1: 名無しで叶える物語 2019/02/26(火) 03:33:07.99 ID:VMLOgqjh.net

善子「ぶっちゃけね」

ルビィ「……はあ」

善子「いや、普段は言えないんだけどね。皆の手前もあるし」

ルビィ「……」

善子「でも言いたくて言いたくて仕方ないのよね。だから言っちゃったのよ、今」

ルビィ「え」

ルビィ「なに、善子ちゃんって……あの」

ルビィ「……女の子が好きなの?」

善子「なんですぐそうなんの」

善子「そういうことじゃないのよ。そういうベクトルじゃなく、アンタのことがかわいくてかわいくて仕方ないのよ」

ルビィ「……」

善子「……」

ルビィ「気持ち悪いんだけど……」



2: 名無しで叶える物語 2019/02/26(火) 03:36:37.24 ID:VMLOgqjh.net

善子「……」

善子「いや、あのね」

善子「だからなんかちゃっと深刻に考えてない?」

ルビィ「深刻?」

善子「そのさ……だから別に恋愛的なアレじゃないのよ。それは今も言ったでしょ?」

ルビィ「うん……」

善子「かと言って偏愛的な気持ちで言ってる訳でもないの」

ルビィ「……へんあい?」

善子「あー……その、危険な香りがするタイプの愛情でもないってこと」

ルビィ「ああ、うん」

善子「そういうんじゃなくて」

善子「なんて言えばいいかな~……?例えて言うと……そう!アレよアレ」

善子「サンリオのキャラクターとか見てかわいいって言うじゃない」

善子「アレと同じ感情なの」

ルビィ「そ、そう……」



4: 名無しで叶える物語 2019/02/26(火) 03:39:42.78 ID:VMLOgqjh.net

ルビィ「まあそういうことなら……」

善子「『可愛い』じゃなくて『かわいい』なのよ。分かんないかな~……!?」

ルビィ「いや、分かる分かる。分かるよ。分かったから」ヒクッ

善子「……なんでちょっと距離とってんのよ」

ルビィ「……え?」

ルビィ「いや、気のせいだよ……ハハッ」

善子「…………」

ルビィ「うん。この話はじゃあやめにしよーよ……ね?」

善子「やめないわよ」

ルビィ「……」

善子「……」

ルビィ「なんでさっきからマジな目してるの……?」

善子「してないわよ」



6: 名無しで叶える物語 2019/02/26(火) 03:44:10.41 ID:VMLOgqjh.net

ルビィ「いや、してるんじゃないかな~……?」

善子「…………」ゴシゴシ

善子「いや、ごめんごめん!」

ルビィ「え?」

善子「いや~……まあ正直ちょっと大袈裟に言った節はあったわ!」

ルビィ「大袈裟?よ、善子ちゃん?」

善子「いやー、まあ2割くらいは本音なんだけどさ。まあ言葉にしたら少し誇張しちゃったというか……」

ルビィ「……あ、ああ!そういうことは……確かにあるよね」

善子「アンタはそりゃかわいいじゃん。それは自分でも分かるでしょ?よく言われたりもするだろうし」

ルビィ「まあ……」

善子「でもさー、私はアンタの同級生よ?そんなマジで心の底からかわいいって言うはずないじゃない!ね?」

ルビィ「うん、まあ」

ルビィ「同級生だしね……?」

善子「ね?」

ルビィ「そんな確認しなくても大丈夫だよ……?」



7: 名無しで叶える物語 2019/02/26(火) 03:48:10.42 ID:VMLOgqjh.net

善子「だから頭撫でさせてくんない?ちょっとでいいから」

ルビィ「善子ちゃん!?」

善子「とりあえずとった距離詰めなさいよ」

ルビィ「いや、何が『だから』なの!?」

ルビィ「今の会話どういう繋がり方したの!?」

