1: ◆OtiAGlay2E 2019/03/21(木) 07:33:42.36 ID:C/6yE4300




P「美奈子をお世話したい」

奈緒「なんやプロデューサーさん、いきなり」

P「普段俺は美奈子にお世話されっぱなしだ……」

P「お世話してくれること自体はうれしいんだけどな。飯もうまいし、助かるし」

P「だけどそれが美奈子の負担になってないかすごく心配だ。本人は大丈夫だとは言っているが……」

P「やっぱり不安だ。たまには俺が美奈子をお世話してあげて彼女の負担を減らしてあげたい」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1553121221




2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/03/21(木) 07:35:01.99 ID:C/6yE4300


奈緒「確かにせやな。私もよく美奈子の世話になるしよーくわかるわ」

P「だから今日一日は逆に美奈子の世話をしようと思うんだ」

奈緒「ええんちゃいます?たまにはそういうときも必要ですよ」

美奈子「おはようございまーす!」

奈緒「おっさっそく来たで



3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/03/21(木) 07:35:58.93 ID:C/6yE4300


P「おはよう美奈子、今日は午前に撮影だったな。まだ時間あるから適当にくつろいでてくれ」 

美奈子「はい!……あっ、プロデューサーさん少し汗かいてませんか?はい、タオルどうぞ!」

P「ありがとうな」

美奈子「そうだ、お水もあるのでコップとってきますね!」

P「助かるよ、美奈子は気が利くなあ」

美奈子「えへへ♪困ったことがあったら何でも言ってくださいね!」

奈緒「ちょっと待たんかーい!!」




4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/03/21(木) 07:37:07.84 ID:C/6yE4300


美奈子「どうしたの奈緒ちゃん?」

奈緒「いや、美奈子はええねん。プロデューサーさん。なんか忘れとるんとちゃいます?」

P「?」

奈緒「プロデューサーさんさっき言うとったやん、美奈子の世話にはならんって!」

P「……はっ!ついいつもの癖で……」

美奈子「どういうことですか?」

奈緒「プロデューサーさん、美奈子のお世話がしたいらしいで」

美奈子「えっ!」

P「まあ、これこれこういうことで―」

美奈子「―なるほど、そういうことですね」



5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/03/21(木) 07:38:23.04 ID:C/6yE4300


P「そういうわけで、今日一日美奈子はお世話しなくても大丈夫だからな」

美奈子「大丈夫です!私、お世話がつらいって思ったことはないので」

P「でもなあ……」

美奈子「むう。プロデューサーさんは私のお世話されるの、嫌ですか?」

P「ぐっ……嫌ではないぞ!むしろ嬉しいくらいだが」

美奈子「なら問題ありませんね♪」

P「と、とにかく!今日一日お世話禁止!」

美奈子「う~。いきなり言われても体がムズムズするよ~」

奈緒「なんかちょっとかわいそうやな」

美奈子「奈緒ちゃん~」

奈緒「まあ、美奈子が頑張りすぎやと思うのは私も同じやからな。たまには休んどき」

美奈子「そんなあ~」



6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/03/21(木) 07:39:21.30 ID:C/6yE4300



ーぐう。

P「……」

奈緒「……」

美奈子「……」ニヤッ

美奈子「プロデューサーさん、朝ご飯しっかり食べてきました?」

P「じ、じつは先方から電話がかかってきて食べてる暇がなかったんだ」

美奈子「ダメですよ?朝ご飯は元気の源なんですから、しっかり食べないと」

P「ごめんごめん。気を付けるよ」

美奈子「………」ニヤッ

美奈子「冷蔵庫に食材入ってますよね?そんなプロデューサーさんには、今から私が朝ご飯を用意してきちゃいます!」

P「おっ!ありがとう、助かるよ」

美奈子「それじゃあ、いまから早速作ってくるので楽しみにしててくださいね♪」

P「ああ、よろしく」




7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/03/21(木) 07:39:52.93 ID:C/6yE4300


奈緒「プロデューサーさん?」ジトー

P「ん?なんだ、奈緒。そんな顔して……ああっ!!」

美奈子「わっほーい!何作ろうかなあ。チンジャオロースにホイコーロー、杏仁豆腐にゴマ団子……」

P「待て美奈子!朝飯だよな!?昼飯の献立の間違いだよな!?待ってくれ美奈子ー!」

奈緒「なにやってんねん、プロデューサーさん……」

P「いつもみたいに美奈子に朝飯をお願いしてしまった……」

奈緒「どんだけいつも美奈子頼ってんねん……」

P「仕方ないだろ。美奈子のメシ美味いんだから」

奈緒「それは否定せんけどな。このままやといつも通り美奈子に頼りっぱなしになりますよ?」

P「ああ。もう今日はこれ以上美奈子に頼らないさ」





8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/03/21(木) 09:36:57.95 ID:EwKEsRMxO

