1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/26(日) 22:17:29.84 ID:d+g7FiSV0

エギル「へいらっしゃ・・・ってキリトか」

キリト「おうエギル」

リズ「・・・///」カァ

エギル「(またか・・・)」

キリト「今日も二階・・・使ってもいいか?」

エギル「・・・構わん。好きに使え」

キリト「サンキュー、エギル。じゃあ、行こうかリズ」

リズ「うん・・・///」

エギル「・・・・・・お盛んなこって」


アン!アン!キリトォ!!アッ、アッ

エギル「・・・・・・」



9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/26(日) 22:22:22.00 ID:d+g7FiSV0

キバオウ「おじゃまするでぇ」

エギル「お、おうらっしゃい」

キバオウ「探しとるアイテムがあるんやけど・・・」

リズゥゥゥゥゥ!!!パンパンパンパン

アン!!ダメェェェェ!!イクゥゥ!!ギシギシ


キバオウ「なんやこの声?上にだれかおるんか?」

エギル「ああ・・・いまはちょっとな・・・」



13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/26(日) 22:28:07.69 ID:d+g7FiSV0

ナカニダスゾ!!オラアアアアアア!!パンパンパン

キテェ!キリトノチョウダイ!!

キバオウ「・・・なんともいえんけど、ほどほどにしときいや」

エギル「お、おう。面目ねえ・・・」

リズウウウウウウウウウウウウ ハラメエエエエエエエエエエエエエエエエエ

イクゥウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウ!!




16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/26(日) 22:32:37.43 ID:d+g7FiSV0

キリト「またなぁリズ」

リズ「うん///じゃあね///」

バタン

キリト「・・・」

エギル「おいキリト」

キリト「なんだ」

エギル「ほどほどにしてくれ。マジで営業妨害だ」

キリト「おいおい、二階をいつでも使っていいって言ったのはそっちじゃないか」

エギル「そりゃそうだが、女を連れ込むために使ってもいいという意味じゃない」

キリト「わぁーたって。節度を弁えるよ」

エギル「それにな、女をとっかえ引っかえ食い散らかすのはやめとけ。いつか刺されるぞ」



20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/26(日) 22:38:21.77 ID:d+g7FiSV0

キリト「照れるぜ///」

エギル「褒めてねえぞ・・・この間は・・・シリカちゃんだっけか?あんなロリ・・・小さい子とヤるとかお前どうかと思うぜ?」

キリト「仕方ねえよ。そういう関係になっちまったんだからな」

エギル「助けるついでに喰っちまうお前の品性を疑うな俺は。なんにせよ本当に勘弁しろ。やるならせめて自宅でやれ」

キリト「エギルん家の二階じゃないと燃えないんだよなぁ。・・・わかったって。そう睨むな」

エギル(こいついつか殺す、男代表として)



31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/26(日) 22:43:36.51 ID:d+g7FiSV0

エギル「へいらっしゃ・・・これはこれは副団長殿じゃねえか」

アスナ「こんにちは。キリトくんいる?」

エギル「・・・おう、二階にいるぜ」

アスナ「上がってもいい?」

エギル「・・・今日も・・・か?」

アスナ「え?どういうこと?」

エギル「そのな、そろそろ控えめにしてくんねえかな。わりとうちも営業に差し支えが出るんだよ」

アスナ「え・・・嘘、聞こえてたの??」



39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/26(日) 22:50:24.34 ID:d+g7FiSV0

エギル「ああ。全部な」

アスナ「そんな・・・防音完備だってキリトくんにきいてたのに」プルプル

エギル(うわぁ・・・それであんな大声で喘いでたのかよ)

アスナ「・・・ちょっと二階行くわね」

ドンドンドン

チョット!!!キリトクン!!ドウイウコト!!

エ!ナンノハナシダ アスナ!!


エギル(天罰、天罰)



42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/26(日) 22:55:54.16 ID:d+g7FiSV0

エギル「これであいつも懲りればいいがな」

エギル「さてと、在庫整理でもしとくか」

エギル「ん?」

アンアンアン!!ダメェェェ!!イッチャウウウウウウウウウウウ!!

