1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/13(日) 16:11:56.32 ID:QA1RcEdM0

響「……千早一緒にしないでほしいさー
  自分には友達いっぱいいるぞ」

千早「動物は友達に入らないわよ」

響「……くっ!」



7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/13(日) 16:16:43.34 ID:QA1RcEdM0

千早「我那覇さん……ちょっと携帯見せて」

響「どうしてだ?」

千早「いいから見せて」ガシッ

響「うわっ!千早やめろ!やめろーーーーー!!」

千早「……」

響「や、やめてくれよぉー……」



10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/13(日) 16:24:20.00 ID:QA1RcEdM0

千早「やっぱり……少ないわね」

響「うっ…うぅっ…たまたま今日は少ないだけだぞ」ヒック

千早「……ごめんなさい」

響「……千早、千早のも見せて」

千早「えぇ、どうぞ」



15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/13(日) 16:27:24.93 ID:QA1RcEdM0

響「どうせ少な……」

千早「もういいかしら?」

響「……」スッ

響(千早友達多いじゃないか、あんなにいっぱい)

千早「……」パシッ








千早(みんなの名前だけ入れておいて良かったわ)



18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/13(日) 16:37:15.37 ID:QA1RcEdM0

千早「……」

響「…じゃあ自分もう帰るぞ」トボトボ

千早(勝ったv^^v)






千早(違う違う、勝ち負けじゃないわ)

千早「待って我那覇さん」

響「……?」

千早「と、とも……友達に」

響「ともだち…」

千早「友達になりましょう」



21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/13(日) 16:45:10.15 ID:QA1RcEdM0

響「……」

千早「……ダメかしら」

響「千早は自分と……友達じゃ……なかったのか?」グスッ

千早(……私と我那覇さんって友達だったの?)

千早(と聞きたいけどここはぐっと我慢よ私)








千早「友達ではなかったわ」



24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/13(日) 16:49:04.49 ID:QA1RcEdM0

響「……そうか」

千早「だってそうでしょう?お互いそんなにしゃべらないし
   番号もアドレスだって知らない
   プライベートでも何も交流がないじゃない」

響「そうだよな……でも自分たち765プロの仲間だと思ってたぞ」

千早「そう……765プロの仲間ね、でも友達じゃなかったわ」








響(……みんなと友達だと思ってたの…自分だけなのか?)

千早(どうしてかしら、本音を言うほど友達から遠ざかってる)



28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/13(日) 17:06:32.04 ID:QA1RcEdM0

千早(……ここからどうすればいいのかしら)

響「……」ズーン

千早(とりあえず謝っておこうかしら)

千早「ごめんなさい我那覇さん」

響「……別にいいよ」

千早(そういえば友達になってって返事まだもらってないわね)



千早「それで我那覇さんは私と友達になってくれるの?くれないの?」

響「……」



34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/13(日) 17:15:46.51 ID:QA1RcEdM0

響「うん……いいけど」

千早「…けど、何?」

響「ううん……なんでもない」

千早「……我那覇さん、友達になるのに
   そうやって隠し事はよくないと思うわ」

響「……うん、ごめんな」

千早「ごめんじゃなくて、早く言って欲しいのだけど」

響「……えっとな、あの……」



42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/13(日) 17:27:37.41 ID:QA1RcEdM0

響「いや、ごめん大したことじゃないんだ」ハハハ

響(言い方がきついなんて言いにくいぞ)

千早「……そう」

響「うん、変なこといってごめ…」

千早「我那覇さんは私と友達になる気がないのね」

響「ぇ……」


千早「ごめんなさい、こんなこと言いだして」



46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/13(日) 17:37:37.25 ID:QA1RcEdM0

響「違う、違うぞ千早!そんなこと言ってない」

千早「だって、我那覇さんは今誤魔化したじゃない
    私言ったわよね……友達になるのに隠し事はおかしいって」

響「違う!違うんだ千早」

千早「何が違うのかしら」

響「それはだな、それは……ほら、別に……
  特に言うべきことじゃなくてさ!」

千早「もういいわ」

響「だからな、別に千早と友達になりたくないわけじゃ」

千早「我那覇さんもういい、黙って」



52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/13(日) 17:44:11.37 ID:QA1RcEdM0