午前

P「お疲れ様、撮影順調か?」

美奈子「お疲れ様です!順調ですよ!」

P(今日の午前の予定はCMの撮影だ。去年の夏に美奈子がイメーガールとして出たCMの監督が美奈子のことを気に入ってくれて、また美奈子のことを使ってくれた)

P「はい、これ差し入れ」

美奈子「わあ!ありがとうございます!」

P「まあ、いつも通りそこら辺のコンビニで買ってきた飲み物とおにぎりだけど」

美奈子「それでも嬉しいですよ♪」

P「それなら何よりだ」

スタッフ「765プロさーん」



9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/03/21(木) 09:40:47.94 ID:EwKEsRMxO

P「スタッフさんだ、どうかしましたか?」

スタッフ「すみません、スタッフに一人体調不良の者が出てしまいまして、代わりの者もまだ到着しないので少しスケジュールが遅れることになります」

P「わかりました。また何かあったら知らせてください」

スタッフ「はい。本当に申し訳ありません」

美奈子「スタッフさん、大丈夫かなあ。プロデューサーさん、私も行ってきていいですか?」

P「美奈子はここで待っていてくれ、俺が行ってくる」

美奈子「でも、心配ですよ」

P「撮影が再開するまで体が冷えちゃいけないだろ?これは織って待っててくれ」

P(上着を美奈子に着せて俺はスタッフさんたちの元に向かった)



10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/03/21(木) 10:25:47.06 ID:EwKEsRMxO


P「大丈夫ですか!」

スタッフ「あっ!765プロの」

P「容態はどうですか?」

スタッフ「それがちょっと酷くて……どうやら食べた弁当があたったみたいで……」

P「食中毒ですか……」

スタッフ「すみません、今後の予定のことで監督たちと一旦打ち合わせをしないといけないので少しの間見ていてもらえないでしょうか?

P「わかりました。ここは自分が見ておくので、スタッフさんは行ってきてください」

スタッフ「ありがとうございます。なるべくすぐ戻りますので!」



11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/03/21(木) 10:26:58.46 ID:EwKEsRMxO

P「……とはいったものの、どうするか」

「…う、うう……」

P「だ、大丈夫ですか!。……困ったな、何をどうすればいいのか。下手に動くと悪化させてしまいそうだし……」

「ううう……」

P「ど、どうすればいいんだ」

美奈子「プロデューサーさん!」

P「美奈子!?」

美奈子「やっぱり心配です。一人で待ってるなんてできません!それよりもスタッフさんの容態、どうですか?」

P「あ、ああ。弁当であたったらしいんだ。さっきから苦しそうにしてるんだけど……」

美奈子「食中毒ですね。とりあえずスタッフさんの体を横にしますね。吐き気、大丈夫ですか?お水持ってきてあるので飲んでください。」



12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/03/21(木) 10:27:36.70 ID:EwKEsRMxO

「あ、ありがとう」

美奈子「水分補給が大切ですから、こまめに飲むようにしてください。プロデューサーさん、ほかのスタッフさんたちはどうですか?」

P「今後の予定のことで打ち合わせだそうだ」

美奈子「本当なら早く病院に行った方がいいんですけど、幸い症状は軽いみたいですし、皆さんが戻ってくるまではここで寝ていてくださいね」

スタッフ「765さん大丈夫ですかー!」

美奈子「あっ!スタッフさん戻ってきましたよ!」

P(そのあと、食中毒になったスタッフさんは無事に病院に連れていかれた。また美奈子に頼ってしまったが、美奈子の的確な処置がなかったら今頃どうなっていたのやら……)




13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/03/21(木) 12:41:21.45 ID:EwKEsRMxO




奈緒「なるほどなあ。大変やったんやなあ」

P「全くだよ、美奈子がいなかったら今頃どうなっていたやら」

奈緒「で、また美奈子の世話になって撮影現場で美奈子のお世話作戦は失敗したと」

P「うっ……」

奈緒「まあ、今回は一大事やったからしゃーないけど、プロデューサーさん、どうすんねん。いつもと変わっとらんやん」

P「つ、次こそは必ず……」




14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/03/21(木) 12:42:23.78 ID:EwKEsRMxO


