1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 00:40:29.45 ID:dA4+JxRl0

楓「んしょ、んしょっ」

向日葵「あら楓、どこか行きますの?」

楓「うん、今からお出かけしてくるの」エヘヘ

向日葵「あまり遠くへ行っちゃダメですわよ? お友達と一緒?」

楓「いっしょだよ。だから大丈夫なの」

向日葵「ならいいけど……でも、車には気をつけてね」

楓「はぁい」

向日葵「それで、何をしに行きますの?」

楓「デートなのっ」エヘー

向日葵「」



7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 00:44:15.68 ID:dA4+JxRl0

楓「それじゃあおねえちゃん、いってきまぁす」トテテ

ガラッ ピシャン

向日葵「あっ……」ポカーン

向日葵「ぇ……ぁ……?」

向日葵「楓、今、デー……え?」

向日葵「楓が……デート?」

向日葵「……誰と……?」

向日葵「!」ハッ

向日葵「ま、待ちなさい楓、ちょっと詳しく話を――」ガラッ

楓「」チョコン

向日葵「――っ!?」ピシャン



10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 00:52:38.25 ID:dA4+JxRl0

楓「?」キョトン

向日葵「(ぁ、危なかった……まだ玄関先にいましたのね……)」

向日葵「……、?」ハタ

向日葵「(どうしてまだどこにも行っていませんの?)」

向日葵「(仮に、仮にデートというのが事実なら、どこか待ち合わせ場所があるはずですわ)」

向日葵「(なのに今もまだ家の前にいるということは……)」

向日葵「……」

向日葵「(待ち合わせ場所が……ここ?)」

向日葵「(でも、それはおかしいですわ)」

向日葵「(うちの近所には楓と同世代の子供なんていませんのに……)」

向日葵「(ということは、楓のデート相手はなんらかの移動手段を持っている可能性が高い……?)」

向日葵「(自転車……はたまた、車なん、て……!?)」ハッ

向日葵「(まさか、楓が人攫いに!?)」

向日葵「……」ワナワナ

向日葵「……!!!」ガタガタガタガタ



11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 00:53:55.84 ID:dA4+JxRl0

向日葵「いやああああああ楓えええええええ」ガラッッッ



花子「か、楓ー」トコトコ

楓「あ、花子ちゃんっ」パァッ



向日葵「」ピシャッッッ



16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 01:03:44.18 ID:dA4+JxRl0

「「?」」キョトン

向日葵「(か、間一髪ですわ……!!!)」ゴクリ

向日葵「(というか、は、花子ちゃん!?)」

向日葵「……」ソローッ

花子「お、おまたせ楓。遅くなってごめん」

楓「ううん、楓もいま出てきたの」ニコッ

花子「そ、そう。だったらいいし」プイッ

楓「」ニコニコ

花子「ぅー……は、はやく行こっ? 時間、もったいないし」

楓「うんっ。それじゃしゅっぱーつ、なのっ」ギュッ

花子「ちょ、楓、手っ!?」ドキッ

楓「花子ちゃん、はやくはやくなのーっ」ステテー

花子「わわっ、ひっぱっちゃダメだし! 荷物が傾くからーっ!?」スタター

ガララ...

