1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/13(金) 21:05:02.87 ID:Ykxj4iO60


みりあ「ねぇ、これ作ったんだ、プロデューサーさん食べて―!」

まゆ「うふふ…みりあちゃんのもいいけど…まゆのも食べて欲しいです」

みりあ「どっちの食べたい?」

まゆ「モチロン…まゆですよね?」

P「いや、じゃあ、両方ってのはどうだ?」

みりあ「やだ!や―だ―!!」

P「みりあ?」

みりあ「私を選んでくれないプロデューサーさんなんか大っきらい!!」

P「いや、選ばないってわけじゃ……」

みりあ「じゃあ私の作ったお弁当食べて!」



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1386936302




2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/12/13(金) 21:10:07.71 ID:Ykxj4iO60


まゆ「わがままはいけませんよ…うふふ」

みりあ「ふんっ、この前プロデューサーさんに『触るな!!』って言われてた、まゆさんにはいわれたくないもん!」

まゆ「あれは…きっと夢だったんです…そう…悪夢だったんです。」

みりあ「どっちでもいいの!」

ちひろ「みりあちゃんったら、一体どうしたのかしら?」

みりあ「ねぇ、プロデューサーさんも、まゆさんに何か言ってよ―!!」

まゆ「プロポーズなら…喜んで…うふ♪」

みりあ「そんなわけないじゃん。」

まゆ「……うふふ…面白い冗談ですね、みりあちゃん…」イラッ

P「ふ、二人とも…落ち着いて、な?」





4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/12/13(金) 21:16:18.66 ID:Ykxj4iO60


みりあ「プロデューサーさんは私の物、プロデューサーは私が大事なの!!」

まゆ「人をもの扱いは、ダメですよ…特にPさんは…」

みりあ「まゆさんこそ、プロデューサーが迷惑していることわかりなよ。」

まゆ「うふふ…今なら、リボンがどこで手に入るか教えてくれれば、許してあげますよぉ…」

みりあ「まゆさんには、絶対教えないよーっだ!」

みりあ「このリボン…みりあとPさんを結ぶ…運命の赤いリボンなんです…うふふ♪」

まゆ「真似しないで!!それに、そのリボンは…違う!!」

みりあ「ふーんだ、言ってれば~?ね、プロデューサーさん♪」

まゆ「子どもって…これだから……」ギリッ

ちひろ「ちょ、ちょっと…同じ事務所なんだから、仲良く、仲良くしましょ?」





6: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/12/13(金) 21:20:25.61 ID:Ykxj4iO60


みりあ「えー、だって、先に言ったのはまゆさんだよ?」

まゆ「Pさんは…私の味方ですよね…?」

みりあ「Pさん、Pさんね…まゆさんちょっとさ…しつこいよ?そういうの、ストーカーって言うんだよ?」

まゆ「もう我慢できません…」ダダダッ

みりあ「え…?」

パァーーン

まゆ「はぁ、はぁ、言っていいことと…悪いことって…あるんですよ?」

みりあ「…う…」

まゆ「謝ってください」

みりあ「……ぅう」

まゆ「みりあちゃん?」

みりあ「うわぁぁぁあん!!まゆさんが、まゆさんが叩いた―!!」





7: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/12/13(金) 21:21:23.39 ID:Ykxj4iO60


まゆ「泣いたって…」

みりあ「うわぁぁぁぁあん、うぇぇぇん!!」

みりあ「痛いよ―…プロデューサー…うぅ…グスッ」

ちひろ「Pさん!!何ぼーっとしてるんですか!」

P「…はっ、いかん。大丈夫か?」ダダッ

まゆ「ええ、すこしみりあちゃんにお灸…「みりあ!!」…え?」

P「おい、おい!」

みりあ「ぐすんっ…うわ――ん!!」

P「よしよし、大丈夫か」ナデナデ

みりあ「プロデューサー…ワァーン!!」ギュッ




9: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/12/13(金) 21:26:08.77 ID:Ykxj4iO60


ちひろ「この前はまゆちゃん、きょうはみりあちゃん…はぁ…」

まゆ「なんで…これもまた夢ですか…?」

P「ほら、ほっぺ出せ…んっ、どうだ?」

まゆ「またチュウした…嘘泣きでPさんを…誑かす…離れろ!!」

どんっ

みりあ「…痛い、お尻も、ほっぺも…ひりひりする…うわぁーん!」

P「まゆ!!なんで突き飛ばすんだ!!」

まゆ「なんで…悪いのはまゆじゃない…まゆじゃないのに……」

みりあ「うわぁーん、もうやだー、帰る―!!あぁ――ん!!」

文香「…何かあったんですか?」





10: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/12/13(金) 21:26:38.75 ID:Ykxj4iO60


みりあ「うわぁーーん、お姉ちゃん…まゆさんがね、私の事叩いた―…うわぁーん」

文香「佐久間さんが?...どうして?」ナデナデ

みりあ「わかんない…ぐすっ」

文香「佐久間さん…本当?」

まゆ「なんで…私は悪くない…悪いのは……」

文香「みりあちゃん…佐久間さん…少し良いかしら?」

ちひろ「2人を…どうするの?」

文香「ちょっと3人だけで、話しあいたくて…こう言うときは、私たちだけのほうがいいと思います…」

ちひろ「それもそうね…私やプロデューサーさんだと…」





11: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/12/13(金) 21:30:41.00 ID:Ykxj4iO60


