1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/05(金) 11:29:12.20 ID:z8DIs56W0

のんびりと書いていきます

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1372991352




3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/05(金) 11:38:17.88 ID:z8DIs56W0

---事務所---



みく「Pチャーン!みく今日も頑張ったにゃあ!」

P「そうだな、お疲れ様」

みく「でも疲れたにゃ...Pチャン分を補給にゃ♪」ダキッ

P「こーら、抱き疲れたら仕事できないだろ」

みく「むぅ、こんなかわいい女の子に抱きつかれてそれだけかにゃ?」

P「はいはい、そういう事はお魚を食べられるようになってから言おうな~」

みく「あっ、言ってはいけない事を言ったにゃ!Pチャンの馬鹿!」

P「なんだとこの猫娘が!」

みく「あ゛ー!!あ゛ー!!」

P「おおっと!みくにゃんの咆哮が!!」

美波「ふ、二人とも落ち着いて....」



5: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/05(金) 11:47:25.76 ID:z8DIs56W0

P「えーい、離せみく!俺は営業に行ってくる!」

みく「待つにゃ!まだ話は終わってないにゃ!」

P「後で聞いといてやる!じゃあ美波あとよろしくな」

美波「はい、行ってらっしゃいプロデューサーさん」

P「じゃあなみく」

みく「フカー!覚えてるにゃ、Pチャン!」


バタン


みく「まったくPチャンはどうしようもないにゃ!」

美波「みくちゃん機嫌直して、ね?」

みく「みくがお魚嫌いなの知っててああいう事言うんだから!いじわるにゃ!」

美波「まあまあ....」ナデナデ



9: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/05(金) 12:17:40.91 ID:z8DIs56W0

美波「でもちょっとみくちゃんがうらやましいな」

みく「どうしてにゃ?」

美波「だって、とっても仲がよさそうに見えるから」

みく「むぅぅ....そう?」

美波「うん、ケンカしてるように見えてもプロデューサーさんはなんだかんだでみくちゃんの事は大切に思ってるのがわかるわ」

みく「そうかにゃあ?」

美波「じゃあ、みくちゃんはプロデューサーさんのこと嫌い?」

みく「....まあ、嫌いではないにゃ」

美波「ほらね」

みく「でも最近は、みくの扱いが雑になってきてる気がするにゃ」

美波「そうかしら?」

みく「なんていうか....もっとみくの事かまってほしいにゃあ....」



12: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/05(金) 12:52:10.24 ID:z8DIs56W0

美波「かまってほしい?」

みく「ちょっと前まではみくがPチャンの膝を独占してたけど....」

みく「最近はあーにゃんとかのあにゃんが猫ってことにかこつけてPチャンの膝に座ってたりするにゃ」

美波「うーん、確かに時々見る....かな?」

みく「ただでさえ最近はみくのアイデンティティーがクライシスするようなアイドルが出てきてるから....」

みく「このままだとそのうちみくの事なんてどうでもよくなっちゃうかもしれないにゃ....」

美波「大丈夫よ、プロデューサーさんはそんな人じゃないでしょ?」

みく「うーん、わかってはいるけど.....」

美波「心配ないわ、プロデューサーさんだって本気でみくちゃんの事を嫌いになったりしないから」

みく「でも、もっとかまってほしいにゃ!どうすればいいと思うにゃ?美波チャン!」

美波「ええっ!?そうねぇ....」

みく「やっぱりみくも美波チャンみたいなエロスを前面に押し出せばいいかにゃ?」

美波「エ、エロスって....私は別に....」



13: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/05(金) 13:03:07.38 ID:z8DIs56W0

みく「美波チャン、ここだけの話にゃんだけど....」

美波「な、なに?」

みく「ぶっちゃけたどうすればあんなエロスオーラを身体から放出できるにゃ?」

美波「そ、そんなこと言われても....」

みく「ほら、それにゃ!その困ったような顔がもうすでにエロいにゃ、どうやればそんな顔できるにゃ?」

美波「だ、だからねみくちゃん....」

みく「お願いにゃ!教えてほしいにゃー!」

美波「えっと、あのね.....」オロオロ...

