1: 名無しで叶える物語 2019/02/25(月) 01:40:40.59 ID:vVkYzhCk.net

曜「あっ」

千歌「あ」

美渡「……」

梨子「?」

千歌「ちょ、ちょっと梨子ちゃん!」ヒソヒソ

梨子「え?」

曜「ダメだよ!そんな……タブー中のタブーに……!」ヒソヒソ

美渡「……悪いかよ」ボソッ

曜「あ……」

美渡「ここは私の家だぞ!休日にいちゃ悪いのかよ!!」

千歌「あーあ、ぶち切れた……」



2: 名無しで叶える物語 2019/02/25(月) 01:43:49.57 ID:vVkYzhCk.net

梨子「え!?い、いや悪いとか……そんなつもりは……」

美渡「……おい千歌ァ」

千歌「はい……」

美渡「私別に変じゃないよなぁ……?」

千歌「う、うん……」

美渡「曜ゥ……」

曜「なんでしょうか……」

美渡「休日は家で身体を休めるためにあるんだよなあ……?」

曜「その通りだと思います……はい」

梨子「……」

美渡「梨子ちゃんさあ……」

梨子「!」ビクッ

美渡「さっきの……どういうつもりで言ったの……?ねえ……」

梨子「……」

梨子(怖いんだけど……)



4: 名無しで叶える物語 2019/02/25(月) 01:46:17.22 ID:vVkYzhCk.net

梨子「えっと……」

美渡「…………」

千歌(言葉に気を付けてよ梨子ちゃ~ん……)

曜(デリケートなとこなんだから)

梨子「その……」

梨子「いや、どこか出掛けたりとかしないのかな~……?って……」

美渡「……」

梨子「お、思いまして……」

美渡「……」

梨子「……」

美渡「……そんで?」

梨子「えっ」

美渡「そんで?なに?」

梨子「えっ、いや……」

梨子「それだけですけど……」

美渡「ほ~~~~~~~~ん!?」



7: 名無しで叶える物語 2019/02/25(月) 01:49:01.43 ID:vVkYzhCk.net

美渡「ねえ、千歌ァ……」

千歌「その千歌ァって言うのやめようね、怖いから」

美渡「私ちょいちょい出掛けてるよな?」

美渡「別に言うほどいつも家にはいないよなあ?」

千歌「……う~ん」

美渡「正直に言っていいから」

千歌「……まあ」

千歌「厳密に言えば月に2回くらい?はお出かけしてるよね。お友達と」

美渡「そうだよね、うん」

梨子「……」

曜「……」

美渡「な?」チラッ

梨子「えっ、なにが!?」



8: 名無しで叶える物語 2019/02/25(月) 01:54:06.32 ID:vVkYzhCk.net

美渡「梨子ちゃんはなんか私が仕事以外特にすることがない暇人だとか言いたいみたいだけどさ」

梨子「えっ、いやいやいや!そこまで言ってないです!ホントに!」

梨子「ただなんとなく言っただけですから!」

美渡「……なんとなく、ねえ?」

曜「そ、そうだよね!もう、美渡ねえちょっと気にし過ぎだよ!」

千歌「うん!そんな悪意とかあるわけないじゃん!やだなあもう!」

千歌「……ほら、梨子ちゃんも!」ヒソヒソ

梨子「え、え!?」

梨子「……あ。そ、そうですよー。それに休日には家のお手伝いとかもしてるじゃないですか!」

梨子「美渡さんは立派だなあって言いたかったんです!はい」

美渡「……そう」

曜「そうだよ!確かに月2回のお出かけはちょっと少ないかもしれないけど!家の手伝いしてるししょうがないって!」

美渡「あ?」カチン

千歌(あ、バカ!)



9: 名無しで叶える物語 2019/02/25(月) 02:00:32.04 ID:vVkYzhCk.net

美渡「曜ゥ……お前今なんて言った……?」

曜「えっ」

千歌(もー!曜ちゃんのバカ!)

