1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/06(月) 20:43:02.730 ID:KXGts0cK0.net

ラフィエル「私達なかよしですもんね♥」ギュッ

サターニャ「ややややめなさいよこの悪魔!!/////」

ガヴリール「あーうっぜ、向こうでやってくんね」


的な



21: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/06(月) 21:57:52.723 ID:rxIPe5pj0.net

サターニャ「ほ、ほらラフィエル~! ガヴリールが変な目で見て――」

ガヴリール「あー見えない見えない」

サターニャ「ちょ、ガヴリール!?」

ガヴリール「耳が詰まって聞こえないなぁ……ヴィーネに頼むかなぁ」

ガヴリール「おっと、ヴィーネがいないなー探しに行こうー」スタスタスタ

サターニャ「あからさまな嘘で逃げ――」グイッ

サターニャ「……ら、ラフィエル?」

ラフィエル「サターニャさんは、私のことお嫌いですか?」

サターニャ「うっ……」

サターニャ「あーいや、その……」

ラフィエル「……そう、ですか」

サターニャ「ラ、ラフィエル!」



23: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/06(月) 22:02:07.572 ID:rxIPe5pj0.net

サターニャ(がっくりと肩を落としたラフィエルは)

サターニャ(まるで、それが演技じゃないかのように、とぼとぼと歩く)

サターニャ「い、いやいや……いつもの揶揄いでしょ」

サターニャ「……………」

サターニャ「ラ、ラフィエル!」

ラフィエル「……なんですか?」

サターニャ「あ、あのさ!」

サターニャ(振り返ったラフィエルの寂しそうな顔)

サターニャ(残念そうな顔)

サターニャ(私の知ってる、私の知らない顔)

サターニャ「あのさ……」

サターニャ「き、嫌いじゃないわよ! 別に」



26: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/06(月) 22:06:37.865 ID:rxIPe5pj0.net

サターニャ(自分の顔が熱く火照っていくのを感じながら)

サターニャ(見ていられなくて、眼を逸らす)

サターニャ(ラフィエルも、ガヴリールも、ヴィネットも)

サターニャ(私にとっては、一応……)

サターニャ「だかっ――」

サターニャ(意を決して顔を上げた瞬間)

ラフィエル「むふふ~」

サターニャ「な、なに笑ってるのよ」

サターニャ(いつものラフィエルの笑顔が見えた)

サターニャ(いつもなら何とも思わない)

サターニャ(でも、少しだけ違った)

サターニャ(また引っかかりましたね。と、言われてる気がした)



28: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/06(月) 22:12:04.926 ID:rxIPe5pj0.net

ラフィエル「いえいえ~」

ラフィエル「サターニャさんはやっぱり、お優しい方だな~と」

サターニャ「嘘。ほんとは馬鹿にしてるでしょ」

ラフィエル「え?」

サターニャ(根拠はなかったけど)

サターニャ(でも、いつもそうだからって、勝手に考えて)

サターニャ(適当に言った言葉は、ラフィエルを驚かす)

サターニャ(いつもの仕返し、そんな言葉が心に浮かんだ)

ラフィエル「あの――」

サターニャ「あんたなんか大っ嫌いよラフィエル! もう話してやらないんだから!」

サターニャ(ごめんなさいと言わせてやる)

サターニャ(いつもいつも揶揄ってくる仕返しだと)

サターニャ(……すでにある罪悪感に言い聞かせて。ラフィエルを見る)



30: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/06(月) 22:16:50.436 ID:rxIPe5pj0.net

ラフィエル「あ、え……?」

ラフィエル「その……サターニャさ……」

サターニャ(ラフィエルにしては、稀に見る落ち着かなさだった)

サターニャ(驚きに見開いた瞳)

サターニャ(彷徨う右手、途切れ途切れの言葉)

サターニャ「…………」

サターニャ(まだよ。まだ!)

