3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/06(月) 02:20:15 ID:UWhc93lw

春香「ただいま、あ・な・た。なーんちゃって、えへへ。すぐに晩ご飯の用意しますね」

春香「おかえり。いつもすまないな春香」

春香「いえいえ、これくらいお安い御用ですよ。今日は何が食べたいですか?」

春香「春香が作ったものなら何でもいいよ」

春香「またまた~。プロデューサーさんったらお上手なんだから!」

春香「本心だよ。それより俺も何か手伝おうか?」

春香「大丈夫ですよ。それにプロデューサーさん、今は動けないじゃないですか」

春香「ははは、それもそうだな」

春香「プロデューサーさん、本当にごめんなさい。縛り付けて猿轡まで噛ませちゃって」

春香「いいんだよ春香。俺のことを思っての行動なんだろ?」

春香「はい。その、私……プロデューサーさんのこと愛して……ますから///」

春香「春香……ありがとう。俺も春香のことを愛してるよ」

春香「プロデューサーさん……!」

P(誰か……助けてくれ……)


HAPPY END



4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/06(月) 02:25:06 ID:UWhc93lw

千早「プロデューサー……」ギュー

P「千早、外ではあまりくっつかない約束だろ」

千早「いいじゃないですか。プロデューサーだって本当は嬉しいくせに」

P「でも誰かに見られたら大変だ」

千早「大丈夫です。まだ誰も来てませんから」

P「たとえ誰も来てないとはいえ事務所でこんなこと……」

千早「そういえばプロデューサー。血の汚れってなかなか落ちないんですよね」

P「何を言って……? ……まさかっ!」バッ

千早「あっ……見つかっちゃった」

P「この手首……またやったのか! なんでこんなことを……」

千早「プロデューサー。くっついても……い・い・で・す・よ・ね?」

P「……わかった」

千早「ありがとうございます。愛しています、プロデューサー」ギュー

P「あぁ……俺もだよ……」


HAPPY END



5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/06(月) 02:30:42 ID:UWhc93lw

P「はぁ……」

伊織「いきなりため息なんてついてどうしたのよ」

P「いや、何でもないよ」

伊織「夜中の4時まで起きてるから寝不足になるのよ」

P「うっ……」

伊織「まったく、体調管理くらいしっかりしなさい。いつもアンタが私達に言ってることでしょ?」

P「面目ない」

伊織「私達のプロデュースについて真剣に考えてくれるのは嬉しいけど、それで体壊したら元も子もないんだから」

P「わかった。これからは気をつけるよ」

伊織「わかればいいわ。ほら、これでも飲んで頭をスッキリさせなさい。寝不足に効くのを新堂に言って作らせたの」

P「ジュースか? ありがとう伊織」ナデナデ

伊織「どういたしまして。今日はちゃんと寝なさいよね///」

P(あれ……何で俺が夜中まで仕事してて寝不足なの知ってるんだろう……)


HAPPY END



6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/06(月) 02:36:22 ID:UWhc93lw

雪歩「あ、あの……プロデューサー。お茶どうぞ」

P「ありがとう雪歩。雪歩のお茶は本当においしいな」ズズッ

雪歩「えへへ」

P「俺と話すのもだいぶ平気になったみたいだし、男性恐怖症ももうすぐ克服できるんじゃないか?」

雪歩「あぅ……それは……もうちょっとかかるかもですぅ」

P「そうか……。何か俺にできることがあったら言ってくれよ。何でも手伝うから」

雪歩「あの……なんでもいいんですか?」

P「あぁ、もちろんだ」

雪歩「よかったぁ。お薬をお茶に入れておいて」

P「薬……? う……あ……?(何だ? 体が……動かなくなった……?)」

雪歩「きっと動かない男の人が相手なら……大丈夫だと思うんです」

P「ぐ……」

雪歩「私の家でゆっくりじっくり、手伝ってくださいね? プロデューサー」


HAPPY END



9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/06(月) 10:17:56 ID:UWhc93lw

