1: 名無しで叶える物語 2019/03/03(日) 00:01:48.99 ID:wMYJmSEr.net


2: 名無しで叶える物語 2019/03/03(日) 00:02:26.70 ID:wMYJmSEr.net

【理想のシチュ】

果南「って事がこないだあってさ~」

花丸「へ~、それで曜さんはネギを手首に巻いてたんだ」

ガラッ

花丸「あ、ダイヤさん」

果南「遅かったね」

ダイヤ「遅れてすみません、そして更に申し訳ないのですが……」チラッ

果南「何? どうかしたの?」

ダイヤ「果南さん、ちょっと付き合ってもらえますか?」

果南「え、今もしかして告白された?」

ダイヤ「ち が い ま す !」



3: 名無しで叶える物語 2019/03/03(日) 00:02:58.85 ID:wMYJmSEr.net

果南「なんだ、違うんだ」

花丸「そうだよ、さすがにアレが告白なワケないずら」

ダイヤ「えぇ、単純に果南さんにお願い事が……」

花丸「告白はもっと台詞や状況を大事にしないとね」

ダイヤ「いや、だからそうでは無く……まぁ確かにそれも大事ですけど」



4: 名無しで叶える物語 2019/03/03(日) 00:03:41.95 ID:wMYJmSEr.net

果南「告白かぁ、アイドルやってたらやっぱりそのうちそういう事もあったりするのかな?」

花丸「勝ち進んでいって有名になったら誰かがそういう事になってもおかしくないかもね」

果南「でも将来はさておき、少なくともスクールアイドルをやってるうちは……」

ダイヤ「禁止とは言いませんが、実際のところは恋愛に現を抜かす暇などありませんわね」

花丸「ずーっと練習漬けだもんね」



5: 名無しで叶える物語 2019/03/03(日) 00:04:29.31 ID:wMYJmSEr.net

果南「ちなみにダイヤは告白したい、もしくはされたいシチュエーションとかある?」

ダイヤ「なっ……! そんなこと恥ずかしくて言えませんわ///」

果南「って事はあるんだね」ニヤッ

ダイヤ「あ……もうっ!///」

果南「まぁまぁ、順番で私たちもちゃんと言うからさ」

花丸「ずらっ」

ダイヤ「うぅ…/// 私も女ですのでどちらかと言えばされたい方なのですが……///」

果南「ほうほう」

ダイヤ「夕暮れ時の2人きりの公園のベンチで……回りくどい言い方ではなく、ストレートに言って欲しいです///」

果南「ひゅ~♪」

花丸「お堅い生徒会長もやっぱり女だったずら」



6: 名無しで叶える物語 2019/03/03(日) 00:05:02.22 ID:wMYJmSEr.net

ダイヤ「さぁ! 次は貴女達の番ですわ!///」

果南「私は特にコレと言って無いかなぁ」

ダイヤ「は?」

果南「してくれるなら何でも嬉しい」

花丸「マルも」

ダイヤ「……貴女達はぁぁぁぁぁ!」フンガー!!



7: 名無しで叶える物語 2019/03/03(日) 00:05:45.94 ID:wMYJmSEr.net

果南「まぁまぁ落ち着いて」

ダイヤ「一体誰のせいだと思ってるんですか!?」

果南「ところで何か用事があったんじゃなかったっけ?」

花丸「そう言えばそうだったね」

ダイヤ「あっ、実は先生から急ぎの用を頼まれて……」

\ピンポンパンポーン/

『黒澤ダイヤさん、至急職員室に来てください。繰り返します~……』

果南「……一緒に謝りに行こうか?」

ダイヤ「……」ガックリ



8: 名無しで叶える物語 2019/03/03(日) 00:06:31.82 ID:wMYJmSEr.net

【握力お化け】

果南「おはよー」ガラッ

ダイヤ「おはようございます」

花丸「おはよう、果南ちゃん」

果南「ん、机の上のそれは……胡桃?」

花丸「親戚からたくさんもらったからお裾分けずら」



9: 名無しで叶える物語 2019/03/03(日) 00:07:15.04 ID:wMYJmSEr.net

果南「へぇ~、久々に見たなぁ」

ダイヤ「早速いただこうかと思ったのですが胡桃割り器を忘れてきたとの事で……」

花丸「胡桃を持っていく事しか頭に無くて……お恥ずかしい……」

果南「なら私が……ハッ!!」

果南(いかん、ここで私が手で割るとか言ったらまた怪力だのなんだのとからかわれる……!)



