1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/02/03(日) 21:35:44.68 ID:N5xrnYFS0


今日も街を独り歩く。
人混みの中を駆ける真冬の風が、ほんの少し露出した肌を撫でる。
果てない草原、風がビュビュンと一人ぼっち
町の人混み肩がぶつかって一人ぼっち
小学生のころ好きだったアニメの曲の歌詞だ。
こういう時には無性にこういうことを思い出してしまう。

『バレンタインまであと十日になったけど、春香ちゃんは彼氏さんとかいるの?』

『いませんよ~、もし居たとしてもここでいいません!』

多くの人が見上げる電光掲示板で、春香は楽しそうに話している。

「それに比べて私は」

虚無感。
事務所の皆は輝いている。
それは長年望んでいた事だった筈なのに――辛い。
長い間下積みを積んできたことは自分が一番知っている。
アイドルの皆には春が来て、花が咲いている。だが、自分はどうだろう。
凍りついた冬の氷は厚さを増すばかりだ。

誰も居ない事務所で淡々と仕事をこなすだけ。
一人でいることには慣れっこなはずなのに――無性に寂しい。

「これからどうしようか」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1359894922




2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/02/03(日) 21:37:15.42 ID:N5xrnYFS0

冷たい町を歩き、冷たく暗い部屋に帰り、眠る。朝起きて、冷たい事務所で朝から晩まで独り、働く。

自分はこんな事を望んでいたのか。違う筈だ。
皆がいつまでも揃って笑っている事務所、それこそ自分が望んでいたこと。

「外食で済ませちゃおうかな」

家の冷蔵庫の中身があまり入っていないことを思い出して、呟く。どうせ食生活の乱れで誰かにどうこう言われる事は無いのだ。

「あ、でも体調壊したら…事務所の皆に迷惑かけちゃうかな」

独りごとはもう癖だ。基本的には一人だから、こうして言葉に出すことをしないと喋り方を忘れてしまいそうになる。

「ここでいいか」

何の飾り気もない、そういったら悪いかもしれないが食堂ののれんをくぐる。

案内されたカウンター席の隣には見知った、しかし最近合わせていなかった顔があった。

「偶然ですね…プロデューサーもここで食事なんて」

「ええ、お久しぶりです音無さん」




3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/02/03(日) 21:38:11.31 ID:N5xrnYFS0

お久しぶり、そういえばここ一週間くらい顔を合わせていない気がする。数か月前までは毎日朝から晩まで一緒だったのに。

「……最近事務所の方はどうですか?」

どうもこうもない、変化のない毎日なのだから。

「特に変わりは無いですよ…プロデューサーさんの方はどうですか?」

「いやぁ、こっちも変わりは無いですよ…春香の芸人体質には困ってますけど」

嘘だ。

「変わりない訳無いじゃあないですか…みんなの露出があんなに多くなってあなたの仕事も大変になってるはずでしょ?それに、とっても疲れた顔してます」

「いやぁ、実はここ数日家に帰れてないんですよ…まともな食事も二日ぶりだったり」

そんな状態でも笑い顔を崩さない同僚に小鳥の苛立ちは大きく膨れ上がる。

「プロデューサーさん、一人であんまり抱え込まないでくださいね…私だって仲間なんですから」

「ええ、頼りにしてますよ」

自分にできることなんてたかが知れているのに、こういう時だけ頼れるお姉さんのふりをしている。
苛立ちは目の前の同僚に向けてではない、自分に向けてだ。




4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/02/03(日) 21:38:58.00 ID:N5xrnYFS0