千早「うんざりだわ……我那覇さんのそういうところ」

響「違う……違うんだ千早」

千早「さようなら、事務所ではいい仲間でいましょうね」トコトコ

響「待ってよぉ……」グスッ



54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/13(日) 17:49:44.18 ID:QA1RcEdM0

千早(どうして友達ができないのかしら)

千早(我那覇さんなら私が必要だと思っていたのに)

響「千早ー!千早ぁー!話を聞いてくれー」

千早「我那覇さん」

響「千早!あのな…」

千早「ついてこないで」

響「……でも、あのさ自分な千早と…」

千早「……」トコトコ

響「……」



58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/13(日) 18:00:27.29 ID:QA1RcEdM0

響(……今日は千早話聞いてくれそうにないな)

響(……みんなの世話もしないといけないし、明日改めて誤解を解こう)トボトボ

千早「……」チラッ

千早(我那覇さんもう諦めたみたい……)

千早(やっぱりポーズだけだったのね)






千早(……あなた全部嘘っぱちね)



65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/13(日) 18:06:07.27 ID:QA1RcEdM0

翌日事務所

響「はいさーい」

雪歩「おはよう響ちゃん」

真「おはよ響」

千早「……我那覇さんおはよう」

響「……ね、ねぇ千早」

千早「昨日のことならもういいから」

雪真「?」



67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/13(日) 18:09:03.66 ID:QA1RcEdM0

響「だって……いや、ちょっと聞いてくれよ千早」

千早「……何も、聞くことなんてないわ」

雪真(……えっ、何があったのこの二人)

響「でも、お願いきいてほ…」

千早「ちょっとトイレいくわ」

雪真(…重いなぁ)



71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/13(日) 18:14:22.89 ID:QA1RcEdM0

響「……」ガクリ

真(ちょっと、雪歩!)ヒソヒソ

雪歩(何真ちゃん?)ヒソヒソ

真(僕が響から事情聞くから、千早の方よろしくね)ヒソヒソ

雪歩(えぇっー!?私が千早ちゃんの方?)ヒソヒソ

真(じゃっ!)

雪歩(ちょっと真ちゃん、待ってよぅ……)



79: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/13(日) 18:19:11.90 ID:QA1RcEdM0

真「響、千早と何かあったの?」

響「ううん、なんでもない」

真「でも……」

響「な、なんでもないぞ!ごめんな」

真「響……」

響「別にたいしたことないさー」

真「辛くなったら何でも言ってね
  僕たち仲間……でしょ?」

響「うん、そうだな
  でもほんとなんでもないんだぞ!」

真「……そっか」




響「ありがとう真」ボソッ



85: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/13(日) 18:26:54.77 ID:QA1RcEdM0

雪歩「……千早ちゃん」

千早「あら、萩原さんどうしたの?」

雪歩「えっとね、響ちゃんと喧嘩でもしちゃったの?」

千早「そんなことしてないわ」

雪歩「……でもさっき」

千早「……萩原さん」

雪歩「…何?千早ちゃん」

千早「もういいの、萩原さんには分からないことよ」

雪歩「…ぅぅ、でも聞いてみないと…」

千早「だって……」




千早「私と萩原さんは友達じゃないでしょ?」

雪歩「えっ……」



88: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/13(日) 18:33:52.45 ID:QA1RcEdM0

雪歩「私と……千早ちゃんは……」

千早「そう、友達じゃないわ」

雪歩「……」グスッ

千早「……だから、我那覇さんとのことは聞かないで」

雪歩「私は……千早ちゃんのこと……友達、だと思ってるよ」

千早「そう……ありがとう」






千早「でも私は友達だと思ってないわ」



93: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/13(日) 18:38:59.49 ID:QA1RcEdM0

雪歩「……ぅぅっ」

千早「でも誤解しないでね、嫌ってるわけじゃないの」

千早「ただ友達じゃないだけ、萩原さんとは765プロの仲間よ」

雪歩「……?」

千早「『友達』でなく『仲間』、そういう関係」

雪歩(……友達じゃなくて仲間)

