1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/02(水) 07:39:47 ID:EQDyK/io

P「おーい乃々ー、仕事だぞー」

乃々「…………」

P「いつもの机の下……」ゴソ

乃々「ひっ」ビク

P「おっ、いたいた。さーて、仕事行くぞー」

乃々「ちょ、ちょっと今日は体調が悪いんですけど……あの、その、おなかが……」



2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/02(水) 07:41:50 ID:EQDyK/io

P「お腹? そりゃ大変だ、さすってやろう」ワキワキ

乃々「ひゃっ!? じょ、冗談です! 大丈夫ですからぁ!」

P「よーし、今日も元気に仕事だ!」ガッシ

乃々「むーりぃ……」ズルズル



3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/02(水) 07:44:57 ID:EQDyK/io

P「乃々ー? グラビアの撮影、もうすぐ時間だぞー」

乃々「…………」

P「また机の下……か?」ヒョイ

輝子「あ、あ、ぷ、プロデューサー……机の下からコンニチワ……」

P「ああ輝子、乃々を見てないか?」



4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/02(水) 07:47:12 ID:EQDyK/io

輝子「机の下同盟の仲間を……フヒ、売るわけにはいかない……」

P「よし輝子、きのこの里をやろう」スッ

輝子「フヒッ、フヒヒ、の、の、乃々ちゃんは……ロッカーの中……」

乃々「!!」

P「ご協力感謝する」ガチャ

乃々「輝子さんの裏切りものぉ……」ジワ

輝子「こ、こ、今度スイーツをおごるから……」



5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/02(水) 07:49:17 ID:EQDyK/io

P「さあ行こう、新しい水着だぞー」

乃々「も、もりくぼの貧相な水着姿なんて見て喜ぶ人はいないと思うんですけどぉ……!」

乃々「ここは、ないすばでーな早苗さんやかな子さんに仕事をお譲りしましょう。そうしましょう」

P「少なくとも俺が喜ぶ」

乃々「プロデューサーが喜んでどうするんですかぁ……」

P「さあ行くぞー」ガッシ

乃々「むーりぃ……」ズルズル



6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/02(水) 07:50:47 ID:EQDyK/io

P「乃々ー、今日は握手会だぞー」

乃々「…………」

きらり「あっPちゃんだー。おっすおっす☆」

P「おっす、なぁきらり、乃々を知らないか」

きらり「ぼのちゃん? 知らないうー」



7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/02(水) 07:52:46 ID:EQDyK/io

P「そうか。机の下も……ロッカーもいない」

P「…………ふむ」

P「くそう、乃々のやつめ、見付けたら無理やりキスしてやる(棒)」

ガタッ

P「……今、段ボールが動いたよな、きらり」

きらり「きっ、気のせいだよPちゃん」



8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/02(水) 07:54:03 ID:EQDyK/io

P「ったく、何やってんだ」パカ

乃々「ひいい……」ガタガタ

P「梱包されている……」

乃々「き、キス……なんて……むーりぃ……」プルプル

P「しねえよ」



9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/02(水) 07:55:06 ID:EQDyK/io

きらり「ぼのちゃんがしまってー、ってきらりんに言ったの☆」

P「隠れるためとは言え、自分で出られないだろこれ」

P「まあいいか、連れて行くのにちょうどいい」

乃々「だっ、だめです……もりくぼと握手なんてしたら……もりくぼ菌が伝染ります」

P「もりくぼ菌?」

乃々「もれなくネガティブになりますよ……?」



10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/02(水) 07:55:57 ID:EQDyK/io

P「それは大変だな」

乃々「ほら、大変です。ですからお手手を握って浄化されそうなクラリスさんや歌鈴さんと代わりましょう。そうしましょう」

P「だが毎日触れている俺や他のアイドルが何ともないなら問題はない」

乃々「プロデューサーさんはポジティブすぎるんですけどぉ……」

P「じゃあ行くか」ヒョイ

乃々「あっ……お、降ります……歩きますから降ろしてぇ……こんな格好で行くなんてむーりぃ……!」



11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/02(水) 07:57:35 ID:EQDyK/io

P「ぼののー、今日はCD屋でミニライブだぞー」

乃々「…………」

小梅「あっ、ぷ、プロデューサーさん……おはよう……ございます」

P「おはよう小梅、乃々を知らないか?」

小梅「わ、私もさっき来たばかりだから……でも」

P「でも?」

小梅「け、気配は感じる……よ」



12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/02(水) 08:00:45 ID:EQDyK/io

