1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 15:43:21 ID:5uhaBOzw

善子「人と人は見えない力で引き寄せられる」

善子「不思議な力で」

善子「星と星が引力で引かれ合うように」

善子「これはそんなお話」


※この物語はフィクションです。



2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 15:43:54 ID:5uhaBOzw

善子「クックックッ……今日もやるわよ」

善子「いでよリトルデーモン!」


……


善子「……まあ、なにも起きないわよね」



3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 15:44:27 ID:5uhaBOzw

善子(不思議な力で引かれ合って、運命的な導きで出会う)

善子(本当にそういうことってないのかな……)

善子(本当はそんなものないって分かってる……)

善子(でも、そういう力だってあるって……心のどこかで信じたっていいじゃない……)


善子「はあ、明日も練習あるし寝ようかしら」



4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 15:45:03 ID:5uhaBOzw

─翌日─

果南「1、2、3、1、2、3……はい、今日の練習はここまで」

千歌「はあ~今日も練習疲れた~」

ダイヤ「皆さんお疲れさまでした」

ルビィ「うゆ」

曜「善子ちゃん、帰ろう」

善子「ええ、そうね。バスの時間もあるし」

────────
────
──



5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 15:45:36 ID:5uhaBOzw

善子「あら? あそこに誰か倒れてない??」

曜「助けなきゃ!」

善子「ええ!」

 

曜「大丈夫ですか!?」

???「う、うーん……ここはどこ?」

曜「よかった、意識はあるみたい」

善子「とにかく救急車を呼びましょう」



6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 15:46:16 ID:5uhaBOzw

曜「なにがあったんですか?」

???「分からないの……自分が誰なのかも分からない」

善子「えっ……??」


<ニャア……ニャア……


海が近い街だからだろう

どこかで『カモメ』が鳴いていた



7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 15:46:50 ID:5uhaBOzw

善子「自分が誰か分からない……??」


???「うん……名前も思い出せない」

???「ここがどこなのかも……なぜここにいるのかも……」

???「分からないの……」


倒れていた少女は救急車で病院に運ばれていった

特に問題はないようだが、念のため数日ほど入院することになったようだ

日を改めてお見舞いに行くことにした

────────
────
──



8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 15:47:23 ID:5uhaBOzw

千歌「その女の子のところにお見舞いに行くの?」

曜「うん、行こうと思う」

千歌「私もついて行っていい?」

鞠莉「マリーもついて行っていいかしら」

善子「あんまり大人数で行くと迷惑でしょうから、私と曜の二人で行くわ」

花丸「たしかにそれがいいずらね」



9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 15:47:56 ID:5uhaBOzw

梨子「その女の子は美少女だった?」

曜「うん、すごく可愛い子だったよ?」

梨子「ふーん……」

ダイヤ「このあたりからレズの波動を感じましたわ」

善子「やめなさいリリー」

────────
────
──



10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 15:48:29 ID:5uhaBOzw

─後日─

???「……」

曜「お見舞いに来たよ!」

???「あ、ありがとうございます」

曜「大丈夫ですか?」

???「はい、特に問題ないみたいで、もうすぐ退院できるみたいです」

善子「よかったわ」



11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 15:49:02 ID:5uhaBOzw

???「ですが……やはり何も思い出せないんです」

???「自分が誰なのかも分からなくて……」

曜「そうなんだ……」



12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 15:49:35 ID:5uhaBOzw

善子「見たことない制服を着てたわよね」

善子「おそらく私たちと同じくらいの年齢のはずよ」

曜「どこの学校の制服かな??」

善子「少なくとも、この辺りの学校ではなさそうね」



13: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 15:50:06 ID:5uhaBOzw

???「退院したら、私はどうすればいいのでしょう……」

???「どこに行けばいいのか、何をすればいいのかも分からない……」

善子「……」



14: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 15:50:42 ID:5uhaBOzw

曜「あ、しばらくの間、私たちのところに来ませんか?」

善子「え?」

???「ご迷惑をおかけするわけには……」

曜「大丈夫、千歌ちゃんの旅館も鞠莉ちゃんのホテルもあるし」

善子「って、他人まかせ!?」



15: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 15:51:26 ID:5uhaBOzw

曜「そうだ! 名前を考えようよ!」

???「名前?」

曜「これから呼ぶときに名前がなきゃ呼びにくいでしょ?」

善子「いいの? 勝手にそんなことして」

???「たしかに仮の名前があったほうがいいかもしれませんね」



16: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 15:51:56 ID:5uhaBOzw

曜「それと敬語もやめようよ、同じくらいの年なんだから」

???「それなんですが……なぜか敬語で話すほうが楽なんですよね……」

善子「不思議ね……前は普段から敬語で話していたのかしら?」

???「でも普通に砕けた話し方もできるよ?」

善子(なんかおかしいわね……どこがどうおかしいのかハッキリとは分からないけれど)

善子(でも、とにかく何かがおかしいわ……)



17: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 15:52:46 ID:5uhaBOzw

曜「名前何にしようかなー」

善子「人に名前つけるってなんか不思議な気持ちね」

曜「といっても、これはあだ名だから」

善子「うーん……」

善子「……ライラプス」

曜「うん、私が考えるね」



18: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 15:53:19 ID:5uhaBOzw

曜「……」


曜「……かもめ」

善子「は?」


曜「『かもめ』ちゃん……とかどうかな??」

善子「なんで『かもめ』なのよ?」

曜「うーん……なんとなくかな」



19: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 15:53:49 ID:5uhaBOzw

善子「そういえば出会ったとき近くで鳴いてたわよね」

曜「ううん、あれはカモメじゃないよ?」

善子「え?」

曜「ウミネコだよ……あれはカモメじゃなくてウミネコ」

曜「ニャアニャア鳴くのはウミネコだよ」

善子「いや、知らないわよ」



20: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 15:54:20 ID:5uhaBOzw

???「……」

曜「どうかな?」

???「なぜでしょうか……とてもしっくりきました」

???「本当の名前を思い出すまで、そう名乗ることにします」

かもめ「『かもめ』、と」

善子「……断ってもいいのよ?」

かもめ「いいえ、とても気に入りました……ありがとうございます」

善子「それならいいけど……」



21: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 15:54:51 ID:5uhaBOzw


曜「かもめちゃん! 私たちの街や学校を見てまわらない?」

曜「もしかしたら記憶を取り戻すヒントがあるかもしれないし」

曜「かもめちゃんのこと、みんなに紹介したいな!」

かもめ「ええ、お願いしますね」

曜「やったぁ!」

善子「悪いわね」

かもめ「いいえ、親切にしていただいて本当に感謝しています」



22: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 15:55:35 ID:5uhaBOzw

善子「そろそろ帰りましょう……あまり長くいると迷惑でしょ」

曜「うーん、そうだね……またね、かもめちゃん!」

かもめ「はい、またお会いしましょう」

曜「バイバーイ!」

善子「静かにしなさい……」

かもめ「ふふっ」



23: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 15:56:07 ID:5uhaBOzw

かもめ「……」


かもめ(私はいったい何者なのでしょうか……)


かもめ(知りたい……自分が誰なのか……)

────────
────
──



24: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 15:56:42 ID:5uhaBOzw

善子(運命のような不思議な力に導かれて、引かれ合って……)

善子(そして、出会う……)

善子(そんなことってないのかな……)

善子(そんなふうに思ってたけど……)

善子(この出会いは、何かが違う……)


善子(何かに引かれ合って、不思議な力で出会いを果たしたんだ……)


善子(あの子には少し悪いけど、そう思ったの)

────────
────
──



25: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 15:57:12 ID:5uhaBOzw

─後日─

かもめ「ごきげんよう」

曜「ヨーソロー! 退院おめでとう!」

善子「といっても元から大丈夫だったみたいだけど」

かもめ「ええ、でもお二人には感謝しています」

曜「うーん、敬語じゃなくてもいいのに」

かもめ「砕けた言葉で話せるようになるべく頑張ってみるね」



26: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 15:57:48 ID:5uhaBOzw

曜「千歌ちゃんちの旅館にしばらく泊めてもらえるみたい」

曜「私も一緒に泊まるよ」

善子「曜はそっちが目的だったりして」

曜「みんなでお泊り会、楽しそうだな~」

善子「楽観的ね……」



27: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 15:58:23 ID:5uhaBOzw

曜「お洋服を買いに行こうよ」

曜「志満姉にも話してあるから! お金も預かってるよ!」

かもめ「え、でも……」

善子「荷物があんまりないみたいだから買っておいたほうがいいわよ」

────────
────
──



28: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 15:58:56 ID:5uhaBOzw

曜「すごい! 何でも似合う!」

善子「やっぱり美人だと様になるわね」

かもめ「恥ずかしいです……////」

曜「こっちの服とかどう??」

かもめ「そ、それはスカートの丈が気になります////」

曜「お淑やかな服も似合うし、可愛い系の服も似合うなんて!」

善子「小悪魔ファッションとかもいけそうね」

かもめ「ちょっと恥ずかしいけど……お洋服選び楽しいな……」

────────
────
──



29: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 15:59:43 ID:5uhaBOzw

─松月─

曜「かもめちゃんはデザート何が好き??」

かもめ「和菓子も好きですし、洋菓子も好きだよ」

かもめ「チーズケーキが好きかな」

善子「……」

善子(何だろう……この違和感は……)

曜「食べ終わったら千歌ちゃんの家に行こう」

善子「ええ、それがいいわね」

かもめ「私がしばらくの間、お世話になる場所……」

────────
────
──



30: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 16:00:15 ID:5uhaBOzw

─千歌ちゃん家の旅館─

曜「ここが千歌ちゃんの家だよ」

かもめ「とても素敵な旅館ですね」

志満「あなたがかもめちゃんね? 曜ちゃんから聞いていたとおり美人さんね」

曜「この服、3人で選んだんだよ!」

志満「すごく似合ってるわぁ」

かもめ「ありがとうございます……恥ずかしいです///」



31: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 16:00:48 ID:5uhaBOzw

志満「もうすぐ千歌ちゃんも帰ってくる頃ね」

曜「私たちスクールアイドルをやってるんだ!」

かもめ「スクールアイドル……?」

善子「今日は本当は練習だったんだけど新たなリトルデーモンのために休んだわ」

かもめ「リトルデーモン……??」


かもめ(スクールアイドル……何か引っかかるような……)


曜「あっ! 千歌ちゃんたち帰ってきた!」



32: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 16:01:21 ID:5uhaBOzw

千歌「ただいまなのだー!」

曜「千歌ちゃんおかえりヨーソロー!」

志満「あら千歌ちゃんおかえりなさい」

善子「リリーもいるわね」

梨子「ええ、ただいま」



33: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 16:01:56 ID:5uhaBOzw

梨子「その子がかもめちゃん?」

善子「ええ、そうよ」

梨子「ふーん……可愛い子ね……♡」(レズの眼光)

善子「リリーやめなさい」



34: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 16:02:26 ID:5uhaBOzw

かもめ(なんでしょう……この寒気は……)


かもめ「……」チラッ

梨子「……♡」ニヤッ

かもめ「ひっ……」



35: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 16:02:56 ID:5uhaBOzw

千歌「……」

曜「……どうしたの千歌ちゃん?」

曜「かもめちゃんと会うの楽しみにしてたよね??」

千歌「え?? うん、そうなんだけど……」


千歌「あの子、どこかで見たことある気がするんだ……」



36: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 16:03:27 ID:5uhaBOzw

曜「本当!? 千歌ちゃん!! 頑張って思い出して!!」

千歌「うーん……」


千歌「だめだぁ……どこで会ったのか思い出せない」

曜「そっかぁ……仕方ないよね」



37: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 16:04:02 ID:5uhaBOzw

千歌「ごめんね……もう少しで思い出せそうなんだけど」

かもめ「気にしないで。私も何も覚えてないから」

千歌「でも、これから仲良くしようね」

かもめ「うん!」

────────
────
──



38: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 16:04:37 ID:5uhaBOzw

千歌「この街は海の近くだからお魚とかのご飯が美味しいんだよ!」

かもめ「とってもおいしい」

志満「ご飯のおかわりあるわよ」

かもめ「ご飯……」

志満「どうかしたの?」

かもめ「いえ、ご飯が好きな知り合いがいたような……」

美渡「ご飯が? 白いご飯がってこと??」

かもめ「はい」



39: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 16:05:07 ID:5uhaBOzw

志満「焦る気持ちも分かるけど、無理して思い出す必要ないと思うわ」

志満「ゆっくりと思い出していけばいいんじゃないかしら?」

かもめ「……そうですね、ありがとうございます」

曜「このあとはお風呂入ろうよ!」

千歌「うちは旅館だから温泉に入れるよ!」

志満「あらあら、もうすっかり仲良しさんね」

────────
────
──



40: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 16:05:40 ID:5uhaBOzw

─千歌の部屋─

かもめ「……いいお湯でした」

千歌「今日は私の部屋で私と曜ちゃんと一緒に3人で寝ようね!」

かもめ「うん…………この壁に貼ってある大きなポスターは??」

千歌「それ?……それはμ'sのポスターだよ」

かもめ「……μ's?」

曜「うん、私たちスクールアイドルやってるって言ったでしょ?」

千歌「そのきっかけになったのがμ'sなんだよ!」

かもめ「μ's……」



41: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 16:06:11 ID:5uhaBOzw

千歌「すごいんだよμ'sって!!」

千歌「可愛くて歌もダンスも上手で!」

千歌「私もいつかμ'sみたいに輝きたい!って」

曜「千歌ちゃんがみんなを集めて」

曜「それで私たちはスクールアイドルを始めたんだ」

かもめ「そうだったのですか……」



42: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 16:06:44 ID:5uhaBOzw

千歌「そうだ! 明日は学校を案内するよ!」

千歌「それでAqoursのみんなを紹介するよ!」

かもめ「うん、楽しみ」

千歌「かもめちゃん可愛いからスクールアイドルになれると思うんだ!」

かもめ「私は……アイドルなんて無理だよ……」

千歌「そんなことないよ!」

曜「千歌ちゃん、かもめちゃん困ってるよ」

千歌「あ、ごめんね」



43: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 16:07:28 ID:5uhaBOzw

曜「それじゃあ、そろそろ寝ようか」

曜「電気消すけど、暗いのは大丈夫?」

かもめ「うん、大丈夫だよ」

かもめ「でも、まくらにはこだわりがあるんだ」

曜「そうなの??」

かもめ「うん……お気に入りのがあった気がするんだけど」

かもめ「思い出せないの」

千歌「ふむふむ……」



44: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 16:07:59 ID:5uhaBOzw

曜「でも大丈夫! だんだん思い出してるよ!」

かもめ「うん、そうだね」


曜「それじゃあ、おやすみ!」

千歌「おやすみ!」

かもめ「おやすみなさい」



45: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 16:08:30 ID:5uhaBOzw

かもめ(μ's……)