向日葵「……」



20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 01:12:35.19 ID:dA4+JxRl0

向日葵「楓……デートってまさか、花子ちゃんと……?」

向日葵「いえ、確かにこの辺りじゃ年頃も家も一番近いですけど……主に家の方が」

向日葵「それにしても、いつの間にそんな仲に……」

向日葵「……」ムムム

向日葵「……」



櫻子「」コソコソコソコソッ



向日葵「………………」



23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 01:21:22.53 ID:dA4+JxRl0

櫻子「……」コソッ

向日葵「ちょっと」ポンポン

櫻子「おひょあうぇぎゃっけんむるぅあくとぅるふ!?!?!?」ビクッッッッッッッッッッ

向日葵「!?」ビクッ

櫻子「って、向日葵……? なんだよもー驚かすなよー!」プンプン

向日葵「いや驚きすぎですから。その驚き方に私が驚いちゃいましたから」

櫻子「なんか用かよー。こう見えても私、すんげー忙しいんだけど!」

向日葵「尾行で?」

櫻子「」ギクリ

向日葵「図星のようですわね……」

櫻子「な、なんでそれを……」

向日葵「花子ちゃんのデートの相手。あなたも見たでしょう?」

櫻子「あ、そっか楓か……」

向日葵「そういうことですわ」



25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 01:35:30.17 ID:dA4+JxRl0

櫻子「じゃあ、向日葵はこの事知ってたの!?」

向日葵「まさか。私だって驚いてますわ」

櫻子「だよね。これはビビるわー」

向日葵「ほんとにね……って!」

櫻子「?」

向日葵「こんな所で櫻子と立ち話してる場合じゃありませんわ! 二人を見失ってしまったじゃありませんの!」

櫻子「あ、ほんとだ」

向日葵「そんな暢気な……!」

櫻子「だいじょぶだいじょぶ。最初は公園に行くはずだから」

向日葵「え、そうなんですの?」

櫻子「うん。ゆうべ、花子のやつが何度も読んでたメモを盗み見た」

向日葵「やめたげなさいよ……たぶんそれ、花子ちゃん渾身のデートコースですわよ……」

櫻子「でもそのお陰で今からでも追いかけられるじゃん」

向日葵「それは確かに……じゃあ、準備を整えて私たちも出発ですわ!」

櫻子「おー!」



32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 01:51:09.21 ID:dA4+JxRl0

~公園~

コソコソコソ...