みく「おっぱいならみくの方が大きいのに何がそんなにちがうにゃ?」

美波「ダ、ダメよ....そんなの....」



あい「....さっきから何の話をしているんだい?」

美波・みく「!?」



15: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/05(金) 16:00:13.71 ID:z8DIs56W0

美波「あ、あいさん!?いつからそこに!?」

あい「ほんの少し前だが、いったい何があったんだ?」

みく「美波チャンがどうしてエロいのかを話し合ってたのにゃ!」

美波「み、みくちゃん!」

あい「やれやれ、昼間からそんな話をしているのはあまり感心しないな....」

みく「だってこのままじゃPチャンが....」

あい「Pくんが?」

美波「みくちゃん、だから心配しすぎ....」

みく「にゃっ!ひょっとしてPチャンは大人っぽい人が好きなのかもしれないにゃ!」

あい「大人っぽい?」

みく「美波チャンやあいサンにあってみくにないもの.....」



みく「それは大人っぽさかもしれないにゃ!」



19: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/05(金) 18:48:06.75 ID:z8DIs56W0

------

ガチャッ


P「ただいま戻りましたー」

みく「あっ、Pチャン....」

P「ただいまみく、いい子にしてたか?」

みく「あ、当たり前じゃないそんなの.....」

P「うん?あれ?」

みく「みくだってもう子どもじゃないんだから、Pチャ....プロデューサーの手を焼かせたりしない....わ」

P「お、おう....」

みく「あっ、もうそろそろレッスンの時間だわ、行かにゃ、行かないと....」

P「そ、そうか...頑張れよ....」

みく「ええ、期待に応えて....みせるわ....」バタン




P「....なんだあれ」



22: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/05(金) 18:59:27.81 ID:z8DIs56W0

P「なぁ美波、ちょっと聞きたいんだけど....」

美波「はい、なんですか?」

P「最近さ、どうもみくの様子が変なんだ、何か知らないか?」

美波「えっと....変って言うと?」

P「いや、なんていうかやたらと距離を取るっていうか....」

美波「距離ですか?」

P「ああ、前はしつこいくらいにひっついてきたのに最近はちっとも寄ってこないんだ」

美波「そ、そうなんですか....」

P「何か知らないか?」

美波「い、いえ....ちょっと....」

P「そうか....あいさんは何か知りませんか?」

あい「いや、悪いがわからないな」

P「そうですか....」



23: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/05(金) 19:20:15.58 ID:z8DIs56W0

ガチャッ


みく「お、お疲れ様...です」

P「おう、お疲れみく、どうだった今日の仕事は?」

みく「ええ、上手く出来たと思う....わ」

P「そうか、ならよかった」

みく「ねえ、Pチャ....プロデューサー?」

P「なんだ?」

みく「最近のみく...私を見てどう思う?」

P「そうだな....さっき美波たちにも言ったんだけど、あんまりPチャンPチャン言わなくなったな」

みく「そ、そうよ....で?」

P「うーん、どういう心境の変化かは知らないけど....」

P「まあいいんじゃないか?好きにすれば」

みく「にゃっ...!!」ガーン



25: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/05(金) 20:00:30.30 ID:z8DIs56W0

P「それじゃあ俺はちょっと打合せがあるから行ってくる」

みく「う、うん.....行ってらっしゃい...」


バタン


みく「ふにゃ...」

美波「みくちゃん、別に大人ぶらなくても...」

みく「だ、大丈夫にゃ....これくらい....」

あい「だが見ていてとっても痛々しいぞ」

みく「そ、そのうちPチャンの方から何かを感じ取ってくれるハズにゃ....」

美波(そうかしら....)

あい(あのPくんだからな、それに今見たところでは本当に何も感じていないのかもしれん....)

みく「み、みくは自分を曲げないにゃー!」



27: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/05(金) 21:09:05.73 ID:z8DIs56W0

------



みく(あれから一週間たつけどPチャンまるで反応がないにゃ....)

みく(やっぱりみくに大人っぽいのは似合わないのかにゃ....)

みく(しばらくPチャンに抱きつけてないからもうPチャン分がすっからかんにゃ...)

みく(ああ....Pチャンに抱きしめてほしいにゃ....触ってほしいにゃ....)

みく(よくできたぞみく、ってなでなでしてほしいにゃ....)