かもめ(何か引っかかる感じがする……)

かもめ(あせっても仕方ないけど……)


かもめ(私はいったい誰なんだろう……)

かもめ(私はいったいどうなるんだろう……)

────────
────
──



46: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 16:09:03 ID:5uhaBOzw

─翌日・浦の星女学院─

千歌「ここが私たちの学校だよ!」

曜「といっても廃校になっちゃうんだけどね」

かもめ「廃校……??」

曜「厳密には統廃合だけどね」

千歌「うん……私たちは廃校を食い止めるためにもスクールアイドルを始めたんだ」

千歌「μ'sは廃校を阻止するためにスクールアイドルを始めて……」

千歌「それで本当に学校を存続させた」



47: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 16:09:38 ID:5uhaBOzw

千歌「私たちも廃校問題を解決するためにスクールアイドルを始めて」

千歌「入学希望者を増やそうとしたんだ」


千歌「……でも、できなかった」

千歌「この学校はなくなっちゃうんだ」

かもめ「そうだったんだ……」


かもめ(……やっぱり何か引っかかる)

かもめ(何かを思い出しそう……)

────────
────
──



48: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 16:10:10 ID:5uhaBOzw

千歌「みんな! この子がかもめちゃんだよ!!」

かもめ「はじめまして、かもめです」

果南「うん、よろしく」

鞠莉「チャオ! よろしくね!」

花丸「未来ずら~」

千歌「かもめちゃん! 私たち9人がAqoursのメンバーだよ!」

かもめ「9人……」



49: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 16:10:41 ID:5uhaBOzw

ダイヤ「……え、え??」

ルビィ「ふぇえ?? えっ??」

善子「??……どうしたのよ二人とも?」


ダイヤ「だだだ、だって、その……そんな……」

ルビィ「おおお、お姉ちゃん、この人……」

梨子「ダイヤさんもルビィちゃんも何か知ってるの?」

千歌「本当!?」



50: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 16:11:15 ID:5uhaBOzw

ダイヤ「むしろなぜ千歌さんは気が付かないのですか?」

ルビィ「はわわわ……」

曜「かもめちゃんは記憶がないんだよ!」

善子「誰なのか知ってるなら教えて!」



51: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 16:11:47 ID:5uhaBOzw

ダイヤ「知ってるも何も……」

ルビィ「この人は……」

ダイヤ「この方はμ'sの……」

 

ダイヤ「園田海未さんですわ!」

ルビィ「南ことりちゃんだよ!」


ダイヤ「え?」

ルビィ「え?」


千歌「……え??」



52: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 16:12:17 ID:5uhaBOzw

曜「どういうこと……??」

千歌「私も見たことある気がしてたんだけど……」


ダイヤ「そんな……見間違えるはずありませ……」


ダイヤ「……ことりさんにも見えますわね」

ルビィ「ぅゆ……りゅびぃもことりちゃんだと思ってたけど海未ちゃんにも見えてきた」


善子「どういうことよ……??」



53: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 16:12:49 ID:5uhaBOzw

ダイヤ「園田海未さんにも南ことりさんにも似ている……ということでしょうか?」

善子「そんなことあるはずないじゃない」

花丸「未来ずら~」

千歌「うーん……でもかもめちゃんはかもめちゃんだよ?」

曜「似ているのかもしれないけど全然違うよ」

ダイヤ「そうですわね……早とちりしてしまいましたわ」


かもめ「その海未さんとことりさんというのは?」

曜「うん、そのμ'sのメンバーなんだ」

かもめ「そうなのですか」



54: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 16:13:19 ID:5uhaBOzw

ダイヤ「見間違えるなんて……私もまだまだ精進が足りませんわね」

ルビィ「うゆ……」

鞠莉「……なにか奇妙ね」


果南「気を取り直してさ、練習しようよ」

曜「うん、そうだね」

千歌「かもめちゃんに私たちのパフォーマンスを見てもらいたいんだ!」

かもめ「うん、楽しみにしてるね!」

────────
────
──



55: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 16:13:49 ID:5uhaBOzw

果南「1、2、1、2……はい! 一旦休憩ね!」

千歌「どうだった? 私たちのダンス!」

かもめ「素晴らしかったです」

千歌「よかったぁ」

果南「あ、かもめちゃんもやってみる??」

かもめ「え?」

曜「あ、それいいかも」

ダイヤ「私も興味ありますわ。やはり見た目がμ'sのお二方に似ているので」

ルビィ「りゅびぃも気になる」



56: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 16:14:19 ID:5uhaBOzw

かもめ「見られていると恥ずかしいのですが……できるでしょうか」

千歌「大丈夫だよ! やってみよう!」

かもめ「うん……」

────────
────
──



57: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 16:14:49 ID:5uhaBOzw

かもめ「~♪」


かもめのパフォーマンスは圧巻であった

歌もダンスも非常に高いレベルでこなしてしまった


かもめ「どうだったでしょうか……皆さんのダンスを見よう見まねでやってみたのですが……」

千歌「……」

かもめ「あのぉ……」


千歌「すごい!! すごいよ!! すごく上手!!」

果南「ほぇー、どこかで習ってたのかな?」

かもめ「分からないです……なぜこんなことができるのか……」



58: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 16:15:21 ID:5uhaBOzw

梨子「かもめちゃん、ピアノは弾ける?」

かもめ「ピアノは弾けないよ」

梨子「そっかぁ」

千歌「でもやっぱりすごいなぁ……私も今よりもっと上手になりたいよ」

かもめ「やっぱり誰かに見られるのは恥ずかしいです///」



59: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 16:15:51 ID:5uhaBOzw

ルビィ「お姉ちゃん、さっきのダンスどう思った??」

ダイヤ「ええ、いつも見ているμ'sのダンスにそっくりですわ」

ダイヤ「海未さんにも見えましたし、ことりさんにも見えました……」

ルビィ「うん、ルビィたちが見間違えるはずがないよ」

ダイヤ「かもめさんはいったい何者なのでしょうか……」

────────
────
──



60: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 16:18:51 ID:5uhaBOzw

─その夜─

善子「……今日もやるわよ」

善子「いでよ! リトルデーモン!!」


……


善子「……やっぱり何も起きないわよね」

善子「……今日も寝ましょう」

────────
────
──



61: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 16:19:23 ID:5uhaBOzw

─翌日─

善子「……」トボトボ


ぼーっと歩いていたからだろうか

善子は急に転んでしまう


善子「痛っ」ドテッ

善子「痛たたたた」

善子「はあ……ツイてないわね」

────────
────
──



62: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 16:19:53 ID:5uhaBOzw

善子「……」

かもめ「あれ? 善子ちゃん?」

善子「あぁ、かもめじゃない」

かもめ「どうしたの??」

善子「あぁ、うん……ちょっと考え事」



63: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 16:20:23 ID:5uhaBOzw

善子「かもめは運命って信じる?」

かもめ「運命?」

善子「ええ、運命」

善子「私、思うの……人と人は、星と星が引力で引き合うように」

善子「不思議な力で引かれ合って、そして出会うって」

善子「あなたとの出会いも運命だって……そう思うの」



64: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 16:20:57 ID:5uhaBOzw

かもめ「……わかるよ」

かもめ「だから、私はあなたたちに出会った」

かもめ「記憶をなくす前の自分にも、『そういう人』がいたような気がするんだ」

かもめ「だから……わかるよ」



65: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 16:21:28 ID:5uhaBOzw

善子「その……私ね、普段はいわゆる中二病ってヤツなんだけど」

善子「時々、自分は本当にこれでいいのかなって、思うときがあったの」

善子「でも、そういう不思議な力を信じても大丈夫って思えたの」

善子「あなたとの出会いを特別に感じてたの……だから、ありがとう」

かもめ「……私もだよ」

かもめ「私と出会ってくれて……ありがとう」



66: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 16:21:59 ID:5uhaBOzw

かもめ「……あれ?? 怪我をしているんですか?」

善子「あぁ、さっき転んじゃってね」

善子「私、不幸体質なのよ」

善子「そういう不思議な力を信じたいって気持ちも、そんなところからきてるの」

かもめ「怪我してるところを少し見せてください」


すると突如、かもめの手が淡く光りだし善子の怪我を治してしまった



67: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 16:22:29 ID:5uhaBOzw

善子「!?!?」

善子「あんた……なによ今の……」

かもめ「分からないの……つい最近、この力に気づいたの」

かもめ「私は何者なのでしょうか……私はいったい……」



68: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 16:23:05 ID:5uhaBOzw

かもめ「私は普通の人とは違う力を持っている……」

かもめ「自分が何者かも分からない……」

かもめ「私のこと……嫌いになりましたか?」

善子「いえ、そんなことあるはずないじゃない」

善子「あんたはあんたよ」

善子「言ったでしょ? 私はこの出会いに感謝してるって」

善子「あんたのおかげできっと私も自分を信じて前に進んでいける」

善子「だから、あんたも自分を信じて」

善子「自分が何者であろうと」

かもめ「……うん」



69: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 16:23:41 ID:5uhaBOzw

かもめ「!?!?!?!?」


かもめ「善子ちゃん!! 危ない!!」


ダダダダダッ

かもめは善子を突き飛ばすと、かもめ自身も吹き飛ばされてしまう

地面も近くにあったものも次々に壊れていく


善子「!?!?」

善子「いったい何!? 何が起こったの!?」



70: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 16:24:15 ID:5uhaBOzw

善子「かもめ! 大丈夫!?」

かもめ「はい……なんとか……私は自分で先ほどのように怪我を治せますし」

善子「何が起こったの!?」

かもめ「見えなかったのですか…? 突然なにかが飛んできて……」

善子「何も見えなかったわ……急にまわりのものが壊れだしたようにしか」

かもめ「そんな!! あんなにたくさんの『何か』が飛んできたのに!!」

かもめ「何も見えないなんて!! そんなはずはないのに!!」


???「どうやら本当のことのようですわね」

善子「!?」



71: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 16:24:49 ID:5uhaBOzw

ダイヤ「今のが見えるのは限られた人間だけですわ」

善子「ダイヤ!?」

かもめ「ダイヤちゃん……」

ダイヤ「おほぉー!! ちゃん付けで呼ばれましたわ!!」

ダイヤ「……ハッ!? んんんっ……なんでもありませんわ」

善子「ダイヤ、何か知っているの?」

ダイヤ「ええ……といっても私も最近知ったばかりですが……」



72: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 16:25:19 ID:5uhaBOzw

ダイヤ「善子さん……私のそばに『何か』がいるのが見えますか?」

善子「!?!?」


見るとダイヤのすぐ横に人の姿によく似た『何か』が立っているのが分かった

しかし、その姿から人間ではないことはすぐに分かる


善子「何よ……それ」


ダイヤ「やはり……見え始めているのですね」

ダイヤ「説明しましょう……その必要がありそうですわ」



73: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 16:25:50 ID:5uhaBOzw

ダイヤ「これは『スタンド』と呼ばれるものですわ」


善子「スタ……ンド……?」


ダイヤ「私も知ったのは最近で、この子から教えてもらったのですわ」


???『ワタクシ ハ スタンド』

???『ギャラクシーハイド&シーク』


善子「それ喋るの!?」

ダイヤ「ええ」



74: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 16:26:39 ID:5uhaBOzw

ダイヤ「スタンドは……簡単に言ってしまえば超能力がビジュアル化したものですわ」

ダイヤ「精神エネルギーが人やモノの姿になって現れたものです」

ダイヤ「すぐそばに立っていることからスタンドと呼ばれる」

ダイヤ「そして、スタンドは『スタンド使い』にしか見えない」



75: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 16:27:24 ID:5uhaBOzw

善子「ちょっと待って! なんで私まで見えているのよ!」

ダイヤ「先ほど言いましたが、私もスタンドが見えるようになったのはつい最近……」

ダイヤ「この数日の間のできごとなのです」

善子「え?」

ダイヤ「そう……かもめさんが現れた後のこと」

善子「かもめが……?」

かもめ「……」



76: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 16:27:58 ID:5uhaBOzw

ダイヤ「スタンド使い同士は不思議な力で引かれ合うそうです」

ダイヤ「そう、強力なスタンド使いが近くにいれば……影響を受けた者はスタンド能力に目覚める」

ダイヤ「私や善子さんはかもめさんに影響されてスタンドの力に目覚めつつあったのです」

善子「そんな……じゃあ、かもめが怪我を治せるのも」

ダイヤ「ええ、本人に自覚がないようですが……スタンド使いだったようです」

かもめ「そんな……」



77: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 16:28:30 ID:5uhaBOzw

ダイヤ「私は思います……かもめさんの正体に迫るにはスタンドでの戦いが必要であると」

善子「え……?」

ダイヤ「スタンドとは魂の発露……自分の起源を知る手がかりになるかもしれません」

ダイヤ「私とスタンドバトルをしてください」


善子「危ないことなんでしょ! させるわけないじゃない!」

善子「さっきの不意打ちの一撃……手加減してたんでしょうけど、すごい威力だったわ」

善子「危険よ! ダイヤにもかもめにも戦ってほしくないわ」

ダイヤ「不意打ちをしたことは謝ります。それに私も戦いたくありません……」

ダイヤ「しかし、こうするのが一番いいと思ったのです」



78: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 16:29:00 ID:5uhaBOzw

かもめ「善子ちゃん……私やるよ」

善子「え?」

かもめ「少しでも自分を知るために、必要なことなのかもしれない」

善子「あんた……」

ダイヤ「大丈夫です……お互い危険なことはしないように気をつけますから」

善子「二人とも……気をつけてよ?」



79: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 16:29:41 ID:5uhaBOzw



スタンド名─「ギャラクシーハイド&シーク」
本体─黒澤ダイヤ

破壊力─D スピード─C 射程距離─A
持続力─A 精密動作性─E 成長性─E

能力─人の姿をしたビジョンを持つスタンド。
遠隔操作型のスタンドであるためスタンド自体のパワーは強くないが
本体から数百メートルほど離れたところまで移動して攻撃することができる。
星やダイヤモンドのようなビジョンを持つ遠距離攻撃が可能である。

A─超スゴイ B─スゴイ C─人間並 D─ニガテ E─超ニガテ





80: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 16:30:23 ID:5uhaBOzw

ダイヤ「かもめさん、スタンドを出してください」

かもめ「分かりません……」

ダイヤ「少し気が引けますが……荒っぽくいきます」

ダイヤ「ギャラクシーハイド&シークッッ!!」

GH&S『デスワ!!』ダダダダダッ


星やダイヤモンドの結晶のようなビジョンを手から射出し、かもめを攻撃する


かもめ「くっ!!」



81: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 16:30:59 ID:5uhaBOzw

かもめ「スタンドさん!! 私を守って!!」

???『オラァ!!』


かもめから出てきたスタンドが攻撃を弾き飛ばす


ダイヤ「出ましたわ! スタンドです!!」


???『……』

かもめ「あなたが……私のスタンド……?」



82: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 16:31:33 ID:5uhaBOzw

???『アネモネハート』


善子「それがかもめのスタンド……」

かもめ「アネモネハート……」


アネモネハート『ソレ ガ ワタシ ノ 名前……アナタ ヲ マモル』



83: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 16:32:10 ID:5uhaBOzw



スタンド名─「アネモネハート」
本体─???(かもめ)

破壊力─C スピード─B 射程距離─D
持続力─A 精密動作性─A 成長性─E

能力─傷を治す癒しの力を持つ人型ビジョンのスタンド。
近距離パワー型のスタンドであるため
スタンドの像は本体から数m程度しか離れられないが
その代わりに精密な動きを得意とする。
このスタンドは『秘められた想い』を表している。

A─超スゴイ B─スゴイ C─人間並 D─ニガテ E─超ニガテ





84: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 16:32:58 ID:5uhaBOzw

ダイヤ「ギャラクシーハイド&シーク!! 攻撃してください!!」


結晶弾をマシンガンのように発射し、あたり一面を攻撃する


かもめ「アネモネハートッッ!!」


『オラァ!! オラオラオラオラオラオラオラオラ……オラァ!!!!』ドゴドゴォォ!!!!


