1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/09/05(金) 20:25:33.39 ID:+ymo9Dhs0.net

P「~~♪」 ブロロロ

凛(かと言って、おしっこもれそうだから車止めて、何て言えないし……)ソワソワ

P「♪ ~……?」

凛(ここから事務所まで車で15分…いや、この辺りは信号多いから20分かな……)プルプル

P「……凛、体調でも悪いのか?」



13: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/09/05(金) 20:29:58.04 ID:+ymo9Dhs0.net

凛「ぅえっ!? いいいや!何でもないよ!それより前見てないと危ないよ!」アセアセ

P「そうか…でも何かあったら我慢しないですぐ言うんだぞ」

凛(おしっこもれそう、だなんて言えないよっ!!)

凛「う、うん…わかったよ…」フルフル

P「………」



17: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/09/05(金) 20:36:21.68 ID:+ymo9Dhs0.net

凛(急に話かけられたから、びっくりしてさっきよりもヤバい状態になった…… )マッサオ

凛(ヤバい、これは10分ももたない……)ナミダメ

凛(ここでもらしたらプロデューサーに嫌われるよね……ならいっそ、素直になった方がいいよね……)グス

凛「あ、あのプロd「あー腹減ったなー!」

凛「…えっ?」



18: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/09/05(金) 20:47:25.92 ID:+ymo9Dhs0.net

凛「あ、あのプロデューサー!すみません、私……お、おs「お、コンビニあるし、何か買ってこっかな!」

凛(コ、コンビニ……!)パァッ

凛「い、行きたい!わ、私もすごくお腹減ったから!」

P「ハハハ、さっき体調悪そうに見えたのは腹が減ってたからなのか。凛もかな子に負けず食いしん坊なんだな」ハハハ

駐車場に車止める

P「よし、着いたな………っと、すまん凛。ちょっとちひろさんから電話きたから俺のファミ○キ買ってきてくれるか?」デンワトリダス

凛(? 今、着信音鳴ったかな…? バイブレータもなかったと思うけど……)

凛「うん。わかったよ」

凛(それよりトイレ!)ダッ



19: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/09/05(金) 20:53:46.17 ID:+ymo9Dhs0.net

~トイレ~

凛「あ、危なかった……。私、神は信じてなかったけど、やっぱりあなたは存在すると思う。プロデューサーの次の次に好きだよ」フゥ

ジャーーー


凛「さて、プロデューサーにファ○チキ買うかな…」

凛(あの時、プロデューサーがコンビニに止めてなかったら今頃……)ブルッ

凛「……2個、買ってあげよっ♪」



20: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/09/05(金) 20:55:39.32 ID:+ymo9Dhs0.net

凛(○ァミチキ♪ファミチ○♪)ルンルン


凛(……………………………あれ?)



24: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/09/05(金) 21:06:21.07 ID:+ymo9Dhs0.net

凛(ファミチキが……ない…。プロデューサー、食べたいって言ってたのにどうしよう…)シュン

凛(あと何分したら新しいの揚がるか聞いてみよう…)

凛「あの、すみません」

俺「はい?どうされました?」

凛「ファミt……」(あれ?ファ○マの制服ってこんなに赤かったっけ?)

俺「ファミ……?」

凛(そいえば、焦って入ったから気にしてなかったけど、看板に7と11って書いてあったような……)

俺「あの、おきゃくs



凛「ってここ、セブン○レブンじゃん!!」


俺「っ!?」ビクゥッ (ブリブリ



27: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/09/05(金) 21:16:04.07 ID:+ymo9Dhs0.net

P「お、凛。戻ってきたか(笑」

凛「ちょっとプロデューサー!ここセブンイ○ブンだよ!ファミ○じゃないよ!ファミ○チキ売ってるわけないじゃん!もう少しで「ファミチキありますか?」って聞くとこだったよ!恥かくとこだったよ!?ていうか、もう店内でいきなり怒鳴っちゃって恥かいちゃったけど!」

凛(そしてその後、あの店員さんが泣きながらおしりを抑えてたけど……)クサカッタナ

P「すぐ突っ込んでくれると思ってたんだけど、まさか5分以上も気づかないで中にいるとは思わなかったよ」ハッハッハ

凛「す、少し立ち読みしてただけだよ」ドキッ

凛(コンビニに入って、すぐトイレに直行した…なんて言えないよね…)タラー



28: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/09/05(金) 21:22:00.25 ID:+ymo9Dhs0.net

P「と、そうだ。このあと少し寄りたいとこあるから、事務所に着くの30分くらい遅れるけどいいか?」

凛「うん。問題ないよ」

凛(ホント、ここに寄ってなかったら今頃、さっきの店員さんみたいになってたかもね……。店員さん、南無)

P「さて、俺もちょっとトレイ行ってくるな」

凛「うん。車の中で待ってるよ………………えっ」




凛「俺『も』?」



30: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/09/05(金) 21:30:12.92 ID:+ymo9Dhs0.net

凛(プロデューサー、私がトイレに行きたかったのわかってた!?)

凛(そういえば、コンビニに寄るのもお腹が減ったからって言ってたけど、車に乗る前にお弁当食べてたよね…)

凛(コンビニ着いてからも電話なんて鳴ってなかったのに電話にでる振りをしたのって……私がトイレに入るのを見られて恥ずかしがらないように気を使ったとか……?)



凛「っ!!??////」カァァ



31: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/09/05(金) 21:37:19.17 ID:+ymo9Dhs0.net

凛「え、でもあの鈍感なプロデュ……いや、でも……ふぇぇ……///」プシュー


P「戻ったぞー。ちょっとお花を摘むのに時間かかっちまった」


凛「んにぁぁっ!?」ドキィ


P「うおっ!どうした!?まえk…みくの物真似か!?それともいい年したおっさんがお花を摘むって言うのがそんなにダメだったか!?」

凛「いややや!ないでもなん!ないでも!」

P「お、落ち着け?何でもないんだな?」

凛「スー…ハァー……うん、何でもない」キリッ



34: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/09/05(金) 21:46:06.93 ID:+ymo9Dhs0.net

P「よし、じゃあそろそろ出発するか」

凛「うん。あ、何か食べ物買わなくても良かったの?」

P「あぁ、凛がファミマとセブンイレブンの違いに気づかなかったという天然さを知れただけで腹いっぱいになっちゃったかな!」ハハハ

凛(フフッ…やっぱり…)

凛「ありがとね、プロデューサー」ニコッ

P「…まさか満面の笑顔でお礼を言われるなんて……俺、あと3日は何も食べないでも生きていけるかもな……でも、何でお礼?」

凛「やっぱりプロデューサーは……まぁ…悪くないかな、って思っただけだよ♪」


おわり



35: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/09/05(金) 21:50:35.47 ID:+ymo9Dhs0.net

くぅ~疲w

凛・P・俺「皆さんありがとうございました!」



凛・P「って、なんでセブ○イレブンの店員さんが!?改めまして、本当にありがとうございました!」


本当の本当に終わり


元スレ
凛(どうしよう…おしっこもれそう……)