文香「行こう、みりあちゃん?」

みりあ「ぐすっ、でも…まゆさんにまた…」

ちひろ「でも…」

文香「そうね…ならこうしましょう。」

文香「バックも、携帯などの鈍器、武器になりそうなものはここに置いておきましょうか。」

文香「そうすれば、最悪の場合…素手で叩きあっても、私が止められます…」

ちひろ「鈍器って…」

文香「…万が一です。私が、2人のボディーチェックをします。ちひろさん…」

ちひろ「ふぇっ?」

文香「どこか、監視カメラなどもない、防音の部屋はありますか?」

文香「2人とも言いたいことがあると思います…けど、他の人にそれを聞かれるのは…」

ちひろ「そうね…なら、更衣室はどうかしら?」

文香「それで構いません…じゃあ、みりあちゃんから…始めるわね。」





12: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/12/13(金) 21:33:15.37 ID:Ykxj4iO60




文香「2人ともこれで大丈夫です…じゃあ、少し更衣室…人払いをお願いします。」

ちひろ「わかったわ」

文香「2人ともいきましょう…」

みりあ「ぐすっ、お姉ちゃん…」ギュッ

文香「大丈夫よ…みりあちゃん」

まゆ「ぶりっ子の癖に…」

ちひろ「大丈夫かしら…」

ちひろ「…って、プロデューサーさん?」

P「ごめん…まゆ、ごめん…」

ちひろ「いったいどうなっているのよ…はぁ」





13: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/12/13(金) 21:33:52.55 ID:Ykxj4iO60





文香「ここで、鍵もかけたし…これで大丈夫よ。」

みりあ「まゆさん…怖い……」

文香「大丈夫…私が守るから」

まゆ「うふふ…みりあちゃん…こどもだからって、何でも許されると思ってませんか?」

みりあ「うっ…」

まゆ「そのリボンも…Pさんの血で出来ているでしょ…?」

みりあ「えぇ…なんでそんなこと言うの?」

まゆ「そのくらいわかります…今すぐそれを私に下さい…うふ♪」

みりあ「まゆさん…変だよ…?」





14: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/12/13(金) 21:35:08.88 ID:Ykxj4iO60


まゆ「いい加減…その猫かぶるのやめませんか?」

まゆ「ねぇ、みりあちゃん…」

みりあ「……はーぁ、プロデューサーにちょっかい出すのやめてくれる?」

みりあ「すっごく、すっごく迷惑なんだよね。プロデューサーさんも言ってたよ?」

まゆ「うふふ…嘘はいけませんよ…」

みりあ「人の物を欲しがるし…まゆさん、ちょっとおかしいよね?」

まゆ「そのリボンを持っている…みりあちゃんの方が、変ですよ?」

みりあ「これ?これは、プロデューサーさんからのプレゼントだよ?」

みりあ「深紅のリボン…私とプロデューサーさんの、愛の絆のあ・か・し♪」




15: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/12/13(金) 21:37:31.68 ID:Ykxj4iO60


まゆ「黙って!!」

みりあ「なにさ…」

まゆ「深紅の絆は…深紅の絆は…まゆとPさんだけの物なの!!」

みりあ「……ねぇ、それって、『独りよがり』って言うんじゃないの?」

まゆ「なんですって…?」

みりあ「プロデューサーは、まゆさんの事は何とも思ってないのに…まゆさんだけ一方的にアタックかける」

まゆ「それのなにがいけないんですかぁ…?」

みりあ「ストーカーは犯罪だぞ♪」

まゆ「まゆはストーカーじゃない!」

みりあ「はぁーぁ、ストーカーは決まってそう言うんだよね」

まゆ「許さない…絶対許しません…」ダダッ

文香「ダメです…暴力はいけません…」





16: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/12/13(金) 21:39:29.22 ID:Ykxj4iO60


まゆ「暴力じゃありません…これは、お仕置きですよぉ…離してください」

文香「それでも…同じ事…」

みりあ「…離してあげて、お姉ちゃん…」

文香「でも…」

みりあ「私なら大丈夫…大丈夫だよ」ニコっ

まゆ「いい度胸ですね…」

パーン!!

みりあ「痛い…けど、泣かないもん。」

まゆ「1回では終わりませんよ…うふふ」

パンッ! パーン!

