1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/26(金) 19:23:15.95 ID:X4Eobw+q0.net

女騎士「これどうしよう…そうだ>>5…」



5: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/26(金) 19:24:34.07 ID:tKk0mHokp.net

京都行こう



8: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/26(金) 19:27:51.34 ID:X4Eobw+q0.net

女騎士「そうだ京都行こう…あそこなら確実に処理出来るはず…」

女騎士「しかしいささか遠いな…>>15を使うか…」



15: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/26(金) 19:31:36.47 ID:oaW3qbSR0.net

三角木馬



20: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/26(金) 19:39:36.36 ID:X4Eobw+q0.net

女騎士「三角木馬を使うか…」

女騎士「このままならただのアダルトグッズだが…」

女騎士「ちょっと加工して…」ギーコギーコトントン

女騎士「エンチャント掛ければ…」フィィィン

女騎士「フフ…飛行三角木馬の完成だ」



22: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/26(金) 19:47:20.65 ID:X4Eobw+q0.net

女騎士「コイツで京の都までひとっ飛びだ」

女騎士「出発!!」バシュウ!!

~空中~

女騎士「んっ…くうっ…震動で…これ凄ッ…」

女騎士「しかもこれ…誰にも…ンッ見られる心配がないのが素晴らしいな…」

女騎士「んん…?あれは…?>>28…?」




28: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/26(金) 19:58:05.86 ID:slF7xllU0.net

F-15



33: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/26(金) 20:14:51.86 ID:X4Eobw+q0.net

女騎士「Fー15!?」

女騎士「ハァ、ハァ…妙だな…まだ扶桑領空には進入していないし…ゥンッ…そもそも…ァンッ…入国前許可は取っ有るぞ…」

Fー15パイロット「そこの魔道騎士に告ぐ!速やかに飛行ユニットの出力を落としその場に停止せよ!」

Fー15パイロット「我々は>>35!抵抗すればただでは済まないぞ!!」



35: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/26(金) 20:15:49.52 ID:39GSoaeL0.net

サディストである



39: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/26(金) 20:24:58.51 ID:X4Eobw+q0.net

女騎士「サディスト…?聞いたことがある…確か世界中からノーマルな性癖の女性を拉致し…」

女騎士「ドМに調教してしまうと言う第一級テロリストだったか?」

女騎士「だがご生憎様だな…私はプチMだっ!!」

女騎士「邪魔立てするなら…>>45!!」



45: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/26(金) 20:28:57.49 ID:lRdYW0Au0.net

公開オナニーするっ!!



46: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/26(金) 20:45:11.96 ID:X4Eobw+q0.net

女騎士「邪魔立てするなら…公開オナニーするっ!!」ハァハァ

F-15パイロット「は?」

女騎士(あぁ…これは危機を脱する為…相手を動揺させてスキを…私は変態では無い…)カチャカチャシュルシュル

女騎士「ほらぁ…私の大事な所…まだ一度も殿方を受け入れたことのない…ォ、おまんこがぁ…」クチクチ

女騎士「木馬のぉ…△に擦れて…」シュリシュリ

F-15パイロット「……」

女騎士「あ…そろそろ…イっくぅ…っ!!!」くちゅくちゅ



48: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/26(金) 20:51:37.42 ID:X4Eobw+q0.net

                                          キィィィィン

F-15パイロット「くだらん…我々が用があるのは“ノーマルな性癖のおにゃのこ”のみ…」

F-15パイロット「あのような変態には用は無い」

F-15パイロット「しかしあの木馬…>>49だった」



49: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/26(金) 20:52:42.35 ID:SpDvhTyV0.net

何か良



51: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/26(金) 21:01:50.03 ID:X4Eobw+q0.net

F-15パイロット「しかしあの木馬…何か良かった…今度の調教の参考にしてみるか…」

キィィィィン

女騎士「あ…そろそろ…イっくぅ…っ!!!」くちゅくちゅ

女騎士「んぁぁあぁぁぁっ!で…でちゃうぅぅぅぅっ!!」ぷしゃぁぁぁ

女騎士「はぁーはぁーふぅ…」グッタリ

女騎士「あれ…居ない…」

女騎士「…………」シュルシュルカチャカチャ

女騎士「もう二度としない…」



52: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/26(金) 21:05:15.39 ID:X4Eobw+q0.net

女騎士「むっ とかやってる間に京に着いたな」

女騎士「とりあえず木馬は隠して…と」

女騎士「目的地に行く前に京を少し観光でもするかな」

女騎士「どこに行こう?」  >>56



56: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/26(金) 21:08:41.94 ID:lJoHIqTn0.net

