1: ◆iv1d32We2. 2019/03/10(日) 23:53:54.61 ID:7MgvVA0M0

モバマスSSです



2: ◆iv1d32We2. 2019/03/10(日) 23:56:36.27 ID:7MgvVA0M0

~Single is Best !?~



3: ◆iv1d32We2. 2019/03/10(日) 23:57:27.92 ID:7MgvVA0M0

カシャ…ジー…カシャ…カシャ…

千奈美「……っ」スッ

カメラマン「千奈美ちゃん、今日も調子イイねー」

カシャ…キィ…カシャ…

千奈美「……っ」スッ

カメラマン「よーし、もういいよー」

千奈美(……)

千奈美「……随分あっさり言うじゃない」

千奈美「もっと色々試してもらってもいいけど?」

カメラマン「いやいや、これで充分! 千奈美ちゃん、キレイだからね!」

千奈美「そう。なら私はこれで。お疲れさまでした」

カメラマン「うん。次の子入ってー!」

スタスタ…

千奈美「……ふぅ……」

千奈美「さて、と」チラッ

モバP「……」

『近付く』<-select
『見つめる』
『「勿体なかった」』



4: ◆iv1d32We2. 2019/03/10(日) 23:58:18.66 ID:7MgvVA0M0

千奈美「どちら様かしら」

『自己紹介する』
『身分を証明する』
『「勿体なかった」』<-select

千奈美「え?」キョトン

モバP「今の撮影を勿体なかったと思える人間です」

千奈美「……何、あなた……」キッ

モバP「申し遅れました。私はこういう者です」スス…

千奈美「どうも。……アイドル事務所のプロデューサーさんだったのね」

千奈美(ということは今立ってる子の付き添いかしら)

千奈美「それで? 勿体ないってどういうこと?」

モバP「私ならまだ色々試したでしょう」

モバP「君自身にも意欲があった。みすみす逃すのは惜しいと思ったんです」

千奈美「ふうん……」

モバP「……」

千奈美「生意気なこと言うのね」



5: ◆iv1d32We2. 2019/03/10(日) 23:58:52.61 ID:7MgvVA0M0

千奈美「見ていたなら分かるでしょう」

千奈美「さっきのカットはほぼ一発O.K.」

千奈美「それとも、あなたのところのアイドルはあれ以上スマートにやれるのかしら?」

モバP「もっといい写真を撮れますよ」

モバP「彼女達ならそれが出来ますから」

千奈美「自信家ね。ちょっと冴えない感じなのに」フッ

『頬を掻く』
『「君も出来ますよ」』<-select
『「変えてみせます」』

千奈美「ありが……」

モバP「私の企画でなら、ですが」

千奈美(……!)ピクッ

モバP「千奈美さん。アイドルになりませんか」

モバP「君にはその素質があります」

千奈美「……本気で言ってるのかしら?」ギロ

千奈美「モデルの仕事ではそこそこ評価されてるの」

千奈美「私のファンは消しゴムでも喜んで買うでしょうね」

千奈美「そんな私がアイドルなんて」

モバP「上手くいかない、と?」



6: ◆iv1d32We2. 2019/03/10(日) 23:59:30.66 ID:7MgvVA0M0

モバP「負けず嫌いの君らしからぬ逃げ腰ですね」

千奈美「……本当に生意気。今立ってる子とあなたでは事務所が違うことに早く気付くべきだったわね」キッ

千奈美「下調べまでして私を目当てに……却って笑えてきたわ」

千奈美「第一、大きな口を叩いてるけど、そんな実力があなたにあるのかしら?」

モバP「腕には自信があります」

千奈美「へぇ……」

スタッフ「小室さーん、ちょっといいですかー!」

千奈美「あぁ、呼ばれてるわね」

千奈美「じゃあね、どこぞのプロデューサーさん」

スタスタ…

『追いかける』
『立ち去る』<-select
『引き留める』

千奈美「……」フリムキ

千奈美「……」

カタイヨー…モウイチマイ…ワラッテー…

千奈美(……)

千奈美「……アイドル……」

スタスタ…

good communication !!