10: 名無しで叶える物語 2019/03/03(日) 00:07:55.64 ID:wMYJmSEr.net

ダイヤ「どうかしましたか? 果南さん」

果南「いや、別に」

果南(食べられないのは残念だけどここは黙っておこう、うん)

花丸「胡桃割り器も無いし、適当な工具も見当たらないし……」

ダイヤ「そうですわね、少々はしたないですが手で割りますか」

花丸「そうだね」

果南「!?」



11: 名無しで叶える物語 2019/03/03(日) 00:08:54.07 ID:wMYJmSEr.net

果南「え、どういう事? あ、さては私にやらせる気?」

ダイヤ「いえ、自分で割るつもりですが……ねぇ?」

花丸「ずらっ」

果南「え、マジで? 2人ともそんな事できるの?」

ダイヤ「えぇまぁ、と言うか果南さんはできませんの?」

果南「や、ももも勿論できるよ!?」アセアセ



12: 名無しで叶える物語 2019/03/03(日) 00:09:37.58 ID:wMYJmSEr.net

果南(あれ、沼津の女の子は胡桃を素手で割るのが当たり前なんだっけ!?)

果南(しかし……からかわれている可能性も無きにしもA-RISE、ここは……!)

果南「ダイヤ、ちょっとやってみてよ」

ダイヤ「はぁ、構いませんが……」グッ

パキッ

ダイヤ「はい、この様に」

果南(嘘ぉん……)

花丸「オラも……ん~っ!」ググッ

パキッ

花丸「出来たぁ♪」

果南(マジで? 食べ物への執念、恐るべし……!)ゴクリ



13: 名無しで叶える物語 2019/03/03(日) 00:10:26.53 ID:wMYJmSEr.net

果南(しかしここは前向きに考えよう、要するに私が出来ても不自然では無いという事だ)