櫻子「いたよ向日葵。あそこ」コソッ

向日葵「え、ええ……たしかに楓と花子ちゃんですわ……」コソッ

櫻子「やっぱり私の情報が役に立った……ていうか向日葵」

向日葵「な、なんですの……?」

櫻子「なんでそんな縮こまってんの?」

向日葵「だ、誰のせいだと……!」チヂッ

櫻子「え、誰のせい?」

向日葵「櫻子に決まってるじゃありませんの! なんですの、このっ……真っピンクのインバネスコートとネコミミ付の虫眼鏡は!?」

櫻子「探偵の正装だよ」

向日葵「わけがわかりませんわ……」

櫻子「アニメで見た」

向日葵「ダメダメですわ!」



36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 02:00:04.48 ID:dA4+JxRl0

櫻子「ほらほら、そんなことより監視監視」

向日葵「うぅ……これ、絶対尾行に不向きですって……衆目集めまくりですもの……」カァァ

櫻子「気ーにすんなってー」

向日葵「ですから……はぁ……もういいですわ、諦めました。で、二人の様子は?」

櫻子「んとね、今はベンチに座ってる。普通におしゃべりしてるっぽい」

向日葵「そう……会話は聞こえます?」

櫻子「むり」

向日葵「この距離じゃあ当然ですわね……」

櫻子「近づく?」

向日葵「え、でもバレちゃうんじゃ……」

櫻子「大回りして後ろから近づけば意外とバレなさそう。ほら、こっちから」コソコソ

向日葵「変な所で頼りになりますわね、あなた……」コソコソ



39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 02:14:16.24 ID:dA4+JxRl0

コソコソッ

櫻子「どーだ、ここなら聞こえるはずっ」コソッ

向日葵「ほぼ真後ろの茂み……正直、危険すぎる気もしますが……」

櫻子「大丈夫だって。ほら、もっとしゃがんで、こっち詰めて」

向日葵「わ、わかってますわ。わかってますけど……」

ムギュ

櫻子「!」

向日葵「~~~っ」

櫻子「ひ、向日葵っ。近い、近いって」アセアセ

向日葵「仕方ないでしょっ、こうでもしないとはみ出ちゃうんですから……!」

櫻子「おっぱいが?」

向日葵「おしりが! ってなに言わせんのよ櫻子のバカァ!」ベシッ

櫻子「あでっ!?」ビターン




41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 02:23:24.36 ID:dA4+JxRl0

向日葵「まったくもう……ほら、静かにしてなさいな。会話が聞こえませんわ」

櫻子「おーぼーだ……」グヌヌ

くぅ~きゅるるる……

「「!」」

櫻子「……向日葵、静かにしてって言っときながら……」ジトォ

向日葵「ち、ちがっ……私じゃありませんわ!」ワタワタ

櫻子「え~……?」

向日葵「本当ですってば!」

櫻子「じゃあ誰だよ」

向日葵「それは……腹の虫が鳴く音が聞こえるほど近くにいる……」

櫻子「……」チラッ

向日葵「……」チラッ



45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 02:39:12.32 ID:dA4+JxRl0

花子「……楓?」

楓「え、えへへ……なっちゃったの」テレッ

花子「おなかすいてるの?」

楓「うん……お昼ごはん食べてこなかったから」

花子「そ、そう……花子的には、ラッキーだし」

楓「?」

ゴソゴソ

花子「楓、これ……」オソルオソル

楓「これ……お弁当?」

花子「」コクコク

パカッ

楓「わぁっ、おにぎりと卵焼き! 花子ちゃんが作ったの?」

花子「お、おにぎりだけだし。卵焼きは、ほとんど姉ちゃんに手伝ってもらったし……」モニョモニョ



51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 02:52:59.03 ID:dA4+JxRl0

楓「それでもすごいの。これ、楓が食べてもいいの?」キラキラ

花子「ん……た、食べれば?」プイッ

楓「ありがとうなの花子ちゃん、いただきますっ」スッ

花子「……」チラッ

楓「あー……んっ。もぐもぐもぐ……」

花子「……」ドキドキドキドキ

楓「……とってもおいしいのっ」ニコッ

花子「っ……ほ、ほんと?」

楓「ほんとなの。楓、シャケのおにぎり大好き~」

花子「……知ってるし」ポソッ

楓「花子ちゃん?」

花子「な、なんでもないしっ。ほら、卵焼きもおいしいし、食べて」スッ

楓「わぁい、ありがと~」モグモグ

花子「……♪」



54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 03:04:41.70 ID:dA4+JxRl0

櫻子「……」

向日葵「……」

櫻子「おなかペコい」グー

向日葵「奇遇ですわね……私もですの」グー

櫻子「あっそうだ」ガサゴソ

向日葵「?」

櫻子「……じゃんっ。おにぎり~」

向日葵「珍しく用意がいいんですのね……あの短時間で作ってきましたの?」