千早「理解できるかしら?」

雪歩「はい……でも私は」


雪歩「私は……千早ちゃんのこと友達だって思ってるからね!」



96: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/13(日) 18:45:08.31 ID:QA1RcEdM0

雪歩「……だから、ううんそれだけ
   私は千早ちゃんのこと友達だと思ってるよ」

千早「……そう、ありがとう」

雪歩「うん、千早ちゃんに認めてもらえるように
    私これから頑張りますぅ」

千早(ウソツキ)

千早(……友達だと思ってる?嘘よ)





千早(だって私……萩原さんの番号もアドレスも知らないもの)



98: ごめんちーちゃんグッドエンド無理かもしれない、こんなはずでは 2012/05/13(日) 18:51:02.81 ID:QA1RcEdM0

真「あっ、雪歩どうだった?」

雪歩「ご、ごめんね聞き出せなかったの」サッ

真「雪歩?」

真(……今泣いてたような)

真「ねぇ、雪歩」

雪歩「……ごめんねちょっと……
   お茶でもいれてくるね」

真「雪歩」ガシッ

雪歩「ま、真ちゃん……」ブルブルッ

真「……」

雪歩「な、何でもないからね!なんでも」

真「千早が、何かしたの?」



105: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/13(日) 18:57:39.95 ID:QA1RcEdM0

雪歩「何でもないよ……」

真「でも…雪歩泣いてるじゃないか」

雪歩「違うんだよ真ちゃん……私が悪いの」

真「……」

雪歩「私が……私の頑張りが足りなかったの」

真「……ごめん、ちょっと分からないよ
  でも、雪歩はいつも頑張ってるよ」

雪歩「真ちゃん……」

真「いつも一生懸命やってるじゃないか
  それだけは分かる」



107: 雪真出すんじゃなかった収拾つかねぇ 2012/05/13(日) 19:03:45.10 ID:QA1RcEdM0

雪歩「ありがとう……ありがと真ちゃ?」

響「ジー」ドキドキ

バッ

真「うわっ、雪歩っ!?」

雪歩(あれ、あれっ!)と指でサインを送る

真「んっ?ひ、響!?」

響「デヘー、やっぱり2人とも仲いいなぁ……」ニヤニヤ

真「ひ、響!いたんなら何か言ってよ」

響「いやぁー……他人は口を挟める空気じゃなかったぞ」

雪歩「///」

真「た、他人って!僕たちは友達じゃないか!!」

響「うわぁッ!真が怒ったぞ!!」





響(そうだよな、自分たち友達だ)



111: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/13(日) 19:18:06.28 ID:QA1RcEdM0

千早(……なんだか随分楽しそうね)

千早(……私には関係のないことか)

真「……!」

真(千早……)





千早「さてと、そろそろ準備しないと」

真「千早!」

千早「真?……何か用かしら」

真「……うん、響と雪歩と何があったのかなって」



113: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/13(日) 19:22:46.28 ID:QA1RcEdM0

千早「別に……何も無いわ」

真「何もないのに雪歩は泣きだしたりしないよ」

千早「……」

真「……えっと、多分」

千早「別に本当のことを言っただけ」

真「……本当のことって?」

千早「……」

真「ごめん、言いにくいことだった?」

千早「いいえ」




千早「友達じゃなくて仲間って言っただけよ」



118: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/13(日) 19:37:34.51 ID:QA1RcEdM0

真「……それってどういう意味?」

千早「……765プロの仲間だけどただそれだけの関係
   ただの仕事仲間よ……私達は友達じゃないってこと」

真「千早は……本当にそう思ってるの?」

千早「えぇ」

真「……」

千早「真とも、我那覇さんとも……ね」

真(雪歩は自分の頑張りが足りないって言ってた)

真(自分の頑張りが足りない……から千早は自分を友達と思ってくれない……か)



119: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/13(日) 19:45:34.20 ID:QA1RcEdM0

千早「じゃあ私もう行くから……」

真「待ってよ千早!千早は本当に友達じゃないって思ってるの!?」

千早「えぇ、思ってるわ
   私とみんなは友達じゃない」

真「……」

千早「納得してくれた?」

真「千早が今そう思ってるのは分かったよ」

真「でもね、みんな千早のこと……友達だと思ってるよ」



千早「……そう」

千早(またそうやって……萩原さんの時と同じことを)



123: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/13(日) 19:52:51.71 ID:QA1RcEdM0

千早(みんなが私のことを友達だと思ってる?)

