1: 名無しで叶える物語 2019/03/04(月) 02:22:47.75 ID:a4zdXH3M.net

~カラオケ店内~

千歌「へ?」

果南「いやだからさ、いまカラオケしてんじゃん。皆で」

千歌「うん。皆でカラオケって何気に初めてだよね」


曜「よーし、じゃあ善子ちゃんデュエットしよーよ!善子ちゃんアニソンが好きなんだよね?ポケモン歌おうよ!」

善子「私が歌うアニソンってそういうのじゃないんだけど……」

花丸「ルビィちゃん次なに入れるずら~?」

ルビィ「う、うーん……やっぱりアイドルソングを……」


千歌「楽しいね!」

果南「うん。楽しいんだけどさ」

果南「なんかこう~、物足りないんだよね」

千歌「物足りない?」

果南「まあ、端的に言うと」

果南「競いたい」

果南「シャバいカラオケ……やめようよ」

千歌「えぇ……」



5: 名無しで叶える物語 2019/03/04(月) 02:26:42.53 ID:a4zdXH3M.net

千歌「いいじゃん別に~、皆で楽しくワイワイできれば」

果南「それは分かるんだけど」

果南「いいの?それで」

果南「千歌はそれで満足なの?」

果南「ルビィちゃんがマイクを両手で握ってちょっとオドオドしながら歌ってさ」

果南「曜なんかは前の人が入れた曲の傾向に合わせた空気の読む選曲してさ」

果南「鞠莉は洋楽を歌う……」

果南「ちょっと、ありきたりだよねえ」

千歌「それで十分楽しいよ……」

果南「やーだー!私競いたいのー!」

千歌「わっ、駄々こね始めた!」

千歌「……ねえねえダイヤさん、果南ちゃんがなんか分かんないこと言ってるんだけど、なんとか言ってあげてよ!」

ダイヤ「……」



8: 名無しで叶える物語 2019/03/04(月) 02:31:36.41 ID:a4zdXH3M.net

ダイヤ「……千歌さん?」

千歌「ん?」

ダイヤ「悪いんですが、私……果南さんの意見には」

ダイヤ「大賛成ですわ!!!!」

千歌「ええ!?」

ダイヤ「よく言いました果南さん!私がたった今思っていたことをそのまま口に出してくれて!幼馴染として感涙の極みですわ!」

果南「えへへ、そう?」

ダイヤ「シャバいですわこのカラオケ!平和すぎます!」

千歌「何がそこまで2人に平和を嫌わせたの……」

ダイヤ「いいですか!?千歌さん」

ダイヤ「そもそも私達はスクールアイドル!ダンスや衣装もそうですが……結局のところ私達が売りにしてるのは歌!歌が本業なのです!」

千歌「ま、まあ」

ダイヤ「そんな私達がカラオケに来て!つつがなく歌って終わる!?……ダメでしょうそれは!」

千歌「…………」

ダイヤ「聞けばあのμ'sもカラオケでは採点で競っていたそうな……私達もそれに習って」

ダイヤ「お互い競い合い歌唱力を高めていくべきなのではないですか!?」

千歌「…………」

千歌「たしかに……」

梨子(なんかめんどくさいこと話してる……)



11: 名無しで叶える物語 2019/03/04(月) 02:38:50.05 ID:a4zdXH3M.net

果南「はーい、という訳で皆のしゅうー!注目ー!」

花丸「なんずらー?」

善子「急に曲入れるのやめろって……なによ?もう時間?終わり?」

ダイヤ「ええ終わりです」

ダイヤ「平和なカラオケの時間の」

善子「……?どゆこと??」

果南「競うよ!カラオケの点数!」

梨子「……なんの為に??」

千歌「梨子ちゃん!」

梨子「!な、なに~?」

千歌「私達はスクールアイドルだよ!こういう時に己を高めていかないとダメなんだよ!」

梨子(影響されやすいなあ……)