攻撃を全て防ぎきるとダイヤのスタンドへと攻撃を仕掛ける


『オラァ!!』ドゴォォ!!


ダイヤ「ぐはっ!!」


かもめ「えっ??」

善子「……え?」



85: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 16:33:31 ID:5uhaBOzw

ダイヤ「ぐっ……言っていませんでしたわね……」

ダイヤ「スタンドのダメージは……スタンド使い本体へとフィードバックするのです」

善子「なんでそんな大事なこと先に言わないのよ!」

ダイヤ「あなたたちは優しいから……言ったら戦えなくなるでしょう……」

かもめ「すぐに怪我を治します!!」

────────
────
──



86: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 16:34:04 ID:5uhaBOzw

善子「何事もなく戦いが終わってよかったわ」

善子「それで何か分かったことはある?」

ダイヤ「ええ、ありますわ」

かもめ「!?」

ダイヤ「もちろん今の戦いだけで全てが分かるわけではありませんが」

善子「それで! 何が分かったのよ!!」



87: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 16:34:36 ID:5uhaBOzw

ダイヤ「……やはり、かもめさんは信じられる人だと」

ダイヤ「私が尊敬するμ'sのお二方によく似ていて」

ダイヤ「優しい方だということが」

ダイヤ「私もできる限り協力したいと思いますわ」

善子「まあ、正体までは分からないわよね……」

かもめ「でも、ありがとうございます」

ダイヤ「いえ、当然ですわ」



88: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 16:35:13 ID:5uhaBOzw

ピピピピ……

ダイヤ「電話が……少し外しますわ」

善子「ええ」


善子(私もスタンドが見えるってことは……スタンド使いなのよね)

善子(……私のスタンドはどんな姿なのかしら)



89: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 16:35:44 ID:5uhaBOzw

ダイヤ「なんですって!! ルビィが!?」

かもめ「!?」

善子「ルビィがどうしたの!?」



90: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 16:36:17 ID:5uhaBOzw

ダイヤ「私は家に戻らなければならなくなりました」

善子「ルビィに何かあったの!?」

ダイヤ「ええ、急に倒れた……と」

善子「え……」

かもめ「そんな……」

善子「私もついていくわ!」

かもめ「私も心配です」

ダイヤ「あなたたち……分かりました」

────────
────
──



91: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 16:36:50 ID:5uhaBOzw

─黒澤家─

ルビィ「ハア……ハア……」

善子「えっろ」

ダイヤ「ルビィ……どうしてこんなことに」

かもめ「熱で倒れたにしては何かおかしいですね」

善子「かもめのスタンドで治せないの?」

かもめ「やってみましょう」



92: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 16:37:21 ID:5uhaBOzw

かもめはスタンドを出すと、スタンドの手から光を出した

しかし、ルビィの熱はまったく下がらない


かもめ「うーん……効果はないですね」

善子「怪我もしてないし」

ダイヤ「薬も効いていないみたいですわ」



93: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 16:37:54 ID:5uhaBOzw

かもめ「!?!?……これは!!」

善子「どうしたの!?」

かもめ「ルビィちゃんをよく見てください!!」



94: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 16:38:34 ID:5uhaBOzw

見るとルビィの体から、わずかにスタンドのようなものが浮き出ているのが分かる


ダイヤ「こ、これは……スタンドですか」

かもめ「ルビィちゃんもスタンドに目覚めたんだ……」

善子「かもめの影響でダイヤが発現して、ルビィにも影響が出たのかしら?」

善子「それともかもめが原因なのかしら?」


『ソノ 子 ハ スタンド ニ 蝕マレテイル』


かもめ「アネモネハート!! どういうこと!?」



95: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 16:39:05 ID:5uhaBOzw

ダイヤ「私もこのまえ自分のスタンドから聞きましたわ……」

ダイヤ「スタンドは自分の精神力で操るもの……」

ダイヤ「ルビィは芯の強い子ですわ……ですが……」

ダイヤ「人一倍優しい性格のこの子は、スタンドを制御できずに体を蝕まれているのですわ」

ダイヤ「そして、この状態になれば……50日ほどで死に至るそうです」

かもめ「!?!?」

善子「そんな……!!」



96: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 16:39:35 ID:5uhaBOzw

かもめ「私のせいだ……」

ダイヤ「……」

善子「……」

かもめ「私がここに来たから……ルビィちゃんが」

ダイヤ「ぐっ……」

善子「ダイヤ……」



97: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 16:40:05 ID:5uhaBOzw

ダイヤ「本当は……違う、あなたのせいじゃない、と」

ダイヤ「そう言いたいですわ……」

ダイヤ「ですが……私の大切な妹が……」

ダイヤ「今こうして苦しんでいるのです……」



98: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 16:40:39 ID:5uhaBOzw

ダイヤ「かもめさんは何も悪くないのは分かっています……!!」

ダイヤ「でも……うぅ……」


ダイヤ「否定できない自分がいることが悲しい……!!」

ダイヤ「ルビィが苦しんでいるのを助けることができないのがつらくて仕方がない……!!」


ダイヤ「うぅ……ああぁぁ……!!」


善子「ダイヤ……」



99: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 16:41:15 ID:5uhaBOzw

かもめ「私のせいで……ルビィちゃんが……」

善子「くっ……ルビィ……」

かもめ「私がいるから……こんなことに」


『助ケル 方法ガ アル』


かもめ「え? 本当? 善子ちゃん?」

善子「え? 私なにも言ってないわよ」



100: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 16:41:52 ID:5uhaBOzw

『私ハ アナタ ノ スタンド』

『デイドリームウォリアー』


善子「あなたが……私のスタンド……」



101: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 16:42:27 ID:5uhaBOzw



スタンド名─「デイドリームウォリアー」
本体─津島善子

破壊力─C スピード─B 射程距離─B
持続力─A 精密動作性─C 成長性─D

能力─剣を持つ女騎士の姿をしたスタンド。背中には翼のようなものがある。
遠隔操作型のスタンドであるためスタンド自体のパワーは強くないが
本体から数十メートルほど離れたところまで移動して攻撃することができる。

A─超スゴイ B─スゴイ C─人間並 D─ニガテ E─超ニガテ





102: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 16:43:00 ID:5uhaBOzw

善子「助ける方法って……?」


『原因ヲ 探シテ』


かもめ「原因……?」


『ソノ 少女 ノ スタンド ヲ 消セル』


かもめ「スタンドを消す?」

善子「そんなことできるの?」



103: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 16:43:30 ID:5uhaBOzw

『ソノ少女ノ スタンド ヲ 消セバ 私タチ モ 消エ、ソコノ少女モ 助カルダロウ』


善子「あなたたち……消えるの?」


『気ニシナイデ 私タチ ハ アナタタチト トモニアル』


善子「そんな……せっかく会えたのに……」


かもめ「私のスタンドが消えればルビィちゃんのスタンドも消える……」

かもめ「ほかに影響を受けたみんなのスタンドも消える……」


ダイヤ「私のスタンドも消えてしまいますね……」

ダイヤ「自我のあるスタンドですから、少し気が引けますが……ルビィのためですわ……」



104: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 16:44:21 ID:5uhaBOzw

かもめ「どうすればいいの?」


『アナタノ スタンド モ 誰カカラ 影響ヲ 受ケテ 発現シタ モノ』


かもめ「じゃあ、その人を探すところからってこと……」

ダイヤ「時間がありませんわ! 探しますわよ!」



105: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 16:45:02 ID:5uhaBOzw

ダイヤ「スタンド発現の原因になった人物を!!」

ダイヤ「そのためにはかもめさんの正体を調べる必要がありますわ!!」


かもめ「はい!!」

善子「まずは私たちがかもめに出会った場所に行くわよ!」

────────
────
──



106: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 16:51:12 ID:5uhaBOzw

─かもめと出会った場所─

ダイヤ「ここにかもめさんが倒れていたのですね」

善子「ええ、それを曜と見つけたの」

かもめ「……」

ダイヤ「何かないか調べてみましょう」

────────
────
──



107: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 16:51:54 ID:5uhaBOzw

ダイヤ「……ダメですわ」

ダイヤ「いくら調べても何かがあるとは思えませんわ……」

善子「ダイヤ……みかんを拾ったわ」

ダイヤ「みかんですか……ですが今は何の役にも……」

善子「いえ、おかしいと思わない?」

ダイヤ「え?」

善子「このみかん……オレンジよ」

ダイヤ「は??」



108: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 16:52:25 ID:5uhaBOzw

ダイヤ「すみません……言っている意味がよく分かりませんが……」

善子「千歌や曜ってみかん好きじゃない」

善子「特に千歌は自身のイメージカラーをオレンジではなく『みかん色』って言う」

ダイヤ「ええ、そうですわね」

善子「ちなみに私はオレンジ苦手よ」

ダイヤ「それで……いったい何の関係が?」



109: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 16:52:57 ID:5uhaBOzw

善子「このみかん……みかんとオレンジ」

善子「このオレンジは色ではなく種類のことだけど」

善子「別々の種類の柑橘類がくっついているのよ」

ダイヤ「え?」

かもめ「交配して新種のみかんを作ったのではなく……?」

善子「ええ、違うわ……あとで千歌に見せれば分かるはずよ」



110: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 16:53:27 ID:5uhaBOzw

善子「何が言いたいかというと……」


善子「奇妙なことに……まったく別の二つのものがくっついているのよ」

かもめ「!?」


ダイヤ「……あの、つまり?」

ダイヤ「この場所で何が起こったというのですか……?」



111: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 16:53:57 ID:5uhaBOzw

善子「推測でしかないけど……この現象が人間に起こっていたら……」

かもめ「ハア……ハア……」

ダイヤ「まさか……」


かもめ「はあ……はあ……そんな……」

善子「……」



112: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 16:54:27 ID:5uhaBOzw

善子「かもめ……」

 

善子「あなたは二人の人間がくっついてできた人間なのよ」


ダイヤ「!?!?」



113: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 16:54:59 ID:5uhaBOzw

かもめ「……」ガクッ

かもめ「はあ……はあ……」

 