果南「なぁんだ、2人ともできたんだね。私しかできなくて怪力だとか言われる流れかと思ったよ」ハハハ

ダイヤ「まさか」

花丸「コツを掴めば意外といけるずら」

ダイヤ「それと食べる事への想いの強さですかね」

AZALEA「ハハハ(笑)」

果南「私も食べよっと」ヒョイッ

パキッ

ダイまる「え?」

果南「え?」



14: 名無しで叶える物語 2019/03/03(日) 00:11:10.46 ID:wMYJmSEr.net

ダイヤ「……果南さん、今どうやって割りました?」

果南「え、普通に手でグッと……」

ダイヤ「ちなみに花丸さんはどのように?」

花丸「マルは胡桃を2つ使って片方の出っ張りともう片方の溝を合わせるようにして力を込めてやったよ?」

果南「え?」

ダイヤ「私もですわ」

果南「え?」

AZALEA「……」



花丸「く、胡桃美味しいねっ」

果南「ソウダネー……」



15: 名無しで叶える物語 2019/03/03(日) 00:11:47.68 ID:wMYJmSEr.net

【女子力】

果南「女子力、とは」

ダイヤ「どうしたんですか急に? 悪い物でも食べました?」

花丸「エイプリルフールにはだいぶ早いよ?」

果南「待って、私が女子力って言うだけでその反応おかしくない? 私だって女子だよ?」

花丸「言われなくてもそれはわかるずら」

ダイヤ「普段は全く興味なさそうなのに急に仰るから驚いただけですわ」



16: 名無しで叶える物語 2019/03/03(日) 00:13:05.06 ID:wMYJmSEr.net

果南「やっぱりそんな風に見える?」

花丸「やっぱり、と言うと……?」

果南「実はさっき鞠莉に言われてさ、もうちょっと女子力を身につけろってね」

果南「だから女子力を上げようと思ったんだけど、そもそも女子力って何?って所で躓いた」

ダイヤ「躓くの早すぎません?」



17: 名無しで叶える物語 2019/03/03(日) 00:14:38.70 ID:wMYJmSEr.net

花丸「でも確かにいざ説明しようとすると難しいような気もするね」

果南「でしょー?」

ダイヤ「そうですわね……世の方々が思い浮かべる"これぞ女性"と言うのを想像すれば良いのでは?」

果南「例えば?」

ダイヤ「例えば……ファッションセンスが良いとかでしょうか?」

果南「Aqoursだと衣装担当だし曜かな?」

花丸「ルビィちゃんもだね」

果南「……あんま人のこと言えないけどさ、2人とも私服はそこまででも無くない?」

ダイヤ「確かに……衣装のデザインや作りは素晴らしいのですが私服は……」

花丸「それ以上は言わないでおくずら」



18: 名無しで叶える物語 2019/03/03(日) 00:15:31.74 ID:wMYJmSEr.net

花丸「私服だったら、というかAqoursの中では全体的に梨子さんが女子力高いと思う」

果南「確かに梨子ちゃんは女子力高いって感じだね、ピアノも弾けるし」

ダイヤ「ピアノって女子力と関係ありますか?」

果南「やっぱり都会の女の子は違うね、女子力に満ちている気がする」

ダイヤ「この辺りと違い、都会は気を遣っている人が多いイメージはありますね」

果南「なるほど、私たちは田舎で育ってきたから女子力が低いのか」

ダイヤ「いえ、そこは個人の問題だと思いますわよ」

花丸「というか『私たち』って一括りにしないでほしいずら」



19: 名無しで叶える物語 2019/03/03(日) 00:16:29.36 ID:wMYJmSEr.net

ダイヤ「女子力と言えば他にも色々とあるでしょう、例えば料理とかお裁縫とか」

花丸「うん、それは女子力に数えるのもアリだと思う」

果南「ちなみに2人はその辺どうなの?」

ダイヤ「私は料理でしたらそこそこ自信ありますわ」

花丸「マルはルビィちゃんのお手伝いを時々してるからお裁縫なら少しは」

ダイヤ「むっ、ちなみに私は林檎の皮むきを包丁で、しかも最後まで途切れる事も無くできますわ!」

果南「え、何いきなり張り合ってんの?」

花丸「オラだって手編みでマフラー作れるずら!」

果南「ちょっと2人とも」



20: 名無しで叶える物語 2019/03/03(日) 00:17:24.99 ID:wMYJmSEr.net

ダイヤ「なら私は皮をむいた後でそのまま桂剥きに突入する事もできますわ!」

果南「すごいけどそれいつ披露するの?」

花丸「オラはニット帽セーターももひき靴下と頭の先から足元まで全身を手編みでコーデできるずら!」

果南「全身毛糸まみれって羊じゃないんだから」

ダイまる「むむむ~!」

\ギャー ギャー/



果南「……よくわかったよ、技術がある事と女子力がある事はイコールじゃないんだって事が」



21: 名無しで叶える物語 2019/03/03(日) 00:18:14.11 ID:wMYJmSEr.net

【閏年】

果南「質問、うるう年って何?」

花丸「4年に1度あるアレの事?」

果南「そうそう、何で2月29日が4年に1度だけなの?」

花丸「簡単に言うと帳尻合わせだね」

果南「帳尻合わせ?」



22: 名無しで叶える物語 2019/03/03(日) 00:18:57.69 ID:wMYJmSEr.net

ダイヤ「1年は365日ありますが、厳密にはぴったり365日ではなく更に数時間の余剰分があります」

ダイヤ「そのままの状態で長い年月が過ぎると次第にズレが大きくなり夏が1月にきたり逆に冬が8月になったりとおかしな事になってしまいます」

ダイヤ「ですので、2月29日を4年に1度挿入する事でズレを戻す、というのが目的ですわね」

果南「おぉぉ、なるほど」

ダイヤ「もっと詳しく知りたかったらご自分で調べてみてください」



23: 名無しで叶える物語 2019/03/03(日) 00:19:57.68 ID:wMYJmSEr.net

花丸「ちなみに似たような理由でうるう秒というのもあるずら」

果南「うるう秒? 何それ?」

花丸「うるう年と違って不定期になるんだけど、1秒を追加、もしくは削除してしてズレを戻すんだよ」

果南「へぇ、うるう年は追加するだけだけど、こっちは減らす事もあるんだ」

花丸「ちなみに今まで減らした事は無くて、毎回『8時59分60秒』という時間を作ってきたずら」

果南「ん、60秒って普通じゃない?」

ダイヤ「普通じゃありませんわ、59秒の次は0秒に戻るでしょう?」

果南「あ、そうか」



24: 名無しで叶える物語 2019/03/03(日) 00:20:46.57 ID:wMYJmSEr.net

果南「ちなみに不定期っていうのは?」

花丸「理由を説明するのは面倒だから省くけど、1年に1度の時もあれば数年空く時もあるんだよ」

ダイヤ「そう言えば確か今週あったと思いますわよ?」

果南「え、そうなの!?」

ダイヤ「確か……3日後みたいですわ」

果南「あ、じゃあ皆で8時59分60秒になった瞬間に写真撮ろうよ」

花丸「いいね! でも皆の時計はうるう秒に対応してる?」

果南「調べてみないとわからないけど、対応してなかったら買ってくる」

ダイヤ「3日後が楽しみですわね」



25: 名無しで叶える物語 2019/03/03(日) 00:21:21.09 ID:wMYJmSEr.net

~3日後~



果南「おはよー、写真は撮れた?」

花丸「うん、バッチリ撮れたずら」スッ

(8時59分60秒の写真)

