1: ◆ukgSfceGys 2019/03/10(日)13:23:06 ID:CHa

モバマスSS、台本形式
千夜&イベコミュのネタバレ注意、砂糖成分多目注意
(解釈違いだったら)すまんな



2: ◆ukgSfceGys 2019/03/10(日)13:23:43 ID:CHa

◆◇◆

千夜「あなたは……アイドルプロデューサー?」

モバP「えぇ、そうです」


千夜「お嬢さまから『ここへ行け』と言われたと思ったら……。まさかこんなところとは……」

モバP(以下P)「先ほども説明いたしましたが、ここはアイドルのオーディション会場です。どうです?アイドルになりませんか?」

千夜「……お話は分かりました。では、アイドルのお仕事、承ります」

P「え?いいのですか?」

千夜「意外に思われるでしょうが、これも戯れでしょう。なら、つきあうのみです」

P「戯れでもなんでも構いませんよ。有望なアイドルの原石が転がっているなら、是が非でも拾いに行きます」

千夜「私にそんなこと言うなんて、アイドルのオーディションというものは形式的なものなのですね」

P「いや、そういうわけでは……」

千夜「まぁいいです。今後についての詳細は別途連絡してください。では」バタン

P「……」

P「"お嬢さま"に負けず劣らず、良いアイドルになると思うんだけどなぁ……」



3: ◆ukgSfceGys 2019/03/10(日)13:24:36 ID:CHa

◆◇◆

千夜「あなた……いえ、お前くらいでいいか」

P「ん?なんだ?」



4: ◆ukgSfceGys 2019/03/10(日)13:25:33 ID:CHa


千夜「いえ、お前の仕事ぶりを見ていると、思うところがあります」

P「どうかしたか?」

千夜「私をアイドルにするのはいいですが……。こう、やけに手回しが良かったなと思いまして」

P「あー、なんだ、そんなことか」

千夜「そんなこと、とお前に言われるのはシャクですが……。まぁ、私はお嬢さまのついでみたいなものですからね。たいして手間もかからなかったのでしょう」

P「そんなことないんだけどなぁ……」

千夜「お前もお嬢さまに振り回されたのでしょうから、『そんなことはない』なんてないでしょう」

P(むしろスカウトしたちとせより、あんな無茶なオーディションした千夜の方が社内処理に手間かかったんだよなぁ)

千夜「……まぁ、いい。こんな私でも今はアイドルになってしまったのです。そんなことをしたお前の仕事ぶりには……笑えてくる、といえば、理解できますか」

P「言ってくれるなぁ……。これでも頑張ったんだぞ?」

千夜「お前がお前自身の為に頑張るのは当たり前でしょう」

P「そりゃまぁ……。確かにそうだな」

千夜「分かればいい、分かれば」

P(まあ、でもこれ絶対"お嬢さま"のためだと勘違いしてるよなぁ……。別に良いけど)

千夜「……?どうかしました?なにか私の顔についてますか?」

P「いや何でもないよ」

千夜「何でもないならこちらをじっと見ないでください」

P「ひどい……」



5: ◆ukgSfceGys 2019/03/10(日)13:26:37 ID:CHa

◆◇◆

千夜「おい、お前」

P「ん?なんだ?」



6: ◆ukgSfceGys 2019/03/10(日)13:28:23 ID:CHa


千夜「この衣装はなんだ?」

P「この衣装は……って、デビューのための衣装だが?衣装合わせに何か問題でも?」

千夜「お前はこの衣装が世間一般的に何と呼ばれているか知っていますか?」

P「メイド服だろ?」

千夜「分かっててやったのですか。お前が日々考えていたアイドル像が、この姿……へぇ……」

P「なんだ気に入らないのか?似合っていると思ったんだが」

千夜「くっ……。似合っているという表現が、どんな時でも褒め言葉になると学校で習いましたか?」

P「学校ではそんなこと習わなかったなぁ……。というか担当アイドルを褒めるのに学校なんて不要だよ」

千夜「嫌味もわからないのですか?」

P「残念ながらそれも学校では習わなかったんでな。でもなんだかんだ言って、良い衣装だろ?」

千夜「儀礼的であったとしても、分かりやすくて面白いものを。お前の考えた私のアイドル像とは、そういうものなのですね」

P「まずはな。折角『お嬢さまに仕えている』なんていう特徴があるんだ。アイドルとして覚えてもらうのにこれ以上ない特徴なんだから、活かさない手はないさ」

千夜「……まぁいいでしょう。私という人形を、上手く使いこなすさまを見せてください」

P「……俺はお前を人形だなんて思ってないさ」

千夜「そんな歯が浮くような台詞を……。まぁ、いいでしょう。演技をすればよいのでしょう。アイドルには、アイドルの演技を。どうせその内にいなくなりますから。それまで邪魔します」