かもめ「私は……いったい誰なの……」




かもめ「私はいったい誰なんですかァーーーーッッ!!!!」


かもめ「あ゛あ゛あ゛あ゛ああああああああぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!!!!」

────────
────
──



114: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 16:55:31 ID:5uhaBOzw

─十千万旅館─

千歌「かもめちゃん……部屋から出てこないね」

曜「仕方ないよ……もしかしたら自分が二人の人間がくっついてできた人間かもしれないなんて」

善子「確定ではないけど、きっとそうよ」

梨子「それで千歌ちゃん、曜ちゃん、そのみかんは本当に二つのみかんがくっついてるの?」

曜「うん……あちこち不規則に二つの別々のみかんがくっついてる」

千歌「食べても大丈夫なのかな?」

曜「念のためやめておいたほうが……」



115: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 16:56:01 ID:5uhaBOzw

曜「あの場所で何が起こったのかな?」

善子「分からないわ……解き明かす必要がありそうね」

梨子「二つのものが不規則にくっついてしまう現象……」

千歌「怖いね……」



116: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 16:56:31 ID:5uhaBOzw

ダイヤ「失礼ですが……ルビィのことがあります」

ダイヤ「時間がありません……かもめさんの荷物を調べさせてもらってもよろしいでしょうか」

ダイヤ「なんとしても手がかりが必要なのです」

曜「うん、かもめちゃんから許可をもらってるよ」

ダイヤ「ええ、失礼ですが中身を見させてもらいます」



117: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 16:57:03 ID:5uhaBOzw

ダイヤ「……特におかしなものはありませんわね」

ダイヤ「これは……制服でしょうか?」

曜「ああ、かもめちゃんが倒れていたときに着ていたやつだね」

ダイヤ「この制服……どこかで見たことがある気がしますわね」

千歌「私も……」

曜「本当!?」



118: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 16:57:34 ID:5uhaBOzw

梨子「それは……音ノ木坂学院の制服です」

梨子「私がこの内浦に来る前に通っていた高校」


ダイヤ「音ノ木坂……μ'sが通っている学校……」


ダイヤ「やはりかもめさんは……」

ダイヤ「憶測でしかないのですが……」


ダイヤ「園田海未さんと南ことりさんがくっついてできたもう一人の人間」


ダイヤ「ということでしょうか……」

千歌「え……? 憧れのμ's……?」



119: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 16:58:04 ID:5uhaBOzw

善子「なんでそんなことが……」

ダイヤ「分かりません……」

曜「でも、まだ確定じゃないんだよ!」


梨子「確定させる方法があるわ」

曜「え?」



120: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 16:58:34 ID:5uhaBOzw

梨子「実際に音ノ木坂に行って行方不明になっている生徒二人がいれば」


梨子「その二人がかもめちゃんの正体……」


梨子「それが海未さんとことりさんだったら疑いようがないわ」


曜「そんな……」



121: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 16:59:04 ID:5uhaBOzw

かもめ「行きます……音ノ木坂学院に……」

曜「かもめちゃん……」

善子「私もついていくわ」

曜「私も」


ダイヤ「私もついていきたいのですが……ルビィのそばにいてあげたい」

ダイヤ「ですが、ルビィを助けるには東京へ行かなければならない……」

ダイヤ「どうしたら良いのでしょう……」

千歌「ダイヤさん……」



122: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 16:59:35 ID:5uhaBOzw

ダイヤ「おそらく原因になった方もスタンド使いですわ」

ダイヤ「スタンドはスタンド使いにしか見えないですし、スタンドでなければ倒せない」

ダイヤ「スタンド使いは引かれ合う……スタンドでの戦いは避けられないでしょう」

ダイヤ「私も行くしかありません……しかし、苦しむルビィを置いていくなど……」


??「ルビィのことは私たちに任せて行ってきなよ、ダイヤ」

ダイヤ「え?」



123: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 17:00:07 ID:5uhaBOzw

果南「ルビィはダイヤの妹で」

花丸「オラたちの幼馴染で」

鞠莉「大切なAqoursの仲間」


果南「私たちがルビィのこと守るからさ」

果南「東京に行ってきてルビィを助けよう、ダイヤ」


ダイヤ「ありがとうございます……皆さん」


千歌「……決まりだね」


千歌「みんなで行くよ!! 東京に!!!!」

────────
────
──



124: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 17:00:38 ID:5uhaBOzw

ルビィ「ハア……ハア……」

ルビィ「おねいちゃぁ……」


ダイヤ「ルビィ……お姉ちゃん、必ずあなたのこと助けるから……」

ダイヤ「待っていてね……」

────────
────
──



125: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 17:01:08 ID:5uhaBOzw

─駅にて─

千歌「おーい! ダイヤさんこっちこっち!!」

ダイヤ「ええ、いま行きますわ」

梨子「これでみんな集まったわね」

善子「ええ」

かもめ「はい」

曜「ヨーソロー!」



126: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 17:01:55 ID:5uhaBOzw

千歌「行こう!」


千歌「ルビィちゃんを助けるために!」


千歌「そして、かもめちゃんの真実を知るために!」


かもめ「うん!」

ダイヤ「はい!」

────────
────
──



127: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 17:02:26 ID:5uhaBOzw

─東京─

曜「また東京に来たね」

善子「ええ、何回目かしら」

梨子「とにかく音ノ木坂学院に行くわよ」

ダイヤ「はい」


かもめ(音ノ木坂学院……私がいたかもしれない場所……)

かもめ(どんな場所なんだろう……私はどんな人だったんだろう……)



128: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 17:03:03 ID:5uhaBOzw

善子「ところでダイヤ……ひとつ聞いていい?」

ダイヤ「はい?」

善子「……その大量の色紙は何?」

ダイヤ「憧れのμ'sに会えるかもしれないのですよ!」

ダイヤ「サインをもらわない手はありませんわ!」

ダイヤ「もちろんルビィの分も!」

千歌「ああ!! 私も色紙持ってくればよかった!!」

ダイヤ「安心してください千歌さん! こんなこともあろうかと千歌さんの分の色紙も持っていますわ!」

千歌「さすがダイヤさん!! かしこーい!!」

善子「あんたたちずいぶんと余裕あるわね!!」



129: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 17:03:35 ID:5uhaBOzw

自身のスタンド能力に蝕まれるルビィを助けるには

スタンド能力を発現させる元となったスタンド使いを見つけ出す必要がある


そのスタンド使いはかもめに影響を与えたため、かもめはスタンド使いとなった

そしてルビィ、ダイヤ、善子もかもめの影響でスタンド能力を発現したのだ


4人のスタンド能力を消すには、元となったスタンド使いを倒す必要があるだろう

スタンド使いは引かれ合う……相手が悪人であれば危険な戦いになることだろう


それでも、そのスタンド使いを見つけ出す必要があった

かもめの過去を知ることができればスタンド使いを探す手がかりになるかもしれない


そのためにも、一行は音ノ木坂学院に向かうのであった……

────────
────
──



130: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 17:04:38 ID:5uhaBOzw

─音ノ木坂学院─

梨子「来たわね」

梨子「まずは行方不明の生徒がいるかどうか聞きたいところだけれど」

梨子「おそらく学校側から教えてもらうことはできないと思うわ」

梨子「プライバシーの問題があるから」



131: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 17:05:10 ID:5uhaBOzw

ダイヤ「逆に私たちが行方不明者のことを聞けば、学校側は怪しむことでしょう」

ダイヤ「そうなるのは避けたいところです」

曜「じゃあ、どうすればいいの?」

善子「あまりやりたくはないけど、生徒に聞いてみるしかないんじゃないかしら?」



132: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 17:05:51 ID:5uhaBOzw

かもめ「……」


かもめ(ここが音ノ木坂学院……)

かもめ(……ダメです……何も思い出せません)


??「ちょっとあんたたち、ここで何してるのよ?」

ダイヤ「あ、あなたは……」



133: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 17:06:23 ID:5uhaBOzw

??「不審者って感じじゃないわね、何かこの学校に用なの?」


ダイヤ「あわわわわ……あなたは……」


ダイヤ「μ'sの矢澤にこさん!!」

千歌「本当!?」



134: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 17:07:00 ID:5uhaBOzw

にこ「え? あんたたち私のこと知ってるの?」

ダイヤ「もちろんですわ!!」


にこ「もしかしてにこのファン!?」

ダイヤ「はい!!」


にこ「もぉ~そういうことなら先に言ってよねぇ~☆」

ダイヤ「おほぉー!! 本物ですわ!!」



135: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 17:07:41 ID:5uhaBOzw

にこ「でもごめんねぇ~にこ今はプライベーt」

ダイヤ「サインくださいまし!!」

にこ「しょ~がないわねぇ~!!」


にこ「もぉ~にこってば人気者で困っちゃ~う☆」カキカキ

にこ「やっぱりあなたもにこ推しなのねっ☆」

ダイヤ「私は断然エリーチカ推しですわ!」

にこ「ぬわぁんでよ!!」



136: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 17:08:18 ID:5uhaBOzw

千歌「私もサイン欲しい!!」

にこ「もぉ~順番だからちょっとまっ……」


にこ「!?」


にこ「……海未?」

にこ「……それとも、ことり?」


かもめ「……」

千歌「え?」



137: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 17:08:48 ID:5uhaBOzw

にこ「あんた、いままでどこに行っ……いえ、よく似てるけど……別人?」


曜「……やっぱり行方不明になってたんですか?」

にこ「え?」


にこ「……あんたたち何か知ってるの?」


かもめ「……」



138: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 17:09:19 ID:5uhaBOzw

曜「実はそのことでこの学校に来たんです」


にこ「分かったわ……ウチの部室に来てちょうだい」

ダイヤ「μ'sの部室!!!!」


梨子「入校許可もらってきます」

────────
────
──



139: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 17:09:49 ID:5uhaBOzw

絵里「ようこそ『女の世界』へ……」

梨子「!?」ドキッ♡

善子「おい、レズ」


にこ「悪いわね部室まで来てもらって」

曜「そんなことないです、ありがとうございます」

ダイヤ「ハアハア……μ'sの部室……しかも憧れのエリーチカですわ!!」



140: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 17:10:20 ID:5uhaBOzw

ダイヤ「あの……握手してくださいまし!!」

絵里「ええ、いいわよ」ぎゅっ

ダイヤ「あぁ~♡♡」

にこ「その子、絵里のファンらしいわよ」

絵里「あら、そうなの? ふふっ♡ ありがとう♡」

|c||^.- ^||

曜「幸せそうな顔で気絶してる……」



141: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 17:10:54 ID:5uhaBOzw

にこ「それで……何を知っているのか教えてもらいたいんだけど」

曜「はい、実は…………」


にこと絵里にこれまであったことを説明した


曜「信じてもらえないかもしれないですけど……」

絵里「奇妙なことが起こってるわね」

にこ「ふむふむ」



142: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 17:11:31 ID:5uhaBOzw

梨子「それで……海未さんとことりさんは行方不明になっていたりしないでしょうか?」

にこ「ええ、なっているわ」

ダイヤ「ということは、やはりかもめさんは……」

かもめ「……」


にこ「でも行方不明者はその二人だけではないの」


にこ「6人……行方が分からないの」


曜「……え?」



143: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 17:12:07 ID:5uhaBOzw

にこ「6人ともμ'sのメンバーよ」

にこ「海未とことりの他に、花陽、凛、真姫、希の行方が分からないわ」

梨子「そんな……」

絵里「このことについてはあなたたちは何か知らないかしら?」

曜「いえ……分からないです」

絵里「そう……」



144: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 17:12:37 ID:5uhaBOzw

にこ「最初にいなくなったのは、ことりと海未よ」

にこ「そのあと、二人が行方不明になったことがショックみたいで、穂乃果も部屋に閉じこもってしまったわ」

にこ「そして、他の4人も次々に行方不明に……」

絵里「だから、μ'sで学校に来ているのは私とにこだけってことね」

善子「そうだったんだ……」

曜「こっちでも不思議なことが起こっていたんですね」



145: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 17:13:08 ID:5uhaBOzw

絵里「そうなると、解き明かさなければならない事件が2つあるわね」

絵里「1つは、かもめの正体……これは確定できないけど、ことりと海未ってことでいいと思うわ」

絵里「でも、何が起こってこうなったのか分からないわ」

絵里「そして、行方不明になったそのとき、いったい何が起こったのか、どうして二人が沼津にいたのか」

絵里「調べる必要がありそうね」

絵里「もしかすると、そのスタンド使いというのが関係あるかもしれないわ」



146: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 17:13:40 ID:5uhaBOzw

絵里「もう1つは、他の行方不明のメンバーの行方……」

絵里「ことりと海未のようにくっついて、記憶をなくして別の人物になっていたら、探すのに苦労するわね」


かもめ「……」

にこ「それにしてもあんた、本当に海未とことりにそっくりね」

にこ「きっと本人なんでしょうけど……私のこと分かる?」

かもめ「……すみません、分かりません」

にこ「そう……」



147: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 17:14:16 ID:5uhaBOzw

絵里「私たちも内浦に調べに行ったほうがいいのかしら?」

にこ「そうしたほうがいいかもしれないわね」

にこ「他の4人の手がかりがない以上、そうするしかないわ」


絵里「穂乃果はどうするの?」

にこ「落ち込んで部屋に閉じこもってるのよね……」


曜「内浦に来るなら私たちが案内しますよ!」

にこ「助かるわ」

ダイヤ「あぁ……エリーチカが内浦に来る……」

千歌「あ、ダイヤさんが復活した」



148: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 17:14:48 ID:5uhaBOzw

善子「……」


善子「……??」


曜「どうしたの善子ちゃん?」

善子「そういえばリリーは?」

千歌「え?」


善子「途中から喋らなくなったと思ったらいなくなってるの」

曜「え??」

ダイヤ「そういえば部屋からいなくなりましたわね」



149: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 17:15:22 ID:5uhaBOzw

曜「音がしなかったけど部屋から出たのかな?」

曜「ちょっと私、探してくるね」

千歌「あ、曜ちゃん待って……」



千歌「…………曜ちゃん?」



絵里「……いまドアを開けた音しなかったわよね?」

 

千歌「曜ちゃんが…………消えた??」



150: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 17:16:05 ID:5uhaBOzw

ダイヤ「おかしいですわ……急に人が消えるなんて……」

千歌「曜ちゃん! 梨子ちゃん! どこに行っ」ガオン!!



かもめ「!?」



絵里「消えた!?」

にこ「そんなわけないじゃない!」

善子「でも3人とも急に消えたわよ!」



151: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 17:16:38 ID:5uhaBOzw

ダイヤ「これは……まさか……」




ダイヤ「スタンドッ!!!!」


にこ「スタンド!? これが!?」

 

ダイヤ「気をつけてください!! 何らかのスタンド攻撃を受けていますわ!!」



152: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 17:17:09 ID:5uhaBOzw

にこ「なんで急に消えたのよ!」

ダイヤ「分かりませんわ……でも、何らかのスタンド能力と見て間違いなさそうですわね」

絵里「4人が失踪したのも、このスタンド使いが原因なのかしら?」

かもめ「私の件とは別件かもしれないですね」

善子「とにかくこのピンチを切り抜けましょう!」

善子「このままだと全員消されるわよ!!」



153: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 17:17:44 ID:5uhaBOzw

絵里「そのスタンドっていうのは能力に制限とかないの?」

ダイヤ「完全にそのスタンドごとに違うので一概には言えませんわね」

ダイヤ「ですが強力な能力を持つスタンドほど射程距離は短く」

ダイヤ「逆に遠くまで移動できるスタンドはあまり強力ではない傾向にあります」

絵里「なるほど……だったら話は早いわね」

ダイヤ「え?」



154: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 17:18:17 ID:5uhaBOzw

絵里「いま消えた3人はいずれも部屋の隅、この部室の隣に部屋があるのだけれど」

絵里「その近くにいた3人が消されたわ……」

絵里「そして、全員同時に消せばいいのに部屋の端にいる人間を一人ずつしか消していない」

絵里「逆に言うと、それができないということ」



155: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 17:18:48 ID:5uhaBOzw

絵里「つまり、このスタンドは遠くまでは追って来られないタイプのスタンドということになるわね……」

絵里「そして、スタンド使い本人はこの部室の隣の部屋にいる!!」

絵里「部室の横から入れるそこの扉の先にスタンド使いはいるわ!」

ダイヤ「なんですって!! さすがはエリーチカ!! クールですわ!!」



156: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 17:19:18 ID:5uhaBOzw

絵里「何か聞き出せるかもしれないわ!! スタンド使いを追うわよ!!」ダッシュ

ダイヤ「待ってください!! いまの説明では近づいてはいけないのでは!!」



絵里「あ゛っ!!」
ガオン!!