響「みんなー、いま帰ったぞー!」

響「あはは、ただいまみんな。良い子でお留守番してたかー?」

響「わかったわかった。すぐご飯にするからな」

響「はい、いぬ美、ハム蔵、へび香、シマ男、オウ助、うさ江、ねこ吉、ワニ子、ブタ太、モモ次郎」

響「ちゃんと残さず食べるんだぞー」

響「ん? わかったわかった。慌てなくてもプロデューサーのぶんもちゃんとあるから安心するさー」

響「こうやって……んっ……ちょっと冷たいぞ」ペタペタ

響「はい、召し上がれ」

響「うわわっ!? そんないきなり……んっ……あんっ」

響「もうご飯乗ってないのに……やんっ……自分の体、そんなにおいしいのか?」

響「あ、プロデューサーのここ、こんなになってる。え? 我慢できない? 仕方ないなー」

響「うん、いいよ。……プロデューサー、かなさんどー」


HAPPY END



11: ROMるとか言っといて書いてみた 2012/08/06(月) 11:23:31 ID:vGzRmmNA

真美「兄ちゃん……」

真美「アハハ…兄ちゃんがやっと真美のモノになッてクレた……」

真美「ずっトズッと真美が守ってあげルヨ」

真美「はルるんカらも、千早オ姉ちゃんカラも、ミキミキからモ……誰にも兄ちゃんを渡さない」

真美「ねェ兄チャん。お腹すいてなイ?ご飯食べサせてアげよッか?」

真美「それとモオ風呂?身体を拭ククらイなら真美がヤっテアげるヨ」

真美「フふふ……そんナにビビんなクてもE→じャン」

真美「しバラクしたら真美にメロメロになルから、覚悟しといてネ兄ちゃン」


P(………どうしてこうなった)


KANKIN END



13: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/06(月) 13:38:48 ID:vGzRmmNA

P「なあ亜美。そろそろ仕事に行かないと―亜美「ヤダヤダヤダ!絶対に行っちゃダメ!」

亜美「兄ちゃんのことだから行ったっきり帰ってこなくなっちゃう!!」
亜美「兄ちゃんがその気じゃなくても事務所にみんな居るんだから亜美だけの兄ちゃんが盗られちゃう!」

亜美「兄ちゃんお願い…亜美を一人にしないで……隣で亜美を亜美として見てて」
亜美「双子の片方じゃなくて……真美と亜美を分けて見てよ…」

P「…最初から亜美は亜美…だ―亜美「嘘つき!兄ちゃんの嘘つき!!」

亜美「昨日兄ちゃんは真美の話を亜美の前でしてたっ!亜美の嫌がることをした!!」
亜美「嫌だ嫌だ……兄ちゃんがいなくなっちゃう……」

P(興奮し過ぎてて話が通じない)

亜美「もう一人ぼっちは嫌だよ…………」ポロポロ

P「分かったよ亜美。今日はずっと亜美の側に居続ける」

亜美「ホント?嘘じゃないよね?」

P「もちろんだよ。だからそんな泣きそうな顔するなって」

亜美「……うんわかった。亜美ってばアイドルだもんね」

P「そうだよ…」

P(退院はまだまだ先になりそうだ)

HAPPY END



17: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/06(月) 14:09:05 ID:vGzRmmNA

あずさ「あらあら~プロデューサーさんは何処にいったのかしら~?」ニコニコ

あずさ「ここかしら?それともこっち?」

あずさ「もうっ!そんなに逃げ回ってちゃ私も迷っちゃうじゃないですか」

あずさ「せっかく実家にいらっしゃるって社長から“じっくり聞いて”来たのに意地悪ですよ?」

あずさ「…………」

あずさ「あらあら~」ニコニコ

あずさ「このままじゃ埒が明かないし、そろそろ私も本気で探そうっかな…」

あずさ「ここかしら?」ザッ

P「ひぃっ!?あああああずささん!???????」

あずさ「ふふふ……もう逃がしもしませんし、許してあげませんよー?」

あずさ「…悪いのはプロデューサーさんなんですから…責任を取ってくれますよね…」





新聞『765プロ代表取締役高木氏が昨夜未明、事務所内にて刺殺体となって発見。現場の状態や被害者に着衣の乱れた後がないことから顔見知りの犯行と―』

HAPPY END



20: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/06(月) 15:28:36 ID:vGzRmmNA

美希「ねぇハニー。どうしてミキの言うこと信じてくれないの?」

美希「ミキはハニーを一番に思って言ってるのに……」

美希「アハッ☆分かったの!」

美希「ハニーってばミキの困ってる様子を見て楽しんでるの」

美希「けど残念なの。ミキはそんなに軽い女じゃないの」

美希「これくらいでめげるような女でもないって思うな♪」

美希「それにミキはおっぱいも大きいし、心も広いの」

美希「たった一回フラフラ~ってしただけだからおしおきはナシにしてあげるね」

美希「アハッ☆ハニーってば泣いて喜んでるの!」

美希「うんうん。やっぱりミキの言うことに間違いはないって思うな」

美希「それじゃあミキはお仕事行ってくるから…」


美希「ハ ニ ー は そ こ で 番 犬 さ ん し て て ね ?」

美希「それじゃあ行ってくるの♪」

HAPPY END



21: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/06(月) 18:44:34 ID:vGzRmmNA

貴音「ふふ…貴方様……」

貴音「貴方様…貴方様がわたくしの……」

貴音「真、気分が良いのではしたないところは目を瞑っていただきたく」

貴音「今日はなんと素晴らしき日でしょうか」

貴音「数多の障害を切り伏せた先の今日この日…」

貴音「わたくしはついに貴方様を手中に収めることが出来ました」
貴音「ふふふ…何も心配することはありません。貴方様は何の心配する必要はありませんよ?