7: ◆iv1d32We2. 2019/03/11(月) 00:00:06.75 ID:6DnwrFfa0

千奈美(不思議と……)

千奈美(突然現れたあの人に……怒れない私がいる)

千奈美(負けず嫌い。確かに私はそう言われてきた)

千奈美(今の立場もその賜物。私は自己プロデュースでここまで来た)

千奈美(そして学んだ……信頼は私を弱くする)

千奈美(なのに)

千奈美「……駄目ね」

千奈美(もうティップが折れるなんて)

千奈美「台無し」フゥ

千奈美(私の直感はあの人を選んでる)

千奈美(でも、それは)

千奈美(……)

千奈美(帰りましょう)

千奈美(お気に入りに囲まれて眠れば、きっと……)



8: ◆iv1d32We2. 2019/03/11(月) 00:00:56.64 ID:6DnwrFfa0

スタスタ…

千奈美(撮り直しなんて久し振り)

千奈美(まぁ、それでもすぐ終わったけど)

少女「んく、んく……」

少女「……ぷぅ」

千奈美(っと、自販機前に……、っ!)ササッ

モバP「ご苦労様」

少女「あっ。お疲れさまですっ」ニコッ

少女「すみません、ちょっと長引いてて」

千奈美(……思わず隠れちゃった)

モバP「普段の響子のイメージとは違うからなぁ」

少女「ホントですよ、家族に見せるのを考えると……///」

モバP「喜んでくれるんじゃないか?」

少女「そうですけど!」

千奈美(……)

少女「……あっ、もう行かないと……」

モバP「行ってらっしゃい。頑張ってね」

少女「!」パァッ

少女「はいっ!」ニコッ

トテテ…

千奈美「……」



9: ◆iv1d32We2. 2019/03/11(月) 00:01:44.18 ID:6DnwrFfa0

モバP「さて。どう思います?」

千奈美「っ」ギクッ

千奈美「振り向きもせず……流石ね」

モバP「気配には敏いんです」

千奈美(それはどうかしら)

千奈美「そうねぇ……男好きしそうな娘、ってところね」

千奈美「無理を強いて母親のように甘えさせられる」

千奈美「見下された、支配された、性的な娘」

モバP「いいんですか?」

千奈美「?」

『「そんなにご自身を卑下して」』
『「私はプロデューサーですよ?」』<-select
『「彼女が見ていますよ?」』

千奈美「あぁ、そんなこと」フッ

千奈美「褒め言葉を受け取れない男とは仕事しないから平気よ」

モバP「それは良かった」

モバP「……決心は出来ましたか?」スッ

千奈美(来た……!)

千奈美(この手を取れば、私は……)ドクン…

千奈美「……ふ、ふふっ」

モバP「……」

千奈美「諦めて頂戴? 私はモデルなの」

千奈美「あの娘をトップまで導いてあげて」スタスタ

モバP「そうですか……残念です」

千奈美「ああ、それと……」

千奈美「……いえ、じゃあね」

千奈美(聞き耳を立ててるアイドルさん)

normal communication !



10: ◆iv1d32We2. 2019/03/11(月) 00:02:26.65 ID:6DnwrFfa0

カシャ…ジー…カシャ…カシャ…

千奈美「……っ」スッ

カメラマン「うーん」

カチャカチャ…カシャ…ジー…カシャ…

千奈美「……っ」スッ

カメラマン「駄目だね」

千奈美「なっ……何、それ」

千奈美「随分あっさり言うじゃない」

千奈美「もっと色々試してもらってもいいけど?」

カメラマン「いやいや、悪くはないんだよ」

カメラマン「千奈美ちゃん、キレイだからね」

千奈美(だったら一体何が……?)

カメラマン「ま、今日はもう撮らないからさ」

カメラマン「悩みがあるなら誰かに相談してきなよ」

千奈美「……私、自己プロデュースなんだけど」

カメラマン「あー、うん、頑張ってね」

千奈美(……頑張ってね、ねぇ……)

千奈美「そう。なら私はこれで。お疲れさまでした」

カメラマン「うん。次の子入ってー!」



11: ◆iv1d32We2. 2019/03/11(月) 00:03:00.27 ID:6DnwrFfa0

スタスタ…

千奈美(あれ以来あの人は現れなくなった)

千奈美(けど……引っかかる)

千奈美(決心は出来ましたか……?)

千奈美(私はアイドルとモデルで迷っていたワケじゃない)

千奈美(アイドルになるのは不安が大きいからモデルでいたい、と……)

スタスタ…スタ…

千奈美「……」

千奈美(この決心って言葉……抱えているものが迷いでも不安でも意味が通じるのね)

テクテク…

千奈美(……アイドル)

千奈美(サービス業の極地よね、どんな想いにも応えるだなんて)

千奈美(媚びを売る仕事……誇りのない娼婦……)

千奈美(なら。アイドルの素質って、何?)

千奈美(私にあの人は何を見出したの?)