コレガイインダロ!!アスナアアア!!パンパンパン

エギル「・・・結局やってんじゃねえか」

キリトクン!エギルニッ、キコエチャウッ!!アンッアンッ キカレチャウッ

オラァ!! パンパンパンパンパン

ダメェェェ

エギル「・・・はぁ・・・本来なら役得なんだが、複雑すぎるな」


アスナァ!ナカニダスゾ!!

ナカハダメエエエエエ!!

オレノコヲウメエエエエエエエエ!!

ンアアアアアアアアア

エギル「・・・」



47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/26(日) 23:02:25.89 ID:d+g7FiSV0

クライン「なるほどね、キリトのやつがねえ」

エギル「いまや俺の店は風俗店とさえ呼ばれているぐらいだ。」

クライン「大変だなぁ、おめんとこも」

エギル「ふと見かけていいなと思った女性プレイヤーが、次の日俺の店にきたことがあってな」

クライン「へぇ、よかったじゃねえか」

エギル「ところがどっこい、彼女はキリト目当てだったんだよ」

クライン「Oh・・・」

エギル「まさか俺が見かけた次の日に、喘ぎ声を聞けるとは思わなかったよ」

クライン「キリトの奴、手がはやすぎるぜ」



59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/26(日) 23:12:19.40 ID:d+g7FiSV0

エギル「ほかにもある」

クライン「なんだ?」

エギル「アスナ・・・いるだろ?」

クライン「おう、われらが副団長様だな」

エギル「彼女、たまにきて、その、ヤってくんだよ」

クライン「お、おう」

エギル「その時の声がやべえの」

クライン「やべえって?」

エギル「キリトオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ!!イグゥウウウウウウウウウ!!」

クライン「」ビクッ!



65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/26(日) 23:17:04.56 ID:d+g7FiSV0

エギル「今びっくりしただろ?」

クライン「うん」

エギル「こんぐらいの声量でだ、喘ぐんだよ。しかも一日中だ」

クライン「ェ・・・」

エギル「シャラポワもびっくりだよ。営業妨害ってレベルじゃねえ。訴えら確実に勝てるレベル」

クライン「あの嬢ちゃんがねえ」



69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/26(日) 23:24:43.63 ID:d+g7FiSV0

エギル「あともう一つ」

クライン「まだあんのか」

エギル「この間、気づいたら店のカウンターでやってた」

クライン「うわ」

エギル「俺が連絡受けたプレイヤーんとこに仕入れ言ってた時の話だ」

エギル「戻ってきて、店が騒がしいと思ったんだよ」

クライン「そしたら?」

エギル「女とヤってた」

クライン「・・・・・・」

エギル「あいつに店番頼んだ俺が馬鹿だった」

クライン「完全に牢行きだろ」

エギル「そろそろ軍に通報するかな」



72: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/26(日) 23:30:59.44 ID:d+g7FiSV0

クライン「純粋に二階に鍵でも掛けときゃいいんじゃねえか?」

エギル「それはできねえ・・・キリトには恩があるからな」

クライン「義理堅いねえお前さんも」

エギル「だからあまり強く言えないんだよなぁ」

クライン「・・・おれからあいつに言っとくか?」

エギル「そう頼みたいがなぁ・・・果たしてあいつが耳を貸すかどうか」

クライン「たしかに・・・ならよう、逆にこうしちまえばいいんじゃねぇか?・・・・・・とくらぁ」

エギル「・・・・・・だと?さすがにそれは・・・」

クライン「客に困ってんだろ??もってこいの案じゃねぇか」

エギル「・・・・・・やってみてもいいかもしれん」

クライン「だろ?それにリスクはキリトしか被らねぇとくらぁ。あいつにもいいお灸だぜ」

エギル「それじゃあお前主導でそいつをやってくれ」

クライン「まかせとけ」



83: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/26(日) 23:38:30.98 ID:d+g7FiSV0

アルゴ「んほおおおおおおおおおおお」グチュグチュ

キリト「はぁ、はぁ、それでっ!!ロザリアのっ!居場所はっ!」パンッ!パンッ!パンッ!

アルゴ「んああっ!だめぇ、機密っ!情報っ、ん!」ズッコン!バッコン!