みく「はぁ....力がでないにゃ...」

P「どうしたみく?」

みく「ふにゃあっ!」

P「元気ないな、具合でも悪いのか?」

みく「そ、そんなことにゃ...ないわ...」



29: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/05(金) 21:39:36.99 ID:z8DIs56W0

P「それならいいんだけどな、体調には気を付けろよ?」

みく「もちろんにゃ...あっ、もちろんよ....」

P「しかし、最近のみくはなんだか....」

みく「な、なに!?」

P「手がかからなくなったな」

みく「そ、そう?」

P「ああ、なんだか大人になったな」

みく(こ、これはもしかして.....)

P「最近は俺がいなくてもきちんと仕事をこなしてるみたいだし....」

P「これなら俺がいなくても大丈夫だな!」

みく「っ!?」



30: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/05(金) 21:52:07.40 ID:z8DIs56W0

P「お前も成長したなぁ、俺もなんだか鼻が高いっていうか.....」

みく「.....それ、本気で言ってるの?」

P「んっ?いやお前も大人になってきたし....」

P「そろそろひとりで色々と...」


ガタッ!


P「!?」

みく「そんなの....」

みく「そんな風になるんだったら...」



みく「みくは大人なんかになりたくないにゃ!!」



P「み、みく?」

みく「Pチャンのバカ!出てってやるにゃ!」ダダッ!

P「お、おいちょっとみく!」



31: 聖司「おまえなー、よくそういうはずかしいこと平気で言えるよな。」 2013/07/05(金) 22:08:43.36 ID:z8DIs56W0

バーン!


あい「おっと!」

P「あ、あいさん!?すみません!」

あい「Pくん?今のは前川君か...」

P「ええ、そうです」

あい「ふむ、察するところによるとケンカでもしたのかい?」

P「....そういう事になるのかもしれません」

あい「なにか前川君の機嫌を損ねるような事でも言ってしまったのか?」

P「うーん、みくが最近手がかからなくて助かる、とか....」

あい「他には?」

P「これなら俺がいなくても大丈夫だな、とか....」

あい「ああなるほど、そういう事か」



32: 雫「ほんとに楽しかった・・・。みんないい人達ね。」 2013/07/05(金) 22:16:33.36 ID:z8DIs56W0

P「えっ?」

あい「Pくん、最近の前川君を見てて何か不自然だと思わなかったかい?」

P「まぁ、少しは....」

あい「彼女はさみしがっていたのだよ、最近Pくんがかまってくれない、とね」

P「俺が?」

あい「それでどうすれば自分の事を見てくれるだろうと思ってあんな態度を取っていたのだ」

P「みく....」

あい「自分に大人っぽさがあれば、と言って大人っぽく振舞っていたが....」

あい「Pくんはそれを手がかからなくって立派になったと思ってしまったわけだな」

P「そう....ですね....」

あい「Pくん、彼女は確かに立派なアイドルだと思う」

あい「だがよく考えてほしい、前川君はまだ15歳なんだ」

あい「まだまだ誰かに甘えたいのさ」

あい「特に、自分を拾ってくれたプロデューサーとか、な」



38: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/06(土) 19:07:54.17 ID:05cfxZFv0

みく「グスッ、ヒック.....Pチャンのバカァ....」

美波「あら、みくちゃん?どうしたの!?」

みく「美波チャン....」

美波「ほら涙を拭いて、ね?」フキフキ





美波「そんなことがあったの.....」

みく「.....」コクン

美波「プロデューサーさんはみくちゃんが最近大人になったと思ってたのね」

みく「Pチャンのバカ、みくがどんなに気持ちでいたかも知らないで....」

美波「でもみくちゃん、プロデューサーさんも悪気があってそんなこと言ったわけじゃないわ」

美波「純粋にみくちゃんの事褒めてたつもりだったと思うの」

みく「わかってるにゃ、Pチャンがわざとじゃないってことくらい....」

みく「わかってるけど....」



39: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/06(土) 19:15:34.18 ID:05cfxZFv0

美波「プロデューサーさんとみくちゃん、ずっと一緒だったのよね」

みく「うん....」

美波「最近アイドルも増えてきたし、みくちゃんが手のかからない子になって助かるって思ったのかも....」

みく「そう思ってくれることはいやじゃないにゃ、Pチャン忙しいし....」

みく「でも、だからってほったらかしにされるのはもっといやにゃ...」

みく「もっとデビューした時みたいに、いろいろしてほしいにゃ....」

美波「クスッ、みくちゃんは本当にプロデューサーさんが好きなのね」ナデナデ

みく「....うん、好き」

美波「じゃあ、その気持ちを口に出して言ってみたら?」

みく「口に....」

美波「うん、言わないとわからないこともあると思うし」

美波「このままじゃお互いのためにもよくないわ」

みく「でも....出てってやるって言っちゃったから....ちょっと戻りにくいにゃ...」

美波「うーん、そうねぇ.....」

美波「あっ、じゃあこうしたら?」

みく「なに?」

美波「あのね....」



40: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/06(土) 19:22:56.55 ID:05cfxZFv0

------


P(もう夕方なのか....)