少女「あっ」

千奈美「ん……?」フリムキ

少女「あ、あはは……おはようございます」ニコッ



12: ◆iv1d32We2. 2019/03/11(月) 00:03:42.14 ID:6DnwrFfa0

少女「そんな小さい頃からですか?」

千奈美「この業界ならそう珍しくもないわよ」

千奈美(……仕事以外で初対面の相手にする話じゃないわよね、これ)

千奈美(それとも話をさせられているのか……)

少女「私の弟妹が今そのくらいなんですっ」

少女「こう、膝の上に乗るくらいの……!」

千奈美「え、流石にもう重くないかしら」

少女「持ち上げるのは大変ですよ。毎朝起こす時なんて日に日に重くなって……」

少女「でもその重さが嬉しいんですっ」ニコッ

千奈美「ふふ……」

千奈美(母性の塊みたいな娘ね……)タジッ

少女「成長の喜びを分かち合ってる感じがして!」

千奈美「……」



13: ◆iv1d32We2. 2019/03/11(月) 00:04:22.65 ID:6DnwrFfa0

少女「……なーんて」

少女「こんなこと言ってると友達にからかわれるんですけどね」

少女「ママみたいだー……って……」オズオズ

千奈美(……)

千奈美「ごめんなさい、私もそう思う」クスクス

少女「そんなぁぁ……」シューン

千奈美「それに、喜びだけじゃないでしょ?」

少女「ふぇ……?」

千奈美「……」

千奈美「悲しみまで分かち合うのは煩わしくない?」

少女「ん、んー……どうでしょう?」キョトン

少女「支え合うのが家族だと思いますし、それに」

少女「楽しいとつらいだけのことなんて忘れちゃいますよっ」

千奈美「……!」



14: ◆iv1d32We2. 2019/03/11(月) 00:04:55.49 ID:6DnwrFfa0

千奈美(たった今、確信した)

千奈美(この娘こそアイドルなんだと)

少女「?」ニコニコ

千奈美(私は……)

千奈美(協調こそしても同調はしない)

千奈美(信頼は必ず裏切られると思い)

千奈美(……自虐を糧にして生きてきた)

千奈美(それが、普通。それが凡人なりの信条)

千奈美「嫌なことを忘れて、ねぇ」

少女「そればっかりじゃ息が詰まっちゃいますから」フンス

千奈美(この娘はそうじゃない)

千奈美(つまり、媚びではなく純然な優しさ)

千奈美(それ故の屈託ない笑顔、ってこと?)

千奈美(そんなこと……)

千奈美「そう、かも知れないわね」

千奈美(受けた痛みを忘れるなんて……私には出来ない)

少女「はいっ!」ニコッ

千奈美(これがアイドルの素質……或いは)

少女「~♪」ニコニコ

千奈美(母親の素質……?)

千奈美「なんてね」フッ

少女「えっ」

good communication …… ?



15: ◆iv1d32We2. 2019/03/11(月) 00:05:25.24 ID:6DnwrFfa0

千奈美「あ」

モバP「おっと」

モバP「……君も順番待ちですか?」

千奈美「え、えぇ……ここのデザイナーさんには初めてお会いするけど」

モバP「……」

千奈美「……」

千奈美(居づらい……)

モバP「お久し振りですね」

千奈美「そうね」

モバP「取り敢えず座ったらどうですか?」

千奈美「どうも」ガタリ

千奈美「……」キッ

モバP「随分と嫌われましたね」

モバP「あぁ、いや……苛立っているんですか」

モバP「挨拶前の精神状態としては良くないのでは?」

千奈美「……そうね」メソラシ

モバP「ダーツは辞めたのですか?」

千奈美「な……っ?!」

『「その、指が……」』
『「狭い業界ですから」』<-select
『微笑む』



16: ◆iv1d32We2. 2019/03/11(月) 00:06:01.48 ID:6DnwrFfa0

モバP「知人もあそこの常連なんですよ」

モバP「殊に君は目立つ。若く、そして才能がある」

モバP「天性の……アイドルの素質が」ジッ

千奈美「……」

千奈美「諦めて、と言った筈よ」

モバP「……今更迫ることはしません」メソラシ

千奈美(どうかしらね)

モバP「しかし事実は事実。君はよく目立つんです」

モバP「だからこそ、バーに現れなくなってからは仕事が激減した。違いますか?」

ダンッ!