善子「いいから」

善子「私ね」

善子「今正直かなり興奮してるのよ」

ルビィ「ヒッ……」

善子「かわいいかわいいと心の中でずっと思ってたけど」

善子「私のキャラ的にも、アンタとの関係性的にもそれは言い難かったのよね」

善子「ある種タブーみたいなもんだったわけ、私の中で」

善子「それを今打ち明けてやったのよ」

善子「興奮するわよねそりゃ」

ルビィ「善子ちゃん……変態みたいだよ……」

善子「変態じゃないっつってんでしょ、いい加減にしなさいよ」

ルビィ「なんでちょっと怒ってんの……」

善子「興奮状態だからよ」



10: 名無しで叶える物語 2019/02/26(火) 03:51:53.32 ID:VMLOgqjh.net

善子「だから何度も言うけど『可愛い』じゃなくて『かわいい』なのよ」

善子「キャラクター的なかわいさなのよ」

善子「そういうことだから心配ないっつってんでしょ」

善子「撫でるだけだから」

善子「撫でてみたかったのよ1回」

善子「そのちっさい身体を」

善子「こっち来なさいよホラ」

ルビィ「ええ~……?」

ルビィ「…………」

ルビィ「……な、撫でるだけ?ホントに?」

善子「!」

善子「ホントホント!マジだから!」

ルビィ「うゆゆ……」

ルビィ(ま、まあ……いいか……そのくらいなら……)

ルビィ「じゃあ……」スッ

善子「…………」



11: 名無しで叶える物語 2019/02/26(火) 03:55:21.06 ID:VMLOgqjh.net

善子「……」ナデッ

ルビィ「…………」

善子「あ゛ー……」ナデナデ

ルビィ「…………」

善子「あ゛っ、あ゛ぁ~……」ナデナデ


シーーーーーーーーーーン


ルビィ(き、気まずい……)

善子「お゛~…………」ナデナデ

ルビィ「ね、ねえ……」

善子「……え?」

ルビィ「いつまで……?」

善子「逆にいつまでやらせてくれんの?」

ルビィ「はい!?」

善子「金払えばいいの?」

ルビィ「ええ……」



12: 名無しで叶える物語 2019/02/26(火) 04:00:57.79 ID:VMLOgqjh.net

ルビィ「善子ちゃん……?」

善子「なによ」

ルビィ「ちょっと頭おかしくなってるよ……?」

善子「いや、だってこれ……思ってたより良いというか……」

善子「ダメでしょこんなん……」

善子「……アンタ背低いわね~」

善子「目もおっきいし……」

善子「ホントなんかのキャラクターみたいね……」

ルビィ「…………」

ルビィ「…………」サッ

善子「あ!また距離とった!」

ルビィ「いや、もう善子ちゃんさ……」

善子「あん?」

ルビィ「この先……なに?今までみたいに接することできるかな?」

ルビィ「なんかぶっちゃけてはいけないもの色々ぶっちゃけてない?」

善子「仕方ないでしょもう戻れないのよ」



13: 名無しで叶える物語 2019/02/26(火) 04:05:34.84 ID:VMLOgqjh.net

ルビィ「本当に本当に変な感情はないんだね……!?」

善子「ないわよ」

ルビィ「その『可愛い』じゃなくて『かわいい』理論は信じてもいいんだね!?」

善子「しつこいわね」

善子「あんまりしつこいといつものコブラツイストかけるわよ」

ルビィ「…………」

ルビィ「あのコブラツイストももしかしてなんだかんだ言ってルビィに触れたいだけだったんじゃ……」

善子「失礼な!それはちょっと自意識過剰なんじゃないの!?」

ルビィ「そ、そうだよね~……?それは流石に……」

善子「流石によ」

ルビィ「アハハ……」

善子(あぶな~……勘いいわねコイツ……)