千歌(ていうか美渡ねえ地雷多すぎ!めんどくさい!)

美渡「……少ない?少ないって言った……?」

曜「え、うん……少なくない?」

曜「家の手伝いしてるにしても……」

美渡「……があああああああああああ!!!!!!」

曜「うわっ!」

千歌「美渡ねえーーー!!!」

梨子「ちょ、ちょっと!?暴れないでくださいよ!」

美渡「離せ!くそ!!」ジタバタ

美渡「お前らに私の気持ちが分かるか!!どいつもこいつも!!」

美渡「デートだなんだ!仕舞いには結婚とか言い出しやがって!!」

美渡「友達も段々遊んでくれなくなったよ!!恋人との時間の方が大事だってさ!」

美渡「家にいるしかないじゃん!!(号泣)」

千歌「志満ねえーー!きてーー!美渡ねえが暴れてるーーー!!!」



13: 名無しで叶える物語 2019/02/25(月) 02:06:37.51 ID:vVkYzhCk.net

--------------------
---------------
------------


千歌「落ち着いた?」ゼエゼエ

美渡「はぃ……」

千歌「ごめんなさいは?」

美渡「ごめんなさぃ……」

梨子「いや、こちらこそ……なんかすみません……」

曜「ごめんね、美渡ねえ」

千歌「志満ねえも怒ってたよ。後で謝りに行った方がいいよ」

美渡「うん……いや本当……大人げなかったです……」

梨子「ま、まあそれでも……実際美渡さんが忙しいのは事実なんですし……しょうがないですよね」

曜「会社でも結構大事な仕事任されてるんだもんね」

美渡「まあ……」

美渡(遥か年下の女の子に慰められる私……情けない……)

美渡「……」スッ

千歌「あれ、美渡ねえ?どこいくの?」

美渡「自分の部屋……反省してくる……」スタスタ


バタン


梨子「…………」

曜「…………」

千歌「……今の出来事は忘れようか」

梨子「ええ……」



15: 名無しで叶える物語 2019/02/25(月) 02:11:09.28 ID:vVkYzhCk.net

曜「……あ、そういえば……」

千歌「ん?」

曜「バタバタしてて確認してなかったけど……皆はいつ来るの?」

千歌「ああ、それならいま丁度LINE送ってきてたよ」

梨子「あ、本当だ。あと十分くらいで来るって。鞠莉さんが車出して皆を連れてくるみたい」

千歌「6人乗りかあ。凄いね」

曜「ライブまであともう少しだもんね。別々にやるより、皆集まって作業した方が捗るし」

梨子「ええ。……駄弁って終わらないようにしないと」

千歌「よーし!頑張ろう!」



16: 名無しで叶える物語 2019/02/25(月) 02:16:42.89 ID:vVkYzhCk.net

~十分後~

果南「お邪魔しまーす」

鞠莉「やっほー」

千歌「いらっしゃーい!」

ダイヤ「お邪魔しますわ~。梨子さんと曜さんは先に来てたのね」

曜「うん!ちょっと遊んでたの!」

梨子「まあ、少し一悶着があったんだけど……」

善子「一悶着?」

曜「……な、なんでもないなんでもない!」

曜「それより衣装の材料は?」

ルビィ「ルビィが持ってるよ!」

千歌「よーし……それじゃあ歌詞は私と果南ちゃんと花丸ちゃんで……」

梨子「作曲は鞠莉さん、やりましょう」

鞠莉「おっけ~」

曜「衣装は私とルビィちゃん、あと善子ちゃんにダイヤさんも!頑張ろうね!」


ワイワイガヤガヤ


そー……

美渡(楽しそうだな……)チラッ



17: 名無しで叶える物語 2019/02/25(月) 02:26:15.78 ID:vVkYzhCk.net

美渡(混ざりたいな……)

美渡(いいなあ……)

美渡(ようし)