P「ふむ……隠れられそうなところには一通りいない……けど気配がする、と」

P「一体どこに……ん?」

乃々「…………あ」←生首

P「う、うわあああああぁぁぁっ!?」ズサッ

乃々「あ、あの」

小梅「ど、どうしたんですか?」



13: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/02(水) 08:02:14 ID:EQDyK/io

P「の、の、ののののの乃々の生首が……!」

小梅「のののの?」

乃々「ご、ごめんなさい小梅ちゃん……」

P「しゃべったあああぁぁぁ!」

小梅「……す、すごい……こ、これ、どうやってるの?」

乃々「知らない片目のおじさんにもらったんですけど……もういらないから、って……周りの景色に自動で溶け込む服だそうです……」



14: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/02(水) 08:03:22 ID:EQDyK/io

小梅「ほしい……」キラキラ

乃々「『おくとかむ』っていうらしいんですけどぉ……」

小梅「置くと噛む?」

P「ふう……落ち着いたぞ……」

P「顔は隠れないから生首が浮いてるように見えた、と」

乃々「脅かしてごめんなさいぃ……」



15: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/02(水) 08:04:54 ID:EQDyK/io

P「いいよ。仕事行こう」

乃々「だ、だめです……もりくぼがライブなんてやっても九割九分のお客さんは他の人のファンです。まだ書割置いた方がマシです」

乃々「ここは大人気のみくにゃんさんや未央さんに任せましょう。そうしましょう」

P「俺はお前のファン第一号だ。ファンの期待を裏切るなよ、乃々」

乃々「うー……」グス

P「泣くなよ……大丈夫だ、俺がついてるから」

乃々「…………はい」グスッ

P「……いいけど早く着替えてくれ、生首と話してるみたいで怖い」

乃々「むーりぃ……」



17: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/02(水) 11:00:53 ID:EQDyK/io

P「乃々、今日はダンスレッスンだぞー」

乃々「…………」

P「そしていない……と」

P「乃々のやつ、最近隠れ方にも堂が入ってきたからな……迷彩ステルスまで持ち出すし」

P「乃々ー、どこだー。いないなら返事しろー」ガチャ

P「のーーーー」

乃々「…………」スヤスヤ



18: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/02(水) 11:01:54 ID:EQDyK/io

P「……狸寝入りか?」

P「乃々ー、起きないと襲うぞー」ムニムニ

乃々「…………」グー

P「寝てる……か」

P「はぁ……さて、と。俺もちょっと休憩するか」ドカッ



21: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/02(水) 13:53:26 ID:EQDyK/io

P「乃々……お前はよくやってるよ。嫌々やってる割には固定ファンもついて、歌やダンスも平均以上……」

P「お前には、才能があるんだ。だから伸ばしてやりたいんだが……」

P「ま、本人がやりたかない事を無理やりやらせても仕方ないしな」

乃々「…………」

P「それ以上に……俺は、森久保乃々が……」

乃々「…………」



22: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/02(水) 13:56:50 ID:EQDyK/io

P「…………」

乃々「……つ、続きを」

P「……いつから聞いてた」

乃々「ほっぺをつつかれたところから……」

P「…………」

乃々「き、聞かせてください……プロデューサーさんは、もりくぼをどう思ってるんですか?」



23: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/02(水) 14:11:53 ID:EQDyK/io

P「……アイドルやるの、嫌なのか?」

乃々「もりくぼは、アイドルがい、嫌じゃ……ないんですけどぉ……」

乃々「人前に出るのはやっぱり苦手で、でも、プロデューサーさんが頑張れって言ってくれると、頑張れるんです」

乃々「他にも、プロデューサーさんに撫で撫でしてもらうと胸がきゅんと熱くなってとても気持ちいいんです」

乃々「プロデューサーさんに良くやったな、って言われるとアイドルやってて良かった、って思えるんです」

乃々「プロデューサーさんに探してもらいたくて、毎日こうやって隠れてたんです」



25: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/02(水) 18:14:34 ID:EQDyK/io