P「なるべく千夜を長い間アイドルとして輝かせるのが俺の仕事なんだけどなぁ……。まぁいいや、これからよろしく頼むよ」

千夜「ご勝手に。衣装合わせはもういいでしょう。この衣装を脱いで、レッスンに行ってきます」

P「おう、頑張ってな」



7: ◆ukgSfceGys 2019/03/10(日)13:30:12 ID:CHa

◆◇◆

千夜「おい、お前」

P「ん?なんだ?」



8: ◆ukgSfceGys 2019/03/10(日)13:32:03 ID:CHa


千夜「お嬢さまとのユニットなど、よく思いつきましたね」

P「んー、まあな。スカウトした時から考えてたことでもあるし」

千夜「ほぅ?では最初からそういうつもりだったわけですか」

P「でも二人の仲の良さがあってこそだぞ」

千夜「仲の良さ……まあ確かに世界で一番、お嬢さまを知っているのはこの私でしょうが」

P「そうだろ?ならユニットでも上手くいくさ」

千夜「……でも、だからこそ心配なのです。お嬢さまの隣に立つのが私で良いのかと……。お嬢さまに並び立つことができるのかと……」

P「出来るさ」

千夜「何を根拠に」

P「それは……俺が千夜とちとせのプロデューサーだからかな?」

千夜「は?」



9: ◆ukgSfceGys 2019/03/10(日)13:33:26 ID:CHa


P「千夜を見たときになんとなくそう思ったんだ。『ちとせと組ませたら面白くなる』って」

千夜「そんな勝手な……」

P「確かに勝手かもな。俺だってまだ千夜のことを少ししか知らないし、全てを知ってるわけじゃない」

千夜「そうでしょう。そもそもまだ知り合ってあまり日も経ってないですし」

P「そうだな。でも一目見た時に『これはいける』と思ったんだ。多分、二人の仲もそうだし、千夜自身のポテンシャルも感じ取れたんだ」

千夜「……随分と高く買っているのですね。お嬢さまならともかく、この私を」

P「じゃなきゃ"お嬢さまの戯れ"だとしても千夜をアイドルになんかしないさ」

千夜「……」

P「だから大丈夫。千夜とちとせなら絶対出来る。会ったばかりの俺をまだ信頼できないかもしれないけどさ」

千夜「……」

P「信じてるぞ、千夜」

千夜「……まぁ、期待されてることは分かりました。善処はします……」



10: ◆ukgSfceGys 2019/03/10(日)13:34:35 ID:CHa

◆◇◆

千夜「おい、お前……」

P「ん?なんだ?」



11: ◆ukgSfceGys 2019/03/10(日)13:36:30 ID:CHa


千夜「その……昨日は、ありがとう……ございました」

P「ユニットライブの打ち上げのことか?いいんだよ、いつもやってることだから」

千夜「それもありますが……。お嬢さまとユニットを組ませて頂き、あのステージを用意してくれたこともです」

P「……」

千夜「従うだけだった私が、お嬢さまと並び立つ機会を得られた。そして並び立つことも出来た。これはお前がいなければ、出来なかった経験です。感謝してます」

P「……」