千奈美「あなたの仕業なの……?!」

モバP「だとしたら?」

千奈美(……双方メリットはない、か)

千奈美「……」ガタリ

モバP「冷静なようで何よりです」

千奈美(気障な人)

千奈美「冴えない感じなのに」ボソリ

モバP「……」

千奈美「……」

モバP「……何をそんなに」

『「嫌っているんですか?」』
『「恐れているんですか?」』
『「苦しんでるんですか?」』<-select



17: ◆iv1d32We2. 2019/03/11(月) 00:06:35.97 ID:6DnwrFfa0

千奈美「え……?」

モバP「その歳ならば不満を発散する術くらい心得ている筈です」

モバP「モデルなら尚更気を使うでしょう。その一つがダーツだった」

モバP「何故、辞めたんです?」

千奈美「……どうだっていいでしょう」イラッ

モバP「……」

千奈美(あなたのせいなのだから)

モバP「話せないことなら……仕方ないですね」

モバP「お気に入りを捨てられないのもまた人ですから」

千奈美(……そう、そうね)

千奈美(人は傷付かないでキレイには変われないもの)
 
モバP「……。矢っ張り……」

千奈美「?」

モバP「君には」

千奈美(待って、その先は聞きたく……!)

『「アイドルの素質がある」』<-select



18: ◆iv1d32We2. 2019/03/11(月) 00:07:12.48 ID:6DnwrFfa0

バンッ

千奈美「いい加減にして……っ」

モバP「……」

千奈美(言うつもりはなかったのに)

千奈美「私のどこにそんな素質があるって言うの?」

千奈美「純真でもないし、媚びも売れない」

千奈美「受けた痛みは忘れない女よ」

モバP「……」

千奈美(そんなつもりじゃなかったのに)

千奈美「大体、あなたはしつこいのよ」

千奈美「バカにしないで。こっちだってそれなりにこの業界に身を置いてるの」

千奈美「あなたみたいなのには何度も……!」

千奈美(違うのに……!)

千奈美「……」ウツムキ

モバP「……アイドルの素質とは」

モバP「信念だと思っています」



19: ◆iv1d32We2. 2019/03/11(月) 00:07:39.38 ID:6DnwrFfa0

モバP「意志を貫く力です。つまるところ誰でもなれる」

モバP「何を守りたいのか、は案外自分で気付けないものですけどね」

千奈美「……。顔は?」

モバP「生き方は顔に現れるものです」

モバP「個性も、特技も、経歴も同じこと……」

モバP「君もオーディションの経験はあるでしょう?」

千奈美「ふん……」ムスッ

モバP「……」

モバP「さて、時間なのでこれで」ガタリ

千奈美(えっ……私、まだ)

千奈美「待って」ガタッ

モバP「はい?」

千奈美「……っ」ドクン…



20: ◆iv1d32We2. 2019/03/11(月) 00:08:06.81 ID:6DnwrFfa0

千奈美(どうして私を……どうしたら……)

千奈美(私は……!)ドクン…

モバP「……ああ、そうですか」

モバP「なら……今日は一日」

『「仕事を楽しんできて下さい」』<-select

千奈美「!」ハッ

モバP「失礼します」

スタスタ…

千奈美(楽しむ……)

千奈美(義務ではなく、権利として……)

千奈美「……アイドル……」

perfect communication !!!



21: ◆iv1d32We2. 2019/03/11(月) 00:08:34.21 ID:6DnwrFfa0

カシャ…カシャ…カシャ…

千奈美「こう?」スッ

カメラマン「そう、それ」カシャ!

カメラマン「調子イイね、最高だよ」

カシャ…カチリ…カシャ…

千奈美「ふふ……」スッ

カメラマン「次、右肩入れてー」

千奈美(……初めて聞く指示ね)

千奈美「こう、かしら」スッ

カメラマン「ん? ……違う、けど……」

カシャ…カシャ…ジー…カシャ…

カメラマン「眼がいいねー。イイよー」

千奈美「眼……?」スッ

カメラマン「染められたいって気持ちが出てるよー」

ピリリリリリ…



22: ◆iv1d32We2. 2019/03/11(月) 00:09:07.07 ID:6DnwrFfa0

カメラマン「っと、ちょっと待ってねー」

千奈美「はーい」

千奈美(……染められたい……?)

カメラマン「あー、はい……分かりました」

カメラマン「ごめんね千奈美ちゃん、次の子が来てて」

千奈美「そう。なら私はこれで。お疲れさまでした」

カメラマン「待った待った。で、訊きたいんだけどさ」

カメラマン「次はいつ来れるかな?」

千奈美「次……明日は一日空いてますが」

カメラマン「じゃあ明日の朝イチね」

カメラマン「今日の撮影で色々発見があったからさー」

千奈美(……!)