京都駅



61: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/26(金) 21:17:56.01 ID:X4Eobw+q0.net

女騎士「とりあえず京都駅に入ってみるか…ここから滅茶苦茶近いし」

女騎士「おお…何か近未来的だぁ…」

女騎士「このちょっと長めのエスカレーターが印象的だ」

女騎士「スゴイスゴイ」ウロウロ

女騎士「おっと、現在時刻は…?」 >>63



63: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/26(金) 21:19:47.14 ID:SpDvhTyV0.net

08:00



65: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/26(金) 21:21:17.63 ID:X4Eobw+q0.net

AMかPMか? >>66



66: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/26(金) 21:21:53.62 ID:YiVgySPer.net

am



69: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/26(金) 21:28:59.23 ID:X4Eobw+q0.net

女騎士「朝八時…そういえば小腹も空いたな…」

女騎士「手元に食料は…ケーキだけか、話にならんな」

女騎士「せっかく京に来たんだ。たまには外食もよかろう」

女騎士「一晩中運動したことだし、多少重めでも大丈夫だな」

女騎士「何食べよう?」  >>75



75: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/26(金) 21:32:15.20 ID:RDDq/Egr0.net

京都大学の女教授



80: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/26(金) 21:47:31.42 ID:X4Eobw+q0.net

女騎士「とは言っても…京の名物って何だ?」

女騎士「…餅は餅屋だ地元民に聞くのが一番よかろう」

女騎士「おーいそこの人ー」

>>75「ヘイwww何でゲス?ゲへへwww」

女騎士「…つかぬ事を聞くが京で美味いものといえば何だ?教えてくれまいか?」

>>75「そりゃもちろんwww京大の女教授でさぁwwwwオヒョwwww」

女騎士「は?」

>>75「あのムッチムチのケツ!!むしゃ振りつきてぇーwww」

女騎士「おいt」 >>75「あとあのパイ乙もwwwウヒョーwwwww」

女騎士「あっお回りさーん!変態がいる!捕まえてくれ!」

警官「貴様!逮捕だ!」ガシャン

>>75「ハナセーヴォォォォォォォ」



81: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/26(金) 21:49:37.07 ID:X4Eobw+q0.net

女騎士「まったく…気を取り直して飯屋を探すか…」

女騎士「何食べよう?」 >>85食料で頼む



85: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/26(金) 21:51:25.76 ID:LilE+V2/0.net

シュールストレミング



92: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/26(金) 22:12:34.46 ID:X4Eobw+q0.net

女騎士「今度はあの少女に聞いてみよう。私と同じ外国人っぽいし話しかけやすそうだ」

女騎士「失礼、お嬢さん」

少女「はい?なんでしょう?」

女騎士「なに、時間は取らせんよ」

女騎士「この辺で美味い飯屋を知ってたら教えて欲しいんだ」

少女「うーんごめんなさい…私もこの辺は詳しくなくて…」

女騎士「そうか…」

少女「あっでもでもごはんなら持ってますよ。もしよろしければ…」

女騎士「おっそうか、もうこの際何でもいいや」

少女「では向こうのベンチで…」

女騎士「すまんな」

少女「いえいえ」



96: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/26(金) 22:24:30.32 ID:X4Eobw+q0.net

女騎士「で?そのゴハンとやらを教えてくれまいか」

少女「はい!私の国の伝統的なカンヅメです!シュールストレミングって言います」

女騎士「ほう」

少女「ニシンの塩漬けです。おいしいですよ~!」

少女「あ…でも缶切り忘れちゃいました…」

女騎士「心配ご無用」ヴォーン

少女「わぁ…何もない所から光の剣が…」

女騎士「こう見えても魔道騎士でね」フンス

女騎士「少々手荒だがこいつで開けさせてもらう」スチャ

少女(わいるどだなぁ…)



98: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/26(金) 22:34:09.64 ID:X4Eobw+q0.net

女騎士(それにしてもやけにカンヅメが膨らんでるなぁ…沢山入ってるのかな?)