千夜「どうしたのですか?鳩が豆鉄砲食らったような顔をして」

P「……本当に変わったな、まさかあの千夜がそんなことを言ってくれるなんて」

千夜「だから言ったでしょう、お前に変えられてしまったのだと」

P「ちとせも言ってたけど、いい変化だよ」

千夜「そう……ですね。きっとそうなのでしょう」

P「ついでに俺への呼び方も変化したりしない?」

千夜「は?どうしてですか?」

P「デビュー衣装の件はともかく、今回の件で俺を尊敬したかなーって思って」



12: ◆ukgSfceGys 2019/03/10(日)13:37:42 ID:CHa


千夜「はぁ……」

P「ため息をつかれた……」

千夜「そういうところですよ。自分で言ってしまうところが残念です」

P「辛辣」

千夜「大体、私もお前もお嬢さまに振り回される身。同じような身の上なのですから、やはりお前の呼び方なんて『お前』で充分です」

P「そんな……今回のライブまでの出来事を通して、親密度が上がって、アイドルの信頼を得られたと思ったのに……」

千夜「やけに説明口調っぽいですね……」

P「まぁ、いいや」

千夜「……自分で言っておきながら、なんだか軽くありませんか?」

P「大切なのは呼び方じゃなくて、実際の関係だからな」

千夜「ほぅ?」

P「呼び方はなんであれ、千夜から信頼されればそれでいいし、信頼されるように努力するだけさ」

千夜「……」

P「だからこれからもよろしくな、千夜」

千夜「……まぁ、考えておきます」

P「おぅ、よろしく」



13: ◆ukgSfceGys 2019/03/10(日)13:39:00 ID:CHa

◆◇◆

P「なぁ、千夜」カタカタ

千夜「なんですか?」



14: ◆ukgSfceGys 2019/03/10(日)13:40:11 ID:CHa


P「コーヒー淹れてくれない?」カタカタ

千夜「何故私に?」

P「いや、この前、事務所でちとせにコーヒー淹れてたのを見てさ。すごく美味しそうな匂いしてたから気になってさ」

千夜「お嬢さまならともかく、お前のリクエストに応える義務はありません。コーヒーなら自分でどうぞ」

P「担当アイドルが冷たい……。仕事を頑張ってやってるというのに……」

千夜「お前がお前自身の為に頑張るのは当たり前でしょう、と前にも言ったでしょう?」

P「シクシク」

千夜「大の男が泣いても気持ち悪いだけです」

P「そして容赦の欠片もない……」

千夜「お前に対して容赦する必要はないですからね」スック

P「あれ?給油室の方に行くのか?あんなこと言いつつコーヒー淹れてくれたり?」

千夜「違います。お前とコーヒーの話をしてたら自分で飲みたくなっただけです」

P「……さいでっか」



15: ◆ukgSfceGys 2019/03/10(日)13:42:39 ID:CHa

=====
===
=

P(あー……コーヒーのいい匂いがしてきたなぁ……。同じ品物のはずなのに、俺が自分で淹れるのとどうしてこんなにも違うんだろうか?)

千夜「ふぅ……」

P「おかえり、千夜……ってあれ?」

P(カップを二つ持ってる?)