13: 名無しで叶える物語 2019/03/04(月) 02:43:52.82 ID:a4zdXH3M.net

ルビィ「う、うゆ……採点かあ……」

鞠莉「え゛ー?めんどくっさい……いいじゃないこのままで」

梨子「私もそう思うけど……」

曜「別に競う必要もないよね」

果南「……あー」

果南「怖いんだ」

梨子「!」

鞠莉「!」

ダイヤ「負けるのが怖いんですのね」

梨子「……」

鞠莉「……」

ダイヤ「まあそういうことならしょうがないですわね~……?流石にムリして競う必要も……」

ダイヤ「やりますか?シャバいカラオケ?ん?」

鞠莉「……るわよ」

ダイヤ「はい!!?すみませんカラオケだからあまりよく聞こえなくて!!!なんと!!!?」

鞠莉「やってやればいいんでしょ!上等じゃない!」

梨子「ええ!そこまで言われたらやるしかないです!負けるわけはないけど!」

千歌(音楽の才能に自負がある2人を焚き付けた……上手いなあ)

果南「よし、これでやる派が多数派だね」



15: 名無しで叶える物語 2019/03/04(月) 02:49:41.56 ID:a4zdXH3M.net

果南「という訳でルールの説明をするよ」

果南「これから一人一曲歌ってもらうからね。一曲だけ。やり直しはなし!精密採点で出た点数で競うよ!」

ダイヤ「順番はまあ……適当でいいですわよね。順番で特に点数が変わるわけでもないですし」

果南「入れる曲は基本的に自由だけど、1つだけ!私達がリリースした曲は歌っちゃダメね!選曲によっては特定の誰かに有利になっちゃうし!」

千歌「えっ、私達の曲ってカラオケに入ってるの!?初耳なんだけど」

曜「入ってるよ。許可とかした覚えないけどなぜか」

果南「ちなみに……最下位の人はここのカラオケ代全奢りね!」

花丸「えー……本当ずらー?」

善子「まあ昼の時間帯だから大して取られないだろうけど……」

果南「ま、緊張感出すためのペナルティだよペナルティ」



18: 名無しで叶える物語 2019/03/04(月) 02:55:20.66 ID:a4zdXH3M.net

ダイヤ「それじゃあ早速始めましょうか!各々十分に持ち歌を披露して!」

ダイヤ「切磋琢磨し!競い合い!アイドルとして不可欠な歌唱力を鍛えていこうではありませんか!!」

善子「……ちょっと、アンタの姉どうしちゃったの?なにあのアレなテンション」ヒソヒソ

ルビィ「あれは多分カラオケが楽しくて暴走してるんだね。お姉ちゃんカラオケとかあまり来ないから」ヒソヒソ

果南「さあ、じゃあ歌う曲決めた人からドンドン入れていこう」

千歌「……う~ん、でもどうしようかな~」

曜「持ち歌かあ……」

梨子「トップバッターはちょっとね……」

花丸「…………」

花丸「マルがいくずら!」

ルビィ「花丸ちゃん!?」

花丸「マルは聖歌隊で歌の練習とか結構してたから……」

花丸「この勝負、ちょっと自信あるよ!」ピピッ



19: 名無しで叶える物語 2019/03/04(月) 02:57:19.82 ID:a4zdXH3M.net

【千の風になって】

~♪

千歌「おお!」

梨子「あー、ぽいわね。花丸ちゃんっぽい」

曜「皆でワイワイしてる時にはなかなか入れにくい曲……ガチだね花丸ちゃん」


花丸「私の~お墓の~前で~」

花丸「泣かないで、くださいーーー」


--------------------
----------------
------------



22: 名無しで叶える物語 2019/03/04(月) 03:02:36.03 ID:a4zdXH3M.net

花丸「千の風になってぇ~……!」


ダイヤ「ちょ、ちょっと!花丸さん……かなり上手いですわ」ヒソヒソ

果南「聖歌隊で鍛えた歌唱力が存分に生きる曲だよね……これはいきなりやばいかも」ヒソヒソ


花丸「あの……大きな空を!吹きわたって……います~……」


梨子「凄い……完璧……」


花丸「あの……大きな空……」

花丸「を↑ーーーーーー!…………あっ」


曜(あっ)

