1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/16(金) 20:22:14.99 ID:K5n3b74/O

――765プロ事務所

P「はぁ…」

小鳥「プロデューサーさん?ため息ついちゃってどうしたんですか?幸せ、逃げちゃいますよ?」クスクス

P「いやぁ…昨夜ですね?エロゲーしてたんですよ。同棲モノの」

小鳥「ふふっ。それで、『同棲したい』なんてため息ついてたんですか?」

P「つぐみ先生がね?可愛いんですよ。さつきも好きなんですけど」

小鳥「あら、妹も捨てたものじゃないですよ?」

P「それでですね?ウチはアイドル事務所じゃないですか。それも、可愛い所が多い」



2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/16(金) 20:23:48.75 ID:K5n3b74/O

小鳥「そうですね。可愛いレベルはハンパないですよね」

P「それでですね?他のアイドルと同棲したらどんな日々を送れるのか、エロゲーした後に徹夜で考えてたんですよ」

小鳥「ふふっ。好きですねぇ、プロデューサーさんも」クスクス

P「でも、聞いてみたい気持ちも?」

小鳥「あります」

P「でしょ?」

小鳥「はい」クスクス

P「じゃあ、まずは春香ですね」

小鳥「ふふっ。楽しみです」

P「春香はですねぇ…」

―――
――




3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/16(金) 20:25:07.57 ID:K5n3b74/O

【同棲765プロ/天海春香】

春香「お帰りなさい!プロデューサーさん!」トテトテトテ

P「あぁ。ただいま、春香」

春香「プロデューサーさん…」ギュッ

P「ど、どうした?いきなり抱き着いて…」

春香「寂しかったんです…朝から今まで、会えなかったから…」

P「春香…」

春香「プロデューサーさん…ごめんなさい」チラッ

P「い、いきなりどうした?」

春香「私、イケナイ事をしてしまいました…」

P「イ、イケナイ事?何したんだ?」

春香「…」

春香「プ…プロデューサーさんのシャツを抱きながら…」チラッ



4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/16(金) 20:26:07.03 ID:K5n3b74/O

P「お、俺のシャツを、抱きながら?」

春香「プロデューサーさんの匂いがするお布団にくるまって、お昼寝してしまいました…」

P「」

春香「…」チラッ

P「春香」

春香「な、なんでしょうか」

P「今夜は一緒に寝ようか」

春香「は、はい!」

P「春香は可愛いなぁ!」ナデナデ

春香「…」ニヤッ

―――
――




7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/16(金) 20:27:11.24 ID:K5n3b74/O

P「春香は、案外こういう所があると思うんですよ。寂しがり、みたいな」

小鳥「いいですねぇ、初々しいですね」

P「でしょう?いつも元気いっぱいな春香の、こういう部分」

小鳥「ですね」

小鳥「じゃあ次は、誰との同棲生活ですか?」

P「次はですねぇ」

P「千早です」

小鳥「ふふっ。プロデューサーさん、こういう妄想語りをするとき、必ず千早ちゃんが出てきますね」

P「可愛いし楽しいですからね、普段の千早じゃない千早を妄想するのは」

小鳥「あぁ、なんか分かります。それ」



8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/16(金) 20:28:51.63 ID:K5n3b74/O

P「ははっ。でしょう?」

小鳥「じゃあ、張り切ってお願いします」

P「わかりました」

―――
――




9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/16(金) 20:30:06.49 ID:K5n3b74/O

【同棲765プロ/如月千早】

千早「プロデューサー。少し…よろしいでしょうか」

P「ど、どうした?ちゃんとトイレは綺麗に使ったぞ?」

千早「トイレの事はいいんです。昨夜、あれだけお話しましたから」

P「じゃ、じゃあ今度は何だ?」ドキドキ

千早「…」ムスッ

P「ち、ちひゃ?」チラッ

千早「そんなに…」

P「う、うん?」

千早「そんなに…そんなに…えっちなゲームが好きなんですか?」ボソッ

P「…」

P「…はっ?」



10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/16(金) 20:31:22.32 ID:K5n3b74/O