千夜「両手が塞がると不便ですね」コトッ

P「千夜……これは?」

千夜「考え事をしていたら多く淹れすぎただけです」

P「え?」

千夜「捨てるもの勿体ないので、ここに置いておきます。飲むなら勝手にどうぞ」

P「……ありがとな、千夜」

千夜「礼を言われる筋合いはありません。お前のためにやったわけではありませんから」

P「それでも嬉しいよ」ズズッ

千夜「そうですか」

P「あぁ……美味いな」

千夜「…………」



16: ◆ukgSfceGys 2019/03/10(日)13:44:00 ID:CHa

◆◇◆

千夜「おい、お前」

P「ん?なんだ?」



17: ◆ukgSfceGys 2019/03/10(日)13:45:34 ID:CHa


千夜「お前、昼飯にそんなものを食べてるのか」

P「そんなものって……。コンビニ弁当の何が悪いんだよ」

千夜「お前は昨日の昼飯を覚えているか?」

P「カップラーメンだったけど?」

千夜「一昨日は?」

P「時間がなくて、ウィダーインゼリーとカロリーメイトだったな」

千夜「その前日は?」

P「確か……コンビニ弁当だったな」

千夜「全く……。気づいていないかもしれませんが、最近見る限りそればかりですよ」

P「いや……昼は何かと忙しくてな。つい、こういう簡単なものに頼ってしまうんだよ」

千夜「そうですか……。まぁ、お前も日中はお嬢さまのプロデュースで忙しいでしょうからね」

P「そうそう」

千夜「ただ……よもや、朝食や夕食もそんな調子ではないでしょうね?」

P「……」

千夜「……」

P「…………」



18: ◆ukgSfceGys 2019/03/10(日)13:46:26 ID:CHa


千夜「…………はぁ……」

P「……なんか……すまん……」

千夜「お嬢さまをみているお前がそんな調子でどうするのですか。そんな生活していればいつか倒れますよ?」

P「……すまん」

千夜「お前が倒れたら一体誰がお嬢さまのプロデュースをするのですか?もっと責任感を持って生活しなさい」

P「……はい」

千夜「……とはいえ、男の一人暮らしではいくら気を付けようとも限界があるでしょう」

P「……うん?」

千夜「だから……」

P「……だから?」

千夜「……その……お前の分の昼飯くらいは用意することだってできるのですよ……?」

P「……うん?」

千夜「だ、か、ら!お前の分の弁当を用意したっていいのですよ!どうせお嬢様や私の分も用意するので、手間は一緒なのですから!」

P「お、おう……。……ん?それって千夜が俺の分の弁当を作ってくれるって話……?」

千夜「……ッ!察しの悪い奴は嫌いですよ!」

P「え?あぁ……。うん、じゃあ頼むよ……」

千夜「分かればいい。……長居しすぎました。それではレッスンに行ってきます」バタンッ

P「……」

P「なんか押し切られちゃったけど、俺、もしかしたら現役JKアイドルの手作り弁当を毎日食べる流れになってる……?」



19: ◆ukgSfceGys 2019/03/10(日)13:47:56 ID:CHa

◆◇◆

ちとせ「ねぇ、千夜ちゃん?」

千夜「なんでしょうか、お嬢さま?」



20: ◆ukgSfceGys 2019/03/10(日)13:49:23 ID:CHa


千夜「夕食のことでしょうか?それなら今ちょうど、支度ができたところです」

ちとせ「あ、うん。そうじゃなかったんだけど……。まぁいいや、ありがとう。まずは食べよっか♪」

千夜「はい」

ちとせ「ねぇ、千夜ちゃん、そういや最近どう?アイドルの方は?」

千夜「どう、とは……?同じ事務所でプロデューサーが同じなのですから、状況はある程度は分かっていらっしゃるのでは?」

ちとせ「んー……確かにそうなんだけど……。最近、別々のお仕事が増えてきたじゃない?」

千夜「確かにユニットとして動くことが以前より少なくなってきましたね」

ちとせ「というより、他のアイドル達とのお仕事が増えてきたんじゃない?」

千夜「振り返ってみれば確かに……」

ちとせ「多分あの魔法使いが意図的にやってるんだろうけど。色んな千夜ちゃんが見れて私は嬉しいよ♪」

千夜「お嬢さま……」

ちとせ「だから最近の千夜ちゃんについて知りたいなって思ってね。前は楽しいって言ってくれたけど、最近はどうかなって思って。それにどうせなら、私は千夜ちゃんの口から聞きたいし♪」

千夜「なるほど、そういうことでしたら」



21: ◆ukgSfceGys 2019/03/10(日)13:50:16 ID:CHa


ちとせ「で、どう?」

千夜「そうですね……。前よりももっと楽しめるようになった……と思います」

ちとせ「ふーん?」

千夜「仕事の内容も私が望むもの……というより合っているものが多いので、やりやすいですし」

ちとせ「ふんふん」

千夜「正直『こんなことまでやるのか』と思う時もありますが、後々振り返ってみれば、良い経験になることが多いです」

ちとせ「思った以上に楽しめてるみたいだね、アイドル」

千夜「そう……でしょうか……?」

ちとせ「顔を見ればすぐ分かるよ。なんたって世界で一番、千夜ちゃんのことを知ってる私がそう思うんだもん。良かったね、千夜ちゃん♪」

千夜「お嬢さまにそう言って頂けるなら……アイドルを続けてる甲斐があったというものです」

ちとせ「うんうん」

千夜「……まぁ、そのアイドルの仕事もあいつが企画していると思うと少しシャクですが……」

ちとせ「うん?あの魔法使いのこと?」

千夜「あ、いえ……特に何でもありません」

ちとせ「じー」

千夜「お嬢さま、そういうものは普通は声に出さないものですよ」

ちとせ「……そういや最近、別々の仕事が多いけど……。つまりは千夜ちゃん、魔法使いと二人きりになること多いんじゃない?」



22: ◆ukgSfceGys 2019/03/10(日)13:51:05 ID:CHa


千夜「」ピクッ!