 

善子「絵里さんが消えた!?」

かもめ「推測は合っていたようです!!」

にこ「でもやっぱりポンコツじゃないの!!」



157: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 17:19:51 ID:5uhaBOzw

ダイヤ「ギャラクシーハイド&シーク!! 攻撃してください!!」

GH&S『デスワッ!!』ダダダダダッ


???『無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄ァァ!!!!』ドゴドゴォォ!!!!


結晶弾を放つ扉に向かって放つとそれを守るようにスタンドが現れ、攻撃を防いだ


ダイヤ「全弾はじかれましたわ……かなり強力なスタンドのようです」



158: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 17:20:24 ID:5uhaBOzw

ダイヤ「ですが今の動きで分かりました。扉を守るような動き……」


ダイヤ「スタンド使いはその扉の先! 隣の部屋にいますわ!!」


にこ「ちょっと待って! にこには何も見えなかったんだけど??」

ダイヤ「スタンドはスタンド使いにしか見えませんわ」

にこ「ちょっとぉ!! 何が起こってるか分からないからすごく怖いんだけど!!」



159: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 17:20:58 ID:5uhaBOzw

善子「デイドリームウォリアー!!」

デイドリ『ギラン!!』シャキンッ


善子のスタンドは手に持った剣で攻撃する


???『無駄ァ!!!!』バチンッ


相手のスタンドは攻撃を簡単に防いでしまう



160: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 17:21:31 ID:5uhaBOzw

ダイヤ「気をつけてください! どうやって相手を消すのか、まだ分かっていません!!」

善子「くっ!!」


シャキンッ

弾き返された剣が机を一刀両断する


にこ「ああああ!!!! 部室の机が!!!!」


にこ「それよりも突然テーブルが真っ二つになったようにしか見えなくて怖い!!」



161: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 17:22:04 ID:5uhaBOzw

<ドア ガラララ

かもめ「そこまでです!!」

???「!?」

善子「かもめ!!」

ダイヤ「かもめさんが隙を突いて、廊下側の扉から隣の部屋に入りましたわ!!」


<バリンッ!!

スタンド使いはスタンドを引っ込めると窓を突き破って外へと脱出した


かもめ「逃げられてしまいました……」

にこ「はあ、助かったの……?」



162: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 17:22:35 ID:5uhaBOzw

善子「かもめ、敵のスタンド使いの顔は見れた?」

かもめ「いえ、すぐに逃げられてしまったので分かりませんでした」

善子「そう……」

ダイヤ「でもなんとか危機から脱しましたわ……」

にこ「これがスタンドバトル……スタンドが見えないから怖かったわ」



163: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 17:23:06 ID:5uhaBOzw

ダイヤ「しかし、いまの様子ですとμ'sのメンバーを狙って攻撃しているように思えますわ」

ダイヤ「ほかの方たちもあのスタンド使いに襲われたのかもしれません……」

善子「目的はいったい何かしら?」

にこ「ということは、1人でいる穂乃果も狙われるかもしれないってこと?」

にこ「穂乃果が危険ね……このことを伝えなきゃいけないわね」

ダイヤ「はい」



164: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 17:23:36 ID:5uhaBOzw

にこ「ここ数日、穂乃果には連絡しているんだけど、まったく連絡が取れないのよ」

にこ「部屋にこもってるとは聞いているんだけどね」

にこ「伝えるには穂乃果の家まで行かなきゃいけないわね」

ダイヤ「穂乃果さんの家……テンション上がりますわ!!」

にこ「あんた余裕あるわねぇ」



165: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 17:24:08 ID:5uhaBOzw

にこ「じゃあ、穂乃果の家に行くわよ」

善子「その前に1ついい?」

にこ「何かしら?」

善子「まだその穂乃果さんには連絡してないのよね?」

にこ「ええ」

善子「穂乃果さんはこの行方不明事件を知っているの?」

にこ「返信はないけど、連絡は見ているはずよ」

にこ「花陽たちがいなくなったことは知ってるはずだわ」

善子「じゃあ、少しいいかしら……」

────────
────
──



166: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 18:18:33 ID:5uhaBOzw

─穂乃果の家─

ダイヤ「ここが穂乃果さんの家……あぁ、感激ですわ」

にこ「緊張感がないわね」


にこ「穂乃果、入るわよ」

ドア ガラララ


穂乃果「あ、にこちゃんいらっしゃい!」



167: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 18:19:20 ID:5uhaBOzw


ダイヤ「おほぉー!! μ'sのリーダーの穂乃果さんですわ!!」

穂乃果「こんにちは、高坂穂乃果です」

ダイヤ「おほー!」



168: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 18:19:51 ID:5uhaBOzw

にこ「悪いわね、あまり元気じゃないって聞いてるけど」

にこ「ちょっと伝えたいことがあって、どうしてもって言って入れてもらったわ」

穂乃果「ううん、にこちゃんに会えてうれしいよ」



169: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 18:20:26 ID:5uhaBOzw

善子「こんにちは」

かもめ「ごきげんよう」

穂乃果「おぉ? 今日はお客さんがいっぱいだね」

にこ「この子たちのことはさっき連絡したときに話したでしょ」

穂乃果「うん、聞いてるよ」



170: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 18:20:57 ID:5uhaBOzw

にこ「順番に説明するわ」


にこ「穂乃果、私たちは何者かに狙われているのよ」

穂乃果「……どういうこと?」



171: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 18:21:29 ID:5uhaBOzw

にこ「信じてもらえないかもしれないけど、スタンド使いという超能力者に狙われているの」

穂乃果「……スタンド使い??」

にこ「そうよねぇ……それが正しい反応だわ」

にこ「私だって信じられないもの」

にこ「でも危険だから警戒していて欲しいの」



172: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 18:22:01 ID:5uhaBOzw

にこ「それでなんだけど、この子を見てちょうだい」

穂乃果「この子……?」

にこ「この子、ことりと海未に似ているでしょ?」

穂乃果「うーん、そう言われると似てるね……」



173: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 18:22:34 ID:5uhaBOzw

にこ「この子はね、沼津で見つかったのよ」

穂乃果「え?」

にこ「ここにいるダイヤとヨハネも沼津から来たの」

善子「////」

ダイヤ(嬉しそうですわね……)



174: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 18:23:04 ID:5uhaBOzw

穂乃果「それで……どういうこと?」

にこ「海未たちがいなくなったことは知ってるわよね」

穂乃果「うん……穂乃果どうしたらいいのか分からなくて……」



175: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 18:23:36 ID:5uhaBOzw

にこ「それと、花陽たちのことも連絡してあるから知ってるわよね」

穂乃果「うん、聞いてるよ」


にこ「私はこの子がことりと海未なんじゃないかと思っているわ」

穂乃果「……どういうこと??」



176: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 18:24:09 ID:5uhaBOzw

にこ「穂乃果、私はみんなを探すために沼津に行こうと思うの」

穂乃果「え……?」

にこ「いなくなった希、花陽、真姫、絵里、凛を探しに行くわ」

にこ「穂乃果にもついてきて欲しいと思ってる」

穂乃果「穂乃果、全然話についていけてないよ……」



177: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 18:24:39 ID:5uhaBOzw

にこ「仕方ないと思うわ、私もこんな話されて信じろと言われても信じられないもの」

にこ「でも穂乃果、私と一緒に5人を探しに来てほしいの」

穂乃果「よく分かんないけど……でも、にこちゃんのこと信じてるから穂乃果も行くよ」

穂乃果「一緒に行こう、沼津に」


にこ「ええ、ありがとう……私も穂乃果のこと信じていたわ……」



178: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 18:25:16 ID:5uhaBOzw

にこ「信じてた……穂乃果のこと『信じてた』のに……どうして……」


穂乃果「……え?」

にこ「どうしてなの……」

穂乃果「にこちゃん……どういうこと?」




にこ「穂乃果……私たちを襲った『スタンド使い』はあんたよ」

穂乃果「!?」



179: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 18:25:51 ID:5uhaBOzw

穂乃果「どういうこと……穂乃果わかんないよ」


にこ「穂乃果……私は絵里がいなくなったことをあんたに連絡していないわ」

穂乃果「!?」


にこ「でも、あんたは絵里がいなくなったことを何事もなく聞いていた」

にこ「絵里がいなくても当たり前というようにね」



180: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 18:26:22 ID:5uhaBOzw

穂乃果「ほ、穂乃果、おバカさんだから……数えまちがえちゃっただけだよ……」

穂乃果「それにみんなが次々に消えていくから……絵里ちゃんも消えちゃったんだって」

にこ「穂乃果……どうして見ていないはずのあんたが、絵里が『消えた』ことを知っているの?」

穂乃果「え……」

にこ「普通なら『消えた』なんて言わないはずよ……」

穂乃果「そ、それは……」



181: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 18:26:54 ID:5uhaBOzw

にこ「それに……友達想いで、優しいあんたがμ'sのメンバーを数えまちがえるはずがないじゃない!」


穂乃果「……ッ!!」


にこ「穂乃果……どうして私たちを襲ったの……」

穂乃果「……」

にこ「あんたのこと信じてたのに……」



182: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 18:27:34 ID:5uhaBOzw

穂乃果「……にこちゃん、穂乃果を信じて」

穂乃果「そのスタンド使いって超能力者さんなんでしょ……?」

穂乃果「きっと私やにこちゃんを操っておかしなことを言わせてるんだよ!」

穂乃果「そこにいる善子ちゃんやかもめちゃんがスタンド使いかもしれないじゃん!!」

穂乃果「そうだよ! きっとそうだ!!」

にこ「穂乃果……」



183: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 18:28:04 ID:5uhaBOzw

ダイヤ「たしかに私たちはスタンド使いですわ……ですが」

善子「この部屋に来てから誰も私のことを『善子』とは呼んでいないし」

かもめ「私もかもめと呼ばれていません……ずっと『この子』と呼ばれていましたから」

ダイヤ「あのときあそこにいなければ名前など知らないはずです……ッ」

穂乃果「……ッ」



184: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 18:28:34 ID:5uhaBOzw

にこ「穂乃果……」

穂乃果「……ッ!!」


穂乃果「そうだよ……穂乃果がみんなを襲ったんだ……」

 

穂乃果「穂乃果が『スタンド使い』だよ……」


にこ「……ッッ!!」



185: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 18:29:05 ID:5uhaBOzw

穂乃果「希ちゃんを消したのも」

穂乃果「凛ちゃんを消したのも」

穂乃果「真姫ちゃんを消したのも」

穂乃果「花陽ちゃんを消したのも」

穂乃果「そして、絵里ちゃんを消したのも……」


穂乃果「穂乃果がやったんだよ」



186: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 18:29:44 ID:5uhaBOzw

にこ「なんで……」

穂乃果「ことりちゃんと海未ちゃんが悪いんだよ!」

穂乃果「穂乃果のこと『裏切る』から!!!!」

穂乃果「だから『こうする』しかなかった!!!!」

穂乃果「本当はそこにいるかもめちゃんを攻撃するつもりだった! でも邪魔されて!!」



187: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 18:30:17 ID:5uhaBOzw

穂乃果「だから…………」




穂乃果「ノーイグジットオリオンッッ!!!!」


『無駄無駄無駄無駄無駄ァァァァァ!!!!!』


にこ・善子・ダイヤ・かもめ「!?」



188: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 18:30:58 ID:5uhaBOzw

ダイヤ「!? やはりこれは先ほど私たちを襲ったスタンド!!!!」

ダイヤ「ギャラクシーハイド&シーク!!」

GH&S『デスワ!!』


穂乃果「ノーイグジットオリオン! ダイヤちゃんを『捕まえて』!!」


にこ「させるもんですか!!」


にこはダイヤに前に踊り出ると自ら盾になった


にこ「アイドルはファンを大切にするもんでしょ……任せたわよ、穂乃果のこと」
ガオン!!!!


ダイヤ「そんな……にこさんまで……」



189: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 18:31:29 ID:5uhaBOzw

穂乃果「不意打ちでスタンド使いを1人捕まえるつもりだったのに……」

穂乃果「にこちゃんがかばったから消せなかった……」


ダイヤ「穂乃果さん……こちらにはスタンド使いが『2人』残っています」

ダイヤ「戦えば穂乃果さんが不利になるでしょう」

ダイヤ「スタンドを引っ込めてください」



190: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 18:32:01 ID:5uhaBOzw

善子(ダイヤはこう言ってるけど、本当は次の攻撃を警戒しているわね)

善子(スタンド使いはかもめを入れて『3人』なのに)

善子(さっきの音ノ木坂での戦いでアネモネハートを出していないから穂乃果さんは知らないんだ)

善子(少しでも有利になるようにそれを隠している)



191: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 18:32:32 ID:5uhaBOzw

ダイヤ「穂乃果さん、先ほどスタンドに『捕まえて』とおっしゃっていましたが」

ダイヤ「消えてしまったにこさんたちはどこに行ってしまったのですか?」

穂乃果「そうだね、心配しちゃうかもしれないから言うね」



192: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 18:33:07 ID:5uhaBOzw

穂乃果「穂乃果のスタンドは相手を捕まえてどこかに閉じ込めちゃうスタンドなんだ」

穂乃果「消えたように見えたかもしれないけど全員無事だよ」

穂乃果「だから心配しなくても大丈夫だよ」


ダイヤ「そうですか……穂乃果さんが今回の騒動の原因となったスタンド使いでよかったのかもしれません」

善子「悪人だったら大変なことになっていたわね」



193: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 18:33:39 ID:5uhaBOzw

穂乃果「ところでさあ……さっき学校でダイヤちゃん言ってたよね」


ダイヤ「おほぉー!! ちゃん付けですわ!!…………ハッ!! んんんっ何でもありませんわ」

善子「なんで毎回やるのよ」



194: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 18:34:10 ID:5uhaBOzw

穂乃果「言ってたよね……」

穂乃果「遠くまでいけるスタンドはあまり強くないけど、遠くまでいけないスタンドは強いって」

ダイヤ「ニュアンスが違いますが……そういう傾向がありますわね」

穂乃果「穂乃果のスタンドは遠くまでいけないスタンドなんだ」

ダイヤ「……」



195: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 18:34:42 ID:5uhaBOzw

ダイヤ(たしかに、ここは穂乃果さんの部屋……戦うことを踏まえれば決して広くはありませんわ)

ダイヤ(この至近距離で遠距離型スタンド2体よりも近距離型の穂乃果さんのスタンドのほうが有利かもしれません)

ダイヤ(しかし、かもめさんのスタンドも近距離型……隠し通せば勝機はありますわ)


穂乃果「穂乃果のスタンド、二人のスタンドよりもスピードもパワーも上だと思うんだ」


穂乃果「……」

ダイヤ「……」



196: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 18:35:12 ID:5uhaBOzw

穂乃果「ノーイグジットオリオン!!」

『無駄ァ!!!!』


ダイヤ「ギャラクシーハイド&シーク!!」

『デスワァ!!!!』ダダダダダッ


穂乃果「結晶弾くらい簡単に弾き返せるよ!」

『無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄ァァァァ!!!!!!』ドゴドゴォォォ!!!