P(みくのやつ、本当に帰ってこないつもりじゃないだろうな....)

P(あいつ、本当に悲しそうな眼をしてたな....)

P(あいさんの言うとおり、まだまだ自分を見てほしかったのかも....)


ガチャッ


P「戻りましたー」

P「あれ、事務所の電気が真っ暗だな....」

P「スイッチスイッチ....」パチッ

P「んっ?」

みく「にゃあ.....」

P「....みく?帰ってたのか?」

みく「にゃん...」

P(ダンボールの中に入って....しかもご丁寧に『拾ってください』の張り紙つきか...)

みく「にゃあ....拾ってほしいにゃあ....」



46: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/06(土) 20:34:18.88 ID:05cfxZFv0

P「.....」

みく「Pチャン.....」

P「そうだなぁ、俺もついさっき自分の猫に逃げられたところだし.....」

P「ちょうど新しい猫が欲しかったんだよなぁ」


ヒョイッ


みく「あっ....」

P「こんなところにカワイイ猫がいるし、飼っちゃおうかな?」

みく「にゃ.....」

P「...ゴメンなみく、お前だってまだ子供なのになぁ....」ナデナデ

P「寂しくさせてゴメンな....」

P「これからはちゃんとお前の事を見るようにするよ」

P「だから許してくれないか?」



49: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/06(土) 20:44:34.76 ID:05cfxZFv0

みく「.....」

P「みく?」

みく「えいっ、ねこぱんち☆」ペチッ

P「いてて」

みく「これで許してあげるにゃ」

P「....そっか」

みく「みくの方こそゴメンね?みくが勝手にやって勝手に怒ったのに....」

P「いいんだよ、辛かったろ」ナデナデ

みく「んにゃ...久しぶりのPチャンの手....」

P「嫌じゃないか?」

みく「...もっと」

P「はいはい」ナデナデ



50: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/06(土) 20:50:43.83 ID:05cfxZFv0

みく「Pチャン、最近はいろんな猫系アイドルが出てきてるけど....」

みく「みくの事....捨てたりしないでね?」

P「...はぁ、そんなことするわけないだろ」

P「お前はこれからもずっと俺のアイドルだ」

みく「うん、ありがと....」

P「あと、これからはなるべく俺が一緒に現場に行くから....」

みく「ううん、いいよ」

P「えっ?でも....」

みく「Pチャン忙しいんだからみくにばっかりかまってるわけにはいかないにゃ」

P「....いいのか?」

みく「仕方ないにゃ、みくばっかりワガママ言ってられないし」

みく「....でもその代わり」

P「その代わり?」

みく「時々でいいから、その....」

みく「ご褒美欲しいにゃ...」



56: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/06(土) 21:30:21.23 ID:05cfxZFv0

P「ご褒美?」

みく「うん...」

P「なんだ?なにがいい?」

みく「.....」

P「みく?」


チュッ


P「!?」

みく「こういうの」

P「お、おい....」

みく「時々でいいから、ダメ?」



58: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/06(土) 21:59:06.21 ID:05cfxZFv0

P「....普通に考えたら、とんでもないことだぞ」

みく「だよね....」

P「だけどな...」


チュッ


みく「んっ...」

P「お前のそんな顔見たら、普通でなんかいられないよ」チュッ

みく「んっ、Pチャン...」チュッ






あい「ふむ、どうなるかと思っていたが....」

あい「予想以上だな、これは...」



62: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/06(土) 22:45:34.59 ID:05cfxZFv0

