1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/12(土) 16:50:14.10 ID:8Eb3Ry7c0

P「もごっ!もごもごっ!……むふぅうう!!!」ビクッビクッ

亜美「ほら見てよ真美www」

真美「うわぁ~完全にケツマンコになってるじゃんwww」

P「むぐっ!んむふぅぅぅ!!」ガクガクガク

亜美「ここがいいんだぁ~?んん~?」ググッ

P「むごおおおおおぉぉぉっ!」

真美「あぁあぁ、みっともないなぁ兄ちゃん。女子中学生にお尻いじめられてばっきばきにしちゃって」

亜美「でも抵抗できないんだよねぇ?」

真美「きもっwwww」

P「おっ……お゛お゛っ」

亜美「んん~?何言ってるのかなぁ?」

真美「こんな状態じゃ何言っても説得力無いけどねぇ」

P「ふごっ!ふぅぅぅぅお゛あ゛っ!!」

亜美「でも可哀想だからぁ、もうそろそろギャグボールはずしてあげるね」

真美「wwwwwwww」



9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/12(土) 16:56:35.58 ID:8Eb3Ry7c0

P「おっお前ら……こんなことはすぐにやめ……えへぇぇぇえ」ビクビクン

真美「ぶはっwwww」

亜美「なにそのヘタレ声wwww」

P「うっ……うっ……くそっ」

真美「ほらほら、兄ちゃんも素直になりなって」

亜美「そしたらもっとキモチよくしてあげるよ」

P「誰がお前らなんかに……あっ」

亜美「それズポズポ~」

真美「こっちはシコシコ~」

P「んっ……ひぅっ……ひゃっ、あっ!」

真美「これでもやめてほしい?」

亜美「そんなわけないよね?こんなに悦んじゃって」

P「だっだめだ……だめっ……がっ」ガクガクガクガク

亜美「wwwwww」

真美「wwwwww」



13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/12(土) 17:06:23.65 ID:8Eb3Ry7c0

P「ふぅ……ふぅっ!ふっ」

真美「うゎぁ……ついに自分から腰振りだしちゃった」

亜美「そんなにこのディルドがキモチイイんだ?兄ちゃん終わってるね、完全に」

真美「違うよ。真美の手コキがウルテクなんだって」

亜美「いやいや亜美のディルド捌きが~」ズポズポズポズポ

真美「絶対手コキだって~」シュシュシュシュシュシュシュ

P「うぐっう゛う゛う゛う゛う゛」ビュッ

真美「うわっ!」

亜美「えっ?」

P「ふぅーっ……ふぅーっ……」トロトロ

真美「うへぇ……これ完全にトコロテンじゃん」

亜美「男としても終わってるね兄ちゃん」

P「……ふぅ……ふぅ」トロー



16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/12(土) 17:12:43.49 ID:8Eb3Ry7c0

P(ディルドで的確に俺の前立腺と括約筋を刺激し続ける亜美……)

P(一方で裏筋と鈴口を責めつつ玉への刺激も忘れない真美……)

P(二人とも、幼さゆえの残酷なまでの責め苦に思わず果ててしまった……)

P「畜生……大の大人が情けない……」

真美「ねぇ兄ちゃん」

P「はぁ……な、なんだ?」

真美「兄ちゃんの汚い汁で真美の手が汚れちゃったんだけど」

P「……」

亜美「わかってるよね?」

P「なにをだ……?」

真美「綺麗にしてよ、これ」ドロォ

P「えっ」

真美「まさか嫌だって言わないよねwww」

亜美「自分の担当アイドルが汚されちゃったんだよ?自分で綺麗にするのは当たり前だよね?」

真美「あぅう~こんな汚れた手じゃ握手会にもいけないよ~wwww」



19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/12(土) 17:20:14.46 ID:8Eb3Ry7c0

P「くっ……くそぉ……」

真美「はっやっくっ!はっやっくっ!!」

亜美「なっめっろっ!なっめっろっ!!」

P「……ぺろっ」

真美「ぎゃははははは!!!!」

亜美「うわぁ!本当に舐めてるよ!!」

P「ぺろっ……ちゅぷっ……ちゅぷっ」

真美「いいよ~その調子その調子」

亜美「wwwwwww」

亜美「ねぇ真美、これ見てよ!」

真美「なに?」

亜美「ほら、これだって」

真美「!!」

P「れろれろ……じゅるっ……」



24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/12(土) 17:29:21.02 ID:8Eb3Ry7c0