千奈美「そうですか。ではまた明日もお願いします」

カメラマン「うん、よろしくねー。次の子入ってー!」



23: ◆iv1d32We2. 2019/03/11(月) 00:09:37.51 ID:6DnwrFfa0

メイク「どぉしたの、調子良さそうじゃなぁい」スッスッ

千奈美「……えぇ、お陰様で」

メイク「そう嫌な顔しないでよぉ」アハハ

メイク「何か秘訣あるのぉ? 実家帰ったとかぁ?」

千奈美(実家……あの成金の顔も何だか懐かしいわね)フッ

千奈美「さしずめ有終の美ってところかしら」

メイク「辞めるのぉ?」スッスッ

千奈美「そのつもり」

メイク「矢っ張り」

千奈美「……珍しく察しがいいのね」

メイク「それが仕事だもの」フフン

千奈美「は?」キッ

メイク「あたしの仕事はぁ、千奈美ちゃんをキレイに染めることっ」

メイク「今までは頑なだったもの。何かあったな、なんて誰でも思うよ」スッスッ

メイク「おかげで一段とキレイになったねぇ♪」ニコッ

千奈美「……はぁ……」



24: ◆iv1d32We2. 2019/03/11(月) 00:10:38.31 ID:6DnwrFfa0

千奈美(私が……変わりたがっている……?)

千奈美(他人に任せてキレイに……傷付かず……?)

千奈美「……」

千奈美(この頃仕事を楽しめているのはどうして?)

千奈美(それは……)

メイク「ほらっ、戻ってきてっ」パチン

千奈美「っ」ピクッ

千奈美「……今までありがとうございました」

メイク「またねぇ~」フリフリ

メイク「じゃなくて」ズイッ

千奈美「え」

メイク「分かってないみたいだから教えてあげる」

メイク「覚えておいて。千奈美ちゃん」

メイク「アナタ今、魔法が解けたシンデレラよ」



25: ◆iv1d32We2. 2019/03/11(月) 00:11:25.67 ID:6DnwrFfa0

・・・



26: ◆iv1d32We2. 2019/03/11(月) 00:11:55.79 ID:6DnwrFfa0

アシ「ここが彼女とそのプロデューサーのいる部署です」

千奈美「ありがとう。……よくあんな少ない情報で咄嗟に割り出せたわね」

アシ「これくらいなら嗜みですよ♪」ニッコリ

千奈美(この蛍光緑には逆らわない方が良さそうね)ヒクリ

アシ「では、私は先を急ぎますので」

トテテ…

千奈美「……あんなに白封筒を抱えて一体何を……」

千奈美「なんて、今はどうでもいいことよね」フゥ

千奈美(結局、私は直感に従ってここにいる)

千奈美(あの時の直感は正しいと思えたから。でも)

千奈美(そんな魔法の……直感の正体が分からない)

千奈美(ちゃんと靴を拾って……また上手くいき出したモデルの仕事を辞めてまで)

千奈美(魔法使いへ会いに行く私自身を理解出来ない)

千奈美(どうして?)カチャ…

キィィ…スタ…スタ…

千奈美(ほんの少しだけ、汚してほしいと思えるのは)



27: ◆iv1d32We2. 2019/03/11(月) 00:12:37.42 ID:6DnwrFfa0

少女「え……えぇっ?! あっ、あのっ!」ユサユサ

モバP「ん? 響子、どうかしたか?」

少女「プロデューサーさんっ、あの人……!」

モバP「おー、ちひろさん、か……?!」ガタッ

モバP「こほん。そのー、あー……君、どうかしましたか?」

千奈美(ここまで冴えない感じだったかしら……)

千奈美「改めまして、小室千奈美よ」

モバP「はぁ」ポカーン

千奈美「……何を驚いた顔してるのよ。相変わらず冴えないわね」

千奈美「私をアイドルにするんでしょう?」

モバP「それはその、不意を突かれたと言いますか」アセッ

モバP「え、アイドル? ……モデルのお仕事は?」アセアセ

少女「わぁっ、私も先輩になるんですねっ」ワクワク

千奈美(試すまでもなく失敗だったかしら……?)

千奈美「変えてみせてよ、私のこと。あなたなら出来るんでしょう?」

千奈美「あなたの腕、見せてみて頂戴」



『自動移籍』<-select?


元スレ
SS速報R:小室千奈美のコミュ