サターニャ(胡桃沢=サタニキア=マクドゥエル。ここで引いてはいつもと同じよ)

サターニャ(ぐっと握りこぶしを作って、ラフィエルを睨む)

サターニャ「……ふんっ、そう言うことだからさようなら。白羽さん?」



34: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/06(月) 22:21:51.345 ID:rxIPe5pj0.net

ラフィエル「ま、待ってくださ……」

サターニャ「……っ」

サターニャ(背中を向けた瞬間、一瞬だけど、腕に何かが触れた)

サターニャ(何かじゃない)

サターニャ(ラフィエルの手……でも)

サターニャ「……………」

サターニャ(何も言わずに歩き出す)

サターニャ(ラフィエルがまた、騙そうとしているかもしれないから)

サターニャ(振り返ればまた、むふふ~って笑っていると思ったから)

ラフィエル「サターニャさん……」

ラフィエル「……すみません」



35: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/06(月) 22:25:32.330 ID:rxIPe5pj0.net

サターニャ(謝った!)

サターニャ(心を鬼にしてでも抗った甲斐があった!)

サターニャ(……………)

サターニャ(でも、また騙そうとしてたら?)

サターニャ「……それでもいいじゃない」

サターニャ「いや、でも……」

サターニャ(自分で自分に話しかけて)

サターニャ(どうするべきかを話し合ううちに)

サターニャ「あ……」

サターニャ(気づけば、家に帰って来ていて)

サターニャ(振り返ってもラフィエルはいない)

サターニャ「明日ネタバラシすればいい……わよね!」

サターニャ(いつも通りの考え方で、気持ちを切り替えた)



38: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/06(月) 22:32:51.692 ID:rxIPe5pj0.net

………………

…………

……


ガヴリール「ん? 今日は一緒じゃないのか?」

サターニャ「私とラフィエルがなんでセットなのよ」

ガヴリール「サターニャだって別に嫌じゃないんだろ~?」

サターニャ「それは……その」

サターニャ(ラフィエルがそばにいる事)

サターニャ(私にとって、それは……)

サターニャ「なんだっていいでしょ! それよりも勝負しなさい、ガヴリー……」

サターニャ(府と視線を感じて教室の入り口に目を向けると)

サターニャ(逃げるように靡いた銀色の髪が消えていく)

ガヴリール「勝負はしないぞ。面倒……? どうした?」

サターニャ「あ、いや……急用が出来たわ! 首を長くして待ってなさい!」

ガヴリール「洗うじゃないのかよ……どれだけ待たせるつもりだよ」

サターニャ(ガヴリールのそんなぼやきを無視して教室を出て、右を見る)

サターニャ「……いない」

サターニャ(ラフィエルのクラスに行くと、ついさっき出ていった。と言われて適当に階段を登っていく)



39: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/06(月) 22:42:21.751 ID:rxIPe5pj0.net

サターニャ(屋上まで登っても見当たらなくて)

サターニャ(青空通路を通っていると、校舎脇に座り込むラフィエルと子犬が見えた)

サターニャ「ラフィエルーっ!」

ラフィエル「!?」

ラフィエル「ぁ………」

ラフィエル「っ!」

サターニャ「あ、ちょっ、待ちなさ……って、追えるわけないしぃ~っ!」

サターニャ(声をかけた瞬間)

サターニャ(ラフィエルは体を震わせて、そのまま辺りを見渡し)

サターニャ(私を見つけた瞬間全速力で走り出す)

サターニャ(要するに、また見失った)



41: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/06(月) 22:51:13.385 ID:rxIPe5pj0.net

サターニャ(昼休み……)

サターニャ(授業が終わった瞬間に教室に駆けこんでも)

サターニャ(入れ違いで出ていったと言われる)

サターニャ「……はぁ」

ヴィーネ「どうしたの? ため息なんてサターニャらしくない」

サターニャ「ヴィネット……」

サターニャ(ヴィネットは私のことを心配そうに見つめ)

サターニャ(隣の席が空席なのを確認してから椅子に座る)

サターニャ「んー……」

サターニャ(言えるわけない。ラフィエルと喧嘩したって……)

サターニャ「!?」

サターニャ(ガタンッと膝を机の裏にぶつけたけれど)

サターニャ(そんなことが気にならないほど、混乱する)

サターニャ(喧嘩? 私がラフィエルと?)