櫻子「いんや、花子に余分に握ってもらってた」

向日葵「……まあいいですけど……」



57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 03:11:21.17 ID:dA4+JxRl0

櫻子「ほい、ひとつくれてやろう」ホイ

向日葵「あ、ありがとう……」

モグモグ

向日葵「!」モグッ

櫻子「?」モグモグ

向日葵「これ、すごくおいしい……」モグモグ

櫻子「そう? 別に普通じゃん?」

向日葵「ええ、普通においしいですわ。塩加減もちょうどいいし、大きさも……楓に食べさせる為でしょうね、小さめに握られてますわ」

櫻子「へー」キュップイ

向日葵「……つまり、櫻子のおにぎりとは雲泥の差ってことですわ」

櫻子「なにをぅ!?」ムキー



63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 03:25:59.03 ID:dA4+JxRl0

向日葵「だって事実ですもの。花子ちゃんのおにぎりだったら毎日でも食べたいくらいですわ」ゴクン

櫻子「このっ……! そんなに言うんなら、向日葵が花子と付き合えばいいじゃん!」

向日葵「は、はあ? どうしてそうなるのよ……」

櫻子「そうなるよっ。花子の方がいいんでしょ? じゃあ付き合っちゃえよ!」

向日葵「方、って……恋人でなければおにぎりが食べられないわけでもないですし……そもそも、単なる思いつきですし……」

櫻子「お、思いつき? ほんとに……?」

向日葵「本当です。私が櫻子を野放しにしたら誰があなたの面倒を見ますのよ」

櫻子「なっ、なんだそれ! 人をペット扱いすんな!」

向日葵「限りなく近いようなものですわ」

櫻子「むっかー! ……って、ヤバいよ向日葵、花子たちがいない!」

向日葵「えっ!? しまった、櫻子と口喧嘩してる間に……!」

櫻子「追いかけよ。たぶんこっち!」ダッ

向日葵「ちょ、多分って! 勘で決められても……ああもう、待ちなさいったら!」ダッ



78: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 04:02:10.31 ID:dA4+JxRl0

タッタッタッタッタッ...

櫻子「いた! 向日葵あそこ!」

向日葵「本当にこっちで合ってましたわ……」

櫻子「私すごい!」エヘン

向日葵「……見つけたのは櫻子ですけど、見失ったのも櫻子ですからね……?」

櫻子「いーからほら、ちゃんと前見てろって」

向日葵「……お店に入っていきますわ。あれって、駄菓子屋さん?」

櫻子「ちょうどいいや、入り口の脇なら隠れられるよ」ササッ

向日葵「ええ、それで行きましょう」ササッ

櫻子「……」チラッ

向日葵「……」チラッ



84: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 04:24:36.73 ID:dA4+JxRl0

花子「楓、食べたいお菓子とかある? 買ったげるし」

楓「えっ……そんな、花子ちゃんに悪いの」

花子「べ、別に気にしないでいいのに」

楓「でも、楓も少しならおこづかい持ってるの。だから……」

花子「うぅ……だったら、花子が楓の好きなお菓子買って、楓は花子の好きなお菓子買って……交換、する?」

楓「ん……うん、それならだいじょうぶなのっ」ニパッ

花子「ほっ……じゃあ、楓は何がいい?」

楓「えっとねえっとね、んー……ふ菓子!」

花子「渋いし!」

楓「え、おかしいかな……?」シュン

花子「ぁ、べ、別におかしくない、おかしくないし!」アセアセ

楓「ほんとに?」

花子「ほんとほんと。じゃあ、楓はふ菓子ね。花子が買ってあげるし」

楓「花子ちゃんありがと~。花子ちゃんは何にするの?」

花子「んっと、花子はー……」ウーン



88: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 04:41:12.28 ID:dA4+JxRl0

櫻子「……楓はいい子だなー」

向日葵「花子ちゃんもね。気遣いの出来るいい子ですわ」

櫻子「私の妹だからね!」フフン

向日葵「……櫻子の妹なのに、が正しいと思いますわ」

櫻子「あんだとー!? 私になんか文句でもあんのかー!」

向日葵「大アリですわよ!? 日頃からしょっちゅう人におごらせといてふてぶてしいですわね!?」

...キャッキャッ

向日葵「! いけない、二人が出てきますわ!」

櫻子「うそ、やば!?」

向日葵「このままじゃ鉢合わせに……ッ櫻子!」ガバッ

櫻子「うおっ、なんじゃー!?」

ぎゅっ

櫻子「!!?」



89: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 04:50:58.03 ID:dA4+JxRl0

...テクテクテク

楓「わ……見て花子ちゃん、カップルさんが抱き合ってるの」キャー

花子「か、楓っ! こういうのは見ちゃダメだし!」メカクシッ

楓「楓たちもする?」

花子「し、しねーーーーしっ!」カァァァッ

テクテクテク...