曜(最後のとこちょっと外しちゃった……)

千歌(最後の最後に難しいとこある曲選ぶから……これは若干選曲ミスだね)



23: 名無しで叶える物語 2019/03/04(月) 03:06:19.28 ID:a4zdXH3M.net

【89点】

花丸「うーー……絶対90点いったと思ったのに~」

ルビィ「で、でもこれでも十分凄いよ!」

果南「たしかに……初っ端からこの点数はかなりプレッシャーだよ」

花丸「悔しいずら~」

千歌「むむむ……これは、どうしようか……」

曜「うーーん……」

ダイヤ「…………」ピピッ

梨子「あ、ダイヤさん。決めたの?」

ダイヤ「ええ」ニヤッ

ダイヤ「89点……確かに凄いですが」

ダイヤ「私は更にその上をいきますわ!」



24: 名無しで叶える物語 2019/03/04(月) 03:10:44.87 ID:a4zdXH3M.net

【フレンズ】

~♪

千歌「あっ、この曲知ってるよ!」

ルビィ「へー、お姉ちゃんこういうの歌うんだ」

曜「懐メロだよね」


ダイヤ「口~付けを~交わしたァ~日はァ~」

ダイヤ(ふふふ……歌いやすい!歌いやすいですわ!)

ダイヤ(実はこの曲は『高得点が出やすい曲』としてネットでも紹介されている!)

ダイヤ(結局のところカラオケとはいかにして自分の声質に合った曲を歌うか!この曲は比較的万人の声質に合う曲ということ!)

ダイヤ「ママの顔~さえも~!見れなかァったあー!」

ダイヤ(貰いましたわ!90点は堅い!)



25: 名無しで叶える物語 2019/03/04(月) 03:12:50.72 ID:a4zdXH3M.net

果南「それにしてもダイヤ気持ちよさそうに歌うなあ」

鞠莉「この曲、歌いやすいのかもね。伸び伸びしてる」


ダイヤ「……どーこでー!こーわれーたの!oh!フレーンズ!」


果南「……」ピクッ

鞠莉「……」ピクッ


ダイヤ「俯くー日はー……見つめ合ァってー……(遠い目)」


--------------------
---------------
------------



27: 名無しで叶える物語 2019/03/04(月) 03:16:36.18 ID:a4zdXH3M.net

【90点】

ダイヤ「やりましたわ!」

善子「おー、凄い!」

花丸「ずらあ~!越されたずら……」

梨子「歌いやすそうだったものね。やっぱり選曲は大事なのね……」

果南「…………」

鞠莉「…………」

ダイヤ「……?果南さん?鞠莉さん?……なんでそんな暗い顔してるんですの?」

果南「……いや、高得点が出たのは良いんだけどさ……」

鞠莉「……まあなんというか、私達もホラ……色々あったから」

鞠莉「よくあの曲入れられたなって……」

ダイヤ「…………」

果南「…………」

鞠莉「…………」

千歌(わっ、急に気まずい空気になってる!)



30: 名無しで叶える物語 2019/03/04(月) 03:20:28.60 ID:a4zdXH3M.net

千歌「あ、あー!じゃあ次私入れようかな!うん!」

千歌「えーっとえっと……よし!じゃあここはちょっと、皆は知らないかもしれないけど、尖った曲入れてみようっと!」

千歌「えいっ」ピピッ

【lemon】

~♪


曜(この上なく無難だよ!)