P「つ、次こそは必ず……」

奈緒「ほんで?次は何するん?」

P「ちょうどお昼だからな、いつも料理を持ってきてくれる美奈子の代わりに料理してみようかなってさ」

奈緒「プロデューサーさん料理できるん?」

P「一人暮らしの男をなめるなよ?自炊は必須スキルだぞ?まあ、最近は忙しすぎて美奈子の手料理か外食かのどっちかだけど」

奈緒「外食は美奈子が聞いたら怒りそうやなあ。って自炊してないんかい!」

P「だから今回は助っ人に美奈子をお世話し隊三銃士を連れてきた」

奈緒「助っ人?」




15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/03/21(木) 13:00:11.18 ID:EwKEsRMxO


P「たまには美奈子さんにおなか一杯食べさせてあげたい。矢吹加奈」

可奈「美奈子さんの喜ぶ顔が見れるかな~♪」

P「得意料理は目玉焼き。中谷育」

育「プロデューサーさん、準備終わったよ」

P「脱女子力焼きそば。高坂海美」

海美「美奈子先生喜んでくれるかなー!」

P「というわけで普段美奈子にお世話になってる三人を連れてきた、いまから四人で昼飯を作る。可奈はやればできる子だし、育はお母さんと一緒に料理の練習をしている。海美は美奈子直々に料理を教わってるし完璧な布陣だ」

奈緒「一人めちゃくちゃ心配なのがおんねんけど……」



16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/03/21(木) 13:05:11.13 ID:EwKEsRMxO


P「大丈夫だ、三人集まればなんとやら、四人集まれば余裕だろう。奈緒はまだ準備しなくていいのか?」

奈緒「ああもうこんな時間や。じゃあ私も準備に行きますか」

P「終わったら写真送ってくれよ」

奈緒「わかりましたよー!」

P「……よし、それじゃあ俺たちも行くか。美味いもん作って美奈子を喜ばせるぞ!」

「「「おー!!!」」」




17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/03/21(木) 13:06:21.64 ID:EwKEsRMxO


―台所

P「よし、じゃあ今回はあえて美奈子の得意料理、肉じゃがでいこうと思う。美奈子の得意料理かつ中華からは外れたいいチョイスだろ?とりあえずレシピ本はあるからこれを読み名がら作っていこう。まずは役割分担からだな、育は……包丁は危ないからな、ピーラーで野菜の皮を剝いてくれ」

育「プロデューサーさん?包丁くらいわたしでも使えるもん!子ども扱いしないでって言ってるでしょ!」

P「ごめんごめん。じゃあ、育には大根と人参を切ってもらおうかな。可奈はジャガイモと玉ねぎ、海美は肉を切ってくれ」

「「「はーい!!!」」」




18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/03/21(木) 13:12:11.30 ID:EwKEsRMxO


可奈「うぅ~玉ねぎが目に染みるよ~。涙が止まらない~おめめしょんぼり~」

育「にんじんをランギリ?ランギリってどうすればいんだっけ?」

海美「牛肉は一口大に切る……これくらいかな!」

P「切れたか?じゃあ鍋に油しいて肉から炒めて……」

可奈「はれ!?プロデューサーさん、お鍋焦げてませんか?」

P「あ!やべえ、どうしよう」

海美「プロデューサー!調味料合わせたよー!」

P「おっ、サンキューな……海美、これ何混ぜた?ジョシタミンαは使ってないよな?」

海美「え?うん!醤油でしょ?お酒でしょ?みりんでしょ?あとこれ入れたらおいしそうだなーってやつ!」

P「美奈子……海美の教育はまだまだかかるぞ……まあいいか、ヤバいモン入れたわけじゃなさそうだしな。とりあえず一旦置いといて……」




19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/03/21(木) 13:13:10.10 ID:EwKEsRMxO