千早(嘘っぱちね)

千早(じゃあ私がみんなの番号とアドレスを知らないのはなぜ?)

千早(みんなが私を遊びに誘ってくれないのはなぜ?)

千早(我那覇さんが友達になることを拒否したのはなぜなの!?)


千早(もううんざりだわ)



127: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/13(日) 20:05:30.78 ID:QA1RcEdM0

その日の夜

千早「お疲れさまでした」ペコリ

千早「さて、帰りましょう」

響「……千早」ボソッ

千早「……我那覇さん?
    どうしてここに?」

響「自分、千早と友達になりたいんだ」

千早「そう……でも昨日」

響「なぁ千早!自分何がダメなんだ!?
  ダメなら言ってくれよ!自分直すから」

千早「我那覇さん……」



129: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/13(日) 20:12:45.05 ID:QA1RcEdM0

響「ねぇ、千早!自分何がダメなんだ!?」

千早「……我那覇さんとは友達になれないわ」

響「何でなんだ?自分が嫌いなのか?」グスッ

千早「……我那覇さんが私のこと信用してくれないからよ」プイッ

響「ぇっ……」



千早「さようなら我那覇さん
   また…明日ね……」ニコッ

響「千早……まってよぉ……」グスッ



132: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/13(日) 20:16:35.56 ID:QA1RcEdM0

響(何でなんだ千早ぁっ……)

響(信用してないって……そんなことないぞ)

響「信用してるぞ千早!だから待って」

千早「……」スタスタ


真「待ってよ千早」

雪歩「千早ちゃん」

千早「……何なの?あなたたち」



139: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/13(日) 20:23:25.17 ID:QA1RcEdM0

真「……響が千早のこと信用してないってどういうこと?」

千早「……我那覇さんは私に隠し事してるのよ」

響「してない……してないぞ」ゥゥッ

雪歩「響ちゃん……もう大丈夫だから、ちゃんと伝わるからね」

響「雪歩ぉっ……」グスッ



真「してないって……言ってるけど」

千早「嘘ね……」

真「……どうして隠し事してるって分かるの」

千早「昨日、何かを言いかけてやめた……顔に出てたわ」

響「昨日……いいかけた……こと?」

【響(言い方がきついなんて言いにくいぞ)】

響「……ぁっ……」


千早「ほらっ」



145: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/13(日) 20:31:27.44 ID:QA1RcEdM0

真「響……」

千早「……隠し事してる人なんて
    ……信用できるわけないじゃない」

響「……」

雪歩「響ちゃん……」

響(どうすれば……いいんだ)


真「ねぇ千早、人なんだし一つや二つ隠し事があるのが普通じゃないかな?」

千早「そうね、でも私はそんなの友達じゃないと思うわ」

響「……」

雪歩「……」

真「千早」

真「そんな自分勝手な要求して何が友達だよ
  友達ってそんなもんじゃないよ」



151: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/13(日) 20:40:38.55 ID:QA1RcEdM0

千早「……」

真「なんで響のこと信じてあげられないんだよ」

千早「……私は、信じられないわ」

響「自分は千早のこと信じてるぞ!友達だって!」

雪歩「千早ちゃん……」

千早「ウルサイ」



千早「うるさいわね、勝手な……ことばっかり」



156: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/13(日) 20:46:04.37 ID:QA1RcEdM0