ルビィ(普通だ)

善子(普通ね)


千歌「あの日のくるーしみーさえー♪」


--------------------
----------------
------------



31: 名無しで叶える物語 2019/03/04(月) 03:24:18.45 ID:a4zdXH3M.net

【87点】

千歌「うー……なんでー……?」

善子「いや、高いわよ。十分高い」

ルビィ「全然尖ってはいなかったと思うけど」

千歌「いや尖ってるよ!」

千歌「lemonだよlemon!」

千歌「私はオレンジ歌いたかったけど!lemonに魂を売ったの!」

千歌「私のキャラ的には普通オレンジでしょ!」

善子(どのオレンジよ)

千歌「やっぱキャラは突き通さなきゃダメかー……」

善子「いいじゃない同じ柑橘類同士仲良くしなさいよ」

千歌「今のところ私がドベかー」


曜「……YOYOYO!」


千歌「……ん?曜ちゃん」

曜「YOYOYO!」

善子「!?」

ルビィ「!?」



32: 名無しで叶える物語 2019/03/04(月) 03:28:20.17 ID:a4zdXH3M.net

善子「……な、なに?急に」

ルビィ「なんでラッパーなの!?」

曜「千歌ちゃん凹んじゃダメだYO!」

善子「…………」

善子「……え」

善子「なに、どしたの曜」

善子「頭打ったの?」

千歌「あー、いやこれは違うよ善子ちゃん」

善子「へ?」

千歌「曜ちゃんはたまにラッパーになるんんだよ」

善子「はあ?」

千歌「ホラ、前に初めて東京行った時も曜ちゃんラッパーみたいな帽子被ってたでしょ」

善子「……ああ、そういえば……」

千歌「曜ちゃんは自分の名前が『よう』だからYOYO言うくだらないダジャレをたまに言い出すんだよ。持ちネタなの」

善子「…………」

曜「くっ、くだらないとか言わないで欲しいYO!」

ルビィ(ちょっと赤面してる……)



34: 名無しで叶える物語 2019/03/04(月) 03:33:57.68 ID:a4zdXH3M.net

曜「も、もう!そんなこと言って!私ラップ得意なんだから!……あっ、YO!」

曜「絶対高得点叩き出すんだから!後悔しても遅いYO!」

善子「アンタYOYO言うばっかりで全然韻踏まないわね」

曜「…………」ピピッ

ルビィ(得点競ってる時にラップはやめた方がいいんじゃ……)


【ALIVE】※SOUL'd OUT

~♪


鞠莉「うわっ、攻めたわねー」

果南(なにこの曲……)

ダイヤ(なんですのこの曲……)

花丸(なんずら?この曲……)



37: 名無しで叶える物語 2019/03/04(月) 03:41:42.92 ID:a4zdXH3M.net

曜「Yo, Tha Decision is Made」

曜「ALIVE, Parents, Friends, Cru Everybody, Heart, Music, Words Hopes, Rule, Patience, Ego Question, Answer, Sex and Dream」

曜「PURE, PURE, PURE, PURE, PURITY WHAT'S PURITY, TRUTH, GOOD AND BEAUTY? There can be no trunin' back Yea, I know that PURE, PURE, PURE, PURE, PURITY WHAT'S PURITY, TRUTH, GOOD AND BEAUTY? Alright, I gotta go」


梨子「うわっ、めっちゃ上手い!」

果南「す、凄い!英語ばっかりで何言ってるか分かんないけど!噛まないでラップやってる!」

千歌「さ、流石曜ちゃん……」


曜「Got Love 『Is that true?』Got Peace 『Is that true?』 Got Soul 『OK, cool…』」



38: 名無しで叶える物語 2019/03/04(月) 03:46:15.55 ID:a4zdXH3M.net

曜「Plastic emotion なぜに信じる事をやめたの 受難と夏の空に残した傷跡 今日ここを去って そう分かってるよ 決して手に入らないものを探しに行くのさ 真夜中の風 ポケットの中のアメ さまようオレ」