女騎士「ユクゾッ」サク

少女「あっ!!言い忘れてた!気を付けt」

ぶしゃぁぁぁぁぁぁぁぁ

女騎士「!?うわ…うわぁぁぁぁぁぁぁ!?」ビチャァァァ

少女「あぁ…ごめんなさい…」

女騎士「ぬお…凄い匂いだ…」



101: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/26(金) 22:46:56.19 ID:X4Eobw+q0.net

~しばらくして~

女騎士「まったく…空間脱臭魔法と浄化魔法が無かったらえらい事になってた」モグモグ

少女「あうう…すみません…」モグモグ

女騎士「フフ…それにしても君は缶切り忘れたり警告を忘れたり少しドジっ娘なようだな?」モグモグ

少女「そっそんな事ないもん!」ムスッ

女騎士「ふっ、そうだな…君のような優しい子がドジな訳はないかな?」ナデナデ

少女「あう…////」ユサユサ  少女(ふぁ…大きい手…それでいて細い指…なんかイイニオイする…)

女騎士「さてと…そろっといい時間だし私は目的地に行くかな」

少女「えっあっ?もう行っちゃうんですか?」

女騎士「あぁ。君も気を付けてな」

少女「>>106



103: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/26(金) 22:48:27.95 ID:A6U739UR0.net

あの.....ケーキの消費手伝います!



111: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/26(金) 23:04:04.83 ID:X4Eobw+q0.net

少女「あの…ケーキの消費手伝います!」

女騎士 ピクッ「……なぜケーキの事を知っているのかな?」

少女「えっ?あ…えっと…」

少女「その手に持っているのはケーキの箱ですよね!そりゃわかりますよぉ~」

女騎士「確かにこの箱はケーキの類を入れるものだ。それは一目瞭然」

女騎士「だが…ただのケーキの箱じゃない

女騎士 「この箱には空間拡張が掛けられている。君はそれを見抜いたな?」

少女「ち…ちが…違いますっ…」



116: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/26(金) 23:14:01.95 ID:X4Eobw+q0.net

女騎士「ほう?違うと申すか?ならば私の思考を読んだか」

少女「ちがう…ちがうんで…」

女騎士「どんなに否定を続けたところで君がこの箱の中身と私の目的を知ってるのは明白な事実」

女騎士「君の目的は知らんが…」

少女「わ…私そんな…つもりじゃ…」

女騎士「君は本当は>>125だな?」



125: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/26(金) 23:22:31.15 ID:N26PiLgC0.net

vipper



131: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/26(金) 23:38:18.43 ID:X4Eobw+q0.net

女騎士「君は本当はvipperだな?」

少女「……vipper?何です?それ私普通の女の子ですよぉ?」クスクス

女騎士「“我々”の業界では常識だがな?あくまですっ呆けるんだな」

女騎士「vipper…特別な存在…世界の観測者…」

女騎士「神話やお伽話に度々登場する…いわば神の様な存在」

少女「やめて」

女騎士「話の種類は多々あるがvipperいずれもは強大な力を備えている」



140: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/26(金) 23:59:30.79 ID:X4Eobw+q0.net

女騎士「話の種類は多々あるがvipperはいずれもは強大な力を備えている」

女騎士「彼らは指をわずかに動かすだけで世界を創り」

女騎士「また同様に嵐を巻き起こし…多くの世界を滅ぼした…」

少女「やめてっていってるでしょ」ズズズ

女騎士(殺気!)バッ  ヴォーン ズザー

少女「…そうですよ私はvipperです。女騎士さんの体に生えてる体毛の数から生理周期まで」

少女「なんだって知ってるんです」ツゥ ニコッ ポロ…ポロ

女騎士「!?な…泣いてるの?」

少女「見ればわかるでしょ?vipperでも悲しい気分の時は泣くんですよ?」クスクス

少女「ねぇ女騎士さん…私の事…嫌い?怖い?」

女騎士「>>145



145: 以下、転載許可でVIPがお送りします 2014/12/27(土) 00:03:04.87 ID:+4BYF5sL0.net

犯したいくらい好き



152: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/27(土) 00:26:02.02 ID:TIQBcv5C0.net

女騎士「犯したいくらい好き」

少女「ッツ!?/////」

女騎士「その可憐な声も、華奢な腕も、ブロンドの髪も、ふるふるした唇も…」

女騎士「君の全てが欲しい」

少女(ああ…永らく生きて来たけど…この瞬間をどれだけ…)

少女「こんな街中でこんな小さい女の子に愛の告白だなんて…恥ずかしくないの?」

女騎士「そのSっ気もたまらん」

少女「どうしようもない変態さんね」クスクス

女騎士「いや、プチMさ」ニコ



157: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/27(土) 00:33:31.31 ID:TIQBcv5C0.net

女騎士「私と来てくれるか?」

少女「ほんとにいいの?私なんかで…後悔しない?」

女騎士「するものか。騎士に二言はない」

少女「うれしいっ…!」ダキッ ギューッ

女騎士「フフ…あんまりくっつくな恥ずかしいじゃないか」

少女「嫌。もう一生離さないんだから」ウワメヅカイ

女騎士(クソカワ)