真美「兄ちゃんってホンモノの変態さんだったんだね」

亜美「自分のセーシ舐めておっきくするとかwww」

真美「きもっwwww」

P「……」ペロペロ

真美「もういいよ綺麗になったから」

亜美「おつかれちゃーん」

P「うっ……くそっ……畜生……」

貴音「ごきげんよう」ヌッ

P「たっ……貴音!!」

真美「うわっ!お姫ちんだ!」

亜美「いつから居たの!?」

貴音「先ほどからずっと見ていましたが」

亜美「お姫ちんマジ神出鬼没」

P「た、貴音!頼む!!助けてくれ!!!」



27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/12(土) 17:35:43.01 ID:8Eb3Ry7c0

貴音「よいでしょう」

P「すまん……すまん……」

貴音「亜美、真美。そこをどきなさい」

亜美「えー?」

真美「せっかく盛り上がってきたのに!」

貴音「問答無用!」ヒュッ

亜美「うわっ!」

真美「あーれー!」

ポイッ

貴音「まったく……あの二人ときたら」

P「その……こんな姿で言うのもなんだが、助かった。ありがとう」ブラーン

貴音「礼など無用です」

P「そうか……とにかく縄をほどいてくれ。さっきから全身に食いこんでてたまらん」

貴音「それが人にものを頼む態度ですか?」

P「えっ?」



34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/12(土) 17:48:09.56 ID:8Eb3Ry7c0

貴音「人にものを頼む時にはそれ相応の言い方というものがあるでしょう」

P「!? いいから早く縄を……」

貴音「黙りなさい!!」ベチーン

P「おうふっ!」

貴音「態度がなっていませんね。これは……」

P「……ゴクリ」ジーン

貴音「オシオキが必要ですね」

P「……ひぃ」

貴音「ほっ」グイッ

P「うわっちょっやめ!」

貴音「……」スルッ

P「あの……貴音さん何を脱いでらっしゃるのですか……?」

貴音「黙りなさいこの下郎」

P「!?」

貴音「この私が、直々に教育を施して差し上げます」ハァハァ



55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/12(土) 18:40:10.70 ID:8Eb3Ry7c0

P「貴音、ちょっと息粗くなってないか」

ベチーン

P「ぶべっ」

貴音「それでは、参ります」

P「えっちょっと……むぐぅっ」

貴音「どうですか?」ノシリ

P「……っ!……!!」ジタバタ

貴音「私の顔面騎乗位で直々に教育しているのです。少しは反省しましたか」

P「……ん゛ん゛!!……!!っ!!」パシパシ

貴音「私の尻にタップなど……まだ反省が足りませんか」ギュウ

P「……!!………」ピクッピクッ

貴音「よっと」

P「っぷはぁっ!!!……はぁ……はぁ……」

貴音「では続きを」ノシリ

P「むぐっ!!」



61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/12(土) 18:52:25.22 ID:8Eb3Ry7c0

貴音「暴れても無駄です。私の尻から逃れられる者などいません」

P「!!ん゛ん゛ん゛゛!!」

貴音「……ふっ」

貴音「本当にあさましい男ですね。これでもなおその醜い肉塊を反り立たせるとは」

P「ぷはぁ!!貴音!俺が悪かった!謝る!!だから許して……むぐっ」

貴音「何を謝り、何故許しを請うのか分かっているのですか?」ノシリ

P「むぐーっ!んむっー!」

貴音「その場任せのありきたりな謝罪など必要ありません」

貴音「それに安心なさい。私はあの双子と違い加減を知っていますので」

貴音「それにしても、本当に醜いですねこの肉塊は」

貴音「こんなものをいちいちおっ立てている暇があるのなら……」

P(あ……マジでヤバい……飛ぶ……)

貴音「痴れ者!!」ベチーン

P「もごっ!」ビクビュルビュル



70: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/12(土) 19:18:34.05 ID:8Eb3Ry7c0

貴音「……」

P「ぷはっ……はぁ……はぁ……」

貴音「呆れました。これほどまでにだらしのない肉塊だとは」

P「……俺もどうしたらいいのか」

貴音「……ます」

P「えっ」

貴音「搾ります。すっかり枯れ果てるまで」シュッシュ

P「あがっ!だめっ……!イッたばかりだからっ……お゛あ゛っ!」

貴音「このだらしのない一物をどうにかしないことには話になりません」

P「むぐっ」

貴音「こんなのが良いのですか!?全く!」

P「!!っむ!!……!!」ビクビク

貴音「全身ビクつかせて……なんともはしたない」



74: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/12(土) 19:28:15.86 ID:8Eb3Ry7c0