ちとせ「なんかあたしと一緒にいる時でも、偶に魔法使いの方を目で追ってる時があるし」

千夜「」ピクピクッ!

ちとせ「そういや前にお弁当を作ってた時に、私と千夜ちゃんには入ってなかった料理をわざわざ作ってなかったっけ?」

千夜「」ピクピクッピクッ!

ちとせ「…………千夜ちゃん……もしかしてさ……」

千夜「お、お嬢さま……?」

ちとせ「あの魔法使いのことが好きなの?」

千夜「……」

ちとせ「……」

千夜「…………」

ちとせ「…………」

千夜「………………」



23: ◆ukgSfceGys 2019/03/10(日)13:51:41 ID:CHa


ちとせ「千夜ちゃん?」

千夜「な、なんでしょうか、お嬢さま……?」

ちとせ「固まってるけど大丈夫?」

千夜「え、えぇ、大丈夫です。逆にお尋ねしますが、何故私が大丈夫ではないと思われたのですか?」

ちとせ「どう考えても動揺してるじゃない?千夜ちゃんったら、かーわいい♪」

千夜「」シーン

ちとせ「あら……これは本格的にダメそうね」

千夜「……どう、なのでしょうか……?」

ちとせ「どう、とは?」

千夜「私は……あいつのことが……その……す、す、好き、なのでしょうか……?」

ちとせ「うーん……」

千夜「お嬢さまは……どう思われるのですか?」

ちとせ「私?私の意見はねー」

千夜「……」ゴクリッ



24: ◆ukgSfceGys 2019/03/10(日)13:52:19 ID:CHa


ちとせ「教えなーい♪」

千夜「え?」

ちとせ「だって、それって私の意見でどうこうなるものじゃないでしょ?それに千夜ちゃんだと、私の意見に引っ張られて、余計に混乱しそうだし」

千夜「そ、それは……」

ちとせ「だからね、千夜ちゃん。私はね、千夜ちゃんの心に従って欲しいと思うの。『私の僕』じゃなくて『白雪千夜』として答えを見つけて欲しいの」

千夜「私の心に……」

ちとせ「そう。でもきっと千夜ちゃんなら必ずできる。世界で一番、千夜ちゃんのことを知ってる私が、そう保障してあげる」

千夜「お嬢さま……。分かりました……お嬢さまがそこまで仰られるなら、必ず答えを見つけてみせます」

ちとせ「うんうん♪楽しみにしてるね♪」

千夜「はい」



25: ◆ukgSfceGys 2019/03/10(日)13:54:46 ID:CHa


ちとせ(まぁ、どう見ても千夜ちゃんは恋しちゃってるんだけどね……。あの魔法使いに負けず劣らず、千夜ちゃんも鈍感だから、これくらい言わないと絶対気が付かないだろうし……というか認めないだろうし)

ちとせ(それはそれとして、もうちょっと焚きつけよっかな?そっちの方が面白そうだし♪)

ちとせ「そういや今度、魔法使いと二人で出かけるんだよね♪二人ともオフの時に♪」

千夜「えっ?!」

ちとせ「確かその日の千夜ちゃんはー……一日中予定が入ってた気がする♪」

千夜「一体なんですか!それは!」

ちとせ「あれ?言ってなかったっけ?」

千夜「聞いてません!あいつと二人きりなんて……お嬢さまの身が危ないですよ!」

ちとせ「え?そう?千夜ちゃんはよく二人きりになってるのに?」

千夜「それは仕事だからです!オフの時など会ったことありません!」

ちとせ「あら、そうなの?まあ大丈夫でしょ、彼、紳士的だし♪」

千夜「そういう問題では……」

ちとせ「じゃあ、どういう問題かしら?あ、千夜ちゃんも今度誘ったら?確か今度のオフの日、彼も空いてたはずだから♪」

千夜「だからどうしてそうなるのですか!」

ちとせ「もたもたしてると、彼、私の魅力に憑りつかれちゃったり?」

千夜「……」

ちとせ「そうでなくてもライバルは多そうでしょ?なら、早めに誘った方がいいんじゃないかな?」

千夜「…………考えておきます……」



26: ◆ukgSfceGys 2019/03/10(日)13:56:02 ID:CHa

◆◇◆

千夜「お、おい、お前……」

P「ん?なんだ?」



27: ◆ukgSfceGys 2019/03/10(日)13:56:30 ID:CHa


千夜「そ、その……この前のオフにお嬢さまと遊びに行ったそうだな?」

P「ん……?あ、あぁ……あのことか。確かに一緒に出掛けたぞ。ちとせから聞いたのか?」

千夜(やはり、本当だったのですね……!い、いえ、お嬢さまを疑ったわけではありませんが……)