160: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/27(土) 00:43:21.58 ID:TIQBcv5C0.net

女騎士「さて…名残惜しいがこれでもう京の都に用は無いな」

少女「そうね。私ならあなたの手作りケーキごときどうって事ないわ」

女騎士「そうだろうなーじゃ早速やっちゃってくれ。結構重いんだよコレ」

少女「嫌よ」

女騎士「ええ!?なにゆえ!?」

少女「あなたの言う“やっちゃって”は消去の意味でしょ?冗談じゃないわ」

少女「そんな悲しそうな顔しないの。」



162: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/27(土) 00:53:46.97 ID:TIQBcv5C0.net

少女「このケーキは私が全部食べるの。女騎士のおうちでね」クスクス

少女「別に太らないわよ?vipper舐めないで欲しいわ」

少女「それでね?私が女騎士に“あーん?”ってしてあげるの」

少女「女騎士もしてよ?私だけ恥ずかしいのは嫌よ?」

少女「あ、あとおいしいコーヒーも飲みたい!」

女騎士「フフ…残念だが家には紅茶しかないぞ?」

少女「ウフフ!知ってるんだから!」



163: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/27(土) 00:57:48.48 ID:TIQBcv5C0.net

少女「だからしばらくは紅茶で我慢してあげるわ!」

女騎士「話が早くて助かるよ」

女騎士「じゃあ今使ってる茶葉が無くなったら二人で買いに行こうか」

少女「本当?やくそく!?」

女騎士「あぁ約束だ!」



164: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/27(土) 01:04:51.51 ID:TIQBcv5C0.net

女騎士「っと…そろっと離れてくれ…周りの視線がだな…」

少女「あっ///ごめんなさい///」パッ

女騎士「まぁ家に帰ったら嫌というほどイチャイチャ出来るさ!」

少女「もう!エッチ!」

女騎士「では帰りの乗り物を…」

少女「待 っ て」

少女「私三角木馬になんか乗りたくないわ?」



166: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/27(土) 01:08:17.02 ID:TIQBcv5C0.net

少女「帰りの乗り物は任せて貰える?」

女騎士「OK」

少女「>>171で行くわ」



171: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/27(土) 01:11:38.67 ID:jTgwavPY0.net

CBR1000RR



176: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/27(土) 01:18:27.26 ID:TIQBcv5C0.net

少女「CBR1000RRで行くわ」

女騎士「CB…何て?」

少女「何か書く道具持ってない?無いなら作るから良いんだけど」

女騎士「まってろ…チョークでいいか?」ゴソゴソ

少女「ん、上出来」



178: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/27(土) 01:25:20.14 ID:TIQBcv5C0.net

少女「フンフーン♪」ガリガリ

女騎士「ずいぶん複雑な魔法陣だな」

少女「でしょ?vipper舐めないで欲しいわ?」カリカリ

少女「これで…あ、そうだ」シャッシャッ

少女「よし…完璧だわ。ウフフッこの子は超ゴキゲンよ♪」

女騎士「ご機嫌?魔法生物か?」



182: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/27(土) 01:37:02.73 ID:TIQBcv5C0.net

少女「見てのお楽しみ!それ!錬成!」カッ

女騎士「これは…バイク?」

少女「うん。そだね」ヒョイ ヴォォォォーン  ドルドルドル

少女「ほら乗った乗った!」ドルドルドルドル ヴォンヴォーン

女騎士「あ、ぁぁ…(私後ろかぁ…)」ドルドルドルドルドル

女騎士「な、なぁ?知ってるとは思うが…私の故郷は陸続きではないぞ?」ドルドルドルドルドル

少女「心配ご無用!コイツで女騎士の故郷までひとっ飛びだ!」ドルドルドルドルドルドル

少女「出発!!」ヴォーン バシュウ!!

女騎士「うおっ!?」ギュッ



185: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/27(土) 01:44:39.78 ID:TIQBcv5C0.net

~空中~

少女「ねぇ女騎士?起きてる…?」

女騎士「ん?」

少女「愛してるって言って?」

女騎士「恥ずかしいな…」

少女「お願い…聞かせて…?」

女騎士「愛してるよ…世界で一番」

少女「私も…今この世界で一番愛してる…」

~完~



186: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/27(土) 01:45:23.89 ID:TIQBcv5C0.net

くぅ疲これ完


元スレ
女騎士「うーむ…ケーキが余ってしまった…」