197: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 18:35:52 ID:5uhaBOzw

善子「デイドリームウォリアー!! 剣で攻撃して!!」

『ギラン!!』シャキンッ


穂乃果「遅いよ! 簡単に防いじゃうよ!!」

『無駄ァァ!!』ガシッ


善子「わざと『ゆっくり』剣を振ったのよ! 白刃取りさせるためにね!!」

善子「かもめ!! 今よ!!!」

穂乃果「!?」



198: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 18:36:33 ID:5uhaBOzw

かもめ「アネモネハートッッ!!!!」

『オラァ!!!!』


穂乃果「!?!?」


穂乃果「かもめちゃんもスタンド使い!?!?」

穂乃果「ノーイグジットオリオン!! 攻撃を防いで!!!!」


『オラァァ!!』ドゴォ!!!!

『無駄ァァ!!』ドゴォ!!!!




『オラオラオラオラオラオラオラオラオラァァ!!!!!!』ドゴドゴドゴォォォォ


『無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄ァァ!!!!!!』ドゴドゴドゴォォォォ



199: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 18:37:03 ID:5uhaBOzw

『無駄ァ!!!!』ドゴォォォォ

かもめ「ぐはっ……ッッ!!」


ダイヤ「かもめさん!!!!」

善子「かもめ!!!!」


穂乃果「やるね! かもめちゃん!」

穂乃果「でもね! 同じ近距離パワー型のスタンドでも穂乃果のスタンドのほうがスピードもパワーも上だよ!」


かもめ「ぐっ……」



200: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 18:37:41 ID:5uhaBOzw

かもめ「アネモネハート!!!!」

『オラァ!!!!』ドゴッ

『無駄ァ!!!!』ガシッ


穂乃果「そんな攻撃じゃあ穂乃果のスタンドには当てられないよ!」

穂乃果「でもさすがに3対1は良くないよね……」


善子「!?!?……まさか!?」



201: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 18:38:17 ID:5uhaBOzw

穂乃果「今度こそ『捕まえる』よ!! ことりちゃん!! 海未ちゃん!!」

ダイヤ「かもめさん!! 危ない!!!!」
ガオン!!


かもめ「!?!?」


かもめ「そんな……ダイヤさんまで……ッ」

善子「ダイヤ……ッッ」



202: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 18:38:48 ID:5uhaBOzw

穂乃果「だんだん穂乃果のほうが有利になってきたよ」

善子「逃げるわよ!」

かもめ「でも!」

善子「いいから!! 穂乃果さんのスタンドは遠くまでは追って来られないわ!」

善子「場所を変えれば勝機はあるはずよ!」



203: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 18:39:23 ID:5uhaBOzw

穂乃果「逃がさないよ!!」

『無駄無駄ァァ!!!!』


『オラァ!!!!』バキッ


アネモネハートは部屋の真ん中にあるテーブルを叩き壊した


穂乃果「ああっ!! 机が!!!!」

かもめ「今です!! 逃げましょう!!」ダッ

善子「ええ!!」ダッ



204: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 18:40:04 ID:5uhaBOzw

<ダッダッダッダッ……


穂乃果「逃げられちゃった……」


穂乃果「でも絶対に『捕まえる』からね……」

────────
────
──



205: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 18:40:44 ID:5uhaBOzw



スタンド名─「ノーイグジットオリオン」
本体─高坂穂乃果

破壊力─A スピード─A 射程距離─D
持続力─A 精密動作性─B 成長性─A

能力
─対象を自身の創り出した亜空間に閉じ込める能力を持つ人型ビジョンのスタンド。
亜空間に閉じ込められた者はスタンド使い本体が能力を解除
もしくは本体を撃破しなければ亜空間から脱出することはできない。
近距離パワー型のスタンドであるため
スタンドの像は本体から数m程度しか離れられないが
その代わりにスピードとパワーに優れる。
内面に潜む狂気と独占欲が具現化したスタンドであるため非常に凶暴で攻撃的である。
このスタンドは『もう止められない想い』を表している。