千早「今朝、プロデューサーのマイコンの電源が付いたままだったんです」

P「あっ」

千早「それで、コンセントを抜こうとしたら画面に…」

P「…」

千早「そんなに…えっちなゲームが好きなんですか?私よりも…好きなんですか?」グスッ

P「…ごめん」

千早「プロデューサー、答えてください」

P「千早が、好きだよ」

P「エロゲーよりも…」

千早「…」グスッ

千早「本当、ですか?」チラッ

P「えっ?」



12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/16(金) 20:32:50.74 ID:K5n3b74/O

千早「本当なら…」

千早「んっ…」

P「ち、ちひゃ?」

千早「きす…してください///」プルプル、プルプル

P(恥ずかしくてぷるぷる震えてる千早かわいい)

千早「本当に私が好きなら…はやく…///」

P「千早…」

千早「ぷろ…んむっ…」チュッ

千早「んむっ…ちゅっ…」チュッ

千早「ぷろでゅーさ…」トロン

P「愛してる。千早」

千早「私も、です…」



13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/16(金) 20:34:31.67 ID:K5n3b74/O

P「で、俺のPCはどうなった?」

千早「えぇ。ちゃんとコンセント抜いておきましたよ」

P「えっ?シャットダウンもしないで?」

千早「しゃっとだうん?」キョトン

P「…」

P「ま、いっか。俺には千早がいるしな!」ナデナデ

千早「ひゃんっ!い、いきなりナデナデしないでください!」ポカポカ

P「なんで?」ニヤニヤ

千早「うぅ…プロデューサーは意地悪です…」



14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/16(金) 20:36:24.41 ID:K5n3b74/O

P「ほらほら、なんでナデナデしちゃダメなんだ?」

千早「は、恥ずか…しい…です///」モジモジ

P「かわいいなぁ」ナデナデ

千早「まっ、またっ!」ピクンッ

P「ははっ」ナデナデ

千早「…もぅ///」

千早「ずっと…私だけ…」ボソッ

千早「そう…ずっと…私だけ…」

千早「ふふふ」クスクス

P「どうした?」

千早「ふふっ。何でもありません」

―――
――




15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/16(金) 20:37:41.76 ID:K5n3b74/O

P「二次元に嫉妬しちゃうちひゃー可愛い」

小鳥「かわいい」

P・小鳥「「かわいい」」

P「さてと、千早の可愛さを再確認したところで次にいきましょうか」

小鳥「ですね。次は誰ですか?」

P「次は貴音ですね」ニヤニヤ

小鳥「ふふっ。そんなにニヤついちゃって」

P「まぁ、いいじゃないですか。聞いてくださいよ」

小鳥「ふふっ。はいはい。妄想なら、いくらでも」クスクス

P「貴音の奴、昨夜なんてですね?」

小鳥「えっ?」

―――
――




16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/16(金) 20:39:41.48 ID:K5n3b74/O

【昨夜の貴音/風呂場】

――ガラガラガラ

貴音「あなた様?お湯加減は如何です?」ヒョコッ

P「あぁ、バッチリだよ。いい感じにぬるめで気持ちいい」

貴音「ふふっ。それならば安心です」クスクス

貴音「時に、あなた様?」チラッ

P「んー?」

貴音「お背中は、流されてしまいましたか?」

P「まだだよ」

貴音「ふふっ。それならば、あなた様」トテトテトテ

P「待った」

貴音「?」キョトン

P「俺から言わせてくれ」

貴音「…はい///」ポッ



17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/16(金) 20:40:47.67 ID:K5n3b74/O