P「まぁ、遊んだというより一日中振り回されたと言った方が正しいけどな」

千夜(こうなれば致し方がない……。言うしかない、言うしかないが……。お嬢さまなら……お嬢さまなら、こんな時なんて言う……?)

P「おかげでオフだというのにすっかり疲れちまったよ……って、千夜?話を聞いてるか?おーい?」

千夜「お、おい!お前!」

P「おぅ……!なんだ、急に……?」

千夜「明日のオフ、私に付き合え!」

P「は?」

千夜「だから私に付き合えと言っているのだ!お嬢さまと同じように!」

P「え?ちとせと三人で?」

千夜「え……あ……うっ……」

P「どうした口をパクパクさせて。いいぞ、千夜がいるなら、ちとせも少しは手加減してくれるだろう」

千夜「二人で……」ボソッ

P「ん?」

千夜「二人で、だ!お嬢さまはいらっしゃらない!」

P「は?」

千夜「明日、十二時に駅で集合です。分かりましたか?分かりましたよね?」

P「分かり……ました」

千夜「それならいいです。では、明日」パタン

P「……」

P「嵐のような勢いだったな……」



28: ◆ukgSfceGys 2019/03/10(日)13:57:18 ID:CHa

◆◇◆

P「ん?千夜か?」

千夜「えぇ、はい」



29: ◆ukgSfceGys 2019/03/10(日)13:58:51 ID:CHa


P「ビックリした。いつもと服装の雰囲気が全然違ったから、一瞬気が付かなかったよ」

千夜「……変装も兼ねてますから」

P「あぁ、なるほどね。でも似合ってて可愛いぞ。こういう路線も全然有りだな」

千夜「……」バシッ!

P「イテッ!いきなり何するんだよ!」

千夜「虫がいたので」

P「絶対嘘だろ……。まぁ、いいや、これからどうするんだ?」

千夜「えっ?」

P「えっ?って、昨日『付き合え』って言っただろ?どこか行きたいところがあるから誘ったんじゃないのか?」

千夜「……」

P「……」



30: ◆ukgSfceGys 2019/03/10(日)14:00:16 ID:CHa


千夜(しまった……誘うのと今日の準備で頭が一杯になって、肝心なことを忘れていた……)

P「おーい、千夜ー?」

千夜(どこへ行く?全く思いつかない……。こういう時に『行きたいところ』など、今まで考えたこともなかった……)

P「……とりあえずさ、昼飯時だし、まずは飯を食おうか。オススメの場所があるんだ」

千夜「そ、そうなのですか。なら、そのお前のオススメとやらを吟味してやります」

P「……なんでそんな上から目線なの?」

千夜「……」バシッ!

P「イテッ!」

千夜「うるさい。いえ、失礼、うるさい虫がいたので」

P「……なんか理不尽」



31: ◆ukgSfceGys 2019/03/10(日)14:00:52 ID:CHa

◆◇◆

千夜「おい、お前」

P「ん?なんだ?」



32: ◆ukgSfceGys 2019/03/10(日)14:01:44 ID:CHa


千夜「なんだ……その……いやに手馴れてたじゃないか」

P「今日のことか?」

千夜「えぇ、そうです」

P「んー?まぁ、なんとなく行きたい場所に行っただけだよ」

千夜「……もしかして、前にお嬢さまと行った場所と同じところを?」

P「そんなわけあるか。ちとせの時は振り回されっぱなしだったって言っただろ?」

千夜「じゃあ、今日行った場所は……」

P「だから言ったろ?行きたい場所に行っただけだと」

千夜「そうですか。なら夜景が見えるこの場所も、お前の行きたかったところだと」

P「そうだ」

千夜「……夜景が綺麗ですね」

P「そうだな」

千夜「それに周りも静かです」

P「そうだな」

千夜「まるでここは……」

P「ここは……?」

千夜(まるでここは……恋人達が逢引する場所だとか思ってしまったじゃないか!この馬鹿!)