お久しぶり、そういえばここ一週間くらい顔を合わせていない気がする。数か月前までは毎日朝から晩まで一緒だったのに。

「……最近事務所の方はどうですか?」

どうもこうもない、変化のない毎日なのだから。

「特に変わりは無いですよ…プロデューサーさんの方はどうですか?」

「いやぁ、こっちも変わりは無いですよ…春香の芸人体質には困ってますけど」

嘘だ。

「変わりない訳無いじゃあないですか…みんなの露出があんなに多くなってあなたの仕事も大変になってるはずでしょ?それに、とっても疲れた顔してます」

「いやぁ、実はここ数日家に帰れてないんですよ…まともな食事も二日ぶりだったり」

そんな状態でも笑い顔を崩さない同僚に小鳥の苛立ちは大きく膨れ上がる。

「プロデューサーさん、一人であんまり抱え込まないでくださいね…私だって仲間なんですから」

「ええ、頼りにしてますよ」

自分にできることなんてたかが知れているのに、こういう時だけ頼れるお姉さんのふりをしている。
苛立ちは目の前の同僚に向けてではない、自分に向けてだ。




5: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/02/03(日) 21:40:04.29 ID:N5xrnYFS0

ご飯を食べるとすぐにプロデューサーは足早にお店から出て行った。
やっぱり独り、鯖味噌定食を頬張る。

店を出て、少し寄り道をする。
アイドルの皆にお仕事が全然ないときにみんなで来た街並みが見える小高い丘の上。丘、といってもちょっとした住宅街の高台、といったところだが。
天の川が地上に落ちたような都会の夜は、寒くて寂しい。
そこで独りぽつんと立っている自動販売機で、砂糖とミルクがたっぷり入った甘いコーヒーを買う。
実を言うと、今の生活が嫌っていうわけじゃあない。
缶コーヒーを一口、息が白い。
ちょっと皆には休んでほしいとは思うけど。

今の生活は嫌いじゃあないけど、主体性のない自分が嫌い。
アイドルの皆のアドレスはポケットの中の携帯電話に入っているのに、体に気を付けて、って送ればこの気持ちも少し落ち着くかもしれないけど、それが出来ない自分が嫌い。
誰からも返信が来なかったらきっと泣いてしまうから。

忙しすぎる皆が可哀そうだから?違う。自分が惨めで可哀そうだから。

「明日からまたがんばろう」

やっぱり独り言は癖だ。

アパートの自分の部屋だけには灯りがともっていない。尤も、ともっていたらそれはそれで怖いけど。

「新聞溜まってるなあ…」




6: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/02/03(日) 21:40:59.29 ID:N5xrnYFS0

自分の家で新聞なんて読まない。読む暇がない。
もっぱら事務所で読んでいる。今は誰も叱る人が居ないから、一人でのびのび読んでいる。
音無さん、いつまでも新聞読んでないで仕事してください!なんて声が聞こえてきそうで聞こえてこない事務所で。

「新聞取るのやめようかな…」

郵便受けにどっさり溜まった新聞を抜き取ると、中に包みが入っていることに気が付いた。
とっても可愛い包装紙にくるまれた手紙くらいの大きさの箱。

部屋の中、電気をつけると冷蔵庫から缶チューハイを取り出し着替えもせずに蓋を開ける。
存外、冷蔵庫の中は混雑していた。大体の物が賞味期限切れで食べられないけど。

「さてと、この包み、だれからかな」

どこかで見た事があるような可愛らしい『小鳥さんへ』という字に目を細めながら破かないように包装紙を取り払っていく。

そして、現れた箱の蓋を開けると可愛いひよこの形をしたチョコレートが6つ。

「誰からかしら」

包装紙と一緒に取り払ってしまった紙があったことにそこで気づいた。
その紙を広げてみる。




7: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/02/03(日) 21:42:15.88 ID:N5xrnYFS0

『こんばんは!なのかな?春香です!ちょっと早いけどバレンタインチョコです!!
 最近元気ないみたいだったから(?)作っちゃいました
 作ったって言っても板チョコ溶かして固めただけなんですけどね…
 私たちも、忙しいけど頑張ってます…みんなの仕事が落ち着いたらまた
765プロの皆で遊びに行きたいですね!
また今度、どこかに遊びに行きましょうね!それまで体壊したりしたら駄目ですよ』


「そうね、みんな頑張ってるものね…私がみんなが帰ってくるところを守っててあげなくちゃね」

録画がいっぱいだと自己主張するHDDを無視してテレビを付ける。
手紙の主が満面の笑みでテレビには映っている。




8: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/02/03(日) 21:43:04.95 ID:N5xrnYFS0