向日葵「……」

櫻子「……」

向日葵「い、行きました……?」

櫻子「……っぽい……」

バッ

櫻子「ひっ、向日葵のヘンタイ! いきなり何すんの!」

向日葵「なっ……し、仕方ないでしょう!? ああでもしないと私達の顔を隠せなかったんですから!」

櫻子「言い訳すんじゃねー! 言い訳するくらいなら駄菓子おごれこの駄っぱい!」ガー

向日葵「早速たかってんじゃねーですわ!!」シャー



95: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 05:06:25.59 ID:dA4+JxRl0

……
…………
………………

櫻子「尾行なう」

向日葵「あなたtwitterとかやってないでしょうに」

櫻子「うん。だからあかりちゃんにメールしてる」

向日葵「真面目にやんなさいよ……」

櫻子「だーって、この距離じゃ何も聞こえてこないもーん」

向日葵「それは……あ、見なさい櫻子、二人が並木道に差し掛かりましたわ!」

櫻子「で?」

向日葵「鈍いですわね、あそこなら木に隠れて距離を詰められます。行きますわよ!」ダッ

櫻子「……いつの間にか向日葵の方がノリノリな気がする……」ダッ



96: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 05:24:55.34 ID:dA4+JxRl0

楓「ふわぁ……風が気持ちいいね、花子ちゃんっ」

花子「ん。晴れてよかったし」

楓「だねー」ニコニコ

花子「……」テクテク

キュッ

楓「え?」

花子「~っ」カァッ

楓「花子ちゃん、手……」

花子「かっ、楓がはしゃいで転んだら危ないから……それだけだから、別に、手、つなぎたいとかじゃ、ないし……」ゴニョゴニョ

楓「……」

花子「……っ」

楓「えへへ……わかったの、花子ちゃんっ」ニコッ

花子「………………、えへ」ニヘ

テクテクテク...



102: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 05:40:25.67 ID:dA4+JxRl0

櫻子「……」

向日葵「……」

櫻子「……なにあれ、素直じゃないなぁ」

向日葵「ですわね」

櫻子「もうどっからどう見ても楓のこと大好きなんじゃん。ねー?」

向日葵「ええ。一目瞭然ってやつですわ。花子ちゃん、あれで隠せてると思ってるのかしら……」

櫻子「まったく、なんでーツンツンしてるんだろはてー」ハテー<(。ε゚)>

向日葵「もっと自分の気持ちに素直になりませんと、あとで後悔するのは自分ですのにね」

櫻子「ほんとだよねー」

テクテクテク...



107: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 05:54:10.56 ID:dA4+JxRl0

……
…………
………………

櫻子「また公園なう……っと」メルメル

向日葵「やめなさいったら」

櫻子「つーかなんで二度目の公園?」

向日葵「散歩道の途中ですし、座れるからじゃ?」

櫻子「ふーん……にしても退屈なデートだなぁ、暇な奴らめ」

向日葵「いえ、暇とかその退屈なデートを尾行してる私達が言えた義理じゃないですけどね?」

櫻子「あ、でも見て見て! なんか怪しいふいんき!」

向日葵「雰囲気」

櫻子「ふいんき」

向日葵「……監視を続けましょう」

櫻子「?」

向日葵「……」コソッ

櫻子「……」コソッ



112: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 06:22:15.62 ID:dA4+JxRl0

楓「花子ちゃん、デートはもうおしまいなの?」

花子「ん、おしまい。……つまんなかったら、ごめん。デートとか、何していいか全然わかんなかったし……」ショゲッ

楓「ううん、とっても楽しかったの。花子ちゃんは?」

花子「う、うん……ま、まあまあ」

楓「そっかー」ニコニコ

花子「ぐ……」カァァ

楓「ねぇ、花子ちゃん?」

花子「なに?」

楓「デートの最後はいつものアレ、やってほしいの」

花子「えっ!?」

楓「やってほしいの。だめ?」

花子「だ、だって……ここ、人がいっぱいいるし……」モジモジ

楓「花子ちゃん……」ジッ

花子「うっ、ぅう……」タジッ



116: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 06:36:00.47 ID:dA4+JxRl0