育「プロデューサーさん、こんなかんじで大丈夫かな?」

P「うん、よく切れてるな。じゃあさっそくこれを全部投入して……」

海美「プロデューサー。これ、野菜を入れる順番決まってない?」

P「げっ。まあそこまで変わんないだろ。このまま炒めるか」

可奈「プロデュサーさん!さっきよりも焦げ臭くなってる気がします!」

P「ん?ああっ!鍋の底が完全に焦げ付いてしまった!」

海美「えーっとこの後水を入れるんだよね?焦げ臭いのもなくならないかな?」

P「そうだな。じゃあ水を入れて……」

育「ちょっと色が濁ってない?」

P「まあ多少見た目が悪くても……調味料いれたら色も変わるだろうし」

海美「ふたをして中火で20分?うぅ~そんなにじっとしてられないよ~!」

P「だったら強火でやれば時間短縮できるんじゃないか?」

海美「そうだね!プロデューサーナイスアイデア!」




20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/03/21(木) 13:15:11.22 ID:EwKEsRMxO


P「そろそろいいだろ」

可奈「じゃあ私味見しますね!どんな味かな~おいしくできてるかな~……うぇ…野菜が固いよ~」

育「色、濁ったまんまだね…苦い……」

P「…苦いな」

可奈「そうだ!砂糖を入れてみませんか?」

海美「かなりんナイス!」

可奈「砂糖はどこかな~これかな~甘くするぞ~!」

P「ちょっと待て可奈、それ砂糖じゃなくてコショウ…」

可奈「フリフリ~…ふ、ふぇ…ふぇっくしょん!」ゴンッ

育「可奈さん!おたまが!」

P「うわあ!あっつ!!!」




21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/03/21(木) 13:21:40.03 ID:EwKEsRMxO


可奈「プロデューサーさん…!!ゴメンなさい…私のせいで…!」

P「だ、大丈夫だから…ちょっとおたまが当たっただけだ。可奈こそ、ケガとかしてないか?」

海美「どうしよう…こんな時は…!!救急箱!私、救急箱とってくるね!?」

P「ちょっ海美、落ち着け!」

「どうかしたんですか?」

可奈「み、美奈子さん!」

美奈子「わわっ!みんなどうしたの!?」

可奈「うう~美奈子さんにも見つかっちゃったぁ…」




22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/03/21(木) 13:22:17.31 ID:EwKEsRMxO


育「あのね、みなこさんのためにわたしたちで料理を作ろうと思ってたんだけど上手くいかなくて…慌ててたらおたまがプロデューサーさんに当たっちゃって…」

美奈子「…そうなんだ、何を作ってたのかな?肉じゃが?」

育「うん…」

美奈子「どれどれ…なるほど、焦げちゃったんだね。味は…うん、これならまだ何とかなるかな」

育「ほんとう!?」

美奈子「うん!あとは私に任せて!…でもその前に、大丈夫ですかプロデューサーさん?」

P「あ、ああ。おたまが手にちょっと当たっただけだからな」

美奈子「ちょっと見せてください……軽いやけどですね。育ちゃん、冷蔵庫から保冷剤取ってきてくれる?」

育「う、うん!」




23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/03/21(木) 13:23:48.14 ID:EwKEsRMxO


美奈子「タオルで縛って……これでよし!しばらくそのままにしていてくださいね」

P「あ、ありがとう」

美奈子「それじゃあ後は肉じゃがの方を……」

海美「どうするの美奈子先生?」

美奈子「これとこれとこれを少しずつ足して……はい、ちょっと味見してみて」

育「……おいしい。おいしいよ美奈子さん!」

可奈「本当だ!美奈子さんすごいなあ」

海美「流石美奈子先生!ありがとー!!」

美奈子「えへへ♪みんなの思いを無駄にはできないからね。じゃあみんなで食べよっか!」

「「「はーい!!!」」」

P(結局美奈子のお世話をするどころか、美奈子の手を借りることになってしまった。次こそは……!)



26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/03/21(木) 17:05:28.30 ID:EwKEsRMxO


―午後

P(午後からは次の公演に向けたレッスンだ。事務仕事の合間に様子を見に行くと、美奈子たちはダンスをしている最中だった)

P「うん、みんなしっかりやってるな」

P「結局、美奈子にお世話らしいお世話してやれてないよなあ。むしろ余計に美奈子に迷惑をかけている気がするし……」

P「料理が失敗に終わってからも、美奈子のことをお世話できるタイミングを探っていたけど、見つからなかった。まあ、そりゃあそうか、普段あれだけ周りに気を使ってるんだから自分の身の回りもしっかりしているよな」

P「今もこうやって見てるだけだし…」




27: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/03/21(木) 17:10:43.01 ID:EwKEsRMxO