「また明日から頑張ろう」

にっ、と笑ったその顔には一点の曇りもなかった。
チョコを一つ口に頬り込むと、甘さが口いっぱいに広がる。

「春香ちゃんも風邪ひいたらめっ、だからね」

小さな春が、小さな部屋いっぱいに香った。

終わり



15: ◆6A11OjTCqo 2013/02/04(月) 02:24:26.59 ID:R1MY0sP/0

長くなるかもなんで酉つけました

響 「ウミナイビ」

沖縄の夏は台風と共にやってくる。
台風が来ると学校が休みになるけど、外にも出られないから少しつまらない。

そういう時には兄と卓球をする。
卓球といってもちゃんとしたのではなくてスリッパでやるお遊びだ。

台風が通り過ぎると本格的な夏が来る。
浜辺で友達と遊ぶ。服がずぶぬれになってもなんとかなる、日差しがすぐに乾かしてくれるから。
じゃあねー、と叫ぶ友達の声との別れを惜しみ家族の声のする方へ駆ける。

ちゃんと舗装されていない細くて小さな道。
でもその道も、広く大きく見えた。どこまでも続いているように見えた。

「東京の冬は寒いんだな…」

地上の星は無数にあって輝いていても、太陽の何万分の一も温かくない。
石油ストーブの前に陣取っても、無機質な暑さに気が滅入る。

「そりゃ沖縄と比べたら寒いっしょ」

「ねーね、ひびきん沖縄って2月から海開きって本当?」

悪戯好きな年下の友人たちの質問に、現実に呼び戻される。

「流石に二月は早いんじゃないかと思うぞ…自分は泳いだことあるけど」

「えーひびきん2月に泳いだの?沖縄すごすぎるよ」

「けっこう寒かったぞ」





16: ◆6A11OjTCqo 2013/02/04(月) 02:25:17.28 ID:R1MY0sP/0

そう、あれは確か小学校高学年の時だった。
兄は本島の中学に寮で暮らしながら通ってたから週末にしか会えない存在になっていた。
その兄に泳げるようになったと自慢したくて海に入った。

生憎、その日は午前は晴れているが、午後は荒れるという天気予報が出ていた。
が、そんな天気予報を見るわけもなく海に入る。

お昼ご飯も食べないで泳いでいると波が高くなってきた。

「そろそろ上がった方がいいんじゃないか?」

本島に行ったせいで標準語が多くなった兄が言う。

「なんくるないさ~!それよりにぃに、自分泳ぐの上手くなっただろ?」

「ああ、上手くなった。でも危ないから上がっとけ」

「しょうがないな、にぃには心配性だから」

海から上がって、二人で海を眺める。

「にぃには高校どこに行くんだ?」

「俺か?…多分本土に行く」




17: ◆6A11OjTCqo 2013/02/04(月) 02:26:03.97 ID:R1MY0sP/0

薄々予想はしていた。
都会に憧れる人だから、高校じゃなくても大学、大学じゃなくても社会人になったら本土に行くと言い出すと思っていた。

「そっかー、寂しくなるぞ」

わしゃわしゃと頭を撫でられ、条件反射で

「髪の毛崩れちゃうぞ!」

言うと

「海に入った後にそんなこと言われてもな」

簡単に反論されてしまう。
兄は頭がいいのだ。

「やばいな…」

「どうした…」

「雨来るぞー走らんと濡れるからなー」




18: ◆6A11OjTCqo 2013/02/04(月) 02:26:51.11 ID:R1MY0sP/0

それだけ言うと先に走って行ってしまう。
確かに遠くに空を突き刺すような雲が見える。海水はべたつくから雨水で洗ってもらっても問題は無い、そう思いながらも兄を追って走る。