キリト「いいのかな」ピタ

アルゴ「はぁ、はぁ、えっ??」

キリト「ずっとこのままでもいいんだぜ」

アルゴ「いやぁ!!言うから!!言うから!動けぇ!!」クネクネ

キリト「・・・よく言えました」ズンズンズンズン

アルゴ「これぇっ!これなのぉっ!!」パンパン


「・・・おい・・・あれ・・・」

「・・・まじかよ・・・」

キリト「(ん??店の方か?騒がしいな?)」ズッコンズッコン

アルゴ「んほおおおおおおおおおおおおおお」



89: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/26(日) 23:46:36.01 ID:d+g7FiSV0

クライン「はい、まいどぉ!またのご来店を!」

キバオウ「おおきに・・・次もメールでよんどくれや」

プレイヤーA「まさかあの情報屋のアルゴがなぁ」

プレイヤーB「びっくりだぜ」ガヤガヤ

クライン「かかか、入れ食いだぜぇ」

エギル「お前のおかげだ。こんなに店が繁盛したのは」

クライン「娯楽のないSAO内じゃあ売れて当然よぉ」

エギル「この調子で頼む」



101: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/26(日) 23:56:21.25 ID:d+g7FiSV0

キリト「よぉ、エギル。今日もいいか?」

リズ「ちょっと、キリト、エギルさんに悪いって」

キリト「なんだよ、お前もここだと燃えるって言ってたじゃないか」

リズ「ば、ばっか!なんで言うのよ!」

エギル「別に構わんぜ」ニカッ

リズ「え??いいの?」

エギル「ああ、日頃の商いで疲れてるだろ??同業種みてえなもんだからわかるぜ。ぱあっと発散していきな」

キリト「気前がいいなエギル!!じゃあ行こうぜリズ」グイッ

リズ「う、うん・・・///」


エギル「・・・さてと」ピッ



105: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/27(月) 00:02:48.40 ID:cUnUeJIj0

クライン「ふぁ、さてと攻略いっかー」

ピコン

クライン「ん?エギルからか?ということは」


From. エギル

俺だ。始まるぞ


クライン「っとくらぁ」ニヤッ

クライン「そうと決まれば、お得意様に・・・一斉送信~っと」

From. クライン

まいどどうもお世話になっておりますクラインです。
只今から当店より、一大イベント・・・
___________

__________

________




112: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/27(月) 00:11:53.71 ID:cUnUeJIj0

キリト「オラオラオラオラァァ!!」パンパンパンパン

ロザリア「いやああああああああああやめてええええええ」

キリト「改心しろ!!」ズピュピュッ!!

ロザリア「んあああああ」ビクビク


キリト「ふう、今日もいい汗かいたぜ」フキフキ

「・・・み・・な・・・終わったみたいだぞ・・・」ドタドタ

キリト「ん?誰かいるのか?」

ガチャ

キリト「おーいエギルー!!だれかいるのかー!」

エギル「なんだー?終わったのか?誰もいねえぞー」

キリト「・・・気のせいか??」


クライン「お帰りはこちらになります」コソコソ

プレイヤーB「こいつはいいおかずだぜ」

PoH「ッベー!!マジッツベーッ!」



117: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/27(月) 00:14:31.62 ID:cUnUeJIj0

アスナ「・・・・・・」テクテク

プレイヤーA「おい・・・見てみろ、あの・・・」ヒソヒソ

プレイヤーB「・・・じっとみるなって・・・」ヒソヒソ

プレイヤーA「でもよお、あんなんみせられたら・・・」ヒソヒソ


アスナ「・・・・・・?」

アスナ(なんかいつも以上にじろじろ見られてる気がするけど)

アスナ「気のせいかしら」

クラディール「アスナ様ァ!!!」

アスナ「ひっ!!なに!?」

クラディール「あのビーターの奴と・・・その・・・既に恋仲なのですかぁ!??」

アスナ「ええ!?ビーターってキリト君のこと??ななななんでそれを!?(隠してたはずなのに)」



119: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/27(月) 00:18:08.74 ID:cUnUeJIj0

クラディール「情報が回ってきたのです!!アスナ様がその・・・あのクソ野郎と・・・」

アスナ「え??何??」

クラディール「セ、せせセックスしていたとぉっ!!」

アスナ「えええええええええ!!!ななななななんで知ってるの!?」

クラディール「やはりそうなのですね・・・あのクソビーター!!!」

アスナ「ちょっとまって!!なんであなたがそれを!!誰から聞いたの!!?!?」

クラディール「既に巷の噂です。大体の男共は知っております」

アスナ「はぁ!?」

アスナ(こんなことを知ってるのって・・・キリトくんと・・・)

アスナ(・・・・・・エギルしかいない!!)