果南「いいなぁ、ウチは結局準備できなかったんだよね」

花丸「じゃあ撮れなかったの?」

果南「や、テレビで特集してたからその画面を撮った」

花丸「なるほどw」



26: 名無しで叶える物語 2019/03/03(日) 00:22:09.67 ID:wMYJmSEr.net

果南「で、そこで机に突っ伏してるダイヤは?」

ダイヤ「……シタ」

果南「はい?」

ダイヤ「撮れませんでしたわ! 60秒にならず普通に9時を迎えてしまいましたわ!

ダイヤ「何故ですの!? きちんと対応している時計を準備したというのに~!」


※うるう秒の調整は8時59分60秒を挿入するタイプと、1秒の長さを僅かに伸ばして長い時間をかけて調整するタイプがあります。
そして後者の場合、8時59分59秒の次は普通に9時0分0秒になります。


果南「……ドンマイ」



27: 名無しで叶える物語 2019/03/03(日) 00:23:01.15 ID:wMYJmSEr.net

【隠し事】

ルビィ「お姉ちゃん達が花丸ちゃんを仲間外れにしてる?」

花丸「仲間外れっていうと大げさかもしれないけど、でも2人だけで何かこそこそしてるのは間違い無いずら」

ルビィ「そうなんだ、でもそう言われてみるとウチに果南さんが最近よく来るような……」

花丸「えぇっ!? これは本当に仲間外れにされてるずらぁ……」

ルビィ「も、もしかしたら卒業旅行の打ち合わせとかかもしれないし!」アセアセ

花丸「だとしたら鞠莉さんがいないのはおかしいんじゃない?」

ルビィ「それもそっか……一体どうして……」



28: 名無しで叶える物語 2019/03/03(日) 00:23:43.42 ID:wMYJmSEr.net

花丸「もうすぐ2人は卒業しちゃうし、少しでも長く一緒にいたいのに……」

ルビィ「……あっ」ピンッ

花丸「え、ルビィちゃん何かわかったの?」

ルビィ「うん! たぶんね、だけど合ってると思う」

花丸「じゃあ」

ルビィ「でもまだ教えない」

花丸「えぇぇ……」ガッカリ

ルビィ「心配しなくて大丈夫だよきっと、2人を信じて気付かないフリをしてあげよう」

花丸「ん~、ルビィちゃんが言うなら……気になるけど我慢するずら」



29: 名無しで叶える物語 2019/03/03(日) 00:24:40.61 ID:wMYJmSEr.net

~数日後~

花丸「卒業式も終わって、とうとうAZALEAはオラ1人だけになってしまうずら……」ショボン

花丸「この短編集もタイトルで『その2』とか言ったけどこれで完結してしちゃうね」

prrr

花丸「ずらっ、果南ちゃんから着信……もしもし?」

果南『あ、花丸ちゃん? 今ダイヤと一緒にいるんだけどダイヤの家に来れたりする?」

花丸「マルが行ってもお邪魔じゃない?」

果南『え、何で?』

花丸「だって三年生だけで卒業旅行の打ち合わせとかしてるんじゃないの?」

果南『そんなんもうとっくに済ませてるし大丈夫。 で、来れる?』

花丸「うん、じゃあすぐ行くね」

ピッ

花丸「……何の用だろ?」



30: 名無しで叶える物語 2019/03/03(日) 00:25:21.39 ID:wMYJmSEr.net

花丸「こんにちは~」

ガラッ

ルビィ「いらっしゃい、花丸ちゃん」

花丸「こんにちはルビィちゃん、今日はダイヤさんに用事があって来たずら」

ルビィ「うん聞いてるよ、お姉ちゃんの部屋の場所はわかる?」

花丸「あ、そう言えば知らないずら……ルビィちゃん案内頼める?」

ルビィ「大丈夫だよ、じゃあ着いてきて」

花丸「お邪魔します」



31: 名無しで叶える物語 2019/03/03(日) 00:26:10.32 ID:wMYJmSEr.net

花丸「さて、ここを開ければ2人がいるわけだけど……何の用だろ?」

花丸「卒業式の後にする事と言えば……まさかお礼参り!?」

花丸「違うずら、『水ゴリラ』は勝手にいんたーねっとで書かれているだけずら!」

花丸「本物のオラはそんなこと全く言ってないずら!」

花丸「……大丈夫、中にはダイヤさんもいるしきっと話せば解ってもらえるハズ……!」