サターニャ「い、いやいや。あれは復讐。仕返し」

サターニャ「悪魔的反撃―デビルズカウンター―。ゆえに喧嘩じゃ――」

ヴィーネ「いや、喧嘩でしょ」

サターニャ「えっ」



44: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/06(月) 22:59:35.154 ID:rxIPe5pj0.net

ヴィーネ「朝から見てたけど、いつもと逆よね」

ヴィーネ「普段はラフィがサターニャを追いかけてるのに、今日はサターニャが追いかけてる」

サターニャ「それはっ」

ヴィーネ「本当に嫌いならどうだっていい」

サターニャ(ヴィネットは私が言いたいことを分かっているみたいに)

サターニャ(中途半端に遮って)

ヴィーネ「でも、サターニャはそうやって頑張ってラフィエルに会おうとしてる」

ヴィーネ「それなら、その手で捕まえられなくても。その言葉で引き留められるんじゃない?」

サターニャ(ヴィネットはそう言いながら)

サターニャ(私の胸のところを指さして、ウインクする)

サターニャ「でもさ……ラフィエルの姿さえ見えないし」

ヴィーネ「ラフィエルはサターニャと一緒でしょ。サターニャが迷走してなければ、の話だけどね」



46: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/06(月) 23:08:51.284 ID:rxIPe5pj0.net

サターニャ(ヴィネットはそう言いながら、振り返りもせずに)

サターニャ(私にしか見えないような位置で、扉の方を指さす)

ラフィエル「!」

サターニャ「あっ」

サターニャ(いつものように、ラフィエルがいた)

サターニャ(いつもと違うのは、ラフィエルが逃げる事)

サターニャ(いつもと違うのは、ラフィエルが悲しそうなこと)

ガヴリール「さっさと行くなら行けよ。サターニャ」

サターニャ「ガヴ――」

ガヴリール「何のための筋力極振りなのか分からなくなるだろ~」

サターニャ(言いたいことは色々ある)

サターニャ(でも今は呑み込んで、駆けだす)

サターニャ「後で勝負よ! ガヴリール!」

ガヴリール「一騎打ちはしないからな」

サターニャ(余計なお世話よ……天使の癖に! そう心にとどめて前を見る。廊下の先、一瞬だけラフィエルの髪が見えた)

サターニャ(ラフィエルに頭で勝ててない事なんてわかってんだから)

サターニャ(だから……それ以外でなんて、負けてやれない!)



47: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/06(月) 23:15:34.908 ID:rxIPe5pj0.net

サターニャ(……登った!)

サターニャ(考えない。考えないで直感で移動する)

サターニャ(間違えてたら逃げられる)

サターニャ(慎重すぎても逃げられる。それなら――本能に従う)

サターニャ(そして、屋上に出ると)

サターニャ(端までかけていく銀色の髪が見えた)

サターニャ「……天使の力で逃げるつもりね?」

サタ-ニャ「………」

サターニャ(胸の前で強く拳を作り、息を吸い込む。そして)

サターニャ「ごめん!!」

サターニャ(今ここで……ううん。一番ラフィエルに言いたい言葉を放り投げた)



48: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/06(月) 23:22:01.902 ID:rxIPe5pj0.net

サターニャ「ごめん、ラフィエル」

ラフィエル「…………」

サターニャ「ほんの冗談のつもりだった……わけじゃない。ごめん、少し本気だったわ」

サターニャ(いつも揶揄ってくるから)

サターニャ(ラフィエルの悲しそうな顔とか雰囲気とかが信じられなくなって……)

サターニャ(積もり積もったものが爆発した)

サターニャ(……そう。信じていた)

サターニャ(信じるくらいに、私はラフィエルを……思ってた)

サターニャ「全部私が悪いとは思ってないわよ!」

サターニャ「元はと言えば、ラフィエルが揶揄ってばっかりだから!」

サターニャ「だから、一応勇気を振り絞った言葉まで揶揄われて……嫌になったわけだし!」



50: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/06(月) 23:31:40.018 ID:rxIPe5pj0.net

サターニャ(私に背中を向けたままのラフィエルに)

サターニャ(ゆっくりと、堂々と近づいて)

サターニャ(あと少しのところまで来たところで、不意に)

サターニャ(ラフィエルの頭が私の胸にぶつかった)