33: ◆ukgSfceGys 2019/03/10(日)14:02:56 ID:CHa


P「おーい、千夜?また、固まってるよ……。今日はなんだか多いな……」

千夜「何でもない、何でもないです!というか一体何なのですか!こんなキザな場所に連れてきて!」

P「……実はな、さっき今日は『俺が行きたい場所』って言っただろ?」

千夜「え、あぁ……」

P「それはな、『千夜と一緒に行きたい場所』っていう意味だったんだよ」

千夜「え?」

P「なにもな、俺だって考え無しにこんなところに連れ回したりしないよ」

千夜「それはどういう……」

P「千夜、今日は楽しかったか?」

千夜「……えぇ、とても。それこそ、今まで経験したことないくらいに」

P「そうか……それは良かった」

千夜「良かった……?お前はそれだけで満足なのですか?」

P「え?」

千夜「だ、か、ら!それだけで満足なのですかと聞いているのです!」

P「……千夜、顔がめっちゃ赤いぞ」

千夜「誰のせいだと思ってるのですか?」

P「……すまん」

千夜「いま必要なのは謝罪の言葉ですか?」

P「…………すまん」

千夜「……三度目はありませんよ?」

P「その、すm……いや、今言うべき言葉はこれじゃないな」

千夜「……」

P「千夜、俺はお前のことが──」



34: ◆ukgSfceGys 2019/03/10(日)14:04:00 ID:CHa

◆◇◆

千夜「お、おい……あ、あなた……?」

P「え?今なんて?」



35: ◆ukgSfceGys 2019/03/10(日)14:05:26 ID:CHa


千夜「なんでもない」

P「いま、俺のことを『あなた』って呼ばなかった?」

千夜「なんでもない!」

P「なんだ……。折角恋仲になったのだから、呼び方を変えてくれるかと思ったのに」

千夜「ウッ……。そ、そうです、そう思ったから変えて呼んでみたのです!」

P「嬉しいなぁ」

千夜「でも実際呼んでみたら、予想以上に気持ち悪かったです。鳥肌がたちました」

P「……悲しいなぁ」

千夜「なので、そう呼ぶのはやめようと思います」

P「…………寂しいなぁ」

千夜「大体、いきなり距離感が変わるというのも変でしょう。今までこれでやってきたというのに」

P「まぁ、確かにそれもそうだがな」

千夜「それに……その……」

P「ん?」

千夜「……お前はこのままの私を好きになってくれたんだと思ってます。無理に変える必要がありますか……?」



36: ◆ukgSfceGys 2019/03/10(日)14:06:10 ID:CHa


P「……」

千夜「……」

P「……照れてる?」

千夜「照れてないです」

P「ホントに?」

千夜「三度目はありませんよ?」

P「……はい」

千夜「……ん、まぁ、ひとまずは今まで通り接してくれれば助かります」

P「まぁ、まだプロデューサーとアイドルだからな。そっちの方が良いかもな」

千夜「そういうことにしておいてください」

P「でも、いつかは『あなた』って呼んでくれたり……?」

千夜「……何を馬鹿なことを言っているのですか」

P「馬鹿って言われた……。デレるのをちょっと期待してたのに……」

千夜「そんな馬鹿なことを言っているから、一向に距離感が変わらないのですよ。だから──」



37: ◆ukgSfceGys 2019/03/10(日)14:06:58 ID:CHa




千夜「──お前の呼び方なんて、『お前』で充分ですよ。ばーか」フフッ





38: ◆ukgSfceGys 2019/03/10(日)14:07:23 ID:CHa

おわり



39: ◆ukgSfceGys 2019/03/10(日)14:09:30 ID:CHa

以上です。ありがとうございました。
千夜が可愛かったので勢い余って書きました。

甘くしないつもりだったのに気が付いたら甘くなってた…
(解釈違いだったら)すまんな…

千夜に『お前』と呼ばれながらもなんだかんだ良い感じに付き合っていきたい人生だった…


元スレ
千夜「おい、お前」モバP「ん?なんだ?」