千早「……疲れてるの、もう帰して」

真「……千早」

響「千早ぁ……」グスッ


雪歩「……千早ちゃん」

千早「通して、萩原さん」

雪歩「みんな千早ちゃんのこと友達だって思ってるよ
   後は千早ちゃんが私達のこと信じてくれればいいだけ!」

千早「……」

雪歩「私頑張りますぅ……千早ちゃんが私のこと信じてくれるように」



千早「……さようなら、みんな」



162: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/13(日) 20:56:33.50 ID:QA1RcEdM0

千早(我那覇さんは私のことを……友達だと……)

千早(でも……あの時、何故……)

【一つや二つ隠し事があるのが普通じゃないかな?】


千早「……でも私はそんな関係を望んでるわけじゃ」

【自分勝手な要求して何が友達だよ
 友達ってそんなもんじゃないよ】


千早(萩原さんも真も……
    私のことを友達、だと思ってるって言ってたけど)

千早(信じられない)

【後は千早ちゃんが私達のこと信じてくれればいいだけ】





千早「私は……どうすればいいの?」

みんなを>>164 (信じるor信じない)



164: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/13(日) 20:57:02.33 ID:qfBPN2Qn0

信じる無い



169: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/13(日) 21:00:42.23 ID:QA1RcEdM0

千早「みんなを……信じる無い……」

千早「……何を言ってるのかしら私……」

千早「もう一度……私はみんなを……>>172

信じるor信じない
それ以外は安価下



172: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/13(日) 21:01:25.18 ID:6RKte3bo0

信じない



180: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/13(日) 21:06:04.71 ID:QA1RcEdM0

千早「私はみんなを信じない」

千早「だから……みんなとは友達になれない」

千早「どう考えても……正しいのは私の方だわ」

千早「我那覇さんが泣いちゃったりするものだから同情しているだけ」


千早「それに……私はそんな関係の人を友達にしたくないから」




千早「これまで通り……仕事上の関係を続けるだけね」

END



198: ごめん、やっぱりグッドエンドのほうが書きたかったの 2012/05/13(日) 21:36:59.59 ID:QA1RcEdM0

千早「……私、みんなのことを信じてみるわ」

千早「……あんなに私の事を思ってくれていたのだから」

千早「自分勝手……ほんとね」




翌朝

千早「みんな、おはよう」

響「千早!」

真「おはよう千早」

雪歩「千早ちゃんおはよう」

響「……千早、昨日の……」

千早「我那覇さん、みんな……ごめんなさい」

千早「私が……間違っていたわ」



201: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/13(日) 21:39:38.12 ID:QA1RcEdM0

千早「だから……私と」

雪歩「友達だよ、千早ちゃん……これまでも…これからも……」

真「そうだよ、友達じゃなかったらあんなことしないよ」

響「へへへっ、千早!これからもよろしくな!」

真(あっ、響復活した)

千早「みんな……ありがとう……ありがとう」



千早「じゃあ……みんなのアドレスと番号聞いていいかしら」

真・雪歩・響「えっ!?」



206: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/13(日) 21:42:30.44 ID:QA1RcEdM0

千早「……ダメ…かしら……」

真「いや、そうじゃなくて……」

雪歩「うん……」

千早「ううん、いいの……」



真「だって僕たち……千早のアドレス知ってるよ」

千早「えっ!?」

真「僕たちのアドレスも……というかみんなのも
  ほら、まとまったのが送られてきてるでしょ?」カチカチッ

千早「……どうして、どうしてこんなことが起こったのかしら……」ガクガクブルブルッ

真・雪・響「……千早(ちゃん)」



209: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/13(日) 21:45:29.84 ID:QA1RcEdM0

響「千早はこういうの慣れてないんだから仕方ないな」

千早「……ごめんなさい」

響「大丈夫だぞ!完璧な自分が教えてあげるからな!」ニッ

千早「えぇ、ありがとう……」

真「そうだね」

雪歩「……私達」

千響雪真「仲間だもん」

千雪真「ね!」 響「げ!」




千響雪真「……」

千早「フフ、我那覇さんとは……やっぱり友達になれないかも」

響「ウワァァァァ!さっきのナシナシにしてほしいさー!」

END


元スレ
千早「我那覇さん実は私も……友達少ないの」