貴音「さあ貴方様、このままわたくしのクニへ参りましょう…」

貴音「そこで永久の誓いを……」

貴音「ふふ……ふふふ……」

貴音「アハハハハハハハハハ!!!!」

Pだったもの「」

nice boat. END



22: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/06(月) 18:55:29 ID:vGzRmmNA

真「ぷろでゅーさー……」ボロボロ

P「なっ!?どうしたんだその怪我!」

真「へへ。どうです?ボクってばか弱い見えますか?女の子に見えますか?」

P「何度言ったら…!ああもう!」ギュッ

真「プロデューサーの身体って、やっぱり…大きいや」

真「ボクなんかより全然筋肉質で、たくましくて……」

P「当たり前だ!真は女の子で俺が男なんだから」

真「女の子?ボクってば今女の子に見えるんですね?」

P「それも…当たり前じゃないか………っ」

真「へへっ。やっりぃ…」

真「もうボク、このままが良いや…」

真「プロデューサーの前だけでも、女の子に…なれるん…なら…」

P「………さあ真、病院に行くぞ?」

真「プロデューサーと……一緒……プロデュ……サーと………」


HAPPY END



23: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/06(月) 19:12:04 ID:vGzRmmNA

律子「…どうしたら私以外の女を忘れて頂けるんですか……?」

P「忘れるもなにも、大切な仲間なんだから忘れちゃいけないだろ」

律子「…どうしたら私以外の女を忘れて頂けるんですか……?」

P「だからな、律子……」

律子「どうしてプロデューサー殿は私だけを見てくださらないんです!!」

律子「必死であなたに追い付こうと頑張ったのにプロデューサー殿が褒めるのはいつも竜宮の三人だけ!」

律子「どうして私を見てくれないんですか!!!?どうして!?」
P「そんなこと……ないだろ。俺はお前のことだってちゃんと見てるさ」

律子「それじゃあ足りませんよ………」グスッ

律子「私だってプロデューサー殿に褒めてもらいたい……私だって……私だって!!」

律子「…………ふふ…ふふふ……そうだ…そうよ…」

律子「プロデューサー殿には私しか見れなくすれば良いのよ…」ポソボソ

タッタッタッタッ ガチャン

律子「もうこの部屋からは逃がしませんからね?プロデューサー殿」

P「………なっ」

HAPPY END



25: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/06(月) 19:51:37 ID:vGzRmmNA

やよい「ふっふっふー。観念しなさいプロデューサー」

P(似合わねぇ…けどかわええ)

やよい「プロデューサーは私だけをずっとずーっと見なくちゃいけないんですからね?」

P「わっかりました!」

やよい「うー?なんだか伊織ちゃんから聞いたのとは違うかなーって」

やよい「とにかく、プロデューサーはここから私が『良いよ』って言うまで出られないの分かってますか?」

P「怖いなーお家に帰りたいよー(棒)」

やよい「うっうー!やっと伊織ちゃんから聞いたのと同じになってきました!」キラキラ

P(あとで伊織はおしおきだな)

やよい「じゃあじゃあ……あれ、何すれば良いんだっけ?」

P「トナリマチノスーパーデトリニクノヤスウリガアッタヨー(裏声)」

やよい「―!!私用事思い出したんで先に帰りますね?」

P「車に気をつけてな」

やよい「はーい」

TRUE END



26: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/06(月) 19:57:00 ID:vGzRmmNA


やよい「―あのプロデューサー」

P「あれ?帰ったんじゃなかったのか?」

やよい「その予定だったんですけど……」

やよい「隣町はさすがに遠いかなーって…」

P「あー分かった分かった。それじゃあちょっと待っててくれるか?」

やよい「はーい」

P「えっと、こうして……こうでって」ガチャガチャガチャ

P「よし、外れた」

やよい「わーすごいですプロデューサー!」キラキラ

P「はっはっはっ。じゃあ隣町まで行こうか?」

やよい「うっうー♪」

URA END



27: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/06(月) 20:30:46 ID:vGzRmmNA

小鳥「………」

P「単刀直入に伺います。どうやって俺の家に入ったんですか?」

小鳥「それは…そのほとばしる熱いパトスが解き放たれたと言いますか」

P「……………」

小鳥「はい、ふざけてましたごめんなさい、本当はヤンデレ物のスマート本の影響なんですごめんなさい」

P「………」ピピピッピッ

小鳥「あのどちらに電話を?」

P「事務所か警察どちらがいいですか?」

小鳥「ごめんなさい、法的措置だけはご勘弁頂きたく……はい」

P「でも不法侵入ですよね」

小鳥「おっしゃる通りでございます。ただ、ただ私めにどうかご慈悲を……」

DOGEZA END


元スレ
SS深夜VIP:P「春香がヤンデレになってしまった...... 」