ラフィエル「すみません」

ラフィエル「ごめんなさい……サターニャさん」

サターニャ「ラフィエル……」

ラフィエル「サターニャさんと居ると楽しかったんです。どこまでも、いくらでも。どんなことでも」

ラフィエル「それで自分を制することが出来なくなって……いえ、私はサターニャさんに甘えていたんです」

ラフィエル「サターニャさんなら許してくれるだろう。気にしないだろう。と」

サターニャ(これは、嘘だと思えない)

サターニャ(ううん、思いたくなかった)

サターニャ(私のブラウスにしみこんでいく天使の雫が偽物だって、疑いたくなかった)



52: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/06(月) 23:39:36.328 ID:rxIPe5pj0.net

サターニャ「ぜ、全部が全部嫌だったわけじゃないわよ」

ラフィエル「ですが……」

サターニャ「好きとか嫌いとか! そう言うのを冗談に利用されたのが嫌だっただけで」

サターニャ(隠さない)

サターニャ(いつものようにしてしまいそうな心を、頭を)

サターニャ(ラフィエルの感触で抑え込んで)

サターニャ「ちょっとイラってくることも確かにあるわよ。でも」

サターニャ「……ラフィエル」

サターニャ(意を決してラフィエルの両肩を掴んで、体から引き離す)

サターニャ(濡れた金色の目は、宝石のように見えて)

サターニャ(だから、それに目がくらんだのよ。と、恥ずかしさに壊れそうな心を立て直して)

サターニャ「楽しかった。普通に、幸せだったと思うし」

サターニャ「無くなったら無くなったで……なんだかんだ物足りないし」

サターニャ「ラ、ラフィエルは笑っててくれた方が……私的には嬉しいって言うか……」



54: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/06(月) 23:49:12.606 ID:rxIPe5pj0.net

サターニャ(言い表すなら、ぼんっという破裂音にも似たものが)

サターニャ(頭の中で響いて、全体的な体の熱さを感じて)

サターニャ(きっと、顔が赤いんだろうなぁ。なんて)

サターニャ(他人事みたいに考えて)

サターニャ「な、仲直りよ!」

ラフィエル「……良いんですか?」

ラフィエル「また、悪戯するかもしれません。揶揄うかもしれません」

ラフィエル「それでも――」

サターニャ「良いわよ。ラフィエル」

サターニャ(好きという言葉は使えなかった。でも、それでいいと思いながら)

サターニャ「大悪魔様であるこの私が、その程度の事で嫌いになるわけないじゃない」

ラフィエル「サターニャさん……ありがとうございます」

サターニャ「…………ぅ」

サターニャ(抱き着いてきたラフィエルを)

サターニャ(思わず、流れ任せに抱きしめながら、地獄の業火にも似た熱さを体に感じて)

サターニャ(どうか心臓の音だけは聞こえませんようにと、願った)



55: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/07(火) 00:01:03.153 ID:HEBqrWE80.net

……………………

……………

………


ラフィエル「サターニャさんっ、今日はお買い物行きませんか?」

サターニャ「良いけど、着せ替え人形はお断するわ」

ラフィエル「忘れたんですか? 今日は二人でお料理を――」

サターニャ「お、覚えてるわよ。忘れるわけ」

ラフィエル「む~サターニャさんっ! 天誅です!」

サターニャ「にゃっ、やめ――」

ガヴリール「サターニャってさ。最近ラフィとすげー仲いいよなー」

ヴィーネ「ほんと」

ラフィエル「そうですよ~、ね、サターニャさーん」

サターニャ「くっつくなぁっ!」

サターニャ(抱き着いてくるラフィエルにそう言いながらも)

サターニャ(心はまんざらでもなくて、笑う)

ガヴリール「……はぁ」

サターニャ「なによガヴリール。文句あるわけ?」

ガヴリール「いいや、ないよ」

ガヴリール「あーいや、やっぱりある。出来れば余所でやってくれ。見てるこっちが恥ずかしい」

サターニャ(私は天使が、ラフィエルが――好きだから)



59: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/07(火) 00:02:59.353 ID:HEBqrWE80.net

完!


すまんね、ほのぼのを書くには理解が足らなかったようだ
だからやっぱり>>1が書くべきだよ


元スレ
ガヴリール「サターニャって最近ラフィとすげー仲いいよな」サターニャ「は、はぁ!?そんなわけっ/////」ラフィエル「そうですよ~♪」