14: 名無しで叶える物語 2019/02/26(火) 04:09:32.32 ID:VMLOgqjh.net

ルビィ「で、でも善子ちゃんがルビィをそういう目で見てたなんて意外だったなー……」

善子「まあ、だって」

善子「なんとなく言い難いじゃない」

善子「ズラ丸とかにもバレたら恥ずかしいし……」

ルビィ「えー?」

ルビィ「花丸ちゃんもそういうの気にしないと思うけどなあ」

善子「気にする気にしないじゃなくて!私が恥ずかしいのよ!」

善子「……まあ、花丸もアンタのことは友達としてだけじゃなくて」

善子「私と同じように思ってるはずよ」

ルビィ「ええっ?」

ルビィ「そ、それは流石にないんじゃないかな?」

善子「私だけじゃないわ絶対」



16: 名無しで叶える物語 2019/02/26(火) 04:15:07.08 ID:VMLOgqjh.net

善子「じゃなかったらなんか私だけがアガルマトフィリア(※人形偏愛者)の異常者みたいじゃない」

ルビィ「あがる……」

善子「ちょうどそろそろズラ丸も来るはずよ。聞いてみるといいわ」

ルビィ「そ、それは……!」

ルビィ「なんか……恥ずかしいよぉ……」

善子(てかこいつさっきから自分が褒められてることについては全然謙遜しないわね……)


スタスタスタ


花丸「あっ、善子ちゃーん!ルビィちゃーん!」

善子「おー、噂をすれば」

ルビィ「あっ、花丸ちゃん!掃除当番おつかれさまー!」

花丸「なんか随分楽しそうに話してたね。何の話してたの?」

ルビィ「え、えっとそれは……」

善子「ねえズラ丸」

花丸「?」

善子「ルビィってかわいいわよね?」



17: 名無しで叶える物語 2019/02/26(火) 04:18:33.47 ID:VMLOgqjh.net

ルビィ「!ちょ、ちょっと善子ちゃん!」

花丸「?」

善子「ね?かわいいと思わない?」

花丸「ど、どうしたずら?急に……」

善子「急じゃないわよ!!」

花丸「わっ」ビクッ

ルビィ「ピギッ!」ビクッ

善子「私はねぇ……ずっと前から思ってたのよ……」

善子「そんな私の価値観がおかしいとでも言うの……?」

ルビィ「お、落ち着いて善子ちゃん!やっぱ善子ちゃんおかしいよ!?」

花丸「ず、ずらぁ……」

善子「答えなさい。アンタだってそう思ってるはずよ」

花丸「…………」

花丸「ま、まあ……」

花丸「そりゃ、ルビィちゃんはかわいいよね?言うまでもなく……」

善子「ッッッッッッッッシ!」グッ

ルビィ(なんだこれ……)



18: 名無しで叶える物語 2019/02/26(火) 04:22:57.52 ID:VMLOgqjh.net

花丸「ルビィちゃん……善子ちゃんどうしちゃったの……?」

ルビィ「なんか、ルビィの頭を撫でてからおかしくなっちゃったの」

善子「いや~、あれは正直かなりの魔力だったわね」

善子「また撫でさせなさいよ」

ルビィ「え、イヤだなあ……」

善子「お金払うから」

ルビィ「ホントに危険な匂いがするからやめよう!?」

花丸「ル、ルビィちゃんの頭を撫でるとおかしくなっちゃうんだね……道理でダイヤさんは」

善子「……ま!これにて一件落着ってことね!あースッキリした!」

ルビィ「一件落着も何も別に何か起こってた訳でもないけど……」

善子「私の気持ちの整理が付いたのよ」

善子「本当に」

善子「私ずっとルビィのこと『可愛い』と思ってたからね~!」



19: 名無しで叶える物語 2019/02/26(火) 04:23:25.04 ID:VMLOgqjh.net

ルビィ「…………」

ルビィ「!?」



20: 名無しで叶える物語 2019/02/26(火) 04:23:52.15 ID:VMLOgqjh.net

おしまい。
誰かが誰かを褒めちぎるの1回書いてみたかった。


元スレ
善子「私ね、正直アンタのことがかわいくて仕方ないのよ」ルビィ「は?」