--------------------
----------------
-------------


千歌「んー、でもここの歌詞はちょっとコンセプトと違う気がするんだよねえ」

果南「そう?ならこの辺をちょっと言い換えて……」


鞠莉「んでここでぶぅわあ~↑ん!と盛り上げてサビでこうガーーーンとインパクトのあるメロディにして……」

梨子「そのお笑い芸人みたいな説明もうちょっと分かりやすくしてくれませんか……」


曜「……」ガガガガガ

ルビィ「……」ガガガガガ

善子「ミシン使うの上手いわね~、アンタ達……」

ダイヤ「私達は細部の仕上げ係ですわ」


バタン


千歌「ん?」

果南「あれ、美渡ねえじゃん。どしたの」

美渡「あーいやいや」

美渡「なんか皆頑張ってるなーと思って」

美渡「お茶、持ってきたよ」

美渡「…………」ニヤニヤ



18: 名無しで叶える物語 2019/02/25(月) 02:35:28.00 ID:vVkYzhCk.net

ルビィ「あ、ありがとうございます!」

美渡「はい、どーぞ」

千歌「あー、ごめんね美渡ねえ。ありがと」

美渡「いやいや!いいっていいって」

梨子(なんか…………)

曜(妙にニヤついてるような……)

美渡「それとこれ、お茶請けに」

花丸「あっ、美味しそうなお饅頭ずら~」

ダイヤ「あら本当。わざわざすみません」

曜(……ん?)

曜(あれ……これ)

千歌「ねえ、美渡ねえ。ところでこのお饅頭10個あるんだけど」

美渡「ああ。そうだね」

千歌「1個食べていきなよ。半端だし」

美渡「…………」

美渡「そうくると思ったよ」

千歌「へ?」

美渡「もちろん私も食べるよ」

美渡「……ただし、食べる時は皆同時に、ね」

千歌「同時?なんで?意味分かんないんだけど」

美渡「知りたいか?教えてやろう」

美渡「……なぜならそれはロシアン饅頭だからだ!10個のうち1個はとんでもない量のわさびが入っている!皆同時に食べて誰に当たるかドキドキの度胸試しというわけだ!」



20: 名無しで叶える物語 2019/02/25(月) 02:43:28.18 ID:vVkYzhCk.net

千歌「…………」

曜「…………」

梨子「…………」

ルビィ「…………」

花丸「…………」

善子「…………」

鞠莉「…………」

ダイヤ「…………」

果南「美渡ねえってさ、ちょっとバカだよね」

美渡「お前に言われたくないわ!」

善子「暇なの?」

美渡「ぐっ、また……」

美渡「私をそういう目で見る……!」

ルビィ「でも千歌ちゃんのお家来るといつも家にいるし……実際暇なムグッ」

曜「ルビィちゃ~ん……?」ガシッ

鞠莉「恋人とかいなムグッ」

梨子「鞠莉さ~ん……?」

千歌「はあ……美渡ねえさあ……私達に混ざりたいならそう言えばいいのに」

美渡「べ、別にそんなことは……!」

千歌「私達ライブの準備で忙しいから構ってあげられないけど、部屋の隅で私達の作業を眺めるぐらいは別にしててもいいんだよ?」

美渡「余計悲しくないかそれ……」



21: 名無しで叶える物語 2019/02/25(月) 02:53:07.99 ID:vVkYzhCk.net

千歌「まったく……しょうがないから皆美渡ねえに付き合ってあげよう。確かに1個はわさび入りとは言えせっかくのお茶だしね」

美渡「お、そうこなくっちゃ!」

美渡「ちなみにさっきわさび入りって言ったけど正確にはタバスコを死ぬほど入れてあるからね!食べたら即死するよ!」

善子「即死すんの!?」

果南「なにその理由のない殺意……」

鞠莉「私意外とこういうスリリングな遊び好きよ~?」

ルビィ「うゆ……怖いなあ……」

ダイヤ「パッと見は全然区別つきませんわね~……」

曜「うーん……私はこれにしようかなあ」

美渡(楽しくなってきた!)

