1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/02/10(金) 18:42:41 ID:xFlJIJGw

妹「何で何で?」

兄「母さんがしまえって。まだ二月なのに・・・」

妹「まだ寒いのに?」

兄「うん。」




2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/02/10(金) 18:46:26 ID:xFlJIJGw

妹「嫌だよおぅ」

兄「俺もいやだよ…あ、そうだ。」

妹「?」

兄「妹、お前の部屋つかお。」

兄「女の子の部屋だからって、鍵付いてるからばれないよ」

妹「いいよ。お片づけしてくる。ちょっとまって」




3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/02/10(金) 18:49:21 ID:xFlJIJGw

~妹の部屋~

妹「ぅんしょぅんしょ」

妹「ふぅ…つかれた」

がちゃ

兄「終わったか?」

妹「うん、いいよ」

がたっ

兄「それっ」

妹「お兄、コンセント」

兄「あいよ。」カチッ




4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/02/10(金) 18:55:14 ID:xFlJIJGw

妹「できたできた」

兄「できたできた」

ごそごそ

妹「まだ冷たい」

兄「だな」

妹「お兄、あったかい。」ギュー

兄「こっ…こら、やめっ…んっ」チュッ

妹「へへ~」ニコニコ

兄「まったくお前は…もう中一なんだぞ?」

妹「まったくお兄は…もう高二なのに、顔真っ赤」




5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/02/10(金) 18:59:38 ID:xFlJIJGw

兄「…しかたないだろ」

妹「なんで?」

兄「なんでって…そりゃお前が…そのぉ~…」

妹「わくわく」

兄「か…可愛いから…」

妹「やった♪あんがとお兄♪」




7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/02/10(金) 19:13:24 ID:xFlJIJGw

兄「こたつあったかくなってきたな」

妹「ぬくぬく♪」

兄「やっぱりこたつはいるなぁ…」

妹「だねぇ」

<タダイマー

兄「父さん帰ってきたな」

妹「こたつのこと秘密ね?」

兄「りょうかい♪」




9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/02/10(金) 19:19:30 ID:xFlJIJGw

父「兄、こたつは?」

兄「母上がしまえと」キリッ

妹「しまえと!」キリリッ

父「嘘だろ~…寒いのに…」




10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/02/10(金) 19:24:12 ID:xFlJIJGw

父「なぁ~妹ちゃんこたつほしいよねぇ?」ナデナデ

妹「いらないもんっ♪ねぇお兄?」

兄「いらないもんなぁ~♪」

父「父さん悲しいぞぉ~…そして寒いぞ…」

兄「風呂入れようか?」

父「お頼み申す」

妹「申す!」

兄「へいへい」




11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/02/10(金) 19:31:09 ID:xFlJIJGw

15分後

兄「風呂入れたぞ」

父「妹ちゃん一緒にお風呂はいr」兄「黙れロリコンが」

妹「お兄ロリコンって何?」

兄「一言で言うと…年下に欲情する変態さん」

妹「じゃぁお兄もロリコンだー」

父「はっはっはやっぱりお前は俺の子だー」

兄「なんかくやしい…はよ風呂入れ」




12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/02/10(金) 19:44:50 ID:xFlJIJGw

妹「お兄おこたついこっ」

兄「いこっか」

~妹の部屋~

兄・妹「「あ~ぬくぬく」」

妹「ねぇお兄?」

兄「なんだい妹よ?」

妹「お兄はすきな人いる?」

兄「う~ん…残念だけどいないのだよ」

妹「うちはいるのだよ」

兄「妹の恋ね…興味ありんす」

妹「教えたげよっか?」

兄「うん」

妹「お兄だよ♪」

兄「そかそか」

妹「そだそだ」




13: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/02/10(金) 19:57:10 ID:xFlJIJGw

妹「お兄一緒にこの後お風呂入る?」

兄「そ…それはぎりぎり犯罪な気がする…」

妹「はいろっはいろっ」

兄「だーめ」

妹「むぅ…」

<タッダイマー

兄「母さん帰宅」

妹「いいもん…お母と入る!」

兄「そうしろそうしろ」




14: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/02/10(金) 20:08:55 ID:xFlJIJGw

~リビング~

母「ただいまんもす~」

妹「おかえりんご~」

兄「こたつしまっといたよ」

母「任務遂行ごくろーであった!」ピシッ

妹「あったー!」ピシッ

父「おーお帰り母さん」フキフキ

母「ただいまー早くそのぶら下げてるもんしまえ」

妹「しまえー!」

兄「しまえ」

父「みんな冷たいなぁせっかくお風呂であったまったのに」

兄「ほれ父さんパンツ」ポイッ

父「キャーッチ!」




16: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/02/10(金) 20:24:29 ID:xFlJIJGw

妹「お母、お風呂はいろ」

母「いいよー?少しはむねも成長したかなー?」

妹「…」

父「父さんはそのままでいいと思うんd」母「黙れロリコン」

妹「お兄1人でおこたつはいっちゃだめだぞ?」

兄「あっバカ」

母「こたつ~?しまったんじゃなかったのかい?」

妹「ち…ちゃんとしまったよ!」

母「どこに隠してるのか言わないと夜ご飯抜きにするz」妹「うちの部屋っ!」

兄「あちゃ~…」

母「む~いけない子たちめ」

妹「だって寒いんやもん」

兄・父「そーだそーだ」




17: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/02/10(金) 20:35:17 ID:xFlJIJGw

母「むむむっ!?母には敵が多いな?」

父「観念しろ妖怪まな板娘め!」

母「黙れ妖怪ラッキョチンコ」

父「ラ…っ!?」

兄「見苦しいからやめい」

妹「やめい!」

母「みんなこたつまだいるの?」

妹「いるーっ!」

兄「当たり前だろまだ二月なんだし」

父「妖怪ラッキョチンコ改めマンモスチンコもこたつほしいです」

母「仕方ないな…いいよこたつだして」

妹「やった♪やった♪」

兄「よかったな妹」

父「こたつの温かさえあればラッキョもマンモスに…」

母「いいから早くこたつおろして来いラッキョ」

父「へいへい」

妹「これでまたあったかいね!お兄!」

兄「そだな」


END




18: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/02/10(金) 20:37:14 ID:xFlJIJGw

終わりです
これが初SSだったので
また書いていきたいです
それでは!


元スレ
SS深夜VIP:妹「お兄、おこたつしまうの?」