美波「あいさん、上手くいきました?」

あい「まぁ、そうだね...」

美波「最近のみくちゃん、ずっと無理してましたもんね」

あい「前川君もPくんもお互いの事を大事に思うがゆえにすれ違ったのかもしれないな」

美波「もっと素直になればよかったんですね」

あい「ちがいないと思うが、世の中はそう単純にはいかないからね」

美波「なにはともあれ、これで元通りですね♪」

あい「うん、まあ....元通りとは少し違うかもしれないが....」

美波「ところで二人ともどうなってるんですか?私にも見せてください」

あい「いや、やめておいた方がいい」

美波「どうしてですか?」

あい「美波君が見たら、その....卒倒してしまいそうだからね....」

あい「今は二人の時間を邪魔しないでおこう」



63: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/06(土) 23:14:48.90 ID:05cfxZFv0

------

ガチャッ


みく「たっだいまにゃー!」

P「おかえりみく、あいさんも美波もお疲れ様」

美波「お疲れ様です、プロデューサーさん!」

P「おっ、それ今日のイベントで着てたやつか?」

美波「はい、なんといっても今日は七夕ですから!」

美波「どうです?似合ってますか?この浴衣♪」

P「ああ、よく似合ってるぞ」

美波「ありがとうございます♪」

P「美波の浴衣はなんていうか、その...色っぽいな...」

美波「ほ、本当ですか?嬉しい...」



64: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/06(土) 23:27:37.68 ID:05cfxZFv0

あい「私は普段こういったものは着ないのだが....」

P「とっても素敵ですよ」

あい「そう...か、似合っているかい?」

P「もちろんです、和風美人って感じですかね」

あい「ありがとうPくん、君に褒められるというのも...その、悪くないものだな....」

みく「むぅぅ....」ジー

あい「おっとPくん、私よりもっと褒めるべき人がいるのではないか?」

P「えっ?ああ....」

みく「Pチャン!みくは?」

P「とってもカワイイぞ、よく似合ってる」ナデナデ

みく「にゃふふ、アリガト♪」



65: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/07(日) 00:27:00.63 ID:H5owcOZC0

美波「あっ、事務所にも七夕用の竹置いたんですね」

P「まあ一応な」

あい「短冊もあるのか、なにか書いてもいいのかい?」

P「ええ、どうぞ」

みく「みくもなにか書くにゃ!」

美波「じゃあ私も!」

あい「私も書くとしよう」




美波「じゃあプロデューサーさん、お疲れ様でした」

あい「お疲れ様Pくん、また明日」

P「二人ともお疲れ様でしたー!」



66: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/07(日) 04:03:15.37 ID:H5owcOZC0

P「あいさんの願い事は...『事務所のみんなに幸福が訪れますように』か」

P「美波は...『家族が幸せになってほしいです』ね」

みく「Pチャン♪」ダキッ

P「うおっと」

みく「Pチャンは何て書いたのにゃ?」

P「俺か?これだよこれ」

みく「『みんなまとめてトップアイドル!』Pチャンらしいにゃ」

P「まあ、俺の夢だからな」

みく「じゃあじゃあ、みんなのなかでみくが最初にトップアイドルになるにゃ」

P「はいはい、お魚を食べれるようになってからな」

みく「にゃ!?言ってはならないことを言ったにゃ!えいっ!」ギュウウウウウ

P「みく、痛いぞ」

みく「どうにゃ、これでもか♪」



67: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/07(日) 04:12:23.50 ID:H5owcOZC0

P「わかったわかった、降参だ」

みく「にゃふふ♪みくの勝ちにゃ」

P「お前にはかなわないよ」ナデナデ

みく「Pチャン、みく今日も頑張ったにゃ」

P「そうだな」

みく「だから...ね?」

P「えっ、なんだっけ?」

みく「もう!イジワルにゃ!」

P「冗談だよ、そういえばみくは何て書いたんだ?願い事」

みく「これにゃ」

P「....こんなんでいいのか?」

みく「うん、みくはこれが叶ってくれたらなんにもいうことはないにゃ」

P「そっか....」

みく「それより....」

P「あぁ、わかってるよ、ご褒美だろ」

みく「うん!ほらほら♪」

P「まったく、仕方のない奴だ....」チュッ





『Pチャン大好き!ずっと一緒にいられますように♪』






おわり



68: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/07(日) 04:14:58.22 ID:H5owcOZC0

駄文失礼しました~
みくにゃんの浴衣は自分を曲げないのできっと浴衣着ててもネコミミだと思います
あとあいさんと美波は絶対に浴衣似合うから!実装はよ
ではまた~


元スレ
SS速報VIP:みく「かまってほしいにゃあ....」