花丸「ここは腹を括って、いざっ!」ガラッ



\パーン/



32: 名無しで叶える物語 2019/03/03(日) 00:27:02.86 ID:wMYJmSEr.net

「「お誕生日おめでとう!!」」

花丸「へ?」

ダイヤ「お誕生日おめでとうございます、花丸さん」

果南「ほらケーキも用意してるからこっちに座って」ホラホラ

花丸「いや、あの……」

果南「ん? どったの?」

花丸「言いにくいんだけど、誕生日は明日ずら……」

果南「あぁ、それはもちろんわかってるよ」

ダイヤ「でも明日はAqoursの皆でやるでしょう? できればAZALEAだけでもお祝いをしたかったので、こうして前日にやる事にしたのですわ」

果南「その準備とか花丸ちゃんにバレないようにしたりとかで最近よそよそしくしちゃってゴメンね」



33: 名無しで叶える物語 2019/03/03(日) 00:28:06.89 ID:wMYJmSEr.net

花丸「……った」

果南「え、何?」

花丸「良かった……マル、知らないうちに何かしちゃって2人に嫌われたのかと思って……」グスッ

ダイヤ「何を馬鹿な事を……そんな事ありえませんわ」

果南「まぁまぁ、そんな勘違いさせるような事をしてた私たちも悪いよ」

ダイヤ「そ、そうですわね。紛らわしい事をしてしまってすみません、花丸さん」

花丸「グスッ」

ダイヤ「ほらもう泣き止んでください」

果南「ダイヤ、今こそ伝家の宝刀の出番だよ」

ダイヤ「伝家の宝刀?」

果南「ルビィちゃんを甘やかしてる時みたいに赤ちゃん言葉で喋るんだ!」

ダイヤ「なっ/// やりませんわ!///」

花丸「……フフッ」

果南「お、笑ってる。すぐに泣き止ませるとはさすがダイヤだね」

ダイヤ「何もしてませんわよっ!?」

花丸「アハハハハ!」

果南「AZALEAだとやっぱりダイヤはイジられ役が似合うね」

ダイヤ「はぁ、まったくもう……」フフッ

―――

――





34: 名無しで叶える物語 2019/03/03(日) 00:28:53.96 ID:wMYJmSEr.net

花丸「ふぅ、お腹いっぱいずら~」ゴロン

ダイヤ「食べてすぐ横になると太りますわよ」

果南「まぁ今日くらいいいじゃん、花丸ちゃんは主役なんだし」

果南「それにAZALEAとして過ごす最後のイベントなんだから」

花丸「最後……そっか、もうすぐ2人はいなくなっちゃうんだよね」

ダイヤ「そうですわね……私も果南さんも進路が決まっていますので」

花丸「てっきり果南ちゃんは留年すると思ってたのに」

果南「ちょっと」



36: 名無しで叶える物語 2019/03/03(日) 00:29:43.01 ID:wMYJmSEr.net

花丸「本音を言えばもっと2人と一緒にいたい、せっかくこんなに仲良くなれたのに会えなくなっちゃうなんて……」

ダイヤ「花丸さん……」

果南「そうだね、確かに私たちはここからいなくなっちゃう」

果南「でもだからと言ってもう関わりが無くなるってワケじゃないんだよ?」

果南「ネットやスマホでいつでも連絡は取れるし、顔を見ながらの通話だってできるもん」

ダイヤ「それに私は果南さんと違って国内にいますし、会いたくなったらすぐにまた会いに行きますわ」

果南「だからね、遠く離れて暮らす事になっても心は1つ!」

ダイヤ「花丸さんを1人にするなんて決してありえませんわ」



37: 名無しで叶える物語 2019/03/03(日) 00:30:15.20 ID:wMYJmSEr.net

花丸「そっか、そうだよね……」

花丸(果南ちゃんも、ダイヤさんも……)

花丸「それじゃこれからもず~っと、ず~っとよろしくね!」

花丸(2人とも大好きずら!!)



おわり



38: 名無しで叶える物語 2019/03/03(日) 00:32:20.04 ID:wMYJmSEr.net

以上になります、支援いただいた直後に終わってしまって申し訳ないです。
良かったら過去作の方もよろしくお願いします。

花丸「ところで式はいつにする? 善子ちゃん」


元スレ
果南「AZALEA」ダイヤ「短編集」花丸「その2!ずらっ」