櫻子「い、いつものアレ!? いつものってなに? ねえ向日葵、なに!?」アワアワ

向日葵「わ、私が知るわけありませんわ! 訊きたいのはこっちですわよ……!」ワタワタ

櫻子「どど、どーする? 強行突入しとく?」

向日葵「しとくったって……止めて、その後どう言い訳しますの? 妹のデートを尾け回してたとか、姉として中々最悪ですわよ!?」

櫻子「でも、だったらほんとにどーすんのってば!」

向日葵「わかんないわよっ! あああ……早くなんとかしないと、楓が毒牙に……!」

櫻子「むっ!? ちょっと待て向日葵、人の妹を毒呼ばわりとはどーゆー了見だよ!?」

向日葵「あ、いえその、今のは言葉のアヤで……」

櫻子「だいたい、楓の方がうちの花子をたぶらかしてんじゃないの!?」ガー

向日葵「はあ!? あなた、私の楓のマジ天使ぶりを侮ってんじゃねーですわよ!」シャー

ギャアギャア

櫻子「……あっ!? やばい向日葵、そうこうしてる内にふたりが!」

向日葵「えっ!?」



117: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 06:42:54.21 ID:dA4+JxRl0

花子「か、楓……」

楓「花子ちゃん……」



ぎゅー



花子「こ、これでいいっ?」カァー

楓「えへへ……うんっ、あったかーい」ギュッ



櫻子「∵」

向日葵「∵」



119: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 06:51:53.41 ID:dA4+JxRl0

花子「ぅぅぅ……は、恥ずかしいし……」カァー

楓「照れてる時の花子ちゃん、あったかいから大好きなのー」スリスリ

花子「ふにゃっ!? か、かえでっ、あんまり動かないでほしーしっ……!」プルプル

楓「えへへ、ごめんなさいなの」テヘペロ

花子「もぉ……」プクー

ガサガサ

櫻子「あ、アホくさ……!」

向日葵「ですわね……私達は小学生と幼稚園児を相手に何を懸念していたんでしょう……」

櫻子「……もー帰る?」

向日葵「帰りましょうか……そういえば夕飯の買い物とか、家事全般スルー余裕でしたわ」

櫻子「あ、うちもだ。向日葵、うちの分もやれ!」

向日葵「死後さばきに合え」

ガサガサ...

花子「……」

楓「……」



125: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 07:15:44.29 ID:dA4+JxRl0

花子「……行った?」

楓「うん、行ったの」

花子「なんかごめんね楓。たぶん……絶対、櫻子が言いだしっぺだし」

楓「櫻子お姉ちゃんを怒らないであげて? 楓のおねえちゃんも、意外とアレだから……」

花子「……どこの家も、末っ子は大変だし」

楓「大変なのっ。……花子ちゃん」

花子「ん?」

楓「おねえちゃんたちもいなくなったし……本当の、いつものアレ。したいの」

花子「ほ、本当の……」カァッ

楓「うん。お目め、閉じてて……?」

花子「……んっ」ギュッ

ちゅー



128: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 07:24:39.73 ID:dA4+JxRl0

楓「……」

花子「……っ」

楓「えへへ……ちゅーしちゃった」

花子「う、うん。しちゃった、し」

楓「そろそろ花子ちゃんからもしてほしいの」

花子「ぅ……そ、それは……まだ、恥ず……」ゴニョゴニョ

楓「……もぉ。花子ちゃん、かわいすぎるのっ」チュッ

花子「ひぁ!? か、楓、不意打ちは反則だし!」

楓「」チュッチュッチュー

花子「にゃあっ!? ちょ、かえで……やめ、んっ、むぅ……ん……」

楓「んっ……花子ちゃん、大好きなの」ニコッ

花子「は、花子も……好き。楓、大好き……」ギュッ

楓「……えへへ……」ギュウ



綾乃「∵」



129: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 07:25:26.54 ID:dA4+JxRl0

久しぶりの反則技で一発レッド退場おやすみなさい。流行れ楓花


元スレ
向日葵「楓の様子がおかしいですわ……」