どこまでもどこまでも続いているような錯覚に陥る長い道を延々駆ける。道端のウージが揺れている。

「にぃに待ってー」

外を走り回る事をあまりしない小学生女子と、中学生男子の走る速さは全くと言っていいほど違う。

「にぃに……待ってよ」

泣き虫響、と馬鹿にされていた小学生時代のことだ、すぐに視界が歪む。
でもそうすると、兄が戻ってきてゆっくり一緒に歩いてくれるのだ。

「泣くなー、そんな顔してたら彼氏もできないさー」

「いいもん」

「なぁに、また学校のウーマクワラバー達にいじめられてんのか?」

二人でゆっくり歩いているとやがて雨が降ってくる。
2月のまだ冷たい雨の中を二人で帰った。




19: ◆6A11OjTCqo 2013/02/04(月) 02:27:54.08 ID:R1MY0sP/0

っと、こんなかんじさー」

「ひびきん、オチは!?」

「オチ?」

「そうそう、話にオチが無い人間は駄目だってこの間共演してた芸人さんが言ってたよ」

「そんなこと言われてもな…」

ふと、思い出した様に言う。

「話のオチは無いけど、今度真美と亜美の二人にはソーキそば作ってやるぞ!」

母親がいないときには祖母が作ってくれたソーキそば。
祖母も居ないときには兄が作ってくれたソーキそば。

「とっても美味しいんだぞ!」




22: ◆6A11OjTCqo 2013/02/04(月) 02:41:23.00 ID:R1MY0sP/0

――
―――

電話がなかなか繋がらない。

『はい、我那覇です』

「あ、にぃに?最近元気してるか?」

十数コール目でやっと出たのは懐かしく、親しみ深い声だった。

『自分は元気さ、響も元気みたいだな』

「うん。自分、完璧だからな」

『それ懐かしいな…俺が教えたんだぞ?覚えてるか』

忘れるわけが無い。

「……学校のウーマクワラバー達と喧嘩して、その時の勝利の決め台詞」

『自分、完璧だからな!』

「忘れるわけないだろ!」

『…まさか都会に行きたいってずっと言ってた俺がこっちに残って、都会嫌いな響がトップアイドルとはな』

都会には無機質な物しかないんだと思っていた。無機質な街並み、無機質な人々。
だから嫌っていた、でも今は違う。

『東京の冬は冷えるだろうから、辛くなったら帰ってきてもいいんだからなー?』




23: ◆6A11OjTCqo 2013/02/04(月) 02:42:09.89 ID:R1MY0sP/0

うん。…でも、こっちの人たちもとっても温かいから大丈夫だぞ」

そう、太陽の様にポカポカしていて、ここにも自分の帰ってこれる場所があるんだ、って思える場所。

「765プロの皆もいるし、自分は平気だ!」

『そうか』

少しさみしそうな兄の声に罪悪感がほんの少し顔を覗かせる。

「そうだそうだ、にぃにに電話したのはソーキそばの作り方を教えてもらいたくてだった!」

『ソーキそば?どうして急に?それに響もつくれるぞ、ネットとかでレシピ見たら』

「にぃにのレシピじゃないと嫌なの!」

『わかったわかった…メモ翌用紙準備しろよ?』

「大丈夫だぞ!」

『あ、そうそう…誰に作ってあげるんだ?彼氏か?…急に自分で食べたくなったなんて言うなよ?』

「うぅ、それは765プロの友達に食べさせてあげるんだぞ」

でも、本当に食べさせたいのは別の人。
いつでもにこにこ笑っていて、太陽の匂いがする人。
自分たちのために毎日毎日朝から晩まで働いている人に、食べてもらいたい。

「あとは…こっちのにぃにに食べさせてあげるんだ!」




24: ◆6A11OjTCqo 2013/02/04(月) 02:43:04.95 ID:R1MY0sP/0

『こっちのにぃに?さては恋人だな』

「秘密―!」

久しぶりの兄弟喧嘩とも呼べないようなじゃれ合い。
昔は毎日していたのだ。今は半年に一度するかしないか程度だ。

こっちのにぃにとは、ずっといっしょにいたいな。

その言葉は、声に出されることなく泡と消えた。


終わり


元スレ
SS速報VIP:小鳥「春告鳥」