ルビィ「曜ちゃん……なんかかっこいい……」

ダイヤ「ぐぬぬ……こ、これは……」

果南「ねえ、これ90点代後半いくレベルじゃない?ラップでこれはかなり凄いよ」

千歌「本当にラップ好きだったんだ……ただのキャラ付けかと思ってた……」


曜「何も知りたくなかった だから最初から As when I was a ぶぅお……あっ」


千歌「あっ」

梨子「あ、噛んだ」



40: 名無しで叶える物語 2019/03/04(月) 03:48:58.13 ID:a4zdXH3M.net

曜「……~~~~~~ッッッ!!!/////」ピピピッ

ルビィ「あっ、演奏中止!?」

曜「………………!!!」サササッ

曜「………………ッ」パタパタパタ(手で顔を扇いでいる)

千歌「…………」

梨子「…………」

曜「…………ッ」

梨子「いや……分かるわよ」

千歌「ラップで噛むと恥ずかしいよね」

曜「…………」コクリ

曜「…………」グスッ



41: 名無しで叶える物語 2019/03/04(月) 03:53:49.18 ID:a4zdXH3M.net

【82点】

千歌「ん?あれ、今のも点数出るの?」

果南「ああ、演奏中止でも採点自体はされるからね。まあ途中でやめた分点数は低くなりがちなんだけど」

鞠莉「本当だ。あんなに完璧だったのに82点!」

果南「まあ、だいたい演奏中止すると70点台とかその辺になりがちなのに、それでも80点台いってるのは流石だよね」

千歌「とりあえずドベは免れたかー……」

曜「うー……」

曜「ちゃんと練習しておけばよかった……聞いたことはあるけど歌うのは初めてだったから……」グスッ

千歌「!?」

果南「!?」

鞠莉(末恐ろしい……)