P(このままじゃだめだ……!!なんとかしなきゃ……なんとか……)

貴音「!?」キュッ

P(お!これはいけるか!?)レロレロレロ

貴音「なっ!?菊門を舐めるのをやめなさい!これは私から貴方への教育として……うっ」

P「ふっ……ふむっ……ふっ」レロレロレロレロ

貴音「まだやめないというのですね。私もそれなりの対応をしなければ」シュシュシュシュ

P「おぶっ!!」グイッ

貴音「!!?」

P(よし、貴音の尻は間違いなく弱点だ!あとは俺の息が続くかどうか……)

貴音「このっ……」パクッ

P「!!」

貴音「ジュブッ……じゅるっ!!ずぞぞぞぞぞぞ!!」

P(うわっ……腰が、砕けそ……)



83: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/12(土) 19:43:44.15 ID:8Eb3Ry7c0

貴音「ふっ」ニヤリ

P「ぶはぁっ!!ふぅ……ふぅ…はぁ……」

貴音「私を責めようなどと生意気ですね。ですが私は気付きました」

貴音「腰を上げれば貴方には私を責める手段がなくなると!!」

P「クソッ!!」

P(呼吸は楽になったけど、どうしたらいいんだ……)

貴音「先ほどの愚行のお返しをしなければなりませんね……」

ズゾゾゾゾゾゾッ

P「かぁっ!!……やっ優しく!!……あっ!」

貴音「んふ……この程度で終わると思わないでください」スッ

P「!?」

貴音「乳首をクリップで挟まれるのはお好きで?」

P「あ゛っ!!!」

貴音「ふふっ。乳首を責められてまた硬くするとは……」

貴音「さぁ、最後の一扱きと行きましょう」



89: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/12(土) 19:59:46.63 ID:8Eb3Ry7c0

P「あっあっあっあっ」

貴音「ふっ」シュシュシュシュシュ

P「あっ……ぐっ……い……ぐっ!」

貴音「なりません」キュッ

P「!?」

P(発射……出来ない…!)

貴音「素直に出せると思ったら大間違いです。もっとじっくりといたぶってから」

貴音「枯れ果てるまで絞り出して差し上げます」

P「貴音……頼む……出させて……出させてっ……!!」

貴音「苦しいですか?」

P「辛い……頼む」

貴音「ではそのまま続けますよ」

P「はっ……はぁ……許して……」

貴音「本当に情けない。男がこんな腰砕けで女々しい声を上げるなど」

P「はっ……」



94: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/12(土) 20:15:03.20 ID:8Eb3Ry7c0

貴音「おや、なにやらこちらがさみしそうですね」

P「そ、そこは……」

貴音「亜美と真美にずいぶん調教されたようですね、このほぐれようは」グニィ

P「もう……尻はやめ」

貴音「尻?こうですか?」ズブッ

P「あ゛っ!!」

貴音「ほう、いきなり指三本とは。ずいぶんと欲張りな菊門だことで」

P「だ……だめだ……裂けるぅ……」

貴音「こんなもので根を上げていてはキリがありませんよ」シュシュシュ

P「はぁっ……く、くるし……」

貴音「情けなくはありませんか?四つん這いで竿をしごかれながら穴を穿られるなどと」

貴音「亜美真美を追い出したのは失敗でした。この姿を映像に残しておきたかったのですが」

P「やめろぉ……やめ……やめろ……」

貴音「まぁなんとも締まりの良いことで」



99: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/12(土) 20:35:39.34 ID:8Eb3Ry7c0

20分後

P「ふっ……ふーっ、ふーっ」

貴音「ふっ。流石に三度の絶頂を抑えられては口応えもできませんか」

貴音「もうそろそろすべてを吐き出させてあげましょう」ジュポッ

P「おっ……ぉお゛おっあああ゛あ゛っ」ガクガクガク

ビュルッ

貴音「むぐっ」ガクッ

ビュル…ビュル……

P「はーっ!はーっ!!」

貴音「んっ……んっ……」

貴音(なんと濃い……)

貴音「じゅるっ……ずぞぞぞっ」

P「っ!!」ガクッ



104: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/12(土) 20:49:26.51 ID:8Eb3Ry7c0