美奈子「育ちゃん大丈夫?」

育「うん、平気だよ!」

美奈子「難しいところがあったら言ってね。ゆっくり教えるから」

育「大丈夫!わたし、この曲の振り付けもうほとんど覚えたよ!ここのステップも…ほら!」

美奈子「わあ、すごい!そこのステップかなり難しいところなのに」

育「えへへ、昨日少し可奈ちゃんと練習したんだよ!」

美奈子「じゃあ1回3人で通してやってみよっか

P(3人ともいい動きをしているな。これなら本番も安心できそうだ)




28: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/03/21(木) 17:13:08.98 ID:EwKEsRMxO



育「~♪」

P(…できるようになったとはいえ、ちょっと育のダンスが荒削りかな。まあ、形にはなってるからもう少し練習すれば…)

可奈「~♪」

P(可奈もかなり頑張っている…今度ご褒美にプチシュー買ってきてあげるか。志保には甘やかさないでくださいって怒られそうだけど)

美奈子「~♪」

P(美奈子は……さすが二人に教えてあげているだけのことはあるな。もともとダンスは得意な方だけど)

P(美奈子にまかせておけば大丈夫そうだし、差し入れでも買ってくるか。ちょうどそこに自販機が―)

育「ここでこう……うわあ!」

P「あぶない!」




29: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/03/21(木) 17:13:51.51 ID:EwKEsRMxO


美奈子「?……っ!きゃあ!!」

可奈「育ちゃん!?美奈子さん!?」

P(足を取られた育がもつれて隣で踊っていた美奈子にぶつかってしまった)

P「大丈夫か!?」

美奈子「いたた……育ちゃん、大丈夫?」

育「うん……ごめんなさい、美奈子さんは?」

美奈子「よかったあ。私も大丈夫だよ……っ!」

育「美奈子さん!」

美奈子「あはは、ちょっと挫いちゃったみたい。……いたた」





30: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/03/21(木) 17:14:20.25 ID:EwKEsRMxO


P「……捻挫しているな。今日のレッスンは終わりだ。俺は美奈子を医務室に連れていくから二人はもう上がってくれ」

育「美奈子さん……うぅ…ごめんなさい、私の失敗で……」

美奈子「大丈夫だよ育ちゃん。育ちゃんもかなり上達してたから次は絶対にうまくいくよ!」

P「美奈子、歩けるか?」

美奈子「……少し痛みますね。プロデューサーさん、肩かしてもらってもいいですか?」

P「わかったよ、じゃあいくか。二人ともお疲れ様」





31: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/03/21(木) 17:21:45.55 ID:EwKEsRMxO


―医務室

P「とりあえず氷貰ってきたから冷やしておいてくれ。なにかほしいものあるか?」

美奈子「ありがとうございます、プロデューサーさん」

P「なんかあったら言ってくれよ、あとこれドリンクとタオル。着替えはさすがに持ってこれないから我慢してくれ。可奈か育に頼めばよかったな」

美奈子「育ちゃんに悪いことしちゃったかなあ」

P「仕方ないさ。誰でも失敗するときはあるし、それが人を巻き込むこともある。美奈子が気に病む必要はないよ。汗冷えるだろ?着替えはないけどとりあえずこのバスタオル羽織っててくれ」

美奈子「………えへへ♪あったかいです」




32: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/03/21(木) 17:22:18.93 ID:EwKEsRMxO


P「それにしてもやっと美奈子にお世話できたって感じがするな?」

美奈子「朝のことですか?」

P「ああ。結局、今日一日も美奈子のお世話になりっぱなしだったからな」

美奈子「肉じゃがも失敗してましたもんね。私の得意料理から選んだんですよね?」

P「美奈子の得意料理を美奈子に出したかったからな。失敗したけど」

美奈子「ううん。とっても嬉しかったですよ」

P「そういってくれるとありがたいな」

美奈子「誰かのことを思って作った料理はおいしくなるんです。ちょっと私もお手伝いしちゃいましたけど、それでもあの肉じゃがは私にとってはおいしい御馳走ですよ♪」

P「はは。そうだったな。何となく美奈子の言ってることが少しわかった気がするよ」

美奈子「でもプロデューサーさん。こう、なにも意識しなくてもプロデューサーさんはいつも私たちにお世話してくれてると思うんです」

P「え?」




33: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/03/21(木) 17:22:44.82 ID:EwKEsRMxO