42: 名無しで叶える物語 2019/03/04(月) 03:58:39.08 ID:a4zdXH3M.net

果南「よーし、じゃあ場があったまってきたところで……!私いっちゃおうかな!」ピピッ

果南「曜はラップ入れてたけど、私はそれより盛り上がる曲入れたからね!」

ダイヤ「……あ!この曲……」

鞠莉「嘘でしょ……」

ルビィ「えっ!?」

善子「正気じゃないわ……」


【U.S.A.】

~♪


果南「USA!USAィ!」


梨子「なぜ……こんな高得点狙いにくいの筆頭みたいな曲を……」



44: 名無しで叶える物語 2019/03/04(月) 04:05:25.24 ID:a4zdXH3M.net

果南「カカカッ カーカカ カーモンベイビー!!」


千歌「凄いノリノリだよ!」


果南「USA!オールドムービー観たシネマ!」

果南「シネマ……シネマ……」


梨子「合いの手も自分で入れてる!」


果南「USA!リズムが衝撃だった!」

果南「ダッタ……ダッタ……ダッタ……」


--------------------
----------------
-----------



45: 名無しで叶える物語 2019/03/04(月) 04:10:14.65 ID:a4zdXH3M.net

果南「数十年でリレーションシップ!だいぶ変化した、ようだ!だけれど僕らは地球人!」

果南「同じふね~、の!た・び・び・と・さ!」

果南「カーモンベイビー!アメリカぁ!」


千歌「わー!踊ってる!」

梨子「ええ!?あれ絶対スタミナなくなるわよ!?」

鞠莉「……いや待って、違う」

ダイヤ「ええ、果南さんは全て計算づくですわ。恐ろしい」

千歌「え?」

鞠莉「果南はあれくらいじゃ体力切れないからね。むしろ動いた方がエンジンがかかるんだよ」

鞠莉「要するに踊っていれば自然と声量も増し歌唱力も向上する……果南にはあれくらいが丁度いいんだよ」

梨子「なにその超理論……」


果南「ドリームの見方をインスパイアード!」



46: 名無しで叶える物語 2019/03/04(月) 04:13:53.93 ID:a4zdXH3M.net

【92点】

千歌「すごい!」

果南「さ……流石に……ちょっと疲れたかな……」ゼエゼエ

善子「あんだけ踊ってたのに、点数トップじゃない!」

ルビィ「途中から見てるこっちも気持ちよくなってコール入れちゃったもんね」

果南「えへへ……ありがと」ゼエゼエ

果南「……肩いたい」

鞠莉「胸揺らすからよ」



48: 名無しで叶える物語 2019/03/04(月) 04:21:16.12 ID:a4zdXH3M.net

善子「……ようし」

善子「それじゃあ次は私がいくわ!」

ルビィ「あっ、善子ちゃん……」

花丸「あっ……」

千歌「……ん?」

善子「えーっと曲は……フフッ、これにしましょう」ピピッ

ルビィ「…………」

花丸「…………」

千歌「ねえねえ二人とも」ヒソヒソ

ルビィ「ん?」

千歌「なんか妙な反応してなかった?善子ちゃんが歌うって言ったとき」

花丸「あー……それは……」

ルビィ「まあ、ルビィ達は1年生だけでカラオケ来たことあるんだけど……善子ちゃんはね」

千歌「……??なに、善子ちゃんカラオケ苦手なの?」

ルビィ「いや、そうじゃなくて……むしろその逆で」

花丸「うん、善子ちゃんはね」


【もってけ!セーラーふく】

~♪


善子「曖昧3センチ!そりゃぷにってことかい?ちょっ!らっぴんぐが制服……だぁぁ不利ってことない ぷ♡」


ルビィ「アニソンとなると滅茶苦茶上手いんだよ」



49: 名無しで叶える物語 2019/03/04(月) 04:25:16.25 ID:a4zdXH3M.net

善子「がんばっちゃ♡やっちゃっちゃ!そんときゃーっちゃReleaseぎョッ」

善子「汗(Fuu)汗(Fuu)!の谷間Darlin' Darlinp' Freeze!♡」


梨子「す、凄い!上手い……のよね!?これ!」

曜「うん!原曲はよく分かんないけど上手いのはなんとなく分かる!歌いこんでる感じが伝わってくるよ!」

曜「あとこの曲ラップみたいだね!」

ダイヤ「か、果南さん……これは」

果南「うん……これは……感覚で分かるよ」

果南「絶対90点台後半いくやつだこれ!」



50: 名無しで叶える物語 2019/03/04(月) 04:30:38.70 ID:a4zdXH3M.net

善子「もっていーけ最後に笑っちゃうーのは私のはーずー」

善子「セーラー服ーだからーでーす結論~♡」


果南(まずいな……このまま順調にいくと善子がトップ……私の1位が一瞬にして終わってしまう……)

果南(やはりやるからには1位で終わりたいもの……)

果南(かくなる上は……!)


善子「月曜日なーのに機嫌わるーいのどーするーよ~」

善子「なつふーくが!いい~ので~す♡キャ!わいい~」

果南「キャ!わいいー!」

千歌「!」

梨子(コール入れてる……)


善子「接近3ピクト するまでってちゅーちょだ やんっ☆(コールナイスのアイコンタクト)」



51: 名無しで叶える物語 2019/03/04(月) 04:35:27.11 ID:a4zdXH3M.net

【89点】

善子「あちゃー、もうちょいいってると思ったんだけどな」

ルビィ「でも善子ちゃん流石だよね。安定して高い点数だもん」

善子「まあ気持ちよく歌えたしいいかな、果南もコール入れてくれたしね」

果南「いやー、なかなか盛り上がる曲だねー!映像も可愛かったし、このアニメ今度観てみよかっなー?」

善子「お、いいわねDVD貸すわよ」

ダイヤ(…………)

ダイヤ(違う……)

ダイヤ(一見和気あいあいとしてるけど……コール入れたのは果南さんの策略……)

ダイヤ(善子さんの歌は確実に90点台後半が出るクオリティだった……なのに90点台を割ったのは……)

果南「…………」ニヤリ

ダイヤ(果南さんのコールが微妙にマイクに入り採点を狂わせたから!)