アスナ「えギルの店に行って問い詰めてやる!!」



128: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/27(月) 00:25:08.25 ID:cUnUeJIj0

エギルの店 前

ガヤガヤ ガヤガヤ

アスナ「うわ、なんなのこの人だかり・・・しかもだいたい男の人じゃない」

アスナ「すいません、なにかあったんですか??」

プレイヤーC「ん??いやなんでもこの店でなかなかな催しをやってるみたいでよ」

アスナ「催し??」

プレイヤーD「おい・・・この人アスナ様だぞ・・・」

プレイヤーC「え??マジ??やべぇ」

アスナ「どういうこと?」

クライン「っさあさあ寄ってらっしゃいみてらっしゃい!今日も冴え渡る黒のテクニシャン、キリトのショーが始まるよぉ!!入場料は1000コル!!安いよ安いよ!」




132: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/27(月) 00:27:25.41 ID:cUnUeJIj0

アスナ「あ、クライン、ねえキリトがどうかしたの??」

クライン「うわ、アスナじゃねえか。いやいやこれには訳が・・・」

エギル(おい!!映像止めろ!!)

アスナ「ちょっと、二階でなにかやってるの??」

クライン「お、落ち着けアスナ・・・」

アスナ「どいて!!」ドンッ

クライン「ちょ、アスナー!」

エギル「ア、アスナ」

クライン「(もうばれちまったぜ・・・キリト堪忍な・・・)」



136: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/27(月) 00:29:16.46 ID:cUnUeJIj0

二階の部屋の前

プレイヤーE「・・・すげぇ・・・オラ勃ってきたぞ・・・」

プレイヤーF「くそ・・・キリトの奴、羨ましいぜ」

キバオウ「ほんまエロいわぁ・・・」

シュミット「おぅ・・・おぅ」シコシコ


アスナ「ちょっと通して!!」



147: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/27(月) 00:33:29.71 ID:cUnUeJIj0

キバオウ「あ、アスナはん!?なんでここに??!」

シュミレット「や、やめとけ!?出過ぎた真似は」

アスナ「・・・・・・押し通る!」

キバオウ「ちょ、ちょちょ!!」

ガチャ


シリカ「あっ、あっ!キリトさんっ!だめぇっ」

キリト「うおおおおおおおおお」パンパンパンパンパン

アスナ「」



157: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/27(月) 00:36:14.78 ID:cUnUeJIj0


キリト「そろそろラストスパートだ!いくぞおおおお」パンパンパンパン

シリカ「ああ!!きて!!キリトさん!」

キリト「ダメだ!お兄ちゃんって呼べえええ!!じゃないと・・・」パンパンパン

シリカ「おっ、おっ、お兄ちゃんっ!!あっ、な、中に、だしてえええええ」

キリト「俺の子を産めっ!!!!!」ドクピュッ

シリカ「ふわあああああああああ」ビューッ!ビューッ!

アスナ「・・・」




165: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/27(月) 00:38:59.01 ID:cUnUeJIj0


キリト「はぁー、はぁー、えがった・・・・・・」

シリカ「むにゃぁ・・・」ビクンビクン

アスナ「キリト君?」ビキビキ

キリト「ええ!?アスナ!なぜここに!?」

アスナ「どういうことか説明してもらおうかしら」ポキポキ

キリト「ア、アスナ、落ち着くんだ・・・これには海よりも深いわけが・・・」

アスナ「問答無用おおおおおおおおおおおお」



ガッシャーン!!ウワアアアアアアアアアアア


クライン「てへぺろ」







197: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/27(月) 01:00:48.46 ID:cUnUeJIj0

今気づいた。
シリカと序盤セックスした言うてるけど、アルゴとのセックス後じゃないとおかしい。



元スレ
キリト「リズ!!中に出すぞっ!!」