美奈子「今日の午前の撮影だって、差し入れを持ってきてくれましたよね?冷えると風邪ひくからって上着を羽織らせてくれたり」

P「……」

美奈子「差し入れだって今日だけじゃなくていつも持ってきてくれますし、私が悩んでいるときはプロデューサーさんはいつも相談に乗ってくれるじゃないですか」

P「プロデューサーとして当たり前のことをしているだけだよ」

美奈子「あたりまえな事がとっても嬉しいんですよ!だから私は、私たちはいつもプロデューサーさんのお世話になってるんです♪」

P「…そういうもんかな」

美奈子「そういうものですよ♪私がプロデューサーさんやみんなのお世話をできるのも、プロデューサーさんのサポートがあるからこそですよ。だから、いつもありがとうございます!プロデューサーさん!」




34: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/03/21(木) 17:23:10.57 ID:EwKEsRMxO


P「…変に気負わなくてもよかったんだな」

美奈子「まあ、私のためにって言うのは嬉しかったですけどね♪」

P「ははっ。次は空回りしないように気をつけるよ……っともうこんな時間か。まだ歩くと痛むだろうし今日は送ってくよ」

美奈子「プロデューサーさんはこの後大丈夫なんですか?」

P「まだ少し残ってるけど大したことじゃないし、美奈子を送ってからでもできることだからな」

美奈子「じゃあよろしくお願いします!…それと、明日からはまたいつもみたいにお世話しますからね!」

P「あ、明日はまだ禁止な」




35: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/03/21(木) 17:24:15.54 ID:EwKEsRMxO


美奈子「ええっ!?どうしてですか!?」

P「答えは後ほど。さ、肩貸すから車に行くぞ」

美奈子「もうっ。おしえてくださいよプロデューサーさん!」




36: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/03/21(木) 23:51:06.02 ID:C/6yE4300






捻挫の腫れもかなりひいてきて、歩いていても痛くないくらいには回復しました。これなら明日にはほぼ治っているはずです。
歩けないと厨房にも立てませんからね、はやく治るに越したことはありません。

明日のお昼は何を作ろうか、何をプロデューサーさんに持っていこうか考えながら、ベットの上をゴロゴロ。
今日作ってもらった肉じゃがのお返しになるようなものもいいかもしれないなあ。

それにしても朝いきなりお世話禁止を言われたときはビックリしたなあ。
プロデューサーさんが私のことを思って言ってくれていたのはわかりましたし、うれしく思いました。
だからこそ、プロデューサーさんにはその間違いを伝えたのですけど。




37: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/03/21(木) 23:57:32.10 ID:C/6yE4300


それにしても明日こそお世話禁止ってなんでなんだろう。
車の中で何度聞いてもその理由は教えてくれませんでした。

『ふーん。プロデューサーさんは私にお世話されたくないんですね!』

あまりにもかたくなに教えてくれないので、最後の方は少しそっぽを曲げるフリまでしてしまいました。
我ながら子供すぎるかな、とも思ったけれど、プロデューサーさんのどうとも言えなさそうな困り顔が珍しかったので結局最後までフリは続けました。




38: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/03/22(金) 00:00:01.86 ID:d40I86fX0


―♪

ちょうど時計の針が12時を指したとき、私の携帯にメッセージが届いた着信音が鳴りました。
確認してみるとメッセージの送り主はプロデューサーさんのようです。
なにかあったのでしょうか。
不思議に思いながらもメッセージを開きます。

『誕生日おめでとう。言った通り今日一日お世話禁止。大人しく俺たちに祝われること』

メッセージを開くと、短い文章とともに、写真が添付されていました。
いろいろな飾りつけがされた控室で奈緒ちゃんたちがピースしている写真。

3月22日、今日は私の誕生日。
日中から奈緒ちゃんたちが少し慌ただしかったのは準備をしていたからなのかな。
もしかして私をウチまで送り届けてくれたあとにプロデューサーさんが戻ったのも―。




39: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/03/22(金) 00:00:59.53 ID:d40I86fX0


「ふふっ。ありがとうございます!プロデューサーさん」

もういい時間ですし、早く寝ないと。
そうは思っていても眠りにつけるのはもっと先になりそうです。

劇場でのお世話は禁止されましたが、朝にプロデューサーさんのお昼ご飯を作っていくくらいなら許されますよね。
ああ、でも何もしないでされるがままというのはきっとムズムズするんだろうなあ。
喜びとワクワクを胸にしまいながら、私は布団に潜り込みました。






40: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/03/22(金) 00:01:46.92 ID:d40I86fX0

終わりです
美奈子誕生日おめでとう


元スレ
SS速報VIP:【ミリマス】P「美奈子をお世話したい」