美渡「よーし!皆選んだ?じゃあいっせーのーせで食べるよ!」


イッセーノーセ!


美渡「ぐわっ!!!!!!!!(即死)」

千歌「バカだ」



22: 名無しで叶える物語 2019/02/25(月) 02:58:17.53 ID:vVkYzhCk.net

美渡「…………」バタン

ルビィ「うゆ……どうする?死んでるよ?」

千歌「隣に運ぼうか……」

曜「よいしょっと」


バタン


千歌「ふう、やっと静かになった」

ダイヤ「相変わらず賑やかなお姉さんですわね~」

鞠莉「私は羨ましいけどねー、一人っ子だし」

花丸「マルもお姉ちゃん欲しかったずら」

梨子「そういえば、初ライブの時は応援しに来てくれたしね」

曜「前にお姉ちゃんのことはなんだかんだで好きって言ってたもんね~、千歌ちゃん」ニヤニヤ

千歌「そ、そんなこと言ってたっけ!?覚えてないし!」



23: 名無しで叶える物語 2019/02/25(月) 03:03:19.94 ID:vVkYzhCk.net

--------------------
----------------
-------------


美渡「……ん」パチッ

美渡「……?……?」キョロキョロ

美渡「……いてててて!!口の中痛い!なにこれ!」

美渡「あっ、思い出した!確か千歌達にわさびとタバスコ入りの饅頭食べさせられたんだった!」

美渡「ったくあいつら~!」


バタン


美渡「おいこら!」

千歌「あ、生き返った?」

美渡「さっきはよくもあんな頭のおかしいもの食べさせてくれたな!」

梨子「記憶の混濁が起きてるわね」

果南「死んでたんだからしょうがないよ」

美渡「……ん?ていうか随分疲れた顔してるね。どした?」

千歌「どうしたも何も……あのあとずっと作業してたから。ふああ~……っ!疲れちゃって……」

美渡「え?」

美渡「あ、本当だ外が暗い……そんな長い時間絶命してたのか私」

鞠莉「ふー」グッタリ

曜「やりきったであります……」

ルビィ「うゆ……」

美渡「…………」



24: 名無しで叶える物語 2019/02/25(月) 03:09:08.96 ID:vVkYzhCk.net

美渡「仕方ないなあ……じゃあご飯でも連れて行ってあげるよ。私の奢りだ」

千歌「……え、本当!?」

美渡「皆頑張ったみたいだしね」

美渡「鞠莉ちゃん車で来たんでしょ?私も車出せば10人全員で行けるから」

鞠莉「オーケー!」

ダイヤ「い、いいんですの?すみません……」

美渡「気にするなって、そのくらい痛くも痒くもないから」

千歌「まあ美渡ねえ実家暮らしだし特に何に使う訳でもないからお金の持っていき場所もないもんね」

美渡「千歌ァ……」

千歌「!……すみません……」

果南「やったーー!私焼肉が食べたい!」

花丸「マルはお寿司がいいずら!」

美渡「ふっふっふ……お前達全員の望みを叶えてあげよう……」



25: 名無しで叶える物語 2019/02/25(月) 03:09:41.24 ID:vVkYzhCk.net

美渡「すたみな太郎に行くぞ!!」

千歌(ケチくさっ)



27: 名無しで叶える物語 2019/02/25(月) 03:10:08.84 ID:vVkYzhCk.net

おしまい。



28: 名無しで叶える物語 2019/02/25(月) 03:12:20.65 ID:vVkYzhCk.net

美渡ねえが好きです。
Aqoursの皆をどっかに遊びに連れて行ってたりするような
ちょっとガキ大将的な立ち位置だったりするといいなとアニメを観てるとたまに思います。


元スレ
梨子「美渡さんって休日はいつも家にいますよね」美渡「えっ」