ダイヤ(な、なんと卑劣な……)



52: 名無しで叶える物語 2019/03/04(月) 04:40:06.12 ID:a4zdXH3M.net

千歌「えーっと、あと残ってるのは……」

梨子「私」

鞠莉「あと私と~」

ルビィ「ル、ルビィも……」

千歌「ふんふん。で、今の1位が果南ちゃんで?最下位は?」

曜「私です……はい……」

善子「うっ、ていうか残ってる3人皆カラオケ得意なメンツじゃない……」

果南「?ルビィもなの?」

花丸「ルビィちゃんは往年のアイドルソングとか凄く得意なの」

ルビィ「ま、まあ……」

千歌「梨子ちゃんと鞠莉ちゃんは歌に自信あり!だもんね~」

梨子「そ、それほどでもないけど……」

鞠莉「ま!私はドンと来いね」エッヘン



55: 名無しで叶える物語 2019/03/04(月) 04:44:44.12 ID:a4zdXH3M.net

梨子「うーんと……それじゃあ、次は私がいこうかな……」

梨子「えいっ」ピピッ

千歌「わあ、梨子ちゃんどんなの歌うんだろ」

曜「……あ、これって!」

梨子「えへへ、私の尊敬する人の曲よ」

ダイヤ「なるほど~」

果南「かなり梨子らしいね」


【手紙 ~拝啓 十五の君へ~】

~♪


梨子「拝啓 この手紙 読んでいるあなたは~♪どこで~ なにをして いるのだろう~♪」


--------------------
----------------
-------------



56: 名無しで叶える物語 2019/03/04(月) 04:48:04.98 ID:a4zdXH3M.net

梨子「人生の~ 全てに意味があるからぁ~♪恐れず~に~ あなたの夢を育てて~♪」

梨子「らんらんらん♪keep on believing♪keep on believing♪」


千歌「…………」

曜「…………」

ダイヤ「…………」

鞠莉「…………」

果南「いい曲だあ……」


梨子「今負けないで 泣かないで消えてしまいそうな僕は~♪」



57: 名無しで叶える物語 2019/03/04(月) 04:52:13.65 ID:a4zdXH3M.net

【97点】

梨子「やった♪」

果南(しまったああああああああああ!!聴き惚れてて妨害コールするの忘れてたああああああああああああ!!!)

ダイヤ(あの顔は妨害コールするの忘れてたって顔……)

ダイヤ(そもそもこの曲にコール入れる余地ないでしょう……)

千歌「すごーい梨子ちゃん!」

曜「一気にトップだよ!」

梨子「やっぱりアンジェラアキさんはいいわね~」

ルビィ「うゆゆ……」

鞠莉「ぐぬぬ……」

善子「これはあとの2人にもプレッシャー凄いんじゃない?」

ルビィ「むむむ……」

ルビィ「…………」ススッ

花丸(ルビィちゃんなんのアイドルソング入れるんだろ。前にキョンキョン入れて98点出したのは見たことあるけど)



58: 名無しで叶える物語 2019/03/04(月) 04:54:02.69 ID:a4zdXH3M.net

ルビィ「…………」ピピッ


【月光花】※Janne Da Arc

~♪


花丸「!?」

ダイヤ「!?」

千歌「!?」

曜「!?」

梨子「!?」

果南「!?」

鞠莉「!?」

善子「!?」



60: 名無しで叶える物語 2019/03/04(月) 04:59:31.88 ID:a4zdXH3M.net

ルビィ「かぁ~なしげぇ~に咲く、花にぃ~……」

ルビィ「きーみのおぉもかげうぉ見たァ」

ルビィ「だァいすきィーな雨、なのに」

ルビィ「なぁーぜか今日は冷、たくてぇ~……」


善子(なにこいつ滅茶苦茶上手い!!)