A─超スゴイ B─スゴイ C─人間並 D─ニガテ E─超ニガテ





206: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 18:42:06 ID:5uhaBOzw

─公園─

善子「はあ……はあ……」

善子「ここまで来れば大丈夫かしら……」

かもめ「うん……でも追いかけてくると思う」

善子「ええ、そうね」

善子「でもここはさっきの場所より広いから戦いやすいはずよ」



207: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 18:43:05 ID:5uhaBOzw

善子「問題は穂乃果さんのスタンドの強さね」

善子「射程距離は短いけどパワーもスピードも圧倒的」

善子「しかも触られると消される可能性があるわ」

善子「正面から戦って勝てる相手じゃなさそうね」

善子「なにか作戦を立てないと」

かもめ「うん……」



208: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 18:43:36 ID:5uhaBOzw

???「お二人さん、ちょっといい?」

かもめ「誰でしょうか?」

善子「……なにかしら?」



209: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 18:44:08 ID:5uhaBOzw

???「ああ、その子が海未ちゃんとことりちゃんか……似てるなあ」

かもめ「!?」

善子「!? 何か知っているの!?」

???「うん、知ってるよ」


???「ウチは東條希」

希「海未ちゃんとことりちゃんの友達だからね」



210: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 18:44:46 ID:5uhaBOzw

善子「東條……希……?」

善子「おかしいわね……希さんは穂乃果さんに捕まったって聞いているわ」

かもめ「ええ、そのはずです」

希「うん、それは『この世界の』ウチやね」

善子「この世界……?」

かもめ「どういうことでしょうか……?」



211: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 18:45:24 ID:5uhaBOzw

希「二人は何か『おかしい』と思ったことはなかった?」

善子「おかしいと思ったこと……?」

かもめ「おかしいと思ったこと……」

善子「しいて言えばかもめのことくらいかしら?」



212: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 18:45:57 ID:5uhaBOzw

善子「なぜ内浦にいたのか、そしてなぜ二人の人間がくっついてしまったのか」

希「うん、それもなんだけど……まだあるんやない?」

かもめ「ほかにも……?」



213: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 18:46:28 ID:5uhaBOzw

善子「……」

かもめ「……」

善子「……ダメね、分からないわ」

かもめ「私も……」

希「そっかぁ……」



214: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 18:46:59 ID:5uhaBOzw

希「それじゃあ、教えてあげるね」


希「μ'sはいつ有名になったか知ってる?」

善子「……え?」



215: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 18:47:34 ID:5uhaBOzw

善子「μ'sが有名になった時期……?」

希「うん」

善子「それは……私たちが高校でスクールアイドルを始めるよりも前」

善子「いまから『数年前』ね」

善子「3月くらいだったと思うわ」



216: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 18:48:05 ID:5uhaBOzw

希「でも、にこっちも絵里ちも音ノ木坂にいたよね?」

希「穂乃果ちゃんもことりちゃんも海未ちゃんも含め、みんな高校生だった」

善子「え?」

かもめ「!?」



217: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 18:49:25 ID:5uhaBOzw

希「誰もが知っている伝説のスクールアイドルμ's……」

希「数年前に解散したはずのμ'sが高校生なはずないやん」

善子「……どういうこと? 何が起こってるの?」

善子「たしかに私たちは、音ノ木坂で高校生の絵里さんやにこさんを見た」

善子「ここにいるかもめだって高校生よ」

善子「どうなってるのよ」



218: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 18:50:03 ID:5uhaBOzw

希「単刀直入にいうね、善子ちゃん」

善子「ヨハネ!」

希「ヨハネちゃん……なんか呼びづらいなあ」

希「ヨハちゃんでいいか」



219: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 18:50:35 ID:5uhaBOzw

希「ヨハちゃん、この世界がこうなってしまったのは」



希「あなたが原因なの」



220: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 18:51:08 ID:5uhaBOzw

善子「私の……せい……?」

希「そう、ヨハちゃんのせい」

かもめ「話が見えてきません……どういうことなのですか?」



221: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 18:51:39 ID:5uhaBOzw

希「かもめちゃん……」


希「かもめちゃんがくっついちゃったのも、内浦にいたのも、ヨハちゃんが原因なんよ?」

かもめ「え?」



222: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 18:52:09 ID:5uhaBOzw

善子「私、何もしてないわよ!」

希「本当? 怪しい儀式とかしなかった?」

善子「するわけな…………しました」

希「それです」

かもめ「え」



223: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 18:52:41 ID:5uhaBOzw

かもめ「……何をしたの?」

善子「リトルデーモンを召喚しようと……」

希「それが原因でこうなってるんよ?」



224: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 18:53:13 ID:5uhaBOzw

かもめ「でも待ってください! なぜ私は内浦にいたのですか!」

かもめ「なぜ私は二人の人間がくっついてしまったのですか!」

希「それを説明するには、かもめちゃんに過去のことを思い出してもらわないとあかんなあ」

かもめ「過去のこと……?」

希「うん」



225: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 18:53:46 ID:5uhaBOzw

希「実はさっきから何か思い出しそうになってるんやない?」

善子「!? そうなの!?」

かもめ「うん……」

かもめ「この公園に来てからずっと、何かを思い出しそう」

希「それはきっとこの公園が海未ちゃんとことりちゃんにとって大切な場所だったから」

希「この場所での大切な記憶があるから」

希「きっと思い出せるよ」


かもめ「う……うぅ……」


かもめ「うぁぁあぁあああぁぁぁあああああああ!!!!!!」

────────
────
──



226: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 18:54:27 ID:5uhaBOzw

─過去・幼き日─

ことり・海未「ええっ!?」

穂乃果「登ってみようよ!」

海未「無理です……こんな大きな木!」


海未「うええーん!!怖いよぉぉ……」


海未・ことり「わぁ……」

────────
────
──



227: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 18:54:59 ID:5uhaBOzw

穂乃果「今度はことりちゃんが鬼ぃー!」

ことり「くやしいー!」

穂乃果「逃げろー!!」

穂乃果「あっ!」

海未「うぅ……」


穂乃果「みぃーつけた!!」

穂乃果「次、あなた鬼だよ!」

穂乃果「一緒にあそぼ!!」

────────
────
──



228: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 18:55:33 ID:5uhaBOzw

ことり「やっぱり無理だよ……帰ろう」

穂乃果「次こそできる!」


穂乃果「たぁぁぁぁーーーーーー!!!!」

────────
────
──



229: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 18:56:04 ID:5uhaBOzw

かもめ「…………はっ!!」


希「どう? 思い出せた?」

かもめ「はい、この公園は私たちが幼いころによく遊んでいた公園です」

かもめ「私たちにとってこの公園はとても大切な場所です」

希「ふむふむ、どうやら思い出せたようだね」



230: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 18:56:35 ID:5uhaBOzw

希「それじゃあ、説明してもらおうかな」

善子「説明?」

希「うん、こうなってしまうまでに何が起こったのか……」

かもめ「はい……きっかけはことりの留学の話をしていたときです」

────────
────
──



231: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 18:57:10 ID:5uhaBOzw

─過去─

海未「突然ですが、ことりが留学することになりました」

海未「2週間後に日本を発ちます」

一同「え……?」

ことり「前から服飾の勉強をしたいって思ってて……」

絵里「行ったきり戻って来ないのね?」

ことり「高校を卒業するまでは……たぶん」



232: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 18:57:55 ID:5uhaBOzw

穂乃果「どうして……言ってくれなかったの?」

海未「それは……学園祭があったから」

穂乃果「海未ちゃんは知ってたんだ……」

海未「……」

穂乃果「どうして……」

ことり「それは……」



233: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 18:58:34 ID:5uhaBOzw

穂乃果「ことりちゃんは穂乃果のこと信じてないんだ……」

ことり「え……?」

穂乃果「穂乃果はことりちゃんのこと信じてたのに」

穂乃果「ことりちゃんは穂乃果のこと信じてないんだね……」

穂乃果「だから海未ちゃんには相談したのに穂乃果にはしてくれなかったんだ」

ことり「違うよ……穂乃果ちゃん」

穂乃果「じゃあなんで!! なんで穂乃果に相談してくれなかったの!!」



234: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 18:59:19 ID:5uhaBOzw

海未「穂乃果、ことりは……」

穂乃果「海未ちゃんは黙ってて!」

穂乃果「私は3人ずっと一緒にやってきた大切な友達だと思ってた!」

穂乃果「固い絆で結ばれてると思ってた!」

穂乃果「でも! そう思ってたのは穂乃果だけだった!」

穂乃果「悲しいよ……悲しいよこんなの!!」ダッ

海未「どこに行くのですか穂乃果!!」

ことり「穂乃果ちゃん……」

────────
────
──



235: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 18:59:52 ID:5uhaBOzw

ことり「穂乃果ちゃん……」

海未「ことり、穂乃果の家に行ってちゃんと説明しましょう」

海未「ことりが穂乃果に一番に相談したかったこと」

海未「ことりが穂乃果のことを信じているということ」

海未「穂乃果ならちゃんと聞いてくれるはずです」

ことり「うん……」

────────
────
──



236: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 19:00:25 ID:5uhaBOzw

穂乃果「ことりちゃん……」

穂乃果「なんで穂乃果に教えてくれなかったのかな」

穂乃果「穂乃果のこと嫌いになっちゃったのかな」

穂乃果「こんなの悲しいよ……」

穂乃果「穂乃果に悪いところがあったから?」



237: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 19:01:08 ID:5uhaBOzw

穂乃果「……違うよね?」

穂乃果「ことりちゃんが悪いんだよ」

穂乃果「ことりちゃんが穂乃果のこと信じてくれないから」

穂乃果「ことりちゃんは海未ちゃんのことは信じてるのに穂乃果のことは信じてくれてないんだ」

穂乃果「海未ちゃんも海未ちゃんだよ」

穂乃果「海未ちゃんも穂乃果のこと信じてないから教えてくれなかったんだ」



238: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 19:01:42 ID:5uhaBOzw

穂乃果「憎いよ……3人いつも一緒で大切な友達だと思ってたのに」

穂乃果「本当は穂乃果のこと嫌いだったなんて」

穂乃果「悲しいよ……憎いよ……」

穂乃果「穂乃果は二人のこと信じてたのに」

穂乃果「穂乃果の気持ちを裏切った」

穂乃果「海未ちゃんとことりちゃんは穂乃果のこと裏切ったんだ!!」



239: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 19:02:15 ID:5uhaBOzw

穂乃果「大好きな二人を閉じ込めたい」

穂乃果「二人のこと大好きだから憎いんだよ」

穂乃果「悲しいよ」

穂乃果「3人でいつまでも一緒にいたい」

穂乃果「ふふっ、どうしたらいいのかな?」

穂乃果「3人で一緒にいるにはどうしたらいいのかな?」

穂乃果「ふふふっ」



240: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 19:02:47 ID:5uhaBOzw

穂乃果「穂乃果、ことりちゃんのことも海未ちゃんのことも大好きだもん」

穂乃果「二人をどこにも逃がしたくない」

穂乃果「ことりちゃん海未ちゃん待っててね、必ず捕まえてあげるから」

穂乃果「ふふっ、穂乃果は二人のこと信じてるから」

穂乃果「もう穂乃果の想いは止められないよ」



241: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 19:03:17 ID:5uhaBOzw

『ワタシ ガ チカラ ヲ 貸シテ アゲル』


穂乃果「誰?」


『ワタシ ハ ノーイグジットオリオン』

『出口ノ ナイ オリオン座』



242: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 19:03:55 ID:5uhaBOzw

穂乃果「……オリオン座って冬の星座だよね?」


『ワタシ ハ アナタ ノ ココロ』

『アナタ ニ チカラ ヲ 貸シテ アゲル』


穂乃果「分かったよ……よろしくね、ノーイグジットオリオン」

────────
────
──



243: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 19:04:27 ID:5uhaBOzw

─穂乃果の家─

海未「穂乃果、入りますよ」

ドア ガラララ

穂乃果「……何?」

海未「ことりのことで……」

ことり「……」



244: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 19:05:13 ID:5uhaBOzw

穂乃果「ねえ、海未ちゃん、ことりちゃん」

海未「何でしょうか」


穂乃果「穂乃果のこと、好き?」


海未「何を急に言っているのですか」


穂乃果「嫌いなんだ」



245: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 19:05:59 ID:5uhaBOzw

穂乃果「穂乃果はね、二人のこと大好きだよ……」

穂乃果「どこかに閉じ込めたいくらいにね」


穂乃果「ノーイグジットオリオンッ!!!!」

『無駄ァァ!!!!』


海未「え?」


穂乃果「二人を閉じ込めて!!!!」



246: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 19:06:37 ID:5uhaBOzw

海未(急にどうしたのでしょうか……)

海未(しかし、何かがおかしい)

海未(何か危険な気がします!)


海未「ことり! 下がってください!!」

ことり「え?」



247: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 19:07:27 ID:5uhaBOzw

穂乃果「やっぱりことりちゃんのことを守ろうとする」

穂乃果「二人は信じあってるのに穂乃果のことは信じてない!!」

穂乃果「どうして信じてくれないの!!」


『無駄ァァ!!!!』


海未はとっさに座布団を前に突き出す

スタンドが見えていたわけではない

本能的に身を守ったとでもいうのだろうか


ガオン!!!!


座布団は突然どこかへ消えてしまった



248: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 19:08:05 ID:5uhaBOzw

ことり「!?」

海未「!?」

海未「座布団が突然……消えた?」

海未「穂乃果、何をしたのですか!」

穂乃果「穂乃果のスタンド、ノーイグジットオリオンはね……触ったものを閉じ込めちゃうんだよ?」

穂乃果「これで三人でずっと一緒にいられるよ」

海未「穂乃果! 何を言っているのですか!!」



249: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 19:08:37 ID:5uhaBOzw

海未(何かおかしい……ことりを連れて逃げなければ!!)

穂乃果「ずっと一緒だよ! 海未ちゃん! ことりちゃん!」


『無駄ァァ!!!!』


ガオン!!!!



250: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 19:09:16 ID:5uhaBOzw

穂乃果「……あれ? 『捕まえてない』のに……消えた?」

穂乃果「どこに行っちゃったの?」

穂乃果「ことりちゃん、海未ちゃん、どこ?」

────────
────
──



251: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 19:09:47 ID:5uhaBOzw

─現在─

かもめ「…………そして気がつけば、私は内浦にいたのです」

善子「なるほど……でも、なぜ内浦にいたの?」

希「そこからはウチが説明するね」



252: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 19:10:18 ID:5uhaBOzw

希「簡単にいうとヨハちゃんが変な儀式をしたせいで二人は内浦に飛ばされてしもうたんよ」

希「偶然にもギリギリのタイミングでね」

希「でも、問題はそれだけではなかった」



253: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 19:10:58 ID:5uhaBOzw

希「人と人には引力があるんよ」

希「星と星が引力で引かれ合うように」

希「人と人にも引力があって、引かれ合って、そして出会う」

希「人は運命に引っ張られるんよ」



254: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 19:11:32 ID:5uhaBOzw

善子「それとこれと何の関係が?」

希「ヨハちゃんたちがμ'sのメンバーと引かれ合って出会ったように」

希「かもめちゃんと出会ったように」


希「世界と世界が引かれ合った」

善子「え?」



255: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 19:12:09 ID:5uhaBOzw

希「ヨハちゃんが本来、引かれ合うはずのない平行世界をくっつけてしもうたんよ」

善子「平行世界?」

希「うん、パラレルワールド」

希「そして、くっついた平行世界は元の形を保ちながらもバラバラにくっついた」



256: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 19:12:45 ID:5uhaBOzw

希「『ことりちゃんが留学騒動でいなくなりかける前の世界』と」

希「『μ'sが伝説になり、そしてAqoursが発足され活動するも廃校を阻止できなかった世界』」

希「この二つの世界がくっついてしまった」

希「ヨハちゃんのせいでね」



257: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 19:13:19 ID:5uhaBOzw

希「だから『解散する前のμ'sが高校にいる』のに『もうすでに伝説になった後のμ'sがいる』という奇妙な状況になった」

希「それにことりちゃんの留学騒動の時期は夏ごろ、浦の星の廃校決定は数年後の秋ごろだよね?」

希「こんなふうにバラバラにくっついてしもうてるんよ」

希「でも、それをみんなおかしいとは思わない」

希「だってそれが『この世界』となったのだから」

善子「そんな……」

────────
────
──



258: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 19:13:59 ID:5uhaBOzw

─あのとき─

善子「クックックッ……今日もやるわよ」

善子「いでよリトルデーモン!」


善子「……まあ、なにも起きないわよね」


善子(不思議な力で引かれ合って、運命的な導きで出会う)

善子(本当にそういうことってないのかな……)

善子(本当はそんなものないって分かってる……)

善子(でも、そういう力だってあるって……心のどこかで信じたっていいじゃない……)

────────
────
──



259: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 19:14:55 ID:5uhaBOzw

希「ヨハちゃんが願ったから、こんなぐちゃぐちゃな世界になったんよ」

善子「そんな……」

希「そしてギリギリのタイミングで呼び寄せられた海未ちゃんとことりちゃんはくっついてかもめちゃんになり内浦へ」

希「別々にあった平行世界は元の形を保ちつつバラバラにくっついて複雑な形になった」

希「これが今回の事件の発端、そして真相なんよ」

善子「もう……なんて言ったらいいか分からないわ……」



260: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 19:15:25 ID:5uhaBOzw

かもめ「では、このスタンドは?」

希「それは穂乃果ちゃんが原因やな」

希「ウチにスタンド能力はないから見えないけど」

希「穂乃果ちゃんの憎悪の気持ちがスタンドを生み出し」

希「そして、海未ちゃんとことりちゃんに影響を与え」

希「ヨハちゃんたちに影響を及ぼした」

希「影響を受けた人間はスタンド能力に目覚める」

希「そういうわけやね」



261: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 19:15:56 ID:5uhaBOzw

善子「……私はどうしたらいいの?」

希「なにもできないよ」

希「ウチがなんとかする」

希「世界の修復もするし、かもめちゃんも元に戻す」

希「でも、この世界はこの世界で平行世界のひとつとなって存在し続けるよ」

善子「……」



262: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 19:16:31 ID:5uhaBOzw

希「もうすぐ穂乃果ちゃんが追いかけてくるよ」

希「スタンド使いを止められるのはスタンド使いだけ」

希「だから二人とも」

希「穂乃果ちゃんを説得しながら戦ってね」

善子「ええ、そうね……それが私にできること」

かもめ「分かりました……」

────────
────
──



263: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 19:17:05 ID:5uhaBOzw

穂乃果「……来たよ」


かもめ「……」

善子「……」


穂乃果「そこのお姉さんは……希ちゃん?」

穂乃果「希ちゃんは穂乃果が捕まえてるのに」



264: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 19:17:35 ID:5uhaBOzw

希「いやぁ~高校生の穂乃果ちゃん懐かしいなぁ」

希「ウチは平行世界の東條希」

希「よろしくね」



265: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 19:18:07 ID:5uhaBOzw

希「穂乃果ちゃん、この世界のウチや他のみんなを捕まえたのも穂乃果ちゃんだよね?」

穂乃果「うん……」

穂乃果「最初は希ちゃん……私を心配してやってきてくれたから捕まえた」

穂乃果「次にやってきた凛ちゃん、花陽ちゃん、真姫ちゃんもね」



266: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 19:18:41 ID:5uhaBOzw

穂乃果「もうどうしたらいいか分からなかった」

穂乃果「みんな穂乃果にとって大切な人……」

穂乃果「だからみんな捕まえて閉じ込めた」

穂乃果「もう止められないよ」

希「これはかなりまずいね……話が通じる状態じゃなさそう」

希「かもめちゃん、ヨハちゃん、気をつけて戦ってね」



267: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 19:19:26 ID:5uhaBOzw

かもめ「……」

穂乃果「……」

善子「……」


かもめ「アネモネハート!!!!」

『オラァ!!!!』


穂乃果「ノーイグジットオリオン!!!!」

『無駄ァ!!!!』


『オラオラオラオラオラオラオラァ!!!!』ドゴドゴォォォ!!!

『無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄ァ!!!!』ドゴドゴォォォ!!!



268: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 19:20:00 ID:5uhaBOzw

『無駄ァ!!!』ドゴォ!!

かもめ「ぐっ……ッッ」


善子「かもめ!!」

善子「デイドリームウォリアー!!」

『ギラン!!』


善子のスタンドは遠くからかもめをつかみ引っ張って穂乃果から距離を取らせた


穂乃果「さすが遠距離タイプのスタンドだね」

穂乃果「追いかけなきゃ穂乃果のスタンドは届かないよ」



269: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 19:20:53 ID:5uhaBOzw

希「穂乃果ちゃんのスタンドは、穂乃果ちゃんの内面の狂気、独占欲が形になったスタンド」

希「だからすごく攻撃的で強いんよ」

希「対するかもめちゃんのスタンドは二人の想いを具現化させたスタンド」

希「ことりちゃんの秘められた想いと海未ちゃんの背中を押す気持ち……」



270: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 19:21:27 ID:5uhaBOzw

希「むき出しになった止められない想いと秘められた強い想い」

希「暴走する攻撃的なスタンドと癒しを与える守りのスタンド」

希「ある種、正反対ともいえる二つのスタンド……」

希「ウチにはどうすることもできないけど……本来なら中立の立場でありたいけど」

希「ここはかもめちゃんの肩を持ちたいかな……」



271: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 19:22:00 ID:5uhaBOzw

穂乃果「穂乃果のスタンドは近距離タイプだけどかもめちゃんのスタンドもそれは同じ」

穂乃果「近づかなければ戦えないのは同じ」

穂乃果「ここは穂乃果のほうから近づいちゃうよ!」ダッ



272: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 19:22:33 ID:5uhaBOzw

善子「来るわよ! パワーもスピードもあっちのほうが上……近づかれれば不利だわ」

善子「ここは私に任せて!!」

善子「デイドリームウォリアー!!」

シュバババッ


穂乃果「善子ちゃんのスタンドがこっちに来たね!」



273: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 19:23:08 ID:5uhaBOzw

『ギラン!!』シャキンッ

『無駄ァァ!!!!』ドゴォォ!!

バリンッ!!


穂乃果のスタンドは攻撃を回避すると善子のスタンドの剣を横から殴ってへし折った


善子「そんな!」

穂乃果「反撃だよ!」

『無駄ァァ!!!!』ドゴォォォ!!!!


善子「ぐっ!!」


攻撃を避けきれず善子は吹き飛ばされてしまう!!


かもめ「善子ちゃん!!」



274: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 19:23:46 ID:5uhaBOzw

穂乃果「それにさっきはああやって言ったけど」

穂乃果「穂乃果のスタンドは力が強いから物を投げて遠距離攻撃もできるんだよ!!」

『無駄ァ!!』


そう言うと穂乃果のスタンドはすぐ近くにあったゴミ箱を投げた


善子「防いで! デイドリームウォリアー!!」

『ギラン!!』シャキンッ


剣で切り裂き攻撃を防ぎ、飛んできたゴミ箱は真っ二つに割れた



275: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 19:24:54 ID:5uhaBOzw

どこで拾ったのだろうか

ゴミ箱の後ろから放り投げられた電気スタンドが飛んできていた!


善子「くっ!! これが本当のスタンド攻撃!!」

善子「防いで!!」

『ギラン!!』シャキンッ


善子「……あれ? 穂乃果さんは!?」

穂乃果「ここだよ! 射程距離に入ったよ!」



276: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 19:25:57 ID:5uhaBOzw

善子「!? しまったゴミ箱と電気スタンドに気を取られて接近に気が付かなかった!!」

穂乃果「じゃあ、善子ちゃんも捕まえちゃうね!!」

善子「くっ!! かもめ!! 絶対に勝ちなさい!! 想いを伝えるのよ!!」
ガオン!!!!