P「」チーン

貴音「ふふっ」

貴音(白目をむくほどとは……よほどの快楽だったのでしょう)

貴音「んぐっ……」

タタタタ

高木「き、君ぃ!!大丈夫かね!?」

P「う……しゃ、社長……どうしてここに……」

高木「双海姉妹から話を聞いてここに駆けつけてきたんだが……」

P「え、……あいつらから?」

高木「ああ」

P「……俺、もうだめです……」チーン

高木「そんなこと言わずに、さぁ、起きるんだ!」

貴音「しばらくは身動きも取れないでしょうね。私が骨抜きにしてしまったので」

高木「くそう……どうしたら……」



117: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/12(土) 21:09:28.76 ID:8Eb3Ry7c0

響「おーい社長!ここにいるんだろー!あけろよー!」ドンドン

高木「!?」ビクッ

P「……?どうして響がここに……」

高木「いかん!もうばれてしまったか!」

P「え、それは一体どういう理由で」

響「今日は社長にブタ太の射精感じさせてあげるって約束だろー?」ドンドン

P「はぃ!?」

高木「そう言うことだ、君も早く逃げた方がいい!!」

高木「……いや、逃げないほうがおとりになってくれていいのか」ボソッ

P「え!?ええっ!?」

春香「響ちゃん、小鳥さんからカギもらってきたよ」

響「さっすが春香!自分の次に完璧だな!」

亜美「ほら、ひびきん早く開けちゃおうよ!」

真美「早くしないと二人ともどっか言っちゃうよ」

響「わかってるって!!」



121: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/12(土) 21:22:21.39 ID:8Eb3Ry7c0

P「どうなってるんだ……」

貴音「皆、心待ちにしてましたから……」

P「なにをだ、何を知ってる!?貴音!」

あずさ「あら~間に合ってよかったわ~」

千早「あずささん、よだれ拭いてください」

美希「千早さんだってずっと我慢してたくせにぃ」

やよい「うっうー!うっうー!」

雪歩「やよいちゃんその牛蒡と大根しまいなよ」

真「雪歩こそスコップ振り回して危ないよ」

P「お、お前ら……どうしちゃったんだよ」

春香「実は私たちぃ」

あずさ「プロデューサーさんが開発されるのずっと待ってたんですよね~」

P「はぁ!?はぁっ!?」

高木「すまん……すまん……」



125: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/12(土) 21:33:14.37 ID:8Eb3Ry7c0

伊織「まったく……あんたらは品性のかけらもないのかしら」

P「い、伊織、助けてくれ!」

伊織「いやよ」

P「どうして!?」

伊織「私もあんたのお尻楽しみたいもの」

P「お前さっき品性がどうこうとか言ってたろ!?」

伊織「私は上品にお尻を楽しむの」

P「……!?」

律子「そういうわけなんで、皆の面倒見てあげてくださいね、プロデューサー」

P「律子、お前まで……」

高木「それではさらばだ、未来の敏腕プロデューサー君!」シュタッ

P「あっ!まてこのクソ社長!!」

貴音「まだ私の教育は終わってませんよ」

P「ひいっ!!」

ジリジリ……ジリジリ……



128: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/12(土) 21:45:34.78 ID:8Eb3Ry7c0

小鳥「はぁ……はぁ……遅れました……はぁ……」

亜美「ピヨちゃんおそいよーん」

真美「兄ちゃんもう抜け殻みたいになっちゃったよ」

P「」チーン

小鳥「あぁ……間に合わなかった……」

千早「どうせでしたら今日はお持ち帰りしたらどうですか?」

小鳥「え?いいの?」

響「社長も無事に見つけたし自分たちは大丈夫だからな」

高木「お゛お゛……腹が……くるしっ……ぐおっ」

ブタ太「ぶひぃーっ!ぶひぃーっ!」ビュルビュル

小鳥「それじゃあプロデューサーさん、今日はたっぷり楽しみましょうねぇ」

P「うっ……もう好きにして……」



129: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/12(土) 21:48:34.99 ID:8Eb3Ry7c0

P「変態ドSばかりのアイドル事務所に就職した俺はもうだめかもしれない」

完!!



134: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/12(土) 21:55:47.19 ID:8Eb3Ry7c0

ごめんおじさんに全員分書く力量なんか初めからなかった

読んでくれた人、支援してくれた人、どうもありがとうございました!


元スレ
亜美「うわぁww」真美「兄ちゃんのお尻トロトロになってるwww」