花丸(あっ、ルビィちゃん見も蓋もなく勝ちにいける曲選んだんだ……)

鞠莉(普段キャラ的に歌うの避けてる曲なのね……きっと)


ルビィ「淡くぅ、はかぁなぁくうー」

ルビィ「夜にー揺らーれぇてぇ……」

ルビィ「溜息1つ……落ちた……花びら……!」

ルビィ「月の……!かけ!らァをあつめぇて!ゆぅめをかぁざぁり……眠る!」


--------------------
----------------
------------



62: 名無しで叶える物語 2019/03/04(月) 05:06:21.90 ID:a4zdXH3M.net

【99点】

千歌「わああああ!!!!凄い!」

ルビィ「うー、惜しい……!もうちょっとで100点だったのに~!」

ダイヤ「ルビィ……まさかこんなレパートリーがあったなんて……」

果南「そういやこの曲も歌いやすいんだっけ。なんかネットで見たことある気がする」

ルビィ「えへへ。ルビィがトップだね!」

曜「こ、これを越すには100点を出さなきゃいけない……」

鞠莉「…………」

花丸「相当なプレッシャーずら……」

鞠莉「……フッ」

梨子「いや……鞠莉さんならあるいは……」

ダイヤ「その圧倒的歌唱力……さっきも洋楽を入れていましたが、かなりの腕前でしたわね……」

千歌「…………」ゴクリ

鞠莉「……ま!」

鞠莉「軽く捻ってやりますか!」ピピッ



63: 名無しで叶える物語 2019/03/04(月) 05:09:37.46 ID:a4zdXH3M.net

【ソーラン節】

~♪

千歌「!?」

果南「なんで!?」

鞠莉「あーっ……あっ……てすてす……」

鞠莉「ん゛っ……!ん゛んっ……!……よしっ」

ダイヤ「なぜに北海道民謡を……」


鞠莉「ヤぁああ~……!ーレンソー!ラン!!ソー……ラン!ソーラン……!」

鞠莉「ソーランソーラン はいっはいっ!!」


善子「うっま」



65: 名無しで叶える物語 2019/03/04(月) 05:13:41.57 ID:a4zdXH3M.net

【100点】

千歌「ええっ!!!?」

果南「マジで……?」

鞠莉「ま、こんなもんよ!」

ダイヤ「なんですのその異常な民謡の上手さは……てっきり洋楽を入れるものとばかり……」

善子「アンタ民謡コンテストとか出たら1位取れるわよ、本当に」

花丸「どこで練習したずらー?」

鞠莉「ひ・み・つー!」

ルビィ「負けちゃった……悔しいなあ」

梨子「……ん?てことは?鞠莉さんが1位で?最下位が……」

千歌「ラップで噛んだ曜ちゃんだね!」

曜「あ゛あ゛あ゛ぁあ~!!」ガクッ

果南「じゃ、ここのカラオケ代奢りね!」

曜「ラップ入れなければよかったYO……」

千歌「いやー、でも楽しかったね!」

ダイヤ「またやりたいですわね」

ルビィ「鞠莉ちゃん、次からは民謡禁止ね!」

鞠莉「えー?」



66: 名無しで叶える物語 2019/03/04(月) 05:15:14.55 ID:a4zdXH3M.net

--------------
-----------------
--------------------


~その日の晩~

曜「……」プルルルル

曜「……あ、もしもし?」

曜「ごめんね急に。今電話してよかった?」

曜「そっか!よかった。ああうん、大した用じゃないんだけど」

曜「……ラップのコツ教えてくれない?理亞ちゃん」



67: 名無しで叶える物語 2019/03/04(月) 05:15:22.81 ID:a4zdXH3M.net

おしまい。



68: 名無しで叶える物語 2019/03/04(月) 05:16:51.00 ID:a4zdXH3M.net

梨子ちゃんの拝啓十五の君へはマジで聴いてみたいです。

ラルクとジャンヌ間違えてすみません……恥ずかしいです。
語感似てるからミスっちゃいました。


元スレ
果南「カラオケさあ、採点付けて競おうよ」