かもめ「善子ちゃん……ッ」


穂乃果「善子ちゃんも捕まえたよ……」

穂乃果「これでかもめちゃんだけだね……」



277: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 19:26:36 ID:5uhaBOzw

かもめ(善子ちゃん……伝えるよ……穂乃果ちゃんに……)

かもめ(穂乃果ちゃんのこと信じてるって……大切な友達だって……)


かもめ「穂乃果ちゃん……聞いてほしいことがあるの」

穂乃果「ことりちゃんが出てきたんだね」

かもめ「近づくよ……そうしなきゃ伝えられないから」

穂乃果「近づいてきて……二人とも捕まえちゃうから……」



278: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 19:27:06 ID:5uhaBOzw

かもめ「穂乃果ちゃん……」

穂乃果「かもめちゃん……改めて近くで見ると本当に二人にそっくりだね」


かもめ「穂乃果ちゃん! 留学のこと……本当は穂乃果ちゃんに真っ先に伝えたかったんだよ!!」

穂乃果「なんで今さらそんなこと言うの……」



279: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 19:27:47 ID:5uhaBOzw

かもめ「本当は一番最初に伝えたかった!! 穂乃果ちゃんは一番の友達だから!!」

穂乃果「じゃあなんで!! そうしてくれなかったの!!」

『無駄ァ!!』ドゴォォォ!!

『オラァ!!』ドゴォォォ!!



280: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 19:28:21 ID:5uhaBOzw

かもめ「それは……穂乃果ちゃんはずっとラブライブ!に夢中で……」

『オラァァ!!』ドゴォ

穂乃果「そんな言い訳聞きたくないよ!!」

『無駄無駄ァァ!!無駄だよっ!!』ドゴドゴォォ


かもめ「ぐはっ!!」

穂乃果「穂乃果の悲しみはこんなものじゃないよ!」

穂乃果「二人のこと信じてたのに!!」

『無駄だよ!! 二人のこと信じてたのに裏切ったから!!』



281: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 19:28:52 ID:5uhaBOzw

穂乃果「全部無駄だった……無駄なんだよ!!」

『無駄無駄無駄無駄無駄無駄ァァ!! 無駄ァァ!!!!』ドゴォ!!


かもめ「ぐっ……ッ!! かはっ……げほげほっ!」


かもめ(どうしたらいいの……どうしたら穂乃果ちゃんに想いが届くの……?)



282: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 19:30:00 ID:5uhaBOzw

海未(穂乃果……)

ことり(穂乃果ちゃん……)


穂乃果「これで終わりだよ! 捕まえてあげる!!」

かもめ「穂乃果ちゃん……この公園のこと覚えてる?」

穂乃果「公園……?」

穂乃果「この公園は……?」



283: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 19:30:43 ID:5uhaBOzw

ことり「この公園で三人で遊んだんだよ……」

海未「私と出会ったのもこの公園でしたね」

穂乃果「それがなんだって言うの……?」

ことり「穂乃果ちゃんが一番最初にできた友達だよ!」

ことり「一番大切な友達なの!」

ことり「だから一番に相談したかった!」

ことり「穂乃果ちゃんのこと一番信じてるから!!」



284: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 19:31:17 ID:5uhaBOzw

海未「穂乃果はいつも無茶してわがままばかりですが……」

海未「あなたは私たち二人では行くことができない場所に連れて行ってくれる」

海未「だから、あなたについてきて後悔したことなんてありません」

海未「穂乃果、私もことりと同じくらい穂乃果のこと信じています」


穂乃果「そんな……そんなの……」

『無駄……無駄だよ……』



285: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 19:31:54 ID:5uhaBOzw

ことり「穂乃果ちゃん!!」

海未「穂乃果……」

穂乃果「ぐっ……うぅ……」

『無駄……だよ……』



286: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 19:32:43 ID:5uhaBOzw

ことり「私……本当は自分の気持ち分かってた!」

ことり「穂乃果ちゃんたちとずっと一緒にいたい!!」

ことり「穂乃果ちゃんと一緒にスクールアイドルやりたいの!!」

穂乃果「!!!!」

『無駄……なんかじゃない……』



287: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 19:33:21 ID:5uhaBOzw

ことり「穂乃果ちゃん!! また一緒にスクールアイドルやろう!!」

ことり「もう自分の気持ちに嘘はつかないよ!!」

ことり「穂乃果ちゃんのこと大好きだから!!」

穂乃果「ことりちゃん……」


穂乃果「穂乃果も……」


穂乃果「穂乃果もことりちゃんと一緒にスクールアイドルやりたい!!」

穂乃果「ことりちゃんと、海未ちゃんと、μ'sのみんなと、一緒にいたい!!」



288: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 19:34:16 ID:5uhaBOzw

『……』


『……ようやく言えましたね』

『私はあなたの心』

『これで私の役目も終わりです』


穂乃果「ノーイグジットオリオン……」



289: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 19:35:05 ID:5uhaBOzw

『スタンド能力を解除して、捕まえた皆さんを解放します』

『皆さんのスタンドも消えることでしょう……』


穂乃果「お別れなんて、そんなの寂しいよ」


『大丈夫、私たちはあなたたちとともにあるから』

『さようなら……』


穂乃果「ありがとう……」



290: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 19:35:49 ID:5uhaBOzw

ダイヤ「……ようやく解放されましたわね」

善子「想いを伝えられたのね……かもめ」

にこ「おおっとっと……出てこれたわね」

絵里「ハラショー!」



291: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 19:36:33 ID:5uhaBOzw

凛「にゃ? ここはどこかにゃ?」

花陽「はあ、出られました」

真姫「ここはどこかしら?」

希「あれ? ここはいったい……」

千歌「ほぇ? 何が起こったの?」

梨子「これは……美少女たちの気配!!」

曜「千歌ちゃん!! 梨子ちゃん!! ヨーソロー!!」



292: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 19:37:05 ID:5uhaBOzw

かもめ「みなさん、解放されたみたいですね」

穂乃果「うん、後でみんなにちゃんと謝らないと」

平行世界の希「はあ、一時はどうなるかと思ったやん」

この世界の希「あれ? あそこにいるのは……ウチ?」

平行世界の希「おお、あれは高校生のころのウチやん」



293: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 19:37:52 ID:5uhaBOzw

─内浦─

ルビィ「う……うーん……」

ルビィ「あれ? 苦しくない……」

果南「ルビィ!! 大丈夫!?」

花丸「ルビィちゃんが起きたずら」

鞠莉「でもなんだか元気そうでーすネ!!」

ルビィ「うん……きっとお姉ちゃんたちのおかげだよ……」

ルビィ「ありがとう……お姉ちゃん……」

────────
────
──



294: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 19:38:29 ID:5uhaBOzw

ダイヤ「かもめさん、やったのですね」

かもめ「うん」

善子「よかったじゃない、かもめ」

希「そろそろ3人のスタンドも消えるんじゃないかな」

善子「……」



295: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 19:39:25 ID:5uhaBOzw

GH&S『ダイヤ……さようなら』

ダイヤ「ギャラクシーハイド&シーク……ありがとうございました」


デイドリ『我は堕天使……いつもあなたと共にある』

善子「ありがとう……デイドリームウォリアー」


アネモネハート『あなたと一緒にいられて……よかった』

かもめ「私もだよ……アネモネハート」



296: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 19:39:57 ID:5uhaBOzw

希「さあ、このあとはウチの仕事やね」

希「かもめちゃんを元に戻して、ちぐはぐ世界も元に戻すよ」

希「そして、この世界は平行世界の1つとして存在する」

かもめ「あの……」

希「何? かもめちゃん?」



297: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 19:40:32 ID:5uhaBOzw

かもめ「私が海未とことりに戻ったら……私はどうなってしまうのですか?」

善子「え……?」

かもめ「私という存在は、自我は……どこに行くのですか?」

希「……」



298: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 19:41:09 ID:5uhaBOzw

希「かもめちゃん……」

希「分かってると思うけどかもめちゃんは本来、存在しないはずの人間なんよ」

希「たしかにことりちゃんと海未ちゃんに戻ったら、かもめちゃんはいなくなってしまう」

かもめ「……」



299: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 19:41:42 ID:5uhaBOzw

かもめ「怖いよ……たしかにことりちゃんと海未ちゃんは私だよ……」

かもめ「でも、かもめはかもめ……」

かもめ「別の人間だよ」

善子「かもめ……」



300: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 19:42:13 ID:5uhaBOzw

希「そうやな……」

ダイヤ「希さん……なんとかならないのですか?」

希「うーん……」

希「ちょっと待っててな……」

希「……」



301: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 19:42:58 ID:5uhaBOzw

希「分かった、かもめちゃんが消えないようになんとかやってみる」

かもめ「ありがとう……」

善子「この世界は修復された後も続いていくのよね?」

善子「それなら、こういうのはどうかしら?」

────────
────
──



302: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 19:43:42 ID:5uhaBOzw

─どこかの世界─

ことり「聞いてほしかったよ! 穂乃果ちゃんには!! 一番に相談したかった!!」

穂乃果「ことりちゃん……」


ことりの留学問題解決後もμ'sは活躍し続け、伝説のスクールアイドルとなった

────────
────
──



303: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 19:44:15 ID:5uhaBOzw

─またどこかの世界─

善子「でもさ、本当にそういうのまったくないのかなって」

善子「運命とか見えない力とか」

善子「そんなとき、出会ったの」

善子「なにか見えない力で引き寄せられるようだった」

善子「これは絶対、偶然じゃなくて、なにかに導かれてるんだって、そう思った」

善子「不思議な力が働いたんだって」

梨子「ヨハネちゃん……」


少女たちは様々な経験を経て成長していく……

────────
────
──



304: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 19:44:57 ID:5uhaBOzw

─さらにどこかの平行世界─

(^8^)「かもめ、海未ちゃんが帰ってくるのをお母さんと待ってようね」

/cV ^ 8 ^V「うん、ことりお母さん!」


/cVσ 8 σV「まだかなぁ」


/cVσ _VσV「ただいま帰りましたよ。ことり、かもめ」

/cV ^ 8 ^V「あ、海未お母さん! おかえり!!」

/cVσ _VσV「かもめ、今日もいい子にしてましたか?」

/cV ^ 8 ^V「うん!」

────────
────
──



305: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 19:45:44 ID:5uhaBOzw

─そして─

善子「あれから希さんが世界を修復したわ」

善子「それぞれ元に戻った世界で元の生活をしているはずよ」

善子「そして、この世界はこの世界で修復されて存続している」

善子「スタンド能力もなくなってしまった」

善子「でも一つ変わったことがある……」

善子「それは……」



306: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 19:46:18 ID:5uhaBOzw

先生(女教師)「みんな。今日は転校生がいるぞ」

先生「入ってきて」



かもめ「園田かもめです。よろしくお願いします」



307: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 19:47:19 ID:5uhaBOzw

善子「希さんの配慮でかもめという存在と自我はこの世界に残った」

善子「もちろん元となったことりさんと海未さんもいる」

善子「つまり別の人間として存在している」

善子「頑張って戦ってくれたかもめにお礼だと希さんは粋な計らいをしてくれた」

善子「あの希さんはいったい何者なのかしら」



308: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 19:48:15 ID:5uhaBOzw

かもめ「ときどき分からなくなるんだ」

かもめ「本当にこれでよかったのかなって」

かもめ「本来いないはずの人間なのに」

善子「……よかったんじゃないかしら」

善子「気にしなくていいと思うわ」

善子「少なくとも私はあんたに出会えてよかったと思ってるわ」

かもめ「善子ちゃん……」



309: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 19:48:55 ID:5uhaBOzw

梨子「かもめちゃんって海未さんとことりさんがくっついて出来てたのよね……」

梨子「ハッ……百合かもめ」

善子「おい、レズ」

花丸「あれは放っておいていいずら」

かもめ「あ、あはは……」



310: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 19:49:54 ID:5uhaBOzw

千歌「それじゃあ、かもめちゃん」

千歌「今度こそ、ようこそ浦の星女学院へ!」

千歌「そして、ようこそAqoursへ!!」

千歌「これからはみんなで活動していこうね!」

かもめ「ありがとう千歌ちゃん」



311: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 19:50:34 ID:5uhaBOzw

ダイヤ「ようこそかもめさん」

果南「あれ? ダイヤ、このまえみたいに興奮しないの?」

果南「μ'sのメンバーと一緒ですわって」

ダイヤ「かもめさんはかもめさんですわ」

ダイヤ「だから、いいんですのよ」

果南「ふーん……」



312: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 19:51:44 ID:5uhaBOzw

曜「あ、でもそろそろ来るころじゃない?」

千歌「あぁ、うん。そうだね!」

千歌「すっごく楽しみだよ!」

ダイヤ「どなたかいらっしゃるのですか?」

ダイヤ「私は何も聞いていませんわよ?」

ルビィ「ルビィも」

鞠莉「ワオ! サプライズですか?」



313: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 19:52:14 ID:5uhaBOzw

千歌「うん、実は……」


穂乃果「おまたせー!!」

ことり「穂乃果ちゃん早いよぉ」

海未「まったく穂乃果は」


千歌「μ'sの皆さんに連絡してみたら来てくれるって」

ダイヤ「ぴぎゃぁぁぁぁあぁあああ!!!」

ルビィ「ピギィィィィィイィイイイ!!!」



314: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 19:52:49 ID:5uhaBOzw

曜「ほら、ルビィちゃんたちは会えなかったでしょ?」

曜「だから、この世界の大人になった穂乃果さんたちに来てもらいました!」

ルビィ「ふぇぇぇ」

花陽「あなたがルビィちゃんだね!」

花陽「いつも応援してるよ!」

ルビィ「か、感激です……」

花陽「ぴゃああああ本物のルビィちゃんだよぉ!!」



315: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 19:53:20 ID:5uhaBOzw

海未「あなたがかもめですか」

ことり「本当にことりたちにそっくりだね」

かもめ「あなたたちのおかげで私は今ここにいます」

かもめ「ありがとう……」

────────
────
──



316: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 19:53:52 ID:5uhaBOzw

3年生脱退後、かもめを入れた新生Aqoursの活動により

浦の星女学院はスクールアイドルの強豪校となり

奇跡的に廃校問題を解決し存続することとなった



317: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 19:55:03 ID:5uhaBOzw

そして、函館でスクールアイドルをする理亞と良きライバルとなり

お互い切磋琢磨する関係となる

これが、この世界線

でもそれはまた別のお話



318: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 19:56:10 ID:5uhaBOzw

善子「人と人は見えない力で引き寄せられる」

善子「不思議な力で」

善子「星と星が引力で引かれ合うように」

善子「私たちはかもめと、μ'sと、そしてAqoursのみんなと出会った……」



319: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 19:56:41 ID:5uhaBOzw

善子「この素敵な出会いに感謝を……」


おわり



320: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/31(日) 19:57:20 ID:5uhaBOzw

以上で完結です。

ありがとうございました。


元スレ
SS深夜VIP:善子「運命の引力」