乃々「こ、これって、もりくぼはプロデューサーさんに恋をしていると思うんですけど……」

P「……そう、かもな」

P「単純に、身近な年上の男だから、その年代特有の熱に浮かされてるだけかもな」

乃々「…………」

乃々「もりくぼは……プロデューサーさんに好きなんて、言ってもらえるなんて、思ってません」



26: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/02(水) 18:16:43 ID:EQDyK/io

P「……乃々」

乃々「で、でも、プロデューサーさん、い、一回だけでいいんです。それでもりくぼは頑張れます」

乃々「一回だけ、嘘でいいから……もりくぼが好きって……言ってください……」ギュ

P「…………」

乃々「あっ、もっ、もりくぼはご存知の通り背後が前にある程の後ろ向きな人間ですからっ、そのっ、少しでも……些細でも、支えがあれば……」

乃々「いつまでも……頑張れちゃうん気がします……から」

P「…………バカ」



27: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/02(水) 18:18:47 ID:EQDyK/io

乃々「あうぅ……」グス

P「女の子がそんなこと言うな」

乃々「ごめんなさい、忘れてほしいです……」

P「……さっきの続き」

乃々「はいぃ……」ジワ

P「俺は、森久保乃々が好きだ」

乃々「え……」

P「一人の女の子として」

乃々「ーーーーっ!」カァァ



28: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/02(水) 18:22:00 ID:EQDyK/io

P「だから、俺と付き合ってくれ、乃々」

P「……言っとくけど、嘘じゃないぞ」

乃々「えっ、あの、その……」

P「公に言えるわけないだろこんな事、担当中学生アイドルに惚れた、なんて知れたらクビどころか人生の終わりだ」

乃々「あ、あの」

P「なんだ」

乃々「もりくぼはキャパがいっぱいいっぱいで頭が破裂しそうなんですけどぉ……」

P「だろうな、今までない程に顔、真っ赤だぞ」



29: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/02(水) 18:23:27 ID:EQDyK/io

乃々「本当ですよね?」

P「本当だ」

乃々「夢じゃないですよね?」

P「二人揃って同じ夢を見てない限りはそうだな」

乃々「じゃ、じゃあ……もりくぼとプロデューサーさんは……恋人?」



30: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/02(水) 18:25:05 ID:EQDyK/io

P「……なんで疑問形なのかは置いといて、乃々がそれでいいなら、そうなるな」

乃々「……!」ボンッ

乃々「じゃ、じゃあ……」ゴク

乃々「恋人のキス……してほしいんですけどぉ……」///



31: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/02(水) 18:30:04 ID:EQDyK/io

それからというものの、二人だけの秘密ができました。

まあ、もりくぼは中学生ですし、あと三年は隠そう、というのがプロデューサーさんの考えだそうで。

P「乃々ー、仕事だぞー、どこだー?」

乃々「…………」

もりくぼはプロデューサーさんがいない間に人気のない場所へ。

プロデューサーさんは、探し出すフリをして、誰もいない場所へ。



32: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/02(水) 18:31:03 ID:EQDyK/io

P「お、いたいた」

乃々「あうう……仕事はムリです。テレビにもりくぼが映ったりしたら放送事故ですよ……」

P「いや、もう何回も映ってるから」

P「そうか……なら、どうしたら頑張れる?」

乃々「きょ、今日は……そ、そうですね、ちゅう、とかぁ……」///



33: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/02(水) 18:32:45 ID:EQDyK/io

P「仕事がちゃんと終わったらのご褒美だ」

乃々「……プロデューサーさんは、いぢわるだと思いますけどぉ……」

P「愛ゆえにだ」

P「大体、もう乃々も高校生だ。俺なしでも仕事できるだろ?」

乃々「それこそむーりぃー、です」



34: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/02(水) 18:35:25 ID:EQDyK/io

乃々「そっ、それよりも……」

乃々「早く、もりくぼをもりくぼと呼ばせないようにして欲しいんですけどぉ……」///

P「お、おう…………」//
P「……仕方ない、もう頃合か。とりあえず事務所の皆に発表しよう」
乃々「はい!」



35: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/02(水) 18:36:22 ID:EQDyK/io

乃々「プロデューサーさん」

P「ん?」

乃々「これからも、もりくぼがどんな場所にいても、見付けてくださいね……」

END


元スレ
SS深夜VIP:森久保乃々「ネガティブ・ランゲージ」