P「貴音、俺の背中…流してくれないか?」キリッ

貴音「わたくしでよろしければ、喜んで」

P「貴音じゃないとダメなんだって」

貴音「ふふっ。あなた様は、本当にお口がお上手なんですから」クスクス

P「本当なんだけどなぁ…」

貴音「はいはい。それでは、お背中…流させていただきますね?」

P「ん、よろしく」

貴音「ふふっ。まこと、大きなお背中」ピトッ

―――
――




19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/16(金) 20:43:31.83 ID:K5n3b74/O

P「あいつ、背中洗うの本当に上手なんですよ」

小鳥「えっ?妄想なんですよね?」

P「そうそう。昨夜の夕飯の時なんかですね?」

小鳥「えっ?」

―――
――




20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/16(金) 20:45:13.70 ID:K5n3b74/O

【昨夜の貴音/夕飯】

貴音「あなた様、今夜の夕食なのですが…」

P「おっ?どうした?何かリクエストあるのか?」

貴音「その事なのですが、今夜はわたくしが作ろうかと」キリッ

P「マジ?貴音、料理出来たっけ?」

貴音「ふふっ。実はわたくし、密かに練習をしていたのです」

P「おー!」



22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/16(金) 20:46:16.02 ID:K5n3b74/O

貴音「あなた様にばかり作って頂く訳にはまいりません!わたくしは、あなた様の妻なのですから!」グッ

P「おぉ、気合い入ってるな!」

貴音「それで、今夜のめにゅうなのですが…」

P「うんうん」

貴音「おむらいすを作ろうかと」

P「オムライス!いいね!」

貴音「ふふっ。では、少々お待ちくださいませね?」クスクス

―――
――




23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/16(金) 20:47:38.41 ID:K5n3b74/O

P「ちょっと形は不器用でしたけど、その分愛情が伝わってきて美味かったです」

小鳥「妄想よ。そう。これはプロデューサーさんの妄想なの」ブツブツ、ブツブツ

P「小鳥さん?」

――ガチャッ

貴音「おはようございます。あなた様、小鳥嬢」

P「おはよう。ちゃんと鍵は掛けてきた?」

貴音「ばっちりです」ブイッ

P「えらいえらい」ナデナデ

貴音「ふふっ。朝から、このような幸せを感じてもよろしいのでしょうか///」テレテレ

P「いいんだよ」

貴音「時に、あなた様?」チラッ



24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/16(金) 20:49:09.93 ID:K5n3b74/O

P「んー?」

貴音「あなた様と昨夜にやったげぇむ…」

P「うん?ゲームがどうした?」

貴音「続きが、楽しみです」

P「そっかそっか」

貴音「ふふっ。同棲のなんたるかを、あなた様と共に学べますから」クスクス

小鳥「そう。これは夢なのよ。プロデューサーさんは一人暮らしなんだから」ブツブツ

P「小鳥さん?」

小鳥「はいっ!なんですか?同棲するなら、私はプロデューサーさんのお家がいいです!」

P「同棲って、いいですよね」

小鳥「プロデューサーさん、一人暮らしなんですよね?でしたら私が一緒に!」

P「えっ?」



25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/16(金) 20:50:17.22 ID:K5n3b74/O

小鳥「えっ?」

P「えっ?一人暮らしじゃないですよ?」

小鳥「だって、同棲してみたいって…」

P「嫌だなぁ、言いましたよ?『他の』アイドルとって」

小鳥「」

貴音「むっ。あなた様?そのような事を考えていたのですか?」ムスッ

P「いや、もしもの話だよ。もしもの話」

貴音「知りません!」プイッ



26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/16(金) 20:51:23.21 ID:K5n3b74/O

P「貴音?」

貴音「…」プイッ

P「ラーメン」ボソッ

貴音「」ピクンッ

P「横浜の、サンマーメン」

貴音「」ピクピクッ

P「晩飯にでも、行くか?」

貴音「ぜひ!」ニパッ

P「貴音はかわいいなぁ」

おわり



28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/16(金) 20:53:08.25 ID:K5n3b74/O

はい。ここまでありがとうございました


元スレ
P「同棲765プロ」