みりあ「ぐすっ…私は絶対泣かない、謝らないもん!!」

まゆ「ふん…言っていればいいわぁ…」




17: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/12/13(金) 21:40:18.81 ID:Ykxj4iO60


みりあ「私は間違ってないもん!!」

ちひろ「2人とも!?」

まゆ「あら、ちひろさん…どうしましたか?」

ちひろ「どうしたって…文香ちゃんに呼ばれて急いできたのよ」

まゆ「あら…そうだったんですか?」

ちひろ「…みりあちゃん!?顔真っ赤じゃない!!」

まゆ「これは…お仕置きですよ。私に酷いことを言ったんですよ?」

みりあ「…私は悪くないもん!!」

ちひろ「急いでプロデューサーさんを呼んでくるわ。」





18: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/12/13(金) 21:41:10.75 ID:Ykxj4iO60


みりあ「…私は悪くないもん!!」

ちひろ「急いでプロデューサーさんを呼んでくるわ。」

みりあ「待って、ちひろさん…」

ちひろ「大丈夫よ、その傷もしっかり」

P「皆!!」

文香「プロデューサーさん…」

P「文香、まゆ…みりあ!」

まゆ「Pさん…まゆ、手が痛くなっちゃいました…」

P「手…それより、みりあ、大丈夫か!?」

まゆ「…りあちゃんばっかり」ボソッ

みりあ「プロデューサーさん…私より…まゆさんをお願い。」

P「ひどい、真っ赤じゃないか。」




19: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/12/13(金) 21:43:07.14 ID:Ykxj4iO60


みりあ「大丈夫、大丈夫だよ。それより、まゆさん…寂しかったみたいだから…ね?」

P「みりあ…わかった。」

まゆ「…お仕置きが足りなかったのかしら…なら…」ブツブツ

P「まゆ」

まゆ「はーい…あなたのまゆですよ~♪」

P「おいで」

まゆ「は~い♪」

ちひろ「いいの?みりあちゃんだって…」

みりあ「うん…私、まゆさんに、我がままって言われちゃったから…グスッ」

ちひろ「…泣いてもいいのよ?」





20: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/12/13(金) 21:45:55.51 ID:Ykxj4iO60


みりあ「ううん...ママの言いつけも破っちゃったし…グスッ」

ちひろ「言いつけ?」

みりあ「泣くのは…ぐすっ、トイレか、大事な人の胸の中って…ぐすっ、言ってたのに」

ちひろ「みりあちゃん」ギュッ

みりあ「うぅ…」

ちひろ「泣いてもいいのよ?泣きたいときは、思う存分泣くといいわ」ギュッ

みりあ「うぅ、でも…プロデューサーさんに迷惑…」

ちひろ「頑張ったわね…」ナデナデ

みりあ「ひっく、ひぐっ…うぇ…うえぇ――ん!!」ギュッ

ちひろ「みりあちゃん」ナデナデ




21: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/12/13(金) 21:49:47.60 ID:Ykxj4iO60




P「みりあは?」

ちひろ「泣き疲れて、眠っちゃったみたいです。」

P「そうか…」

ちひろ「プロデューサーさん関連とはいえ、まゆちゃん凄かったですね。」

P「えぇ…でももう大丈夫みたいです。さっき帰りました。」

ちひろ「そうですか。」

P「みりあ…顔真っ赤だなぁ」ナデナデ

みりあ「ん…プロデューサーさぁん…」

ちひろ「みりあちゃん…いい子ですね。」





22: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/12/13(金) 21:50:40.65 ID:Ykxj4iO60


P「え?」

ちひろ「プロデューサーさんがまゆさんの相手をしている時、ずっと泣くのを我慢してたんですよ。」

P「みりあが?」

ちひろ「ええ、『プロデューサーさんに迷惑はかけられない』って」

P「みりあ……」

ちひろ「そうだ、夜も遅いし、プロデューサーさんが家に送ってください。」

P「そうですね。」

みりあ「…んっ♪」

P「よいしょっと、ははは、軽いな。」

ちひろ「じゃあ、後は頼みますね。」

P「わかりました。」

P(怒ると怖いけど…普段は本当にいい子なんだな…みりあ)




23: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/12/13(金) 21:55:38.53 ID:Ykxj4iO60


みりあ「…プロデューサーさぁ~ん」

P「寝言なのに…もしかして、みりあが俺にお仕置きするのって…」

みりあ「大好きだよぉ…んにゃ」

P「構って欲しいからなのか?」

P「なら…みりあは俺がいないとダメなのかもな。」ナデナデ

P「おっと、着いたな。」

P「ほら、みりあ…家に着いたぞ。」

みりあ「あれ、なんで?」

P「寝ている間にな。」

みりあ「あ…ありがとう…」





24: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/12/13(金) 21:57:47.43 ID:Ykxj4iO60


P「おう」ナデナデ

みりあ「うん…それに、今日はごめんね…」

P「心配するなって、たまにはあるさ。」

P「さ、謝りに行くか。」

みりあ「なにを?」

P「みりあの顔、腫らしちゃっただろ?」

みりあ「ただの喧嘩だもん…プロデューサーさんが謝ることなんてないのに…」

P「みりあ、俺はずっとそばに居るからな。」ナデナデ

みりあ「急にどうしたの?」

P「なんとなくな。よし、じゃあ行くか」ギュッ

みりあ「うん!大好きだよ、プロデューサーさん♪」ギュッ

P(みりあには俺がいないとダメなんだな…)

みりあ「えへへ」ニヤッ





25: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/12/13(金) 21:58:26.64 ID:Ykxj4iO60

mbms-015174-025
 


元スレ
SS速報VIP:まゆ「我がままみりあ」