・・ヒック」

P「伊織?」





70: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/07(月) 01:30:52.31 ID:qMPdjnfO0


伊織「・・・らりよ?」

P「おまえ・・・まさか・・・」

伊織「らり?あらしがおさけのんららわるいろ?・・・ヒック」

P「酔っ払ってるぅぅぅ!?」

「どうした!?」

P「あ、あはは・・・いや、伊織が飲んじまったみたいだ・・・アブサン」

「ちょっ!?まずいだろ!あれは!」

伊織「まずくらいわよ!・・・おいひかっらもん・・・ヒック」

「いや、そういう意味ではなく・・・」

P「いいからお冷やくれ!お冷や!」

「お、おう」





71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/07(月) 01:35:30.58 ID:qMPdjnfO0


P「何で飲んだりしたんだよ・・・」

伊織「ヒック・・・らって・・・あんらが・・・ヒック」

P「俺が?」

「ほら!お冷やだ!」

P「サンキュー!ほら伊織!水飲め!」

伊織「いや~・・・」

P「飲んでくれよ・・・」

伊織「のんれもいいけろ・・・ヒック」

P「ん?」

伊織「くちうつし~・・・ヒック」

P「ば、馬鹿言うな!?」

伊織「じゃあのまらい・・・」





75: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/07(月) 01:41:06.72 ID:qMPdjnfO0


P「いいから飲みなさい」

伊織「あぅ・・・くち・・・」

P「飲みなさい」

伊織「く」

P「飲みなさい」

伊織「あい・・・」

ゴクッゴクッゴクッ

P「まったく・・・どうして飲んだんだ?」

伊織「おろなの・・・おんなに・・・なる・・・の・・・」

P「は?」

伊織「おさけ・・・のんらら・・・おろな・・・なの・・・」

伊織「そーしないと・・・あんらが・・・」

伊織「スー・・・スー・・・」

P「なんなんだ、いったい」





79: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/07(月) 01:45:49.60 ID:qMPdjnfO0


「お、帰るのか?」

P「さすがにこれはまずいからな」

伊織「スー・・・スー・・・」

「たしかに」

P「また今度ゆっくり飲みにくるわ」

「おう、そん時はちゃんと女連れな」

P「知るかバーカ」

「おまっ!バカって・・・」

P「じゃーな」

カランカラン

P「はぁ・・・」

伊織「スー・・・スー・・・」

P「どうしよ・・・」





85: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/07(月) 01:51:55.89 ID:qMPdjnfO0


P「しょうがない」

P「さすがにこのまま家に連れていったらどうなることやら。俺が」

P「事務所いこ・・・」



P「てゆーか俺、半分しか飲んでないんだよな」

P「なんか損した気分だから次行くときサービスしてもらおう」

伊織「ぷろ・・・でゅーさー・・・」

P「ん、起きたか?」

伊織「にひひ~・・・へんた~い・・・スー・・・」

P「なんて寝言だよ」





88: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/07(月) 01:57:14.72 ID:qMPdjnfO0


―――事務所

P「ふぅ・・・着いた」

伊織「スー・・・スー・・・」

P「気持ちよさそうに寝てるよ。ソファーにでも寝かせるか」

P「よいしょっと・・・」

伊織「ん・・・ん・・・ん?」

P「あ、起こしたか?悪い」

伊織「ここ・・・事務所・・・?なんで・・・っ。頭痛い・・・」

P「あ~あ~・・・ちょっと待ってろ。水持ってくるから」





92: もうすぐ終わる・・・かな 2011/11/07(月) 02:01:58.60 ID:qMPdjnfO0


P「ほらよ」

伊織「ありがと・・・」

ゴクッゴクッゴクッ

P「まったく・・・心配させるなよ」

伊織「私・・・何かしたの?記憶にないわ。プロデューサーとBarに入ったところは覚えてるんだけど・・・」

P「酒飲んで倒れたんだよ。人通りの少ない寂れたBarで助かったよ」

伊織「そう・・・」

P「おまえに酒は五年早い」

伊織「・・・・・・ごめんなさい」

P「やけに素直だな」

伊織「悪いってわかってるから・・・」





94: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/07(月) 02:07:07.80 ID:qMPdjnfO0


P「いつもならもっとキーキー言わないっけ?」

伊織「言わないわよ!キーキーなんて!ただ・・・」

P「ただ・・・?」

伊織「大人の女は自分の非も認めないといけないのよ」

P「大人の女・・・ね」

伊織「そうよ!悪い!」

P「悪くはないけどさ。伊織はまだ子供なんだから」

伊織「なっ・・・!?」

P「俺は歳相応の伊織が可愛いと思うぞ」

伊織「・・・っ!」

P「無理に大人になる必要もないさ」




98: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/07(月) 02:15:16.01 ID:qMPdjnfO0


P「いろんなことを知って、いろんな経験をして少しずつ大人になればいい」

P「俺はいつものいじっぱりな伊織も強がりな伊織もわがままな伊織も好きだぞ?」

P「確かに子供っぽいと思われるだろうが今はそれでいいじゃないか。それが可愛いんだから」

P「な、伊織」

伊織「・・・・・・カ」

P「へ?」

伊織「バカバカバカバカバカ!」

P「な、なんだよ。いきなり・・・」

伊織「私、帰る!」

P「そ、そうか・・・気を付け・・・」

伊織「だから送っていって」

P「は?」

伊織「アンタは子供をこんな時間に一人で帰すの?」

P「・・・はいはい。やっぱり伊織はわがままだな」

伊織「にひひっ」



101: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/07(月) 02:21:12.32 ID:qMPdjnfO0


―――数日後

P「すいませんっしたー!」

伊織「土下座程度で許すはず無いでしょ!」

P「土下寝も辞さない!」


春香「どうしたんです?あれ」

律子「あ~あれ。なんかプロデューサーが伊織のウサちゃんを間違ってゴミ箱に入れちゃったのよ」

春香「あらら・・・」

律子「それであんなにカンカンってわけ。まったく・・・これから仕事だってのに」

春香「まぁ、いいんじゃないですか?」

春香「伊織もなんか楽しそうですし」


伊織「・・・・・・にひひっ♪」

―――おしまい♪





106: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/07(月) 02:26:28.81 ID:qMPdjnfO0

なんかいつもより進行が早いなと思ったら他にアイマスSSがなかったのかな
予告どおりの伊織メインいかがだったでしょうか

このあと続けてIG編はきついので今回はやめておこう

読んでくれた人おつおつ→


元スレ
伊織「大人の女になるために」